言論の墓場 過去ログ集
2007年度版1−F

イッチョカミクレーマー災叫伝説(6)

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツの総収録投稿数281件の内、173〜211件目の投稿を掲載

収録投稿173件目
board4 - No.7755

投稿野郎Aチームさん(ろくでんさん)への質問

投稿者:本ページ管理人
2007年06月23日(土) 19時43分

投稿野郎Aチームさんの参加するスレッドの内容が拡散方向に入っています。

問題はいろいろありますが、他の人からの投稿野郎Aチームさんへの提議に対して投稿野郎Aチームさんからの返答がなく、その状態で別の話題を繰り広げているため、結論の出ない論点が一つのスレッドに並列(しかも加速度的に増加の傾向で)展開しているのが大きな要因と言えます。

最低限、7580の不沈戦艦さんの質問と、7608のS.Kさんの質問には答えて頂きたいと思います。
これは、投稿野郎Aチームさんの議論の立ち位置をはっきりさせ、議論をまとめるために必要な事だと考えています。

※7580
> > 米軍にとってこれは薄氷を踏むような勝利
> > で、できれば決戦は避けたかったというのが本音の
> > はずです。
>
>  すでにえむけい氏が言っていますがそれ以外に。
>
>  議論の流れは、
>
> 同盟の勢力圏下にあったはずの航路を通っていた輸送部隊が(大部隊である)キルヒアイス艦隊の進入に気づくこともなくあまつさえ攻撃を受けた(えむけい氏)
> ↓
> これは単に作劇上の都合でしょ。どう考えても無理な話です。(ろくでん氏)
> ↓
> 太平洋戦争でも開戦半年で日本はアメリカに本土空襲を許していますよね?(えむけい氏)
> ↓
> あれは一回こっきりの奇襲で、壊滅的な被害を与える程のものでもありません。(ろくでん氏)
> ↓
> 「山本五十六を焦らせて、ミッドウェー作戦を強行させ、日本海軍に墓穴を掘らせた」という効果はありましたが。その結果、「南雲機動部隊が壊滅した」(不沈戦艦)
> ↓
> 米軍にとってこれは薄氷を踏むような勝利で、できれば決戦は避けたかったというのが本音のはずです。(ろくでん氏)
> ↓
> ミッドウェーは、最近では「薄氷を踏むような勝利でなく、危険ではあるが十分米軍勝利の目はあった。故に日本が負けたのはおかしいことではない」という認識になっているようですが。(えむけい氏)
>
>  でありますが、そもそも「一回こっきりの奇襲」のところで「論点ずらし」に出ているのはいかがなものかと。「敵の勢力圏を突破し、後方の防備が脆弱な拠点を攻撃した」という実例としてえむけい氏が「太平洋戦争のドーリットル隊による日本本土空襲」の例を出した(戦史上に実例があるのだから、未来を舞台にした架空戦史でそういう話を採用しても構わないだろうという主旨)のに、何故「論点ずらし」をして「被害が少なかった」と言い出すのでしょうか?まあ、私の横やりも原因にはなっていますが、何でまた最後が「ミッドウェー海戦は米軍も本意ではなかったはず」「いや米軍には勝算があって行った戦いだったのだ」などという、「敵の勢力圏をこっそり通って後方を攻撃することが可能か不可能か?」という主題で始まったはずの話が、全然関係ない話にシフトしてしまうのでしょうか?
>
>  話を際限なく拡散させてしまい、収束しないようにしてしまうのは迷惑だとは思いませんか?
>
>
> > それは作中で「キルヒアイスがいかにして同盟軍
> > の目をかいくぐったのか?」という点をはっきり書
> > かない田中氏に責任があるのではないですか?
>
>  これについてですが、以前常連だった「新Q太郎」氏が「作品の矛盾点については、それを整合性があるように説明するのが上級シャーロキアン」と言っています。「シャーロック・ホームズもの」の矛盾点を指摘することに喜びを覚えるのが「初級シャーロキアン」、矛盾点を上手に説明しようとするのが「上級シャーロキアン」です。このサイトでは、銀英伝に関しては「上級シャーロキアン」であるべきと考えている人が、古参常連に多いことは知っておいて下さい。
>
>  しかも、矛盾点ですらなく、「書いていないこと」を「書いていない」ことを理由に非難しようというのは無茶苦茶です。だったら「敵の勢力圏をこっそり通って後方を攻撃することは無理な話」という主張は引っ込め、「書いていないから詳細については自分には分からない」とろくでん氏は降参すべきなんですよ。
>
>  とにかく、「作品論を行うにあたって、その作品内で『事実』とされていることを無視したり否定する」のは止めていただきたいものです。そんなことをやっていては、議論にはなりませんよ?「魔法なんか存在する訳はないから、剣と魔法世界のファンタジー小説など意味がない」と言っているのと、大して違いはありはしないのですから。それとも、ろくでん氏の目的は、作品についての議論ではなく「何でもいいから田中芳樹非難」をやることなのですか?

※7608
> >  なるほど、どんなに荒唐無稽でも娯楽作品
> > として成立していれば問題にしない。という
> > のがこの掲示板の設立意図だったのですか。
> > すいません。思い違いをしていました。
>
> 拙稿7569
> > >  嫌いな作品だからと言って読み飛ばした挙句にデタラメで
> > > 誹謗するというのは方向性は違えど田中先生を上回る卑劣な
> > > 電波っぷりだと思います。
>
>  これにどう答えるつもりなんですか電波で頭の悪い卑怯者の
> ろくでんさんは。
>  それとも上記がろくでん評の客観的最終回答としてよろしいか?
>  なら別段これ以上お笑いもヨタもほざかなくて宜しい、というか
> 遠慮しなさい煩いから。
>
>  論旨と主張ある反論は歓迎しますよ?

収録投稿174件目
board4 - No.7756

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年06月23日(土) 22時58分

S.Kさん、投稿野郎Aチームです。

>  事実『アムリッツァ会戦』が成立したのに何故そんなセコイ
> 戦果しかラインハルトが収めていかん道理がありますか。

 たった一つの失敗が全線戦を危うくするような余裕のない作戦を避けるためです。

> >  三倍の兵力で戦ってそんなに痛い目にあいますかね?
>
>  覚悟したビュコックはマル・アデッタの戦いで五倍超の帝国軍
> を翻弄し、ランテマリオ会戦後そして回廊の戦いのヤンは比較
> するのも馬鹿らしい戦力差の帝国軍に『ラインハルトの決意』
> 『ラインハルトの翻心』などという先の見えない物が具象化
> するまで継戦していますが何か。

 S.Kさんおっしゃる所の『論外中の論外』が指揮官で、補給に関してもアムリッツァとは攻守所を変えて逆転していますし、何より「この戦いに敗れれば同盟は滅亡」となればいやが上にも士気も高まろうと言うものです。

>  やれば「民主主義と同盟市民を守る盾のくせにリンチ少将
> みたいな卑怯者しかいない軍人しか書けない田中芳樹はダメ」
> と言い出すくせに最低ですねAチームさんて人は。

 そんなことはありません。リンチに関しては気の毒だと思っています。ラインハルトに目を付けられたがばかりに名誉回復の機会を奪われてしまいました。軍法会議にかけられていればそれまでの経歴も鑑みて心神喪失を主張して軍医の診断も受けられたはずだったでしょうに。部下の行動の全責任を負うのが指揮官の勤めとはいえ、リンチに付き従った幕僚連中もその責任から逃れることはできません。

>  Aチームさんがダイエットで体重を半減なさって日常生活に
> 何ら支障がない時にもう一度その珍説」を伺いましょう。

 日常じゃないでしょ。戦場ですよ。腹が減ったどころの騒ぎじゃないでしょう。

> 「メシも食わずに十六時間労働法無視して働けよ」
> という前提で再度拝聴いたしましょ。

 私には真似できませんが陸自のレンジャーはもっと過酷な試験を受けると聞いております。

収録投稿175件目
board4 - No.7757

Re:Aチームさんは心配しなさい、自分の為に

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年06月23日(土) 23時01分

S.Kさん、投稿野郎Aチームです。

> >  それは誤解です。「俺様万歳」はオーベルシュタインです。
>
>  Aチーム語じゃ「私はまだ貴方を見放していない」が
> 「俺の見込んだ男は凄いだろう」と表記されるんですか。
> 「俺様万歳」って「卿は皇帝でなく私を殺すべきだった」
> ですか。

 「俺の見込んだ男」をそう簡単に「見放す」ことなどできるわけないじゃないですか。同じく「俺の見込んだ男」をそう簡単に殺させるわけがないじゃないですか。

> 「勝利条件:よくわかんない」な帝国侵攻作戦に比べれば
> 「同盟に強奪されたイゼルローン要塞宙域にほぼ同等の宇宙
> 要塞を移動させて設置、あわよくばこの移動時に随伴した二個艦隊
> とガイエスブルグの戦力をもってイゼルローンの同盟軍を打倒
> する」明快な論旨でしょうが。

 明快?勝利条件は何?「打倒」とは何を指すの?イゼルローンの占拠?破壊?損害許容率(この世界には元から存在しない概念ですが)は?

> 「緩慢に減少した」ってのは作中根拠がおありで?
> 「ホロコースト政策、しかもそれを『正義』と熱狂している
> 社会での死亡者は多大になりやすい」ってのは一般論ですが
> Aチームさんが自説に作中事実を提示なさってくださるなら
> 陳謝して私の言を撤回するのはやぶさかではありませんよ?

 新書版第1巻、P.19に「最盛期に三000億をかぞえた人類の総人口は長い混乱のため、現在、四00億にまで減少している。」とありました。

>  Aチームさんは障害なぞ一度もなさった事がないそうですね、
>  なら「人殺しのキモチワルイ変態で異常性格者」と言われれば
> 『名誉毀損』でしょう?

 『名誉毀損』と『不敬罪』の間には多くの差異があります。『名誉毀損』は傷つけられた側が笑って済ませれば罪には問われません。

>  あと警官の行動を妨害すれば何であれ『公務執行妨害』です。

 警官の行動が違法行為であれば、それを妨害するのは『公務執行妨害』にはあたりません。違法行為は「公務」ではありませんから。

> 『皇帝』というのは『いくらむしっても減らない無限の美肉』
> とかじゃないので『社会的立場』に見合った『保護』はされて
> 当たり前です。

 『無限の美肉』でないのならなぜ『無限の権力』の保有が認められるのでしょう?「不敬罪」は権力者を腐敗させる何より絶好の妙薬です。ラインハルトが真っ先に廃止すべきゴールデンバウム朝のアンシャンレジームです。

> 「失礼なうちの国語圏のモン」への制裁に助力するだけですし。

 靴の痛みを心配する前に刑法の「暴行罪」成立条件の心配をしたほうがいいですよ。

収録投稿176件目
board4 - No.7758

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:S.K
2007年06月23日(土) 23時38分

 先にNo.7755に答える程度の礼儀の弁えは?
 管理人さんからの質問ですよ。

> >  事実『アムリッツァ会戦』が成立したのに何故そんなセコイ
> > 戦果しかラインハルトが収めていかん道理がありますか。
>
>  たった一つの失敗が全線戦を危うくするような余裕のない
> 作戦を避けるためです。

 何の話か知りませんがラインハルトの指揮する『アムリッツァ会戦』の話でない事だけは終始危なげのなかった本編からも確かですね。
 ビッテンフェルトが叱責されたのは『勝敗を危うくした』訳ではなく『予想以上の損害を蒙った』事に起因しますし。

> > >  三倍の兵力で戦ってそんなに痛い目にあいますかね?
> >
> >  覚悟したビュコックはマル・アデッタの戦いで五倍超の帝国軍
> > を翻弄し、ランテマリオ会戦後そして回廊の戦いのヤンは比較
> > するのも馬鹿らしい戦力差の帝国軍に『ラインハルトの決意』
> > 『ラインハルトの翻心』などという先の見えない物が具象化
> > するまで継戦していますが何か。
>
>  S.Kさんおっしゃる所の『論外中の論外』が指揮官で、補給に
> 関してもアムリッツァとは攻守所を変えて逆転していますし、
> 何より「この戦いに敗れれば同盟は滅亡」となればいやが上にも
> 士気も高まろうと言うものです。

 そう、私曰くの『論外中の論外』が指揮官で『多くの味方をこの不毛な遠征から逃がしてやれる』となれば、ヤン・ビュコック・ウランフ並の提督なら最大級の時間稼ぎと帝国軍への損害を重ねつつ、残り五個艦隊を逃がしてやれた方が自然でしょう。
 対戦相手の組み合わせによってはあるいは艦隊の八、九割を失いつつでもヤンくらいは逃げられるかも知れません。

 ここまでいらん心配をさせる『Aチーム案』を帝国で提出すれば『利敵・売国行為』以外に呼びようがないですね。

> >  やれば「民主主義と同盟市民を守る盾のくせにリンチ少将
> > みたいな卑怯者しかいない軍人しか書けない田中芳樹はダメ」
> > と言い出すくせに最低ですねAチームさんて人は。
>
>  そんなことはありません。リンチに関しては気の毒だと思っ
> ています。ラインハルトに目を付けられたがばかりに名誉回復
> の機会を奪われてしまいました。軍法会議にかけられていれば
> それまでの経歴も鑑みて心神喪失を主張して軍医の診断も受け
> られたはずだったでしょうに。部下の行動の全責任を負うのが
> 指揮官の勤めとはいえ、リンチに付き従った幕僚連中もその責
> 任から逃れることはできません。

『同盟軍が降伏する(バーミリオン会戦)』はあれだけ詰っておいて『同盟軍の八割が降伏する(Aチーム仮定での帝国遠征)』は同情するって何ですかそれは。
 結果として『二十万対三万、しかも『奇跡のヤン』は死ぬか捕虜』の状態で自由惑星同盟がどう存続できると言うんです。
 最低な上に馬鹿ですか、どうしようもないですねAチームさんというイキモノは。

> >  Aチームさんがダイエットで体重を半減なさって日常生活に
> > 何ら支障がない時にもう一度その珍説を伺いましょう。
>
>  日常じゃないでしょ。戦場ですよ。腹が減ったどころの
> 騒ぎじゃないでしょう。

「腹が減っては戦はできぬ」とは私が言い出した訳ではないですが白兵戦じゃなくてもカロリーは消費されるので日常以上に空腹が悪影響を及ぼさない訳がないでしょう。

> > 「メシも食わずに十六時間労働法無視して働けよ」
> > という前提で再度拝聴いたしましょ。
>
>  私には真似できませんが陸自のレンジャーはもっと
> 過酷な試験を受けると聞いております。

『戦術技能の身体機能のエキスパート』に全兵士を育成できる訳がありません。
 そういう訳で徴兵した無能なAチーム三等兵に『空腹を超えた超人芸』ができないなら『黙ってろ』そういう事です。

収録投稿177件目
board4 - No.7759

Re:Aチームさんは心配しなさい、自分の為に

投稿者:S.K
2007年06月24日(日) 00時20分

> >  Aチーム語じゃ「私はまだ貴方を見放していない」が
> > 「俺の見込んだ男は凄いだろう」と表記されるんですか。
> > 「俺様万歳」って「卿は皇帝でなく私を殺すべきだった」
> > ですか。
>
>  「俺の見込んだ男」をそう簡単に「見放す」ことなどできるわけ
> ないじゃないですか。同じく「俺の見込んだ男」をそう簡単に殺さ
> せるわけがないじゃないですか。

 その『俺(自分)』という概念にさほどの執着がないから旧上司をイゼルローン陥落の折にあっさり見捨てて、庇ってくれる保証もないラインハルトに売り込みなぞできる訳ですが。
 キルヒアイス死亡直後のラインハルト相手に続く言葉は「これで駄目なら貴方もそこまでの方だ」まで言っていればAチームさんの概念上の『皇帝万歳』からずいぶん遠そうじゃないですか。

> > 「勝利条件:よくわかんない」な帝国侵攻作戦に比べれば
> > 「同盟に強奪されたイゼルローン要塞宙域にほぼ同等の宇宙
> > 要塞を移動させて設置、あわよくばこの移動時に随伴した二個艦隊
> > とガイエスブルグの戦力をもってイゼルローンの同盟軍を打倒
> > する」明快な論旨でしょうが。
>
>  明快?勝利条件は何?「打倒」とは何を指すの?イゼルローンの
> 占拠?破壊?損害許容率(この世界には元から存在しない概念です
> が)は?

 上に全部書いてあるので日本語覚えましょうね。

 勝利条件:ガイエスブルグ要塞のイゼルローン回廊内への移動設置。可能なら回廊内からの同盟軍の除去。

「打倒」とは何を指すの?:可能なら回廊内からの同盟軍の除去。撤退したなら無理に同盟領まで撃破しに行かなくて宜しい。

イゼルローンの 占拠?破壊?損害許容率(この世界には元から存在しない概念ですが)は?:ガイエスブルグ要塞をイゼルローン要塞に叩き付けるまで出来るならやって構わない。

 折角宇宙要塞があるのに『自分の戦功』に執着して以上に思いつく事も『持久戦と補給・交代の依頼』をラインハルトに出さなかったのはケンプのミスですし、ここで増援に双璧を出撃させて折角の『戦功の偏りの防止』を台無しにしたのはラインハルトの失点ではありますが。

> > 「緩慢に減少した」ってのは作中根拠がおありで?
> > 「ホロコースト政策、しかもそれを『正義』と熱狂している
> > 社会での死亡者は多大になりやすい」ってのは一般論ですが
> > Aチームさんが自説に作中事実を提示なさってくださるなら
> > 陳謝して私の言を撤回するのはやぶさかではありませんよ?
>
>  新書版第1巻、P.19に「最盛期に三000億をかぞえた
> 人類の総人口は長い混乱のため、現在、四00億にまで減
> 少している。」とありました。

『ルドルフの治世とそこから2〜3代』と言えば五十年から長くて百年近くもあるでしょうから『長い混乱』の具体的年数を出していただけないなら話になりませんね。
 まさか半世紀〜一世紀が『長くない』とは言わないでしょうね。

> >  Aチームさんは傷害なぞ一度もなさった事がないそうですね、
> >  なら「人殺しのキモチワルイ変態で異常性格者」と言われれば
> > 『名誉毀損』でしょう?
>
>  『名誉毀損』と『不敬罪』の間には多くの差異があります。
> 『名誉毀損』は傷つけられた側が笑って済ませれば罪には問
> われません。

 ラインハルトも『不敬罪』を6巻の民主官僚の鑑たち相手に社会通例上仕方なく適用した事はあっても流刑などの重罰に適用した記述はないですが。

> >  あと警官の行動を妨害すれば何であれ『公務執行妨害』です。
>
>  警官の行動が違法行為であれば、それを妨害するのは
> 『公務執行妨害』にはあたりません。違法行為は「公務」
> ではありませんから。

 違法かどうかを決めるのはその警官の任務と法廷と法律でAチームさんではありません。
 公務についてもまた然り。

> > 『皇帝』というのは『いくらむしっても減らない無限の美肉』
> > とかじゃないので『社会的立場』に見合った『保護』はされて
> > 当たり前です。
>
>  『無限の美肉』でないのならなぜ『無限の権力』の保有が
> 認められるのでしょう?

 ローエングラム王朝皇帝は『最高権力者』であって『無限の権力』なぞ持っていませんよ。
 だから軍務尚書の進言を聞き後の皇妃たる秘書官に相談し『新領土総督』などという役職を設置して至らない部分を補佐してもらっているので。

> 「不敬罪」は権力者を腐敗させる何より絶好の妙薬です。
> ラインハルトが真っ先に廃止すべきゴ ールデンバウム朝の
> アンシャンレジームです。

 とりあえず『国家転覆罪』的に『不敬罪』で書類が記述されている部分を書き換える手間隙を新興国は別の有益な事の為に費やすべきなのです。

> > 「失礼なうちの国語圏のモン」への制裁に助力するだけですし。
>
>  靴の痛みを心配する前に刑法の「暴行罪」成立条件の心配を
> したほうがいいですよ。

 何かAチームさんに人権があるみたいですね。
 私の暴行罪よりAチームさんの誇大妄想の方が切実でしょうよ。

 まずはNo.7755への返答は書けましたか?

収録投稿178件目
board4 - No.7760

Re:投稿野郎Aチームさん(ろくでんさん)への質問

投稿者:S.K
2007年06月24日(日) 18時03分

>田中芳樹を撃つ!管理人様

 一投稿者として非常に僭越ではありますが
ttp://tanautsu.la.coocan.jp/honron00.html
ttp://tanautsu.la.coocan.jp/tanautu-FAQ_01.html#Q01

「ろくでん」こと「投稿野郎Aチーム」氏の論理性も一貫性もなく、ただ論点そらしと話題のすりかえに終始して徒に『銀河英雄伝説』という作品を不当に誹謗したいだけの短文大量投稿を重ねる行為、そして管理人さんのNo.7755を無視してあえてNo.7756、No.7757で私への愚にもつかない電波反論を行ってその日はそれきり、という態度は過去の「口だけの謝罪・反省」と併せて、氏に上記「田中芳樹を討つ!掲示板」の設立理念や他投稿者への節義や信義を尊重する気が一切ないとしか私には判断できません。

 この掲示板での数々の議論に尊敬の念を抱き価値を感じる私としては大変いたたまれませんので、あくまで「一投稿者の一意見」として「投稿野郎Aチーム氏の出禁」を提案いたします。
 あくまで意見としてご検討いただければ幸いに思います。

>所謂「強い調子の相手論者批判」に異論のある方々
 できましたら苦情の前に『事態の収拾』にご協力願えませんかね?
 もしくは完全に『見なかった事』として無視していただきたく思います。
『善意の忠告」を尊重してまいりましたがそろそろこちらとしては本格的な『寄生虫駆除』『知的障害者矯正教育』を投稿野郎Aチームさんに行う必要性を感じてまいりましたので必ずしも善意にのっとった発言だけ行うとういのは難しくなるかと思いますので。
 勿論投稿野郎Aチームさんの発言の矯正か封鎖をよりスマートになさった方の要請には無条件で従いますが、そうではない、もしくはそうできない方の1回レスでAチームさんと味噌糞一緒くたにされてそう愉快という事もありませんのでその場合は「投稿野郎Aチームの電波友達かカマ仲間」として扱っての反論もあるかと思いますので一応ご了承下さい。

収録投稿179件目
board4 - No.7761

最後通告

投稿者:本ページ管理人
2007年06月24日(日) 19時59分

>投稿野郎Aチームさん

他の書き込みのすべてに優先して、7755の返答をお願いします。
…というか、常識的に7755の直後に無視してほかの書き込みをするというのは常識的にあり得ないと思いますが、なぜ返答がいただけなかったのかもご説明願います。

私は、何もスレッドの論点が拡散している原因が投稿野郎Aチームさん『だけ』にあるとは思っていません。が、現状では論争方法の是非以前の問題で弁解のしようが無いのです。

残念ですが、次回にお答え頂けない場合は強制処分の発動を行います。

是非、ご回答ください。

収録投稿180件目
board4 - No.7783

Re:最後通告

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年07月13日(金) 20時33分

本ページ管理人さん、投稿野郎Aチームです。

 これで回答になっているでしょうか?回答が遅れたのは
当然、#7755の重要性を認識していたために他なりません。

> ※7580
> >  話を際限なく拡散させてしまい、収束しないようにしてしまうのは迷惑だとは思いませんか?

 私にとってはごく自然な話の流れだったのでそれが迷惑に当たるとの認識はありませんでした。「ドーリットル隊はともかく空母部隊は日本軍に探知されていた」とか「銀英伝世界の宇宙艦隊は自由に航路を選択できる海軍より戦略機動に鉄道か道路を用いる陸軍に近い」とでもしておけばよかったのでしょうか?

> >  これについてですが、以前常連だった「新Q太郎」氏が「作品の矛盾点については、それを整合性があるように説明するのが上級シャーロキアン」と言っています。「シャーロック・ホームズもの」の矛盾点を指摘することに喜びを覚えるのが「初級シャーロキアン」、矛盾点を上手に説明しようとするのが「上級シャーロキアン」です。このサイトでは、銀英伝に関しては「上級シャーロキアン」であるべきと考えている人が、古参常連に多いことは知っておいて下さい。

 私は別に「初級」でも気にならないので無頓着でした。

> >  しかも、矛盾点ですらなく、「書いていないこと」を「書いていない」ことを理由に非難しようというのは無茶苦茶です。だったら「敵の勢力圏をこっそり通って後方を攻撃することは無理な話」という主張は引っ込め、「書いていないから詳細については自分には分からない」とろくでん氏は降参すべきなんですよ。

 「無茶」なのですか?ここはこの作戦の肝になる部分であって、その描写をあえて避けるというのは少しずるいと思います。

> >  とにかく、「作品論を行うにあたって、その作品内で『事実』とされていることを無視したり否定する」のは止めていただきたいものです。そんなことをやっていては、議論にはなりませんよ?「魔法なんか存在する訳はないから、剣と魔法世界のファンタジー小説など意味がない」と言っているのと、大して違いはありはしないのですから。それとも、ろくでん氏の目的は、作品についての議論ではなく「何でもいいから田中芳樹非難」をやることなのですか?

 ある程度のリアリティを前提とした作品では作品内で「事実」でも常識から見て「おかしい」ってことはあるでしょう?アスターテだって同盟領内なのに侵略者のラインハルトの方が戦場全体を見渡していて、地元の同盟軍が敵がどこにいるかも確認せずに包囲網を作ろうとするなんて。おまけに勝者は損害ゼロで次の戦いに参加できるんですよ。

> > 拙稿7569
> > >> 嫌いな作品だからと言って読み飛ばした挙句にデタラメで
> > >>誹謗するというのは方向性は違えど田中先生を上回る卑劣な
> > >>電波っぷりだと思います。

 読み飛ばした覚えもデタラメを言った自覚もないのですが、どうしたものでしょう?「黙っていろ」が建設的な解決策とも思えませんが。読み飛ばしてるのは私だけではないでしょう。S.Kさんだって#7753でヤマムラ軍医がロボスの昼寝を伝えたとデタラメを書いていますし。

収録投稿181件目
battle2 - No.28

この掲示板では初投稿ですね

投稿者:平松重之
2007年07月13日(金) 23時57分

<これで回答になっているでしょうか?回答が遅れたのは
当然、#7755の重要性を認識していたために他なりません。>

「重要性を認識していた」から「回答が遅れた」というのは、「じっくり投稿内容を練った結果遅れた」という事なのでしょうか?それなら、石井さんの質問を無視して7756や7758を投稿すべきではなかったと思うのですけどね。
 それに、「遅れて申し訳ありません」くらいのお詫びの言葉くらいは書いた方がいいと思うのですが、Aチームさんは人に頭を下げるのがお嫌いなのでしょうか?

収録投稿182件目
board4 - No.7785

返答になっていません

投稿者:本ページ管理人
2007年07月14日(土) 12時25分

> #7761
> 常識的に7755の直後に無視してほかの書き込みをするというのは常識的にあり得ないと思いますが、なぜ返答がいただけなかったのかもご説明願います。

7755の後に直接

> 回答が遅れたのは当然、#7755の重要性を認識していたために他なりません。

と言うのでしたら納得も行きますし誠意も感じますが、7755の後にいくつも書き込みをした後では全く説得力がありません。
その事に対する見解が頂けない限り、とてもまっとうな返答とは判断できません。

収録投稿183件目
board4 - No.7786

Re:返答になっていません

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年07月14日(土) 13時26分

 #7756、#7757は#7755を読む前に書き上げてあったもので、#7755はこれらをアップした際に気が付いたものだと記憶しています。

収録投稿184件目
board4 - No.7787

Re:本気で返答になっていませんね

投稿者:S.K
2007年07月14日(土) 19時40分

>  #7756、#7757は#7755を読む前に書き上げてあったもので、#7755はこれらをアップした際に気が付いたものだと記憶しています。

 まあAチームサンが『記憶』という時点で物凄く信頼性が疑わしい訳ですが、気づいた時点で
「考えて返答したいのでご猶予下さい」
という一文を付け加える『極当たり前の配慮』の持ち合わせはないんですね。

 そこまでして『つい』あげてしまったNo.7756、No.7757への『親切な説明』はちゃんとやってあげてますよ、ええ『気遣い』で

> ※7580
> >  話を際限なく拡散させてしまい、収束しないようにしてしまうのは迷惑だとは思いませんか?
>
> 私にとってはごく自然な話の流れだったのでそれが迷惑に当たるとの認識はありませんでしたか?
>
> 私は別に「初級」でも気にならないので無頓着でした。

 一つ常識を教えて上げます、他人がいて複数名の価値評価がある『場』では『他人の評価』を『自分の価値観』に優先させなさい、もしくは『場』に『自分の価値観の正当性』を納得させてから次の話題に入りなさい。
 一人二人じゃなく複数名に言われて「どっちも嫌」じゃ「自分の場所を作ってそこに篭れ。『田中芳樹を撃つ』は理論に基づく批判・議論サイトで『電波の発展場』じゃねえ」と言われて当たり前です。

 私ですらホラ「焦土戦術の必要性」をウダウダ続けてた知的障害者に「では銀河英雄伝説1巻後半において何が行われる事が『必要』でそれは『アムリッツァ会戦より面白いのか』の聞いて暗黙のうちに『返答できない知能の低さ』をご理解いただきましたし、どうもAチームさんと電波の受信先が同じらしい『お花畑サン』には「到底人の理解力とは思えないので何か『ツクリ』が違うのではないかと思うがどうだろう」と軽く話を振ったら、イキナリ脈略もなく自分の母親の肉体的欠陥を勝手に自白して話を中断、その間に少しはマトモになったのかおかしな発言を控えるようになったとかキチンと努めている訳で。

 頭悪く『アーアーきこえなーい』でずっとAチームさんの頭悪い誹謗中傷は続けさせてあげません、どこかで見ているかもしれない「きちんとした知性と理性を持った自分なりの価値観で田中芳樹とその作品を愛好しているファン諸氏」に物凄く申し訳ないからです。

> ある程度のリアリティを前提とした作品では作品内で「事実」でも常識から見て「おかしい」ってことはあるでしょう?アスターテだって同盟領内なのに侵略者のラインハルトの方が戦場全体を見渡していて、地元の同盟軍が敵がどこにいるかも確認せずに包囲網を作ろうとするなんて。おまけに勝者は損害ゼロで次の戦いに参加できるんですよ。

 同盟と違って帝国はダゴン、エル・ファシルと全く知らない星域ばかりではないので、将として数段上手のラインハルトが慎重に哨戒を行えば同盟3個艦隊の位置と通信状況、帝国軍2万隻の進路と退路の条件次第で難しいにせよ不可能ではないだろう(損害ゼロは描写されてませんので悪しからず。軽微だったでしょが)くらいは『頭の悪い人間の無理なこじつけによる誹謗中傷』でなければ想定して納得しそうですけど?

「もっといい手段があったのに」か「絶対不可能」か、もっとハイレベルな説をお聞きしたいものです。

> > 拙稿7569
> > > >  嫌いな作品だからと言って読み飛ばした挙句にデタラメで
> > > > 誹謗するというのは方向性は違えど田中先生を上回る卑劣な
> > > > 電波っぷりだと思います。
>
>  読み飛ばした覚えもデタラメを言った自覚もないのですが、どうしたものでしょう?

No. 7229 Re:間を空けてすみませんが
No. 7534 Re:『銀英伝』第6巻、P.174

 ここで加えておいた短文多量『電波』への反論への抗弁・説明はほぼ絶無ですので

> No. 7487 『銀英伝』第6巻、P.174
> ろくでん 2007/03/21 18:21
> S.Kさん、ろくでんです。

> > うざったいという事であれば陳謝して
> > 以降少々慎みましょう。

> そういうことではありませんのでご安心を。
> ただ全てにレスを返せない点はご理解ください。

これを前提にしたって「ああ、そこまでは『言い訳の余地のない与太』と認めてくれたんだな」と判断して当然でしょう。

 大人しく
『そうだー黙れーこのAチーム(当時ろくでん)大権現猊下のご宣託の邪魔をするなーお……く、クルッ、宇宙の電波がキターッ!!』
と名言しておけば
「ああ発言者の『実相』が衆目に知れたな」と大人しく手間無く以後『行き着くところまでは』お好きにさせてさしあげられたんですがねえ。

>「黙っていろ」が建設的な解決策とも思えませんが。

 仕方がないでしょう、Aチームさんは『同盟兵士の飢餓と敵地での曖昧な行動指針への深刻な不安』のごく一般的かつ堅実健全な手法を説明できないんですから『電波』『与太』『デタラメ』、そして『そんなモノが意見として扱われる『ヒハンケージバン』としてごく一般的水準の田中芳樹ファンに対しこの掲示板の損なわれる面目』という『マイナス』よりは沈黙という『ゼロ』を他人に宣託されて。

 とにかくここでAチームさんの『与太』に価値を見出している人はまずいないので、「貴方(Aチームさん)の意見の価値は貴方自身が作ったプログや批判掲示板で衆目に問うべきだろう」とは複数の方々にお勧めいただいたんじゃないですか?

>読み飛ばしてるのは私だけではないでしょう。
>S.Kさんだって#7753でヤマムラ軍医がロボスの昼寝を伝えたと
デタラメを書いていますし。

「『銀英伝』を睨んで涎垂らして誹謗してから鎮静剤を静脈注射しないと危なくて仕方ない」Aチームさんじゃないので、ある程度楽しんだ本は手元から離す事もあるのでそういう恥ずかしい間違いも起こるわけでして(グリーンヒル大将の説明でしたね、失礼。……より『最悪』だと思わないあたりがAチームさんの『電波』たる由縁ですか)。

 で、「ロボスが『昼寝』をしていると部下に言われて事実その通りな訳ですが

> > > > 参考までにパウル・フォン・オーベルシュタインという男を
> > > > ご存知ですか?
>
>「どうだ、俺が見込んだ男はすごいだろう?俺様最高!」
> やっぱり希望は見出せません。ヴェスターラントでラインハルトとキルヒアイスの仲を裂き、要らぬ「No.2不要論」でキルヒアイスを殺し、シャフトの浅知恵にほいほいと乗っかって、ガイエスブルクとケンプを失い、(中略)ラングを出汁にロイエンタールとの間で内戦をおっ始め、法治国家ならぬ徳治国家であるローエングラム朝において君主の名誉を汚し、トリューニヒトの黒幕を血眼になって探し回る阿呆でしょ。

『一部間違いを含む現実』が『デタラメ』なら、上記は『言論テロ』ですか『掲示板荒らし』ですか『おやつを黙って食べておうちの人に叩かれた腹いせ』ですか。

 いずれにしても『(投稿を)遠慮して当たり前』のレベルですね。

収録投稿185件目
battle2 - No.32

何とも

投稿者:平松重之
2007年07月15日(日) 01時43分

<#7756、#7757は#7755を読む前に書き上げてあったもので、#7755はこれらをアップした際に気が付いたものだと記憶しています。>

 でしたら、「遅れて申し訳ありません」の他に「見落としていました。不注意で申し訳ありません」くらいのお詫びの文章は書いた方がいいと思うんですけどね。Aチームさんは議論をなさる前にまずご自分を十二分に省みる必要がおありだと思います。

収録投稿186件目
board4 - No.7788

Re:時間をあけてこれですか

投稿者:不沈戦艦
2007年07月15日(日) 02時37分

>  私にとってはごく自然な話の流れだったのでそれが迷惑に当たるとの認識は
> ありませんでした。「ドーリットル隊はともかく空母部隊は日本軍に探知され
> ていた」とか「銀英伝世界の宇宙艦隊は自由に航路を選択できる海軍より戦略
> 機動に鉄道か道路を用いる陸軍に近い」とでもしておけばよかったのでしょう
> か?

 じゃあ「迷惑だ」という認識を持って下さいよ。

>「ドーリットル隊はともかく空母部隊は日本軍に探知されていた

 そう。こういう反論なら問題はないですよ。「こっそり敵の後方に回ることができるのか?」という主題ならね。

 ところで、この件についてですが、特設監視艇の存在を無視しないで下さいな。発見と同時に撃滅されてしまうような、漁船の命がけの監視活動をね。それで、この場合の銀英伝世界に、特設監視艇に相当するものがあったんですか?1巻の記述に、そんなことがあったとは全く記憶していませんが。「特設監視艇がなければ、米空母部隊の探知はできなかった」で話が終わってしまいますが、それでOKですか?

>「銀英伝世界の宇宙艦隊は自由に航路を選択できる海軍より戦略機動に鉄道か道路を用いる陸軍に近い

 航路がある程度決まっているのなら、それはあるでしょうね。だとしても、一本道しかない訳ではない以上、全部を監視できる訳ではない(監視に割り当てる戦力も有限である以上)し、監視しなければならない空間も広いと来ては、「見落としが出る」のはさほど不思議ではないでしょう。

> > >  これについてですが、以前常連だった「新Q太郎」氏が「作品の矛盾点については、それを整合性があるように説明するのが上級シャーロキアン」と言っています。「シャーロック・ホームズもの」の矛盾点を指摘することに喜びを覚えるのが「初級シャーロキアン」、矛盾点を上手に説明しようとするのが「上級シャーロキアン」です。このサイトでは、銀英伝に関しては「上級シャーロキアン」であるべきと考えている人が、古参常連に多いことは知っておいて下さい。
>
>  私は別に「初級」でも気にならないので無頓着でした。

 では、「無頓着」であることを止めて下さい。というか、そんな情けない言い訳はしないで下さいよ。「みっともない」という感覚くらいは、身につけましょうね。

> > >  しかも、矛盾点ですらなく、「書いていないこと」を「書いていない」ことを理由に非難しようというのは無茶苦茶です。だったら「敵の勢力圏をこっそり通って後方を攻撃することは無理な話」という主張は引っ込め、「書いていないから詳細については自分には分からない」とろくでん氏は降参すべきなんですよ。
>
>  「無茶」なのですか?ここはこの作戦の肝になる部分であって、その描写をあえて避けるというのは少しずるいと思います。

>アスターテだって同盟領内なのに侵略者のラインハルトの方が戦場全体を見渡してい

 さらっと「ダブルスタンダード」が出てくるのは何でなんですかね。これを肯定してしまうと、「侵略者の同盟軍」が「帝国領内」では不案内で帝国軍に隙をつかれるのことのどこが問題なのか?と貴方の主張からは導き出されて当然となってしまうではありませんか。「この作戦の肝になる部分」とのことですが、上のドーリットル隊の例もあるし、冬戦争でソ連軍と戦ったフィンランド軍が徹底したゲリラ戦で「地元の利」を生かして後方に回り込んで攻撃した例などもありますよ。戦史上で例がある訳ですから、「敵の後方に回り込んだこと」について「こんなことはできる訳がないのだから、実行手段について何が何でも詳細に書かねばならない」というのは、貴方一人の「妄想」でしかないです。

> > >  とにかく、「作品論を行うにあたって、その作品内で『事実』とされていることを無視したり否定する」のは止めていただきたいものです。そんなことをやっていては、議論にはなりませんよ?「魔法なんか存在する訳はないから、剣と魔法世界のファンタジー小説など意味がない」と言っているのと、大して違いはありはしないのですから。それとも、ろくでん氏の目的は、作品についての議論ではなく「何でもいいから田中芳樹非難」をやることなのですか?
>
>  ある程度のリアリティを前提とした作品では作品内で「事実」でも
> 常識から見て「おかしい」ってことはあるでしょう?アスターテだっ
> て同盟領内なのに侵略者のラインハルトの方が戦場全体を見渡してい
> て、地元の同盟軍が敵がどこにいるかも確認せずに包囲網を作ろうと
> するなんて。おまけに勝者は損害ゼロで次の戦いに参加できるんです
> よ。

「リアリティ」を言い出したら、銀英伝の場合は「さほど高いとは言えない」としか言わざるを得ませんね。特に、「移動要塞論議」に代表される、科学技術関係ついてはそうです。また、そんなに「リアリティ」が大事なのなら、いわゆる「ハードSF」をお読みになられてはいかがですか?貴方の趣味に合わない分野の作品である銀英伝にこだわるよりは、その方が貴方の「心の平穏」が保たれていいでしょうから。

収録投稿187件目
board4 - No.7789

Re:本気で返答になっていませんね

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年07月15日(日) 09時26分

S,Kさん、投稿野郎Aチームです。不沈戦艦さん、レスはしばらくお待ちください。

手短に現段階でできる範囲のレスです。

> 気づいた時点で
> 「考えて返答したいのでご猶予下さい」
> という一文を付け加える『極当たり前の配慮』の持ち合わせ
> はないんですね。

 これは全くおっしゃるとおりです。「そのうち書いとこう」と思っている内に書き込むタイミングを失ってしまいました。

収録投稿188件目
board4 - No.7790

Re:本気で返答になっていませんね

投稿者:S.K
2007年07月15日(日) 13時35分

>「そのうち書いとこう」と思っている内に書き込むタイミングを失ってしまいました。

「社会生活のマナー」として転用できるので
『即座には無理と判断した時点で可及的速やかに』
を心得ましょう。

 No.7783投稿の一週間前であってもいくらかましだった筈です。

 そもそもそのNo.7783で管理人さんに「お待たせしました」と断りおいて頭を下げるでもギリギリ許容されたんじゃないかと思いますし、逆にやらない人間は「何これ」扱いで当然でしょう。

収録投稿189件目
board4 - No.7791

Re:貴方さぁ・・・・

投稿者:不沈戦艦
2007年07月16日(月) 14時38分

>  これは全くおっしゃるとおりです。「そのうち書いとこう」と思って
> いる内に書き込むタイミングを失ってしまいました。

 貴方が何を考えているのか、何となく分かった気がしますよ。

 つまり、貴方は単なる娯楽小説である銀英伝を「人類の未来史における歴史的事実」として捉え、それに対して「後知恵の批判」を展開しているつもりなんですよね?

 何を訳の分からないことをやっているんですよ。少なくともこのサイトでは、田中芳樹作品を「娯楽小説」として捉え、それに対する批判やら「濃いファン」としての論議を行ったりはしています。しかし、貴方のように「全否定したい歴史的事実」として捉え、貶す行為だけを行いたいという人は誰も居ません。貴方以外にはね。

 はっきり言いますが貴方がやっていることは意味不明な上に無価値です。それに、貴方のような行為に賛同を得たいのなら、「場」は自分でお作りなさいな。少なくとも「田中芳樹を撃つ!」はそれに適していません。

 それに、批判云々以前にこの部分に代表されるような、致命的なまでの読解力の無さ。何とかなりませんか?

>  「どうだ、俺が見込んだ男はすごいだろう?俺様最高!」
> やっぱり希望は見出せません。ヴェスターラントでラインハ
> ルトとキルヒアイスの仲を裂き、要らぬ「No.2不要論」でキ
> ルヒアイスを殺し、シャフトの浅知恵にほいほいと乗っかっ
> て、ガイエスブルクとケンプを失い、(中略)ラングを出汁
> にロイエンタールとの間で内戦をおっ始め、法治国家ならぬ
> 徳治国家であるローエングラム朝において君主の名誉を汚し、
> トリューニヒトの黒幕を血眼になって探し回る阿呆でしょ。

 俺様最高どころか「予はあの男を好いたことは一度もない」だし、「No.2不要論」は「主張」として間違っている訳ではない(ラインハルトとキルヒアイスの関係だって、キルヒアイスが死なずに済んだところで、変化しない保証はない)し、結果としてキルヒアイスが死んでしまったのはそれこそ「結果論」でしかないし、「シャフトの浅知恵」に乗っかったのはオーベルシュタインではなくラインハルトだし(オーベルシュタインが提案したのは、ロイエンタールとミッターマイヤー以外を司令官にすることだった筈です)、ガイエスブルグとケンプを失ったのはケンプの戦術展開の拙さの為であるし、ロイエンタールの反乱はS.K氏も指摘している通りロイエンタールが状況に流された感はあるものの自分の意志で始めたことだし、トリューニヒトの黒幕とやらは、主体が地球教で王朝に害意を持ってテロ活動を繰り返してくる以上摘発するのが当然ってものでしょ。

 この部分を読んだだけでも、貴方って人が「銀英伝をロクに読んでいないクセに、否定感情ばかり剥き出しにしている」のは丸分かりなんですよ。そんな「程度」で「銀英伝全否定投稿」を繰り返されるのは、迷惑なだけです。やりたきゃ自分でブログでもこさえてやって下さいな。別に、誰も止めませんから。

収録投稿190件目
battle2 - No.34

彼の問題点

投稿者:不沈戦艦
2007年07月16日(月) 23時07分

「現実の世界と架空の銀英伝世界を切り離して見ることができない」

 こういうことなんじゃないでしょうか。あくまで「人類史の延長」として銀英伝を見てしまい、それに対して「現実世界の観点」から批判すると言ったスタイルです。移動要塞論争の「現実の科学技術の観点からは・・・・」と反対派に回っていた人たちのように。論拠とするものが、「科学技術の観点」ではなく、政治的な観点だったり軍事的な観点だったりしているだけで。銀英伝は創竜伝のように「架空世界にかこつけて、現実に対する作者の不満や批判が語られている」という訳ではなく、作者の思想信条が登場人物によって語られていて、現実世界の延長の未来史という形式で書かれてはいるものの、「架空世界で展開される娯楽小説」以外の何でもないんですけどね。

 それが彼には理解できないんじゃないでしょうか。

収録投稿191件目
board4 - No.7792

ループする議論

投稿者:KG
2007年07月21日(土) 06時07分

2年程前よりROMさせていただいている者です。貴サイトにおける議論の奥深さに感銘を受けております。田中氏個人への好悪はありませんが,銀英伝とアルスラーンはエンターテイメントとして好きですが,その他作品には今は興味が無いという立場です。

ろくでんさん(Aチームさん?)の書き込み「『銀英伝』第1巻 P214」#7508が3/30,今や4ヵ月が経とうとしています。管理人さんの#7755で終息するかと思いましたが,そうでもないようです。

スレッド全体の印象に過ぎませんが,S.Kさん,不沈戦艦さんはじめ常連の方のご発言は納得できるものでロジックも精緻なものだと思います。一方ろくでんさんの主張も,確かに疑問点があるもののトピックの選定としては独自性があり,面白いと思います。

流し読みながら掲示板のほとんどを一応読破しましたが,ろくでんさんの書き込みと,それに対する常連の皆さんの反応には目を通しています。その上で,#7508に始まる一連の書き込みは既に収拾がつかなくなっている印象がぬぐえません。

おそらく個人サイトでは希少と思われる,書き込みに対し逐一理論で応戦するスタイルはわかりやすく,感情に訴え同情を喚起し馴れ合いを誘発する手法に比べ,知的刺激をいただき楽しく読ませていただいています。

しかし,ろくでんさんおよび論駁されている常連の方々の能力やアイデアが,このスレッドに過剰に注力されることが勿体ないな,と最近感じております。

ろくでんさんと常連の方々の間にある論争も面白いのですが,本来このサイトの目的としていた議論とはかけ離れてはいませんか?議論をとことん突き詰め白黒つけるのは基本だと思いますが,このまま皆さんの知性が消費されるのはもったいないかな,と思います。

以上,初書き込みながら生意気なことを言ってしまいましたが,率直な感想(のつもりが長くなりましたが)です。レスを求めてはいませんが,反論されるのはここのルール上当然覚悟しています・・・ふぅ。

収録投稿192件目
board4 - No.7794

忠告

投稿者:S.K
2007年07月21日(土) 14時50分

「誹謗中傷」に「本道を教える」やりとりをKGさんが『議論』と呼びたければ、まあそれはご自由です。

 ただし「ループ」云々言っておいて現在とにかく静穏である事実とあのド阿呆(投稿野郎Aチームさん)の理解力不足、そして何人かのROMの方々と最低限No.7761 最後通告 以降の管理人さん、不沈戦艦さん、加えて私が『とことんウンザリしている』事実に気づかない、そして貴方の投稿をダシにあのド阿呆がまたクダラナイ短文ヨタを幾つも幾つもはき出す事を再開する可能性に気づかなかったと仰るのなら、『流し読み』程度で物事を理解して意見を述べるまでの知性と資格をKGさんが保持しているとは認めませんのであしからず。

 実際問題としてもしあのド阿呆の『次』があってそれがKGさんへのレスの形式をとったなら万難を排して文通するなり『始末』するなりして、『もうこの掲示板で際限ない電波短文投稿が蔓延しない様』責任をとってくださいね、絶対に。
「百回音読してから投稿」とかまでの意地悪は言いませんから少し慎みましょうね、多分それはKGさんの為でもありますから。

収録投稿193件目
board4 - No.7795

え〜、確かに私がいたしました。なんともはや申し訳もございません。

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年07月24日(火) 19時47分

 管理人さんからの沙汰が出るまで書き込みは自粛するつもりでしたが、自分の明らかな過ちに気が付いたので、ご忠告いただいた皆さんに対する義理を果たす意味で恥を忍んでお邪魔します。
 #7719の「ラングを出汁に」というのは私の思い込みでした。ロイエンタールの反乱に関しては完全に読み飛ばしていました。

収録投稿194件目
board4 - No.7829

Re:そうです、真に申し訳ありません

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年11月15日(木) 18時17分

不沈戦艦さん、亀レス失礼します、投稿野郎Aチームです。

>  じゃあ「迷惑だ」という認識を持って下さいよ。

 すみません。頭が悪いもので認識までかなりの時間と忠告が必要です。

>  ところで、この件についてですが、特設監視艇の存在を無視しないで下さいな。発見と同時に撃滅されてしまうような、漁船の命がけの監視活動をね。それで、この場合の銀英伝世界に、特設監視艇に相当するものがあったんですか?1巻の記述に、そんなことがあったとは全く記憶していませんが。「特設監視艇がなければ、米空母部隊の探知はできなかった」で話が終わってしまいますが、それでOKですか?

 一巻にはありませんが三巻に無人の偵察衛星というのが出てきます。

>  さらっと「ダブルスタンダード」が出てくるのは何でなんですかね。これを肯定してしまうと、「侵略者の同盟軍」が「帝国領内」では不案内で帝国軍に隙をつかれるのことのどこが問題なのか?と貴方の主張からは導き出されて当然となってしまうではありませんか。「この作戦の肝になる部分」とのことですが、上のドーリットル隊の例もあるし、冬戦争でソ連軍と戦ったフィンランド軍が徹底したゲリラ戦で「地元の利」を生かして後方に回り込んで攻撃した例などもありますよ。戦史上で例がある訳ですから、「敵の後方に回り込んだこと」について「こんなことはできる訳がないのだから、実行手段について何が何でも詳細に書かねばならない」というのは、貴方一人の「妄想」でしかないです。

 「ダブスタ」とは思いません。帝国はフェザーン占領まで同盟内の地理には不案内です。対する同盟はイゼルローン占領で軍用航路(作中記述はありませんが、あってもおかしくはないでしょう)まで入手しているはずです。

>  その方が貴方の「心の平穏」が保たれていいでしょうから。

 私は私なりに楽しんでやっていますよ。

収録投稿195件目
board4 - No.7830

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年11月15日(木) 20時14分

S.Kさん、亀レス失礼します、投稿野郎Aチームです。

>  先にNo.7755に答える程度の礼儀の弁えは?
>  管理人さんからの質問ですよ。

 はい、非礼の限りでした。

>  何の話か知りませんがラインハルトの指揮する『アムリッツァ
> 会戦』の話でない事だけは終始危なげのなかった本編からも確か
> ですね。
>  ビッテンフェルトが叱責されたのは『勝敗を危うくした』訳
> ではなく『予想以上の損害を蒙った』事に起因しますし。

 そんなことはありません。第一巻、P.228を読み返してください。

>  そう、私曰くの『論外中の論外』が指揮官で『多くの味方を
> この不毛な遠征から逃がしてやれる』となれば、ヤン・ビュコック
> ・ウランフ並の提督なら最大級の時間稼ぎと帝国軍への損害を
> 重ねつつ、残り五個艦隊を逃がしてやれた方が自然でしょう。
>  対戦相手の組み合わせによってはあるいは艦隊の八、九割を
> 失いつつでもヤンくらいは逃げられるかも知れません。
>
>  ここまでいらん心配をさせる『Aチーム案』を帝国で提出すれば
> 『利敵・売国行為』以外に呼びようがないですね。

 「いらん心配」とは何を指すのでしょう?先鋒に優れた人材を充てるのは当然のこと。いつかは戦わねばならない存在ならば、できるだけ有利な条件(この場合は「3倍の兵力」)で戦うのが道理でしょう。S.Kさんの仰り様はフォーク准将の「利敵行為」発言と変わりありません。

> 『同盟軍が降伏する(バーミリオン会戦)』はあれだけ詰って
> おいて『同盟軍の八割が降伏する(Aチーム仮定での帝国遠征)』
> は同情するって何ですかそれは。

 ちゃんと文章を読んでください。同情の相手は「リンチ少将」、降伏するのは先鋒「三個艦隊」です。それに降伏ですめば帝国軍の損害も少なく、無傷の敵艦がただで手に入ります。同盟側から見ても先鋒が武装解除を受けている間に残り五個艦隊は撤退できたでしょう。

>  結果として『二十万対三万、しかも『奇跡のヤン』は死ぬか
> 捕虜』の状態で自由惑星同盟がどう存続できると言うんです。

 一人の天才に国の命運が握られているという時点でその国家はもう終わりですね。

> 「腹が減っては戦はできぬ」とは私が言い出した訳ではないですが
> 白兵戦じゃなくてもカロリーは消費されるので日常以上に空腹が
> 悪影響を及ぼさない訳がないでしょう。

 昔から「兵隊は故郷から手紙が来なくてもずっと生きていける、食料がなくても一週間は生き延びる、水がなくても二日や三日は死にはしない。しかし、弾薬がなければ一時間も生きていくことはできない」と言われています。同盟軍は弾薬なら山ほど抱えていますよ。

> 『戦術技能の身体機能のエキスパート』に全兵士を育成できる
> 訳がありません。

 韓国海兵隊は志願制ですが、一度入隊すると一人前になるまで除隊できないそうです。

>  そういう訳で徴兵した無能なAチーム三等兵に『空腹を超えた
> 超人芸』ができないなら『黙ってろ』そういう事です。

 私は院卒ですので三等兵ってことはないでしょう。軍事教練を受けて少尉任官です。能力的にも一科目とはいえ全国模試で満点を取れるだけの頭脳を持ち合わせていますし。

収録投稿196件目
board4 - No.7831

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:S.K
2007年11月16日(金) 17時27分

> S.Kさん、亀レス失礼します、投稿野郎Aチームです。
>
> >  管理人さんからの質問ですよ。
>
>  はい、非礼の限りでした。

 それは宜しいです、では貴稿7795

>管理人さんからの沙汰が出るまで書き込みは自粛するつもりでした

この間、別の人のやりとりで管理人さんは「必要と思われないレスはしない」旨申されてますがそれを押して今更何のデマを流し足りない訳ですか。

>  そんなことはありません。第一巻、P.228を読み返してください。

 ないので読み返せませんし、そういう時は「どうだった」と話をもってくる方が説明するものでしょう。
 ところでビッテンフェルドはしくじりその両翼に展開する帝国軍は追撃の足をとめても黒色槍騎兵艦隊の救助と防護に回らねばならなくなった次第ですが、ヤン、もしくは残存同盟艦隊にその隙に乗じて史実の「退却」以外の選択肢があるんですか?

>  「いらん心配」とは何を指すのでしょう?

「ヤン・ウェンリーと同盟遠征軍中五個艦隊が無事」という本来のアムリッツァ会戦に無い帝国にとって大馬鹿野郎Aチームなオチです。

> いつかは戦わねばならない存在ならば、
> できるだけ有利な条件(この場合は「3倍の兵力」)で戦うのが道
> 理でしょう。S.Kさんの仰り様はフォーク准将の「利敵行為」発言
> と変わりありません。

 ヤン一人より同盟一個艦隊が潰れてくれる方が有難いので史実の分散奇襲をやる訳です。
 成果はご存知の通りかと。
 フォーク案の結末と銀英伝1巻の結末の差がフォーク准将の「利敵行為」発言と私の説明の差ですよ。

>  ちゃんと文章を読んでください。同情の相手は「リンチ少将」、

 Aチームさんの同情が欲しいくらいならグリーンヒル大将の期待と同情に応えて着手前に全部自供したでしょうね、リンチ。

> 降伏するのは先鋒「三個艦隊」です。それに降伏ですめば帝国軍
> の損害も少なく、無傷の敵艦がただで手に入ります。同盟側から
> 見ても先鋒が武装解除を受けている間に残り五個艦隊は撤退でき
> たでしょう。

 まあ帝国というかラインハルトに多少なりとも益する形で降伏するなら先ず「砲塔の自爆と燃料投棄を10分以内に行う」のは必須で、それをやれば結局五個艦隊は追撃を喰らう訳で、まあ「同じラインハルトの勝ちで話が盛り上がらないだけ無意味」でしょうねえ。

> >  結果として『二十万対三万、しかも『奇跡のヤン』は死ぬか
> > 捕虜』の状態で自由惑星同盟がどう存続できると言うんです。
>
>  一人の天才に国の命運が握られているという時点でその国家は
> もう終わりですね。

 2巻以降の同盟に勝機はないんですよ。
 だから「いかにして戦わないか」ヤンは悩む訳で、「子供なんだから民主主義国家は匿って帝国亡命政権建てさせてやれよ」とか言う人を「無責任な馬鹿」と私は糾弾する次第でして。

>  昔から「兵隊は故郷から手紙が来なくてもずっと生きていける、
> 食料がなくても一週間は生き延びる、水がなくても二日や三日は
> 死にはしない。しかし、弾薬がなければ一時間も生きていくこと
> はできない」と言われています。同盟軍は弾薬なら山ほど抱えて
> いますよ。

 Aチームさんは「無責任な軍国主義」と「非科学的な根性論」が好きなのか嫌いなのか明確に表明しましょう。
 上記の科白はソレで、私はそれに「お前一人でやれ馬鹿」という主張をしております。

> > 『戦術技能の身体機能のエキスパート』に全兵士を育成できる
> > 訳がありません。
>
>  韓国海兵隊は志願制ですが、一度入隊すると一人前になるまで
> 除隊できないそうです。

 入隊試験及び審査の有無と総人数を聞かない事には話になりませんし、それで韓国人の成人男子全員が海兵隊員資格を持てるという証明はAチームさんに求めるべきでしょうね、筋として。

>  私は院卒ですので三等兵ってことはないでしょう。軍事教練を
> 受けて少尉任官です。能力的にも一科目とはいえ全国模試で満点
> を取れるだけの頭脳を持ち合わせていますし。

 貴稿7829

>すみません。頭が悪いもので認識までかなりの時間と忠告が必要です。

どちらを優先して欲しいんです?
「院卒」「全国模試で満点を取れるだけの頭脳を持ち合わせています」なら不沈戦艦さんは体よくAチームさんにおちょくられた事になりますね。
 くれぐれも「知能と世間知は違います」なぞという馬鹿な言い訳はしないで下さいよ、ここで要求されているのは共通して「知性を順当に運用し世間に対応する能力」なんですから。

 それにしても民主国家で軍人を志さず徴兵から始めたと言えばまず配備先は兵卒です、まあ仰る通りとすれば早めに士官過程に進める便宜は図ってもらえるでしょうが。
 何であれ1週間の断食無給水を経て周辺星域を警戒し、部下の不平を宥めつつ、占領惑星からの支援要請に暴動を伴わない納得を得て、司令部の次の指示を仰ぎ予想し備え始める、これだけできない士官なぞ作中より増える必要はないですし、できない人間はまあやはり

>「兵隊は故郷から手紙が来なくてもずっと生きていける、
> 食料がなくても一週間は生き延びる、水がなくても二日や三日は
> 死にはしない。しかし、弾薬がなければ一時間も生きていくこと
> はできない」

なぞという与太を飛ばしてはいかんのと違いますか。

 まあ要するにAチームさんが「銀河英雄伝説」という作品に途轍もない勘違いと偏見を抱いているのは了解しましたので以後あまり無駄な返答は避ける方針で行こうと思います。
ただ一つ他所様宛てのレスに恐縮ではありますが貴稿7829

> > その方が貴方の「心の平穏」が保たれていいでしょうから。
>
> 私は私なりに楽しんでやっていますよ。

 Aチームさんの投稿による他人の迷惑と不快はどう始末するつもりで他人の管理運営する掲示板でその電波とまで評された投稿を続けるのですか?
「Aチーム氏の見識を評価しその論評が減られる事がこの『田中芳樹を撃つ!』に貴重な事だ」と管理人さん及び他の投稿者及びROMの方々が思うのであれば私としては是非もありません。
拙稿7760より依然状況は変わらずなおそれを良しとするなら、まあそれはそういう事なんでしょう。

収録投稿197件目
battle2 - No.92

あーしつこい

投稿者:S.K
2007年11月16日(金) 17時34分

 風邪が2週間治る気配もないので早退して病院言って
帰ってきてPC開いてバドワイザー吹いちゃいました(笑)。

 いや厄介事って忘れた頃に来るもんですねえ。

収録投稿198件目
board4 - No.7832

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:盗塁王赤星
2007年11月19日(月) 02時42分

7829
>すみません。頭が悪いもので認識までかなりの時間と忠告が必要です。

7830
>能力的にも一科目とはいえ全国模試で満点を取れるだけの頭脳を持ち合わせていますし。

ペーパーテストは得意だけど、相手の意見を理解したり、場の空気を読んだりすることは出来ないということですか?決して将校になってはいけないひとだとおもうなあ。
だってそれってアンドリュー・フォー…

収録投稿199件目
board4 - No.7834

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:S.K
2007年11月19日(月) 17時44分

> ペーパーテストは得意だけど、相手の意見を理解したり、場の空気を読んだりすることは出来ないということですか?

 No.7785への回答にNo.7786でお詫びの一言も入れず、しかもまだ管理人さんには「ごめんなさい」する気配もない人ですから。
 もっとも今現在の読解力を鑑みるに、No.7830の過去とNo.7829の現在に何か深刻な頭部方面の事故か病歴が挟まってるんじゃないかと思いますが。

> 決して将校になってはいけないひとだとおもうなあ。
> だってそれってアンドリュー・フォー…

 それは「士官学校卒業後後方勤務で二十代のうちに准将となり軍参謀本部でも信任厚く政治家にも覚えのめでたい社交性を持つ未来の元帥最有力候補」アンドリュー・フォーク准将もあの人と一緒の扱いじゃ不名誉の上塗りでしょう。
「侵攻艦隊を迎撃しないで、全く無意味な領土惑星を干したまま広範囲に展開して機を伺う」宇宙規模の焦土戦術も「大規模侵攻艦隊が即座に迎撃されない」事態はヤンやビュコックでさえあの時代においては「具体的にこういう危険があるからやめましょう、やるなら分散は避けましょう、占領地経営なんかできる経済状態じゃないから示威パレードだと思って何もない時は諦めて帰りましょう」とは指摘できない発想でしたしね。
 もっとも「失敗を認めて損失を最小限に抑える」という心性において幼児以下であり、あまつさえその失敗で精神の均衡に亀裂を入れてしまうような脆弱な精神はいい歳の男として褒められたモンじゃない事も事実ですが。

 でもやっぱり誰かと褒められない欠点を共有しているからといってフォークの1巻当時の長所まで味噌糞一緒くたに否定するのも可哀想かなとちょっとパトリチェフ少将風に柄にもなく。

収録投稿200件目
board4 - No.7835

Re:アムリッツァ会戦

投稿者:盗塁王赤星
2007年11月19日(月) 19時19分

> でもやっぱり誰かと褒められない欠点を共有しているからといってフォークの1巻当時の長所まで味噌糞一緒くたに否定するのも可哀想かなとちょっとパトリチェフ少将風に柄にもなく。

ごめんなさい。
そうですよね、フォークさんにだっていいところたくさんありますよね。声もアムロに似てるしさあ(笑)

収録投稿201件目
board4 - No.7837

Re:いえいえ

投稿者:S.K
2007年11月19日(月) 19時47分

>声もアムロに似てるしさあ(笑)

 むしろ「格好付けて結果的にスベる」あたりがタキシード仮面かと(笑)。
 ヤン暗殺シーンで透過光バックにバラ咥えてたらちょっと見直してたかも知れません。

収録投稿202件目
battle2 - No.93

キ○ガイを撃つ!

投稿者:ROM
2007年11月19日(月) 23時37分

>もっとも今現在の読解力を鑑みるに、No.7830の過去
とNo.7829の現在に何か深刻な頭部方面の事故か病歴が
挟まってるんじゃないかと思いますが。

「院卒」ってのは「病院卒」のことなんじゃないですか?
病院を卒業するかどうかはこの際置いといて。

収録投稿203件目
board4 - No.7838

このスレッドについて(重要)

投稿者:本ページ管理人
2007年11月20日(火) 00時05分

このスレッドは、冗長になっているうえ、期間が空きすぎてリアルタイム制が失われており、しかも論点拡散までしています。
掲示板の他の話題の妨げになりますので、この書き込みを最後に、当スレッドへの投稿はご遠慮ください。
これ以降の書き込みは警告無く削除の対象となります。

どうしても、この話題での議論を続けたい場合には、場外乱闘掲示板へ移動してください。

※空気の読めない投稿には、反論・揶揄ではなく、放置・黙殺を推奨ということで、よろしくお願いします。

収録投稿204件目
battle2 - No.94

ハックシュタインでしたっけ?

投稿者:@田中芳樹を撃つ
2007年11月20日(火) 00時15分

「士官学校を首席で卒業したが、それでもバカが直らなかったのか」(うろおぼえ)

収録投稿205件目
battle2 - No.95

「……バカはきらいだ」

投稿者:平松重之
2007年11月20日(火) 01時59分

 道原かつみ氏のコミック版ですね(マルカード・フォン・ハックシュタイン少将とルーカス・フォン・レーリンガー准将)。
「知識がある=その知識を使いこなす器量がある」とは限らないという事でしょうね。今更ですが、Aチーム氏も問題提起をなさる前に今少しご自分の議論スタンスや場の空気というものを再確認なさった方がよかったかと思います。

収録投稿206件目
battle2 - No.96

「主席」は学部入試の時だけだったなぁ。

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年11月20日(火) 20時15分

 金がないので滑り止めを受けさせてもらえず、
下宿もできなかった
ので選択肢が非常に限られ
てた。院試は他人と比べるものじゃないし。

収録投稿207件目
battle2 - No.97

管理人さんへ

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年11月24日(土) 22時26分

 掲示板を混乱させてしまい申し訳ありませんでした。私としては良かれと思い4ヶ月の冷却時間を置いたのですが、それが議論の妨げになるとは知りませんでした。重ねてお詫び申し上げます。

収録投稿208件目
battle2 - No.98

4ヶ月だなんて・・・

投稿者:ROM
2007年11月24日(土) 22時48分

46億年くらい冷却期間を置けば、きっと良い結果が出ますよ?

収録投稿209件目
battle2 - No.99

宇宙家族カールビンソン

投稿者:S.K
2007年11月25日(日) 02時57分

>病院を卒業するかどうかはこの際置いといて。

「治らなくてもそれなりに退院は出来るアルよ」のパターンかと(笑)。

>「主席」は学部入試の時だけだったなぁ。

 なら模試はA判定だったでしょう、家計の手助けになった事か不要な入試の分増えた入学祝いで満足したらどうです?

 あと表で1つ可能性の見落としがあったので足しといてあげましょう。
 理系で優秀な学生であれば、仰る過程で「技術士官」「医学士官」に任官できた可能性はありましたね。
 もっとも「ダウンサイズィング戦艦用自給プラント」か「ゼッフル粒子撹乱場発生装置」の開発チーム所属でもない限りアムリッツァ会戦で配給に精出した兵隊の万分の一も役に立ったか大いに疑問ですが。

収録投稿210件目
battle2 - No.100

なぜ「カールビンソン」?

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年11月25日(日) 08時05分

>なら模試はA判定だったでしょう

当然。

>不要な入試の分増えた入学祝いで満足したらどうです?

んなもん誰からももらっとりゃせんわい。

収録投稿211件目
battle2 - No.101

Re:「……バカはきらいだ」

投稿者:投稿野郎Aチーム
2007年11月27日(火) 21時15分

平松さん、私の弟も東工大の院を出てるのですが、借金こさえて実家に帰ってきました。

2007年度版1の関連リンク一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加