4代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ148 (No.2682 - No.2702)

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2682

Re:せめてギスカールが…

投稿者:本ページ管理人
2002年09月08日(日) 15時39分

> 王弟にして将軍たるギスカール公爵。
> このキャラが、非常に惜しいところまで行っている気がします。
> かなり優秀なキャラクターなのに、それでもナルサスの掌の上というのが痛い。

同感ですね。もともとダリューン・ナルサスの飛車角が強すぎて、アトロパテネの大惨敗でもハンデが足りなすぎるくらいですからね。
ルシタニア側は、まるでヤンがいない同盟状態ですし。

田中芳樹のあとがき風に言うなら、「スープはもとの材料の味が読めてしまうことがあるものの、ベースのダシの配合は悪くない。しかし具とスパイスの配分を間違えてしまった」という感じかと(笑)

board4 - No.2683

速水右近うざい

投稿者:すす
2002年09月08日(日) 17時37分

速水右近うざい

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2684

Re:せめてギスカールが…

投稿者:蜃気楼
2002年09月09日(月) 03時07分

 第一部5巻までをを要約すると。

 パルス軍はルシタニア軍との決戦に破れ、首都を占領される。 残存勢力は王太子アルスラ-ンを旗頭にペシャワール城に集結。
 しかし、すぐに首都奪還に向けて行動を起こすことは出来なかった。シンドゥラの内戦に干渉し、トゥラーンの侵略を退けるも、その直後王都を脱出した国王の手によりアルスラーンは追放、この時ダリューン、ナルサスと言う得がたい人材をパルス軍は失う。

 こう書くとなんでパルス軍が王都を奪還できるのか判りませんな。

 6巻:南方の街ギランを瞬く間に勢力下に収めたアルスラーンはギランの財力を用いて兵を挙げる。

 7巻:王都奪還、アルスラーン軍対ルシタニア軍による最終決戦のリアリティーのなさは特筆モノ。三方ヶ原で家康が信玄に勝つようなもの。

 6巻~7巻のアルスラーン軍って金で集めた烏合の衆だと思うのですが。作者は「勇将の下に弱卒なし」の一言で済ませているのでしょうか?

board4 - No.2685

銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:Ken
2002年09月09日(月) 05時34分

銀英伝の中では、銀河帝国はドイツ語、自由惑星同盟は英語を使用している、という設定がされているようです。もともと同じ国の国民だったのが、わずか300年程度で、なぜ別の言語を話すようになったのか不思議で、これはこれで一つのトピックになるかもしれませんが、それよりも作品の随所に、銀英伝の人物たちは、英語でもドイツ語でもなく、実は日本語を話しているとしか思えない部分が出てきます。

例えば、フリードリヒ4世の死を報じるオーベルシュタインが、敬語を使わなかったことで、諸将が驚く場面がありますが(黎明篇、第10章-2)、そもそも「敬語」などドイツ語に存在するのでしょうか?非常に疑わしい。

とはいえ、ドイツ語に関しては、こちらの知識も皆無で、自信を持っての発言はできないので、ここでは取り上げません。それよりも、「英語」を使っているはずの同盟人の会話に、英語では絶対言えない表現が現れます。銀英伝には、漢字に英・独語のルビをふった言葉が輩出し、作者の外国語好きがうかがわれますが、その割には作者の英語の知識は貧弱なのでは。

(その1)
「こいつはおどろいた。君はかなり過激な無政府主義者らしいな」
「ちがいます。私は菜食主義者です」
(雌伏篇、第5章-4)

「無政府主義者」と「菜食主義者」。どちらも「主義者」を含むのを利用して、ヤンがネグロポンティをからかったわけですが、それは日本語だからできることで、「anarchist」と「vegetarian」では、そんな言葉遊びもできないでしょう。

(その2)
「こんにちは、ヤンおじちゃま、フレデリカお姉ちゃま」
(飛翔篇、第2章-4)

ヤンを傷つけたこの言葉を、シャルロットは正確にはどう言ったのでしょう。彼女がヤンを「Uncle Yang」と呼んだのなら、すごく自然なことです。子供が大人に親しく呼びかけるとき、敬愛を込めて「Uncle」、「Aunt」と言うのはごくありふれた言い方だからです。しかし、その場合、相手の老若は関係ありません。シャルロットにとっては、ビュコックもヤンもユリアンも「Uncle」だし、ビュコック夫人もフレデリカもカリンも「Aunt」です。つまりヤンとフレデリカを、呼び方では「差別」できない。

もし、「ユリアンお兄ちゃま」や「フレデリカお姉ちゃま」を「Brother Julian」とか「Sister Frederica」と言えば、二人は修道僧か、もしくはアメリカの黒人になってしまいます。(しかも、その場合でも、年齢は関係ない)

(その3)
「いつが誕生日だ」
「十五月三十六日」
「せこいうそをつくな!悪あがきをしやがって」
(落日篇、第2章-1)

英語の「月」は、一月、二月、三月・・・というカウントアップではなく、January、February、March・・・と、それぞれ固有の名前がついています。だから、ポプランが「15番目の月」と言おうとすれば、新しい語を発明し(例:Trecember とか)、それが15番目の月のことだと、アッテンボローに説明する必要があります。

これまでに気づいたのは上の3点で、もし銀英伝が英訳されることがあれば、必ず翻訳者を苦しめます。

結論:ヤンもラインハルトも、ユリアンもオーベルシュタインも、みんな日本語を話していたのです。

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2686

Re:アルスラーン戦記ここがダメ

投稿者:KUR
2002年09月09日(月) 05時36分

> それが最悪に出たのが創竜伝で、「俺達は正義じゃない」と言葉だけでは相対化しているものの、実際は敵の思考程度は田中芳樹(竜堂兄弟)の考えている「正義のネガ」に過ぎず、やっていることと言えば水戸黄門ばりの勧善懲悪ですからね。もし、あれで敵役にもっと深刻な正義があれば、あそこまで薄っぺらにはならなかったでしょうに…

銀英伝の面白さは主人公が両陣営に配置されているってところですよね。
七都市やタイタニアも同様で、そのおかげで善悪二元論のドツボにはまっていない気がします。

創竜伝でも「魅力的な敵役」というのは当然田中氏は考えたと思います。
田中氏のストーリーテリングの能力は十分ですから、
逆に思いつかない方が不思議です。

それでもなお出てこないのは、ひょっとすると
「右翼で軍国主義者のかっこいい役を作りたくない」という感情や、
「ためしにセリフを吐かせてみたら説得力がありすぎてこりゃやばい。」
といった事情があったりするんじゃないかと愚考する次第です(^^;

しかし、アルスラーンの敵役に優秀なキャラがいないのは謎です。
敵が強くて身内に裏切り者がいたりするマヴァール年代記は
けっこう緊張感がありましたし、
アルスラーン戦記でも敵にナルサスに匹敵する軍師がいたほうが
面白くなるのは間違いないと思うんですが。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2687

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:KUR
2002年09月09日(月) 05時45分

> これまでに気づいたのは上の3点で、もし銀英伝が英訳されることがあれば、必ず翻訳者を苦しめます。
>
> 結論:ヤンもラインハルトも、ユリアンもオーベルシュタインも、みんな日本語を話していたのです。

以前ネット上で、米国人ファンが翻訳した銀英伝の英語版を見たことがあります。
確か、二巻相当部分までしかなかったような気がするのですが、
「二〇代の将官」という部分を「二〇代で准将かそれ以上の階級の軍人」というように訳していたりとか、苦労の跡が見えました。
敬語とか呼びかけとかの意味をこめて訳すのは、確かに大変でしょうね。
特に、ラインハルトの一人称「私」と「予」と「俺」の使い分けは
非常に重要なので、翻訳者を死ぬほど苦しめると思われますな。

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2688

Re:せめてギスカールが…

投稿者:深草の少将
2002年09月09日(月) 06時16分

>  7巻:王都奪還、アルスラーン軍対ルシタニア軍による最終決戦のリアリティーのなさは特筆モノ。三方ヶ原で家康が信玄に勝つようなもの。

確かにあれもひどかった。2万5千かそこらの軍勢で10万の兵に勝っちゃうんだから。いくらルシタニア軍が弱いからってあれはやりすぎだろう。
まだしも追いつめられたギスカールなりヒルメスなりによってザッハークが解放されるという展開にしておけば、あそこまで物語が破綻しなかったと思うが……。
アル戦においては伏線の処理の仕方のまずさも目立つと思われ。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2689

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:IK
2002年09月09日(月) 07時36分

Kenさん、こんにちは。ご指摘、非常に興味深く拝見しました。言われて見ればまったくおっしゃるとおりで、無政府主義者と菜食主義者の対比、お兄ちゃんとお姉ちゃんという言い回し、十五月という言い方などは確かに日本語でしか不可能で、どうして今まで読み流してきたか、衝撃を受けました(笑)。
田中芳樹さんの文章は構文的に英語的な感じがするなあと思っていたものですから、翻訳者は仕事がやりやすいだろうと考えていたのですが、このような落とし穴があったのですね。これは翻訳者を相当苦しめそうですね。特に、お兄ちゃん、お姉ちゃんなんか、頻繁に出てきますし、割と重要な部分ですから。
お姉ちゃんについては例えば「ジェーンお嬢様」というような時、年齢や独身・既婚に関係なく Miss Jane ということがあります(まあ既婚者対しては滅多に用例はないですが)。ですから、独身時代からの流れで、シャルロット・フィリスがフレデリカを Miss Frederica と呼ぶことは可能です。ただ、基本的には大時代的な言い方なので、なかなか考えにくいのですが。「ユリアンお兄ちゃん」なんかはちょっとどういう言い方をしたのか、思いつかないですね。
銀英伝の時代は一度、銀河連邦時代を経由していますので、ドイツ語がそのままの形で共通語として残っているとは考えにくいですね。帝国で用いられているのは、一部の単語や固有名詞がドイツ語風に装飾された英語ではないでしょうか。で、同盟で用いられているのはそうした装飾を排した英語なのでしょう。
その英語自体も現代の米語とは大きく違うものと考えられます。例えば中国語などとのフュージョンの過程で、シンタクスや単語の影響が多言語から侵入したのではないでしょうか。
例えば英語しか用いない中国人同士が身内で集まれば、どうしても英語で目上、目下を区別しなければならなくなりますね。その必要性の中から、「お兄ちゃん」などという言い方もうまれていったと推定できます。
英語が共通語となっていく過程でピジンと言って、単純化が現に進行していますし、これからも加速するでしょう。今後、「~主義者」はすべて -ist 、暦月の名前はすべて序数で呼ぶ(これは septemmber,october,november,decemberがあるのでなかなか厄介ですが)ということが考えられます。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2690

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:吉良国 育生
2002年09月09日(月) 09時30分

> 例えば、フリードリヒ4世の死を報じるオーベルシュタインが、敬語を使わなかったことで、諸将が驚く場面がありますが(黎明篇、第10章-2)、そもそも「敬語」などドイツ語に存在するのでしょうか?非常に疑わしい。
>
> とはいえ、ドイツ語に関しては、こちらの知識も皆無で、自信を持っての発言はできないので、ここでは取り上げません。

 Ken様、敬語とは微妙に違うのですがそれに類似した物があります。
 英国海軍軍艦の事を一般にHMSと言います、これはHis(Her) Majestys Shipの略で、意訳すると「国王陛下(女王陛下)の船」という事になります。
 このように国王陛下の事を英語では、His Majesty the King(偉大なる王)と言い、ドイツ語ではEuer Majestat der Konigになります。
 欧州でも皇帝を呼び捨てた場合は、不敬に当りますので注意しましょう。

> (その3)
> 「いつが誕生日だ」
> 「十五月三十六日」
> 「せこいうそをつくな!悪あがきをしやがって」
> (落日篇、第2章-1)
>
> 英語の「月」は、一月、二月、三月・・・というカウントアップではなく、January、February、March・・・と、それぞれ固有の名前がついています。だから、ポプランが「15番目の月」と言おうとすれば、新しい語を発明し(例:Trecember とか)、それが15番目の月のことだと、アッテンボローに説明する必要があります。

 このようなギャグは欧米にもあります。
 英語の「月」は、そのほとんどが固有の単語ですが、九月以降はラテン語で七番目の月(九月)、八番目の月(十月)、九番目の月(十一月)、十番目の月(十二月)という意味になります。
 ラテン語は欧米の上級階級、知的階級に属する人々が知っておかなければならない知識の一つです(この辺は、戦前、日本の知的階級に漢語が普及していたのに似ています)、そして日本人には中々理解してもらえませんが、将校も知的階級に属します。
 十五月の場合は、ラテン語で「十三番目の月」と言えば通じます。
 もっもと、遥か未来までラテン語が生き残っているかは知りませんが(笑)。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2691

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:八木あつし
2002年09月09日(月) 09時40分

> 銀英伝の中では、銀河帝国はドイツ語、自由惑星同盟は英語を使用している、という設定がされているようです。もともと同じ国の国民だったのが、わずか300年程度で、なぜ別の言語を話すようになったのか不思議で、これはこれで一つのトピックになるかもしれませんが、それよりも作品の随所に、銀英伝の人物たちは、英語でもドイツ語でもなく、実は日本語を話しているとしか思えない部分が出てきます。

Kenさん、どうも。
Kenさんの言われる銀英伝世界の言語は日本語というのはその通りだと思います。ある意味、未来まで残る日本語は偉大です。
ところで銀英伝の世界の言語について、帝国=ドイツ語・同盟=英語を使用しているという記述はありましたっけ?
私の記憶では、「ファイエル」と「ファイアー」と帝国人のドイツ風名しか思いつきませんでした。

むしろ外伝4巻で、ヤンと帝国軍捕虜の老人が帝国公用語と同盟公用語
を使い、会話をしたことが問題だと思いました。
この場面が出てきたが為に、本伝で帝国人と同盟人が会話したときの言葉は、何語でどのように話したのか? ヤンは帝国語が苦手なのに、ラインハルトとの会談ではどのように会話をしたのか…、など本伝随所に疑問符がつきました。
結局私は、帝国語も同盟語も連邦時代の公用語が、方言のように変わっただけで、根幹は同じなのだろうと自分を納得させましたが。
しかし本伝では、両国の公用語に関する会話は出てこなかったのに、外伝4でそれを強調してどうするんでしょう?
田中氏は、外伝4の公用語を使ったシーンを本伝への影響を何も考えずに書いたのかな~としか思えなかったです。(^^;;)

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2692

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:優馬
2002年09月09日(月) 12時41分

> 結局私は、帝国語も同盟語も連邦時代の公用語が、方言のように変わっただけで、根幹は同じなのだろうと自分を納得させましたが。

昔「母を訪ねて三千里」のマルコ君がイタリア人であるにも関わらず平気でアルゼンチン(スペイン語圏)を一人旅するのを不思議に思ったことがあります。機会があったので、ラテン系言語に詳しい方に尋ねてみたところ、フランス語、イタリア語、スペイン語どうしでは「お互いに自分の言語でしゃべれば、だいたい何を言っているかはわかる」ということでした。マルコはきっとイタリア語で押し通していたんですね。(アニメではえらく流ちょうに喋っていたような気がしますが)

帝国公用語も同盟公用語も根は同じ言葉なんでしょうから、お互いに「言っていることはわかる」状態なんでしょうね。

(で、お互いに言葉について悪口を言い合っているんです、きっと。
「帝国ことばの尊大で時代遅れなこと!」
「同盟のことばってなんて野卑で汚いのかしら」
このへん、英語と米語の関係に似ているのかも。)

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2693

Re:アルスラーン戦記ここがダメ

投稿者:蜃気楼
2002年09月09日(月) 12時46分

 アルスラーン戦記において敵側に有能な人材が居ない理由ですが、1人でも有能な敵が居たらパルスは滅亡していたからだと思います。そのくらい当時パルスのおかれていた状況は絶望的でした。

 創竜伝に関しては勧善懲悪をやりたかっただけかなと思います。相手にも正義があることを理解した上で創竜伝を書いても重苦しくて爽快感がないと思います。
 深みのある作品だけじゃなくて軽い作品があってもいいんじゃない?理性をうまくごまかして読むぶんには面白い作品ですよ。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2694

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:Ken
2002年09月09日(月) 13時07分

皆様、

いろいろ勉強になるレスをいただき、ありがとうございます。

はじめに八木あつしさんの提議された問題についてですが、

>帝国=ドイツ語・同盟=英語を使用しているという記述
>はありましたっけ?私の記憶では、「ファイエル」と
>「ファイアー」と帝国人のドイツ風名しか思いつきませんでした。

アニメでは、帝国のドイツ語と同盟の英語が、はっきりと出てきますが、原作には、明確な記述はありません。ただ、「ファイエル」以外にも、

*アンネローゼがラインハルトへの手紙の末尾に「アウフ・ヴィーダーゼーン」といっている
*ラインハルトがヒルダを「フロイライン」と呼んでいる
*グリューネワルト伯爵夫人の「伯爵夫人」が「コンテス」ではなく「グラフィン」
*オーベルシュタインが「A」「B」を「アー」「ベー」と発音している
*黒色槍騎兵<シュワルツ・ランツェンレイター>
*疾風ウォルフ<ウォルフ・デア・シュトルム>
*禿鷹の城<ガイエスブルク>

等が、帝国がドイツ語を公用していることの証拠(?)だと思います。(はじめに書いたように、私のドイツ語知識はゼロなので、これらがどこまでドイツ語なのか、確信はできませんが・・・少なくとも英語でないことは分かります)

もちろん、IKさんが言われるように

>一部の単語や固有名詞がドイツ語風に装飾された英語

である可能性もあります。ただ、私の記憶が正しければ、「変異性劇症膠原病」になんだか馴染みのない、しかし英語でないのは確実な、ルビがふってあり(英語なら「variable ferminant collagen disease」)、こういう科学用語には、装飾は入らないはずなので、帝国の公用語はやはり英語とは違う何か、おそらくはドイツ語であるように思われます。

>欧州でも皇帝を呼び捨てた場合は、不敬に当りますので注意しましょう。

すると、オーベルシュタインは、「皇帝は後継者を定めぬまま死にました」と言ったのではなく、「フリードリヒは後継者を定めぬまま死にました」とでも、言ったのでしょうね。

それで思い出しましたが、故ダイアナ妃のことを英米の新聞が「ダイアナ」どころか、時には「ダイ(Di)」などと呼んでいましたが、あれは彼女が離婚して臣籍に戻ったからだったのでしょうか?

>十五月の場合は、ラテン語で「十三番目の月」と言えば通じます。

実は私もそう思って、最初の書き込みで「Trecember」などと例をあげてみました。私はラテン語は知りませんが、近縁関係にあるスペイン語で8は「Ocho」、9は「Noevo」、10は「Diaz」と英語の10月、11月、12月と関連しているので。スペイン語の13は「Tresse」です。

ポプランとアッテンボローのやり取りですが、私なら直訳でなく、多少アレンジして「翻訳」すると思います。

「いつが誕生日だ」
「十五月三十六日」
「せこいうそをつくな!悪あがきをしやがって」

"What is your birthday?"
"Trecember thirty six.”
"Tres...what do you say? What's that?”
"Trecember. Fifteenth month of a year.”
"Oh, stop it! Don't you see you're just making a fool of you?”

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2695

Re:アルスラーン戦記ここがダメ

投稿者:准提督
2002年09月09日(月) 13時24分

>  深みのある作品だけじゃなくて軽い作品があってもいいんじゃない?理性をうまくごまかして読むぶんには面白い作品ですよ。

という蜃気楼さまのご意見に同感です。実のところ、私はアルスラーンは高校時代に「ああ、よかった。めでたしめでたし」とすっきり読み終わってからほとんど読み返していませんでした(--;

情景描写とかはすごく良かったと思いますよ。エクバターナやらギランやらの繁栄は目に浮かぶように伝わってきましたから。

あくまで私個人の印象ですが、この作品は田中先生ご自身も軽いノリで描いていると思います。銀英伝のような重大なテーマもなく、単に勧善懲悪を基調に「アーサー王伝説のオマージュが書きたい」ってだけで、筆の進むままに書き連ねた、というところが真相ではないでしょうか。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2696

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:Zero
2002年09月09日(月) 15時46分

ぼくも、他の掲示板でこの話題が出た際に考えたことがあります。
基本として、恐らく銀河連邦時には英語ベースの「公用語」が定着
していたのではないかと思います。
そして、今ある言語くらいはローカルで残っているのではないでしょうか?
帝国建国時に、いちローカル語(恐らくドイツ語ベース)が「帝国公用語」
として採用されたとか。

ちょっと個別に。
(その1)
実は「超訳」だったりして・・・(^^;
言葉遊びのできる我々の知らないやり取りがあったんですよ、きっと。

冗談はさておき、IKさんの「『~主義者』はすべて -ist 」辺りが
しっくりきますね。

(その2)
この辺りは、文面で「ヤン」に呼びかけてると分からせるために
「ヤンおじちゃま」と表記しているだけで、
本人は「おじちゃま(Mister or Uncle)」と呼びかけてるだけかも。
で、その呼びかけに「年取った」ニュアンスがないと分かっていつつ
自分の原語イメージ(中国?)で違和感を憶えたのかもしれません。
#そういえば中国的には老成化はマイナスイメージなのかな?
 プラスな気もする・・・

あ。もしや、ユリアンやフレデリカはファーストネームで、
自分は「名字」で呼ばれることに疎外感を感じたのかも!!
・・・違うか。おじちゃま、おねえちゃまになんの関係もないし。

>むしろ外伝4巻で、ヤンと帝国軍捕虜の老人が帝国公用語と同盟公用語
>を使い、会話をしたことが問題だと思いました。

読んでいない分際でご返答するのも気が引けるのですが、
「通訳がいた」可能性は皆無でしょうか?
スタートレックのような、「翻訳装置」とか無いのでしょうしね?

>>欧州でも皇帝を呼び捨てた場合は、不敬に当りますので注意しましょう。
>すると、オーベルシュタインは、「皇帝は後継者を定めぬまま死にました」と
>言ったのではなく、「フリードリヒは後継者を定めぬまま死にました」とでも、
>言ったのでしょうね。
オーベルシュタインは肯定に対して敬意を抱いてないのでそのままで良いのでは?
だからこそ、周りがおどろいたのですし。

ちなみに他国民に「不敬」って適用されるのでしょうかね?
「失礼」なので気を付ける、なら納得いくのですが。

敬語について気になったのは、キルヒアイスのラインハルトへの言葉遣い
の変化に「ラインハルトが気付かなかった」と記述があった所です。

呼び捨てが、「さま」付けになれば幾ら何でもわかるだろ?、と。
実際のやり取り的には、文面全体やニュアンスで敬語的表現が
有ったのだろうと、自分では落とし所を決めましたが。

親記事No.2635スレッドの返信投稿
board4 - No.2697

Re:突然思いついた。 キルヒアイス反乱

投稿者:Zero
2002年09月09日(月) 16時26分

近親相姦はともかく、ヴェスターラント後のやり取りの件がありますからね。
「ラインハルトとキルヒアイスの正義が相反する」状況が
展開していった可能性は多分にあります。
アンネローゼの存在が隠し味になる要素は充分ですし。

結果はそれが発現せずにキルヒアイスが死んでしまったこともあり、
その「二人の意思の微妙なズレを修正するタイミングを永遠に逸した」
という後悔がその後のラインハルトのキルヒアイス評の全てになって
しまいましたが。
他の将帥やヒルダの「キルヒアイスが生きていれば」は常に帝国に
都合が良いシチュエーションに適用されるだけでしたし。

キルヒアイスが生き残った場合、その齟齬を修正できたのか、更に
拡大していったのかは興味が尽きませんね。
それこそラインハルトが望む「強い敵」になりえますし・・・

親記事No.2673スレッドの返信投稿
board4 - No.2698

Re:アルスラーン戦記ここがダメ

投稿者:ビンス・マクマホン三世
2002年09月09日(月) 16時56分

ついでに言えば、アトロパテネの前後にパルス国内の
保守派や、穏健派の優秀な人材って皆殺しにされたとしか思えません。
奴隷解放なんて政策が内紛も起こらずに一気に進めれるとは思えないのですが。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2699

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:IK
2002年09月09日(月) 22時32分

帝国におけるドイツ語表記といえば「三元帥の城」などもそうではないでしょうか。ちょっと調べるのが面倒なんですが、なんかいっぱいルビがついていたような気が。
それと前から思っていたのですが、「発射!」はファイエルではなくフォイエル、またはフォイアーではないでしょうかね。これも訛っているという可能性はもちろんあるのですが。
ロイエンタールが死んで、ミッターマイヤーが泣いているのをバイエルラインが目撃した時、「疾風ウォルフが泣いてるぜ…」と呟きますね。OVAではこの疾風ウォルフがドイツ語になっていたのです。いくらなんでも…と思いましたよ(笑)。英語ならまだしも、ドイツ語に堪能な日本人がそんなにいるんかいな(笑)。
英語とドイツ語というのは確かに同じゲルマン語に属するんですが、ロマンス語間のように疎通は簡単ではありません。それは英国がノルマン人の征服を受け、フランス語の影響を多大に浴びてしまったからなんですね。英語しか話さない英国人が普通のドイツ人の会話をそのまま理解できることはまずないのではないかと思います。
だから英語で話している国民に対していきなり今日からドイツ語を話しなさいというのはかなり無理があるんですね。というか殆ど不可能だと思いますが。ルドルフ大帝の強権を以ってしても、出来ますかねえ。支配者層でさえ最初はおそらく話せないんですから。
膠原病について言えば、カルテにはドイツ語で記載するという伝統がずっと続いている可能性があります(自分で言っていてかなり馬鹿馬鹿しい)。医師という特殊なギルドの秘められた符号として生き残っているのでは。あるいはドイツ語は生活語ではないにしろ、教養語として用いられている可能性もあります。帝国支配階級は民衆の前で、民衆に話を聞かれたくない時、ドイツ語を用いている(これはかなり妄想が入ってますね)ということも有り得ないことではないかと。

ところで銀英伝の英訳ってあるのでしょうか。ネット上でも構わないんですけど、あったら読んで見たいです。
田中芳樹さんは銀英伝をプロに英訳させてアメリカで売ればいいんですよ。あれだけの作品ですから、かなり売れるんじゃないでしょうか。そうすれば、新作を書かずとも、「らいとすたっふ」を食わせる経費くらいは充分捻出できるんじゃないでしょうか。「灼熱の竜騎兵」であんなセコい真似をしなくても。

> 皆様、
>
> いろいろ勉強になるレスをいただき、ありがとうございます。
>
> はじめに八木あつしさんの提議された問題についてですが、
>
> >帝国=ドイツ語・同盟=英語を使用しているという記述
> >はありましたっけ?私の記憶では、「ファイエル」と
> >「ファイアー」と帝国人のドイツ風名しか思いつきませんでした。
>
> アニメでは、帝国のドイツ語と同盟の英語が、はっきりと出てきますが、原作には、明確な記述はありません。ただ、「ファイエル」以外にも、
>
> *アンネローゼがラインハルトへの手紙の末尾に「アウフ・ヴィーダーゼーン」といっている
> *ラインハルトがヒルダを「フロイライン」と呼んでいる
> *グリューネワルト伯爵夫人の「伯爵夫人」が「コンテス」ではなく「グラフィン」
> *オーベルシュタインが「A」「B」を「アー」「ベー」と発音している
> *黒色槍騎兵<シュワルツ・ランツェンレイター>
> *疾風ウォルフ<ウォルフ・デア・シュトルム>
> *禿鷹の城<ガイエスブルク>
>
> 等が、帝国がドイツ語を公用していることの証拠(?)だと思います。(はじめに書いたように、私のドイツ語知識はゼロなので、これらがどこまでドイツ語なのか、確信はできませんが・・・少なくとも英語でないことは分かります)
>
> もちろん、IKさんが言われるように
>
> >一部の単語や固有名詞がドイツ語風に装飾された英語
>
> である可能性もあります。ただ、私の記憶が正しければ、「変異性劇症膠原病」になんだか馴染みのない、しかし英語でないのは確実な、ルビがふってあり(英語なら「variable ferminant collagen disease」)、こういう科学用語には、装飾は入らないはずなので、帝国の公用語はやはり英語とは違う何か、おそらくはドイツ語であるように思われます。
>
> >欧州でも皇帝を呼び捨てた場合は、不敬に当りますので注意しましょう。
>
> すると、オーベルシュタインは、「皇帝は後継者を定めぬまま死にました」と言ったのではなく、「フリードリヒは後継者を定めぬまま死にました」とでも、言ったのでしょうね。
>
> それで思い出しましたが、故ダイアナ妃のことを英米の新聞が「ダイアナ」どころか、時には「ダイ(Di)」などと呼んでいましたが、あれは彼女が離婚して臣籍に戻ったからだったのでしょうか?
>
> >十五月の場合は、ラテン語で「十三番目の月」と言えば通じます。
>
> 実は私もそう思って、最初の書き込みで「Trecember」などと例をあげてみました。私はラテン語は知りませんが、近縁関係にあるスペイン語で8は「Ocho」、9は「Noevo」、10は「Diaz」と英語の10月、11月、12月と関連しているので。スペイン語の13は「Tresse」です。
>
> ポプランとアッテンボローのやり取りですが、私なら直訳でなく、多少アレンジして「翻訳」すると思います。
>
> 「いつが誕生日だ」
> 「十五月三十六日」
> 「せこいうそをつくな!悪あがきをしやがって」
>
> "What is your birthday?"
> "Trecember thirty six.”
> "Tres...what do you say? What's that?”
> "Trecember. Fifteenth month of a year.”
> "Oh, stop it! Don't you see you're just making a fool of you?”
>

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2700

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:IK
2002年09月09日(月) 22時34分

あ、すいません。前の文章、おかしくなってしまいました。
削除ってどうやれば出来るのでしょうか。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2701

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:Ken
2002年09月10日(火) 01時04分

>「三元帥の城」

「ドライグロスアドミラルスブルク」でしたね。英語の「fleet admiral」をドイツ語で「グロスアドミラル」というのか・・・と思ったことがあります。

>ところで銀英伝の英訳ってあるのでしょうか。ネット上でも構わないんですけど

KURさんが紹介された英訳ですが、

ttp://www.ocf.berkeley.edu/~mac/translate.html

で、読むことができます。ただし、翻訳のレベルはあまり高いとはいえません。(どうも、間に中国語を挟んでの重訳のようです。)「敬語」を省いたオーベルシュタインの言葉ですが、

(原文)
「皇帝は後継者を定めぬまま死にました」
公然と敬語をはぶいたその言いかたに、ラインハルトとキルヒアイスをのぞく他の諸将が一瞬、愕然と息を呑んだ。

(英訳)
"The emperor had died without appointing a successor."
Under all these watchful eyes he had publicly omitted the respectful title; other than Reinhard and Kircheis, all the other admirals were amazed by his audacity.

いったい、どういう「respectful title」を省いたのでしょうね?

>「発射!」はファイエルではなくフォイエル、またはフォイアー

「fire」を翻訳ソフトにかけると「feuer」と出ました。「Reuenthal」が「ロイエンタール」なのだから、たしかに「フォイアー」の方がそれらしいですね。

>OVAではこの疾風ウォルフがドイツ語になっていたのです。

私は、原作を読む前にアニメを見たので、この部分はなんと言っているのか、分かりませんでした。:-)

>英語で話している国民に対していきなり今日からドイツ語を話しなさいというのはかなり無理がある

私は、台湾のことを思い出しました。台湾人はもともと台湾語しか使えなかったのが、日本の統治下では日本語が強制され、皆日本語が完璧にできたそうです。戦後の国民政府の支配下では北京語が強制され、今度は全国民が北京語をマスターしたことも聞きました。政府の強権をもってすれば、こういうこともできるのだと・・・。(ただし、台湾語が忘れられたわけではありませんが)

>支配階級は民衆の前で、民衆に話を聞かれたくない時、ドイツ語を用いている

そういえば、ロシア帝国の貴族は、日常フランス語を用いていた、と聞いたことがあります。また徳川幕府の旗本が使った「山の手言葉」も、本来の関東弁とはまったく別系統で、明らかに当時の京都弁をベースにしていますね。関東の庶民は、旗本同士の話が理解できなかったのでは。

>銀英伝をプロに英訳させてアメリカで売ればいいんですよ。

私は、銀英伝はアメリカでは商品化できないだろう、と現時点では考えています。理由を詳細に述べると、非常に長くなりますが、要点をいうと、

1.ラインハルト陣営の風俗・習慣・用語が、ナチスを連想させる
2.帝国はともかく、同盟まで人種的にかたよりがある
3.地球教とキリスト教の類似点

となります。

親記事No.2685スレッドの返信投稿
board4 - No.2702

Re:銀英伝は「日本語の世界」

投稿者:吉良国 育生
2002年09月10日(火) 02時13分

> ちなみに他国民に「不敬」って適用されるのでしょうかね?
> 「失礼」なので気を付ける、なら納得いくのですが。

 ご指摘有難うございます、仰るとうり不敬は少し違いますね、礼儀知らずあたりの方が適切でしょうか。
 ちなみに戦前の日本のように不敬罪という形で法整備されている場合は、たとえ外国人でもその国で何かやらかした時は捕まります(今の欧州に不敬罪を採用している国があるかは知りませんが)。

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加