記事一覧

映画「LOOPER/ルーパー」感想

ファイル 869-1.jpg

映画「LOOPER/ルーパー」観に行ってきました。
タイムトラベルが可能になった近未来の世界を描く、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、および「インセプション」「ダークナイト・ライジング」のジョゼフ・ゴードン・レヴィットが、同一人物の主人公としてそれぞれ主演を担うSFアクション作品。
今作では女性が上半身スッポンポンで描写されている箇所や残虐シーンなどがあるため、PG-12指定されています。

時代は2044年。
この時代、アメリカ?の経済は破綻、一般的な国民生活も古い住居とクルマを使い続けるような水準にまで低下し、犯罪組織が我が世の春を謳歌するような社会となっていました。
そんな中、とある犯罪組織では、「ルーパー」と呼ばれる殺し屋を多数抱え込んでいました。
「ルーパー」は、今から30年後に実用化されたものの即座に非合法化されたタイムマシンを使い、30年後の世界の犯罪組織で邪魔となった人物を始末することを目的とする殺し屋のことを指します。
30年後の世界では追跡技術が飛躍的に進歩したため、人知れず人間を始末し死体を処理するということが不可能となっていました。
そのため、邪魔な人間は過去の世界へと送り込み、そこで死体を処理させるという、いわば「タイムマシンを使った産廃処理場」的なことをやらせているわけです。
抹殺対象となった人間には銀の延べ棒が身体にくくりつけられており、それが「ルーパー」および犯罪組織にとっての報酬となるのでした。
「ルーパー」の具体的な仕事内容は、指定された場所に突然現れた「顔を隠された抹殺対象」を、射程は15メートルと短いものの威力と殺傷性が高い「ラッパ銃」で即座に殺し、死体を処理するというもの。
しかし、「ルーパー」はその高額な報酬を代償に、さらなる闇のペナルティが課せられていました。
それは未来の犯罪組織が「ルーパー」との契約を終わらせる際、当の「ルーパー」自身が抹殺対象とされ、それまでのターゲットと同様に過去へ送り込まれて「過去の自分自身」に射殺されることになるというもの。
その処理に当たっては、他ならぬ「過去の自分自身」に未来の自分の抹殺任務が与えられる上、抹殺対象にくくりつけられる報酬には銀ではなく金の延べ棒が使われることになっていて、自分が殺されたということが否応なく分かるようになっています。
この未来からの契約解消および未来の自分の処刑を、「ルーパー」達は「ループが閉じる」と呼んでいます。
そして、今作の主人公ジョー・シモンズもまた、来る日も来る日も未来からの抹殺対象にラッパ銃を撃ち続ける「ルーパー」のひとりでした。

ある日、ジョーは自分の家に押しかけてきた同業者で親友のセス・リチャーズから「未来の自分を逃がしてしまった、匿って欲しい」と必死の形相で懇願されます。
「ルーパー」では未来の抹殺対象を殺すことに失敗すると、組織によって処刑されることになっており、そのことに対する恐怖からジョーに助けを求めてきたのでした。
セスは未来の自分から未来に関する説明を受けていました。
それによれば、未来では「レインメーカー」と呼ばれる犯罪組織の大物が、全ての「ルーパー」の「ループを閉じる」ことを決定したとのこと。
ジョーはとりあえず、自宅の床にある地下金庫にセスを匿い、追手からの追及を誤魔化そうとします。
しかし、犯罪組織のボスで未来の犯罪組織から送り込まれてきた人間でもあるエイブから脅しを受け、ジョーはエイブにセスを売ってしまうのでした。
一方、未来のセスは逃亡を続けていたのですが、突如自分の右腕に文字の傷が刻み込まれ、指定された場所へ15分以内に行くよう促されます。
目的地へと向かう最中、未来のセスからは身体の部位が次々と失われていき、目的地にたどり着いた頃には両手両足を失った状態となった挙句、犯罪組織の精鋭部隊・ガットマンの一員のひとりであるキッド・ブルーによって殺されてしまうのでした。
何でも、現在の人間に傷をつけると、その傷が未来の自分にもそのまま反映されるのだそうで、現在のセスはその身を一方的に切り刻まれたのでしょうね。
そして、そのセスを売り渡したジョーにも「ループが閉じられる」時が迫っていたのでした……。

映画「LOOPER/ルーパー」は、ブルース・ウィリスが主演という割にはアクションシーンが少なく、どうにもパッとしない感が否めないですね。
特に物語中盤はアクションシーン皆無で、登場人物達の暗い雰囲気なサイドストーリーが延々と展開されていますし。
未来の歴史を改変すべく行動している未来のジョーも、その内容はと言えば「年端もいかない少年を探し出して撃ち殺す」などという、「未来からの対抗馬なきターミネーター」的な後ろ暗いシロモノでしかなかったのですからねぇ(-_-;;)。
未来のジョーにしてみれば、自分の妻を殺す結果をもたらすことになったレインメーカーへの復讐と、妻が殺された事実を消すために必死ではあったのでしょうけど。
物語終盤で、囚われの身から逆襲して犯罪組織をひとりで壊滅させてしまった未来のジョーのチート級な無双ぶりは、それを演じていたブルース・ウィリスならではのアクションではありましたが、逆に言えば、作中で「映えた」アクションシーンはこれくらいしかないんですよね。
ブルース・ウィリス主演ということで派手なアクションシーンを期待する方は、今作は観賞しない方が無難かもしれません。
今作に限らず、アクションシーンがメインではないブルース・ウィリスの映画というのは、どうにもパッとしないイメージが拭えないところなんですよね。
2010年に日本で公開されたブルース・ウィリス主演の映画「サロゲート」なども、やはりラストの展開も全体的な出来も今ひとつでしたし。
一見斬新なSF的アイデアを作中に盛り込みつつ、実はアクションメインではないという点でも、今作は「サロゲート」と同じ共通項を持っていると言えます。
今年の映画でブルース・ウィリスのアクションシーンに期待がかけられるのは、日本では2013年2月公開予定の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」ということになるのでしょうね、やっぱり。

今作のストーリーを追っていくと、もう序盤からして大幅に歴史が改変されていることがまる分かりですね。
その最初のものは、犯罪組織のボスであるエイブが、実は困窮していた過去のジョーに銃を与えて組織に従事させていたというエピソードです。
実はエイブは「ルーパー」達の動向を監視させるという目的から、唯一「抹殺対象」としてではない形で未来から送り込まれてきたという設定の人物です。
つまり、未来からやってきたエイブは、過去である2044年で何かをしただけでも、未来の歴史が色々と変わってしまうという要素を持つことになるわけです。
彼がジョーを見出して銃を与えることがなければ、そもそもエイブに助けられることがない「本来の歴史」におけるジョーはその時点で死んでいたか、全く違う道を歩むことになっていたでしょうし、当然、エイブおよび彼の犯罪組織が未来のジョーによって殺されるという結末もなかったはずなのです。
未来でタイムトラベルが法律で禁止された上、その方を破っている犯罪組織からしてタイムトラベルを「産廃処理場」「処刑場」的な使い方しかしていないのは、歴史改変がもたらす多大な影響が恐れられていることにあるのでしょうに、そのタブーを堂々と破って平然としているエイブは、なかなかの大物であると言わざるをえないところですね(苦笑)。
というか、そんなタブーを犯しているエイブ自身が、未来の犯罪組織から生命を狙われてもおかしくないのではないのかと(爆)。
また、幼少のレインメーカーを殺すために「本来死ぬはずのない」人間を大量に殺し回っている未来のジョーも、相当なまでに歴史を改変しているよなぁ、と。
そしてトドメは、そこまで動き回った未来のジョーの更なる凶行を止めるために、ラッパ銃で自殺してしまった現在のジョーの行動です。
あそこでジョーが死んだことで、あのラスト後の2074年の世界って、時系列的にはもうありえないほどにグチャグチャな世界になってしまっているのではないでしょうかねぇ(苦笑)。
現在のジョーが死んだことで、未来のジョーによってもたらされた諸々の事件・事象も全て消失することにもなりかねず、しかもそれは現在のジョーが死んだ事実にまで及んでしまっているわけなのですから。
原因と結果が複雑に絡まり過ぎていて、一体どうなっているのか理解を絶しているタイムパラドックスが現出しそうな話ではありますね。

アクションシーンはあまり大したものがなく、SF設定的にも結構なツッコミどころがあったりするので、それ系の期待をする方にはあまりオススメできない作品ということになるでしょうか。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂