初代管理人の本論8 関連議論集5

評論を語る姿勢

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツの総収録投稿数69件の内、54〜61件目の投稿を掲載

収録投稿54件目
board3 - No.577

管理人様へ

投稿者:青いニット帽
2001年02月12日(月) 07時48分

初めまして。青いニット帽と申します。

私は高校時代に田中氏の本と出会いました。『銀河英雄伝説』です。
以後、『創竜伝』等も愛読しています。

このHPについて意見させていただきます。
宜しくお願いいたします。

-------------------------------------------------------

>それにしても……
>>知らないのは当の日本人だけてある。
>って、じゃあこれ書いてるあんたはどこの人だよ?(笑)

これは揚げ足取りにしか見えず、このHPの品格を下げていると思います。
「(笑)」と書いてありますし、ジョークなのかもしれませんが、
「嫌いだからこのHPを作った」と明言されている以上、
ああ、何でも良いから文句を言いたいのかな?と、思ってしまいます。

「日本人」と書いてあるから、
「知らない人は日本人じゃない」→「あんたはどこの人?」
というのは余りに幼稚で短絡的だと思います。

私も「男は浮気するものだ」と発言(=言い訳)している浮気男を見て、
「男」じゃなくて「お前」だろ!と、腹を立てるなどしており、
そういう「男」とか「日本人」という全体的な言い方が嫌いでは
ありますが、だからといって、

「俺をはじめとする、スケベだけど本気の相手に少しはやましさを
感じていて、怒られたら反省するけどやっぱり他の女とも遊びたい
と思っている、おそらく大多数(だといいな〜)の男」

と、発言しろ!などと言うつもりは全くありません。
稚拙ではありますが、私の言いたいところが伝わりますでしょうか?

さて、私事になりますが、
小学校以来の理数系一辺倒だった私が、田中氏の作品を読んで以来、
歴史や政治に興味を持ち、また複数の物事の捉え方をする事を覚えました。

それで良いとは思われませんか?
情報の発信側が受信側の、受信後の行動、思想に対して全責任を負う
事は事実上不可能ですし、その必要も無いと思います。

私がこういう言い方をするのは、
発信側のいい加減で低俗な情報を鵜呑みにしている受信者の目を開かせてやる!
という事を目的としているHPなのかな、とお見受けしたからで、
それならば田中芳樹じゃなくていいだろう、テレビ番組の方だろう、
と思ったからです。受信側への影響を考えれば今は圧倒的にテレビですから。

#ユニクロの50色フリース販売のページが、ヤフー、楽天に続いて
ネット視聴率3位になったりしていましたし。

結局私が言いたかったのは、
「田中芳樹のいかがわしさを立証していきたい」という行動が、
「知名度の高さならば日本の中でも有数の作家」に対する嫉みから
きているのでは?と、思われる表現があるのは残念です。

という事です。

以上です。
乱文乱筆失礼いたしました。

追伸

蒼穹の昴      浅田次郎
覇拳必殺鬼     今野敏
スティルライフ   池澤夏樹
カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー

管理人様がお好きだとおっしゃった本ですが、
恥ずかしながら私はこれらを一度も読んだことがありません。
まずはドストエフスキーあたりから読んでみようと思います。

収録投稿55件目
board3 - No.579

Re: 管理人様へ

投稿者:モトラ
2001年02月12日(月) 10時57分

はじめまして。管理人さんあてですが、私からも。

> >それにしても……
> >>知らないのは当の日本人だけてある。
> >って、じゃあこれ書いてるあんたはどこの人だよ?(笑)
>
> これは揚げ足取りにしか見えず、このHPの品格を下げていると思います。
> 「(笑)」と書いてありますし、ジョークなのかもしれませんが、
> 「嫌いだからこのHPを作った」と明言されている以上、
> ああ、何でも良いから文句を言いたいのかな?と、思ってしまいます。
>
> 「日本人」と書いてあるから、
> 「知らない人は日本人じゃない」→「あんたはどこの人?」
> というのは余りに幼稚で短絡的だと思います。

田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢が感じられて、私はイヤですね。というより、正直この部分が、このHP全体の品位を問題にするにあたっての象徴というほどのものとは思えません。失礼ながら、このページを読んで何か反論をしたいばかりに、とりあえず掘り出しただけなのでは?

> 結局私が言いたかったのは、
> 「田中芳樹のいかがわしさを立証していきたい」という行動が、
> 「知名度の高さならば日本の中でも有数の作家」に対する嫉みから
> きているのでは?と、思われる表現があるのは残念です。

普通に読めば、あの表現から田中に対する「皮肉」は感じられたとしても、「嫉み」は読み取れません。「その部分だけでなく、HP全体の各所にある表現」だとすれば、ぜひ指摘していただきたい。私自身の書き込みも、問題があれば訂正する用意はあります。

収録投稿56件目
board3 - No.587

Re: 管理人様へ

投稿者:本ページ管理人
2001年02月13日(火) 00時24分

こんにちは。

>>それにしても……
>>>知らないのは当の日本人だけてある。
>>って、じゃあこれ書いてるあんたはどこの人だよ?(笑)
>
>これは揚げ足取りにしか見えず、このHPの品格を下げていると思います。
>「(笑)」と書いてありますし、ジョークなのかもしれませんが、
>「嫌いだからこのHPを作った」と明言されている以上、
>ああ、何でも良いから文句を言いたいのかな?と、思ってしまいます。
             中略
>私も「男は浮気するものだ」と発言(=言い訳)している浮気男を見て、
>「男」じゃなくて「お前」だろ!と、腹を立てるなどしており、
>そういう「男」とか「日本人」という全体的な言い方が嫌いでは
>ありますが、だからといって、
>
>「俺をはじめとする、スケベだけど本気の相手に少しはやましさを
>感じていて、怒られたら反省するけどやっぱり他の女とも遊びたい
>と思っている、おそらく大多数(だといいな〜)の男」
>
>と、発言しろ!などと言うつもりは全くありません。
>稚拙ではありますが、私の言いたいところが伝わりますでしょうか

 失礼ですが、「男が浮気をするものだ」の比喩はこの場合まったく妥当だとは思えません。
 なぜなら、「男は(絶対に)浮気をする」ということは、『男全体に責任があるのだから俺一人の責任だけ責めるなよ』(わかりやすくいえば)ということだからです。
 田中芳樹の「知らないのは当の日本人だけである」は、これとはまったく責任の所在が逆で、『日本人全体に責任があるけど、ちゃんと指摘してやっている俺には責任がないんだよ〜』と言っているわけです。
 モトラさんが随分フォローしてくださいましたが、両者の違いや批判点についてご理解いただけましたか?

>私がこういう言い方をするのは、
>発信側のいい加減で低俗な情報を鵜呑みにしている受信者の目を開かせてやる!
>という事を目的としているHPなのかな、とお見受けしたからで、
>それならば田中芳樹じゃなくていいだろう、テレビ番組の方だろう、
>と思ったからです。受信側への影響を考えれば今は圧倒的にテレビですから

このサイトが「インチキマスコミを撃つ!」や「サヨク思想を撃つ!」ではなく「田中芳樹を撃つ!」である意味を考えてください。
それが、答えです。

収録投稿57件目
board3 - No.601

Re: 管理人様へ

投稿者:Bosuque Omu
2001年02月14日(水) 12時44分

> さて、私事になりますが、
> 小学校以来の理数系一辺倒だった私が、田中氏の作品を読んで以来、
> 歴史や政治に興味を持ち、また複数の物事の捉え方をする事を覚えました。
>
> それで良いとは思われませんか?

実はワタクシこの部分は共感できます。どんな悪い土台でもそれが無ければ知識は育たないものだと思います。私も創竜伝を叩き台にして現在の思想に到達しました。でもいくら恩師とは言え巣立ったからには、知識、思想の面では手加減する必要はありません。勿論ひたすらアンチを貫いたりはしませんが、敬意を持ちつつも批判していきたいと思います。

収録投稿58件目
board3 - No.623

Re^2: 管理人様へ

投稿者:青いニット帽
2001年02月16日(金) 10時56分

ご意見ありがとうございます。

> 田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢が感じられて、私はイヤですね。というより、正直この部分が、このHP全体の品位を問題にするにあたっての象徴というほどのものとは思えません。

確かにこのHPの膨大な量の文章を全て読んだ訳ではありません。
「全体の品位」を云々するのは大それた行為でした。

ところで、
> 田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢が感じられて、私はイヤですね。

とおっしゃるのは、反射的に反抗したくなるという話でしょうか?
私は目を開け、と言われたら試しにつぶってみようかな、と反射的に考える事が多々あるのですが、そういう理屈じゃないところの話でしょうか?

ややこしい表現になりますが、
「私は何も気づいていない無知な読者と違い、『田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢』が鼻につくんだ」
という事であればおかしな話だな、と。

これこそ揚げ足取りになってしまい申し訳ないのですが、
つまり私が言いたいのは、銀河英雄伝説の中で、
「信念なんて持ってる奴はろくなもんじゃない」というヤンの言葉に対し、
「というのがヤン提督の信念なんですね」とユリアンが面白がる、
という様な(正確な引用でなく申し訳ありません)シーンを書いている位ですから、きっとご自身でも『田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢』にみられる可能性について自覚していて、ひょっとしたらそう受け取られる可能性のある文を書く事を、ユリアンの様に、自分自身で面白がっている可能性もあるのかな、と私は思っています。

かなり善意の解釈だと思われるかもしれませんが、私は各作品を読んだ印象から、田中芳樹氏が単純に「自分は無知な庶民よりも高みにいる」と喜ぶ人だとは考えにくいのです。

> 失礼ながら、このページを読んで何か反論をしたいばかりに、とりあえず掘り出しただけなのでは?

確かに失礼ですね。違います。
私は管理人様の真摯さを感じる程度にはこのHPを見たつもりです。
その上で、あれはセコイのでは?と感じたのです。

また、「セコイ」と感じてしまった事については、別途管理人様へのレスとして記述させて頂きます。

> > 「田中芳樹のいかがわしさを立証していきたい」という行動が、
> > 「知名度の高さならば日本の中でも有数の作家」に対する嫉みから
> > きているのでは?と、思われる表現があるのは残念です。
>
> 普通に読めば、あの表現から田中に対する「皮肉」は感じられたとしても、「嫉み」は読み取れません。「その部分だけでなく、HP全体の各所にある表現」だとすれば、ぜひ指摘していただきたい。私自身の書き込みも、問題があれば訂正する用意はあります。

「あの表現」は一見、あまりにセコイので「皮肉」という高等なものではなく「嫉み」から発したのではないか、という解釈は十分成立すると考えます。

また、私は「あなたは嫉んでいますね」と決めつけたわけではありません。
田中芳樹氏に対して幾らでも否定的にとらえることが可能な様に、管理人様にとっても同様に否定的にとらえた場合、そういう解釈もあり得る、という事を言いたかったのです。

管理人様直々のレスで丁寧に解説して下さいましたし、そういうお人柄を感じたからこその意見として書き込んだつもりでした。

以上です。

収録投稿59件目
board3 - No.624

Re^2: 管理人様へ

投稿者:青いニット帽
2001年02月16日(金) 11時37分

直々のレスありがとうございます。

>  失礼ですが、「男が浮気をするものだ」の比喩はこの場合まったく妥当だとは思えません。

そうですね。
お恥ずかしい限りです。

>  なぜなら、「男は(絶対に)浮気をする」ということは、『男全体に責任があるのだから俺一人の責任だけ責めるなよ』(わかりやすくいえば)ということだからです。

その通りです。
私が嫌いなのはそうやってみの隠れする言い方です。

>  田中芳樹の「知らないのは当の日本人だけである」は、これとはまったく責任の所在が逆で、『日本人全体に責任があるけど、ちゃんと指摘してやっている俺には責任がないんだよ〜』と言っているわけです。

なるほど。そういう解釈なのですね。
そういう見方はしていませんでした。

>  モトラさんが随分フォローしてくださいましたが、両者の違いや批判点についてご理解いただけましたか?

お二人のレスにより、かなり理解できたと思います。
ありがとうございます。

> このサイトが「インチキマスコミを撃つ!」や「サヨク思想を撃つ!」ではなく「田中芳樹を撃つ!」である意味を考えてください。
> それが、答えです。

確かにそうでした。

単純に「セコイ」と感じてしまったあたり、「田中芳樹を撃つ!」の視線が欠けていたと認めざるを得ません。モトラさんの「何か反論をしたいばかりに〜」というご意見も出るべくして出たものと受け止めます。

#モトラさんへのレスでは思い切り反発していますが・・・(汗)

以上です。
ありがとうございました。
お騒がせしました。

収録投稿60件目
board3 - No.626

Re^3: 管理人様へ

投稿者:モトラ
2001年02月16日(金) 12時31分

> ところで、
> > 田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢が感じられて、私はイヤですね。
>
> とおっしゃるのは、反射的に反抗したくなるという話でしょうか?
> 私は目を開け、と言われたら試しにつぶってみようかな、と反射的に考える事が多々あるのですが、そういう理屈じゃないところの話でしょうか?
>
> ややこしい表現になりますが、
> 「私は何も気づいていない無知な読者と違い、『田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢』が鼻につくんだ」
> という事であればおかしな話だな、と。

「正義を説くものはまず疑ってかかれ」という田中芳樹の言葉を、現在の私が実践した上での結論です。影響を受けたのは田中芳樹ばかりではありませんし、別にアンチ田中という部分だけには基づくものではありません。

> これこそ揚げ足取りになってしまい申し訳ないのですが、
> つまり私が言いたいのは、銀河英雄伝説の中で、
> 「信念なんて持ってる奴はろくなもんじゃない」というヤンの言葉に対し、
> 「というのがヤン提督の信念なんですね」とユリアンが面白がる、
> という様な(正確な引用でなく申し訳ありません)シーンを書いている位ですから、きっとご自身でも『田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢』にみられる可能性について自覚していて、ひょっとしたらそう受け取られる可能性のある文を書く事を、ユリアンの様に、自分自身で面白がっている可能性もあるのかな、と私は思っています。
>
> かなり善意の解釈だと思われるかもしれませんが、私は各作品を読んだ印象から、田中芳樹氏が単純に「自分は無知な庶民よりも高みにいる」と喜ぶ人だとは考えにくいのです。

「銀英伝」のみから判断すれば、そうでしょう。当時は『田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢』にみられる可能性に自覚的であり、評論や私見が作品を食うことの無いように務めていた”のだと思います。でも、「創竜伝」からは、そのような自分を鏡に移す姿勢がが完全に欠落しており、キャラクターの言葉と地の文双方で、一方的な私見似に基づく評論を垂れ流すばかりです。

> > 失礼ながら、このページを読んで何か反論をしたいばかりに、とりあえず掘り出しただけなのでは?
>
> 確かに失礼ですね。違います。
> 私は管理人様の真摯さを感じる程度にはこのHPを見たつもりです。
> その上で、あれはセコイのでは?と感じたのです。
>
> また、「セコイ」と感じてしまった事については、別途管理人様へのレスとして記述させて頂きます。
>
> > > 「田中芳樹のいかがわしさを立証していきたい」という行動が、
> > > 「知名度の高さならば日本の中でも有数の作家」に対する嫉みから
> > > きているのでは?と、思われる表現があるのは残念です。
> >
> > 普通に読めば、あの表現から田中に対する「皮肉」は感じられたとしても、「嫉み」は読み取れません。「その部分だけでなく、HP全体の各所にある表現」だとすれば、ぜひ指摘していただきたい。私自身の書き込みも、問題があれば訂正する用意はあります。
>
> 「あの表現」は一見、あまりにセコイので「皮肉」という高等なものではなく「嫉み」から発したのではないか、という解釈は十分成立すると考えます。
>
> また、私は「あなたは嫉んでいますね」と決めつけたわけではありません。
> 田中芳樹氏に対して幾らでも否定的にとらえることが可能な様に、管理人様にとっても同様に否定的にとらえた場合、そういう解釈もあり得る、という事を言いたかったのです。

> 管理人様直々のレスで丁寧に解説して下さいましたし、そういうお人柄を感じたからこその意見として書き込んだつもりでした。
>
> 以上です。

受け止め方に関してはそれぞれですので、何も言うことはありません。ただ、「幾らでも否定的にとらえる」、坊主憎けりゃ袈裟まで…状態に陥らないように、私はしているつもりです。もちろん管理人さんも、他の方々も。

収録投稿61件目
board3 - No.628

Re^3: 管理人様へ

投稿者:
2001年02月16日(金) 14時51分

青いニット帽さん、はじめまして。
田中氏のファンとしてのご意見、これからもどんどん聞かせて下さいね♪

> ところで、
> > 田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢が感じられて、私はイヤですね。
>
> とおっしゃるのは、反射的に反抗したくなるという話でしょうか?
> 私は目を開け、と言われたら試しにつぶってみようかな、と反射的に考える事が多々あるのですが、そういう理屈じゃないところの話でしょうか?
>
> ややこしい表現になりますが、
> 「私は何も気づいていない無知な読者と違い、『田中芳樹が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢』が鼻につくんだ」
> という事であればおかしな話だな、と。

これは、ちょっと深読みしすぎだと思います。管理人さんの主張は、もっと単純明快に田中氏の「同じ日本人でありながら、でも自分は違うのだよ」という姿勢に対しての嫌悪だと思うのです。ですから、「私は何も気づいていない無知な読者と違い」などとは思っておられないでしょうね。

> とおっしゃるのは、反射的に反抗したくなるという話でしょうか?

↑う〜ん、これはちょっと違うと思います。「反射的に反抗してる」んじゃなくて、文章の意味を程よく咀嚼して、ちゃんと消化しきっているからこそ、田中氏の認識や姿勢に疑問を感じておられるわけです。

「気づいていないのは当の日本人だけである」(これを書いているのは、日本人の田中芳樹氏)

Qでは、日本人が気づいていないという根拠は?証拠は?(なぜ日本人は気づかないのか、という検証は作中には存在しません)

何の検証もなく、このような評論を小説の中でするということは、「田中芳樹氏が、自分を一段高みに置いて無知な庶民の目を開かせんとする姿勢が感じられて、私はイヤだ」

と、おそらく管理人さんはこのようにお考えになったはずです(注:私の勝手な想像ですので、間違っていたらごめんなさい)。
ちなみに、私も個人的に、この田中氏の認識はあまり好きになれません。ただし、ここが「田中芳樹を撃つ!」掲示板だからといって、田中氏の正論まで封じるような所業は誰もしていませんし、銀英伝やアルスラーン(初期)などは名作として正当に評価されています。そして、ここは公開の議論の場ですから、それこそ「反射的に反抗したくなる」なんて根拠では議論にすらならないことは、皆さんもちゃんとご承知されていると思いますよ、青いニット帽さん。

横槍で申し訳ありませんでした。失礼いたします♪

初代管理人の本論8の関連リンク一覧

初代管理人の本論 本文全一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加