考察シリーズ 全一覧

 ここでは、過去に当サイトの2代目管理人である冒険風ライダーが書いた、主に創竜伝・銀英伝・薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズを中心とした田中芳樹作品の社会・歴史評論、キャラクター・ストーリー設定などに対する膨大な考察・批評と、それを元にして行われた議論がまとめてあります。
 考察シリーズはあくまでも「議論の叩き台」として存在するものです。各コンテンツ内容に対する感想・反論・補足・間違い指摘などがありましたら、遠慮せずに当サイトの掲示板にどんどん書きこんでいって下さい。内容次第ではその投稿もまた考察シリーズに追加収録致します。
 考察シリーズの批判スタンスや作品批判・擁護手法などについて疑問を抱いた方は、下記の「考察シリーズ FAQ」をご参照下さいますようお願い致します。

考察シリーズ FAQ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の創竜伝考察シリーズ

創竜伝1 超能力四兄弟
1A 1B 1C
この頃はまだそれほど多くの社会評論は見られず、ストーリーも比較的安定していました。
創竜伝2 摩天楼の四兄弟
この巻から急に社会評論の数が激増し、露骨な悪意に満ちた日本批判(?)が目立つようになります。
創竜伝3 逆襲の四兄弟
軍事描写と兵器描写の間違いが際立っている巻。そういえばヴラド計画ってシロモノもあったような……。
創竜伝4 四兄弟脱出行
10 11
やたらとヒトラーとゲッペルスの名前を振りまわした教育論と、日本人に対する蔑視評論が特徴。
創竜伝5 蜃気楼都市
12 13 14
なぜかいきなり外伝な第5巻。経済関連と政治家についての社会評論を中心に構成されています。
創竜伝6 染血の夢
15 16
この巻辺りからストーリー全体の迷走が本格的に始まり、ストーリーを追う事自体が非常に苦しくなってきます。
創竜伝7 黄土のドラゴン
17 18 19 20
この巻の社会評論の特徴はとにかく異常なまでの中国礼賛論。1960〜70年代の朝日新聞を想起させます(笑)。
軍事関連特集
21 22 23
創竜伝におけるトンデモ軍事・兵器描写と、その大元である薄っぺらな現代軍事に関する認識について検証します。
創竜伝8 仙境のドラゴン
24
意味不明なタワゴトを吐き散らす仙人や女王様が登場し、ストーリーを散々にかき回してくれる作品です(笑)。
仙界の矛盾
25 26
仙界に象徴される中国礼賛の実態と、仙界が唱える支離滅裂な人間蔑視思想について検証します。
創竜伝9 妖世紀のドラゴン
27 28 29 30
歴史認識関連の社会評論が多く、特に劉永福についての社会評論は東郷平八郎の社会評論と大きく矛盾しています。
創竜伝10 大英帝国最後の日

創竜伝11 銀月王伝奇
31
10巻と11巻はひとつにまとめて論評しています。何しろ11巻はほとんど論じる所がないもので(笑)。
評論内容は田中芳樹が知ったかぶりで論じている不良債権問題と住専問題についての解説が中心です。
創竜伝最大の破綻
32 33 34 34A 34B
創竜伝のストーリー全体を支配している様々な破綻思想と、それがストーリーに与えた悪影響について検証します。
創竜伝12 竜王風雲録
35 35A 36 36A
9巻からの続編で中国・北宋時代を舞台にした巻。そのため、またいつもの中国礼賛論が炸裂しております(笑)。
創竜伝13 噴火列島
37 38 39 40
突然21世紀へ時空転移した創竜伝ワールド。もはやストーリーの整合性も何もあったものではありません(T_T)。

銀英伝考察シリーズ

考察のテーマ 考察の内容と過去ログ一覧
銀英伝考察1
ヤン・ウェンリーの
思想的矛盾
ヤンの行動を束縛した3つの思想的矛盾を検証するスレッド。不沈戦艦さんが立てたスレッド「バーミリオン会戦の謎」も同時収録しています。
銀英伝考察2
ヤンが殉じた
シビリアン・コントロール
の実態
誤解されがちなシビリアン・コントロールの定義を見直し、民主主義国家における本来の軍人の義務とは何なのかを検証したスレッド。銀英伝における亡命問題・人口問題なども同時に論じられています。
銀英伝考察3
銀英伝の戦争概念を覆す
「要塞」の脅威
銀英伝世界における要塞が保有しながら、ついに誰にも顧みられることのなかったその潜在的脅威と、イゼルローン要塞におけるヤンの権力者としての実態について検証したスレッドです。
BA BB BC
BD BE BF BG BH BI BJ
銀英伝考察4
歴史を闇から揺るがした
「無名の」謀略家
銀英伝10巻における「ラグプール刑務所暴動事件」より発案された「ボリス・コーネフ謀略家説」と、それが銀英伝の世界観とどのような形で融合されていくかについて検証されたスレッドです。

薬師寺シリーズ考察

検証!薬師寺シリーズ
「GS美神 極楽大作戦」との比較検証論
0A 0B 0C
「薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ」(略して「薬師寺シリーズ」)を、週刊少年サンデーで連載されていた椎名高志作「GS美神 極楽大作戦」との比較検証の観点から論じたスレッドです。
薬師寺シリーズ1巻 魔天楼
1A 1B
「ストレス解消のため」という身も蓋もない作者の本音から始まった厄災のシリーズ第一作。
薬師寺シリーズ2巻 東京ナイトメア
強大無比な権力者が大衆迎合的な権力否定論を語り倒すダブルスタンダードなシリーズ第二作。
薬師寺シリーズ3巻 巴里・妖都変
オカルトに依存しながらオカルトを全否定する症状が未だに続いているシリーズ第三作。
薬師寺シリーズ4巻 クレオパトラの葬送
4A
シリーズ屈指の破綻作品。アメリカ同時多発テロ事件で発狂した田中芳樹の魂の雄叫びをお聞き下さい。
薬師寺シリーズ5巻 黒蜘蛛島

女王陛下のえんま帳
創竜伝13巻の系譜に基いた外国人不法入国擁護論が披露されるシリーズ第五弾。
そして、またもやスレイヤーズと極楽大作戦のパクリキャラクターを登場させた薬師寺シリーズハンドブック。
薬師寺シリーズ6巻 夜光曲
「あの」石原慎太郎氏が登場し、またもやストレス解消目的に罵倒文句が繰り広げられるシリーズ第六弾。
薬師寺シリーズ7巻 霧の訪問者
7A 8A
田中芳樹の夏の仕事場である軽井沢を舞台に、使い回しの反米ネタを大量に撒き散らすシリーズ第七弾。
薬師寺シリーズ8巻 水妖日にご用心
10
ローゼン閣下こと麻生太郎氏登場! どこかで聞いたようなトレース罵倒の雄叫びが作品にこだまします。

その他の田中芳樹作品考察論評

考察のテーマ 考察の内容と過去ログ一覧
紅塵の秦檜評価論考察
国粋主義的な秦檜罵倒論
紅塵の秦檜評価論と、それに象徴される田中芳樹のダブルスタンダード的な中国評価について検証します。
アルスラーン戦記読本
について

和田慎二の田中作品評価の怪
らいとすたっふ編纂のアルスラーン戦記読本について、少し思った事を簡単に書いてみました。
イギリス病のすすめ考察
現実と虚構の相互リンク
田中芳樹と土屋守の対談によるイギリスと日本の比較政治評論と、この本のテーマである「イギリス病のすすめ」の正体と実態について検証します。
キング・コング考察
リメイク映画版との比較検証論
2005年に公開&刊行された「キング・コング」リメイク版の、ピーター・ジャクソン監督の映画版および田中小説版の比較検証を行っています。

田中芳樹周辺および出版事情関係

考察のテーマ 考察の内容と過去ログ一覧
山本弘論争顛末記
ダブスタまみれの田中作品評
「と学会」会長・山本弘の、映画「インディペンデンス・ディ」「アルマゲドン」の作品評価手法と、田中作品に対する作品擁護スタンスとの間に垣間見られるダブルスタンダードの問題について、山本弘本人の掲示板投稿を元に検証した過去ログ集です。
創竜伝14巻刊行
無期限延期問題

遅筆をも超越した公約違反
田中芳樹作品の版権を管理する有限会社「らいとすたっふ」の社長・安達裕章氏が運営するブログに対し、問題点の指摘と一読者としての意見を述べた顛末および関連議論を収録したスレッドです。
銀英伝パチンコ化問題
我が子を売り払った田中芳樹
創竜伝5巻でパチンコと警察の癒着について批判的言辞を披露していたはずの田中芳樹とらいとすたっふが、自身の作品である銀英伝のパチンコ化を承認した問題について取り上げています。
タナウツオフ会
レポート
オフラインで行われた田中芳樹を撃つ!常連同士による親睦会や、コミックマーケットに参加したオフ会等の活動レポートをまとめているコーナーです。
田中芳樹サイン会
レポート
リアル世界の田中芳樹サイン会における田中芳樹本人やその周辺の動向などを、ひとりのサイン会参加者としての視点から観察・記録したレポートです。
あの人は今?
田中芳樹のゴシップ話

消えた身内のミステリー
結婚歴を持つはずの田中芳樹、および「らいとすたっふ」サイドが21世紀以降全く言及しなくなった田中芳樹の奥さん絡みのミステリーな謎を追うスレッドです。

田中芳樹作品擁護論

考察のテーマ 考察の内容と過去ログ一覧
アルスラーン戦記
設定擁護論

作品世界の設定&国力分析
馬ネタやパルス王国の国土・産業・文化考察など、作中の様々な世界設定に対する疑問に答えます。
銀英伝の人事問題
軍人の異常な出世速度の謎
「なぜ銀英伝では軍人の昇進速度が速いのか?」という問題について、様々な視点から考えたスレッドです。
ロイエンタールの叛乱
その動機と勝算
不沈戦艦さんが提起された「ロイエンタールの叛乱には無理がある」という問題について争われたスレッドです。
解放王の素質と功績
上に立つべき人間としての評価
解放王アルスラーンと古代の英雄王カイ・ホスローとの比較検証を元に、統治者としての素質と功績に関する議論が行われています。

サイトコンテンツの関連リンク一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加