記事一覧

Twitterにおける全ツイートダウンロード機能が実装を開始

Twitterでこれまで投稿されてきた全てのツイートをダウンロードできる機能が実装を開始したそうです。
現在は一部の英語版のみの公開ですが、数週間~数ヶ月をかけて他国語にも順次対応していくとのこと↓

http://jp.techcrunch.com/archives/20121219twitter-confirms-download-your-tweet-archive-rolloutscreen-shot-2012-12-19-at-16-10-45/
> 長らく待ち望まれていたユーザーが自分の全ツイートをダウンロードできる機能について、Twitterは公開を開始していることを確認した。このTwitterアーカイブはユーザーが2007年頃に朝食に何を食べたか報告したツイートから最新のものまで全投稿をダウンロードしてローカルで閲覧できる。月別、キーワード別の検索も可能だ。
>
> Twutterは公式ブログで機能の公開を次のように確認した。
>
> 今日、われわれはメンバーが加入した当初からの全ツイート(リツイートも含む)のアーカイブをダウンロードする機能を公開した。Twitterのアーカイブは月ごとの表示ができ、キーワード、ハッシュタグ、@ユーザー名のメンションで検索もできる。古いツイートについても最新のツイートと同様の操作が可能だ。
>
> ただし
Twitterはこの機能の公開が「ゆっくり行われている」ことを認めた。全世界のユーザーすべてに公開されるまでには数ヶ月かかる模様だ。Twitterでは「設定」にアーカイブのオプションが現れなくても焦らないようにと言っている。当面は言語を英語に設定しているユーザーのごく一部がこの機能の公開対象となるという。
>
> またTwitterのブログはアーカイブ・プロジェクトが始まったのは四半期ごとに開催されるHack Weeksの中でだったと述べている。
>
> 幸運な読者は「設定」ページの下部に「アーカイブを要求」というオプションが表示されているはず。“もし読者のアカウントにそれが表示されたらボタンをクリックしてみよう。Twitterによれば「アーカイブがダウンロードできるよう準備が整った段階で手順を説明したメールがユーザー送付される」ということだ。

Twitterの過去ツイート閲覧はその構造上面倒な手間がかかるために、自分以外のユーザーからはなかなか閲覧され難いという問題がありました。
この問題のために、Twitterにおけるツイートというのは「その場一瞬のための呟き」というイメージが定着もしたわけです。
しかし、この機能が実装されれば、有名人がこれまでに呟いたツイートの全内容を全て閲覧するということも可能となります。
Twitterの過去ログ保存ツールとしては、ブログ形式で既存のツイートを保存する「Twilog」などがありますが、これは自分が所有するアカウント分のツイートを保存・公開することしかできず、他のアカウントのツイートを閲覧するという用途で使うためにはそのアカウントが「Twilog」に事前登録されている必要があったりしました。
お試し版だと直近半月程度のツイートしか閲覧できなかったですし。
その点、このTwitter公式のダウンロード機能は、有名人の過去ツイート総閲覧などの用途以外にも色々な使い道がありそうで面白くなりそうです。
かく言う私も、「らいとすたっふ」社長氏の過去ツイートについては意外に追跡できていない部分も少なくなかったりしますからねぇ(^_^;;)。
「らいとすたっふ」ウォッチなどにも、大きな役割を果たしてくれることになりそうなのですが……。

日本版Twitterでの実装がいつになるのかは未定ですが、早いところ実装して欲しいものです。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂