作家・田中芳樹プロフィール

 このコーナーは、過去に公刊された田中芳樹関連著書、および新聞・雑誌等で掲載されていたインタビュー記事・対談内容などを元に、作家・田中芳樹の人物像・経歴・著書刊行履歴等についてまとめています。
 田中芳樹の経歴紹介は、過去に公刊されている田中芳樹関連著書のあとがき・対談・座談会等の記述内容、およびWeb上で公開されている信頼性の高い情報などといった、あくまでも「田中芳樹個人のプライバシーを侵害しない」「田中芳樹およびその関係者が公の場で直接明らかにしている」ことを前提条件とした情報のみを公開しています。
 当コーナーに掲載されていない田中芳樹の知られざる経歴・人物像・エピソード等を当サイトにて紹介したい方は、出典を明確に提示した上で「田中芳樹を撃つ!掲示板」の方に書き込みを行ってください。
WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

作家・田中芳樹 人物紹介

本名 田中美樹(たなかよしき)
生年月日 1952年(昭和27年)10月22日
年齢
出身地 熊本県天草市(旧本渡市。2006年3月27日の市町村合併で改称)
家族構成 2歳年上の姉が一人、および甥がいる
東京在住のマンション暮らし
ただし、夏季限定で避暑地暮らしをする(かつては軽井沢、現在は?)
既婚
学歴 熊本市立黒髪小学校卒業
熊本市立桜山中学校卒業
熊本商科大学付属高等学校(現・熊本学園大学付属高等学校)卒業
学習院大学文学部・国文学科卒業
同大学院博士課程修了
代表作品 銀河英雄伝説・アルスラーン戦記・創竜伝など
その他 元日本SFクラブ所属(元会員、現在は退会)

経歴・エピソード紹介

幼少時代 1歳の頃に熊本市に移住。
4〜5歳の頃、初めてマンガを読む。最初のマンガは手塚治虫作品(ただし、題名は覚えていないとのこと)。
2歳年上の姉が縁で、月刊誌「小学2年生」などの名作マンガも読んでいた。
小学校時代〜中学時代 野村愛正訳著「三国志物語」を読んで三国志物にハマり、中国の歴史に興味と関心を持つ。
「シャーロック・ホームズ」を読んでイギリスに興味を持つ。
軍事色が強かった当時の少年誌「日の丸」を愛読していた。
自衛隊の少年特殊部隊が活躍する「少年ロケット隊」(作者・横山光輝)のファンだった。
クラスの女の子が小説を書いて授業で読んだ際、「この程度なら俺にも書ける」と公言し、女子一同から「じゃあ書いてみろ」と迫られて仕方なく1本書いたところ、逆に評判になり、大いに面目をほどこした。
東宝映画「マタンゴ」がトラウマになり、以来キノコが食べられなくなった。
高校時代 図書委員長になり、図書室のヌシに。
職権を利用してハヤカワの世界SF全集を全巻揃えた。
この当時、後の創竜伝の原案となるキャラクター及びストーリーを数学のノートに書き記しており、当時の数学の教師に見つかって睨まれたことがある。
親の影響でこの時期アニメ・マンガから離れていたため、当時流行だった「あしたのジョー」や「ルパン三世 カリオストロの城」などをリアルタイムで観て&読んでいない。
1971年 早稲田大学を受験するも、不合格。当時の第一志望は国文学科、第二志望が史学科。
1972年 一浪の後、学習院大学文学部・国文学科に入学。専攻は明治文学。
この当時始まったアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が、マンガ・アニメに戻るきっかけとなる。
またこの頃、萩尾望都・和田慎二らが描いた少女マンガの影響で、それまで偏見を抱いていた少女マンガを読むようになる。
1973年 「Why did you kill him?」が学習院大学輔仁会雑誌196号に掲載される。
1975年 「寒泉亭の殺人」が学習院大学輔仁会雑誌198号の第4回輔仁会雑誌賞に入選する。
当時の懸賞金1万円を当てにするも、「金がないから8千円で許してくれ」という手紙が届く。
就職活動でFM局の書類選考を通過し面接までこぎつける。
しかし面接試験の当日、大ファンだった阪急ブレーブスが初の日本一に輝き、面接会場から徒歩5分のところで選手たちのサイン会が行われたため、
「就職試験はこれからもある。でも、阪急ブレーブスが日本一になるのは、これが最後だろう」
と面接をすっぽかしてサイン会へ赴き、結局採用はされなかった。
1976年 「週刊小説」の新人賞部門に中国物の歴史短編小説を応募、最終選考まで残るも落選。
1977年 「李家豊(りのいえゆたか)」のペンネームで書いた「緑の草原に……」が第3回幻影城新人賞受賞、作家としてデビューする。
ペンネームは、李白が好きだったことと、日本人の名前にラ行が少ないからという理由で電話帳をめくって決められたもの。
その後しばらく「幻影城」誌上に短篇を発表する。
大学院時代 後輩から「どうして論文を書かないのか?」と問われた際、冗談で「論文書いても女の子からファンレターは来ない」と答えていた。
修士論文で、幸田露伴著「運命」を題材にする。
「幻影城」からの執筆依頼で、銀英伝の原型作品「銀河のチェス・ゲーム」を原稿用紙で100枚ほど執筆する(この作品の前半部分が銀英伝冒頭に書かれている宇宙史となる)。
1979年 「幻影城」休刊。活動の場をなくす。
1980年 「SFアドベンチャー」誌上で作家活動再開。当時は短編を中心に執筆する。
1981年 作家として初の長編作品となる「白夜の弔鐘」を執筆。
新人としては破格の2万部の初版を発行するが、「こんなに売れなかったのは徳間ノベルズ始まって以来」とまで言われる。
また、この頃よりペンネームを「李家豊」から「田中芳樹」へ改める。
ペンネームを変更した理由は、よく中国人に間違われることと、説明するのに疲れてきたことから。
1982年 「銀河のチェス・ゲーム」を元に「銀河英雄伝説」を刊行。
作品タイトルを決める際、徳間書店の担当から「銀河三国志で行きましょう!」と言われ、「ちょっと待ってください」と1時間でタイトルを考えた。
1986年 角川書店より作品執筆の依頼。
当初は銀英伝と同様のスペース・オペラ作品を執筆して欲しいという依頼だったが、「スペース・オペラものはもう書きたくない、チャンバラものが書きたい」ということから、「アルスラーン戦記」執筆の構想が決定される。
同時期に講談社からも作品執筆の依頼。
書きたいものがあるかと問われ、「現代ものが書きたい」と返答。高校時代の授業中にノートの端に書いていたヨタ話を元に主人公の名前が決定。後の「創竜伝」執筆に繋がる。
この年に結婚。
1988年 「銀河英雄伝説」で星雲賞を受賞。
1990年 前年末から年初頭までの10日間の日程で、当時の旧東ドイツおよび旧チェコスロバキア領ボヘミア地方へ旅行に出かける。
1991年 この頃、奥さんの知人で拓殖大学教授・大谷博愛氏からの誘いを受け、最初のイギリス旅行に出かける。
1996年 講談社ノベルズの担当者と「近頃のミステリーの名探偵たちは、犯人を捕まえた後で『犯人の人生を左右して良いものか?』と悩むことが多い」と言う話題で盛り上がり、「では全然悪びれない探偵役を出そうか?」という流れになる。
中国の歴史小説で苦労した経験から「ストレス解消のために現代物をやりたい」「女性に『おっほほほほ!』と笑われる方がもっと傷つく」ということで薬師寺シリーズの構想が出来上がり、この年、薬師寺シリーズがスタートする。
1999年 この年の夏、身体の不調により長期入院を経験する。
11月頃、作家の赤城毅氏を通訳兼ガイドとして伴い、ハンブルクを拠点としたドイツ北部の港町へ取材旅行に出かける。
2001年 薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ5巻「黒蜘蛛島」執筆のため、カナダのバンクーバーへ取材旅行へ出かける。
2004年 新作執筆(2005年7月刊行の「ラインの虜囚」)のため、3月末〜4月上旬にかけて、ドイツのライン川地方に取材旅行に出かける。
2006年 「ラインの虜囚」で「第22回 うつのみやこども賞(栃木県宇都宮市の市立図書館が主催する文学賞)」を受賞。
2008年 8月中旬、ヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャーシリーズ2巻「髑髏城の花嫁」の執筆のため、イラストレーターの後藤啓介氏と共にイギリスへ取材旅行に出かける。
2009年 夏の半ば頃から体調を崩し、仕事の予定が大幅に狂う。
2011年 銀英伝舞台版絡みでネットメディア「ニコニコ生放送」に初出演する。

田中芳樹関連著書 刊行履歴

初版発行日 刊行作品 出版形態
西暦年
1981 31 白夜の弔鐘 徳間ノベルズ
1982 11 30 銀河英雄伝説1巻「黎明篇」 徳間ノベルズ
1983 30 銀河英雄伝説2巻「野望篇」 徳間ノベルズ
1984 30 銀河英雄伝説3巻「雌伏篇」 徳間ノベルズ
10 31 銀河英雄伝説4巻「策謀篇」 徳間ノベルズ
1985 30 銀河英雄伝説5巻「風雲篇」 徳間ノベルズ
10 31 銀河英雄伝説6巻「飛翔篇」 徳間ノベルズ
1986 30 銀河英雄伝説外伝1巻「星を砕く者」 徳間ノベルズ
31 銀河英雄伝説7巻「怒涛篇」 徳間ノベルズ
25 アルスラーン戦記1巻「王都炎上」 角川文庫
1987 31 銀河英雄伝説8巻「乱離篇」 徳間ノベルズ
25 アルスラーン戦記2巻「王子二人」 角川文庫
31 銀河英雄伝説外伝2巻「ユリアンのイゼルローン日記」 徳間ノベルズ
31 銀河英雄伝説9巻「回天篇」 徳間ノベルズ
創竜伝1巻「超能力四兄弟」 講談社ノベルズ
25 アルスラーン戦記3巻「落日悲歌」 角川文庫
11 15 銀河英雄伝説10巻「落日篇」 徳間ノベルズ
11 30 戦場の夜想曲(ノクターン) 徳間ノベルズ
12 15 流星航路 徳間文庫
1988 31 銀河英雄伝説外伝3巻「千億の星、千億の光」 徳間ノベルズ
31 西風の戦記(ゼピュロシア・サーガ) ソノラマ文庫
創竜伝2巻「摩天楼の四兄弟」 講談社ノベルズ
30 夏の魔術シリーズ1巻「夏の魔術」 徳間ノベルズ
25 マヴァール年代記1巻「氷の玉座」 角川ノベルズ
25 アルスラーン戦記4巻「汗血公路」 角川文庫
10 31 夢幻都市 徳間ノベルズ
11 創竜伝3巻「逆襲の四兄弟」 講談社ノベルズ
11 20 マヴァール年代記2巻「雪の帝冠」 角川ノベルズ
11 25 灼熱の竜騎兵1巻「惑星ザイオンの風」 富士見ファンタジア文庫
12 31 タイタニア1巻「疾風篇」 徳間ノベルズ
1989 アルスラーン戦記5巻「征馬孤影」 角川文庫
創竜伝4巻「四兄弟脱出行」 講談社ノベルズ
30 ウェディング・ドレスに紅いバラ1巻「ウェディング・ドレスに紅いバラ」 徳間ノベルズ
マヴァール年代記3巻「炎の凱歌」 角川ノベルズ
31 銀河英雄伝説外伝4巻「螺旋迷宮」 徳間ノベルズ
25 アルスラーン戦記6巻「風塵乱舞」 角川文庫
10 20 灼熱の竜騎兵2巻「惑星ザイオンの嵐」 富士見ファンタジア文庫
11 30 タイタニア2巻「暴風篇」 徳間ノベルズ
1990 創竜伝5巻「蜃気楼都市」 講談社ノベルズ
15 七都市物語1巻「七都市物語」 ハヤカワ文庫
25 アルスラーン戦記7巻「王都奪還」 角川文庫
31 アップフェルラント物語 徳間書店
15 創竜伝6巻「染血の夢」 講談社ノベルズ
31 夏の魔術シリーズ2巻「窓辺には夜の歌」 徳間ノベルズ
20 晴れた空から突然に… 朝日ソノラマ
11 25 自転地球儀世界シリーズ1巻「地球儀の秘密」 角川ノベルズ
1991 31 風よ、万里を翔けよ 徳間書店
31 タイタニア3巻「旋風篇」 徳間ノベルズ
創竜伝7巻「黄土のドラゴン」 講談社ノベルズ
12 10 アルスラーン戦記8巻「仮面兵団」 角川文庫
1992 10 創竜伝8巻「仙境のドラゴン」 講談社ノベルズ
31 長江落日賦 徳間書店
20 アルスラーン戦記9巻「旌旗流転」 角川文庫
31 エンサイクロペディア銀河英雄伝説 徳間書店
1993 10 紅塵 祥伝社
10 25 灼熱の竜騎兵3巻「太陽系の風」 富士見ファンタジア文庫
1994 25 カルパチア綺想曲(ラプソディ) 光文社ノベルズ
31 夏の魔術シリーズ3巻「白い迷宮」 徳間ノベルズ
25 長江有情〜英雄光芒の地をゆく〜 徳間書店
30 田中芳樹読本 早川書房
11 25 創竜伝9巻「妖世紀のドラゴン」 講談社ノベルズ
1995 31 夜への旅立ち 徳間ノベルズ
25 自転地球儀世界シリーズ2巻「カラトヴァ風雲録」 角川ノベルズ
31 隋唐演義1巻「群雄雌伏ノ巻」 徳間書店
10 KLAN(クラン)1巻「KLAN 1」 集英社ノベルズ
10 31 隋唐演義2巻「隋の煬帝ノ巻」 徳間書店
11 30 中国帝王図 徳間書店
12 纐纈城綺譚 朝日ソノラマ
1996 31 隋唐演義3巻「太宗李世民ノ巻」 徳間書店
31 談論 中国名将の条件 徳間書店
30 隋唐演義4巻「女帝武則天ノ巻」 徳間書店
16 創竜伝10巻「大英帝国最後の日」 講談社ノベルズ
16 海嘯 中央公論社
31 隋唐演義5巻「玄宗と楊貴妃ノ巻」 徳間書店
10 15 薬師寺涼子の怪奇事件簿1巻「魔天楼」 講談社文庫
11 25 中国武将列伝 上 中央公論社
12 20 中国武将列伝 下 中央公論社
1997 31 銀河英雄伝説読本 徳間書店
15 創竜伝公式ガイドブック 講談社文庫
25 異色中国短篇傑作大全 講談社
11 30 イギリス病のすすめ 社会思想社
12 創竜伝11巻「銀月王伝奇」 講談社ノベルズ
1998 10 奔流 祥伝社
25 チャイナ・イリュージョン中国小説の世界 中央公論社
10 薬師寺涼子の怪奇事件簿2巻「東京ナイトメア」 講談社ノベルズ
1999 20 運命 二人の皇帝 講談社
15 「田中芳樹」公式ガイドブック 講談社文庫
12 アルスラーン戦記10巻「妖雲群行」 角川文庫
2000 30 薬師寺涼子の怪奇事件簿3巻「巴里・妖都変」 カッパノベルズ
20 チャイナ・ストーリーズ黄土の虹 講談社
10 アルスラーン戦記読本 角川文庫
17 創竜伝12巻「竜王風雲録」 講談社ノベルズ
31 野望円舞曲1巻「野望円舞曲 1」 徳間デュアル文庫
10 25 黒竜潭異聞 実業之日本社
11 10 中欧怪奇紀行 中央公論新社
2001 31 野望円舞曲2巻「野望円舞曲 2」 徳間デュアル文庫
岳飛伝1巻「金軍侵攻ノ巻」 中央公論新社
岳飛伝2巻「宋朝中興ノ巻」 中央公論新社
30 野望円舞曲3巻「野望円舞曲 3」 徳間デュアル文庫
岳飛伝3巻「精忠岳家軍ノ巻」 中央公論新社
バルト海の復讐 東京書籍
岳飛伝4巻「天日昭昭ノ巻」 中央公論新社
10 30 KLAN(クラン)2巻「逃亡編」 スーパーダッシュ文庫
12 21 薬師寺涼子の怪奇事件簿4巻「クレオパトラの葬送」 講談社ノベルズ
2002 31 野望円舞曲外伝1巻「デッドライン23」 徳間デュアル文庫
28 KLAN(クラン)3巻「迷走編」 スーパーダッシュ文庫
30 KLAN(クラン)4巻「野望編」 スーパーダッシュ文庫
31 野望円舞曲4巻「野望円舞曲 4」 徳間デュアル文庫
18 夏の魔術シリーズ4巻「春の魔術」 講談社ノベルズ
10 18 灼熱の竜騎兵(シェアードワールズ)1巻「レインボウ・プラネット」 スクウェア・エニックスEXノベルズ
11 15 書物の森でつまずいて…… 講談社文庫
2003 31 銀河英雄伝説ハンドブック 徳間デュアル文庫
28 KLAN(クラン)5巻「苦闘編」 スーパーダッシュ文庫
21 灼熱の竜騎兵(シェアードワールズ)2巻「ブルー・ストリーム」 スクウェア・エニックスEXノベルズ
31 野望円舞曲5巻「野望円舞曲 5」 徳間デュアル文庫
創竜伝13巻「噴火列島」 講談社ノベルズ
30 KLAN(クラン)6巻「策謀編」 スーパーダッシュ文庫
15 灼熱の竜騎兵(シェアードワールズ)3巻「ハイ・ムーン」 スクウェア・エニックスEXノベルズ
30 自転地球儀世界シリーズ3巻「異世界からの来訪者」 徳間デュアル文庫
30 KLAN(クラン)7巻「暗闘編」 スーパーダッシュ文庫
10 灼熱の竜騎兵(シェアードワールズ)4巻「ゴールデン・グリフォン」 スクウェア・エニックスEXノベルズ
10 31 薬師寺涼子の怪奇事件簿5巻「黒蜘蛛島」 カッパノベルス
12 19 KLAN(クラン)8巻「アリョーシャ特別編」 スーパーダッシュ文庫
2004 20 薬師寺涼子の怪奇事件簿ハンドブック「女王陛下のえんま帳」 光文社
10 22 天竺熱風録 新潮社
11 25 KLAN(クラン)9巻「覚醒編」 スーパーダッシュ文庫
2005 10 薬師寺涼子の怪奇事件簿6巻「夜光曲」 祥伝社ノン・ノベル
30 七都市物語2巻「七都市物語シェアードワールズ」 トクマ・ノベルズ
野望円舞曲6巻「野望円舞曲 6」 徳間デュアル文庫
ラインの虜囚 講談社ミステリーランド
25 KLAN(クラン)10巻「反撃編」 スーパーダッシュ文庫
31 小説宝石特別編集「英雄譚」 光文社ブックス81
25 アルスラーン戦記11巻「魔軍襲来」 カッパノベルズ
12 17 キング・コング 集英社
2006 24 薬師寺涼子の怪奇事件簿7巻「霧の訪問者」 講談社ノベルズ
12 10 アルスラーン戦記12巻「暗黒神殿」 カッパノベルズ
2007 30 ウェディング・ドレスに紅いバラ2巻「夜空の双子座(ジェミニ)に紅いバラ」 スーパーダッシュ文庫
17 ヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャー1巻「月蝕島の魔物」 理論社 ミステリーYA!
10 野望円舞曲7巻「野望円舞曲 7」 徳間デュアル文庫
12 14 薬師寺涼子の怪奇事件簿8巻「水妖日にご用心」 祥伝社ノン・ノベル
2008 30 KLAN(クラン)11巻「宿敵編」 スーパーダッシュ文庫
30 KLAN(クラン)12巻「盟友編」 スーパーダッシュ文庫
30 KLAN(クラン)13巻「完結編」 スーパーダッシュ文庫
10 10 アルスラーン戦記13巻「蛇王再臨」 カッパノベルズ
2009 25 とっぴんぱらりのぷぅ〜田中芳樹のブックガイド〜 光文社
30 銀河英雄伝説外伝5巻「黄金の翼」 創元SF文庫
26 蘭陵王 文藝春秋社
12 10 野望円舞曲8巻「野望円舞曲 8」 徳間デュアル文庫
2010 野望円舞曲9巻「野望円舞曲 9」 徳間デュアル文庫
12 10 野望円舞曲10巻「野望円舞曲 10」 徳間デュアル文庫
2011 10 31 ヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャー2巻「髑髏城の花嫁」 東京創元社
2012 薬師寺涼子の怪奇事件簿9巻「魔境の女王陛下」 講談社ノベルズ
2013 26 タイタニア4巻「烈風篇」 講談社ノベルズ
2014 20 アルスラーン戦記14巻「天鳴地動」 カッパノベルズ
2015 タイタニア5巻「凄風篇」 講談社ノベルズ
10 薬師寺涼子の怪奇事件簿10巻「海から何かがやってくる」 祥伝社ノン・ノベル
2016 20 アルスラーン戦記15巻「戦旗不倒」 カッパノベルズ
※「田中芳樹関連著書 刊行履歴」における着色フォント区分

サイトコンテンツの関連リンク一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加