タナウツオフ会レポート

第2回(2008年11月)

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツの総収録投稿数4件の内、1〜2件目の投稿を掲載

収録投稿1件目
battle2 - No.195

タナウツオフ会&東京旅行レポート 1日目

投稿者:冒険風ライダー(館長)
2008年11月08日(土) 01時05分

 11月1日〜3日のタナウツオフ会兼東京旅行のレポートです。
 去年の田中芳樹サイン会兼タナウツオフ会旅行は、1泊2日な上に2日目は午後イチの飛行機で帰らなければならなかったという、時間的余裕がほとんどない慌しい旅行でしたが、今回はその反省から、2泊3日および3日目夕方最終便で熊本へ帰還するという時間的余裕をたっぷり取った旅程を組みました。
 また、去年はよりによって関東圏台風直撃の中に私は飛び込んでいたのですが、今回は比較的天候には恵まれていましたね。1日目・2日目は晴れ、3日目は曇り空でしたが雨は降りませんでしたし。おかげさまで、今回はたっぷりと東京旅行を満喫することができました(^-^)。
 それでは、今回の旅行の報告です。

1日目
12:45  東京(羽田空港)着

14:30  秋葉原でS.Kさんと合流、そのまま秋葉原巡り

18:10頃 秋葉原駅で不沈戦艦さんと合流

18:15〜23:30 3人でタナウツオフ会

 当初、東京(羽田空港)着は12:25の予定だったのですが、予定時間通り阿蘇くまもと空港を出発していたにもかかわらず、羽田空港側が混雑していたとかで20分遅れたんですよね。12:25着想定で行動予定を立てていたので少々慌てました。S.Kさんとの合流予定時間が14:30だったので(^^;;)。
 到着してすぐに不沈戦艦さんに「到着しました」の携帯メールを送付しつつ、宿泊予定の新橋駅近くのホテルに向かい、荷物を置いてすぐに秋葉原へ。昼食を食べる手間も惜しんで急いで向かった結果、14:10頃には合流地点に到着しました。今にしてみれば、もう少しゆっくりしても良かったのではないかと思わなくもなかったのですが(^^;;)。

 合流予定時間の14:30、合流地点にS.Kさんが姿を現し合流。私とS.Kさんはリアル世界では初対面となるので、一応互いの合流目印になるようなものを考えていたのですが、結果的にはそんな必要もあまりなかったですね。合流地点にはほとんど人がいなかったので、お互い姿を見ただけですぐに「この人だ」と分かりましたし。
 出会って早々、熊本から持参した、去年の田中芳樹サイン会でサインしてもらった「月蝕島の魔物」の実物をS.Kさんに披露し、最近のタナウツ話で盛り上がりつつ、S.Kさん趣味の3Dフィギュア系の買い物と同人誌見物のため、秋葉原に繰り出しました。
 実は私、3Dフィギュア系も同人誌も今まで全く縁がなかったんですよね。フィギュア系は全く興味がありませんでしたし、同人誌に至っては私の地元の熊本ではほとんど取り扱ってすらいない始末でしたし。今回S.Kさんに案内されて初めて同人誌というものを見る機会を得ることができたのですが、「同人誌ってあんなにページ数のないペラペラな本だったの!?」というのが私の感想だったりします(^^;;)。

 ひとしきり3Dフィギュア系の買い物と同人誌見物を行った後、秋葉原巡りのもうひとつの目的だった「メイドカフェ」へ向かいました。秋葉原の名物となっているらしい「メイドカフェ」の実態が一体どういうものなのか、怖いもの見たさ的な興味があったもので(^^;;)。
 メイドカフェに入ると開口一番「お帰りなさいませ、ご主人様」。やはりこのセリフはきちんと言うのだなぁ〜と少し感動しつつ中へ。私とS.Kさんが立ち寄ったメイドカフェは、他にメイドさんの写真を客が取っていたり、コスプレした男性客相手にメイドさんがフレンドリーに談笑したりしていて、良く言えば賑やか、悪く言えば騒がしいところでした。まあメイドカフェの本場たる秋葉原ですから、一口にメイドカフェといっても色々あるのでしょうけど。
 ただ、メイドカフェに入った後の私は、メイドさんそっちのけでS.Kさんとオタクな会話に熱中していました(^^;;)。一体ここに何しに来たんだろう、と自分でも思わなくはなかったのですが、元々私が興味を持っていたのは「メイドカフェの雰囲気や実態」であって「メイドさんとの会話を楽しむ」ではなかったし、まあこれはこれで良いのかなと。
 メイドカフェでのS.Kさんとの会話では、タナウツや山本弘関係の話題と共に、ゲームソフトのラングリッサー&グローランサーネタで盛り上がりましたね。お互いが両シリーズ作品のことを知っていたことと、両シリーズ作品が田中作品からネタをパクりまくっているということで、タナウツ関連の話のネタとしてはこの上ない素材でしたし。

 メイドカフェには1時間30分ほど滞在し、「いってらっしゃいませ、ご主人様」というメイドさんの見送りの声と共に退場。ちょうど時間的に18時近くとなっていたので、不沈戦艦さんと連絡を取り、待ち合わせ場所の秋葉原駅へ向かい、東京競馬場から引き上げてきた不沈戦艦さんと合流。
 不沈戦艦さんが予め予約していた個室の飲み屋に行き、そこで21時まで談笑していたのですが、最初の30分くらいが最近のタナウツおよび田中芳樹関連の話だった以外は、ほとんど不沈戦艦さんが趣味としている競馬の話で盛り上がっていました。私は残念ながら競馬は一回もやったことがないのですが、競馬マニアならではの面白い話が聞けて、少しは競馬のことも調べてみようかな、と興味をそそられました。
 21時を過ぎて個室の飲み屋が時間切れとなったのと、まだ話し足りないということで2軒目の飲み屋に行き、そこでまた新たに会話再開。今度は反銀英伝関係と架空戦記関係の話題を中心に盛り上がり、そのまま23:30頃まで延々と談笑を続けていました。
 23:30に2軒目の飲み会を出て、S.Kさんは秋葉原のホテルへ、私と不沈戦艦さんは秋葉原駅からJRに乗り帰還、途中の東京駅でまたの再会を約して不沈戦艦さんとお別れしました。

 2日目はS.Kさんと一緒の東京観光がメインとなりますが、それについてはまた後日の投稿とさせて頂きます。

収録投稿2件目
battle2 - No.196

タナウツオフ会&東京旅行レポート 2日目&3日目

投稿者:冒険風ライダー(館長)
2008年11月09日(日) 20時10分

 タナウツオフ会兼東京旅行の、2日目および3日目レポートです。
 今回の旅行では、私が他のタナウツメンバーと一緒にいたのは2日目の夕方までなんですよね。不沈戦艦さんは1日目しか来られませんでしたし、S.Kさんは2日目夜の飛行機で北海道に帰る旅程でしたから。
 今回は2日目および3日目の報告です。

2日目
9:00  新橋駅出発

9:10〜13:00  官公庁 → 皇居 → 靖国神社 → 国会議事堂を散策

13:00〜14:00 神保町古書店巡り

14:00〜17:30 秋葉原 → 東京都庁

18:00 新橋駅でS.Kさんとお別れ

 2日目が新橋駅からのスタートになったのは、S.Kさんが2日目に東京に帰るためにホテルの荷物も撤収しなければならなかったので、「じゃあ新橋駅近くの私のホテルに一旦S.Kさんの荷物を置いてから観光しましょうか」と私から提案したためです。
 当初の観光計画では、官公庁と靖国神社を回る予定はなかったのですが、新橋駅から最寄の観光ルートを調べたところ、官公庁を通ってから皇居に行くルートがあることが分かったので、まずは官公庁へ。予め持参してきたデジカメで官公庁群の写真を取りながら、それらを血眼になって批判を繰り広げている薬師寺シリーズや創竜伝の話題で盛り上がっておりました。
 皇居には、警視庁をデジカメに撮った後、桜田門から宮殿東庭へ入り、一旦坂下門から出た後、大手門から皇居東御苑を一回りして平川門まで歩く、というルートを取りました。皇居東御苑では1回目のお土産購入も行っています。

 皇居から靖国神社へ向かうため、平川門を出た先に待っていたのは、今や「変態新聞」としてその勇名を世界に轟かせている毎日新聞本社ビル。「こんなところにあの変態新聞があるとは」「こんなに近くにあるのならば少しは皇室を敬えば良いものを」などと話のネタにしつつ、平川門から靖国神社まで歩いて移動。
 道すがらS.Kさんと雑談を交わし、交番で靖国神社までの道を尋ねたりしながら、11:30頃靖国神社へ到着。ここでも観光記念兼お土産用のお守り等を購入し、次の目的地の国会議事堂へ。
 休日だったためか、国会議事堂の門は閉ざされており中へ入ることはできなかったので、外回りの写真を撮るだけで撤収。
 日本の政治の中枢だから当然なのでしょうけど、官公庁および皇居・国会議事堂周辺は、あちこちに警備員さんが立って警戒の目を光らせていましたね。おかげで写真を撮ったりするのに一部許可を取ったりする手間があった一方、道を聞いたりするのには便利だったりしたのですが(^^;;)。

 その後、平松さんから進められた古書店街の古本祭りを見るため、地下鉄半蔵門線の永田町駅から神保町駅へ向かいました。神保町駅到着がだいたい13:00過ぎ頃。
 神保町古書店街の古本祭りでは、確かに新旧含めて多くの本が並んでいたのですが、本の並びにまるで規則性がなく、どこに何の本が置かれているのか非常に分かりにくかったですね。何の目的もなしに見て回るのもどうかと考えたので、田中芳樹の初期短編集である「流星航路」という本を探すことを目的にして一通り回ってみたのですが、結局最後まで見つかりませんでしたし。代わりに山本弘の「腐朽の迷作」である「神は沈黙せず」上下文庫本が見つかったのはご愛嬌でしたが、そちらは当然のごとく買う価値もなかったし(苦笑)。

 神保町の古書店街を一通り回った後、一旦秋葉原へ行くために都営新宿線の岩本駅に向かうべく地下鉄へ。
 ところがこの時、間違って急行に乗ってしまったために岩本駅を通り過ぎてしまい、ひとつ先の馬喰横山駅で下車する羽目に。時間もあるし、散歩がてらここから秋葉原まで歩いていこうかと考えたのですが、さらにこの判断が裏目に出て、土地勘もないまま歩いた挙句、気づいたら全く反対方向の人形町に辿り着く始末。最終的には全体で2時間近くのロスと引き換えに何とか秋葉原に戻ることができたのですが、今回の旅行の中で正直これが一番痛かったですね(>_<)。人形町までの道のりにはほとんど人もいなかったので、それまで多大な効果をもたらしていた「道を聞いて回る」という古典的な手段も使用できませんでしたし。
 秋葉原到着後、東京都庁へ向かうべくJR総武線で新宿駅へ。そこからタクシーを拾ってようやく東京都庁に着いたのが17:00過ぎ。時間が遅かったためか、残念ながら中に入ることはできず、今回は外貌を眺めるだけに終わったので、ここはまたいつかリベンジしたいところですね。
 いよいよS.Kさんとの航空便の時間も迫っていたので、再びタクシーを拾って代々木駅まで向かい、そこからスタート地点の新橋駅へ。一旦ホテルまでS.Kさんの荷物を取りに戻った後、新橋駅で再会を約してS.Kさんとお別れしました。

 S.Kさんと別れた後はどこにも行く気が起きなかったのでホテルでのんびりしていたのですが、そこに不沈戦艦さんよりメール。
 実はこの日、不沈戦艦さんは天皇杯が行われていた東京競馬場へ行っていたのですが、その結果報告のメールだったんですよね。不沈戦艦さん曰く「馬券的には面白くも何ともなかったレース」とのこと。確かにこの結果では馬券の配当も低くならざるをえませんし、そうなるでしょうね↓

http://www.sponichi.co.jp/gamble/horseracing/2008/race/1102/tokyo/11.html

 そのメールへの返信を書いて、この日は終了。

3日目
10:00  ホテルチェックアウト

10:15〜11:30 日本テレビ

11:30〜13:00 お台場・フジテレビ

13:00〜14:30 朝日新聞社見物

14:30〜16:30 秋葉原で時間潰し

17:30 羽田空港着

18:45 羽田空港出発 → 熊本へ

 3日目は完全に一人で、かつマスコミ見学とお土産買いがメインでしたね。日本テレビとフジテレビでは、またご当地名産のお土産を購入していましたし。最終的にはお土産に2万円近く費やしましたでしょうか。
 一方で、自分自身の物については何も買ってなかったりするんですよね。秋葉原で売られていた同人誌やゲームなども、興味を引くものは何もありませんでしたし。

 今回のタナウツオフ会兼東京旅行のレポートは以上となります。
 また次の機会がありましたら、その際には不沈戦艦さんとS.Kさんとの再会だけでなく、今回来られなかった方々とも出会えることを願いつつ、筆をおきたいと思います。

タナウツオフ会レポートの関連リンク一覧

田中芳樹周辺および出版事情関係
各種コンテンツ別先頭ページ全一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加