荒らし展示会「言論の墓場」

 このコーナーでは、過去「田中芳樹を撃つ!掲示板」において支離滅裂かつ奇妙奇天烈な論理を縦横無尽なまでに使い回し、ただひたすら掲示板運営に多大な支障と被害を与えるだけに終わった投稿者、および彼(彼女)が暴れ狂ったその不毛なる関連スレッドの一部始終を、当サイト2代目管理人「冒険風ライダー」の主観的価値観による独断と偏見に基づいて選別・ジャンル分けを行い、公開しております。
 荒らし展示会「言論の墓場」は、「問題投稿、およびその投稿者の存在を公に晒し続ける」こと自体が目的のコンテンツであり、間違っても「田中芳樹を撃つ!掲示板」で行われる議論に寄与するものではありません。当コーナーにおける掲示板投稿の掲載理由や、各コンテンツ内容に対する感想・反論・補足・問題点の指摘などがある場合、「田中芳樹を撃つ!掲示板」への投稿は他の投稿者やROMへのご迷惑になりますので、「場外乱闘掲示板」にて行って頂きますようお願い致します。
 なお、各コンテンツ中の投稿には、当サイト2代目管理人の主観的価値観に基づくHTMLタグによる太字着色文章が多数存在しますが、基本的に黄色赤色の強調文が問題発言、水色の太字文章がそれに対するツッコミおよびアンチテーゼとして位置づけられています。
WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年(平成22年)度以降

コンテンツテーマ コンテンツのテーマ内容とリンク
2010年度版1
ブルーダイヤに殉じた
ケータイの騎士
禍々しく光り輝くブルーダイヤに魅了された愛と正義のヒューマニズムナイトが、携帯電話を片手に昼夜問わず邪悪な組織へ敢然と立ち向かい壮絶な玉砕を遂げるノンフィクション劇画が上演されています。

2007年〜2009年度版

コンテンツテーマ コンテンツのテーマ内容とリンク
2007年度版3
「読み逃げ禁止」の
文化摩擦
会員制サイト「mixi(ミクシィ)」で跳梁跋扈する「読み逃げ禁止文化」の論理をオープンスペースに持ち込み、畑違いマナー理論を振り回して自分への返答を強要したことから生じた文化摩擦を記録するスレッドです。
2007年度版2
引きこもり官能小説家の
ストリップ劇場
本名と僭称するHNと、カネ稼ぎ兼自慰行為用の官能小説をネタに他人を説教する「負け犬」が、遠吠えと共に引きこもり先の「mixi(ミクシィ)」から個人情報を脱ぎ散らかしつつ突撃を敢行する変態スレッドです。
2007年度版1
イッチョカミクレーマー
災叫伝説
民主主義マニアにして人類絶滅論者、オマケに聞きかじりの軍事知識も豊富なプロのイッチョカミクレーマーが繰り出す騒音公害の雄叫びが、数えるのも面倒なほどに掲示板上で炸裂しまくる異種格闘サバイバルスレッドです。
ZZ

2005年〜2006年度版

コンテンツテーマ コンテンツのテーマ内容とリンク
2006年度版1
剽窃戦隊パクレンジャー
弁明と閉鎖の軌跡
かつてタナウツを賑わせた二次作品の剽窃事件を引き起こし、「脳内友人」を持ち出して反省の弁を述べながら、1年後にまたも同種の騒動を巻き起こした著作権法違反常習者の顛末を収録したスレッドです。
2005年度版2
劇団「マナー」の迷惑公演
礼儀を諭す無礼者
煽りだろうが荒らしだろうが「誰彼構わず慇懃な言葉遣いを」を思想信条とするジェントルマンと、「捨てハン」「2ch口調」の二刀流でもって他人に礼節を説く方々の競演による、心冷める感動のミュージカルです。
2005年度版1
四度目の脱線事故
呪われし移動要塞論の系譜
勃発する都度、膨大な時間とログを費やし、類稀なるキチガイを排出する、呪われたブルーダイヤのごとき禍々しき輝きを放つ移動要塞論争。その脅威と魅力に幻惑され、またもや発生した大規模かつ凄惨な脱線事故をまとめたスレッドです。

2004年(平成16年)度版

コンテンツテーマ コンテンツのテーマ内容とリンク
2004年度版4
前近代的精神世界の
イッチョカミ天国
はるか悠久の大地に存在すると噂される「伝説の楽園」からやってきた、非合理的な「個人の我侭と思い込み」のみで動く素薔薇しき高徳な方々の啓蒙活動と生き様を綴った、衝撃の年末ドキュメンタリードラマです。
2004年度版3
メンツとプライドの
経済学騒動
通りすがりの辻斬りと、如何なる小悪党にも容赦がない岡っ引きのデッドヒートは、時も場所も場合もわきまえずに発生するものです。他人の迷惑をも顧みない彼らの素薔薇しきアクションシーンの数々を、とくとご覧下さい。
2004年度版2
議論の本題を殲滅した
キジ撃ち合戦
獲物を追い求めるあまり、深い森の中に迷い込んだ挙句、本来の目的を忘れ果てて森の住民に無為無用な攻撃を仕掛けるに至った、悲しくも哀れな狩人の軌跡を綴った問題作です。
2004年度版1
虚ろな日本語による
前衛芸術
伝統と歴史を誇る日本語文化の乱れが憂慮される中、彗星の如く現れた期待の新鋭芸術家2名が世に送る、華麗な日本語とパソコン技能を駆使した最高傑作を、心行くまで存分にご堪能下さい。

2003年(平成15年)度版

コンテンツテーマ コンテンツのテーマ内容とリンク
2003年度版6
「言い逃げ」「駄々こね」
の教育指南書
「悪口は言いたいが責任は取りたくない」「延々と愚痴を並べたい」とお考えの方に、過去の先人達が披露した模範例を提示するためのコーナー。良い子は決して真似をしないように。
2003年度版5
空想と論理飛躍の
宗教論
想像力が豊かなのは非常に良いことです。このコーナーでは、類まれな想像力に恵まれた人間による斬新かつ奇抜な作品解釈と超科学的な宗教論が掲載されています。
2003年度版4
嗚呼、素薔薇しき
メディア論
自分と直接関係のないマスメディアのために、他人から何を言われようが日夜戦う、今時珍しいほどに義侠心の篤いひとりの投稿者の活躍に密着します。
2003年度版3
邪教徒に天罰を!
怒涛の如き十字軍遠征
崇拝する神のメンツを潰された信徒達が「聖地奪還」を口走りながら他国を侵略し、炎のごとく荒らしていく過程をリアルに再現した好評のシミュレーションゲームです。
2003年度版2
過去ログ編集要求
「上品なる恐喝」
「天上天下唯我独尊」を思想信条とし、自らのプライドのためだけに戦う誇り高きひとりの戦士。某小説の次男坊とタメを張れる「上品な口調の裏に隠された苛烈な気性」を、もはや誰にも止めることはできません。
2003年度版1
何が何でも
あの作品を語るべし
どんなテーマの議論でも、あの作品は必ず論じられなければならない! 当コーナーでは、そんな希望を叶えたいあなたに、絶妙な話術を駆使した「匠の技」をご紹介致します。

2000年〜2002年度版

コンテンツテーマ コンテンツのテーマ内容とリンク
2002年度版1
騙り相手に
証拠はいらない!?
無法地帯と化している荒野の大地でただひとり、荒くれ者達を相手に問答無用で犯罪を取り締まる、厳しくも麗しき保安官の物語。この世に悪が栄えたためしはないのです。
2001年度版2
ハンドルネーム
虐待事件簿
「名前には魂が込められている」という、言霊の幸はう国・日本における微笑ましいはずの伝統から発生した恐るべき惨劇の実態を、現場から中継でお伝えします。
2001年度版1
人肉食スレッド
舞台裏
ザ・ベスト・田中芳樹の中国認識5−A「田中芳樹の人肉食論」関連議論の影で行われていた、もうひとつの言葉の応酬。イッチョカミ氏の輝かしき活躍にご注目下さい。
2000年度版1
愛国者は読売新聞を
礼賛せよ
読売新聞に対する批判は愛国者がするべきことではない! 暴走する街宣車を操りつつ、マイクに向かって絶叫するひとりの愛国者の歌声がこだまします。

サイトコンテンツの関連リンク一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加