銀英伝考察2−C

ヤンが殉じたシビリアン・コントロールの実態

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツの総収録投稿数94件の内、39〜48件目の投稿を掲載

収録投稿39件目
board2 - No.1003

Re: 結構頭使うなあ。軽く考えて泥沼状態。(^^;;

投稿者:Merkatz
2000年06月10日(土) 09時00分

>しかしリップシュタット戦役の時、平民階級は貴族階級に対して怒りを爆発させ、
>貴族に対する報復行為を行っていましたよね?・・・(略)・・・
>何も怨みがなかったのであれば、貴族階級に対する報復行為など発生しようがないのですから。

そうでした。(^^;;
ヴェスターラントなんかその典型例でしたね。

>何しろ宇宙艦隊を使って戦っているような時代ですからね。
>銀英伝のようなSF世界でまともな武力を持つためには、
>戦艦や駆逐艦などの艦船を建造するための資源と、
>それらを運用するためのノウハウが必要不可欠です。

やっぱりこの点が痛い。
民衆反乱が起こっても、彼らが宇宙に出られない限り、艦隊派遣であっさり片が付きますからね。
ヴェスターラントはそのことを示唆していましたね。
彼らは領主を追い出した後、ラインハルトに庇護を求めることを相談していましたから。
結局、一惑星上で反乱が成功するだけでは意味がない。
銀英伝の世界では、農民一揆や反体制一揆が不可能に近い?

>帝国内で共和主義者がなかなか台頭しなかった理由は、
>やはり彼らがラインハルトのような圧倒的な武力をもたず、明確な目的意識も、
>それを実現させる政治・戦略・謀略構想がまともに構築されていなかったため、
>平民が期待をかけようもなかったほどに弱小な勢力でしかなかったからなのではないでしょうか。
>特に「まともな武力を持てなかった」というのが一番大きかったのではないかと思います。

私は同盟建国が一番大きな理由だと思います。
帝国内で共和主義の理想を振りかざすより、
「理想」が実現されている同盟に亡命した方が手っ取り早いですから。
喩えると北朝鮮みたいなもんじゃないでしょうか?
北朝鮮でも反体制派の活動なんて聞いたことないし、
圧政が嫌な人は亡命していますしね。
あとはルドルフ死後の大規模な共和主義者の蜂起が鎮圧されたのが、
やっぱり致命的だったんでしょう。
あの時、共和主義者達は好機と考え主要な者はほとんど参加したんでしょうね。
それが逆に鎮圧されて、その後組織を引っ張れるような人が全て居なくなってしまったんでしょう。

>しかし銀河帝国の人口は、銀河連邦崩壊から約500年の間に3000億→250億にまで減少していますよね?

しかし9割減というのもちょっと極端過ぎますよね。
いかに搾取していたとはいっても、これでは根本的な国力が著しく低下して、
そもそも帝国自体が崩壊するのではないでしょうか?
これは何か説明を考えないといけませんね。(^^;;

収録投稿40件目
board2 - No.1007

Re1002/1003:共和主義者の問題その他について

投稿者:冒険風ライダー
2000年06月11日(日) 00時54分

>平松さん
<六巻(トクマノベルズ)のP16には、軍部はすでに議会内にも言論界にも充分な数の代弁者を獲得していたとありますので、ある意味軍部は政府よりも影響力を有していたのではないでしょうか。>

 議会や言論界における多くの代弁者のために軍部の影響力が強かったのは否定しませんが、それでも軍部は地球政府の命令には従わなければならず、旧日本軍のような独走行為はできない立場にありました。実際、地球軍の植民地星系に対する弾圧は地球政府の命令によるものだったのですから、地球政府は充分に軍部を掣肘する事ができる立場にあったのです。
 ですから、

<地球軍は政府のコントロールから半ば離れた、「国家の中の国家」と化していたと言えるのではないでしょうか。>

 というのはまず考えられません。地球政府の軍部に対するコントロール機能は失われてはいなかったと見るべきでしょう。
 地球政府や地球軍の蛮行については「植民地星系に対する蔑視思想」という共通の認識が存在していた事が大きかったのではないでしょうか。
「植民地星系の連中は自分たちに比べて下等な存在だから何をしても良いのだ」
こんな思想があれば、どんな蛮行だって彼らの中では正当化されるでしょうな。しかし一方で、地球軍と地球政府の国家的名誉のためにも、国民の支持を得ておくためにも「一連の蛮行」を隠蔽しておく必要がある。こんな理由で、地球政府は「地球軍の蛮行の隠蔽」に荷担していたのではないでしょうか。
 もっとも、こんな事をする事自体、国家としては末期的症状を呈しているのですけど。

<これらの民主主義は、戦時下における非常の策だったのかもしれません。同盟が立法府の権限を弱めたのも、行政が下した決断に歯止めをかけさせない為とも考えられます。無論これは民主国家のチェックシステムとしては失格でしょうが、強い指導制と即断即決を駆使して帝国に対抗しようと考えての結果で、帝国を倒して後に立法府の権限を回復させようとしていたのかも知れません(でもこれだと救国軍事会議のエベンス大佐の主張とまったく同じですね。まあ、軍人と国民に選ばれた政治家による運営の差、という事にしておきましょう。このあたりの反論はもう苦しいです(^_^;))。>

 しかしその結果、行政府が暴走してしまう可能性について考えなかったのでしょうか? 歴史的にも、アメリカのベトナム戦争では行政府が軍部に対して過剰な政治干渉を行っていた事が敗因の大きな理由のひとつとなりましたし、末期同盟においても似たような現象が見られました。いくら戦争遂行のために行政府の権限を強化したところで、それによって行政府が暴走した挙句に敗北してしまったら意味がないでしょう。「権力というものは暴走しやすいものである」という認識が同盟には必要であったはずです。
 それにいくら戦争遂行のためとはいえ、それを理由に立法府の権限を無力に近いレベルにまで弱めたりしたら、それは議会制民主主義の否定に繋がってしまうではありませんか。「行政府のなすがままに」では帝国の専制政治を笑えませんよ。やはり立法府をきちんと機能させてこそ、民主主義国家としての存在意義があるのではないでしょうか。
 もし同盟において議会の勢力が強かったならば、あるいは選挙目的で出兵を決定した帝国領侵攻作戦のような愚行を事前に防ぐ事ができたのかもしれないのですが、これでも立法府が行政府に歯止めをかけることは無用であるというのでしょうか?

<銀河帝国の領域はかつての銀河連邦の支配地域であったのですから、その領域に対しての愛着心もあったでしょうし、帝国内の共和主義者がそんな大量に同盟やフェザーンに亡命出来たとは考えにくいと思うのですが、やはり優れた帝国内の運動家は同盟やフェザーンに流れていってしまっていたのでしょうか。>

 帝国と同盟の最初の大規模な会戦となったダゴン星域会戦で同盟が勝利した後、次のような記述があります。

銀英伝1巻 P17下段
<自由惑星同盟にとっては、これが量的な膨張のきっかけとなった。帝国内に対抗する独立勢力の存在を知った帝国内の異分子たちが、安住の地を求めて大量に逃亡し、流れこんできたからである。ルドルフ大帝の死後三世紀を経て、さしも強固だった体制のたがもゆるみ、弾圧に狂奔した社会秩序維持局の威光も薄れて、帝国内には不満の声が高まっていたのだ。>

 このような記述があるのですから、銀河帝国の共和主義者たちが大量に同盟に流れていった事は間違いないでしょう。
 それに帝国内で民主運動をしたところで、待っているものは密告と弾圧だけなのですから、亡命に際して「帝国に対する愛着」なんて何の妨害にもならない思うのですけど。

<なにしろ帝国内の共和主義勢力の描写が至って少ないですから、同盟との連携があったかどうかハッキリとは分かりませんね。ジークマイスターとミヒャールゼンによるスパイ網の提供などは連携と言えるでしょうが、これは二人が積極的に活動した結果で、同盟が能動的に成立させた訳ではないですし。>

 「ジークマイスターとミヒャールゼンによるスパイ網」というのは帝国政府内部に対するもので、帝国国内の共和主義者と連携を組んだものではありません。
 帝国内には同盟に呼応するような内部勢力もいませんでしたし、同盟政府がそれを作ろうとした形跡も全くありませんから、結局同盟はそのような内部工作は行っていなかったのでしょう。呼応する内部勢力としては、別に共和主義者でなくとも、帝国の支配に反感をもつ傍流系の貴族などでも良かったのですが。
 「敵の中に味方をつくる」というのは諜報・謀略構想の基礎中の基礎なのですけど、何で同盟はこの政治手法を使わなかったのでしょうか?

<実際はヤンも同盟政府から「必要がなくなった」と思われたからこそ退役できたのではないでしょうか。帝国と和平を結んだ以上、ヤンには活躍の機会はありませんし、デスクワークでは役に立たない(^^;)。フィッシャー、ムライ、パトリチェフなどの軍に残留した幕僚達は利用価値がなくなったと見なされて辺境に飛ばされていますし(キャゼルヌは和平締結後の事後処理のため、後方勤務本部長代理に就任していますけど)。
「帝国とは圧倒的な兵力差があり、ヤンでも最終的な勝利は望めない」とは、おそらくは同盟政府の高官達の認識ではなかったでしょうか(エル・ファシル独立政府の高官の一人はそう考え、ロムスキーにヤンを帝国に引き渡す事を進言しています)。六巻(トクマノベルズ)のP128からP130には、ヤンを帝国に売り渡して身の安全を得ようと考えていた権力者達の描写がありますが、彼らにとってヤンはもはや「軍人」としての価値がなかったという事であり、レベロがヤンを排除する決断を下したのも、ヤンの存在を危険視したのと同時に、帝国が上位の存在となった以上、ヤンはもう軍人としての利用価値はないと考えたからではないでしょうか。>

 しかし当時の同盟は帝国から一応の地位を保全されているとはいえ、いつ帝国に口実つけられて滅ぼされてもおかしくない立場にあり、国家体制が磐石なものであったとは到底言えない状態にあったはずです。そんな状況下で「ヤンが軍人として不必要であった」などということがありえるのでしょうか? それどころか、ヤンを殺してしまったら帝国が喜んで同盟併合に乗り出す可能性すらあるではありませんか。何しろ同盟併合を妨害すると見られる軍事的脅威のひとつが消滅してしまうのですから。
 ヤンの引退を認めるにしても、すくなくともある一定の連絡を取り合うレベルの「外交チャンネル」を確保し、帝国から隠れた影の協力体制を確立しておく必要性がヤンにもレベロにもあったはずです。そしてその方がヤンに対するチェック機能が働き、むしろレベロが危惧していた「ヤンの暴走」を止めるという目的にもかなって一石二鳥だったではないですか。「危険に見えるから排除する」なんて単純な思考法の方が余程危険なシロモノです。現にヤン一党はこの考えが実行されたがためにレベロの危惧通りに暴走してしまい、結果的に同盟滅亡が速まってしまったではありませんか。
 ここでヤンを殺してしまったら却って逆効果になってしまう。その程度の発想すらレベロにはなかったというのでしょうか? だとしたら、レベロは能力・識見的に見ても政治家としては失格ですね。政治家には「柔軟な発想」が必要不可欠なのですから。

<レベロにとって、抱いている猜疑心が無用なものであるとは思えなかったでしょう。レベロが疑っていたのは現在における「ヤン個人」というより、変貌を遂げた「架空のヤン」だったのでは?原子力発電所がどんなに安全性を示しても地域住民の不安をぬぐう事が出来ないのと同じで、ヤンが絶対に変貌を遂げないと言う保証は誰にも出来ない訳ですから、ヤン自身が「自分は絶対変貌しません」とレベロに誓約しても、自分の思想を細かに語っても、それは「未来においてのヤン」の安全性を確約する事にはならないとレベロは考えたのではないでしょうか。>

 上でも言いましたけど「危険だから排除する」なんて考え方自体がそもそも「危険な発想」なのですよ。排除される方にしてみれば「殺られる前に殺る」という考えにいきつくのはむしろ自然な事なのですから。あの当時の同盟の政治情勢下において、そのような内戦が発生する事がどれほど危険な事であったのかについて、レベロは考える事がなかったのでしょうか。
 だいたい民主主義国家におけるシビリアン・コントロールの意義にしたって「危険な軍隊をいかにしてコントロールするか」ということにあるのですから、レベロのヤン排除の発想はとても民主主義国家における政治家の考え方とは思えません。これから見てもレベロは政治家失格でしょう。
 そもそもヤンにしてもレベロにしても「民主主義を擁護する」という共通目的があったのですから、「その共通目的のために、たとえ一時的にでも手を結ぶ」という程度の発想ぐらいあってもよかったのではないかと思うのですけど。彼らの政治的センスはゼロどころかマイナスでさえありますね。彼らももう少し「現実の政治」と「政治的連携」について考える事はできなかったのでしょうか。

>共和主義者の問題

 これはMerkatzさん、平松さん共に結構理のある意見を出されていますから、それらと私の意見とを全てまとめて、次のような説を作ってみました。

<ルドルフの皇帝即位に伴う銀河連邦崩壊以来、その復活を願う共和主義者達は、ルドルフ崩御と同時に大同団結して帝国を打倒するための大規模な叛乱を起こした。しかしバルトバッフェル公ステファンを中心とする帝国は共和主義者の楽観的観測よりもはるかに強大で、叛乱は完全に鎮圧され、5億余人の叛乱参加者が殺され、その家族など100億人以上が農奴階級に落とされた。この失敗が民衆に与えた心理的効果は大きく、また武力の大部分をこの叛乱で失ってしまった共和主義者達は、その後の帝国が艦船建造の資源とノウハウを独占したために武力の再編を不可能にされてしまい、小規模な地下活動程度のレベルでしか活動できなくなってしまった。
 共和主義者達は何とかして帝国に対する反撃を画策するのだが、ジギスムント痴愚帝やアウグスト流血帝などの暴政につけこもうにも、手元に武力がない状態ではまず軍事力の充実から始めなければならず、さらにようやく軍事力結集のメドが立ったあたりで帝国の皇族による簒奪によって暴政が鎮静化され、それにともなって民衆の共和主義者に対する期待感も薄れていき、運動も自然消滅するというパターンを何回も繰り返すことになった。
 また帝国の内部攪乱に訴えようとしても、当時の帝国軍の将官クラスの高官達は全てが貴族階級で構成されており、彼らがゴールデンバウム王朝崩壊の企てに荷担するはずもなく、逆に彼ら自身が苛烈な弾圧を受けるありさまだった(ちなみに帝国軍の将官クラスの高官に平民出身者が多く出現するようになるのは宇宙歴745年、第二次ティアマト会戦によって多数の帝国軍将官が戦死し、深刻な士官の欠乏現象が生じて以降)。
 そんな中で、アーレ・ハイネセンをはじめとする共和主義者達が宇宙船建造の難問をクリアし、50年にわたる「長征一万光年(ロンゲスト・マーチ)」の末、宇宙歴527年に自由惑星同盟を建国。それから100年以上経過した宇宙歴640年、同盟はダゴン星域会戦による大勝利を収め、帝国に対抗できる民主共和勢力としての地位を確保した。その結果、帝国の支配に不満を持っていた民衆や共和主義者たちが大量に同盟に流入し、同盟は量的に膨張していく事になる。
 特に共和主義者たちは、帝国内にいてもまともな武力が確立できない状態で自滅的な民主運動を続けるしかないため、先を争って同盟になだれ込んで行った。そのため、帝国内には同盟に亡命する行動力も財力もない共和主義者しか残らず、極めて皮肉な形で、帝国における有望な共和主義者たちはほとんど一掃される事になったのである。>

 共和主義者が台頭しなかった理由としてはこんなところでしょうか。またフェザーン回廊の発見とフェザーンの建国もこの時の副産物でしょう。同盟へ亡命者を輸送していく仕事は、結構儲かる商売になったはずですから。

>Merkatzさん
<やっぱりこの点が痛い。
民衆反乱が起こっても、彼らが宇宙に出られない限り、艦隊派遣であっさり片が付きますからね。
ヴェスターラントはそのことを示唆していましたね。
彼らは領主を追い出した後、ラインハルトに庇護を求めることを相談していましたから。
結局、一惑星上で反乱が成功するだけでは意味がない。
銀英伝の世界では、農民一揆や反体制一揆が不可能に近い?>

 私はこれこそが帝国の支配体制が長続きした最大の理由だと考えています。宇宙航行能力がない状態では農民一揆も反体制一揆もまず不可能ですからね。鎮圧側は安全な宇宙から攻撃していれば全く無傷で反乱を鎮圧できますし、最悪の場合、惑星の破壊という手段に訴える事すら可能です。
 この命題が何らかの形で解決されない限り、どんな暴政が展開されていても平民階級は貴族階級に黙って従っているしかないのですよ。その不満が積もりに積もって、ヴェスターラントやリップシュタット戦役末期における破局が起こったわけです。

<しかし9割減というのもちょっと極端過ぎますよね。
いかに搾取していたとはいっても、これでは根本的な国力が著しく低下して、
そもそも帝国自体が崩壊するのではないでしょうか?
これは何か説明を考えないといけませんね。(^^;;>

 考えられる理由としては、

1. 劣悪遺伝子排除法によって福祉が全面廃止された事による人口減
2. 平民階級に大規模な飢餓が発生した事による人口減
3. 出生率の低下にともなう人口減
4. 辺境星系の苛烈な環境下で無理な資源開発を進めた事による人口減
5. 帝国政府の苛烈な共和主義者弾圧による人口減
6. ダゴン会戦後、大量の民衆が同盟に流出していった事による人口減
7. 慢性的な戦争状態によって若年層が薄くなってしまった事による人口減

 これらが重なり、帝国の人口は長い年月をかけて少しずつ減少していったのではないでしょうか。

収録投稿41件目
board2 - No.1009

Re1007:政府と軍と共和主義運動

投稿者:平松重之
2000年06月12日(月) 03時51分

 冒険風ライダーさん

>  議会や言論界における多くの代弁者のために軍部の影響力が強かったのは否定しませんが、それでも軍部は地球政府の命令には従わなければならず、旧日本軍のような独走行為はできない立場にありました。実際、地球軍の植民地星系に対する弾圧は地球政府の命令によるものだったのですから、地球政府は充分に軍部を掣肘する事ができる立場にあったのです。
>  ですから、
>
> <地球軍は政府のコントロールから半ば離れた、「国家の中の国家」と化していたと言えるのではないでしょうか。>

>  というのはまず考えられません。地球政府の軍部に対するコントロール機能は失われてはいなかったと見るべきでしょう。

 自分は「半ば」軍部が政府のコントロールを離れていたのでは、と主張していたのであって、完全にコントロールを離れていたとは書いていません。軍部が政府の命令に従っていたというより、たまたま利害が一致していた結果に過ぎないと思えるのですが。そもそも、肥大化し続けている軍部を、果たして政府がいつまでも掣肘出来るものでしょうか?

>  しかしその結果、行政府が暴走してしまう可能性について考えなかったのでしょうか? 歴史的にも、アメリカのベトナム戦争では行政府が軍部に対して過剰な政治干渉を行っていた事が敗因の大きな理由のひとつとなりましたし、末期同盟においても似たような現象が見られました。いくら戦争遂行のために行政府の権限を強化したところで、それによって行政府が暴走した挙句に敗北してしまったら意味がないでしょう。「権力というものは暴走しやすいものである」という認識が同盟には必要であったはずです。
>  それにいくら戦争遂行のためとはいえ、それを理由に立法府の権限を無力に近いレベルにまで弱めたりしたら、それは議会制民主主義の否定に繋がってしまうではありませんか。「行政府のなすがままに」では帝国の専制政治を笑えませんよ。やはり立法府をきちんと機能させてこそ、民主主義国家としての存在意義があるのではないでしょうか。
>  もし同盟において議会の勢力が強かったならば、あるいは選挙目的で出兵を決定した帝国領侵攻作戦のような愚行を事前に防ぐ事ができたのかもしれないのですが、これでも立法府が行政府に歯止めをかけることは無用であるというのでしょうか?

 まああくまで非常の策、という事です。まさか150年も戦いが続くとは思っていなかったので、政治的な倦怠感や腐敗が深刻な域になる前に帝国を打倒出来ると考えていた故なのではないかとも思われます(苦しい)。まあ150年経過した時点で、何らかの改革を講じるべきだったのでしょうけど、トリューニヒトが自分にとって都合の悪い改革案(議会の権限を強める等)を推進するはずもないですし。

>  帝国と同盟の最初の大規模な会戦となったダゴン星域会戦で同盟が勝利した後、次のような記述があります。
>
> 銀英伝1巻 P17下段
> <自由惑星同盟にとっては、これが量的な膨張のきっかけとなった。帝国内に対抗する独立勢力の存在を知った帝国内の異分子たちが、安住の地を求めて大量に逃亡し、流れこんできたからである。ルドルフ大帝の死後三世紀を経て、さしも強固だった体制のたがもゆるみ、弾圧に狂奔した社会秩序維持局の威光も薄れて、帝国内には不満の声が高まっていたのだ。>
>
>  このような記述があるのですから、銀河帝国の共和主義者たちが大量に同盟に流れていった事は間違いないでしょう。
>  それに帝国内で民主運動をしたところで、待っているものは密告と弾圧だけなのですから、亡命に際して「帝国に対する愛着」なんて何の妨害にもならない思うのですけど。

 自分が主張していたのは「たがが緩んでいた帝国後期にどうして共和主義者が台頭し得なかったのか」という事についてなのですが、同盟の存在が認知されて以後、共和主義者達が大量に同盟領に流入出来た期間は、それほど長くはなかったのではないかと思われます。時間が経てば亡命を阻止する為のシステムを構築してくるでしょうし、イゼルローン回廊及びフェザーン回廊を集中して監視さえしていれば効率もよく、亡命の成功率は不可能とまでいかなくともかなり低くなるでしょう。となれば、亡命にはある程度の資金やコネも必要になってくるはずです。それを考えれば、帝国後期において帝国内の共和主義運動家が「大量に」同盟に流れ込んだという事はありえないと思うのですが。まあ、リーダーシップを持った有能な運動家は資金もコネもある程度有しているでしょうから、それを利して同盟内に流れていったとも考えられます。かくして、後期の帝国内の共和主義勢力は量はともかく質的には劣弱だったのかもしれません。また、中には郷土愛などで頑固に帝国内での運動に固執する運動家もいるでしょう。「かつて銀河連邦が存在した場所で運動する事に意義がある」という主張も一概には否定できませんし。

>  「ジークマイスターとミヒャールゼンによるスパイ網」というのは帝国政府内部に対するもので、帝国国内の共和主義者と連携を組んだものではありません。

 ミヒャールゼンはともかく、ジークマイスターは共和主義者なのではないでしょうか?それと彼が作ったスパイ網には同じ思想を持った同志もいたでしょうし、その意味で帝国国内の共和主義者との連携と言えるのではないかと思ったのですが。

>  帝国内には同盟に呼応するような内部勢力もいませんでしたし、同盟政府がそれを作ろうとした形跡も全くありませんから、結局同盟はそのような内部工作は行っていなかったのでしょう。呼応する内部勢力としては、別に共和主義者でなくとも、帝国の支配に反感をもつ傍流系の貴族などでも良かったのですが。
>  「敵の中に味方をつくる」というのは諜報・謀略構想の基礎中の基礎なのですけど、何で同盟はこの政治手法を使わなかったのでしょうか?

 ローゼンリッター連隊などは「亡命者の子弟」で構成されたという事を政治宣伝に使われていましたね。これも帝国の将兵に動揺を与える為の謀略と言えるのかも知れません。

>  しかし当時の同盟は帝国から一応の地位を保全されているとはいえ、いつ帝国に口実つけられて滅ぼされてもおかしくない立場にあり、国家体制が磐石なものであったとは到底言えない状態にあったはずです。そんな状況下で「ヤンが軍人として不必要であった」などということがありえるのでしょうか? それどころか、ヤンを殺してしまったら帝国が喜んで同盟併合に乗り出す可能性すらあるではありませんか。何しろ同盟併合を妨害すると見られる軍事的脅威のひとつが消滅してしまうのですから。

 同盟政府が真にヤンを必要だと思っていたならば、退職届を却下したはずです(現に一度却下されている)。帝国にヤンを売り渡そうとした政治家達は同盟の滅亡は必至と考えてヤンを「商品」扱いしましたし、彼らの密告を信じた(がっていた)レンネンカンプはヤンの逮捕を同盟政府に「勧告」しています。レベロはこの「勧告」はラインハルトの意思だとと信じ込み、受け入れなければ帝国に口実を与える事になる、と考えたわけです。つまる所、レンネンカンプの独断がレベロを追い詰め、ヤンを切り捨てる決断を下させたという事でしょう。レベロは「ヤンを排除しなければ帝国に口実を与える」とレンネンカンプの勧告によって思い込まされ、逆に言えばそれを受け入れさえすれば帝国に口実を与えないですむ、この場合は帝国の要求(実はレンネンカンプの独断)を受け入れ、ヤンを排除しよう、と考えたのでは?そうなれば、ラインハルトの気質では有力な敵がいなくなれば却って戦闘意欲を削がれるでしょうし、明確な大義名分がなければ彼は武力の行使をためらったでしょうから、ヤンの死についてレンネンカンプに責任が帰されるとすれば、彼の勧告を受け入れざるを得なかった弱い立場の同盟に強く責任を求める事も出来なかったでしょう。

>  ここでヤンを殺してしまったら却って逆効果になってしまう。その程度の発想すらレベロにはなかったというのでしょうか? だとしたら、レベロは能力・識見的に見ても政治家としては失格ですね。政治家には「柔軟な発想」が必要不可欠なのですから。

「ヤンを逮捕せよ」というレンネンカンプの勧告のせいで、レベロがヤンを排除する決断を下させられた訳ですから、「ここでヤンを殺してしまったら却って逆効果になってしまう」という発想は無意味なのでは?
「ここでヤンを排除しなければ帝国に口実を与えてしまう」という考えが、レベロを動かしていたのですし。問題なのは、レベロがレンネンカンプのいう事をそのまま信じてしまった事ですね。仮にも一国の元首なのですから、ラインハルトと超光速通信で会談をすればラインハルトはレンネンカンプの独走に気づき、レンネンカンプは更迭され全ては丸く治まったかもしれません。

>  上でも言いましたけど「危険だから排除する」なんて考え方自体がそもそも「危険な発想」なのですよ。排除される方にしてみれば「殺られる前に殺る」という考えにいきつくのはむしろ自然な事なのですから。あの当時の同盟の政治情勢下において、そのような内戦が発生する事がどれほど危険な事であったのかについて、レベロは考える事がなかったのでしょうか。
>  だいたい民主主義国家におけるシビリアン・コントロールの意義にしたって「危険な軍隊をいかにしてコントロールするか」ということにあるのですから、レベロのヤン排除の発想はとても民主主義国家における政治家の考え方とは思えません。これから見てもレベロは政治家失格でしょう。

 上にも書いた通り、レンネンカンプの勧告(脅迫)が、ヤンを排除する決断をさせたわけです(それまでは監視するまでにとどめていました。おそらくはこの監視自体に威圧の意味があったのだと思いますが)。ですから、好む好まないに関わらず、レベロはヤンを排除しなくてはならない、との認識にとらわれていたのでしょう。

> >共和主義者の問題
>
>  これはMerkatzさん、平松さん共に結構理のある意見を出されていますから、それらと私の意見とを全てまとめて、次のような説を作ってみました。
>
> <ルドルフの皇帝即位に伴う銀河連邦崩壊以来、その復活を願う共和主義者達は、ルドルフ崩御と同時に大同団結して帝国を打倒するための大規模な叛乱を起こした。しかしバルトバッフェル公ステファンを中心とする帝国は共和主義者の楽観的観測よりもはるかに強大で、叛乱は完全に鎮圧され、5億余人の叛乱参加者が殺され、その家族など100億人以上が農奴階級に落とされた。この失敗が民衆に与えた心理的効果は大きく、また武力の大部分をこの叛乱で失ってしまった共和主義者達は、その後の帝国が艦船建造の資源とノウハウを独占したために武力の再編を不可能にされてしまい、小規模な地下活動程度のレベルでしか活動できなくなってしまった。
>  共和主義者達は何とかして帝国に対する反撃を画策するのだが、ジギスムント痴愚帝やアウグスト流血帝などの暴政につけこもうにも、手元に武力がない状態ではまず軍事力の充実から始めなければならず、さらにようやく軍事力結集のメドが立ったあたりで帝国の皇族による簒奪によって暴政が鎮静化され、それにともなって民衆の共和主義者に対する期待感も薄れていき、運動も自然消滅するというパターンを何回も繰り返すことになった。
>  また帝国の内部攪乱に訴えようとしても、当時の帝国軍の将官クラスの高官達は全てが貴族階級で構成されており、彼らがゴールデンバウム王朝崩壊の企てに荷担するはずもなく、逆に彼ら自身が苛烈な弾圧を受けるありさまだった(ちなみに帝国軍の将官クラスの高官に平民出身者が多く出現するようになるのは宇宙歴745年、第二次ティアマト会戦によって多数の帝国軍将官が戦死し、深刻な士官の欠乏現象が生じて以降)。
>  そんな中で、アーレ・ハイネセンをはじめとする共和主義者達が宇宙船建造の難問をクリアし、50年にわたる「長征一万光年(ロンゲスト・マーチ)」の末、宇宙歴527年に自由惑星同盟を建国。それから100年以上経過した宇宙歴640年、同盟はダゴン星域会戦による大勝利を収め、帝国に対抗できる民主共和勢力としての地位を確保した。その結果、帝国の支配に不満を持っていた民衆や共和主義者たちが大量に同盟に流入し、同盟は量的に膨張していく事になる。
>  特に共和主義者たちは、帝国内にいてもまともな武力が確立できない状態で自滅的な民主運動を続けるしかないため、先を争って同盟になだれ込んで行った。そのため、帝国内には同盟に亡命する行動力も財力もない共和主義者しか残らず、極めて皮肉な形で、帝国における有望な共和主義者たちはほとんど一掃される事になったのである。>

>
>  共和主義者が台頭しなかった理由としてはこんなところでしょうか。またフェザーン回廊の発見とフェザーンの建国もこの時の副産物でしょう。同盟へ亡命者を輸送していく仕事は、結構儲かる商売になったはずですから。

 内容には関係ありませんが、上のバルトバッフェル公ステファンというのはノイエ・シュタウフェン公ヨアヒムの間違いでしょう(バルトバッフェル侯(公ではない)ステファンは「敗軍帝」フリードリヒ三世の弟で、ダゴン星域会戦の作戦会議で出兵に反対して忌避を買い、不遇な晩年を過ごした人物)。それはさておき、帝国の共和主義勢力は帝国軍の実戦部隊内部にシンパを作らなかったのでしょうか。民衆革命は正規軍を味方につけない限り成功するものではないのですが(正規軍を味方につけたフランス革命、ロシア革命などは成功し、ほとんどが民衆のみで構成されたパリ・コミューンは正規軍によって鎮圧されています)。

収録投稿42件目
board2 - No.1010

Re1009:レベロの同盟に対する背信行為とその他

投稿者:冒険風ライダー
2000年06月12日(月) 18時44分

<自分は「半ば」軍部が政府のコントロールを離れていたのでは、と主張していたのであって、完全にコントロールを離れていたとは書いていません。軍部が政府の命令に従っていたというより、たまたま利害が一致していた結果に過ぎないと思えるのですが。そもそも、肥大化し続けている軍部を、果たして政府がいつまでも掣肘出来るものでしょうか?>

 それでも軍部は一応政府の命令下にあったのですから掣肘は充分に可能です。それを無視して彼らが政府に対してクーデターを起こしたり、政府に無用の圧力をかけたりしたところで国民の支持はまず得られないでしょう。政府がよほど人望を失っていない限りは。
 それに政府や議会にとっても、軍隊を増強する事によって地球資本の権益を擁護する事の方が重要であり、また植民地星系に対する蔑視感も手伝って、軍部の軍縮にはあまり熱心ではなかったのではないでしょうか。あるいは地球資本側から「自分達を守るための軍備を増強せよ」という圧力でもかかっていたのかもしれません。植民地星系に対してかなりの搾取を行っている地球資本は当然の事ながら植民地星系の住民の恨みを買っていますから、自分達の安全のためにも地球軍の庇護は欲しかったでしょうし。
 いずれにせよ、当時の地球政府が抱いていた地球資本権益擁護と植民地星系蔑視思想が、シビリアン・コントロールの過程で軍部に対する判断を狂わせたという事はあるかもしれませんが、地球軍の暴虐はあくまでも地球政府の命令によるものであり、暴虐行為もその命令の範囲内で起こったものですから、政府が軍部をコントロールできていなかったという事はありえないでしょう(健全なシビリアン・コントロールであったかどうかは疑問ですが)。その点、中央政府の命令なしで独走ばかりやっていた旧日本軍などとは違うのではないでしょうか。

<まああくまで非常の策、という事です。まさか150年も戦いが続くとは思っていなかったので、政治的な倦怠感や腐敗が深刻な域になる前に帝国を打倒出来ると考えていた故なのではないかとも思われます(苦しい)。まあ150年経過した時点で、何らかの改革を講じるべきだったのでしょうけど、トリューニヒトが自分にとって都合の悪い改革案(議会の権限を強める等)を推進するはずもないですし。>

 いえ、同盟の建国者やその子孫達も、短期間で帝国を打倒できるとは全く考えていませんでした。むしろ彼らは帝国との国力差を自覚した上での専守防衛的な政治・戦略構想を視野に入れています。ハイネセン亡き後にその意思を引き継いだグエン・キム・ホアもそういう考えを持っていましたし、ダゴン星域会戦当時における同盟政府首脳部もまた帝国との戦争が長期化する事を予見していました(銀河英雄伝説読本・ダゴン星域会戦記)。それならば専守防衛のための政治システムを作成してしまえば良いだけの事で、別に行政府が強大な権限を持って指揮しなければならないという事はありません。
 だから同盟における行政権力の強大化が「非常の策」ということはありえないのでは?

<同盟の存在が認知されて以後、共和主義者達が大量に同盟領に流入出来た期間は、それほど長くはなかったのではないかと思われます。時間が経てば亡命を阻止する為のシステムを構築してくるでしょうし、イゼルローン回廊及びフェザーン回廊を集中して監視さえしていれば効率もよく、亡命の成功率は不可能とまでいかなくともかなり低くなるでしょう。となれば、亡命にはある程度の資金やコネも必要になってくるはずです。それを考えれば、帝国後期において帝国内の共和主義運動家が「大量に」同盟に流れ込んだという事はありえないと思うのですが。まあ、リーダーシップを持った有能な運動家は資金もコネもある程度有しているでしょうから、それを利して同盟内に流れていったとも考えられます。かくして、後期の帝国内の共和主義勢力は量はともかく質的には劣弱だったのかもしれません。また、中には郷土愛などで頑固に帝国内での運動に固執する運動家もいるでしょう。「かつて銀河連邦が存在した場所で運動する事に意義がある」という主張も一概には否定できませんし。>

 実はこれもまたSF世界特有の艦船事情で説明は可能です。
 帝国から自由惑星同盟に亡命するとなれば、当然ながら宇宙艦船を使用する事になるのですが、その際に大量の亡命者を乗せ、その全て(もしくは組織)から亡命費用を徴収すれば、かなり安い費用で同盟への亡命は可能です。むしろ「大量に亡命」ということになれば、却って亡命にかかるコストパフォーマンス(費用対効果)は上昇し、亡命が安い費用で実現できるようになるのです。費用や居住環境にもよりますが、宇宙艦船1隻の1回の往復でおよそ500〜1000人の輸送が可能でしょう。何十隻かで船団を組んだりすればさらに1回あたりの輸送量は増大します。
 そしてそれを規制しようにも、現実問題として全ての艦船の行動を把握する事は不可能ですし、全ての輸送船の積荷を検査するというわけにもいきません。また輸送側も当然帝国の臨検などは予想できますから、亡命者を帝国の臨検から守るための対策は当然色々と考えている事でしょう(そうでないと商売にならない)。現にフェザーンには亡命者を輸送するためのプロもいたようですし。
 ましてや、ダゴン星域会戦の敗北が帝国の民衆と共和主義者に与えた影響はかなりのものであったと考えられますから、同盟に亡命したがった人間がかなりの数いた事は確実ですし、そしてそのような莫大な需要に支えられていた「亡命者輸送業」が莫大な利益をもたらすものであった事は間違いないでしょう。儲かる商売には必ず誰かが手をつけるものです。
 数が多ければ多いほど費用は却って安くなるというのは経済の基本中の基本です。大量の亡命者の問題もこれで簡単に説明できるのではないでしょうか。

<ミヒャールゼンはともかく、ジークマイスターは共和主義者なのではないでしょうか?それと彼が作ったスパイ網には同じ思想を持った同志もいたでしょうし、その意味で帝国国内の共和主義者との連携と言えるのではないかと思ったのですが。>

 「共和主義者との連携」というと、私は「反体制的な帝国政府外部の共和主義者」というものを思い浮かべるのですが。銀英伝においても「共和主義者」という言葉はそのように使われていましたし。
 「帝国政府内部の共和主義者」というのは、帝国では「開明派」と呼ばれているようです。どちらかといえば「穏健的」なもので、オイゲン・リヒターやカール・ブラッケなどがそれにあたります。そして彼らのような人間でさえ、ミヒャールゼンのような「帝国政府の要職」には、ラインハルトが台頭するまではつけなかったのですから、あの帝国中枢部に対するスパイ網をもって「帝国国内の共和主義者との連携」とは言えないのではないかと思うのですが。

>レベロとヤンの関係

 やはり出してきましたか、レンネンカンプのヤン逮捕要請の件を。実は私に言わせれば、これに対するレベロの対処法こそが「同盟の国家保全」の観点から見ても全く逆効果にしか見えないのですが。
 ではいくつか理由をあげて説明してみましょう。

 まず、レベロはレンネンカンプのヤン逮捕要請が「バーラトの和約」の条文にすら明らかに背いている事に気づいていません。「バーラトの和約」に記載されている条文の第7条に高等弁務官に関する条項があるのですが、その中でさえ、
「帝国は同盟首都ハイネセンに高等弁務官府を設置し、これを警備する軍隊を駐留せしめる権利を有する。高等弁務官は帝国主権者(皇帝)の代理として同盟政府と折衝・協議し、さらに同盟政府の諸会議を傍聴する資格を与えられる」
としか記載されていません。つまり条文を素直に読むと、すくなくとも表面的には帝国の高等弁務官が同盟の内政に干渉する権限はないと解釈できるのです。「同盟政府の諸会議を傍聴する資格を与えられる」といっても、実のところただ単に傍聴しているだけで、別に意見を言う事ができる権限が与えられているわけではありません。もちろん、あくまでも表面的な話ではあるのですが、この「表面的」というのが以外と政治の世界では重要なのです。
 だからレンネンカンプの同盟政府に対するヤン逮捕要請は「バーラトの和約」ですら何ら規定されていない同盟への露骨な内政干渉行為を行った事になり、「バーラトの和約」第7条に明白に違反した行為なのです。「バーラトの和約」は同盟に圧倒的に不利な不平等条約であるとはいえ、その条文内容は当然ながら帝国も守らなければなりません。レベロはまずこの点を突くべきだったのです。

 次にそのレンネンカンプの行動がラインハルトの意思であるのかを明確に確認する必要があります。これは仮に同盟の国家保全のためにヤンを逮捕するつもりだったとしても絶対に必要な事項です。
 というのも、ここでラインハルトの意思を確認し、かつ明確な記録を残しておかないと、いざという時に
「あのヤン逮捕要請はレンネンカンプひとりの独断によるものであり、帝国政府と皇帝のあずかり知らぬ事である」
としらを切られてしまい、ヤン逮捕の全責任をレンネンカンプと同盟政府が負わなければならなくなってしまうからです。帝国政府と皇帝もヤン逮捕要請の共犯にしなければ、却って帝国政府がヤン逮捕を口実にして攻めこんでくる可能性すら考えられるのです。最悪の場合、
「レンネンカンプと同盟政府は共謀して『バーラトの和約』に背き、せっかく築かれつつあった平和と秩序を乱した。よって両者共叛逆者とみなし討伐する」
などというムチャクチャな口実をつけられて攻めこまれる可能性だってあるのです。帝国にしてみれば、同盟に攻めこむ口実なんて何でも良いわけですから。同盟が併合できるのならば、たかがレンネンカンプ一人の命なんて安いものでしょう。そんな事にならないためにも、帝国政府とラインハルトの意思を明確な証拠つきで確認し、いざという時のための言質をとっておかなければならないのです。
 にもかかわらず、レベロは早とちりしたあげく、確認すら取らずにさっさとヤン逮捕に乗り出したのですから、その短慮かつ無思慮な思考法はホントにどうしようもないですね。それが却って民衆の感情に訴えやすく、帝国介入の口実になりやすいとは考えなかったのでしょうか。

 さらに、ヤンを本気になって逮捕しようというのであれば合法的に証拠を集めて逮捕しなければならないではありませんか。さもなければ帝国の介入は防げたとしても、同盟市民の信望を失ってしまう事になりかねませんし、最悪の場合、帝国がその「非合法性」に訴えて同盟に侵攻してくる可能性さえあります。現にラインハルトが同盟を再侵攻する口実のひとつに「ヤンに対する非合法的な逮捕」があったのですから。
 ヤンを合法的に逮捕するのは実はそんなに難しい事ではありません。ヤンはバーミリオン会戦後、戦艦・燃料・食糧・人員を隠蔽して逃し、偽の記録を同盟政府に報告しています。その記録がウソであること、具体的にはその偽の記録の中にある破壊された戦艦や戦死者たちがバーミリオン会戦後も存在していた事を立証すれば良いのです。捜査方法としては、「バーラトの和約」第5条に基づいて大々的に戦艦と宇宙空母を破壊すると秘密裏に、しかしいずれ分かるように宣伝してメルカッツ提督達をおびき出し、偽の記録に載っている乗員一人以上(生死は問わなくても良い)か戦艦一隻以上を拿捕すれば良いだけです(証言も引き出せばさらに効果大)。それでヤンを逮捕する証拠としては完璧です。
 罪状はバーミリオン会戦時における無条件停戦命令違反・国家資産の処分に関する職権濫用・背任横領罪・公文書偽造罪が適用可能です。別に事後法たる「反和平活動防止法」なんて使う必要もありません。
 本気で同盟を守るためにヤンを逮捕しようと思うのならば、もっと良い手段がいくらでもあったにもかかわらず、わざわざ事後法を使って、しかもロクに証拠もそろえずにヤン逮捕を実行するとは一体どういうことなのでしょうかね。合法的に逮捕してすら国民や帝国政府の同盟に対する目は相当に厳しいものになるだろうに、非合法的に逮捕してしまったとあっては弁護の余地がないとしか言いようがないのですけど。

 最後に、これはちょっと考えればすぐに分かる事だと思うのですが、ヤン逮捕によってヤンを仰ぐ過激派(これはヤン・ファミリーの事ですけど)がヤンを奪還しようと考え、同盟を内戦状態に陥れる可能性を少しでも考えていたのでしょうか? 実はこれこそが帝国の介入を招きかねない最大の要素なのですけど。
 ヤンが同盟市民から相当な期待をかけられていたという事は、視野狭窄に陥っていたはずのレベロですら考えついた事です。にもかかわらず、レベロがヤン逮捕によってそのような事態が発生する可能性について全く考慮していなかったというのはすこしおかしいのではないでしょうか。暴発する可能性で言えば、ヤンのような自縄自縛な思考法がない分、彼らの方が余程危険ではありませんか。
 にもかかわらず、レベロに彼らに対する備えがあったとは到底思えないのですけど。

 このような観点から見ると、レベロがレンネンカンプの独断的な命令に従ってヤン逮捕を決断した手法は、どう考えても同盟の国家保全というレベロの最高目標にも合致しないどころか、却って逆効果であるとすら言えるわけです。
 レンネンカンプがレベロにヤン逮捕を命じたとしても、そこから機転を利かせる余地はまだいくらでもあったのです。「バーラトの和約」ですら利用できたのですし。にもかかわらず、あのムチャクチャなヤン逮捕を決断した原因に、やはりヤンに対する不信感がかなりあったのではないだろうかと考えるわけです。まあレンネンカンプの恫喝によって冷静な判断力を失い、視野狭窄症になっていたのもあったのかもしれませんけど。

>共和主義者の問題

 まず、御指摘の通り、
×バルトバッフェル公ステファン ―→ ○ノイエ・シュタウフェン公ヨアヒム
ですね。これはこちらの間違いでした。お詫びして訂正いたしますm(__)m
 それと、

<帝国の共和主義勢力は帝国軍の実戦部隊内部にシンパを作らなかったのでしょうか。民衆革命は正規軍を味方につけない限り成功するものではないのですが(正規軍を味方につけたフランス革命、ロシア革命などは成功し、ほとんどが民衆のみで構成されたパリ・コミューンは正規軍によって鎮圧されています)。>

 については、私なりに理由を考えて書いていますから、そちらを読んでみてください(第二次ティアマト会戦の説明の辺りです)。それなりに筋の通った理由であるとは思うのですが。

収録投稿43件目
board2 - No.1014

Re1010:過去と現在の軍部と政府

投稿者:平松重之
2000年06月13日(火) 03時28分

冒険風ライダーさん

> <自分は「半ば」軍部が政府のコントロールを離れていたのでは、と主張していたのであって、完全にコントロールを離れていたとは書いていません。軍部が政府の命令に従っていたというより、たまたま利害が一致していた結果に過ぎないと思えるのですが。そもそも、肥大化し続けている軍部を、果たして政府がいつまでも掣肘出来るものでしょうか?>
>
>  それでも軍部は一応政府の命令下にあったのですから掣肘は充分に可能です。それを無視して彼らが政府に対してクーデターを起こしたり、政府に無用の圧力をかけたりしたところで国民の支持はまず得られないでしょう。政府がよほど人望を失っていない限りは。
>  それに政府や議会にとっても、軍隊を増強する事によって地球資本の権益を擁護する事の方が重要であり、また植民地星系に対する蔑視感も手伝って、軍部の軍縮にはあまり熱心ではなかったのではないでしょうか。あるいは地球資本側から「自分達を守るための軍備を増強せよ」という圧力でもかかっていたのかもしれません。植民地星系に対してかなりの搾取を行っている地球資本は当然の事ながら植民地星系の住民の恨みを買っていますから、自分達の安全のためにも地球軍の庇護は欲しかったでしょうし。
>  いずれにせよ、当時の地球政府が抱いていた地球資本権益擁護と植民地星系蔑視思想が、シビリアン・コントロールの過程で軍部に対する判断を狂わせたという事はあるかもしれませんが、地球軍の暴虐はあくまでも地球政府の命令によるものであり、暴虐行為もその命令の範囲内で起こったものですから、政府が軍部をコントロールできていなかったという事はありえないでしょう(健全なシビリアン・コントロールであったかどうかは疑問ですが)。その点、中央政府の命令なしで独走ばかりやっていた旧日本軍などとは違うのではないでしょうか。

 六巻を読んだ限りではどうも地球軍の暴虐に関しては地球政府の影が薄かったものですから、地球軍の独走であるとイメージがぬぐえなかったので前のように書いたのですが、どうも読み返してみても地球政府と地球軍の力関係が今一つつかめませんね。

>  いえ、同盟の建国者やその子孫達も、短期間で帝国を打倒できるとは全く考えていませんでした。むしろ彼らは帝国との国力差を自覚した上での専守防衛的な政治・戦略構想を視野に入れています。ハイネセン亡き後にその意思を引き継いだグエン・キム・ホアもそういう考えを持っていましたし、ダゴン星域会戦当時における同盟政府首脳部もまた帝国との戦争が長期化する事を予見していました(銀河英雄伝説読本・ダゴン星域会戦記)。それならば専守防衛のための政治システムを作成してしまえば良いだけの事で、別に行政府が強大な権限を持って指揮しなければならないという事はありません。
>  だから同盟における行政権力の強大化が「非常の策」ということはありえないのでは?

 なるほど。では立法府の権限は、やはりごく最近に同盟の体制が「挙国一致」になった事で弱められたという事なのでしょうか。イゼルローン要塞の建設により国民が危機感を煽られた為とも考えられますね。

>  実はこれもまたSF世界特有の艦船事情で説明は可能です。
>  帝国から自由惑星同盟に亡命するとなれば、当然ながら宇宙艦船を使用する事になるのですが、その際に大量の亡命者を乗せ、その全て(もしくは組織)から亡命費用を徴収すれば、かなり安い費用で同盟への亡命は可能です。むしろ「大量に亡命」ということになれば、却って亡命にかかるコストパフォーマンス(費用対効果)は上昇し、亡命が安い費用で実現できるようになるのです。費用や居住環境にもよりますが、宇宙艦船1隻の1回の往復でおよそ500〜1000人の輸送が可能でしょう。何十隻かで船団を組んだりすればさらに1回あたりの輸送量は増大します。
>  そしてそれを規制しようにも、現実問題として全ての艦船の行動を把握する事は不可能ですし、全ての輸送船の積荷を検査するというわけにもいきません。また輸送側も当然帝国の臨検などは予想できますから、亡命者を帝国の臨検から守るための対策は当然色々と考えている事でしょう(そうでないと商売にならない)。現にフェザーンには亡命者を輸送するためのプロもいたようですし。
>  ましてや、ダゴン星域会戦の敗北が帝国の民衆と共和主義者に与えた影響はかなりのものであったと考えられますから、同盟に亡命したがった人間がかなりの数いた事は確実ですし、そしてそのような莫大な需要に支えられていた「亡命者輸送業」が莫大な利益をもたらすものであった事は間違いないでしょう。儲かる商売には必ず誰かが手をつけるものです。
>  数が多ければ多いほど費用は却って安くなるというのは経済の基本中の基本です。大量の亡命者の問題もこれで簡単に説明できるのではないでしょうか。

 ですが、いくらなんでも100人〜1000人単位の亡命者を乗せた船が横行すれば、帝国政府は当然フェザーン自治政府に対して規制するように圧力をかけるでしょう。自治政府としてはそれを少なくとも表面的には受け入れてある程度の規制や罰則を制定せざるを得ないはずです。また、五巻(トクマノベルズ)のP124には、30隻の船から200人を越す非合法の客が「神々の黄昏」作戦でフェザーンを占拠していた帝国軍に拘束されたとあり、1隻あたりに密かに乗せられる人数には限度があると思われます。船を動かす乗組員以外の余剰人員が500〜1000人を超えるとなると、かなり大きな客船でもない限り不自然でしょうし、それらの客の素性を書類操作や賄賂・演技でごまかすにしても、その様な事が度重なれば不審の目を向けられるのは確実です。500〜1000人も亡命者を無事に輸送し続けるのは無理があるのでは?

> 「共和主義者との連携」というと、私は「反体制的な帝国政府外部の共和主義者」というものを思い浮かべるのですが。銀英伝においても「共和主義者」という言葉はそのように使われていましたし。
> 「帝国政府内部の共和主義者」というのは、帝国では「開明派」と呼ばれているようです。どちらかといえば「穏健的」なもので、オイゲン・リヒターやカール・ブラッケなどがそれにあたります。そして彼らのような人間でさえ、ミヒャールゼンのような「帝国政府の要職」には、ラインハルトが台頭するまではつけなかったのですから、あの帝国中枢部に対するスパイ網をもって「帝国国内の共和主義者との連携」とは言えないのではないかと思うのですが。

 ブラッケやリヒターは開明派(門閥貴族から見れば非体制派?)でしたが、それはあくまで「君主制」の上での事ではなかったでしょうか。穏健的ではあっても共和主義の思想を声高に叫んでは社会秩序維持局が黙っているはずはないですし。おそらく彼らはゴールデンバウム朝の当時は「専制君主制」から「立憲君主制」への移行や民衆に有利な改革を主張していたぐらいで、「政府内部の共和主義者」とは認知されていなかったのでは?(当人達の内心は別として)それに対してジークマイスターは密かに民主主義に没頭し、反国家的な事をやってのけているわけですから、ブラッケやリヒターとはまた違うでしょう。
 確かにあのスパイ網は帝国政府外部の共和主義勢力とは無関係ですが、スパイ網を創設したジークマイスターが民主主義思想に強く影響されていたのは事実ですし、額面通りの「帝国内の共和主義者との連携」という意味では合っていると思うのですが。

> まず、レベロはレンネンカンプのヤン逮捕要請が「バーラトの和約」の条文にすら明らかに背いている事に気づいていません。「バーラトの和約」に記載されている条文の第7条に高等弁務官に関する条項があるのですが、その中でさえ、
「帝国は同盟首都ハイネセンに高等弁務官府を設置し、これを警備する軍隊を駐留せしめる権利を有する。高等弁務官は帝国主権者(皇帝)の代理として同盟政府と折衝・協議し、さらに同盟政府の諸会議を傍聴する資格を与えられる」
としか記載されていません。つまり条文を素直に読むと、すくなくとも表面的には帝国の高等弁務官が同盟の内政に干渉する権限はないと解釈できるのです。「同盟政府の諸会議を傍聴する資格を与えられる」といっても、実のところただ単に傍聴しているだけで、別に意見を言う事ができる権限が与えられているわけではありません。もちろん、あくまでも表面的な話ではあるのですが、この「表面的」というのが以外と政治の世界では重要なのです。
> だからレンネンカンプの同盟政府に対するヤン逮捕要請は「バーラトの和約」ですら何ら規定されていない同盟への露骨な内政干渉行為を行った事になり、「バーラトの和約」第7条に明白に違反した行為なのです。「バーラトの和約」は同盟に圧倒的に不利な不平等条約であるとはいえ、その条文内容は当然ながら帝国も守らなければなりません。レベロはまずこの点を突くべきだったのです。

 レンネンカンプはヤンの逮捕を「要請」したのではなく、「勧告」したのです(六巻P131)。勧告とは「説いて勧める事」ですから、強制ではありません(レンネンカンプにとって事実上の強制ではあったでしょうが)。ですから、内政干渉には(少なくとも表面的には)該当しないのでは?問題なのは、レベロがその「勧告」を受け入れてしまった事でしょう。表面的にはあくまで勧告なのですから、「確実な証拠がないのに逮捕は出来ない」と突っぱねれば、レンネンカンプは二の句が告げなかったはずなのですが。

> 最後に、これはちょっと考えればすぐに分かる事だと思うのですが、ヤン逮捕によってヤンを仰ぐ過激派(これはヤン・ファミリーの事ですけど)がヤンを奪還しようと考え、同盟を内戦状態に陥れる可能性を少しでも考えていたのでしょうか? 実はこれこそが帝国の介入を招きかねない最大の要素なのですけど。
> ヤンが同盟市民から相当な期待をかけられていたという事は、視野狭窄に陥っていたはずのレベロですら考えついた事です。にもかかわらず、レベロがヤン逮捕によってそのような事態が発生する可能性について全く考慮していなかったというのはすこしおかしいのではないでしょうか。暴発する可能性で言えば、ヤンのような自縄自縛な思考法がない分、彼らの方が余程危険ではありませんか。
 にもかかわらず、レベロに彼らに対する備えがあったとは到底思えないのですけど。

 一応、六巻のP142には、「ヤンの逮捕に伴い、奪還に備えヤン艦隊の旧幹部を監視せよ」と言う通達について書かれています。最小限の兵力は動員していたみたいで、シェーンコップとアッテンボローにはジャワフ大佐率いる二個中隊がロックウェル大将によって差し向けられていました。彼らを早い段階で押さえつける自信があったという事でしょう。ローゼンリッターが全員寝返ったとまでは思っていなかったので、この打算は見事に崩れましたが、それにしても一個連隊の動きに気付かなかったとは間抜けな連中ですな(^_^;)。

><帝国の共和主義勢力は帝国軍の実戦部隊内部にシンパを作らなかったのでしょうか。民衆革命は正規軍を味方につけない限り成功するものではないのですが(正規軍を味方につけたフランス革命、ロシア革命などは成功し、ほとんどが民衆のみで構成されたパリ・コミューンは正規軍によって鎮圧されています)。>

 については、私なりに理由を考えて書いていますから、そちらを読んでみてください(第二次ティアマト会戦の説明の辺りです)。それなりに筋の通った理由であるとは思うのですが。

 第二次ティアマト会戦には、貴族出身の将官だけではなく、コーゼル大将という平民出身の将官もいました。こういった平民出身の将官も皆無ではなかったと思われるので、帝国内の共和主義勢力は彼らを抱き込む政治的な活動をすべきだったのでは?

収録投稿44件目
board2 - No.1017

Re: レベロの矛盾とヤンの矛盾

投稿者:Merkatz
2000年06月13日(火) 10時05分

3巻の記述を読み返してみたら、面白い言葉が出てきました。

レベロ曰く、
「私にはわからん。ただ祈るだけだ。君が自分の身を守るためにルドルフの道をた
どらざるをえなくなる−−−そういう日が来ないことを」

かつてヤン自身にこう語った彼が、自分の行動がまさにヤンが「自分の身を守るためにルドルフの道をたどらざるをえなくなる」事だと気付かなかったのは皮肉です。

私はレベロがヤンを除こうとしたのは、ヤンの能力による危険性よりもその存在ゆえの危険性ではなかったのかと。
ヤン自身にそのつもりが無くとも、周りに担ぎ出されたらという不安。
また、ヤンが存在するだけで、今後も帝国から難癖が付けられるという不安。
それがレベロの「言い分」だったのでしょう。
しかし、彼の「ヤンの存在そのものが国家の維持に危険」という観点を押し広げてゆけば、
軍隊の存在そのものが・・・ということになりませんかね?
まあレベロは小説内でも「悲観的な男」と書かれていましたから、
やっぱり彼は厳守になるべき時期を間違えたとしか言いようがありません。

それから、当のヤンですが、
ふと思ったんですが、彼は「シャーウッドの森」をどのように活用するつもりだったのでしょうか?
同盟の存続を前提とするなら、まったくの無用の長物ですね。
むしろ実際に風聞が流れてやばくなったように、危険なだけです。
そんなことするよりは政治家と協力した方が遥かに効率が良い。
レベロは決して協力できない相手ではなかったはずです。
(もっともあの時点では誰が後継者になるかは分かりませんでしたが)
同盟の崩壊を前提とするなら、
誰をして政治の中枢に据えるつもりだったんでしょうか。
ヤン自身は頑なに政治の中枢となることを拒んでいます。
ですが、「シャーウッドの森」は民主主義の火を消さないための物であったはず。
ならば政治的求心力がなければ、単なる武力集団、それこそ海賊か何かと大差ありません。
政治的指導者がシャーウッドの森を率いてこそ、意味が出てくる。
ヤンもその下で軍事責任者という地位で手腕を振るえばよい。
ヤン自身が政治的指導者となるつもりがなかったくせに、
シャーウッドの森を民主主義の火を残す物だとは、これは酷い。
まったく粗雑な、行き当たりばったりの考えとしか思えません。

実は銀英伝って、「政治家と軍人の相互理解の欠如」という裏テーマがあったりして!?

以下、その他のこと。

>地球政府と地球軍

両者のコントロール云々よりも、
政府の考えを軍部が実行していたと見る方が自然ではないでしょうか。
つまり、政府の横暴の実行部隊が軍だったわけで、
両者は一体の関係だったわけです。
だから掣肘とか肥大とか関係なかったのでは?

>ジークマイスターのスパイ網

相棒が零落貴族のミヒャールゼンですから、「帝国国内の共和主義者との連携」とは言い切れないでしょう。
しかもスパイ網を実際に作ったのはミヒャールゼンの方ですし。
無論、思想的支柱であるジークマイスターに共鳴した人間もいたでしょうが、
寄り合い所帯であった可能性が高いですね。
発案者のジークマイスターが共和主義者で、
帝国を滅ぼし共和制によって宇宙を統一する目的で作ったものではあっても、
だからといってそれが「帝国国内の共和主義者との連携」である必要はないですね。
何故ならスパイは組織のより中枢に潜り込んでいればいるほど有利なわけで、
そのような要職に着ける、あるいは接近できるためには、
共和主義者であることの方が却って都合が悪いですね。
むしろごく普通の帝国人をスパイに仕立てた方が手っ取り早いと思います。
実際のスパイ網構築がミヒャールゼンだったということで、
なおさらそういったことが推測されます。

収録投稿45件目
board2 - No.1019

Re1014/1017:亡命問題とヤンの支離滅裂な行動

投稿者:冒険風ライダー
2000年06月14日(水) 01時51分

>平松さん
<ですが、いくらなんでも100人〜1000人単位の亡命者を乗せた船が横行すれば、帝国政府は当然フェザーン自治政府に対して規制するように圧力をかけるでしょう。自治政府としてはそれを少なくとも表面的には受け入れてある程度の規制や罰則を制定せざるを得ないはずです。また、五巻(トクマノベルズ)のP124には、30隻の船から200人を越す非合法の客が「神々の黄昏」作戦でフェザーンを占拠していた帝国軍に拘束されたとあり、1隻あたりに密かに乗せられる人数には限度があると思われます。船を動かす乗組員以外の余剰人員が500〜1000人を超えるとなると、かなり大きな客船でもない限り不自然でしょうし、それらの客の素性を書類操作や賄賂・演技でごまかすにしても、その様な事が度重なれば不審の目を向けられるのは確実です。500〜1000人も亡命者を無事に輸送し続けるのは無理があるのでは?>

 「神々の黄昏」作戦における「非合法な客の拘束」の場合は「亡命者の件」とは少し違うケースでしょう。あの時は帝国軍がフェザーンを占領していた上、そのフェザーン占領政策の必要上、フェザーンからの脱出を図ろうとする者(特に同盟政府や軍の要人)を逃がしてはならなかったため、徹底的かつ本格的に調べ上げた結果、非合法な客がアレだけ捕まったのです。
 しかし大量の亡命者が同盟に向かう際に、帝国側がそれを妨害する必然性がそもそもどこにあるというのでしょうか? 帝国政府や門閥貴族にしてみれば、共和主義者や不平分子が同盟に逃亡していってもそれほど痛痒を感じるものではないでしょうし、逃げるに任せていれば彼らを逮捕・投獄していく手間も省けますし、何もせずに危険分子が勝手に減少していく事にもなります。だから大量の亡命者の続出は、彼らの感覚では「いい厄介払い」程度にしか思っていなかったのではないでしょうか。
 それに亡命者の中には帝国の貴族や皇族なども多数存在しており、彼らが逃亡してこれる事自体、帝国側の亡命に対する監視が相当に緩やかなものであったという証明になるでしょう。逃がしたらマズイはずの彼らですら簡単に逃げてこられるのですから、共和主義者や民衆が大量に帝国側から同盟側へと亡命するのはそれほど難しいものではないように見えるのですけど。
 ちなみにこれは銀英伝2巻に書いてあったのですが、貨物船で客を「貨物」として登録・輸送すれば、客船の十分の一以下の旅費で宇宙船に乗れるのだそうです(その代わり、人命補償なども一切ありませんが)。そのようなテを使えば、値段の方もそれほどはかからなかった事でしょう。

<レンネンカンプはヤンの逮捕を「要請」したのではなく、「勧告」したのです(六巻P131)。勧告とは「説いて勧める事」ですから、強制ではありません(レンネンカンプにとって事実上の強制ではあったでしょうが)。ですから、内政干渉には(少なくとも表面的には)該当しないのでは?問題なのは、レベロがその「勧告」を受け入れてしまった事でしょう。表面的にはあくまで勧告なのですから、「確実な証拠がないのに逮捕は出来ない」と突っぱねれば、レンネンカンプは二の句が告げなかったはずなのですが。>

 これは違います。政府の高官が他国の内政について発言すれば、たとえそれが「勧告」という形を取っていても立派に「内政干渉」とみなされます。「内政干渉」というのは要するに「一国の政治家が他国の内政について発言・干渉する」ということですから「勧告」や「忠告」という衣を纏っていても全く意味がありません。だからレンネンカンプが行った行為は立派に「内政干渉」に該当します。
 まあ平松さんの言う事にも一理ありますね。いくら内政干渉であったとはいえ、まさに「表面的」には所詮「勧告」でしかなかったのですし、そもそも「バーラトの和約」にも高等弁務官が同盟の内政に対して「勧告」する権限なんて全く明記されていなかったのですから、レベロはレンネンカンプの「勧告」なんて無視すれば良かったのですよ。相手がウダウダ言ってきたら「バーラトの和約」を持ち出せば良いだけの事だったのですし。

<一応、六巻のP142には、「ヤンの逮捕に伴い、奪還に備えヤン艦隊の旧幹部を監視せよ」と言う通達について書かれています。最小限の兵力は動員していたみたいで、シェーンコップとアッテンボローにはジャワフ大佐率いる二個中隊がロックウェル大将によって差し向けられていました。彼らを早い段階で押さえつける自信があったという事でしょう。ローゼンリッターが全員寝返ったとまでは思っていなかったので、この打算は見事に崩れましたが、それにしても一個連隊の動きに気付かなかったとは間抜けな連中ですな(^_^;)。>

 全くですね(笑)。
 しかし「ヤンの逮捕に伴い、奪還に備えヤン艦隊の旧幹部を監視せよ」とまで命令しておきながら、どうして「ローゼンリッター」が暴走する可能性を全く考慮しなかったのでしょうか? 彼らがヤンに心酔していたのは最初から分かりきっていた事だったのに。

<第二次ティアマト会戦には、貴族出身の将官だけではなく、コーゼル大将という平民出身の将官もいました。こういった平民出身の将官も皆無ではなかったと思われるので、帝国内の共和主義勢力は彼らを抱き込む政治的な活動をすべきだったのでは?>

 しかし一方では、平民階級出身だからといって帝国に対して反発しているとも限らないわけです。コーゼル大将は確かに貴族嫌いではありましたが、スパイ網の主犯格であるミヒャールゼンを逮捕しようとしていた例に見られるように、彼はゴールデンバウム王朝と帝国に対しては忠誠を誓っていたのではないでしょうか。
 むしろゴールデンバウム王朝に対して忠誠を誓っていたからこそ、それを食い荒らしているように見える貴族階級を毛嫌いしている、という事だってありえるわけです。そして帝国政府の方も、第二次ティアマト会戦あたりまでは、そういった忠誠心を持っている人間のみを優先的に昇進させていく余裕もあったのでしょう。だから共和主義者の内部分裂策もあまり成功しなかったのではないか、と私は考えるのですが。

>Merkatzさん
<私はレベロがヤンを除こうとしたのは、ヤンの能力による危険性よりもその存在ゆえの危険性ではなかったのかと。
ヤン自身にそのつもりが無くとも、周りに担ぎ出されたらという不安。
また、ヤンが存在するだけで、今後も帝国から難癖が付けられるという不安。
それがレベロの「言い分」だったのでしょう。
しかし、彼の「ヤンの存在そのものが国家の維持に危険」という観点を押し広げてゆけば、
軍隊の存在そのものが・・・ということになりませんかね?
まあレベロは小説内でも「悲観的な男」と書かれていましたから、
やっぱり彼は厳守になるべき時期を間違えたとしか言いようがありません。>

 レベロの最大の不幸は「他人を全く信頼せず、ひたすら自分ひとりで重荷を背負い込んでいた」という事にあるのではないでしょうか? 比較的親しい関係であったはずのホワンでさえ、末期には退けてしまっていますし。
 結局のところ、レベロはそもそも政治家の器ではなかったようにすら思えるのですけど。

<当のヤンですが、
ふと思ったんですが、彼は「シャーウッドの森」をどのように活用するつもりだったのでしょうか?
同盟の存続を前提とするなら、まったくの無用の長物ですね。
むしろ実際に風聞が流れてやばくなったように、危険なだけです。
そんなことするよりは政治家と協力した方が遥かに効率が良い。
レベロは決して協力できない相手ではなかったはずです。
(もっともあの時点では誰が後継者になるかは分かりませんでしたが)
同盟の崩壊を前提とするなら、
誰をして政治の中枢に据えるつもりだったんでしょうか。
ヤン自身は頑なに政治の中枢となることを拒んでいます。
ですが、「シャーウッドの森」は民主主義の火を消さないための物であったはず。
ならば政治的求心力がなければ、単なる武力集団、それこそ海賊か何かと大差ありません。
政治的指導者がシャーウッドの森を率いてこそ、意味が出てくる。
ヤンもその下で軍事責任者という地位で手腕を振るえばよい。
ヤン自身が政治的指導者となるつもりがなかったくせに、
シャーウッドの森を民主主義の火を残す物だとは、これは酷い。
まったく粗雑な、行き当たりばったりの考えとしか思えません。>

 おそらくヤンはメルカッツ提督を帝国の手から隠し、戦力を温存するという考えに固執していたあまり、政治的にどう利用するかについてまで考えが及んでいなかったのでしょう。第一、あの「シャーウッドの森」なるシロモノ自体、ヤンのシビリアン・コントロールの逸脱行為に基づいて成立したものですから「民主主義の火を残す物」としては論外なシロモノですらあるのですけど。
 さらに「シャーウッドの森」は、やっている事もまた支離滅裂ですね。彼らはユリアンを介したヤンの進言に基づいて、レサヴィク星系で破壊される予定だった1820隻の艦と4000名の乗員を奪取しましたが、こんな事をすれば、すぐにヤンに結びつかなくとも「一体誰がこんな事を企てたのだ」と同盟政府や帝国高等弁務官府に怪しまれるに決まっているではないですか。いくら戦力が欲しいからって、これは「同盟ないしは民主主義思想を保全する」という政治的観点から見ても大きなマイナスです。とりあえず同盟の国力と軍事力を再編するためにも、最低5年ほどは平穏を保っておくべきでしょう。
 ましてや、ヤンはまたしても同盟政府に無断でこんな事を画策しているのですから、ヤンのシビリアン・コントロールに対する認識と態度にはホントに疑問を覚えざるをえませんね。まさかヤンは同盟政府を「敵」と認識していたとでもいうのでしょうか。
 戦艦や宇宙母艦を秘密裏に温存するにしても、軍部の実権を掌握して同盟政府と手を組んでしまえば比較的簡単にできたのではないかと思うのですけど。実際、宇宙艦隊総参謀長でしかなかったチュン・ウー・チェンがかなりの兵力を隠蔽できていたようでしたし。

収録投稿46件目
board2 - No.1020

Re1019:亡命の看過の是非と共和主義勢力の活動

投稿者:平松重之
2000年06月14日(水) 12時14分

 冒険風ライダーさん

>  「神々の黄昏」作戦における「非合法な客の拘束」の場合は「亡命者の件」とは少し違うケースでしょう。あの時は帝国軍がフェザーンを占領していた上、そのフェザーン占領政策の必要上、フェザーンからの脱出を図ろうとする者(特に同盟政府や軍の要人)を逃がしてはならなかったため、徹底的かつ本格的に調べ上げた結果、非合法な客がアレだけ捕まったのです。

 いや、自分としてはこの場合一隻の船にどれだけ密かに亡命者を乗せられるかという事を問題にしていて、「神々の黄昏」作戦当時のフェザーンからの脱出者の例を参考までに出しただけなのですが。

>  しかし大量の亡命者が同盟に向かう際に、帝国側がそれを妨害する必然性がそもそもどこにあるというのでしょうか? 帝国政府や門閥貴族にしてみれば、共和主義者や不平分子が同盟に逃亡していってもそれほど痛痒を感じるものではないでしょうし、逃げるに任せていれば彼らを逮捕・投獄していく手間も省けますし、何もせずに危険分子が勝手に減少していく事にもなります。だから大量の亡命者の続出は、彼らの感覚では「いい厄介払い」程度にしか思っていなかったのではないでしょうか。
>  それに亡命者の中には帝国の貴族や皇族なども多数存在しており、彼らが逃亡してこれる事自体、帝国側の亡命に対する監視が相当に緩やかなものであったという証明になるでしょう。逃がしたらマズイはずの彼らですら簡単に逃げてこられるのですから、共和主義者や民衆が大量に帝国側から同盟側へと亡命するのはそれほど難しいものではないように見えるのですけど。

 それでも帝国の高級官僚達にとっては、大量の亡命者を出してしまう事自体国家の威信に関わる事でしょうし、みすみす同盟に政治的な宣伝材料を与えてしまう事になります(情報の操作や隠蔽にも限度があるでしょうし)。大量の共和主義者の亡命を許せば社会秩序維持局などにとっては自身の存在意義を疑われる事にもなりかねませんから懸命に亡命しようとする共和主義者の摘発に努めたのではないでしょうか。
 貴族や皇族などは、彼らは個人レベルで資金やコネなどの点で著しく有利な立場に置かれていたでしょうから、共和主義者と比較の対象にはならないのでは?

>  しかし一方では、平民階級出身だからといって帝国に対して反発しているとも限らないわけです。コーゼル大将は確かに貴族嫌いではありましたが、スパイ網の主犯格であるミヒャールゼンを逮捕しようとしていた例に見られるように、彼はゴールデンバウム王朝と帝国に対しては忠誠を誓っていたのではないでしょうか。
>  むしろゴールデンバウム王朝に対して忠誠を誓っていたからこそ、それを食い荒らしているように見える貴族階級を毛嫌いしている、という事だってありえるわけです。そして帝国政府の方も、第二次ティアマト会戦あたりまでは、そういった忠誠心を持っている人間のみを優先的に昇進させていく余裕もあったのでしょう。だから共和主義者の内部分裂策もあまり成功しなかったのではないか、と私は考えるのですが。

 しかしそれでも固有の武力を持てない共和主義者にとって、実戦部隊の中に政治的な同志を作る事は不可欠だったでしょう。軍の中にも、平民、貴族を問わず不平分子が存在したでしょうから、彼らを慎重に抱き込む策略を弄するべきだったでしょう。大きな武力を持てないのですから、その分だけ謀略や詐術を充分に行使すべきだったと思うのですが。

収録投稿47件目
board2 - No.1021

Re: 銀英伝考察2 〜ヤンが殉じたシビリアン・コントロールの実態〜

投稿者:小牧 哲治
2000年06月14日(水) 15時56分

反対意見の一つとして聞き流してくれれば幸いです

シビリアンコントロールは日本語で文民統制と訳されています。
ではその文民というのは誰のことでしょうか?
政治家だけなのでしょうかそれは違うはずです。
文民というからには民衆も入ってるはずです。
となると政治の腐敗を正すには軍人でなく、政治家や民衆が
正さなくてはいけないはずです。
ではヤンウェンリーはなぜ政治に関与しなかったか。
地位と名声を得ている軍人が民衆を扇動するような行為は
かのヨブ・トリューニヒト議長となんら変わりもせず
それに軍人が政治を正すという名目で権力を握ることは
軍事独裁政治を引き起こす一因になりかねないのではないでしょうか。
あくまでも政治の腐敗は民衆が正さなくてはいけないと思います。
たとえ軍人が軍隊に関することを要求してもそれは一意見として
とれえることしかできないと思います。
軍部の要求を際限なく取り入れればそれは軍事力の肥大化となり
国家予算の大半をつぎ込むことになりしいては国家を崩壊させかねないということです。
ではなぜ政府から無謀な要求でもそれを是正できなかったかといえば
それは最高会議で決定されたことであり、そこにいたるところで
軍部が(フォーク准将が)私的ルートで要求したことを政治的
判断で決めてしまったことであり、軍部としては今更変えることが
できなかったということがあるはず。
そこでいかにヤンウェンリーであろうとも、ビュコック提督でも、出兵を
拒否することはできないはずです。
それは民意(多分に政治家の思惑があるが)が決めたことを
軍部が無視できないということです。
そこでできることは、戦場の戦術レベルで最低限の被害ですむように
しなければならなかったのにそれを怠り、あまつさえ負担ばかりを増やして
結局のところ帝国に焦土作戦を成功させた一因であるでしょう。
それにラインハルトがフェザーン回廊から攻めてくることを予測して
ビュコック提督にその旨を伝え、ユリアンに対してはフェザーンで
帝国軍がくるだろうといっていたのにもかかわらず、フェザーンの政治的思惑から
それはつぶされることになった。
それにヤン一人に責任を負わすには余りにもそれはお門違いということではないでしょうか
同盟からすればヤンは辺境の一軍人でしかないのに、しかも与えられている
権限なんてものはたかが知れている程度で、上官たる宇宙艦隊司令長官や、
統合作戦本部長以上の権限などはありはしない筈です。
政府の暴走を止める手だては軍部でなくそれは民衆でなくては
いけない筈です。出なくては民主主義ではなくなったしまいます。
軍部の暴走を止めるのは政府でなくてはいけませんが、その反対の
政府の暴走を止めるのに軍部が手を出してはいけないのです。
必ずしもヤンの行動が民主主義の行為に沿っているとは言い難い部分もありますが
それでも今ある、政治形態を守るために戦ったことは
これまた事実であります。それに同盟が崩壊した原因は何もヤン一人の
責任ではない筈。なぜならそこまでにいたる中で腐敗してきてそれに追い討ちを
かけていたのですから、民主制は独裁と違いどんなことでも変えるためには
時間がかかるものなのです。ですから一人がその国を崩壊させた
というのはあきらかに間違えではないでしょうか
独裁であれば一人の行動が国を滅ぼしたということは多々あります。
それとエル・ファシルやイゼルローン共和政府は
時間が無さすぎでした。(イゼルローンはその後がわからんが)
民主制というものは時間がかかるものなのです。自由惑星同盟でさえ
最初は、民衆の意志でなく指導者がトップに立ちました。
ですからその後民主制に移行することはできる筈です。
最初に民主制でないからといって、そこに木がないからといって緑がない
といっているのと同じではないでしょうか。
あえて言わせてもらえればヤンは矛盾の固まりの人でした
それはいろんな意味で矛盾しているとシェーンコップが
いっていたとおりです。
ですがヤンの中にいろいろな葛藤があった筈で、その中でも
シビリアンコントロールのこともあったでしょう。ですが
彼もいったとおり手の届く範囲しか人は活動できないのです。
ですから彼が軍人である以上軍人の枠を超えて政治に関与することは
絶対にしてはならないのです。

収録投稿48件目
board2 - No.1022

Re1020:亡命問題の本質

投稿者:冒険風ライダー
2000年06月14日(水) 17時24分

<自分としてはこの場合一隻の船にどれだけ密かに亡命者を乗せられるかという事を問題にしていて、「神々の黄昏」作戦当時のフェザーンからの脱出者の例を参考までに出しただけなのですが。>

 「神々の黄昏」作戦当時の脱出者の場合は「フェザーン自治政府や同盟の要人」といったような「政府高官の地位」についている人が多かったのでしょうから、一般の亡命者と並べて論じるのは少し無理があるでしょう。それにフェザーン占領行政と亡命者に対する統制とでは「有事」と「平時」の格差がありますから政策の徹底度も統制の内容も全く違いますし、第一、ゴールデンバウム王朝時代の軍隊と異なり、軍規が厳しいラインハルト率いる帝国軍は買収や賄賂がほとんど効きません。
 だから平松さんが出した例は亡命問題の比較としてはあまり参考にならないのでは?

<それでも帝国の高級官僚達にとっては、大量の亡命者を出してしまう事自体国家の威信に関わる事でしょうし、みすみす同盟に政治的な宣伝材料を与えてしまう事になります(情報の操作や隠蔽にも限度があるでしょうし)。大量の共和主義者の亡命を許せば社会秩序維持局などにとっては自身の存在意義を疑われる事にもなりかねませんから懸命に亡命しようとする共和主義者の摘発に努めたのではないでしょうか。
 貴族や皇族などは、彼らは個人レベルで資金やコネなどの点で著しく有利な立場に置かれていたでしょうから、共和主義者と比較の対象にはならないのでは?>

 共和主義者や平民階級の不平分子が亡命していく事自体は、帝国にとってもそれほどのマイナスポイントにはならないでしょう。「所詮は下賎な平民や叛逆者どもだから」と帝国の首脳部は考えるでしょうし、彼らを「処分」する手間も省けますしね。むしろ彼らが帝国内部で同盟と呼応した民主運動を展開される事のほうがはるかに危険です。だから帝国の内部を固めるためにも、不穏な分子は同盟に追いやってしまった方が却って良いと帝国政府は考えたのでしょう。ちょうど今の北朝鮮と同じような考え(国家基盤を固めるためには人口を1000万辺りまで減らす必要がある、と某首領様はのたまったとか)であったと考えれば分かりやすいでしょうか。
 むしろ「亡命を食い止めなければならない」という観点から見れば、帝国の貴族や皇族といった「帝国の支配階級者」の亡命の方がはるかに帝国の支配体制にとっては有害なものでしょう。支配階級でさえ亡命してくるという事実は、同盟側にとって帝国の支配体制が磐石なものではない事を宣伝するための絶好な好材料となりえるからです。現実世界でも、北朝鮮の政府高官や要人が外国へ亡命してくる事が話題になるたびに、北朝鮮の支配体制に対する疑問の声が出てくるという事例があります。
 亡命問題で特に重要視されるのは「亡命者の質」であって、すくなくとも逃亡される側にとって「数」は全く問題ではないのです。どれほど多くの亡命者が出たとしても、政治的に何ら影響を受けないのであれば放任されるし、逆に「一人の亡命者」が政治的に大きな影響を与えるというのであれば、たとえどんな無理をしてでも妨害しようとするでしょう。亡命問題というのはそういうものなのですよ。

<しかしそれでも固有の武力を持てない共和主義者にとって、実戦部隊の中に政治的な同志を作る事は不可欠だったでしょう。軍の中にも、平民、貴族を問わず不平分子が存在したでしょうから、彼らを慎重に抱き込む策略を弄するべきだったでしょう。大きな武力を持てないのですから、その分だけ謀略や詐術を充分に行使すべきだったと思うのですが。>

 これは全くその通りなんですけど、帝国内における共和主義者たちは常に社会秩序維持局あたりからマークされていたでしょうから、謀略や詐術がまともに使える余地があったのかどうかさえも怪しいんですよね。そもそもそんな環境下では資金集めにも相当苦労することでしょうし、まともな内部工作自体が現実問題としてできたかどうか……。
 そんな状態では、いっそ帝国にたいして忠誠を誓った方が良いと考える平民階級もいたでしょう。貴族階級に対する嫌悪感を持った人が多かったのは間違いなかったでしょうけど、そこから「帝国打倒」にまで持っていくには、相当に現実性の高い政治的構想と強大なカリスマ性をもった政治的指導者が必要です。そして共和主義者の間には、ついにそのような人物が現れる事はなかったのでしょう。

銀英伝考察2の関連リンク一覧

銀英伝考察シリーズ 本文全一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加