4代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ404 (No.7601 - No.7626)

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7601

補足( ̄w ̄)y-~~

投稿者:えむけい
2007年04月30日(月) 10時16分

追記ですが

> 一気呵成につぶせるときに叩きのめし、さらに逃げてる連中を徹底的に追討し、その後の憂いをなくす殲滅戦を行う。これが「最小の犠牲で最大の効果を出す」ということです。
> 各個撃破はあくまでそのための手段に過ぎず、目的ではありません。

この辺のことはクラウゼヴィッツの「戦争論」で書かれていると思いますので、ろくでんさんが自前の理論を展開しようとも、普通はそう解釈されないということは先に言っておきますね。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7602

Re:『銀英伝』第1巻、P.214

投稿者:ろくでん
2007年04月30日(月) 10時34分

不沈戦艦さん、ろくでんです。

>  話を際限なく拡散させてしまい、収束しないようにしてしまうのは迷惑だとは思いませんか?
 すいません。パソ通時代の癖が抜けていま
せんでした。話が広がれば広がるほどニフテ
ィーに金が落ちる仕組みになっていたので知
らず知らずのうちにそういう姿勢が身につい
てしまったようです。

> 大して違いはありはしないのですから。
 なるほど、どんなに荒唐無稽でも娯楽作品
として成立していれば問題にしない。という
のがこの掲示板の設立意図だったのですか。
すいません。思い違いをしていました。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7603

傍から見ていましたが。

投稿者:清涼銀河
2007年04月30日(月) 12時03分

> > 大して違いはありはしないのですから。
>  なるほど、どんなに荒唐無稽でも娯楽作品
> として成立していれば問題にしない。という
> のがこの掲示板の設立意図だったのですか。
> すいません。思い違いをしていました。
この言いようはないと思いますが。

様々な方がこのスレッドでも指摘しておられますが、そもそもろくでんさまの提起された問題自体が、荒唐無稽で議題として成立していないのがそれこそ“問題”なんですが。

旭和さまの、

> 前提条件がクリアされていません。
> 戦力分散とは決して文字通りというわけではなく、
> 各戦力が完全にバラバラになっていて、
> 全体の作戦の連携が満足に取れない状態を指します。
という指摘に対して、満足に答えも返せず、

>フォークの抜けた穴がよほど大きかったのでしょうね
などと混ぜっ返しているろくでんさまには、他人を皮肉る資格などありはしませんよ?

せっかくですので、この前提条件の件に関しては、そちらの方にレスさせていただきます。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7604

Re:『銀英伝』第1巻、P.214

投稿者:清涼銀河
2007年04月30日(月) 12時16分

> 旭和さん、ろくでんです。
>
> > 前提条件がクリアされていません。
> > 戦力分散とは決して文字通りというわけではなく、
> > 各戦力が完全にバラバラになっていて、
> > 全体の作戦の連携が満足に取れない状態を指します。
>  アスターテと違って第10、第13艦隊間、
> そしてイゼルローン総司令部とも通信は
> 可能でした。その点では帝国艦隊と違い
> はないと思います。そうすると総司令部
> の指揮能力が問題となるわけで、フォー
> クの抜けた穴がよほど大きかったのでし
> ょうね(ア・バオア・クーでギレン総帥を
> 失ったジオン軍のように)。
第10、第13艦隊間、そしてイゼルローン総司令部との通信が可能だったから、どうだとおっしゃるんでしょうか。
まさか本気で、その点では帝国艦隊と違いはない、と考えていらっしゃるのではないでしょうね?

帝国側は、分散した艦隊間での通信が保たれ、ラインハルトの指揮の下、各々が作戦に従って、有機的に連携した行動を行う力がありました。
そもそも、同盟の補給の限界点を見切って、各艦隊が一斉に攻勢に出ることが出来たのが、連携した作戦行動が可能だったという証です。

翻って、同盟軍側はどうでしたか?
通信こそ可能だったものの、各艦隊の間での連携した作戦行動など不可能な状態で、それぞれが孤立していました。
結果、帝国領侵攻作戦の初戦で、戦力を残しつつ逃れえたのはわずかに三艦隊しかありませんでした。

どこをどうひっくり返せば、この二つの戦力の間をイコールで結ぶ事が出来るんですか?

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7605

Re:『銀英伝』第1巻、P.214

投稿者:不沈戦艦
2007年04月30日(月) 13時24分

> なるほど、どんなに荒唐無稽でも娯楽作品
>として成立していれば問題にしない。という
>のがこの掲示板の設立意図だったのですか。
>すいません。思い違いをしていました。

「掲示板の設立意図」ではなく、「作品を語るのに、その作品内で『事実』として扱われていることを、無視や否定したところで意味がない」と言っているんです。

 もうかなり経ちましたが、「移動要塞論争」というものがこの掲示板でありました(この件に関心があるのなら、ザ・ベストに収録されているttp://tanautsu.la.coocan.jp/g-kousatu03_a.htmlを参照して下さい)。古参常連の一人である冒険風ライダー氏が、「ガイエスブルグ移動要塞が存在する」「両端を帝国軍に封鎖されている状態でのイゼルローン籠城戦が、50年でも可能と平然と言っているヤン一党たち」という「作中事実」から、「イゼルローンも移動要塞に改造した上で、ヤン一党はそれによるゲリラ戦を帝国領内で敢行すべきだった。それをやろうともしなかったヤンも、シャフトの提案をイゼルローン攻撃に役立てる程度の活用しかしなかったラインハルトも、銀英伝世界における移動要塞の価値を全く分かっていなかった(ヤンとラインハルトは認識不足)」という主張を行ったものです。その中で、「(事実上)無限の自給自足能力があるイゼルローン要塞」ということを前提にして「イゼルローンを移動要塞にすれば、際限なくゲリラ戦が可能」と結論づけたのに対し、「既存の科学技術から考えれば、無限の補給能力などある筈がなく、そんなことは不可能だ!」と噛みついて来る人がかなり多かったんですよ。この反論、全く意味がないんですが(「作中事実」として「事実上無限の自給自足能力」と設定されているからです)、それでも「意味がない反論でしかない」ということが理解できず、「既存の科学技術」をタテに取って挑んで来る人が何人も出てきて、いい加減うんざりしたものです。

 ろくでんさんは、それと同じことをやってはいませんか?

board4 - No.7607

過去ログ更新のお知らせ

投稿者:冒険風ライダー
2007年04月30日(月) 14時08分

HP「過去ログ資料館」に、
「田中芳樹を撃つ!」4代目掲示板の投稿7251~7600番
「場外乱闘掲示板」の投稿637~711番
までをアップデート致しました。
過去ログをまとめて閲覧したい方は下記URLからどうぞ。

ttp://www.h6.dion.ne.jp/~weblog/

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7608

Re:好都合ほざいてんじゃねえ

投稿者:S.K
2007年04月30日(月) 17時08分

>  なるほど、どんなに荒唐無稽でも娯楽作品
> として成立していれば問題にしない。という
> のがこの掲示板の設立意図だったのですか。
> すいません。思い違いをしていました。

拙稿7569
>> 嫌いな作品だからと言って読み飛ばした挙句にデタラメで
>>誹謗するというのは方向性は違えど田中先生を上回る卑劣な
>>電波っぷりだと思います。

 これにどう答えるつもりなんですか電波で頭の悪い卑怯者の
ろくでんさんは。
 それとも上記がろくでん評の客観的最終回答としてよろしいか?
 なら別段これ以上お笑いもヨタもほざかなくて宜しい、というか
遠慮しなさい煩いから。

 論旨と主張ある反論は歓迎しますよ?

親記事No.7607スレッドの返信投稿
board4 - No.7609

更新のお知らせ

投稿者:
2007年05月01日(火) 07時24分

・ザ・ベスト

以上を更新いたしました。
冒険風ライダーさんのご協力に感謝します。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7610

Re:やれやれだぜ

投稿者:蜃気楼
2007年05月01日(火) 12時31分

>他の艦隊と比べればたいした生還率じゃないですか。

 そうですよ。それを否定したこともないし否定する気もありません。
 でも、無傷には程遠いですね。
 貴方は”無傷”と言ったんですよ?
 おぼえてます?
 見苦しい問題のすり替えですね、ああ、貴方の一般的傾向でしたね。

 それにしても全軍の2割以上を喪失しても”無傷”とはすごいですね。
 現代では”全滅”一歩手前の状況ですよ?
 心にゆとりのある上に思考回路がゆとり脳な方はさすがに違いますね。

>『防戦有利』の法則

 それ、防御側が陣地に立てこもっている場合の話ですから。(笑)
 艦隊戦には基本的に関係ありません。
 でないと、アスターテでラインハルトは実質6倍の敵を打ち破ったことになりますよ。(汗)
 法則ってのは常に有効と言うわけではないのでそこのところよく考えて使いましょう。

 そもそも『防戦有利』の法則でいうなら、帝国側が”攻撃”だということわかっています?

> あまつさえラインハルトはハナからゲリラ戦(ホームグラウンド
戦である事を活用したヒット&ウェイ)も考えているわけですし

 それは初耳です。漫画版かアニメ版の話ですか?

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7611

Re:『銀英伝』第1巻、P.214 まとめてみると

投稿者:えむけい
2007年05月01日(火) 12時55分

拡散しているようなのでここいらでまとめをしてみます。

当初合った話は

> > 遅まきながら兵力分散の愚に気づいたと見えます
>  兵力分散はラインハルトも同じだろ?いくら補給
> 不足で衰弱しているとはいえ、同盟が動員した八個
> 艦隊各艦隊に対して、バカ正直に配下の九個艦隊を
> 一個艦隊ずつぶつけてどうする?先鋒の第5、第10、
> 第13艦隊に対して三個艦隊ずつ割り振った方が効率
> がよかろうに。

でありました。
これについては「3倍の戦力を集中してまず同盟の3個艦隊を叩いて以後を迎えるより、全戦線での一斉攻撃の方がより大きな戦果を出せるので、集中策はこのケースではgoodな作戦とは言えない」というところに落ち着いたようです。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7614

Re:よっチャレンジャー

投稿者:S.K
2007年05月01日(火) 16時18分

>他の艦隊と比べればたいした生還率じゃないですか。
>
>  そうですよ。それを否定したこともないし否定する気もありません。
>  でも、無傷には程遠いですね。
>  貴方は”無傷”と言ったんですよ?
>  おぼえてます?
>  見苦しい問題のすり替えですね、ああ、貴方の一般的傾向でしたね。

 他が壊滅状態で同盟生還者の半数前後がヤンの部下でした
からね。
 比較論ってやつです。
 蜃気楼くんにはむずかしかったかな?
 オトナのごまかしとか言われてもこれは仕方ないかな、
ごめんねえ蜃気楼ちゃあ~ん(生暖かい笑い)。

>
>  それにしても全軍の2割以上を喪失しても”無傷”とはすごいですね。
>  現代では”全滅”一歩手前の状況ですよ?
>  心にゆとりのある上に思考回路がゆとり脳な方はさすがに違いますね。

 まあ蜃気楼さんレベルと違いをつけておかないと私さえ
優生保護法適用対象にされかねませんからねえ。
 そもそも7割強の兵員を生還させて全滅よばわりする
脳の足りない人と『いっしょ』だなんてやですよ、バッチイから。

>
> >『防戦有利』の法則
>
>  それ、防御側が陣地に立てこもっている場合の話ですから。(笑)
>  艦隊戦には基本的に関係ありません。
>  でないと、アスターテでラインハルトは実質6倍の敵を打ち破ったことになりますよ。(汗)
>  法則ってのは常に有効と言うわけではないのでそこのところよく考えて使いましょう。
>
>  そもそも『防戦有利』の法則でいうなら、帝国側が”攻撃”だということわかっています?

『帝国領侵攻』なんですから。
 蜃気楼さんは攻撃側が敵城の物見櫓1個とったら、そこで
『防御側』になるというオモシロイ持論ですか。
 信仰は人それぞれですがお布施とご利益の少なそうな教義
ですね蜃気楼教。

>
> > あまつさえラインハルトはハナからゲリラ戦(ホームグラウンド
> 戦である事を活用したヒット&ウェイ)も考えているわけですし
>
>  それは初耳です。漫画版かアニメ版の話ですか?
>
 てか原作の『隠密行動の後一斉攻撃』って露骨に大規模な
ベトコンとかアフガンゲリラの戦法によくある手法ですが。
 フランシス・ドレイク的海賊戦法と言っても良かったんですが
形容なんざロマン以外に大した意味もないですし明らかに脳の
悪そうな蜃気楼さんにロマンを説いた所でかえって虐待みたいな
モンですし、心優しいワタクシとしては忸怩たるものが
ありましたので。
 ま、蜃気楼さんのお脳の程度については事実は事実なので
心痛みつつも枉げる事なく表現するのが人の義務というもの
と思い仕方なく言ってますが。

 で、次は何を笑って欲しいんですか?
 リクエストがあれば笑い方にも趣向を凝らしても宜しいですよ、
ワタクシ根っからのお人よしです故。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7615

Re:よっチャレンジャー

投稿者:蜃気楼
2007年05月01日(火) 16時28分

>S.Kさん

> > >他の艦隊と比べればたいした生還率じゃないですか。
> >
> >  そうですよ。それを否定したこともないし否定する気もありません。
> >  でも、無傷には程遠いですね。
> >  貴方は”無傷”と言ったんですよ?
> >  おぼえてます?
> >  見苦しい問題のすり替えですね、ああ、貴方の一般的傾向でしたね。
>
>  他が壊滅ですからね。
>  比較論ってやつです。

 比較論?また磨り替えですか?(笑)
 貴方は”無傷”といったのです。
 ほかが壊滅とかは関係ありません。
 話を摩り替えないでください。

> >  それにしても全軍の2割以上を喪失しても”無傷”とはすごいですね。
> >  現代では”全滅”一歩手前の状況ですよ?
> >  心にゆとりのある上に思考回路がゆとり脳な方はさすがに違いますね。
>
>  まあ蜃気楼さんレベルと違いをつけておかないと私さえ
> 優生保護法適用対象にされかねませんからねえ。
>  そもそも7割強の兵員を生還させて全滅よばわりする
> 脳の足りない人と『いっしょ』だなんてやですよ、バッチイから。

 現代では3割の損害で全滅と言われますが何か?

> > >『防戦有利』の法則
> >
> >  それ、防御側が陣地に立てこもっている場合の話ですから。(笑)
> >  艦隊戦には基本的に関係ありません。
> >  でないと、アスターテでラインハルトは実質6倍の敵を打ち破ったことになりますよ。(汗)
> >  法則ってのは常に有効と言うわけではないのでそこのところよく考えて使いましょう。
> >
> >  そもそも『防戦有利』の法則でいうなら、帝国側が”攻撃”だということわかっています?
>
> 『帝国領侵攻』なんですから。
>  蜃気楼さんは攻撃側が敵城の物見櫓1個とったら、そこで
> 『防御側』になるというオモシロイ持論ですか。

 ええ、物見やぐらの攻防においては『防御側』になりますね。
 『防戦有利』の法則てのはあくまで、戦術レベルの話なんですよ。
 そして、戦術レベルでは、帝国が攻撃側です。
 そのレベルはさておき、「陣地」に攻撃を仕掛けるんですから。
 戦略レベルで『防戦有利』の法則が成り立つんなら世界はもっと平和ですって。
 マジノ線といえばわかります?

>  ところで好奇心で聞きますが蜃気楼さんのお母上はどんな病気
> を持った犬と新聞受けごしに番って蜃気楼さんを発生させたんですか?
>  いやあ生物学的に一応人間で通じるイキモノがどんな悪い病原体
> の悪戯でこうも頭悪く生成されるのか好奇心をそそるなあボク。

 S.Kサンのレベルがわかって非常に興味深い発言ですね。

> > > あまつさえラインハルトはハナからゲリラ戦(ホームグラウンド
> > 戦である事を活用したヒット&ウェイ)も考えているわけですし
> >
> >  それは初耳です。漫画版かアニメ版の話ですか?
> >
>  てか原作の『隠密行動の後一斉攻撃』って露骨に大規模な
> ベトコンとかアフガンゲリラの戦法によくある手法ですが。
>  フランシス・ドレイク的海賊戦法と言っても良かったんですが
> 形容なんざロマン以外に大した意味もないですし悪い病気持った
> 犬の遺伝子持ちの蜃気楼さんにロマンを説いた所でかえって
> 虐待みたいなもんですし、心優しいワタクシとしては忸怩たる
> ものがありましたので。
>  ま、阿呆は阿呆、蜃気楼さんは悪い病気持ちの犬と色情狂
> のおふくろさんとの間の低知能な愛の結晶という事実は事実
> なので枉げる事なく表現するのが人の義務というものなので
> こいつは仕方なく言ってますが。
>
>  で、次は何を笑って欲しいんですか?
>  リクエストがあれば笑い方にも趣向を凝らしても宜しいですよ、
> ワタクシ根っからのお人よしです故。

 ロマン!!便利な言葉ですね?(笑)
 いつ、「ゲリラ戦」をして、いつ「ヒット&ウェイ」したんですか?
 そもそも「ゲリラ戦」とか「ヒット&アウェイ」の意味わかってます?
 レトリックにしてもこれは酷い。(苦笑)

 人間は他者を攻撃する時自分がいわれたくないことを言う生き物ですが、(私もそうですし、)
 それがS.Kさんの場合「悪い病気持ちの犬と色情狂のおふくろさんとの間の低知能な愛の結晶」
 ですか。(笑)
 あのねS.Kさん、あなたの両親は最低のくずだったかもしれないけど、
 たいがいの人間はそこまで自分の両親を嫌ったりはしてないんですよ。
 覚えときましょうね?(苦笑)
 そもそも、いい大人が、「お前のかーちゃん、でーべそ」って・・・

 パ パ と マ マ の愛情が足りなかったのか、貴様?

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7617

Re:ああ人気者は辛い(笑)

投稿者:S.K
2007年05月01日(火) 19時12分

 今回は私の慈愛あるレスに対する謝辞がないみたいですが
どうしました?
 地がでましたか?などと思っていたら

>パ パ と マ マ の愛情が足りなかったのか、貴様?

 最後に『様』付けなんだもんな、もう、いけず(笑)。

> >  他が壊滅ですからね。
> >  比較論ってやつです。
>
>  比較論?また磨り替えですか?(笑)
>  貴方は”無傷”といったのです。
>  ほかが壊滅とかは関係ありません。
>  話を摩り替えないでください。
>
「比較的無傷で、かつ戦局の流れで黒色槍騎兵艦隊と1対1の状況
が成立すれば戦術的勝利もあった」
 この状況なら第十三艦隊「ほぼ無傷」くらいの形容はしますね。
 ああ「一兵の損失もなく」とか言っていたらそれは私の間違い
ですね、元文提示して下さればお詫びしますよ?

>  現代では3割の損害で全滅と言われますが何か?
>
「全滅と見て対応を考えた方が良い大損害かつ不利な状況」と
「実数での残存戦力の有無」がわかりませんかそうですか。
「3割の損害で全滅」と常識的に言っている軍事アナリストに
「7割程度の残存勢力なんかゼロに等しいよね」と聞いても
いつもどおり蜃気楼さんが嘲われて終わりなんじゃないですか?
 私が「敗戦を認めた上で7割の残存兵力の有効活用法の有無」
を聞けば結構真面目に取り合ってもらえそうですがね。

>  ええ、物見やぐらの攻防においては『防御側』になりますね。
>  『防戦有利』の法則てのはあくまで、戦術レベルの話なんですよ。
>  そして、戦術レベルでは、帝国が攻撃側です。
>  そのレベルはさておき、「陣地」に攻撃を仕掛けるんですから。

 道義的に言えば侵略上等な語主張で現実的に言えばなかなか
笑える冗談ですね、蜃気楼さんが言ったとも思えないくらい。
 いきなりの『占領部署』を有効活用できるほどの手腕があれば
そもそも同盟の帝国侵攻はああまでの不本意な結果になってやしませんよ。
 そもそも帝国軍は『奪回戦』をしている段階で攻撃側ではなく
今回は防御側だと理解できませんか?

>  戦略レベルで『防戦有利』の法則が成り立つんなら世界はもっと平和ですって。
>  マジノ線といえばわかります?

 ああ蜃気楼さんがナチス参謀だったんじゃないかと思うくらい
頭の悪い教条主義で攻撃側の数合わせにドイツが終始した結果
そのそろえた戦力がやたらと整備しにくいわソ連もドイツの
増員の隙に防御と対策を固めて結果『計略上勝てるはず』のドイツ
がソ連にボロ負けしたアレですか。
 知ってて蜃気楼さん程度の考察の人がいる様じゃヤンの信奉する
『歴史の教訓』も中々物悲しいものですね。
 ああ可哀想、ヤンが。

>
>  S.Kサンのレベルがわかって非常に興味深い発言ですね。

 これは文句無く私の品性下劣をお詫びいたしましょう。
 以後文面を残されるのはご自由ですが私の方からはお詫び
以外言及しませんよ?
 ご忠告もいただいたので。

>  ロマン!!便利な言葉ですね?(笑)

 私はそう思いますが蜃気楼さんまで無理につきあわなくても。
 縁がないというより理解できない概念でしょう?

>  いつ、「ゲリラ戦」をして、いつ「ヒット&ウェイ」したんですか?

 いや1巻後半の同盟全艦隊への同時奇襲とケンプあたりは
引き際が良すぎたあたりの一撃離脱ぶりで。

>  そもそも「ゲリラ戦」とか「ヒット&アウェイ」の意味わかってます?
>  レトリックにしてもこれは酷い。(苦笑)
>
「地形を最大限に活用しての奇襲」と言う意味合いを含んで
いない「ゲリラ戦」とか「最大打撃を与えつつ大局的相互連携
のため深追いをさける」のは含まない「ヒット&ウェイ」を
知らないのは確かですね。
 蜃気楼さんのえほんにどう書いてあるかは存じませんが幼い日
の私がそんなヨタ本にめぐり合わなかったのは僥倖と申せましょう、今日の蜃気楼さんがひょっとしたら自分だったかもと思うと
もうハズカシクテハズカシクテ。

>  人間は他者を攻撃する時自分がいわれたくないことを言う生き物ですが、(私もそうですし、)

>
 そうですねえ、この件については全面的に非を認めたという
事でひとつ。
 繰り返しますが蜃気楼さんが以後上記含む文面をご使用になって
鐘太鼓でお騒ぎになる事は自由であり当然の権利です。
 品性下劣と私の非を認めた以上のご要望については要応談と
させていただきましょう。

 これも書き直しという当たり大いに業の深さは反省すると
いたしましょう。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7618

Re:笑わせていただきました

投稿者:ろくでん
2007年05月01日(火) 20時27分

えむけいさん、ろくでんです。

> ここで切るのは臭いものに蓋をしてるとしか思えません。
 すみません。これもパソ通時代の癖で「引用は最小限に」
と散々指摘され続けたもので。

> WW2で航行中の船団の被発見率は「船団の大きさに比例しない。ほぼ均等である」というオペレーションリサーチが出ています。
 これは不勉強でした。ご指摘ありがとうございます。

> あと、考慮された結果、同盟側が帝国を上回る点を具体的にお願いします。
 同盟が航路を詳細に検討すれば帝国と同等の立場に
立てると判断しました。

> それで文句を付けられるのはとても遺憾ですね。
 これは自戒を込めての一文ですのでお気を悪くされたら
申し訳ありませんでした。

> 歴史の勉強、されたほうがいいですよ?
 教科書にはそんな細かいところまで載っていませんので。
これがヤンの言っていた「毛沢東のゲリラ戦略」ですか。空
軍はおろか砲兵の支援もなしに戦争するとはすごいですね。
ただ、攻城戦と機動戦をごっちゃにするのはいかがなものか
と。だからこそ私は#7584で「正規一個師団」と明記したわ
けです。検問を行っていないということは国民党は首都周辺
を制圧していたわけではなく、首都に篭城していたわけです
よね?そりゃ市街戦になれば砲兵の出番は少なく、歩兵戦力
の多寡が戦いを支配するでしょう。

> 最小の犠牲って言うのも手堅く各個撃破を狙えば、結果的に時間を掛けることになり、より死者数が増えるということにもなりかねません。
 何で戦力を集中させたほうが戦闘が長引くのですか?
これが理解できません。同盟艦隊を取り逃がして「戦争」
が長引くのは分かりますが。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7619

Re:『銀英伝』第1巻、P.214

投稿者:ろくでん
2007年05月01日(火) 20時29分

清涼銀河さん、ろくでんです。

> どこをどうひっくり返せば、この二つの戦力の間をイコールで結ぶ事が出来るんですか?
 通信は可能なのですから有機的連携をとるべく、総司令部に
指示を仰げばイコールになりませんか?

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7624

Re:笑わせていただきました

投稿者:S.K
2007年05月02日(水) 10時41分

えむけいさん、ろくでんさん、横レス失礼。

> > ここで切るのは臭いものに蓋をしてるとしか思えません。
>  すみません。これもパソ通時代の癖で「引用は最小限に」
> と散々指摘され続けたもので。
>
 意図が通じないなら「最小限」でさえないでしょう。
 パソコン通信時代というのは超能力者が断片情報から
全てを演算できた時代かお花畑の頭の人の手前勝手な
自己主張合戦時代にろくでんさんの言からは聞こえます。
 多分「また」ろくでんさんの「思い込み」なので
当時の関係各位に謝罪されてはいかがですか。

> > あと、考慮された結果、同盟側が帝国を上回る点を具体的にお願いします。
>  同盟が航路を詳細に検討すれば帝国と同等の立場に
> 立てると判断しました。
>
 そんな余裕があるならあと数ヶ月被占領惑星区と仲良く
やって民主主義の啓蒙を開始できていたでしょう。
 忌憚なく言えば「無理」ですよそれだけの時間稼ぎは。

> > それで文句を付けられるのはとても遺憾ですね。
>  これは自戒を込めての一文ですのでお気を悪くされたら
> 申し訳ありませんでした。
>
 ろくでんさんが「自戒」と呼んでいるソレは「手前だけの
好都合」「ダブルスタンダード」「ズル」という奴です。
 えむけいさんに謝るのも結構ですがこの掲示板で通産何回目
ですかいや本気で。

> > 歴史の勉強、されたほうがいいですよ?
>  教科書にはそんな細かいところまで載っていませんので。

「教科書は最低限の知識しか教えてくれないので『自発的に
資料から』学べ」、とえむけいさんはご教示下さっているのでは
ないですか。

> > 最小の犠牲って言うのも手堅く各個撃破を狙えば、結果的に時間を掛けることになり、より死者数が増えるということにもなりかねません。
>  何で戦力を集中させたほうが戦闘が長引くのですか?
> これが理解できません。同盟艦隊を取り逃がして「戦争」
> が長引くのは分かりますが。

「残兵の糾合」という状況が発生してかつ約五個艦隊強の戦力の
その『残兵』は今日のアムリッツァでの会戦相手としても
明日の『新生自由惑星同盟軍の基幹戦力』としても侮るべから
ざる数的敵性勢力たりうるからです。

親記事No.7508スレッドの返信投稿
board4 - No.7625

Re:笑わせていただきました

投稿者:えむけい
2007年05月02日(水) 13時42分

> > ここで切るのは臭いものに蓋をしてるとしか思えません。
>  すみません。これもパソ通時代の癖で「引用は最小限に」
> と散々指摘され続けたもので。

 パソ通時代に指摘されたことは直せても、今現在引用を適切に使ってほしいという指摘については直されないのはいったいなんでなんですか? 先日も同じことを僕以外の人に言われていましたよね? 覚えてないのですか?

> > あと、考慮された結果、同盟側が帝国を上回る点を具体的にお願いします。
>  同盟が航路を詳細に検討すれば帝国と同等の立場に
> 立てると判断しました。

詳細に検討してようやく「同じ」なんです。どこが上回っているのでしょうか?
そして、同じにするのに時間が必要なのもわかっていると思いますが、この状態でどうやれば同盟が帝国に勝てるとおっしゃれるのですか? 理解できません。

> > それで文句を付けられるのはとても遺憾ですね。
>  これは自戒を込めての一文ですのでお気を悪くされたら
> 申し訳ありませんでした。

--------
> > これ、1個師団とかのちゃちな規模の行軍じゃないですよ。
>  また銀英から話が離れていきますが、(--;
--------
これで自戒していると書かれるのでしたらどうしようもありませんね。

> > 歴史の勉強、されたほうがいいですよ?
>  教科書にはそんな細かいところまで載っていませんので。

細かいことを調べるのが勉強でしょう?

> これがヤンの言っていた「毛沢東のゲリラ戦略」ですか。空
> 軍はおろか砲兵の支援もなしに戦争するとはすごいですね。

紀元前から戦争は諸兵科連合で行われていることをご存じないようです。どうしたら砲兵の支援もなしに、と断言できるのでしょうか? 細かいことを書いていない教科書しか知らないんでしょ?

> ただ、攻城戦と機動戦をごっちゃにするのはいかがなものか
> と。だからこそ私は#7584で「正規一個師団」と明記したわ
> けです。

 この戦闘で、人民解放軍は外に出てきた国民党軍を野戦で撃破しました。攻城戦などまったくしていません。
 まったく僕の言ったことについて調べようともしていないことがよくわかりますね。

>検問を行っていないということは国民党は首都周辺
> を制圧していたわけではなく、首都に篭城していたわけです
> よね?そりゃ市街戦になれば砲兵の出番は少なく、歩兵戦力
> の多寡が戦いを支配するでしょう。

 ということで、まったく見当違いのことになっていますね。

> > 最小の犠牲って言うのも手堅く各個撃破を狙えば、結果的に時間を掛けることになり、より死者数が増えるということにもなりかねません。
>  何で戦力を集中させたほうが戦闘が長引くのですか?
> これが理解できません。同盟艦隊を取り逃がして「戦争」
> が長引くのは分かりますが。

 わかっているじゃないですか。3個艦隊の殲滅にかかる時間の事を指していません。「戦争」が長引くのです。なんで疑問に思うのですか? そのほうが理解できません。

board4 - No.7626

ヨブ・トリューニヒト の野望

投稿者:幽斎
2007年05月03日(木) 00時22分

 もしもローエンタールに殺されなければ銀河帝国初の首相になていた可能性があるといわれている彼ですがはたしてそれはどのような物だったのでしょうか。
 まず、第一に彼にはかつてのような人民からの厚い信望がありません。また、銀河帝国では、高級官僚ですが、かなり嫌われて
おり人脈もあまりありません。はたして、どのような方法で、銀河帝国を立憲制にするつもりだったのでしょうか。
 シナリオ1 地球教徒系の政党を作る。
 様々な方法で、地球教はラインハルト暴君化計画を考えています。ラインハルトを暴君にすれば、人民が苦しみ、地球教徒が増えると考えたようです。この目論み通り、地球教徒が勢力をのばし、それを利用してということでしょうか。現にトリュー二ヒト
は地球教徒を密接な繋がりがあるそうですい。ただ、本当に、ラインハルトが暴君になれば、彼なんか一発で処刑にされさいそうな。
 シナリオ2 ラインハルトに取り入る。
 人を惹きつける魅力なら、ルドルフ並の彼です。言葉の魔術で
上手くラインハルトを丸め込めるかもしれません。ラインハルト
を丸めこめれば、後はとんとん拍子なのですが。ラインハルトは
気性が激しいですから取り入るのが困難そう。
 シナリオ3 ラインハルトの重臣に取り込む。
 ラインハルトが駄目なら周りからどんどん取り込んでいけばいいのです。例えば、軍事政権のため地位が低くなってしまっている文官など。
 また、ラインハルトが作中通り若く死に、アレクが皇帝になれば武官の方にも色々、出てくるはずです。俺は、ラインハルトに
は忠誠を誓ったが、アレクには誓ってない、とう奴ですね。

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加