4代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ335 (No.5783 - No.5813)

親記事No.5781スレッドの返信投稿
board4 - No.5783

ストーカー>そりゃあんたのことか?

投稿者:本ページ管理人
2004年06月27日(日) 07時59分

どういう神経をしていたら、まったく関係ない趣旨の掲示板にこういう宣伝ができるんでしょうね。恥ずかしげもなく。
自分が正義だから何やってもいいと思っているのなら、あんたが批判している先となんも変りませんな。
これ以降関係ない書き込みをした場合には、しかるべき対処を実行しますので、よろしくお願いします。

> 始めまして、an_idleです。
>
> 今ネット上で、話題になっている集団ストーカーの情報を
> 私のHPに記載しました。
> ttp://www.geocities.jp/an_idle/index.html
>
> その被害に遭わない為にも、是非一度御覧になって下さい。
>
>

親記事No.5746スレッドの返信投稿
board4 - No.5784

Re:ふじいげんき?

投稿者:不沈戦艦
2004年06月27日(日) 15時31分

>  藤井厳喜氏の主張も田中氏の好みには合いそうにないみたいですし、「藤井玄喜」の名前のモデルも恐らくこの人だと思われます(定森経喜と橋詰宗喜についてはモデルを確認出来ず)。

 もはやここまで来ると、さすがに私も名前や経歴教えられても、誰なのかさっぱり分かりませんよ。ますます、何の為にモデルにして出しているのか、訳が解りませんねぇ。

board4 - No.5785

田中芳樹を撃つ!について・・・

投稿者:なお
2004年06月27日(日) 15時33分

疑問1
 管理人さんは、田中芳樹と私的つながりがあるのでしょうか?

疑問2
 田中芳樹の影響力?って、たかが小説になんの影響力があるの?
 売れてるから?

疑問3
 小説内の矛盾点?小説なので矛盾OKでは?

以上、疑問です・・・・ってどうでも良いけどねww

最後に・・・個人の思想と教育の関わり?っていうのか、正誤判断の基準?っていうのか、そういうこと考え出すとイライラしてきますねww

多様な思想を許容するべき(らしい)なのに、「多様な思想を許容すべきではない」という思想を弾圧?する。

まぁ・・どうでも良いけどね・・・本当に

親記事No.5785スレッドの返信投稿
board4 - No.5786

Re:田中芳樹を撃つ!について・・・

投稿者:でんでん太鼓
2004年06月28日(月) 07時23分

それにしても義務とはいえ、こういう手合いを一々、相手にしなくてはならない管理人さんには、本当にご苦労さまと言いたい。

board4 - No.5787

家付き娘への偏見 承前

投稿者:冬至楼均
2004年06月28日(月) 12時47分

5306より
>金持の家の一人娘(家付き娘)って何となく家庭的になり得ない様なイメージがあったのです。
>抹理嬢も幼い頃終を子分にして「悪女になる」とか言っていましたし、あれがそのまま真っ直ぐ育つとお涼さんになりますね。

今更という感もありますが、最近「女王陛下のえんま帳」を入手(ちなみに古本です。今のところ新刊を買って田中芳樹に印税を稼がせる気にはなりませんし)しましたので、前に言いかけて止めた話の続きです。
前の投稿にレスしても良かったんですが、あのかたまりを持ち上げるのは気が進まないのと、テーマが「創竜伝」でなく「薬師寺涼子」になるので。

私にこのシリーズを紹介した友人は、
美人の「小早川奈津子」が大暴れする話だと説明してくれました。
間違いとは言えませんが、私の感想としては前回のスレッドで散々こき下ろした鳥羽の叔母さんがより醜悪になったキャラだと感じました。
この感想はここへの書き込みに際して「創竜伝」を読み直した後で持ったモノですけどね。

薬師寺涼子は美貌・才知・財力の三拍子揃った女性です。(鳥羽の叔母さんにはこのうち才知が欠けています)
その彼女の何処が醜悪かというと、警察内にあっては実家(JACES)の権力を背景に、外では警察の力を背景に好き放題やっているという点です。
彼女の行動規範が善悪と言うより快不快原則で動いているのが更に問題です。
そんな訳で彼女がどんな正論を吐いても、「お前には言われたくない」と感じてしまいます。
こうなると、年齢を27才で固定というのは逆に問題ありです。
年を食わないと言うのは、言い換えれば成長しないと言うことですから。

私は今まで薬師寺涼子を漠然と「家付き娘」と考えていましたが、これによると彼女には実は姉がいたらしいのです。
これだと彼女跡継ぎから外される可能性も皆無ではない訳です。
また後付の設定で自爆したのかと初めは思ったのですが、廃嫡されれば私の主張する薬師寺涼子の醜悪さが解消される事になりますね。
多分あり得ないけど。

下手に時間を掛けて推敲すると却ってとりとめが無くなるな。反省。

親記事No.5785スレッドの返信投稿
board4 - No.5788

どうでも良いですか…

投稿者:本ページ管理人
2004年06月28日(月) 22時49分

> 疑問1
>  管理人さんは、田中芳樹と私的つながりがあるのでしょうか?
ありません
> 疑問2
>  田中芳樹の影響力?って、たかが小説になんの影響力があるの?
>  売れてるから?
コンテンツに書いてあります。ちゃんと読んでください。
> 疑問3
>  小説内の矛盾点?小説なので矛盾OKでは?
コンテンツに書いてあります。ちゃんと読んでください。
以上、回答です・・・・ってどうでも良いけどねww

board4 - No.5789

アクセス障害のお知らせ

投稿者:本ページ管理人
2004年06月30日(水) 13時54分

現在メインページにアクセス障害が発生しています。
状況が判り次第この場にて報告致します。

board4 - No.5790

【簡単】メールレディで高収入!! 【在宅】

投稿者:主婦&フリーター向
2004年07月01日(木) 06時32分

♪在宅メールレディで稼いじゃおう♪
★お小遣い稼ぎにはバッチリ★
☆自由な時間にお仕事できます☆
★登録は無料です。その他の費用も一切掛かりません★
☆登録はHPからドウゾ☆
★サポートもバッチリで安心してお仕事できます★
☆詳しい情報はメールでお知らせします☆
ttp://fujiya.jp/?cd=ks

親記事No.5789スレッドの返信投稿
board4 - No.5791

Re:アクセス障害のお知らせ

投稿者:ぱーすぃ
2004年07月01日(木) 16時27分

> 現在メインページにアクセス障害が発生しています。

復旧、お疲れ様です。

親記事No.5564スレッドの返信投稿
board4 - No.5792

Re:「他分野の学者」からの抗議

投稿者:勉強中
2004年07月01日(木) 16時49分

大変勉強になります

親記事No.5772スレッドの返信投稿
board4 - No.5793

Re:批判の動機

投稿者:虎里
2004年07月02日(金) 02時43分

恵さん>
丁寧なご返答ありがとうございます。
なるほど納得です。
私も創竜伝を今読むと考え方が偏ってるなぁと感じます。
銀英伝はすべてのキャラクターが魅力的に描かれていますが、
最近は主人公以外はどうでもいいような扱い、
内容にも魅力が無くなってしまいました。
購買意欲も失せます。
ファン(現在・過去を問わず)の声に耳を傾け
もう少し誠実に作品に取り組んでいただきたいです。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5794

Re:家付き娘への偏見 承前

投稿者:倉本
2004年07月03日(土) 02時57分

私もあの作品は嫌いですね。
パクリもひどいけど何より涼子のキャラクターが嫌です。
前にも同じこと書きましたけどとある本の書評を読んで気づいたんですが。
涼子の基本的な設定って悪役と同じなんですよね。
あの人の立場の大部分は親の力で得たものです。
親の力を利用して警察内部で好き勝手なことをしているエリートキャリア警官なんて創竜伝に出てきたら間違いなく悪役です。
そういう意味で涼子が美人のなっちゃんというのも間違いではありません。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5795

Re:家付き娘への偏見 承前

投稿者:倉本
2004年07月03日(土) 03時15分

追伸、
ちなみにこれも前に書いたことですけどパクリ元といわれるリナにしろ美神にしろ彼女たちの力は才能もありますが純粋に自分の力で得た力です。
涼子とはそこが違います。
涼子が自分の力で得たものはキャリア警官の地位と多数の外国語を話せる能力です。
でもキャリア警官なんて警察にはたくさんいます。
その中で涼子だけが好き勝手を許されるのは親の力です。
実際に涼子がそばにいたら嫌でしょうね。
そういう意味で私は室町由紀子さんを尊敬します。
付き合うだけでも大変なのに涼子を批判するなんて私にはとてもできません。
私でしたら君子危うきに近づかずを決め込んでなるべく関わらないようにするでしょうね。
室町由紀子さんこそ涼子の唯一人の親友と言えるでしょうね。
正面から批判するということは相手に良くなって欲しいと相手のことを思っての行動ですから。
本当に嫌いな人間にはそんなことはしません。
なるべく関わらないようにして陰口を叩くでしょうね。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5796

「薬師寺涼子」の失敗

投稿者:冬至楼均
2004年07月04日(日) 00時08分

倉本さん、まずは初めまして。

> 涼子の基本的な設定って悪役と同じなんですよね。

以前に書きましたが、田中芳樹の小説は通常は悪役として扱われる立場の人間(でないのも一部いますが)を主人公として書くという手法で一貫しています。
問題はその手法が今回は全く成功していないと言うことですね。
はっきり言って主人公側に全く共感出来ません。むしろ倒される怪物の方に同情したくなるような。
「彼らだって生きるためにやっているんだ」

> あの人の立場の大部分は親の力で得たものです。
> 涼子が自分の力で得たものはキャリア警官の地位と多数の外国語を話せる能力です。

はい。これこそまさに私が言わんとした”醜悪”な部分です。

失敗した、のは涼子ではなく作者です。
念のため。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5797

パクリについて

投稿者:冬至楼均
2004年07月04日(日) 00時24分

> パクリ元といわれるリナにしろ美神にしろ

取り敢えず、パクリかどうかは置きます。
パクリでも上手く出来ていればありというのが私の意見ですから。
結論から言えば、勿論上手く行っていない、ですね。

で、実際にリナや美神と涼子の何が違うのか。
1)前者は金に汚く、後者はそれがない。
2)前者には怖いあるいは苦手な人(リナ→姉ちゃん、美神→六道冥子だっけ)がいるのに、涼子にはそれがない。
要するに涼子というのは欠点や弱点を取り除いたリナ・美神なんですね。
これは明らかに改悪です。

ただし、「女王陛下のえんま帳」において涼子の姉が登場しました。
涼子は明らかにこの姉を苦手にしているようです。
またしてもリナに似てきてしまったという気もしますが、涼子廃嫡の可能性も含めて改良の可能性も僅かながら見えます。
とフォローしておきましょう。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5798

Re:「薬師寺涼子」の失敗

投稿者:倉本
2004年07月04日(日) 04時22分

> 倉本さん、まずは初めまして。
>
> > 涼子の基本的な設定って悪役と同じなんですよね。
>
> 以前に書きましたが、田中芳樹の小説は通常は悪役として扱われる立場の人間(でないのも一部いますが)を主人公として書くという手法で一貫しています。
> 問題はその手法が今回は全く成功していないと言うことですね。
> はっきり言って主人公側に全く共感出来ません。むしろ倒される怪物の方に同情したくなるような。
> 「彼らだって生きるためにやっているんだ」
>
そうですかね。
私はいまいち涼子以外のそういう主人公が思い浮かばないのですが。
できれば他にどういう主人公がそうなのか具体例を挙げてください。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5799

Re:パクリについて

投稿者:倉本
2004年07月04日(日) 04時33分

> で、実際にリナや美神と涼子の何が違うのか。
> 1)前者は金に汚く、後者はそれがない。
> 2)前者には怖いあるいは苦手な人(リナ→姉ちゃん、美神→六道冥子だっけ)がいるのに、涼子にはそれがない。
> 要するに涼子というのは欠点や弱点を取り除いたリナ・美神なんですね。
> これは明らかに改悪です。
>
リナの姉ちゃんの場合は小説内には出てきませんのでふさわしくないと思います。
リナの回想シーンでは出てきますが具体的な登場人物として出てきてるわけではありません。
むしろ白蛇のナーガの方が例としてあげるにはふさわしいと思います。
そう考えると室町由紀子さんがもう少し強かったらよかったんではないでしょうか。
涼子が唯一人苦手とする人間で室町由紀子さんのいるところでは涼子は好き勝手なことはできない。
そういう存在としてなら室町由紀子さんにも存在意義があったでしょうし話の幅も広がったと思います。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5800

主役と敵役

投稿者:冬至楼均
2004年07月04日(日) 11時05分

> 私はいまいち涼子以外のそういう主人公が思い浮かばないのですが。
> できれば他にどういう主人公がそうなのか具体例を挙げてください。

これについては以前に旧名(dagger)で書いた(No. 5382)んですが、議論の相手に恵まれずに墓場入りしてしまいましたので改めて取り上げさせて戴きます。
「銀英伝」のラインハルトは帝位を簒奪する宰相、
これは敵役のヤンが上手く動いたので大成功。
「アル戦」のアルスラーンは兄の子を殺して王位を奪った王弟の息子でしかも彼自身は替え玉で王家の血を引いていない。
これは敵役のヒルメス王子側がやや駒不足で主人公側があまりに有利すぎる気がします。
そして「創竜伝」は人類の敵。
これは敵役となるべき人類側が弱すぎて破綻した為に大失敗ですね。

いずれも本来なら敵役に配される側が主役に抜擢されていますが、本来の主役の”生き死に”が作品の正否を分けているように思えます。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5801

対比の補足

投稿者:冬至楼均
2004年07月04日(日) 12時19分

> リナの姉ちゃんの場合は小説内には出てきませんのでふさわしくないと思います。
> リナの回想シーンでは出てきますが具体的な登場人物として出てきてるわけではありません。
> むしろ白蛇のナーガの方が例としてあげるにはふさわしいと思います。

わたしは「スレイヤーズ」には余り詳しくないんですが、ナーガはスペシャルの方のキャラでしたよね。
私は涼子+泉田警部補とリナ+ガウリィの対比で考えていたので、ガウリィ君のでてこないスペシャルだと対比関係が弱くなってしまう気がしますが。

> そう考えると室町由紀子さんがもう少し強かったらよかったんではないでしょうか。
> 涼子が唯一人苦手とする人間で室町由紀子さんのいるところでは涼子は好き勝手なことはできない。
> そういう存在としてなら室町由紀子さんにも存在意義があったでしょうし話の幅も広がったと思います。

私は室町警視の方が好きです。
それはさておき、この方は常識的な路線でもやはり敵役に成りやすい主役向きでないキャラだと思いますね。
別の所でも書きましたが、泉田警部補を巡って三角関係が発生すると少しは使えるんですけど、
やはり設定ミスですね。

まあ最大の問題は、冒険風ライダーさんの検証にもあった
「泉田準一郎の不幸ぶりが伝わって」こない点に有るのだと思います。
上司の悪事の尻ぬぐいをする訳でもなく、むしろそれに荷担している泉田警部補が「不幸だ」などと吐くのは納得出来ませんね。
薬師寺涼子は上司としては良い部類だと思いますよ。部下に責任を押しつけたりしないし。

と言う訳でこの枝をまだ続けるなら三人の部下(あるいは相方)達の対比を検証してみませんか?

board4 - No.5802

創竜伝~書き手が強すぎ?

投稿者:雪
2004年07月04日(日) 14時38分

子どもの頃アニメで創竜伝を見て、とても好きだったので、最近になって小説のほうを手に取りました。が。どうにも本にすんなり入っていくことが出来ず、結局2巻の途中で断念しました。
どうしてこんなに読みにくいのかと思い、よくよく読んでみると、「小説」のはずなのに、「筆者」もしくは「話し手」のキャラが強すぎるんですね。大学で、文学などを勉強していますが、作品内で「話し手」をどう置くか、というのも重要なポイントです。この作品の場合、主人公も敵も知らないことを筆者が言う。キャラではなく書き手が主張しすぎている感じがします。一般的な「小説」に慣れた私には非常に読みづらい作品でした。更に、
このサイトを拝見して、その読みづらさの要因には、思想等もからんでいると気づきました。大好きなアニメだっただけに、ショックです…。

稚拙な書き込みで申し訳ありません。なにか内容に問題があれば、削除してください。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5803

Re:主役と敵役

投稿者:倉本
2004年07月05日(月) 08時26分

> これについては以前に旧名(dagger)で書いた(No. 5382)んですが、議論の相手に恵まれずに墓場入りしてしまいましたので改めて取り上げさせて戴きます。
> 「銀英伝」のラインハルトは帝位を簒奪する宰相、
> これは敵役のヤンが上手く動いたので大成功。
> 「アル戦」のアルスラーンは兄の子を殺して王位を奪った王弟の息子でしかも彼自身は替え玉で王家の血を引いていない。
> これは敵役のヒルメス王子側がやや駒不足で主人公側があまりに有利すぎる気がします。
> そして「創竜伝」は人類の敵。
> これは敵役となるべき人類側が弱すぎて破綻した為に大失敗ですね。
>
> いずれも本来なら敵役に配される側が主役に抜擢されていますが、本来の主役の”生き死に”が作品の正否を分けているように思えます。
>

私はどれも違うような気がするんですが。
ラインハルトは微妙なんですが腐った大国を立て直す英雄としてみればよくある話だと思いますし。
アルスラーンは言ってることが矛盾してませんか。
王家の血を引いていないなら王弟の息子ではないでしょう。
だから兄の子を殺したことに関しては無罪です。
そもそもヒルメス王子が実は兄の血を引いていないし殺すことを望んだのが兄本人ですし。
大体アルスラーン以外にあの国の統治者としてふさわしい人間がいないんですから彼が王になって何の問題もないと思います。
ヒルメスは本編にも書かれてるようにアルスラーン即位の時点で異議を唱えずに国外に退去してますから即位を認めたことになります。
唯一の王家の人間が認めてるんですから問題ないと思います。
だからアルスラーンもやはり違うと思います。
創竜伝については人類の敵とは言えないと思います。
少なくとも連中は自衛しかしてませんから。
少しばかり過剰防衛気味ではありますけど。
そもそも人類の敵って自分で言ってるだけだし。
自分で言うだけでなれるなら誰も苦労しませんね。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5804

Re:対比の補足

投稿者:倉本
2004年07月05日(月) 08時41分

> わたしは「スレイヤーズ」には余り詳しくないんですが、ナーガはスペシャルの方のキャラでしたよね。
> 私は涼子+泉田警部補とリナ+ガウリィの対比で考えていたので、ガウリィ君のでてこないスペシャルだと対比関係が弱くなってしまう気がしますが。
>

でもやはり出てこない姉ちゃんはふさわしくないと思いますよ。
まだ本編キャラならそれこそガウリィの方がふさわしいと思いますよ。
出てこないんだから評価のしようがありませんから。
出てくるキャラから選ばないと対比以前の問題だと思います。

> と言う訳でこの枝をまだ続けるなら三人の部下(あるいは相方)達の対比を検証してみませんか?
>

それも面白いかもしれませんね。
それではやってみますか。
ただ私は涼子の奴は一巻しか持っていないのでこれについては詳しくありません。
それでもよろしいですか。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5805

Re:主役と敵役

投稿者:冬至楼均
2004年07月05日(月) 14時04分

取り敢えず固有名詞は外して考えて下さい。
「銀英伝」や「アル戦」は簒奪者を主人公とした話ですし、「創竜伝は」人類社会の脅威となる怪物を主人公とした話です。
単純化しすぎてますか?

「アル戦」については、以前の書き込み(No. 5382 常識と偏見)で「捻りを加えています」と言いました。
>ヒルメスは本編にも書かれてるようにアルスラーン即位の時点で異議を唱えずに国外に退去してますから即位を認めたことになります。
あの状況で異議を唱えても殺されるだけですよ。ヒルメスには彼を支持してくれる味方がいないんですから。
だから「敵役のヒルメス王子側がやや駒不足で主人公側があまりに有利すぎる」と言ったんです。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5806

Re:対比の補足

投稿者:冬至楼均
2004年07月05日(月) 14時19分

> でもやはり出てこない姉ちゃんはふさわしくないと思いますよ。
> まだ本編キャラならそれこそガウリィの方がふさわしいと思いますよ。
> 出てこないんだから評価のしようがありませんから。
> 出てくるキャラから選ばないと対比以前の問題だと思います。

主人公より強い人間が作中に設定されているか否かと言う話なんですが。
まあ、涼子の姉がでてきた時点でこの主張が覆っている可能性が高いので、これ以上の深追いはしませんけど。

「泉田君とガウリィはどちらが不幸か」
と言うテーマで知り合いと論じたことがあるんです。
もし興味があったら考えてみて下さい。

親記事No.5802スレッドの返信投稿
board4 - No.5807

Re:創竜伝~書き手が強すぎ?

投稿者:冬至楼均
2004年07月05日(月) 14時35分

> 稚拙な書き込みで申し訳ありません。なにか内容に問題があれば、削除してください。

別に稚拙とも問題が有るとも思いませんけど。
アニメ版ってどんな感じだったんでしょうか?
ご記憶の範囲で結構ですから、教えて下さい。

私としては思想等を抜きにしても無理のある設定だと思っていたのですが。

board4 - No.5808

作品批判ですか、私は違いますが

投稿者:ミッシェル・クワン
2004年07月05日(月) 16時33分

それは暖かい春の日だった。
男は公園で遊ぶ押さない子達を眺め、ひたすら妄想に耽っていた。
いつやらその至福のひと時を台無しにする声が聞こえてきた。

編:《先生ー、一大事でーす。》
レッドドラゴン:『何かね、騒々しい。朕の至福のひと時を邪魔できるほどの事なのだろうね』

編:《いえ、それは私のような愚者には判断しかねますが。とにかく一大事なのです。》
レ:『まあ言ってみたまえ、どうでもいい事だったら。・・・朕はショックで書けなくなるかもしれないよ。』

編:《実はですね。卑しくも先生の批判をしているサイトが見つかったのです。》
レ:『ほほー、それは珍しい、早速帰って見てみようか。まあ君も来たまえ。』

編:《先生、これですこのサイトです。》
レ:『どれどれ、・・・・なんだ君こんな取るに足らない事で朕の至福の時を邪魔したのかね。』

編:《な、何故でしょうか?私のような愚者には恐れ多くも取るに足らない事とは思えませんが。》
レ:『君、少しは頭を働かせたらどうかね、彼らは朕の聖典を読んでいる上で批判しているのだろ?実にすばらしい事ではないか
     批判の為に朕の本が買ったなら良し
     批判の為に朕の本を立ち読みされても良し、立ち読みされる     本、その事実こそが何も知らぬ他者が朕の聖典を手に取る要     因ともなる

     批判の為に朕の本を古本屋で買われても良し。古本屋でも売     れぬ本などこの世から消えてしまうだけだからな
  君、人に見向きもされない本など売れはしないのだよ。』

レ:『朕の従順な民達は幾つもの聖典を買い朕の教えを信じておる、批   判者も朕の教えを全面否定しておらぬ
   ただ朕の気に入らない部分を否定し書き込んでいるに過ぎないの   だからな。

   朕が気に入らないことを聖典にどれほど書いたかをよく読んでお   る朕はうれしいぞ』

レ:『小屋の中で吠えている犬と、飛び出してきて噛み付いてくる犬。    どちらが嫌かね君?
    いやいや良い時代だな噛み付いて来る輩が居ない時代。すばら    しいではないか

    朕も安心して自分の狭い小屋の中で吠えていられるというもの    だ』

編:《やはり愚者である私めには今ひとつ理解しがたいのですが。》
レ:『やれやれ、君は愚者の鏡だな。朕の信奉者達は朕に利益をもたら   し。小屋の中で吠える朕の批判者達は不利益よりも大きい利益を   もたらしてくれる
   これでどうして朕が困るのかね?朕は今まで通り信奉者達が望む   聖典を書き続ければよいのだよそれで万事がうまくいく』

編:《なるほど、先生は何も困らない訳ですな、先生が不特定多数の世   の民に見られる恐れのある神聖なる本に

   好き勝手に自分の意見を露骨に載せても批判された俗物どもは先   生が噛み付いたりしないのを知ってるから先生は相手にされない   のですね
   私めも納得しました、では先生が不安に思われる事はないのです   か?》

レ:『なにか違う気もするが、まあよい朕の2次元よりも広い心で許し   てやるぞよ。
   そうだな朕が不安なのは朕の聖典が有名になりすぎる事なのだ    よ、メディアなどで大々的に取り上げられたどうしようと日々恐   れておる
    朕の聖典それもタツノオトシゴ四兄弟がでる聖典ををそのまま    映画化でもしてみろインチキと見抜く賢明な輩が沢山いるだろ    う。特にオカマ評論家など酷く言うに違いない

    世の民られておる人達に批判されたなら、朕の民の中にも正気    に戻る者が多くでる可能性が高い。まずいと思わないかね君』

編:《ほほー、先生は小屋の中で吠える犬よりも。先生の信奉者の小屋   で吠えたり。「レ、早く昔に戻って今の作品ダメすぎ」と書かれ   たプラカード持って不買運動しながら町を歩いたり

   本屋で俺はこの本買わないなと、ぶつぶつ良いながら聖典を裏返   しにしていったり棚に反対に差し込んだりしてる奴らが恐ろしい   のでな
   そういった輩がテレビで取り上げられたりしたら、かなりまずそ   うですな一時的に売上が上がっても人々はインチキに気づいてい   くでしょうからな》

レ:『君、朕の話聞いてないのかね?それよりも大丈夫かね?君の言う   それらの方法は法に触れる可能性があるだろ。誰もそんなことし   ないよ

   今の状況でも批判者達の書き込みを見るあたり管理人に削除の要   請できる物もあるし
   朕に対する誹謗中傷と特定できそうな文面を知っていながら管理   人が削除しなかったとして

   朕の名誉が著しく傷つけれたと、裁判までいかなくても調停ぐら   いは開けるのだよ君
   調停から上手く裁判に持ち込めれば金がいくら要ると思うかね?   私には小銭にすぎんがね。
   まあそんなことはしないよ、朕にとって利益をもたらしてくれる   者たちだからね』

編:《作戦名キバヲツキタテロどうです?燃えてきませんか。先生がえ   げつない弁護士を雇おうが相手は気にしませんって争った事等な   いのですから》

レ:『君、話し聞いてないだろ・・。まあいい、朕はショックで筆が持て   なくなったので至福の公園に逝って来るよ
   二度とこんなくだらないことで邪魔をしないでくれたまえよ』

編:《・・・逝ったか。何が先生を変えてしまったのか。変わってしまっ   たのは確かだが訳がわからないな
   まあ、最後まで作品を書き上げてくれればいいんだけど、望み薄   かな・・・》

以上に書かれた事は全てメルヘンでのお話であり現実とは一切関係ありません。

あー疲れた。駄目だ出来もしないことをするもんじゃないな
文章が醜い、見にくいのはお許し下さい
最近このサイトを見かけまして楽しく見させていただいてます
感想として駄作を作ってみました。お目汚しにどうぞ

私の全作品よんだ意見としては銀英はかなり楽しめました。
それ以外は似通ってくるものが多く、作者の持ち味と言えば

それまでですが、最近感じてきたことは絵本作家と思えば
まあ楽しめるか。と思えてきました。続けて読んでいるのは
創龍とアルスラーンだけになりましたが、書き上げて欲しいです
精神的に幼少の頃読み始めた物語の結末ぐらいは知りたいものです。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5809

Re:主役と敵役

投稿者:倉本
2004年07月06日(火) 00時17分

> 取り敢えず固有名詞は外して考えて下さい。
> 「銀英伝」や「アル戦」は簒奪者を主人公とした話ですし、「創竜伝は」人類社会の脅威となる怪物を主人公とした話です。
> 単純化しすぎてますか?
>

はい単純化しすぎだと思います。
そういうくくりでいいならそういう作品は田中芳樹以外の作家の作品にも多数存在しています。
ですから田中芳樹の作品だけが特にそういう傾向にあるとはいえないと思います。

> 「アル戦」については、以前の書き込み(No. 5382 常識と偏見)で「捻りを加えています」と言いました。
> >ヒルメスは本編にも書かれてるようにアルスラーン即位の時点で異議を唱えずに国外に退去してますから即位を認めたことになります。
> あの状況で異議を唱えても殺されるだけですよ。ヒルメスには彼を支持してくれる味方がいないんですから。
> だから「敵役のヒルメス王子側がやや駒不足で主人公側があまりに有利すぎる」と言ったんです。
>

順序が逆です。
ヒルメスが支持を求めないから支持する人間が出てこないだけであって支持する人間がいないから支持されないわけではありません。
それにヒルメスを殺せばその時点でアルスラーンは完全な簒奪者になります。
そもそも何故アルスラーンのいるところで異議を唱える必要があるんですか。
国内の反アルスラーン派の貴族のところにでもいてアルスラーン即位と同時に異議を唱えればよろしい。
そうすればヒルメス側につく人間も出るだろうし。
そもそもアルスラーンが本当の簒奪者ならヒルメスは殺します。
この時点で自分の対抗者となる唯一の存在なんですから。
そうしないことからもアルスラーンは簒奪者ではないという事になります。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5810

Re:対比の補足

投稿者:倉本
2004年07月06日(火) 02時51分

> 主人公より強い人間が作中に設定されているか否かと言う話なんですが。
> まあ、涼子の姉がでてきた時点でこの主張が覆っている可能性が高いので、これ以上の深追いはしませんけど。
>

姉ちゃんがだめな理由は出てこないからリナの行動の歯止めにならないことです。
リナが姉ちゃんの存在を理由に何か行動を変えましたか。
例えばガウリィが姉ちゃんに言いつけるとか言ってリナの行動を変更させていたりすれば出てこなくても例に挙げるのにふさわしいと思いますけど。
姉ちゃんはいてもいなくてもリナの行動に変化はないのです。
そこが美神の六道冥子ちゃんと違うところです。
彼女は少なくとも存在が美神の行動を変化させていますもの。

> 「泉田君とガウリィはどちらが不幸か」
> と言うテーマで知り合いと論じたことがあるんです。
> もし興味があったら考えてみて下さい。
>

どっちもどっちじゃないですかね。
私はこの二人は全然違うと思いますけど。
ガウリィはリナの保護者(自称)で泉田君は涼子の被保護者。
ちょうど立場が正反対な気がします。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5811

Re:主役と敵役

投稿者:冬至楼均
2004年07月06日(火) 11時38分

> はい単純化しすぎだと思います。
> そういうくくりでいいならそういう作品は田中芳樹以外の作家の作品にも多数存在しています。
> ですから田中芳樹の作品だけが特にそういう傾向にあるとはいえないと思います。

出来れば、具体的な反証を挙げてください。
私の狭い知識で見つけられないだけかも知れませんから。

「アル戦」についての反論は場所を改めて行いたいと思います。

親記事No.5787スレッドの返信投稿
board4 - No.5812

ひとまずの結論

投稿者:冬至楼均
2004年07月06日(火) 11時48分

> 姉ちゃんがだめな理由は出てこないからリナの行動の歯止めにならないことです。
> リナが姉ちゃんの存在を理由に何か行動を変えましたか。
> 例えばガウリィが姉ちゃんに言いつけるとか言ってリナの行動を変更させていたりすれば出てこなくても例に挙げるのにふさわしいと思いますけど。
> 姉ちゃんはいてもいなくてもリナの行動に変化はないのです。
> そこが美神の六道冥子ちゃんと違うところです。
> 彼女は少なくとも存在が美神の行動を変化させていますもの。

街一つを魔法で破壊出来るリナがそれでも社会秩序の中に収まっているのは(作品上には登場しないけど)姉という抑制弁が存在するから。
だと思うのですが。
まあここの主旨から外れるのでこの話はこれで止めます。

> > 「泉田君とガウリィはどちらが不幸か」

> どっちもどっちじゃないですかね。
> 私はこの二人は全然違うと思いますけど。
> ガウリィはリナの保護者(自称)で泉田君は涼子の被保護者。
> ちょうど立場が正反対な気がします。

その程度の答えじゃネタを振った意味はないですね。
それにこの二人が似ていないとすれば類似性が薄れるんですが。
取り敢えず私が得た結論を簡潔に挙げて終わりにします。
横島=客観的には不幸だが、彼自身の主観では不幸とは言えない。
ガウリィ=そもそも不幸と感じる頭がない。よって幸福である。
泉田=本人が言い訳のように不幸を連呼しているが周囲の誰もそれを認めない。恐らく三人の中では彼が一番恵まれていると思う。

ご静聴ありがとう御座いました。

board4 - No.5813

ご質問。

投稿者:フリメール
2004年07月06日(火) 14時26分

 はじめて書き込みさせていただきます。
 興味深く拝見させていただきました。特に『創竜伝』の
「社会評論」批判の部分についての指摘は、なるほどと
思うものが多かったです。

 ただ、サイトを拝見して、1つ疑問が残りましたので、
できましたらご質問させていただきたいと思います。

 さて、私はFAQ3の
>当サイトの管理人は、過去、Web上に存在する多くの
>田中芳樹ファンサイトや、田中芳樹&田中作品の企画・
>編集・版権管理等を行っている株式会社「らいとすたっふ」
>などに対して、「田中芳樹を撃つ!」Webサイト設立の
>告知を行い、田中芳樹本人に対してもまた、創竜伝出版元の
>講談社を通じて、管理人の住所・本名・電話番号等を含めた
>当サイトの案内状を送付しております。

 から、「このサイトは田中氏から何らかのレスポンスを
もらうことも必要としている」と読み取ったのですが、
これは私の読み取り方が誤っているでしょうか。
 その場合は、以下は無視していただいて結構です。

 私の疑問は、「田中芳樹氏は匿名での批判については
反応しないと明言しているが、このサイトでかわされた
匿名の批判内容について回答を求めるのか?」という
ことです。
 単純に、田中氏は「匿名に対するレスポンスは拒否
する」ということを、作中で開示しているので、それに
ついてどうお思いなのか、疑問に思いましたもので。
(掲示板などで、田中氏がレスポンスを寄せないことに
疑問を呈する発言を読みました。よって、サイト全体の
傾向として、レスポンスを必要としていると思ったの
ですが・・・)

 長文申し訳ございません。ご意見を伺えましたら幸いに
存じます。

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加