4代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ448 (No.8368 - No.8399)

親記事No.8345スレッドの返信投稿
board4 - No.8368

「人それぞれの正義さ」(ヤン・ウェンリー)

投稿者:S.K
2010年01月27日(水) 15時36分

> ただの500万の兵力で250億の人口を皆殺しに出来るなんて想像自体、僕には出来ません。

 イスラム過激派は出来ると信じているようですよ。
 そうでもなければ自爆やハイジャック特攻など出来るものでは
ないでしょう。

> 僕は実際マジで国防戦略会議にゲリラの提案がされたら、こういう反論をする位に大真面目に論じたつもりでしたが、ナンセンスですかね?

 正誤はともあれ世のゲリラやテロリストの「言い分」は
あまねく世界に発信され氾濫しています。

> 不真面目でいいんだったら、何の反論もしない。
> ただの笑い話に馬鹿が大真面目に受け取ってしまったくらいの話になるのですが。

 まあフィクション作品の考察である事は確かです。

親記事No.8345スレッドの返信投稿
board4 - No.8370

Re:「人それぞれの正義さ」(ヤン・ウェンリー)

投稿者:クラゲ
2010年01月27日(水) 16時58分

臆病者と笑いたければ笑えばいい。
実際に自分の選択した戦略に自分の命をマジでかけるなら、あのくらい手駒が揃ってないととてもじゃないけど怖くて出来ない。
まあ、それは人それぞれですね。
フィクションの話でむきになりすぎました。反省しております。

board4 - No.8371

サイト更新のお知らせ2010.02.01

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年01月31日(日) 15時10分

 サイトの更新を行いました。
 更新内容は以下の通りです。

田中芳樹を撃つ! | タナウツネット
・ RSSフィード(RSS1.0 & RSS2.0)導入
・ 過去ログ資料館の過去ログ圧縮ファイルに掲示板新規過去ログを追加
・ 田中芳樹を撃つ!考察シリーズの更新

奇説珍説博物館 | トンデモミュージアム
・ RSSフィード(RSS1.0 & RSS2.0)導入

山本弘トンデモ資料展2010年度版
・ 新規コンテンツ「mixi引き籠もり・山本弘のSF話カタログスレッド」を追加
・ 新規コンテンツ「山本弘の健忘症炸裂 テンプレート作品肯定論」を追加

唐沢俊一P&G博覧会
・ 「唐沢俊一ウォッチング用語集」に新規用語を追加

唐沢俊一P&G博覧会 唐沢俊一著書&連載コラム批評集
・ 新規コンテンツ「『唐沢商会のマニア蔵』検証 唐沢俊一の人生観」を追加
・ 新規コンテンツ「『お怪物図鑑』検証 何も知らない雑学王」を追加

board4 - No.8373

サイト更新のお知らせ2010.02.14

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月13日(土) 15時14分

 サイトの更新を行いました。
 更新内容は以下の通りです。

田中芳樹を撃つ! | タナウツネット
・ リンク登録検索エンジン(CC-SEARCH)導入
  それに伴い、「田中芳樹を撃つ!リンク集」の内容を全て「リンク登録検索エンジン」に移転、旧リンク集コーナーは廃止
・ リンク・オブ・ザ・ベストを「田中芳樹を撃つ!ザ・ベスト」コーナーより分離、専用ページを設置。

奇説珍説博物館 | トンデモミュージアム
山本弘トンデモ資料展2010年度版
・ コンテンツ「mixi引き籠もり・山本弘のSF話カタログスレッド」過去ログA/Bに新規投稿追加収録
・ コンテンツ「山本弘の健忘症炸裂 テンプレート作品肯定論」過去ログAに新規投稿追加収録

唐沢俊一P&G博覧会
・ 「部門別ガセビア作品賞」を「部門毎ζりビア作品賞」に改名し、「学歴その他経歴詐称疑惑検証部門賞」を追加
・ 「唐沢俊一ウォッチング用語集」に新規用語を追加

唐沢俊一P&G博覧会 唐沢俊一著書&連載コラム批評集
・ 新規コンテンツ「唐沢俊一ドンファン問題 疑問だらけの両刃使い」を追加
・ 新規コンテンツ「サリンジャー『追討』未遂事件 Twitter逆撃掃討戦」を追加

 本日より、田中芳樹を撃つ!では専用のサイト外リンク登録検索エンジンが導入されております。
 現在、リンク登録検索エンジンのカテゴリは田中芳樹および「と学会」関連のものばかりで構成されておりますが、要望等があればカテゴリの増設を検討致します。
 田中芳樹や「と学会」以外を扱っているサイトやブログについても、登録禁止&変更削除の条件に該当するものを除き特に制限は致しませんので、自前のサイトやブログをお持ちの方は、どうぞお気軽にご登録下さい。

board4 - No.8374

というか

投稿者:クラゲ
2010年02月16日(火) 14時26分

全ての議論は終わってしまったんじゃないですかね?
世界に無限な存在がある以上、ドラゴンボールみたいな戦いで、仮想戦記ですらありませんでした。みたいな
何でもアリから考えるならば、非現実的な考えならば何でも出来るから、いろいろおかしく見えるけれども、現実はそうではない、と。

まあ、アドホックな仮説がいくらでも許されるなら、反論出来る奴なんていやしない。
質問ばかりじゃあなく記述に基づいた反論をせよと言うが、実際、例えば製品がちゃんと機能するか、あらゆる使用方法の可能性を考えてから出荷するでしょう?
イゼルローンが動いた時にどんな事態が起きるかなんて作中の記述にはないんだから。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8375

言わんで宜しい

投稿者:S.K
2010年02月17日(水) 14時18分

> 全ての議論は終わってしまったんじゃないですかね?

銀英伝考察3 ~銀英伝の戦争概念を覆す「要塞」の脅威~
冒険風ライダー 2002/04/15 00:13

 元投稿から8年出遅れた人の科白じゃありませんな。
「過去ログを読んだ」との事ですが、それでどんな議論が
どれだけ展開されていたか読解力があればおよそ判ろうと
いうものでしょう。

> 世界に無限な存在がある以上、ドラゴンボールみたいな戦いで、仮想戦記ですらありませんでした。みたいな
> 何でもアリから考えるならば、非現実的な考えならば何でも出来るから、いろいろおかしく見えるけれども、現実はそうではない、と。
>
 前にも言いましたが貴方ご自身での論争要点8291,8292
に私の注釈8293と管理人さんの補足8296を「ルール」と
して議論する事に同意なさったのでしょうが。
 以降どちらがどれだけ箇条書きのルールからはみ出した妄言を
のたまっているか数えなおしては如何ですか?
 いい算数の復習になるでしょう。
 大体「何でもアリ」が「ドラゴンボール」ってどういう冗談
ですか?
 7つ集める努力も必要なら神竜の力の及ばない願いは叶わない
から登場人物が奮闘努力してるような世界、という程度の読み取り
さえできない程可哀想な読解力なんですか?

> まあ、アドホックな仮説がいくらでも許されるなら、反論出来る奴なんていやしない。

「取ってつけて」ないでしょう、作中の要塞の補給能力と3巻の
移動要塞の「概念」が合体すればここまで作品世界が危うくなる
破天荒が現実になる、という婉曲な原作批判が最初にあって
あとは「作中事実にそぐってこうなっちゃうね」という話で。

> 質問ばかりじゃあなく記述に基づいた反論をせよと言うが、実際、例えば製品がちゃんと機能するか、あらゆる使用方法の可能性を考えてから出荷するでしょう?
> イゼルローンが動いた時にどんな事態が起きるかなんて作中の記述にはないんだから。

 威張って言う事ですか、「ボキケータイもつかいこなせない
バカだからむずかしいソーゾーできないや、グヘヘ」という
みっとも気色悪い言い草が。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8377

Re:言わんで宜しい

投稿者:クラゲ
2010年02月17日(水) 16時03分

そうですね、突然何が起ころうとも、無限要塞で説明つきますね。作中事実かは怪しいが。
無限に物質が出現すること自体納得出来ませんが、それは過去に書き込んでいた人以上の説明をする自信はありません。

戦う必然性のない戦いがあったり、インフレの連続と言う意味でドラゴンボール。世界観は世代によって違うんですね。
実践する勇気はないけど、例の無限要塞を認めたとして。
それなら何で、帝国が要塞を完成させた時点で同盟を征服出来ないのさ?って話。
無限の資源が出現するなら、生産工場さえ作れば何万艦だろうが数十日あれば作れますよね?
仮に、1日100艦だとしても、100日で一万艦ですね。
まあ、元々同盟と比べて帝国は極端なまでに戦争がヘタだったで説明つくけど。
見つけられない云々だって、無限だって下はセリフが論拠でしょう?何でそんなことに気付かない連中のセリフをそこまで信頼するのかも解せない。
それだけじゃないよってレスもありますが、こう説明出来るってだけだと思いますが。
そもそも、どういう風に交渉するのを想定してますか?

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8378

懲りないあたりが馬鹿

投稿者:S.K
2010年02月17日(水) 16時30分

> そうですね、突然何が起ころうとも、無限要塞で説明つきますね。作中事実かは怪しいが。

じゃ、1巻のキャゼルヌの科白や7巻のヤンの科白を否定する
「作中事実」の記載をどうぞ。

> 無限に物質が出現すること自体納得出来ませんが、それは過去に書き込んでいた人以上の説明をする自信はありません。

「多大な星間物質を収集・精製していた」とか、「当座千年分の
備蓄はあるのでヤン一代で気にする必要はない」とか色々出てます
けどね。

>
> 戦う必然性のない戦いがあったり、インフレの連続と言う意味でドラゴンボール。世界観は世代によって違うんですね。

 銀英伝でいつ「戦う必要」がなくて、ドラゴンボールでどう
やって「強敵と闘う」以上のクライマックスが設定できるのか
説明不足。
 足りない頭で脊髄反射したって良い結論は出ませんよ。

> 実践する勇気はないけど、例の無限要塞を認めたとして。
> それなら何で、帝国が要塞を完成させた時点で同盟を征服出来ないのさ?って話。

「3巻では『真価に気付かない運用をしたから』」、それ以降は
「ラインハルトが『艦隊に随伴する無限補給港』という真価に
気付いていないから」と説明されているでしょうが。

> 無限の資源が出現するなら、生産工場さえ作れば何万艦だろうが数十日あれば作れますよね?

 自分で言っておいて「運用する人材」の問題はどうしました?

> 仮に、1日100艦だとしても、100日で一万艦ですね。
> まあ、元々同盟と比べて帝国は極端なまでに戦争がヘタだったで説明つくけど。
> 見つけられない云々だって、無限だって下はセリフが論拠でしょう?何でそんなことに気付かない連中のセリフをそこまで信頼するのかも解せない。

 事実5巻で帝国軍はヤン不正規隊のゲリラ補給妨害を迎撃できて
いませんし、1巻で文句言いながらキャゼルヌは8個艦隊分の補給
物資を適うべく短期間に用意してのけたからですよ。

> それだけじゃないよってレスもありますが、こう説明出来るってだけだと思いますが。

 貴方の説明より妥当性と説得力があれば、貴方に意義を唱える
筋合いはないでしょう。

> そもそも、どういう風に交渉するのを想定してますか?

 全部まともな形で理解できたら説明してあげますよ、
「はいはいステルスステルス」「はいはい虐殺虐殺」で嗜好停止
する脳細胞メモリの足りない知能の不自由な人に説明しても
労力に引き合いませんので。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8379

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:クラゲ
2010年02月17日(水) 17時25分

そりゃあ、他の人は賢明にも諦めてますからね。

ヤンが言ってりゃ何でも信じますか。
そりゃあ、作者もこんな反論は想定してないだろうから、明示出来る作中事実は用意してないでしょうね。
バーミリオンも回廊も戦う必要性はないじゃないですか。
例え捕捉出来なくても、数個艦隊でまとまって行動するなり、他は動かず、二個艦隊をハイネセンに送りこむなり。

人材云々を無視しているのはそちらでしょう?無視していいのならそうなるって話ですが。
それに、無限の資源やエネルギーが湧いてくるを気付かないの一言で済ますのは流石に無理があるでしょう。
千年分あるにしてもそうですね。艦隊が少ないのに物資だけが揃っていても。

交渉って一番重要ですよね?
理解というのはあなたの主張を認めた事を意味しますか?

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8380

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:S.K
2010年02月17日(水) 18時25分

> そりゃあ、他の人は賢明にも諦めてますからね。

 自らの賢明でなさを認める潔さは美徳です。
>
> ヤンが言ってりゃ何でも信じますか。

 少なくとも「銀河英雄伝説」はヤンとラインハルトで
歴史が回っているので、作中の分析・考察については
貴方の愚考よりは信頼しますとも。

> そりゃあ、作者もこんな反論は想定してないだろうから、明示出来る作中事実は用意してないでしょうね。
> バーミリオンも回廊も戦う必要性はないじゃないですか。
> 例え捕捉出来なくても、数個艦隊でまとまって行動するなり、他は動かず、二個艦隊をハイネセンに送りこむなり。
>
 やっと「そうなるだろうね」というスタートラインに立てました
か、今更ですがおめでとうございます。

> 人材云々を無視しているのはそちらでしょう?無視していいのならそうなるって話ですが。

「有限だから消耗しない戦いしかしない」というのが私の意見で
「使う人員も確保できないうちに艦艇を作る無駄をやらかす」のが
貴方の案です、どう演繹したら私の案からそういう愚昧な発想に
行き着くのでしょう?

> それに、無限の資源やエネルギーが湧いてくるを気付かないの一言で済ますのは流石に無理があるでしょう。

 事実作中で「気付いていない」、これに反駁できる作中事実が
あればどうぞ。

> 千年分あるにしてもそうですね。艦隊が少ないのに物資だけが揃っていても。
>
 軍用物資というのは、一つ稼動させるのに数個分のストックを
必要とします、何せ損耗品なので。

> 交渉って一番重要ですよね?

「交渉可能な時期」にはそうですね。

> 理解というのはあなたの主張を認めた事を意味しますか?

「私(S.K)が何を根拠にどういう理屈と展望を述べて
いるのか説明せよ」と言われて、私に合格点を貰える説明が
適ったなら「理解した」といつでも認めますよ?

 まあ分相応に「できるんじゃないですか?」とか投げやりに
言い捨てて頭悪く退散した方がこれ以上恥をかかなくていいん
じゃないかと忠告はしておきましょう。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8383

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:クラゲ
2010年02月18日(木) 03時04分

「有限だから消耗しない戦いしかしない」というのが私の意見で
> 「使う人員も確保できないうちに艦艇を作る無駄をやらかす」のが
> 貴方の案です、どう演繹したら私の案からそういう愚昧な発想に
> 行き着くのでしょう?
前から言ってるけど、兵力の配置の情報もない軍事施設を攻撃して何の被害も出ないと思ってますか?出ないように気を付けるだけじゃ説明になってません。

>  事実作中で「気付いていない」、これに反駁できる作中事実が
> あればどうぞ。
書いてないだけで気づいていないと断言出来ますか。
そうだとして、作った帝国も何十年も気付かない永久機関を、賢明なるヤンウェンリーは気付きました。そう言いますか。
だから、それってキラ云々とどう違うの?
>  軍用物資というのは、一つ稼動させるのに数個分のストックを
> 必要とします、何せ損耗品なので。
永久機関がないなら、千年分の物資がどれだけ経済を圧迫するかわからない訳じゃないでしょう?
後ろに自国の領土があるから、ある程度のストックを用意して、随時補給するのがより現実的でしょう?
> 「私(S.K)が何を根拠にどういう理屈と展望を述べて
> いるのか説明せよ」と言われて、私に合格点を貰える説明が
> 適ったなら「理解した」といつでも認めますよ?
作中人物のセリフを根拠に永久機関を想定して、無限の補給能力を生かして、ゲリラ戦を行い相手を交渉につかせるでしょう?
それで、外交を行えると?
まあ、あなたの田中芳樹が大好きなのはよく分かりました。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8384

結局、何が言いたいの?

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月18日(木) 10時12分

 結局、一連の議論であなたは一体何が言いたいのでしょうか?
 第二の長征に私が賛成している事実を直接突きつけられてさえ「ゲリラ戦こそが最上の戦略であると私が考えている」ことを前提とした批判を続けたり、銀英伝の作中キャラクターを貶めてまで私に反論したり。あなたの言い分が通ったところで何が達成できるのか全く意味不明ですし、後者に至っては銀英伝や田中芳樹に対して大変失礼な態度であると言わざるをえないのですけど。
 挙句の果てには、他ならぬ自分自身が同意したはずの議論の前提条件を、反論に窮した途端一転して潰しにかかり、さらにはその前提条件を元に、全く関係のないサイトの運営についてまで腐しまくる。やっていることはただの感情的なイチャモンでしかありませんし、あなたのヒステリックで内容皆無な衝動的短文投稿に付き合わされる私やS.Kさんにとってはいい迷惑です。
 脊髄反射で愚劣な電波投稿を乱発する前に、あなたは過去ログを1万回ほど繰り返し熟読した上で、そこでどんな議論が展開されていたかを改めて把握し直すことを強くオススメしますよ。あなたの言動は独創的ですらなく、過去に何度も繰り返された、ダブスタまみれの科学考証至上主義を売りにしていた移動要塞否定派の非常に悪い意味でのテンプレートな反応をそのままなぞっただけのシロモノでしかありませんのでね。

<そうですね、突然何が起ころうとも、無限要塞で説明つきますね。作中事実かは怪しいが。
無限に物質が出現すること自体納得出来ませんが、それは過去に書き込んでいた人以上の説明をする自信はありません。>

 「過去に書き込んでいた人以上の説明」ができず、脊髄反射的な投稿を何度も繰り返すというのであれば、そもそも投稿自体すべきではないですね。それはタナウツ掲示板の主旨にも反する一種の「荒らし」というものですし、それ以前に超低レベルな頭の持ち主を相手に既出な議論を何度も繰り返させられるこちらの身にもなってもらいたいものなのですが。
 それと、ロクな根拠も提示できず作中記述を引用することもできないくせに、「作中事実かは怪しいが」などといった言いっ放しで頭の悪い捨て台詞的タワゴトを喚き散らす行為も止めて頂きたいですね。「恐怖政治主義者に背を見せる訳には行かない」などと偉そうな御託を並べる前に、あなたはまず己の言動が他者に対して恥ずかしくないものになっているかについて何度も振り返ってみる必要性が確実にあるのですから。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8386

Re:結局、何が言いたいの?

投稿者:クラゲ
2010年02月18日(木) 12時31分

反論してた人も、キャラクターも馬鹿にしてまわったのは、あなたじゃないですか。あのゲリラ戦は間違っていたとも言ってないじゃないですか。
大体、それこそ無限の資源を想定して何が得られますか?
それにそんな風な指摘をしてくれた人にそんな泣きごと聞きたくないと言いましたよね。
その言葉をあなたにそのまま返します。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8387

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:S.K
2010年02月18日(木) 16時24分

> 前から言ってるけど、兵力の配置の情報もない軍事施設を攻撃して何の被害も出ないと思ってますか?出ないように気を付けるだけじゃ説明になってません。

「精鋭2個艦隊(黒色槍騎兵艦隊&ファーレンハイト艦隊)に
完勝できる戦力で遥かに手薄な弱敵に向かい移動、撃破する」
これでどれだけの被害がヤン不正規隊に出ると言うのです?

>
> 書いてないだけで気づいていないと断言出来ますか。

「書いていない」物は計算しませんね。

> そうだとして、作った帝国も何十年も気付かない永久機関を、賢明なるヤンウェンリーは気付きました。そう言いますか。
> だから、それってキラ云々とどう違うの?

「一世代前のフリーダムガンダムでそこそこ無敵だったキラが、
全大戦フリーダムの優秀なサポート僚機にして自分の初陣機だったエールストライクガンダムの同型機ストライクルージュで
30機のザフトMSにたこ殴りにされ、新型機ストライク
フリーダムガンダムに登場した途端包囲MSを2分で殲滅した」
メカニック的にでもキャラクター的にでも背景描写的にでも
この一連の流れに相応の理屈がつけられるなら多少その件に
ついては見直してもいいですよ。

> 永久機関がないなら、千年分の物資がどれだけ経済を圧迫するかわからない訳じゃないでしょう?
> 後ろに自国の領土があるから、ある程度のストックを用意して、随時補給するのがより現実的でしょう?

「敵地最前線の要塞」にそうホイホイ補給が出来ると考えるのは
貴方と、貴方のはすむかいの病室のフォーク元准将くらい
でしょう。

> 作中人物のセリフを根拠に永久機関を想定して、

 少なくとも私は「永久機関」を根拠にした覚えはありません。

>無限の補給能力を生かして、ゲリラ戦を行い相手を交渉につかせるでしょう?
> それで、外交を行えると?

 行わずに延々被害を出し続けるのは帝国にとって愚策だと
申しておりますがそう考えない根拠は?

> まあ、あなたの田中芳樹が大好きなのはよく分かりました。

 私は「銀河英雄伝説」「七都市物語」のファンですが、
電波小説「創竜伝」「薬師寺涼子の事件簿」まで好いた覚えは
ありません。
 謹んで貴方の理解力に「馬鹿以下」の評価を差し上げます。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8388

要は僻んだ恨み言が言いたい、と

投稿者:S.K
2010年02月18日(木) 16時52分

> 反論してた人も、キャラクターも馬鹿にしてまわったのは、あなたじゃないですか。

 あれは双方承知の論戦です、貴方ごときがとやかく言うところ
ではありません。
 キャラクターについては「恐るべき発見」を見過ごした、と
いう理由で「移動要塞論」を正とするなら気づかない
キャラクターは「迂闊」として扱っているだけで。

>あのゲリラ戦は間違っていたとも言ってないじゃないですか。

「第二次長征一万光年が最善」だと認めておられましたが、
いつ移動要塞ゲリラ戦を管理人さんが自己否定なさいました?

> 大体、それこそ無限の資源を想定して何が得られますか?

「劣勢なヤン側の恒久的ゲリラ活動実行力」ですよ、何回
言っても理解しない低い知能ですね。

> それにそんな風な指摘をしてくれた人にそんな泣きごと聞きたくないと言いましたよね。
> その言葉をあなたにそのまま返します。

 泣き言も何も貴方が「ウザい知的障害者じみた五月蝿い痴呆」
なのは事実です、認めて「より良い自分」を目指しましょう。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8396

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:クラゲ
2010年02月19日(金) 14時16分

冒険風ライダーさんが、自己否定してりゃあこんなスレ立てません。
ゲリラ戦は延々と絶えず攻撃してこそ意味があるんでしょ?
例え一回の被害が少なかろうと積み重ねれば、熟練兵は減って行くでしょう。
それに毎回成功するってのはあまりにヤンウェンリーの力量に頼りすぎ。
まあ、行動範囲を軍事施設のないド田舎に限定するなら話はわかります。
だとしたら、あなたは無人島を攻撃されたら慌てて軍事的に安全な地域に引越しますか?しないでしょう?
リスクを避けるならば攻撃出来るのはせいぜい田舎だから、それだけで交渉してくれると思いません。
治安維持能力のない国ならば、確かに交渉やらゲリラの政府も可能でしょうね。
しかし、治安維持能力のある帝国が対処出来ないとは思えません。
少なくとも、今のテロリストの怖さはアルカイダが一つの組織でないように、アメリカにとって対処しなきゃならない組織が増えて行く点にありますね。後、実行者が熟練兵でなくても良い点。使っているものは単純な兵器ですから。手に入れた爆弾の改造自体は技術者が作っているでしょうが。
フォーク准将大いに結構。声だけはかっこいいし。
その前提で話すならば、現実に照らし合わせてる事になるか?何かの役に立ったり、説得力のある批判になってるか?って意味ですよ。
今まで無限の実行能力がある前提で話して来たでしょう?
少なくとも、あなた方の戦略は永久機関なんて物が存在しないと成り立ちません。技術論を論じていた方々の書いていることがそのまま返って来ますね。
改めて書くと、動いても資源が持つ根拠は何ですか?
バレないように無人星系のどこかで補給するにしても、安全確保、調査、計画の作成、発掘、製品の生産、エネルギーの確保、五百万人の腹を常に満たす、警察や病院施設の運営など、その他諸々の事をたった五百万人でやらなきゃ行けないんですよ。
そうでないにしても、利益の大きい麻薬でも作るなりしないと。
民衆から集めるにしても、十分組織化してないと、それは困難ですね。列作らせて収集するわけにも行かないでしょう?
補給基地から略奪するのも、まとまった資材は警戒が厳しいから無理だし、少しずつ奪っても、使う方が補給よりも大きいってオチになる可能性もありますね。
だとしたら、同盟政府は戦艦の部品を千年分送った訳だ。そりゃあ、経済も破綻しますわな。
ちょっと到底考えられないですね。
結局、根拠地が必要になる。当然、行動範囲も制限されますね。
ところで、攻撃された地点から、根拠地を予測する数学モデルが実在しますが、銀河英雄伝説世界には存在しませんか?
後、あなたは書かれていない所から気づいていないって計算をしてますね。

皮肉くらい気づいて下さい。
掲示板に二次創作を乗せるなんて、どんだけ。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8397

何を目的に議論しているの?

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月19日(金) 14時44分

 で、結局「一連の議論であなたは一体何が言いたいの?」という前の投稿における私の質問は完全に無視されるわけですね。私の質問に対して、過去ログで散々既出な上に一定の回答も出ている質問で返すようなヘタクソな芸を見せているようでは話にならないのですが。
 私の移動要塞論に反対の声をあげている割には、早々に「回廊の戦いは肯定していない」と表明したり、銀英伝の作中キャラクターの言動を「何でそんなことに気付かない連中のセリフをそこまで信頼するのかも解せない」などと自ら率先して切り捨てたりといった言動を披露していたりするところを見る限りでは、銀英伝の作品擁護が目的ではないようですし、こちらが銀英伝世界を前提とした作品論を語っているところに「銀英伝のことなどどうでも良い、現実はこうなんだ」などと異なる前提を持ち出されても、何度も言っているようにこちらとしては迷惑もいいところなのですけどね。

<それにそんな風な指摘をしてくれた人にそんな泣きごと聞きたくないと言いましたよね。
その言葉をあなたにそのまま返します。>

 他ならぬ自分自身で同意したはずの議論の前提条件の遵守を、反論に窮したからといって一方的に反故にした挙句、逆ギレじみた科学考証至上主義的テンプレ反論を繰り出してきたアンタにそんなことを言われる筋合いはないですね。一体どちらが泣き言を並べているのやら。
 だから前の投稿でも述べましたけど、あなたは己の言動が他者に対して恥ずかしくないものになっているかについて何度も顧みる必要性が確実にあるのでしてね。他ならぬ自分自身のことなのですし、いいかげん理解しては頂けませんか?

<ゲリラ戦は延々と絶えず攻撃してこそ意味があるんでしょ?
例え一回の被害が少なかろうと積み重ねれば、熟練兵は減って行くでしょう。
それに毎回成功するってのはあまりにヤンウェンリーの力量に頼りすぎ。
まあ、行動範囲を軍事施設のないド田舎に限定するなら話はわかります。>

 熟練兵云々は別に移動要塞の有効性とは何の関係もないでしょう。作中の回廊の戦いやイゼルローン共和政府などでも同じ問題が当然のように付きまとうのですし、1回の戦いの損耗度はパーセンテージでも人数でも圧倒的に回廊の戦いの方が上です。「一度戦ったら大きな損害を受け、再起は不可能」という回廊の戦い当時のヤンやその後のイゼルローン共和政府が置かれていた状況に比べれば、熟練兵の激烈な損耗を回避し延命を図る、という点でも、ゲリラ戦への移行の方がはるかに上策なのは明白ですね。
 そして移動要塞側の行動範囲や消耗については、私はすでに以下の投稿で反論済みなのですが、
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_bd.html#8310
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_bd.html#8327
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_bd.html#8363
これに対するあなたからの「銀英伝の作品設定および記述に基づいたマトモな反論」が返ってきた形跡がないですね。現実世界の問題に話題をスライドしたり、ブチギレ対応したりしたレス投稿は行われていますが。
 銀英伝から記述ひとつまともに引用できず、相手の主張に正面切って反論することもできないくせに、バカのひとつ覚えのごとく銀英伝の作品設定や作中記述に反する現実世界の理論を、こと移動要塞論で滔々と語るのは止めて頂けませんかね? この移動要塞論で私はその手の手合いを何度も相手にさせられていいかげんウンザリしていますし、あなたの主張内容も反応もまるでクローンコピー製造されているかのごとく同一ときているのですから。

<その前提で話すならば、現実に照らし合わせてる事になるか?何かの役に立ったり、説得力のある批判になってるか?って意味ですよ。
今まで無限の実行能力がある前提で話して来たでしょう?>

 では銀英伝世界のワープ航法や超光速通信といった類の未来技術の存在について「現実に照らし合わせてる事になるか?何かの役に立ったり、説得力のある批判になってるか?」と少しでも考えてみたらいかがです? 作中で明言されている「銀英伝世界における要塞の自給自足能力」についてケチがつけられるのであれば、それらも当然同じように論じられなければなりますまい。
 政治的・戦略的な問題については、上でも述べたように私の方からはきちんと反論しているにもかかわらず、あなたが話題そらしとブチギレ対応に終始するから話が前に進まないのであって、それをあたかも私やS.Kさんに非があるかのごとく論じるのは笑止もいいところです。まずはあなたが私の当該投稿に対して「銀英伝の作品設定および記述に基づいたマトモな反論」を行ってからの話ですね。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8398

Re8396:管理人としての警告

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月19日(金) 14時47分

 これは移動要塞論争とは関係のない、管理人としての警告です。
 あなたは自分の投稿を削除しすぎです。特に一旦投稿した文章を「数時間以上経過した後に」削除して再投稿する行為は、ROMする人間および議論相手に対し大変な混乱を与えます。
 よって、あなたは今後当掲示板への投稿に際し、3時間以上掲示板に晒し続けた投稿の削除を禁止します。該当投稿は削除しても私の権限で復活させますし、それが続いた場合は「確信犯の荒らし行為」と見做し、アクセス禁止も含めた処置も検討します。
 今後同じことを繰り返さないよう、注意願います。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8399

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:S.K
2010年02月19日(金) 15時36分

> 冒険風ライダーさんが、自己否定してりゃあこんなスレ立てません。

 ああ失礼、そこの所は「管理人さんは移動要塞ゲリラ戦を次善
の策にしてるからまだやってる」と読み違えました。

> ゲリラ戦は延々と絶えず攻撃してこそ意味があるんでしょ?
> 例え一回の被害が少なかろうと積み重ねれば、熟練兵は減って行くでしょう。

 1巻キルヒアイスの補給妨害、5巻ヤンのゾンバルド輸送隊
攻撃あたりは「警戒の少ない相手への攻撃」の最たるものですが
それでどの程度の被害が出た物でもありますまい。
 現にこの仮定におけるヤン不正規隊とほぼ同数のキルヒアイス
分艦隊は輸送艦隊攻撃後にケンプ艦隊から脱出を果たしたヤンの
第十三艦隊に痛打を与えています。

> それに毎回成功するってのはあまりにヤンウェンリーの力量に頼りすぎ。

 じゃあバーミリオン前哨戦の補給妨害の実績は無視なさると
ほうほう。

> まあ、行動範囲を軍事施設のないド田舎に限定するなら話はわかります。
> だとしたら、あなたは無人島を攻撃されたら慌てて軍事的に安全な地域に引越しますか?しないでしょう?

 私は韓国の竹島不法占拠や中国の不法なガス田開発を腹立たしく
思っていますよ。

> リスクを避けるならば攻撃出来るのはせいぜい田舎だから、それだけで交渉してくれると思いません。
> 治安維持能力のない国ならば、確かに交渉やらゲリラの政府も可能でしょうね。
> しかし、治安維持能力のある帝国が対処出来ないとは思えません。

 どういう場所であれ、帝国に従わない軍事集団の横行を許して
いれば「治安維持能力のある帝国」とは呼ばれなくなります。

> 少なくとも、今のテロリストの怖さはアルカイダが一つの組織でないように、アメリカにとって対処しなきゃならない組織が増えて行く点にありますね。後、実行者が熟練兵でなくても良い点。使っているものは単純な兵器ですから。手に入れた爆弾の改造自体は技術者が作っているでしょうが。

「多数の組織」も「行動の起点も回帰点もわからない武装集団」
も、厄介さでは変わらないのと違いますか。

> フォーク准将大いに結構。声だけはかっこいいし。

 馬鹿の自覚に貢献できて何よりです。
 後は「古谷徹さんに痴呆の演技は出来る」けれど「痴呆は
古谷徹さんになれる」とか誤解なさらないと完璧ですね。
 無理かな、痴呆だし。

> その前提で話すならば、現実に照らし合わせてる事になるか?何かの役に立ったり、説得力のある批判になってるか?って意味ですよ。
> 今まで無限の実行能力がある前提で話して来たでしょう?
> 少なくとも、あなた方の戦略は永久機関なんて物が存在しないと成り立ちません。技術論を論じていた方々の書いていることがそのまま返って来ますね。

 別に「ヤン世代一代で使い切れない備蓄」でも「星間物質を
収集しての高効率自給システム」でもこの論は成り立ちますから。
 例えば現代でさえ原子力船舶は搭載人員、搭載機の補給を
無視すれば船舶自体は数十年単位で寄港の必要がありません。

> 改めて書くと、動いても資源が持つ根拠は何ですか?

「銀河英雄伝説」本編ならびに拙稿8923参照。

> バレないように無人星系のどこかで補給するにしても、安全確保、調査、計画の作成、発掘、製品の生産、エネルギーの確保、五百万人の腹を常に満たす、警察や病院施設の運営など、その他諸々の事をたった五百万人でやらなきゃ行けないんですよ。

 そういう設備は全部イゼルローンに整っている旨1巻に記述
されておりますし、軍隊というのは一つの閉鎖系社会システムを
構築できる様になっております。
 PX(売店)、保安係、医務室のない基地は存在しませんし、
そもそもそうやって一つのコロニー環境であるイゼルローンを
管理・運営して居住していたのがヤン不正規隊の前身である
第十三艦隊です。

> そうでないにしても、利益の大きい麻薬でも作るなりしないと。
> 民衆から集めるにしても、十分組織化してないと、それは困難ですね。列作らせて収集するわけにも行かないでしょう?
> 補給基地から略奪するのも、まとまった資材は警戒が厳しいから無理だし、少しずつ奪っても、使う方が補給よりも大きいってオチになる可能性もありますね。

 だから「イゼルローンにある特大の原子炉」で「ライフライン
及び生活必需品生産システム」は500万人分必要十分に稼動
すると1巻から描写されているのです。

> だとしたら、同盟政府は戦艦の部品を千年分送った訳だ。そりゃあ、経済も破綻しますわな。

 はあ?
 流石に何をどう誤読しての妄言か理解しかねます。

> ちょっと到底考えられないですね。

 あなたの読解力のなさと低知能ぶりはその通りですね。

> 結局、根拠地が必要になる。当然、行動範囲も制限されますね。

 いらない以下略。

> ところで、攻撃された地点から、根拠地を予測する数学モデルが実在しますが、銀河英雄伝説世界には存在しませんか?

 うまくいけばワープ突入時の重力偏差からの算出で、まあ数えられる程度の候補地の割り出しが出来る時があるかも知れない
ですね、ヤンが撹乱策をとらずいつまでもそのワープアウト地点
に留まっている何らかの根拠を帝国が見出しうる好機があれば。

> 後、あなたは書かれていない所から気づいていないって計算をしてますね。
>
 管理人さんがいくつもの例を挙げている通り、気づいていれば
何かに使わない方がおかしい発想なのです、これは。

> 皮肉くらい気づいて下さい。
> 掲示板に二次創作を乗せるなんて、どんだけ。

 ご自分の馬鹿さ加減くらい把握して下さい、考察と二次創作を
混同するなどどれだけ頭が悪いのか表現に困ります。

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加