らいとすたっふブログ リンク集

 当ページでは、2004年4月から開設された、田中芳樹の版権管理会社「らいとすたっふ」の社長・安達裕章氏(以下「社長氏」と表記)が管理運営するブログ、およびSNS系の公式アカウントにおいて、過去に田中芳樹の近況および「らいとすたっふ」の基本スタンス・運営等について書かれた記事への外部リンクを、年度別カテゴリ別にまとめて掲載しております。
 「らいとすたっふ」ブログの最新記事はこちらより閲覧できます。
WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年(平成28年)度版

平成28年熊本地震
キング・コング執筆裏話
「水晶宮の死神」執筆状況2016
田中芳樹の執筆机
軽井沢でのサル退治
田中芳樹の第3の避暑地
10
11 12
アルスラーン戦記15巻執筆レポート2016
2016年仕事始め

2015年(平成27年)度版

菊陽町図書館の「田中芳樹を語ろう」イベント
熊本県菊池郡菊陽町にある菊陽町図書館で行われたイベントの話題です。
他媒体から小説に入る際の違和感
アニメ・コミック等の媒体から小説に入った際の違和感について語られています。
作家と出版社の出版契約事情
出版社が提示する仕事の後出し条件の問題点について触れられています。
田中芳樹の奥さんの結婚時告白エピソード
田中芳樹の結婚エピソード。奥さんからの告白だったそうですが……。
東欧の留学生への寄贈エピソード
東欧の留学生が帰国する際に、自身の名を冠したライブラリが作られるほどの資料を寄贈した田中芳樹の1エピソードです。
藤崎竜の「銀英伝」コミック連載開始
週刊「ヤングジャンプ」誌上で新しい銀英伝のマンガが連載されることになったという発表です。
軽井沢・箱根に次ぐ第3の避暑地捜し
久方ぶりに避暑地でなく東京で暑い夏を過ごす羽目になった田中芳樹のために、第3の避暑地捜しが始まりました。
アルスラーン戦記15巻執筆レポート2015
アルスラーン戦記15巻の執筆状況についてまとめています。
アニメ等に対する原作者としての考え
田中芳樹の、原作のアニメ・コミック化についての考えがまとめられています。
持つ意味がない田中芳樹の携帯電話
常に携帯の電源は切っているという田中芳樹の携帯嫌いの話です。
田中芳樹のイラストレーター選択
田中芳樹が自分の作品でしばしば指名するイラストレーターについて述べています。
ゲーム「アルスラーン戦記×無双」発表
PS3/PS4で「アルスラーン戦記×無双」が発売されるそうです。
10
11 12 13 14
銀英伝舞台版特別公演「星々の軌跡」
銀英伝舞台版「星々の軌跡」の公演情報および裏話です。
10
11 12 13 14
田中芳樹の新避暑地・箱根の懸念
諸般の事情で田中芳樹の避暑地を軽井沢から箱根に変更するも、火山活動で使用不能になった経緯が語られています。
税理士の話
田中芳樹とらいとすたっふは共に同じ税理士の世話になっているという情報の公開です。
10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
らいとすたっふルールの内容と改定について
同人誌の同性愛描写を否定したことで勇名を轟かせていた「らいとすたっふルール」の改定について述べています。
薬師寺シリーズ10巻執筆状況
薬師寺シリーズ10巻「海から何かがやってくる」の執筆状況をまとめています。
銀英伝の手書き原稿の行方
銀英伝の手書き原稿が、出版社との手違いで現在は紛失しているという話です。
田中芳樹がヤオイ系同人誌を嫌うに至った裏事情
田中芳樹が自作品から派生するヤオイ系同人誌を嫌うようになった経緯が書かれています。
タイタニア完結記念ニコニコ生放送
タイタニア完結を記念したニコニコ生放送についての情報です。
田中芳樹のISILに対する認識
過激派テロ組織であるISILに対する田中芳樹の認識が披露されています。
薬師寺シリーズは「スレイヤーズ」のパロディではない!?
薬師寺涼子の呼び名である「ドラよけ」が「スレイヤーズ」のパロディではない、という苦しい弁明に終始するコーナーです。
タイタニア、ついに完結!
20年以上もの停滞を経てようやく完結にこぎつけられたタイタニア最終巻の発売日が発表されています。
2015年仕事始め
2015年における田中芳樹の目標について語られています。

2014年(平成26年)度版

阿蘇噴火で立ち往生
阿蘇の噴火で航空便が全ストップして熊本残留を余儀なくされた、とある作家の秋の一時です。
アルスラーン戦記の再アニメ化
荒川弘コミック版のアルスラーン戦記がアニメ化されるという情報です。
創竜伝の続巻執筆に前向き発言?
2007年の創竜伝14巻刊行無期限延期問題以降初となる、創竜伝続巻執筆についての言及です。
銀河英雄伝説タクティクス発表
株式会社DMMより、オンラインブラウザゲーム「銀河英雄伝説タクティクス」が発表されました。
銀英伝アニメ化時の契約書
銀英伝アニメ化の際に入れられた、作中のキャラクター等の固有名詞を変更しないという契約文について説明されています。
10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
田中芳樹の軽井沢生活2014
田中芳樹の軽井沢生活リポート2014です。
田中芳樹の中国礼賛について
「田中芳樹は中国は好きでも中華人民共和国政府は好きなわけではない」というお決まりの弁明が繰り広げられています。
アルスラーン戦記の原画展
荒川弘のアルスラーン戦記原画展についての情報です。
「月刊住職」のエッセイ寄稿
「月刊住職」に田中芳樹がエッセイを寄稿しています。
禁酒と禁カフェインのこだわり
酒とカフェインの代用としてのノンアルコールビール等を頑なに拒否する田中芳樹のこだわりについての話です。
銀英伝のニコニコ生放送について
銀英伝のニコニコ生放送の情報をまとめています。
田中芳樹の本購入代
田中芳樹の本購入代が相当な金額に上るという話です。
畳の話
久々に旧実家?の間取りを見た田中芳樹の感想です。
田中芳樹から見た編集者という存在
田中芳樹の視点から見た「編集者」のあり方について語られています。
映画「マタンゴ」の思い出
田中芳樹のキノコ嫌いの発端となった映画「マタンゴ」の観賞経緯について述べています。
10
11 12 13 14 15
16 17 18 19
タイタニア5巻執筆状況
タイタニア5巻「凄風篇」の執筆状況についてまとめています。
息子の日記を秘匿する田中芳樹の母親
幼少時の息子の日記を隠し続けているという田中芳樹の母親についての小ネタです。
銀英伝の再アニメ化について
銀英伝舞台版第四章後篇の舞台終了後に発表された銀英伝再アニメ化の情報です。
10
11 12 13 14 15
16
アルスラーン戦記14巻執筆レポート2014
2014年中のアルスラーン戦記14巻の執筆状況および刊行までについてまとめています。
銀英伝舞台版第四章後篇の宣伝活動
社長氏のブログにおける銀英伝舞台版第四章後篇の宣伝記事、および舞台稽古の様子が掲載されています。

2013年(平成25年)度版

アルスラーン戦記14巻執筆レポート2013
2013年中のアルスラーン戦記14巻の執筆状況についてまとめています。
10
11 12 13 14 15
16
銀英伝舞台版第四章前篇の宣伝活動
社長氏のブログにおける銀英伝舞台版第四章前篇の宣伝記事、および舞台稽古の様子が掲載されています。
田中芳樹の感受性?
田中芳樹の感受性?および税務署とのやり取りについての記事です。
カナダ旅行時のエピソード
薬師寺シリーズ5巻「黒蜘蛛島」執筆時のカナダ取材旅行の裏エピソードです。
田中芳樹の執筆スタイル
田中芳樹の執筆スタイルについてまとめています。
アルスラーン戦記の「再」コミック化
アルスラーン戦記が別冊少年マガジンで2度目のコミック化が行われるとの発表です。
銀英伝舞台版「初陣 もうひとつの敵」の宣伝活動
2013年11月公演の銀英伝外伝舞台版「初陣 もうひとつの敵」の宣伝記事です。
原作者としての権利と原作料
映画「テルマエ・ロマエ」の原作料問題とリンクした、田中芳樹の原作者としてのスタンスが公開されています。
銀英伝舞台版第三章の宣伝活動
社長氏のブログにおける銀英伝舞台版第三章の宣伝記事、および舞台稽古の様子が掲載されています。
実はマイナー映画好みの田中芳樹
偏見混じりの映画レビューには定評のある田中芳樹に意外な趣味があることが判明しました。
「神様のカルテ」解説
田中芳樹が、自身と全く縁もゆかりもなさそうな著書の解説を行っているという話です。
10
11 12 13 14
タイタニア4巻執筆状況
2009年の公約以来まるで執筆が進んでいなかった新刊の執筆状況をまとめています。
2013年仕事始め
去年に引き続き銀英伝舞台版で活況を呈しているらしいコメントです。

2012年(平成24年)度版

「髑髏城の花嫁」のオーディオドラマ化
「髑髏城の花嫁」がFMラジオで放送決定という報告です。
田中芳樹の還暦祝い
2012年10月22日で60歳の還暦を迎えた田中芳樹のお祝い?のレポートです。
銀英伝舞台版「輝く星 闇を裂いて」の宣伝活動
2012年10月公演の銀英伝外伝舞台版「輝く星 闇を裂いて」の宣伝記事です。
徳間?角川?の出版社撤退裏事情
田中芳樹が、徳間書店ないし角川書店から版権を引き上げた経緯について語られています。
「『銀河英雄伝説』の謎を楽しむ本」の問題点
らいとすたっふに無断で製作された「『銀河英雄伝説』の謎を楽しむ本」についてのツイートです。
田中芳樹の軽井沢生活2012
田中芳樹の軽井沢生活リポート2012です。
田中芳樹と垣野内成美の「USTREAM」トークライブ
2012年6月5日に行われた薬師寺シリーズ新刊刊行記念トークライブについてのお知らせです。
銀英伝舞台版「撃墜王編」の宣伝活動
2012年8月公演の銀英伝外伝舞台版「撃墜王編」の宣伝記事です。
銀英伝の宝塚舞台化決定
ありそうでなかった銀英伝の宝塚舞台化が決定したという情報です。
銀英伝舞台版第二章開催実況
2012年4月に開催された銀英伝舞台版第二章の、社長氏による現場の実況放送です。
教員免許を持つ田中芳樹
田中芳樹が大学時代に教員免許を取得していた事実が判明したという話です。
田中芳樹サイン会2012
大阪の紀伊國屋書店梅田本店で行われた田中芳樹サイン会についてのお知らせと結果報告です。
日刊ゲンダイを愛読する田中芳樹
何と、田中芳樹が「あの」日刊ゲンダイの愛読者であることが判明しました。
銀英伝がGREEに登場
銀英伝がカードゲームとしてGREEにデビューするという話です。
田中芳樹の携帯事情2012
田中芳樹が所持している携帯電話の動向についてまとめています。
銀英伝の電子書籍版配信
長年田中芳樹が渋っていた、田中作品の電子書籍化が実現する運びとなりました。
10
11 12 13 14 15
16
銀英伝舞台版第二章の宣伝活動
社長氏のブログにおける銀英伝舞台版第二章の宣伝記事、および舞台稽古の様子が掲載されています。
田中芳樹の作品執筆スタンス
田中芳樹の作品原稿受け渡し風景の実態と執筆スタンスについてまとめています。
薬師寺シリーズ9巻執筆状況2012
2011年年末時点で第1章しか完成していなかった新刊の執筆状況をまとめています。
2012年仕事始め
去年に引き続き銀英伝舞台版で活況を呈しているらしいコメントです。

2011年(平成23年)度版

田中芳樹のニコニコ生放送出演
田中芳樹初のネットメディア出演となる、2011年10月4日18時より配信のニコニコ生放送についての記事です。
オーベルシュタイン編舞台の宣伝活動
2011年11月公演予定の銀英伝外伝舞台版オーベルシュタイン編の宣伝記事です。
銀英伝外伝6巻執筆断念?
銀英伝外伝6巻の執筆について、田中芳樹本人がついにギブアップを宣言した模様です。
「月蝕島の魔物」の出版社移籍
理論社の民事再生法適用に伴い、東京創元社への移籍が決定した「月蝕島の魔物」についてのお知らせです。
銀英伝外伝舞台版第2弾発表
突如発表された、2011年11月公演予定の銀英伝外伝舞台版オーベルシュタイン編に関する紹介記事です。
銀英伝双璧外伝の宣伝活動
2011年6月公演の銀英伝外伝舞台版ミッターマイヤー・ロイエンタール編の宣伝記事です。
薬師寺シリーズ9巻執筆状況2011
2011年時点では未だ題名すら発表されていない薬師寺シリーズ9巻の執筆状況関連の記事をまとめています。
七都市物語は終わっていた?
いつの間にか本人の中では終わったことになっていたらしい七都市物語の続巻について書かれています。
田中芳樹自身が語る己の政治思想
田中芳樹本人が語る、自身の政治思想についての認識が披露されています。
田中芳樹の就職活動
田中芳樹若かりし日の就職活動の顛末について言及されています。
東日本大震災後の状況報告
2011年3月11日に発生した東日本大震災後のらいとすたっふと田中芳樹の状況が報告されています。
コミック版「KLAN」1巻刊行
Webコミックになっていた「KLAN」の1巻目が刊行されたニュースです。
薬師寺涼子のイラスト
薬師寺シリーズのイラスト担当である垣野内成美女史から田中芳樹に絵が送られた様子が記録されています。
「髑髏城の花嫁」執筆状況2011
実に2年もの間執筆され続けていたヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャーシリーズ「髑髏城の花嫁」の2011年執筆状況のまとめです。
10
銀英伝舞台版第一章開催実況
ついに開催された銀英伝舞台版第一章の、社長氏による現場の実況放送です。
2011年仕事始め
新年早々、銀英伝舞台版および田中作品原画展というイベントが控えている「らいとすたっふ」の仕事始め挨拶です。

2010年(平成22年)度版

田中作品原画展開催について
銀英伝舞台版と合わせて開催される田中作品原画展についての告知が行われています。
銀英伝舞台版第一章の宣伝活動
社長氏のブログにおける銀英伝舞台版第一章の宣伝記事、および舞台稽古の様子が掲載されています。
西田シャトナーとの交流活動
銀英伝舞台版第一章の空間ディレクションを担当する西田シャトナーと社長氏の交流活動についてまとめています。
KLANのWebコミック化
田中作品の「KLAN」シリーズがWebコミック化されるという情報です。
2010年夏コミサークル参加報告
前回に引き続き、当サイトの2代目管理人が同人本を購入しに伺った、2010年夏コミの「らいとすたっふ」サークル「安達屋」の参加報告です。
驚愕!田中芳樹の携帯所持
機械オンチの情報弱者である田中芳樹が携帯電話を所持しているという驚きの情報です。
田中芳樹の軽井沢生活2010
田中芳樹の軽井沢生活リポート2010です。
銀英伝舞台版キャスティング発表
銀英伝舞台版で主要キャラクターを演じるキャストの発表についてまとめています。
髑髏城の花嫁執筆状況2010
2010年内に刊行されなかったヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャーシリーズ「髑髏城の花嫁」の執筆状況をまとめています。
10
銀英伝の舞台化決定
「あの」銀英伝が、2011年1月に東京の青山劇場での舞台化公演が決定したことについての報告です。
「非実在青少年」の表現規制について
東京都が提起している「非実在青少年」の表現規制について、言論統制者たる社長氏が反対表明を行っています。
バレンタインデー2010年度版
2010年のバレンタインデーにあたり、田中芳樹がファンからもらったチョコの数々が披露されています。
再度電子書籍について
6年前にも言及された、田中作品の電子書籍化の可能性について再度述べられています。
Twitterを始めたらいとすたっふ
新刊情報の宣伝告知に有効ということで、「らいとすたっふ」がミニブログ「Twitter」を始めたとのことです。
マンガに追いつかれた原作作品
コミック版薬師寺シリーズに原作7巻まで追いつかれた状況でも危機感のない田中芳樹の「使い古されてもはや笑えないギャグ」の配信です。
2010年仕事始め
田中芳樹の体調不良とらいとすたっふブログの更新停滞で不調だった前年を反省し、新たな門出を誓っているようです。

2009年(平成21年)度版

2009年冬コミサークル参加報告
当サイトの2代目管理人が直接挨拶に伺った、2009年冬コミの「らいとすたっふ」サークル「安達屋」の参加報告です。
民主党政権の「事業仕分け」について
民主党政権で行われた「事業仕分け」について、田中芳樹的なスタンスとは一線を画す社長氏の評価が書かれています。
田中芳樹の2010新春年賀状準備
2010年初頭に向け、年賀状の準備に勤しむ「あまり仕事がはかどらなかった」田中芳樹の姿が記録されています。
栗本薫女史「お別れの会」出席
栗本薫女史逝去の際、読売新聞紙上に追悼文を掲載した田中芳樹が「お別れの会」に出席したことについて言及されています。
田中芳樹の珈琲嗜好
小説中の記述に反して、実は意外にもコーヒー好きという田中芳樹のコーヒー嗜好について書かれています。
田中芳樹の本選び
「本の雑誌」の企画「3万円分の図書カードでがっちり買いましょう!」について書かれた記事です。
田中芳樹のWBC観賞2009
野球通を自認する田中芳樹の、2009年度WBC観賞についての記録です。
田中芳樹のTV出演
NHKBS2で放送されていたタイタニアのトークタイムに出演し、タイタニア4巻刊行の公約を行った田中芳樹について書かれています。

2008年(平成20年)度版

田中芳樹の熊本帰省2008年12月版
2008年12月の田中芳樹の熊本帰省および梶尾真治氏の忘年会参加について書かれています。
「蘭陵王」執筆レポート
中国物長編小説「蘭陵王」の執筆から刊行までの記録をまとめています。
田中芳樹サイン会2008
八重洲ブックセンターで行われた2008年田中芳樹サイン会についての結果報告です。
田中芳樹の作家生活30周年記念
田中芳樹の作家生活30周年を記念したパーティーについての報告が行われています。
田中芳樹のイギリス旅行記2008
2008年夏に行われた、ヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャーシリーズ2巻執筆のための取材旅行について書かれています。
田中芳樹の軽井沢生活2008
田中芳樹の軽井沢生活リポート2008です。
らいとすたっふ事務所引っ越し
らいとすたっふ事務所の8年ぶりとなる引っ越しについての報告が行われています。
薬師寺シリーズアニメ化記念イベント
薬師寺シリーズのアニメ化を記念するイベントの開催告知および報告についてまとめています。
タイタニアのアニメ化
タイタニアのアニメ化および試写会等についての報告記事です。
アルスラーン戦記13巻執筆レポート
アルスラーン戦記13巻の執筆から刊行までの記録をまとめています。
田中芳樹のキノコ嫌い
田中芳樹が幼少の頃に観てキノコ嫌いのトラウマの元となった映画「マタンゴ」について言及されています。
2008年仕事始め
アルスラーン戦記最新刊執筆および薬師寺シリーズ・タイタニアのアニメ化で多忙になるであろう田中芳樹の近況について報告されています。

2007年(平成19年)度版

銀英伝通貨設定
銀英伝の自由惑星同盟で、通貨単位がディナールに決定された経緯が田中芳樹本人の口から語られています。
銀英伝パチンコ化問題
創竜伝5巻でパチンコ批判を繰り広げておきながら、銀英伝をパチンコに売り飛ばした問題に対する批判を封殺する田中芳樹と社長氏の事なかれ官僚主義が発揮されています。
田中芳樹の軽井沢生活2007
薬師寺シリーズ8巻「水妖日にご用心」を執筆していたらしい田中芳樹の軽井沢生活リポート2007です。
田中芳樹サイン会2007−1
リブロ池袋本店で行われた2007年7月の田中芳樹サイン会に関する告知および結果報告です。
薬師寺シリーズ8巻執筆レポート
薬師寺シリーズ8巻「水妖日にご用心」の執筆から刊行までをまとめたレポートです。
創竜伝14巻刊行無期限延期問題
2006年中に出すと公約しながら、突然無期限延期となった創竜伝14巻刊行を巡る問題に関する記事です。
田中芳樹の圧力?
「職務上知り得た秘密?」を公開しているらいとすたっふ社長氏に圧力??をかける田中芳樹について書かれています。
月蝕島の魔物執筆から刊行まで
ヴィクトリアン・ホラー・アドベンチャーシリーズ「月蝕島の魔物」の執筆から刊行までをまとめています。
銀英伝ガセビア話
銀英伝アニメ化の際に田中芳樹が出した条件のガセビアと真実について書かれています。
2007年仕事始め
2007年仕事始めで「今年もバリバリと執筆しましょう」と問われた途端、話をそらしまくるお茶目な田中芳樹について書かれています。

2006年(平成18年)度版

銀英伝の移籍

再販
銀英伝の徳間書店から東京創元社への移籍および再販に関するお話です。
10
11 12 13 14 15
田中芳樹の軽井沢生活2006

アルスラーン戦記執筆
アルスラーン戦記12巻執筆に集中した2006年度の田中芳樹軽井沢生活リポート、およびアルスラーン戦機12巻刊行までの記録が綴られています。
田中芳樹と携帯電話
2006年10月時点で携帯電話を持っていない田中芳樹が、「持つ」「持たない」の間を揺れ動くエピソード集です。
血液型性格判断について
薬師寺シリーズ8巻で言及している血液型性格判断ネタの発端となった……かもしれない話です。
田中芳樹のWBC観賞2006
野球通を自認する田中芳樹の、2006年度WBC観賞についての記録です。
ラインの虜囚が受賞
「ラインの虜囚」が宇都宮図書館主催の「うつのみやこども賞」を受賞した記録が綴られています。
10
薬師寺シリーズ7巻執筆レポート
薬師寺シリーズ7巻「霧の訪問者」の執筆から刊行までをまとめたレポートです。
田中芳樹の執筆癖
原稿用紙を斜めにして文章を書く田中芳樹の執筆癖について書かれています。
田中芳樹の熊本観
田中芳樹視点から見た、田中芳樹の出身地である九州・熊本について書かれています。
2006年の抱負
薬師寺シリーズ7巻、アルスラーン戦記12巻、創竜伝14巻の年内刊行予定について言及されています。

2005年(平成17年)度版

キング・コングの出版と試写会
映画「キング・コング」の田中小説版の出版および試写会についての記録です。
田中芳樹の軽井沢生活2005
アルスラーン戦記11巻執筆に集中した、2005年度の田中芳樹軽井沢生活リポートです。
らいとすたっふの記念すべき日
初のらいとすたっふ小説塾出身の小説作家デビュー生が誕生した日についての喜びの声をお聞き下さい。
田中芳樹の睡眠時間
軽井沢にいると自然と早起きになるらしい、田中芳樹の睡眠時間について触れられています。
藤田和日郎との対談について
小説宝石特別編集「英雄譚」に収録されている、田中芳樹×藤田和日郎の対談の記録です。
らいとすたっふ小説講座について
2005年5月に行われたらいとすたっふの小説創作講座に関する顛末記です。
アルスラーン戦記11巻執筆
アルスラーン戦記11巻の執筆から刊行までの記録をまとめています。
田中芳樹の好き嫌い
ナスとキノコが嫌いという田中芳樹の食の好き嫌いについて語られています。
中国からの田中芳樹取材
日中文化交流協会の招きで来日した「中国文学芸術界聯合会代表団」の作家交流企画です。
コミックス版創竜伝刊行によせて
少年マガジンスペシャルで連載されていたマンガ版創竜伝刊行についての社長氏のコメントです。
ラインの虜囚の執筆・刊行
「ラインの虜囚」の執筆から刊行までの経緯についてまとめています。
薬師寺シリーズ6巻のサイン色紙
薬師寺シリーズ6巻「夜光曲」のプロモーション用サイン色紙の作成に精を出す田中芳樹の仕事ぶりが書かれています。

2004年(平成16年)度版

田中芳樹に架空請求詐欺
徹底したアナログ人間こと田中芳樹に、アダルトサイトの架空請求詐欺のハガキが送付されました。
田中芳樹の「ハウルの動く城」評
「ハウルの動く城」の試写会を観賞してきた田中芳樹の映画評が開陳されています。
田中芳樹の軽井沢生活2004
サインペンを使って小説の執筆を行っているらしい田中芳樹の軽井沢生活リポートです。
田中芳樹のプロ野球話について
元阪急ブレーブスファンだったという田中芳樹のプロ野球に対するスタンスが披露されています。
田中芳樹サイン会2004
東京で行われた2004年田中芳樹サイン会についての結果報告です。
東京湾アクアライン取材旅行
薬師寺シリーズ6巻「夜光曲」でネタにされた東京湾アクアラインの取材旅行に関する記事です。
銀英伝オンラインゲーム
銀英伝オンラインゲームに対する「らいとすたっふ」側の感想を記録している記事です。
暑さと冷房に弱い田中芳樹
九州・熊本出身である田中芳樹の、暑さと冷房に弱い実態が書き綴られています。
電子書籍について
電子書籍に対する田中芳樹のスタンスおよび田中作品の電子書籍化の可能性について述べられています。
「らいとすたっふ」の仕事内容について
有限会社「らいとすたっふ」における作家マネージメントの仕事の実態について、大まかな概要の説明が行われています。

サイトコンテンツの関連リンク一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加