田中作品感想集
4−A

アルスラーン戦記11巻感想集(1)

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツの総収録投稿数15件の内、1〜15件目の投稿を掲載

収録投稿1件目
board4 - No.6659

アルスラーン

投稿者:如雲斎
2005年08月29日(月) 13時05分

9月21日?位に新作発売だそうですが…。
ホントにでるのか?と疑心暗鬼。
腕は落ちているから内容にほとんど期待などはしていませんが…
なんだか次はキングコングを書くとか書かないとか…

散々既出ですが、新しいこと始める前にとっとと宿題終わらせろと小一時間…
ホント終わってるな〜この作家

収録投稿2件目
board4 - No.6667

Re:アルスラーン

投稿者:蓮川睡蓮
2005年09月07日(水) 05時32分

はじめまして。

新刊出るらしいですねぇ・・
はやくタイタニアや灼熱の竜騎兵を完結させてほしい。むりでしょうけど。

収録投稿3件目
board4 - No.6668

Re:アルスラーン

投稿者:如雲斎
2005年09月07日(水) 20時46分

> はやくタイタニアや灼熱の竜騎兵を完結させてほしい。むりでしょうけど。

まったくです。
待ち始めて、早十数年…
遅筆にも限度があります。昔に比べれば随分ファンも減っていることでしょう。
最近のスカスカな内容からすると書かないほうが良いかもと思ってしまいますが。
読者をないがしろにしすぎですね。

収録投稿4件目
board4 - No.6682

楽しみな気もしますが

投稿者:もう社会人
2005年09月17日(土) 13時21分

 如雲斎さん、教えていただき、ありがとうございます。
 高校時代、角川に第九巻を見たのを思い出します。古本屋で、マックス・ウェイバーの「ユダヤ人」2冊を60円で買い、知り合いの大学生に3000円で転売して、アル戦の8巻までを一気に買いました。今にして思えば、あほですが、それもまた若気の至り。
 今は、立ち読みで済ませてしまえるのでしょうが、懐かしい作品には違いありません。あの頃のファンも、もうほとんど20代後半になっているのでしょうね。新規ファンを開拓できているのでしょうか?

収録投稿5件目
board4 - No.6683

Re:楽しみな気もしますが

投稿者:如雲斎
2005年09月17日(土) 17時00分

続き物はついつい買ってしまいますよ…
面白くなくなったと思っても続きが気になってしまいます。
1回読んでしまえば昔のように読み返す事も無くなりましたがね。
若いというか子供の頃に読んで共感できた内容も今となっては青い事言っているとしか思えなくなってしまいました。
やはり中学、高校位の子達が読めば共感できる部分があるので多少は新規のファンもできてはいるんじゃないかなとは思います。

私が許せないのがクランのように他人に書かせることです。これほど読者を馬鹿にした行為はそうそう無いと思います。地球儀シリーズもそんな事をしていたような記憶もありますし、いったい何を考えているのかさっぱり分かりません。いつも1冊で完結の小説だけを書いていればこんな思いをする事も無くなると思いますが…

出版社を変えるのもカンベンしてほしいですね、文庫がいきなりノベルズってバランス悪くてたまりません…

収録投稿6件目
board4 - No.6686

楽しみな気もしますが

投稿者:もう社会人
2005年09月19日(月) 14時45分

 お返事ありがとうございます。

 そうなんですよね。原作田中芳樹、ていうのが最近多いのです。この作者たちは喜んで田中氏の代作をしているのでしょうか?確かに細部の人物描写は田中氏は得意ではない(銀英伝でも)ですが、設定とかはうまいということなのだろうか。田中ブランドで売れるなら、まだまだ、ジュニア界では彼の影響力や購買力は多分にあるということなのでしょうか?

収録投稿7件目
board4 - No.6689-6690

アルスラーン11巻発売って前巻から何年たっていると思ってんねん(怒&嬉)

投稿者:一ファン
2005年09月19日(月) 21時11分

はじめてきましたが、このホームページの管理者は、田中芳樹の大ファンなんでしょうねー。また、媚びた感じがしないところなんか、田中芳樹氏が好きそうな感じだし、このホームページの存在を、本人も以外とよろこんでいるんじゃないでしょうか(笑)。

もっとも、昨今の田中芳樹の遅筆にはホントにあきれるばかりですし、この遅筆でファンを失っているのは事実でしょうね。

今回は、角川ではないのですね。さすがに角川もアホではないか。
こんなの許したら(前巻の発売から新巻まで10年ぐらいか?)、他の執筆者に示しがつかんもんなー(笑)。

光文社は、続きが読みたかったファンにはありがたいッス。
きっと、難しい契約問題の打開&感情のこじれの解消等に尽力されたに違いから・・・。
もっとも、次巻までにまた10年ぐらいかかったら、今度は光文社にもきられるんじゃなねーか(爆)

収録投稿8件目
board4 - No.6694

Re:アルスラーン11巻発売って前巻から何年たっていると思ってんねん(怒&嬉)

投稿者:一ファン
2005年09月21日(水) 19時02分

ついに出た!

収録投稿9件目
board4 - No.6695

Re:アルスラーン11巻発売って前巻から何年たっていると思ってんねん(怒&嬉)

投稿者:不沈戦艦
2005年09月21日(水) 22時22分

> ついに出た!

「本当に出るのか?」と出るまで半信半疑でしたけど、ちゃんと売ってましたね。早速買って読みましたけど、まあ「読める」んじゃないですか。十分買う価値はあると思いました。しかし、「できたぞ!読め。」って、開き直りはヒドイですねぇ。

 問題は「次が出るのは何年後?」ってことでしょう。

収録投稿10件目
board4 - No.6700

Re:アルスラーン11巻発売って前巻から何年たっていると思ってんねん(怒&嬉)

投稿者:A.Na
2005年09月23日(金) 23時19分

とりあえず、買って読みました。

ネタバレ禁止と言うことで具体的には書きませんが、危惧していた程悪くありませんでした。

というか、前巻がつまらなすぎたと言うべきか。要するにまぁまぁです。

収録投稿11件目
board4 - No.6703

追加情報

投稿者:倉本
2005年09月25日(日) 11時35分

光文社から英雄譚という名前で田中芳樹について特集している雑誌が販売されているのを見つけました。
アルスラーン戦記11巻の発売に関連してアルスラーン戦記について詳しく書かれているようです。

収録投稿12件目
board4 - No.6712-6714

Re:アルスラーン11巻発売って前巻から何年たっていると思ってんねん(怒&嬉)

投稿者:えんどまーく
2005年09月29日(木) 17時20分

> しかし、「できたぞ!読め。」って、開き直りはヒドイですねぇ。
>
>  問題は「次が出るのは何年後?」ってことでしょう。

 今後永遠に出ないと思ってたので、出ただけでもびっくりです。あの台詞は「バカ言ってるよ」と鼻で笑ってやるのが礼儀というもんでしょう。
 実際、何であんなに遅いのか分かりませんが、書くならもう少し早くしてもらいたいもんです。年一冊でいいから。
 ただ、考えて書いている・いろいろ構想を練っている・その中で今後の展開について迷ってしまう、という良心的な理由ならば、待つのも苦ではないのですが。
 あの先生の場合どうなんだろうなあ、と。
 今では読む気にもなれなくなってしまいました。彼の先生の政治に対するうんちくが鼻につくようになった、というのもありますが。

収録投稿13件目
board4 - No.6715

Re:アルスラーン11巻発売って前巻から何年たっていると思ってんねん(怒&嬉)

投稿者:石
2005年10月02日(日) 21時09分

11巻読みました。思っていたよりはずっとおもしろかったです。
…ただ、せめて一年に一冊のペースで次の巻を出して欲しいですね〜。作品を完結させるのは、作家にとって読者に対する義務だと思いますから。

収録投稿14件目
board4 - No.6716

Re:アルスラーン11巻 若干ネタバレ

投稿者:不沈戦艦
2005年10月02日(日) 23時19分

 まあ「つまらない」ということはなかったんですが、一点だけ「???」なことが。

 いくら、「エステルとアルスラーンを再会させたい」からって、混乱が続くルシタニアの統治を要請しにきただけのエステル(と白鬼)を、マルヤム国王ギスカールが「エステルに前にエクバターナで会ったことを思い出し、不愉快だからボダン殺害の濡れ衣を着せて殺そう」とするというのは、ちょっと納得いかなかったです。これじゃ、感情むき出し(しかも何でそんなにエステルの存在が、ギスカールにとって疎ましいのかさっぱり分かりません)、阿呆丸出しの行動でしかないではないですか。「虜囚から国盗り」を成し遂げた「マルヤム新王朝の開祖」の行動とは、到底思えませんね。というか、そこまでギスカールがエステルを殺したく思うというのなら、それなりの伏線を、今までの話の中でちゃんと作っておいて欲しかったです。

「何か異常な事態が起こらないと、エステルがパルスに向かってアルスラーンと再会することになりそうにない」からと言って、ここまで「ご都合主義」で「エステルを殺そうとするギスカール」などという、無茶な話にしますかね。本当に、ここだけは、訳が解らなかったです。しかも、エステル一行が逃げた後は、ギスカールも「逃がしても構わない。国境から出たら放っておけ」というようなことを言っているので、益々意味不明です。

収録投稿15件目
board4 - No.6718

Re:アルスラーン11巻 若干ネタバレ

投稿者:平松重之
2005年10月03日(月) 00時56分

 では自分もネタバレありの意見を一つ。

<いくら、「エステルとアルスラーンを再会させたい」からって、混乱が続くルシタニアの統治を要請しにきただけのエステル(と白鬼)を、マルヤム国王ギスカールが「エステルに前にエクバターナで会ったことを思い出し、不愉快だからボダン殺害の濡れ衣を着せて殺そう」とするというのは、ちょっと納得いかなかったです。これじゃ、感情むき出し(しかも何でそんなにエステルの存在が、ギスカールにとって疎ましいのかさっぱり分かりません)、阿呆丸出しの行動でしかないではないですか。「虜囚から国盗り」を成し遂げた「マルヤム新王朝の開祖」の行動とは、到底思えませんね。というか、そこまでギスカールがエステルを殺したく思うというのなら、それなりの伏線を、今までの話の中でちゃんと作っておいて欲しかったです。>

 まあ、この件については「このときギスカールの思考は奇妙な方向にゆがんでしまった」と書かれていますので、作者である田中氏も承知の上だったのでしょう。おそらくは「歴史上において偉大・有能と呼ばれる人物といえども、時として理不尽で道理に合わないように見える言動を弄する事がある」という事を田中氏は主張したいのではないかと。
 それと、エステル一行が逃亡しても大して執着しなかったのは、エステルに対して向けた怒りの感情は、いわば「八つ当たり」ですので、「死んでくれればよし。逃亡しても、イアルダボート教の総大主教であったボダンの殺害犯という罪状を背負っていれば、イアルダボート教を国教とするルシタニア国内に戻ればただでは済まない」という程度のものだったのではないかと思います。

 自分としてはむしろ、この辺りで疑問に思ったのは、ギスカールがエステルの事を思い出した際に「一度だけ会ったことがある」と書かれている部分ですね(P39上段)。ギスカールは兄である先のルシタニア国王イノケンティス七世の暗殺未遂事件の前後にエステルと会った事しか思い出していませんが、実際は第二次アトロパテネ会戦でルシタニア軍の総帥としてパルス軍と戦い、完敗して捕虜になった際にもパルス軍の陣中にいたエステルと会っています。これを忘れるというのは、いささか不自然ではないかと個人的には思いました。

田中作品感想集4の関連リンク一覧

その他田中作品関連議論集
各種コンテンツ別先頭ページ全一覧

WEBRANKING テキストサイト部門 サイトランキング 文学・小説・童話部門 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加