記事一覧

「髑髏城の花嫁」進捗状況&発売延期

田中芳樹が避暑地の軽井沢から東京へ戻ってきたようです↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/27405241962
<軽井沢に行って、田中さんを引きずり下ろしてきた〜。まさか昼前に帰って来られるとは思わなかったね。>

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/10/post-d1f6.html
<本日は田中さんの引っ越しでした。
 と言っても、軽井沢の仕事場から東京の仕事場に執筆場所を移すだけなので、引っ越しというよりは「移動」ですね。
 暑さに弱く、冷房も嫌いということから軽井沢と東京の往復生活が始まったようなのですが、今年の東京はまだまだ暑さが続いています。
 明日の土曜日の予報は気温が25度近くまで上がるみたい。また軽井沢に戻りたい、なんて言わないか心配です。>

これだけ自分の希望が通っている職場で仕事しているにもかかわらず、執筆速度が全く上がっていないというのはある意味驚異ですね。
今の作品執筆状況はこんなザマらしいですし↓

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/10/post-d1f6.html
<肝心の仕事のほうなのですが、執筆中の『髑髏城の花嫁』も後半戦に入っています。理論社があんなことになってしまいましたが、書き始めている以上、とにかく書き上げようということ。
 どのようなカタチで世に出るかは未定ですが、なるべく読者の皆様をお待たせすることのないよう、私どもスタッフもサポートしていこうと思っています。>

理論社の民事再生法申請は不可抗力であったにせよ、社長氏は今年の夏コミで販売していた同人誌の中で、「髑髏城の花嫁」は晩秋に出来上がる予定と明言していたはずなのですけどね↓

とある作家秘書の日常2010年夏号 P2
<現在は、理論社で刊行された『月蝕島の魔物』の続編、「ビクトリアン・ホラー」三部作の第2巻を書いています。タイトルは『髑髏城の花嫁』。8月13日現在で、8章構成のうち、第3章までが出来上がっています。残り半分強が出来上がるのは、晩秋、といったところでしょうか。>

ところが実際には、すでに10月も半ばに入ってさえも「後半戦」、つまり全8章構成の5章にようやく入ったところくらいまでしか完成していないときているわけです。
「晩秋」って、「今年の」ではなく「来年以降の」だったりするのでしょうか(笑)。
しかも、理論社の民事再生法申請により、「髑髏城の花嫁」の刊行予定自体も白紙化してしまったようですし、田中芳樹的にはむしろ喜んですらいる可能性が高いと言わざるをえないところです。
出版社が危機的状況に陥っても、すでに公表済の作品刊行予定自体はきちんと遵守されるのではないかと思っていたのですが(-_-;;)。
今年に入ってから田中芳樹が執筆している作品は「髑髏城の花嫁」だけなので、今年は名実共に田中芳樹直筆作品の刊行がゼロの年、ということになりそうです。
遅筆遅筆言われていても、これまでは年に1~3冊ペースで小説自体は刊行されていたのですけどね~。

今回の件、いつぞやの創竜伝14巻刊行無期限延期問題の時と同じように社長氏に直接問い合わせたいところなのですが、ブログは私が投稿したところで、銀英伝パチンコ化問題の時のごとく非承認&アク禁されるのは確実ですし、Twitterの方はアカウントがブロックされているので、私からアクションを起こしても無駄な環境が構築されてしまっているのが何とも言えないところです(T_T)。
田中芳樹絡みの執筆スケジュールを公言しても、「予定通り遅れている」他様々なアクシデントで結果としてウソをつくことになりかねないのですから、もう公言するのは止めた方が良いのではないかと思うのですけどね。


田中芳樹×垣野内成美対談&理論社の民事再生法申請

本日、薬師寺シリーズの原作者である田中芳樹と、イラスト&マンガ版担当の垣野内成美女史の対談が行われた模様です↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/26441350496
<明日は軽井沢に行って、田中芳樹さんと垣野内成美さんの対談に同席予定。いまじぶんの軽井沢は寒いんだろうなあ。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/26527518465
<田中芳樹さんと垣野内さんの対談&会食終了。軽井沢のシェ草間、レベル高いです。>

ちなみに「シェ草間」というのはレストランの名前で、こんなお店なのだとか↓

フランス自然料理「シェ草間」
http://www.chez-kusama.com/

両者の対談内容は、やはりマンガ版薬師寺シリーズの今後についての話し合いなのではないかと思われるのですが、ただでさえ田中芳樹の遅筆で著しく遅れ気味の続刊の穴埋めを一体どのように行っていくのか、いっそ打ち切りにするのか、その辺は少々興味がありますね。
何しろ、田中芳樹は当初スケジュールでさえ「髑髏城の花嫁」しか年内刊行予定がなかった上に、その「髑髏城の花嫁」の刊行元であるはずの理論社が民事再生法申請という事態に至っていますからね~。

理論社が民事再生法申請=「兎の眼」、負債22億
http://megalodon.jp/2010-1006-2248-03/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101006-00000142-jij-soci

まあ正直、己の筆舌に尽くし難い遅筆ぶりを「予定通り遅れています」だの「生産力の低さで定評のある私」だのとヌケヌケと公言して何ら恥じ入ることがない田中芳樹のことですから、今回の民事再生法申請の件も案外喜んでいるのかもしれないのですが(-_-;;)。
ただでさえ晩秋完成予定という目標すらも不安な執筆速度だった上に出版元がこれでは、「髑髏城の花嫁」の年内発売どころか刊行それ自体が危ないと言わざるをえないところですし。
当初スケジュールによれば、「髑髏城の花嫁」の次が薬師寺シリーズの新刊だったはずなのですが、それも一体どうなることやら……。


マンガ版薬師寺シリーズが原作最新刊まで到達

http://twitter.com/wrightstaff/status/25362092586
<『アフタヌーン』(講談社)も明日発売。「薬師寺涼子の怪奇事件簿 水妖日にご用心」は最終回。美女対決に終止符が!>

とうとうマンガ版に追いつかれてしまった薬師寺シリーズ。
いよいよ冗談抜きで「マンガのストーリーを原作小説化する」パターンを踏襲することにでもなるのでしょうか(苦笑)。

それにしても、薬師寺シリーズのマンガ版を描いている垣野内成美女史は今後どうやって薬師寺シリーズを連載していくつもりなのでしょうか?
薬師寺シリーズの連載そのものを終了させるのならばともかく、今後は原作がないわけですから、ストーリーも自前で用意しなければならなくなってしまうのですが。
まさかアニメ版のストーリーをマンガ化する、というわけにもいかないでしょうし……。

このまま田中芳樹が原作を続けたところで、遅筆の問題がある上に品質も劣悪ときているわけですからね。
もういっそのこと、薬師寺シリーズの版権そのものを全面的に垣野内成美女史に譲り渡し、著作権料だけを受け取るという形にでもした方が、田中芳樹にとっても作品にとっても幸せなのではないでしょうか。
ただでさえ田中芳樹はシリーズ作品を抱え込みすぎなのですし。


「らいとすたっふ」の杜撰な情報管理

http://twitter.com/aoi6407/status/22796045543
<@wrightstaff 今回の舞台ヤッパリヤンの出演ないデスヨネ。続編よろしくお願いいたします。ヤンが子供の時から好きで結婚したい男性は今でもヤンです(笑)。今でも、ヤンが亡くなる場面を思い出すだけで泣けます。なので次に期待!>

http://twitter.com/wrightstaff/status/22845137444
<@aoi6407 ご愛読ありがとうございます。今回は「第一章 銀河帝国編」ですから、続編もあるのではないでしょうか。

……は?
銀英伝舞台版の「同盟編」が「帝国編」の半年後に予定されているって、ついこの間社長氏自ら公言していませんでしたっけ?
私もネタにしていましたし↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/21652810564
http://www.tanautsu.net/blog/archives/weblog-entry-124.html

変に曖昧な返答など返していないで、素直に社長氏の発言をそのまま孫引きして回答すれば良いでしょうに。
Twitterの「らいとすたっふ」公式って、自分のところの仕事内容すらも把握できていないのでしょうか?
それとも、社長氏が公言していた「同盟編」に関する情報というのは、まだ門外不出の機密事項だったり、何ら根拠のないガセ情報だったりするのでしょうか?
いずれにしても、あまりにも会社としての情報管理が杜撰過ぎて泣けてくる話ではありますね(T_T)。


コメント一覧

黒犬13号 (09/07 18:18) 編集・削除

http://gineiden.jp/play/after.html

>舞台「銀河英雄伝説」出演者達による、トークショーを下記の日程で行う事が決定致しました!

……だそうですが、
肝心の作品内容の情報もろくに開示されていないと
いうのに本末転倒と思うのは間違ってますでしょうか?

客寄せ材料になりそうなのは1回目だけな気も……。

冒険風ライダー(管理人) (09/07 18:57) 編集・削除

 公開日程を見る限りでは、客の出入りが多いであろう初日と最終日以外の日程で客集めをする目的で企画が組まれた臭くはありますね>銀英伝舞台版のアフタートークショー。

 作品内容の公開は、原作を知っている人間から見ればネタバレにもなるわけですし、そちらは大分後まで引っ張るつもりなのではないでしょうか。それよりは、キャスティングと同様に宣伝効果が見込めるアフタートークショーの方を先に公開した、というわけで。
 舞台が銀英伝のどの辺りの話をベースにするのかは、私も興味津々なのですけどね。

http://www.tanautsu.net/

「KLAN」シリーズのWebコミック化

田中芳樹原案の「KLAN」シリーズがWebコミックとして配信されるそうです。

http://flex-comix.jp/titles/klan.html
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/09/klan-4e0f.html

このシリーズは、私が知っている限りの田中作品の中では究極の駄作と言って良いシロモノですね。
「あの」創竜伝のさらなる劣化版、と言えば、どれくらいヒドいシリーズであるかお分かり頂けるかと。
何しろ、田中芳樹が直接手がけた「KLAN」1巻は、私が手に取った田中作品の中で唯一「あまりの下らなさに腹が立ってブックオフに叩き売った」作品ですからねぇ~(-_-;;)。
創竜伝や薬師寺シリーズでさえ、そこまでやったことはなかったのですが(苦笑)。

そんなシロモノを他作家に丸投げした挙句、さらにWebコミック化で使い回して何度も繰り返しカネを集めようとする「らいとすたっふ」の企業戦略というのは、何とまあ逞しいものだとついつい感心してしまいますね。
再販本を乱発したり、パチンコ&パチスロに作品を売り飛ばしたりと、やっていることは創竜伝&薬師寺シリーズで批判されている政治家や大企業並に読者をバカにし食い物にしているとしか評しようがないシロモノですし(苦笑)。
まあ「らいとすたっふ」も営利企業なわけですし、「企業が利潤を求めて何が悪い!」と普通ならば私も擁護するところなのですけど、常日頃の田中御大の発言とは大いに矛盾する企業活動だよなぁ、と。


あまりにも涙ぐましい返答(T_T)

http://twitter.com/cherrychoco23/status/22236260148
<@wrightstaff 次回作はいつになりますか?薬師寺涼子の大ファンです(^u^)>

http://twitter.com/wrightstaff/status/22499594665
<@cherrychoco23 ご愛読ありがとうございます。田中には続刊の構想がすでにあるようです。いつと申しあげることはできませんが、執筆の予定はありますので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。>

田中芳樹の執筆事情を鑑みると、これはあまりにも涙ぐましい返答ですね。
何しろ、今年の4月には「タイタニア続巻が出る」という情報がYahoo!ニュースにまでなったというのに、現実は年内に「髑髏城の花嫁」が1冊出るかどうかといったところなわけですからねぇ。
読者を無駄に期待させたあのニュースは一体何だったのだろうかと、ついつい何度も疑問に思ってしまう今日このごろです(苦笑)。
ましてや、薬師寺シリーズの最新刊なんて最初から来年持ち越し確定ですし、「髑髏城の花嫁」の執筆状況を見ても、田中芳樹の遅筆はこの期に及んでも却って磨きがかかってすらいる始末です。
全く、せっかくの田中芳樹ファンに対してあんな返答をしなければならない「らいとすたっふ」には、他人事ながら心の底から同情したくなります(T_T)。


「髑髏城の花嫁」7月31日時点進捗状況

ファイル 106-1.jpg

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/07/post-223c.html
<本人としては、次に編集さんにお渡しするときは、第3章と第4章をまとめてお渡ししたいなあ、と言っていました。頑張ってほしいです。はい。>

これまでの「髑髏城の花嫁」の執筆状況をまとめてみると、4月で初荷、6月に第2章まで完成、そして8月は3章の終わり~4章の始め付近?を執筆中ということになるのですが……。

何と言うか、今までにないくらい執筆のスピードが遅いですね。
創竜伝13巻などは、刊行3ヶ月前のイラク戦争の社会評論があったことから、執筆開始から3~4ヶ月前後で完成したと推察されますし、田中小説版キング・コングなども同じくらいの時間で完成しています。
「髑髏城の花嫁」の前巻となる「月蝕島の魔物」も、その前に刊行されたアルスラーン戦記12巻の発売日から換算すると、約8ヶ月で完成し刊行されています。
それに対し「髑髏城の花嫁」は、「らいとすたっふ」社長氏のブログを読む限りでは今年に入ってからずっと執筆を続けているはずなのに、全8章の未だ半分にも到達しない始末。
ただでさえ去年は体調不良とやらでロクに執筆していないというのに、それから回復してさえこの惨状って……。

下手すると、今年は田中芳樹直筆の作品が1作も出ない年になってしまうかもしれませんね(T_T)。
ストレス解消目的の薬師寺シリーズも、かつては筆がノリにノって仕方がないと言わんばかりの刊行ペースだったというのに、ここ2年半ほどは続巻が止まった挙句、垣野内成美女史によるマンガに追いつかれてしまう始末ですし。


機械嫌いの情報弱者である田中芳樹が携帯電話を所持している驚愕の新事実

何と、あの機械嫌いの情報弱者として有名な田中芳樹が携帯電話を所持していることが判明(苦笑)。

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/07/post-f351.html

「らいとすたっふ」社長氏のブログによれば、すくなくとも2006年10月までは所持していなかったことが確認されていますから、社長氏がウソを言っているのでなければ、田中芳樹が携帯電話を持ったのは2006年10月以降のことであることが分かります。

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2006/10/post_3971.html

よくもまあ非常時のためとはいえ、あれほどまでに機械嫌いをあちこちで公言している&言及されている田中芳樹が、携帯電話に拒絶反応を起こさなかったものと、個人的にはついつい感心してしまいました(爆)。
やはりというか何と言うか、普段は全く使ってはいないとのことなのですが、銀英伝外伝2巻でリモコンに偏見を持っていたヤンがリモコン操作を気に入る過程と同じように、電話をするのに電話のところまで行くのが面倒臭い、という理由から、いずれは携帯電話を多用するようになるかもしれませんね。

まあ、かつてのポケベルについてさえ「そんなもので自分が拘束されるのは嫌だ」的なことを作中キャラクターに述べさせている田中芳樹ですから、携帯電話に関して似たような認識を抱いていたとしても何ら不思議なことではありませんが(笑)。


「髑髏城の花嫁」6月9日時点進捗状況

ファイル 51-1.jpg

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2010/06/2-b53c.html
<現在、田中さんが鋭意執筆中の『髑髏城の花嫁』。
 今日は、第2章を編集さんにお渡しする日です。
 今回も前回同様、8章構成だと思いますので、まだまだ先は長いのですが、それでも少しずつ進んでいるのは、素直にうれしいです。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/15686915114
<@adachi_hiro: 田中芳樹さんの新作『髑髏城の花嫁』、第2章まで出来た〜。へへへ、一足お先に読ませていただきます。秘書の役得〜。>

全8章構成でまだ2章…。
確か4月に初荷が出ているとありましたが、この調子では果たしていつ終わることになるのやら。

田中芳樹の場合、作品を執筆するペースはスタートダッシュが遅いものの、終盤に近づくにつれて次第に速くなってくる傾向にある、ということが「らいとすたっふ」ブログにて公表されています。
しかしそれを考慮に入れても、今年初め頃から執筆を開始していながら、6月に入って未だ全体の4分の1という体たらくなわけですから、これでは2010年内は「髑髏城の花嫁」を出すだけで手一杯になりそうですね。

せめて、次の執筆予定とされる薬師寺シリーズかアルスラーン戦記の最新刊くらいまでは年内に出るのではないかと期待したかったところなのですけど、どうもそれは望み薄のようです(T_T)。
さすがに「髑髏城の花嫁」さえも来年持ち越し、というところまではいかないだろうと思いたいところですが。


情報弱者で旧世代的な思考発想を貫く田中芳樹

http://twitter.com/adachi_hiro/status/15617847317
<ファンの皆様の存在は、田中芳樹にとって大変ありがたいことです。本人はTwitterには来ないので、私から伝えますね。RT @nishidashatner お任せあれ。 RT @WhiteBear_1969: @nishidashatner 銀英伝を愛し始めてから早20数年(略)>

Twitterどころかネット自体、田中芳樹はロクに閲覧していないようですからね~(-_-;)。
本人の情報源は未だ新聞・TVが主流のようですし。

2007年12月に刊行された薬師寺シリーズ最新刊でも、今時の20~30代の人間がリアルタイムな最新情報を調べるのに、ノーパソや携帯を使うのではなく新聞・TVで(しかも翌日に)確認するなどという、当時から換算しても10~15年ほどは遅れた情報収集方法を堂々と開陳していましたが、これがそのまま田中芳樹の情報収集に関する認識でもあるのが何ともねぇ……。

銀英伝ではヤンが立体TVのリモコン嫌い丸出しな発言を繰り出し、夏の魔術シリーズではポケベルに対する偏見混じりな会話が作中の主人公クラスの登場人物達によって交わされ、そして現実世界の田中芳樹は未だ携帯電話を持っておらず、電子書籍についても否定的でサインペンを使った作品執筆に勤しんでいるという……。
今時、「旧世代の人間」「情報弱者」という言葉がこれほどまでにピッタリ合致する作家というのもなかなかいないのではないでしょうか(苦笑)。

そもそも他ならぬ田中芳樹自身、新聞やTVの報道のあり方(記者クラブ問題や『右傾的』偏向報道問題など)には少なからず否定的な発言も行っていた過去があります。
にもかかわらず、どうしてそんな連中の報道から繰り出される政治評について何ら疑問を抱くことなくそのまま鵜呑みにするのか、前々から不思議に思えて仕方がないのですけどね。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂