4代目掲示板過去ログ

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ログ449 (No.8400 - No.8419)

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8400

Re:何を目的に議論しているの?

投稿者:クラゲ
2010年02月19日(金) 15時50分

すみませんね、何度も書き直し過ぎました。
正直言って、あの議論の仕方が気に食わなかったから。それに、決して良い方法だと思われなかったから、反論してます。読んでて腹立って仕方がなかったんですよ。この戦略で、どうしてこんな傲慢な物言いするのか?とか、仮説多過ぎじゃない?とか。
それでは、前言撤回します。あくまで有限な立場で、作中のヤンの性格を考えれば回廊の戦いしかなかったと思います。挑戦状叩き付けるとか。だってゲリラってめんどいし。
無限なら、まあ逃げますね。麻薬や小火器バラまくとか。
けれども、有限の世界のヤンが好きなので、そんな事しないで欲しいですね。
戦艦動かすのは素人には無理でしょう。
はじめて1ヶ月の奴と何年もやってる奴じゃ技術が全然違うでしょう?
簡単に沈められると思いますが。
逆に聞きますが、何の目的があって最初の投稿しましたか?

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8401

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:クラゲ
2010年02月19日(金) 16時45分

ヤンウェンリーは確かに優秀ですが、それでも常に成功する保証はないと思います。
それに、会戦目的のたった数回の会戦ではなく、いつまで続くか分からないゲリラ戦なのですから、同列に並べるのも変ですね。
偵察するだけでも、結構な数を失うでしょう。
それと、避難するか聞いてんですが。
イゼルローンだけ動いても仕方ないでしょう?
ライフラインが全自動だとかえって資源や人員の浪費に繋がるという結論がこのサイトにありますが、どうお考えですか?
しかも戦闘を行いながら。
それだけの資源を送っただけでも、経済的に結構キツいと思いますが。
星間物質を集める方法は無理と以前誰か言ってましたね。科学的考察をしないんなら、確立されていない技術を使うのはダメでしょう?
根拠地の話をしているのであってワープアウトの話はしてないですね。

使わないというのは常に存在しないと言う可能性があることをお忘れなく。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8402

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:クラゲ
2010年02月19日(金) 22時14分

論点をずらさないでくれますか。いつもの事だけど。
僕は能力があるかどうかの話をしてるんであって、どう思われるかの話はしてません。
決定的な違いは被害に対する深刻さだと何度言えば分かりますか?
兵士に持たせる兵器がハイテクで扱いが難しいほど、より被害は深刻になって行きますね。
後、ワープ云々は田中芳樹が明確に示していますが、無限云々は記述を下にしたあなた方の妄想に過ぎないですね。
移動手段の革命は起きるかもしれませんが、エネルギー保存の法則はずっと守られるでしょうね。
科学的考察至上主義だって間違ってないでしょう?
科学なしでどうやって計画立てるの?
運用上の問題を無視して考えるのは、フォーク准将もやってましたね。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8403

Re:何を目的に議論しているの?

投稿者:クラゲ
2010年02月19日(金) 22時31分

あなたのゲリラ戦理論とやらを実践しているだけです。
恥ずかしく思われているかどうか論じるならば、まずご自分の過去ログを誰かに見せて評価してもらったらいかがですか?とりあえず、僕は見てて腹立って仕方ないんですが。
現実に引き寄せて考えるつもりがないなら、価値観を否定するのは何故ですか?
作中世界の上では正しい価値観かもしれないですよね。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8404

Re8400/8403:特別サービスなレス

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月20日(土) 10時08分

<正直言って、あの議論の仕方が気に食わなかったから。それに、決して良い方法だと思われなかったから、反論してます。読んでて腹立って仕方がなかったんですよ。この戦略で、どうしてこんな傲慢な物言いするのか?とか、仮説多過ぎじゃない?とか。>
<あなたのゲリラ戦理論とやらを実践しているだけです。
恥ずかしく思われているかどうか論じるならば、まずご自分の過去ログを誰かに見せて評価してもらったらいかがですか?とりあえず、僕は見てて腹立って仕方ないんですが。>

 私の投稿にどんな感情を抱こうが、それ自体はあなたの勝手というものですが、だからといってそれが掲示板上で書き捨て連続投稿&削除の繰り返し行為を行って良い理由にはなりませんし、また一度同意した議論の前提条件を好き勝手に放棄して良い理由にもなりません。論には論で対抗すべきなのであって、荒らし行為を行ったり、自身の発言責任を放棄したりするのは最悪の選択です。
 それに、私の論調がああいう形になっているのは最初から確信犯でやっていることなのであって、移動要塞論争に限らず他の考察シリーズの批評や議論でも私は一貫して同じスタンスを取っていますし、その旨は考察シリーズFAQ他あちこちの投稿でも理由付で表明されているところです。その投稿を読んだ人が怒り狂ったとしても、それ自体は「私の意図通り」な反応でしかなく、私としては何ら恥ずかしいところも後ろ暗いところもありませんね。
 むしろ、怒りに任せて感情的な投稿を行った挙句、議論過程で論旨を何度もコロコロ変更して返り討ちに遭い醜態を晒すことの方がはるかに恥ずかしい話でしょう。そして、今のあなたが置かれている状況がまさにそれなのでしてね。

<それでは、前言撤回します。あくまで有限な立場で、作中のヤンの性格を考えれば回廊の戦いしかなかったと思います。挑戦状叩き付けるとか。だってゲリラってめんどいし。>

 ……ということは、私も賛同し、あなたも「ゲリラ戦より優れている」と評価していた「第二の長征」も全否定する、ということでよろしいのですね? そうやって自分勝手な都合で他ならぬ自分自身の発言および責任をないがしろにする態度こそが、私やS.Kさんにあなたが酷評される元凶になっているのですが。
 しかも「ゲリラってめんどいし」って、銀英伝5巻で「正規軍によるゲリラ戦」を演じ、回廊の戦いよりも優れた最善の方法として「人民の海」計画なる「ゲリラ戦の亜種」のごとき作戦を提示していたヤンの立つ瀬がないですね。第一、生きるか死ぬかの戦いに「めんどい」もクソもないでしょうに。

<逆に聞きますが、何の目的があって最初の投稿しましたか?>

 前の投稿でも述べましたが、その手の質問は過去ログでも何度か行われてそれなりの回答は行っていますし、田中芳樹を撃つ!FAQや考察シリーズFAQもあるのですから、人に尋ねるよりも前にまずそちらを参照すべきでしょう。私的には「何を今更」なレベルのシロモノでしかないのですけどね。
 まあ、私の質問に対して「腹立って仕方がなかった」などという、正直なのかバカなのか判断に迷う回答が得られたことに免じて、今回だけは特別サービスで銀英伝考察3の過去ログ内における該当投稿のURLを紹介しておきましょう。

ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ab.html#1750
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ag.html#1980
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_am.html#3649
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ao.html#3683

 あと、私ではありませんが不沈戦艦さんの投稿も、私のスタンスを十二分に代弁してくれておりますのでこちらも紹介。

ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ah.html#3517
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ai.html#3542
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ai.html#3544
ttp://www.tanautsu.net/kousatsu02_03_ak.html#3602

 これらの投稿を参照の上何度も読んで頂ければ、私のスタンスはあなたの頭の程度でも理解してもらえるのではないかなぁと思わなくもないかと考えられなくもないことも考慮できるかもしれないのではないかと類推しても良いのですが(笑)。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8405

Re:Re8400/8403:特別サービスなレス

投稿者:クラゲ
2010年02月20日(土) 11時49分

それで?僕がこの論争をやめる理由になるの?
あなたが勝つために何でもするべきだという言葉を実践しているだけですよ?
勝つためには民衆を虐殺するんでしょう?これ位当たり前でしょう?
相手にとって嫌なことをする人間が、自分はそういう事をされないとでも思いましたか?
どうもあなたは自分に都合が良いように考えすぎるくせがありますね。

僕が何を書いてるか理解出来ませんか?
無限の資源やらがない前提でそういったんですよ。
無限の資源があるなら逃げますね、という意見は変わりません。
それに、ヤンも百戦百勝のゲリラ戦は想定しなかったかも知れないですよね?
ヤン自身が何を考えていたのか正確には分からない訳で。

とりあえず、帝国側の心理は良く分かったでしょう?
相手は弱いと思っていて、しつこくうざいゲリラに交渉する気になるだろうか?
プライド的には受け入れ難いですね。
しかも、力やら理屈やらで抑えつけてきた人間は、復讐が怖いから負けを認める訳ないですよね。
しかし、負けを認めない限り延々と続く。
僕もヤンも実害ないんですから。
掲示板は罵詈雑言の嵐だから、誰も来なくなるし。
あなたの言うゲリラ戦なんてこんな物ですよ。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8406

Re:懲りないあたりが馬鹿

投稿者:S.K
2010年02月20日(土) 14時35分

 何と言いますか、削除に制限がかかった途端推敲もなく
複数投稿に恥ずかしげもなく移行するあたり、既に脊髄反射
さえできない腔腸生物の面目躍如という所ですね。

> ヤンウェンリーは確かに優秀ですが、それでも常に成功する保証はないと思います。

 前に「失敗する時は失敗する。それでも逃亡や戦場の選択肢
があるだけ『回廊の戦い』よりはまし」と言ってさしあげた事
がありますが、学習機能プラナリア以下ですね。
 大体その説でいけば「いつか帝国が追い詰める可能性」とて
同じ程度の確率でしょうに。

> それに、会戦目的のたった数回の会戦ではなく、いつまで続くか分からないゲリラ戦なのですから、同列に並べるのも変ですね。

 ゲーム脳ですか?
「補給を妨害し続けてローエングラム元帥府の将帥三人撃破
すればラインハルトと決戦」とかいう条件などありません。
 あれはただひたすら可能性を信じて時間の許す限りの挑戦
でしかなく、むしろ「ハイネセン到達」というタイムリミット
が設定されている分移動要塞ゲリラ戦よりはるかに精神的消耗
はきつかったでしょうに。

> 偵察するだけでも、結構な数を失うでしょう。

 どこのヘボ偵察隊ですか、それは。
 まず「発見されない」、それが偵察の第一義と知らないあたり
終わりまくってますね。

> それと、避難するか聞いてんですが。
> イゼルローンだけ動いても仕方ないでしょう?

 ガイエスブルグにケンプ・ミュラー両艦隊収納してきた訳が
ないでしょう、これも前に「随伴艦隊」という概念をご教示
差し上げた筈ですが。
 覚えの悪い頭ですね、捨てたら?

> ライフラインが全自動だとかえって資源や人員の浪費に繋がるという結論がこのサイトにありますが、どうお考えですか?

「全自動」ってアナタまさか、「全自動洗濯機」がアナタの
パンツまで脱がせて洗って履かせてくれるステキ機械だと
思ってるんですか?

> しかも戦闘を行いながら。

「戦闘を行いながら」できない事は「最前線防衛要塞」に何の
意味もありはしません。

> それだけの資源を送っただけでも、経済的に結構キツいと思いますが。

「ヤンの詭計による拾い物」であるイゼルローンから何送った
って「経済的に結構キツい」原因にはないません、その前段階
が考えなしなんです、それに気づかない貴方同様。

> 星間物質を集める方法は無理と以前誰か言ってましたね。科学的考察をしないんなら、確立されていない技術を使うのはダメでしょう?

「エーテル収集する」と思ってるトンマですか貴方。
「資源物質」や「元素」の採集くらいできない方があり得ません。
 宇宙がアナタの頭の中同様の素の「真空」ならもう星さえ
存在しませんから。

> 根拠地の話をしているのであってワープアウトの話はしてないですね。
>
 ではこう言いましょうか、「神出鬼没」を武器にするなら
「根拠地」などという固定座標が存在する訳ないでしょう、
馬鹿?

> 使わないというのは常に存在しないと言う可能性があることをお忘れなく。

「忘れている」可能性を今正に「忘れている」痴呆の方に
言われても。

> 論点をずらさないでくれますか。いつもの事だけど。

 では聞きたい文章を引用し、聞きたい内容を具体的に明示
する文章をまずアナタが書きましょう。
「壊死した細胞を内部に巻き込んで思考と行動の統制がとれなく
なったオモシロ食人生物」が書いたみたいな思い付きの羅列投稿
してないで。
 田宮良子先生が見たら「今食欲がない」けど斬殺されますよ、
このレベルじゃ。

> 僕は能力があるかどうかの話をしてるんであって、どう思われるかの話はしてません。
> 決定的な違いは被害に対する深刻さだと何度言えば分かりますか?
  ↑
 これなんか特に何に対しての発言か素晴らしいまでの文脈
ワープぶりでシャフト技術総監もビックリー(棒読み)の
レベルですね。
 まあ何であれアナタの心配なら杞憂でしょう、まず間違いなく。

> 兵士に持たせる兵器がハイテクで扱いが難しいほど、より被害は深刻になって行きますね。

「新機軸だがむしろ利便性は高い」新技術だけが残るものですし
兵装を扱えないで死ぬような兵士は靴紐が結べなくても死にます
よ、近未来のアナタよろしく。

> 後、ワープ云々は田中芳樹が明確に示していますが、無限云々は記述を下にしたあなた方の妄想に過ぎないですね。

 では当方が作中より明示された「補給に困らない」に対立する
「イゼルローンは~年で枯渇する」根拠ある『妄想』をお出しに
なれば宜しい。

> 移動手段の革命は起きるかもしれませんが、エネルギー保存の法則はずっと守られるでしょうね。

 でしょうね。
 それが?
 当方「永久機関説」には組しておりませんので。

> 科学的考察至上主義だって間違ってないでしょう?

「~至上主義」という融通のなさが既に間違ってます。

> 科学なしでどうやって計画立てるの?
> 運用上の問題を無視して考えるのは、フォーク准将もやってましたね。

 フォーク准将はむしろアナタの百倍考えてましたよ、何せ
百年から「侵攻すればそれを阻みに愚直に迎撃する」時代が
続いてその伝統に忠実だったわけですから。
 問題はアナタよりはマシにせよ「理解の及ばない、自分に
好ましくない現実」に対する対応のミットモナサな訳で。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8407

慈悲の心

投稿者:S.K
2010年02月20日(土) 15時01分

> それで?僕がこの論争をやめる理由になるの?

 いつ「論争」があったんです?
「ゲテモノのマヌケ踊り」にボランティアがおひねりを慈悲で
だしてるだけで。

> あなたが勝つために何でもするべきだという言葉を実践しているだけですよ?
> 勝つためには民衆を虐殺するんでしょう?これ位当たり前でしょう?

 アホに言うのもアレですが「貴公はヤン・ウェンリーでは
ない」。

> 相手にとって嫌なことをする人間が、自分はそういう事をされないとでも思いましたか?
> どうもあなたは自分に都合が良いように考えすぎるくせがありますね。
>
 自己紹介乙。

> とりあえず、帝国側の心理は良く分かったでしょう?
> 相手は弱いと思っていて、しつこくうざいゲリラに交渉する気になるだろうか?
> プライド的には受け入れ難いですね。
> しかも、力やら理屈やらで抑えつけてきた人間は、復讐が怖いから負けを認める訳ないですよね。
> しかし、負けを認めない限り延々と続く。
> 僕もヤンも実害ないんですから。
> 掲示板は罵詈雑言の嵐だから、誰も来なくなるし。

 いや、ここゲテモノ好きな好事家の方々多いですからアナタの
うすらみっともない醜態もちょっとした娯楽みたいなものです。
 第一帝国はヤンを捕捉できませんが、アナタがアク禁になるの
なぞ「指先一つでダウンさ」てなモンです。
 それよりかは「ママ~ン、ネットゴロがカシコイボキを
いぢめるの~ん、やっつけてぇ~ン、エ~ン」とかお母様に
泣きついた方がお菓子でももらえてイイんじゃあないですか、
アナタみたいな手合いには。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8408

Re8405:身体と精神と頭の状態、大丈夫ですか?

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月20日(土) 15時02分

<それで?僕がこの論争をやめる理由になるの?
あなたが勝つために何でもするべきだという言葉を実践しているだけですよ?
勝つためには民衆を虐殺するんでしょう?これ位当たり前でしょう?
相手にとって嫌なことをする人間が、自分はそういう事をされないとでも思いましたか?
どうもあなたは自分に都合が良いように考えすぎるくせがありますね。>

 ……あの~、大変申し訳ないのですけど、あなたは一体誰と会話しているのでしょうか?
 すくなくともレス元投稿主の私ではないですよね? 私はあなたに「荒らしはするな」「発言責任を放棄するな」とは述べていても「議論を止めるように」などと命じたりした覚えはありませんし(苦笑)。
 私に対する怒りのあまり、とうとう幻覚・幻聴の類まで発症するようになってしまったようですが、身体と精神と頭の状態は大丈夫ですか? こんなところで投稿作業に明け暮れていないで、とっととかかりつけの精神病院にでも駆け込んだ方があなたのためでもあると思うのですが。

<僕が何を書いてるか理解出来ませんか?
無限の資源やらがない前提でそういったんですよ。
無限の資源があるなら逃げますね、という意見は変わりません。>

 どこかの衝動的で無責任な携帯バカと違って、私はこの移動要塞論に関する限り、「無限の資源やらがない前提」とやらには賛同どころか最初から見向きもしておりません。これまで私が何を言っていたのか、疑問の余地なく全然理解できていないようで(笑)。
 それと、「有限の世界のヤンが好きなので、そんな事しないで欲しいですね」などと言っている時点で「無限の資源がある」などという前提はあなたの頭の中では成立していないも同然ですね。ほとんど唯一の合意事項だった「第二の長征」まで否定されるとは悲しい限りです(T_T)。

<とりあえず、帝国側の心理は良く分かったでしょう?
相手は弱いと思っていて、しつこくうざいゲリラに交渉する気になるだろうか?
プライド的には受け入れ難いですね。
しかも、力やら理屈やらで抑えつけてきた人間は、復讐が怖いから負けを認める訳ないですよね。
しかし、負けを認めない限り延々と続く。
僕もヤンも実害ないんですから。
掲示板は罵詈雑言の嵐だから、誰も来なくなるし。
あなたの言うゲリラ戦なんてこんな物ですよ。>

 えーと、あなたが私と掲示板に対して「帝国側の心理は良く分か」る一体何をしているのか、当の私は今もってサッパリ理解できないのですが(苦笑)。それこそ何の実害も今のところありませんし(爆)。
 ただ私に分かるのは、移動要塞の自給自足システムに相当する最強の武器が、銀英伝世界のヤンにはあっても、当掲示板上におけるあなたには全く備わっていないということですね。

 というわけで。
 最後に何か、言い残したいことがあったらどうぞ。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8409

Re:慈悲の心

投稿者:クラゲ
2010年02月20日(土) 18時08分

全部ひっくるめて言うと、
基地には、同盟はヤンの世代が困らないほどの資材を用意出来るような経済力と気前が存在し、
偵察すれば帝国にただの一つも発見されずに任務に有用な情報がもたらされ、
帝国はゲリラに対して対処出来ないほどの治安維持能力が存在せず、また交渉してくれるほどの広い心を持ち、
ヤンが逃げたいと思ったら何の被害もなく逃げられ、
いつ終わるか分からない戦いをずっと続けられるような、脅威的な精神力と集中力をイゼルローン軍は保ち続けられる訳だ。
見つからないのが偵察ですが、銀河英雄伝説の世界観では無理がありますよね?
姿をくらませる方法があるなら別だけど。第一、帝国は軍事基地周辺を情報与えないよう、パトロールの実行や前哨も置いていませんか?
現実では軍事基地の情報を如何に手に入れるか苦心しますが、銀河英雄伝説ではいとも容易く出来るって思っているんですね。
いっそ、無人艦にカメラ取り付けて飛ばしますか?
それとも、現実での偵察衛星に相当するようなものが存在しますか?
自分がヤンウェンリーと言った覚えはないですね。
延々と続く嫌がらせが相手に譲歩を引き出せると言うのは、事実そうではないと言っているのです。
アクセス禁止したければ、どうぞご自由に。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8410

Re:Re8405:身体と精神と頭の状態、大丈夫ですか?

投稿者:クラゲ
2010年02月20日(土) 18時33分

まあ、荒らしに該当するような事をしてしまったり、前提をひっくり返したのは事実ですね。作中事実を都合の良いように解釈して罵倒するような事はしてないつもりですが。
僕の目からは、当時のあなたの方が荒らしに見えますね。
あなたがご自分の事をどう思っているか興味深いですね。
仮にある前提ならば、そうだと申し上げたまでです。
いっそのこと、無限要塞の理屈が納得が行くかどうか、理由付のアンケートでもとられてはどうですか?
一番いいのは書いた本人に訪ねることですが。
アクセス禁止でもされない限り、延々と書き続けられますね。

親記事No.8374スレッドの返信投稿
board4 - No.8411

Re:Re8405:身体と精神と頭の状態、大丈夫ですか?

投稿者:クラゲ
2010年02月20日(土) 19時57分

後、僕は以前にも言いましたが無限に生産出来るならば、数十年も戦線膠着状態なのはおかしいですよ。
1日で少なめに想定して100も生産出来れば、一年間で36500になります。
十年で36万5千ですよ。しかも、イゼルローンだけで。
これだけ数が揃っていれば、プログラム組んだ無人艦隊だとしても十分脅威でしょう?
無人艦隊だけで編成してれば確かに負けるかも知れないですが、そうとは限らないでしょう?

board4 - No.8412

HN「クラゲ」のアクセス禁止のお知らせ

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月21日(日) 15時00分

 個人的な私怨を晴らす目的から「田中芳樹を撃つ!掲示板」の趣旨にふさわしくない投稿および荒らし行為を行い、今後も「田中芳樹を撃つ!掲示板」の運営に障害を与える活動を継続する意思を表明したことにより、HN「クラゲ」に対するアクセス禁止の措置を行いました。
 「田中芳樹を撃つ!掲示板」では本投稿時間より、「場外乱闘掲示板」はそれより1日の猶予時間を置いてアクセス禁止を実施します。
 なお、今後のHN「クラゲ」に関する話題は「田中芳樹を撃つ!掲示板」の議論に寄与することのないネタとして扱いますので、この話題を続けたい方は「場外乱闘掲示板」にて行って下さい。
 今回の措置に意見がある場合も「場外乱闘掲示板」にて受け付けます。

以上。

親記事No.8412スレッドの返信投稿
board4 - No.8414

書き込み削除のお知らせ

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月23日(火) 09時54分

 以下の投稿を「場外乱闘掲示板」へ転載の上、管理人権限により削除しました。

8413 削除してください ROMしてる人 2010/02/23 09:30
nwtfa-04p3-154.ppp11.odn.ad.jp

 繰り返します。
 HN「クラゲ」に関する話題を続けたい方や、今回の措置に対する異論や意見がある場合は「場外乱闘掲示板」にて行って下さい。
 以後、上記該当投稿と同種の投稿があった場合も「場外乱闘掲示板」へ転載した後で削除します。

board4 - No.8415

サイト更新のお知らせ2010.03.01

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年02月28日(日) 15時04分

 サイトの更新を行いました。
 更新内容は以下の通りです。

田中芳樹を撃つ! | タナウツネット
・ 田中芳樹を撃つ!ザ・ベストの更新
・ 荒らし展示会「言論の墓場」に新規コンテンツを追加
・ リンク登録検索エンジンに新規リンクを10件追加

奇説珍説博物館 | トンデモミュージアム
唐沢俊一P&G博覧会
・ 「部門毎ζりビア作品賞」に「訃報マニア追悼文検証批評部門賞」を追加
・ 「唐沢俊一ウォッチング用語集」に新規用語を追加

唐沢俊一P&G博覧会2010年度版
・ コンテンツ「劇団葬儀の便乗宴会 故人を楽しんだ実況中継」に関連リンクを追加
・ コンテンツ「サリンジャー『追討』炎上事件 Twitter逆撃掃討戦」に関連リンクを追加、および「殿堂入りP&G傑作曲芸作品集」コーナーに収録
・ 新規コンテンツ「週刊新潮インタビュー 唐沢俊一版『ツンデレ』定義」を追加
・ 新規コンテンツ「原稿リサイクルのプロ・唐沢俊一の担当編集者列伝」を追加

board4 - No.8416

サイト更新のお知らせ2010.03.15

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年03月14日(日) 15時42分

 サイトの更新を行いました。
 更新内容は以下の通りです。

田中芳樹を撃つ! | タナウツネット
・ 荒らし展示会「言論の墓場」に新規投稿追加収録
・ リンク登録検索エンジンに新規カテゴリを大幅追加、および新規リンク11件追加

奇説珍説博物館 | トンデモミュージアム
唐沢俊一P&G博覧会
・ 「唐沢俊一ウォッチング用語集」に新規用語を追加

唐沢俊一P&G博覧会2010年度版
・ 新規コンテンツ「2010年2月の訃報 盗作屋の居直り追悼記事」を追加
・ コンテンツ「原稿リサイクルのプロ・唐沢俊一の担当編集者列伝」に関連過去ログおよびリンクを追加
・ 新規コンテンツ「裏モノ日記停止宣言 暇で多忙なカラシュンの生態」を追加
・ 新規コンテンツ「唐沢俊一の怪獣官能論検証 コジツケな与太話大全」を追加

board4 - No.8417

夏の魔術における法的矛盾

投稿者:ダイス
2010年03月16日(火) 13時43分

初めまして。皆さんの討論、いつも楽しく、そして勉強になるなあと思いながら拝見しています。

特に創竜伝については、それまでは結構楽しんでいたのですが、ここを見るようになってから、かなり懐疑的に読むようになり、『無茶苦茶なこと書いてるなぁ』と思うようになりました。

今日はふと気になったことがあったので、初めて投稿することにしました。

それは夏の魔術についてのことなのです。
この小説の中で能登耕平は実家の病院や財産の相続権を放棄する誓約書にサインし、相続権を放棄していますが(文庫版19p7行目)、現在の日本の民法では相続権を被相続人の生存中に放棄することは出来ないと定められているのです。これは田中氏がそういう法的なことを確認せずにうっかりそういう設定にしてしまった、ということなのでしょうか?

それとも現実を取り扱った小説ではないのだから、そんなことは気にせずに読めばいいのでしょうか?

この場で討論すべき問題ではないのかも知れませんが、皆さんの意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

親記事No.8417スレッドの返信投稿
board4 - No.8418

Re8417:法的矛盾を解決する解釈説明

投稿者:冒険風ライダー(管理人)
2010年03月16日(火) 15時22分

 はじめまして。
 よろしくお願い致します。

<特に創竜伝については、それまでは結構楽しんでいたのですが、ここを見るようになってから、かなり懐疑的に読むようになり、『無茶苦茶なこと書いてるなぁ』と思うようになりました。>

 ありがとうございます。
 そう言って頂けると、管理人冥利に尽きますね(^^)。

<この小説の中で能登耕平は実家の病院や財産の相続権を放棄する誓約書にサインし、相続権を放棄していますが(文庫版19p7行目)、現在の日本の民法では相続権を被相続人の生存中に放棄することは出来ないと定められているのです。>

 確かにダイスさんが仰る通り、日本の民法では被相続人生存時における相続放棄はできないようですね。
 以下のような判例もあるそうですし↓

・ 東京高裁昭和54年1月24日決定(判例タイムズ380-158)
相続開始前における相続放棄は法律上何らの効力も有しないのであるから・・・・相続権を主張することは権利の濫用に当たらない。

・ 東京家庭裁判所昭和52年9月8日審判(判例タイムズ558号255頁)
共同相続人の一人が、被相続人の生前に相続放棄の意思を表示したとしても、生前の相続放棄について規定を設けていない現行法のもとでは、その効力を否定せざるを得ない。

・ 東京地方裁判所平成6年11月25日判決(判例タイムズ884号223頁)
遺産分割は、共同相続した遺産を各相続人に分割するものであり、相続人及び遺産の範囲は、相続の開始によって初めて確定するのであるから、その協議についても、相続開始後における各相続人の合意によって成立したものでなければ効力を生じないというべきである。
相続放棄は、相続開始後一定期間内に家庭裁判所に対する申述によってされなければならず(民法九一五条一項)、また、相続開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限りその効力を生ずるものであって(同法一〇四三条一項)、これら相続に関する権利の相続開始前の処分が認められないのと同様、遺産分割についても、事前に協議が成立したからといって、直ちに何ら効力を生じるものと解することはできない。
民法九〇七条一項は、いつでも共同相続人の協議で遺産の分割をすることができる旨定めているが、相続開始前の分割協議の効力を認めたものとは解されない。民法九〇九条は、遺産の分割は相続開始の時に遡って効力を生ずる旨定めており、これは、相続開始後に遺産分割協議がされるべきことを当然のこととした規定というべきである。

参考:
ttp://www.asahi-net.or.jp/~Zi3H-KWRZ/law2soho.html

<これは田中氏がそういう法的なことを確認せずにうっかりそういう設定にしてしまった、ということなのでしょうか?>
<それとも現実を取り扱った小説ではないのだから、そんなことは気にせずに読めばいいのでしょうか?>

 まあ素直に解釈すれば前者ということになるのでしょうが、より作品を楽しみたいのであれば、「その矛盾を、奇麗に説明する裏設定」を説明するシャーロキアン的解釈をするというのはどうでしょうか?
 件の事例の場合、能登耕平の家族が能登耕平を勘当したがっていたのは確定していますし、兄が能登家の財産を独占したがっていた様子も描写されているわけですから、法的効果がないのを最初から承知の上で、法的問題に無知な能登耕平を家族&弁護士ぐるみでダマくらかすことを意図していたか、あるいは「お前はこの家とは関係ない人間だ」という意思表示を明確にすると共にそのことに対する同意を取り付けておく的な意味合いが強かった、とかいったところになるでしょうか。これだったら法的な問題は無効化できますし、作品論的にも彼らの言動および動機を矛盾なく説明できるのではないかと。
 「現実を取り扱った小説ではないのだから、そんなことは気にせずに読めばいい」というのは、タナウツ的にはあまり推奨される読み方ではないですね。矛盾を探し、それを指摘する&シャーロキアン的解釈をするという行為自体は、田中作品に限らず、エンターテイメント作品の楽しみ方のひとつとして充分に通用するものなのですから。

 私からの意見はこんなところですが、いかがでしょうか?

親記事No.8417スレッドの返信投稿
board4 - No.8419

Re:法的矛盾の私的解消法

投稿者:S.K
2010年03月17日(水) 10時00分

> この小説の中で能登耕平は実家の病院や財産の相続権を放棄する誓約書にサインし、相続権を放棄していますが(文庫版19p7行目)、現在の日本の民法では相続権を被相続人の生存中に放棄することは出来ないと定められているのです。これは田中氏がそういう法的なことを確認せずにうっかりそういう設定にしてしまった、ということなのでしょうか?
>
> 皆さんの意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

「サインを『言質』として相続権発生後に相続放棄ないしは
相続分の親族への贈与」を行わせる事は可能でしょうし、
親族と縁の薄かった耕平もそれを嫌がりはしなかったろうとも
推測できます。

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加