初代管理人の本論2 関連議論集2

「渇しても盗泉の水を飲まず」について

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツの総収録投稿数40件の内、6〜11件目の投稿を掲載

収録投稿6件目
board1 - No.84

ちょっと誤解がありますね

投稿者:とっちゃんぼうや
1998年11月08日(日) 09時48分

「渇しても盗泉の水を飲まず」って、陸機が*孔子の故事を踏まえて*「不正で得られる利益を受け取らない」の意味で言ったんですよ。水経注によれば、孔子は泉の盗という(ただの地名)を憎んで、その地には滞在せず、水をも飲もうとしなかった故事があるわけで、これを孔子の故事にちなんだ格言とするのはあっているんですけど。

収録投稿7件目
board1 - No.85

ご指摘ありがとうございます!

投稿者:本ページ管理人
1998年11月08日(日) 14時16分

>とっちゃんぼうやさん

 こういう指摘があると、つくづくこのようなページや掲示板を作っておいて良かったと思います。

 ところで、

>水経注によれば、孔子は泉の盗という(ただの地名)を憎んで、その地には滞在せず、水をも飲もうとしなかった故事があるわけで、これを孔子の故事にちなんだ格言とするのはあっているんですけど。

という故事から、「困っているときでも紛らわしいことをしない」という意味の格言になったと思うのですが、やはり、小説中のような使い方をするのなら、孔子では無く陸機から引くべきではないでしょうか?

その点について、よろしければご教授願います。

また、この点に関しては、近いうちに本文に訂正文を入れたいと思います。

収録投稿8件目
board1 - No.86

盗泉

投稿者:ジント.リン
1998年11月08日(日) 16時28分

今.手元に資料がないので正確ではないのですが、盗泉というのは盗っ人の泉という意味の名前であるのでそんな名前の所には近寄らないという、名前だけであっても係らないようにすると言う精神の現れだったと思ったのですが。
それと、同様なことで、勝母と言う土地も母に勝つと言う地名なのでけしからん、と孔子は留まらなかったという話もあったようです。
今度資料を用意して詳しく書きましょうか?

収録投稿9件目
board1 - No.87

>盗泉

投稿者:本ページ管理人
1998年11月08日(日) 16時37分

>今.手元に資料がないので正確ではないのですが、盗泉というのは盗っ人の泉という意味の名前であるのでそんな名前の所には近寄らないという、名前だけであっても係らないようにすると言う精神の現れだったと思ったのですが。
>それと、同様なことで、勝母と言う土地も母に勝つと言う地名なのでけしからん、と孔子は留まらなかったという話もあったようです。

確かに、このような話はあったと思います。

>今度資料を用意して詳しく書きましょうか?
 よろしければ、お願いいたします。

収録投稿10件目
board1 - No.95

4.読みました。

投稿者:とっちゃんぼうや
1998年11月10日(火) 09時39分

盗泉はただの地名ですので。盗人などという意味は皆無です。わたしも陸機からとったのだと書いたほうがいいと思ったな〜。

収録投稿11件目
board1 - No.131

白川周一郎、うーん

投稿者:とっちゃんぼうや
1998年11月14日(土) 03時08分

あのあとに「飢えても周の粟は食まず」とあるけど、これって、孔子の言葉なんすか。だって、これたぶん、伯夷叔斉伝だよな、史記の。へー、あやしいなー。

初代管理人の本論2の関連リンク一覧

初代管理人の本論 本文全一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加