記事一覧

テレビドラマ「大奥 ~誕生~ 有功・家光篇」 第3話感想

最終話まで週刊連載する予定の、TBS系列の金曜ドラマ「大奥 ~誕生~ 有功・家光篇」。
今回は2012年10月26日放映分の第3話についての感想となります。
前回第2話の視聴率は、ビデオリサーチの調べによれば10.6%で、第1話の11.6%よりはやや下がった感じです。
まあ初回放送では、番組内容の確認や「御祝儀」的な意味合いでの視聴も多いので、元々視聴率が高くなる傾向にはあるのですが。
なお、過去の「大奥」に関する記事はこちらとなります↓

前作映画「大奥」について
映画「大奥」感想&疑問
実写映画版とコミック版1巻の「大奥」比較検証&感想

原作版「大奥」の問題点
コミック版「大奥」検証考察1 【史実に反する「赤面疱瘡」の人口激減】
コミック版「大奥」検証考察2 【徳川分家の存在を黙殺する春日局の専横】
コミック版「大奥」検証考察3 【国内情報が流出する「鎖国」体制の大穴】
コミック版「大奥」検証考察4 【支離滅裂な慣習が満載の男性版「大奥」】
コミック版「大奥」検証考察5 【歴史考証すら蹂躙する一夫多妻制否定論】
コミック版「大奥」検証考察6 【「生類憐みの令」をも凌駕する綱吉の暴政】
コミック版「大奥」検証考察7 【不当に抑圧されている男性の社会的地位】
コミック版「大奥」検証考察8 【国家的な破滅をもたらす婚姻制度の崩壊】
コミック版「大奥」検証考察9 【大奥システム的にありえない江島生島事件】
コミック版「大奥」検証考察10 【現代的価値観に呪縛された吉宗の思考回路】

テレビドラマ「大奥 ~誕生~ 有功・家光篇」
第1話感想  第2話感想

第3話は、江戸城の中を火の用心で歩き回っていた男が、突然木霊した赤子の泣き声に仰天し、その発生源と思しき部屋を開けた後、悲鳴を上げて逃げるという描写から始まります。
一体何のことかと思っていたら、女版家光が澤村伝右衛門に女性の髪を切らせまくっていたエピソードの一部だったわけですね。
今回のストーリーは、コミック版「大奥」2巻のP167からラストまでの話が語られており、原作2巻の話全てがこれで出揃うことになります。
今まで出番が少なかった女版家光がようやく前面に出てきて、いよいよ有功との仲を深く進展させていくことになります。

1.澤村伝右衛門が女性の髪を携えている様子を、有功が自分で直接目撃(原作では「玉栄から聞いた話」)。
2.嫌がる様子の猫の若紫を抱いて「上様」と呟く角南重郷を目撃する有功と玉栄。
3.角南重郷の切腹後、有功が夜中に念仏を唱え、角南重郷の遺体が運ばれるシーン。
4.有功が女装を命じられた際、稲葉正勝に女版家光の過去の事情を尋ねる。
5.御中臈が女装で踊る中、有功が姿を見せる前に女版家光が場の解散を命じた後、有功が女装をすることなく登場(原作では有功が女装して登場後に女版家光が場の解散を命じる)。
6.有功が女版家光の髷を切り、刀を取り上げる。

若干話を変えている部分はありますが、今回も基本的に原作の流れをそのまま踏襲しています。
それにしてもやっぱり出てきましたねぇ、猫の若紫が玉栄に殺され、角南重郷が濡れ衣を着せられるシーン。
まあ、殺された若紫の描写が猫というよりは「白いタオル」のようにしか見えなかったのは、その手の自主規制でも働いていたりしたのでしょうけど。
角南重郷の死後、その遺体に手を合わせる大奥の男衆から一人離れ、ニンマリとほくそ笑む玉栄の描写は、原作以上に悪人っぽく見えてなかなかに良かったですね。
このエピソードは、原作では徳川5代将軍綱吉の時代でも大きな伏線となって生きてきますし、当然次作映画でも活用されることになるでしょうから割愛することはできなかったのでしょうけど、内容的には何らかの規制を受けて割愛されたり大幅変更されたりしてもおかしくなかったエピソードですからねぇ。
よくまあ原作以上に忠実にこのエピソードを再現することができたものだと。
まあ、この後の女版家光のレイプ回想シーン共々、描写については可能な限りソフトなものにはなっていましたけど。

ただ、有功が結局女装をすることなく、しかも場の解散を命じた後で女版家光の前に現れるというのは、さすがにちょっとどうなのかとは思わなくもなかったですね。
あの場の有功って、明らかに女版家光の勅命に背いていることになってしまいますから、癇に障った女版家光に直接手打ちにされたり、角南重郷に対するがごとく切腹を命じたりする危険性も多大にあったのではなかったかと。
有功自身にもそうなる覚悟はあったのかもしれませんが、ここは原作通りに女装をした上で女版家光に迫っていた方が、すくなくとも表面的には勅命に逆らっていない分、安全確実だったのではないのでしょうか?
そもそも、あの場で有功がわざわざ女版家光の勅命に正面から逆らわなければならない理由自体がまるでないのですし。
このエピソードの改変って、有功というよりはそれを演じている堺雅人の事情が何か関係していたのではないかと、ついつい考えてしまったものでした。
最初から女装やゲイ的な要素を売りにしているのであればともかく、一般的には「女装をする男性俳優」なんて、似合っていようがいまいがイメージダウンもいいところでしょうからねぇ(苦笑)。
ましてや、彼には今後も次作映画およびその他の作品にも出演しなければならないのですから、なおのことその手のイメージについては気にせざるをえない部分もあるでしょうし。
まあ、もっと単純に「いくら女装メイクをしても全く板につかなかった」という事情もあったのかもしれないのですが。

次回からはコミック版「大奥」3巻のエピソードが始まることになるのですが、さてこちらはいったいどうなることやら。
3巻は寛永の大飢饉や政治の裁断など、大奥の外でのエピソードも多くなってくるのですが、今までの話では大奥以外のエピソードは可能な限り割愛していたりしますからねぇ。
さすがに3巻では無視することもできなくなってくるのではないかと思うのですが……。


コメント一覧

葵猫 (10/27 20:28) 編集・削除

こんばんは。
女装シーンがなかった事についてですが、私は管理人様の意見には賛成しかねます。
堺さんは顔立ちは良い方だとおもいますが、女とみまごうほど女装しても美しくなるタイプではないからだと思います。
かといって、あのシーンの為だけに、いわゆる女顔の役者さんを選ぶわけにはいかないと思いますし。
管理人様は女装や同性愛シーンに過敏反応なさりすぎなのでは?
そもそも映画のキスシーン、あのくらいプロなら当然だし、嬉しくはないでしょうが、物凄く嫌がるほどのものではないと思います。
それに今時女装や同性とのキスシーンくらいでイメージダウンだの人気が落ちるはナンセンスですよ。
まあごく少数の、保守的な人たちだけだと思います。
管理人様はレントという映画をご存じですか?
少し前のアメリカを舞台にしたRENT(家賃)も払えない貧しい芸術家の卵たちの青春群像劇で、もうすぐ東京では舞台でも上演されます。
登場人物たちのゲイ、バイ、HIVキャリア率の高さに最初は私もたじろぎましたが、芸術家に奔放な人生をおくる人は多いし、感染のメカニズムがわかっていなかった病気にかかる人も多かっただけの事だと最近は思えます。
同性愛も、そういう人もいる、という感じでとらえる映画も多いし、それで役者さんのイメージダウンには即つながらないと思います。
私個人の話になりますが、一番の贔屓さんが今年の夏スリルミーという二人劇のミュージカルに出演しました。
これは半世紀と少し前、アメリカの実際の犯罪を元に書かれたストーリーで、猟奇的犯罪を犯した二人の若者の関係性がテーマです。
二人は同性愛関係ですが、対等な関係ではなく、語り手の「私」を「彼」がサディスティックに支配しています。
が、事件をきっかけに変化して…というもので、見る人を選ぶあくの強い作品ですが、優れた作品で、演技力歌唱力がかなり要求されますので、贔屓が彼役を熱演してくれた事を誇りに思います。結構激しいキスシーンもあり、最初は落ち着かない気持ち(男性同士のキスシーンをなまでみたのは初めてでしたし)でしたが、回を重ねる毎にストーリーにはまりこみ、気にならなくなりましたし、同性同士という事よりも破滅に向かう関係のやるせなさが悲しくなりました。
この作品に出た事で役者としてプラスになりこそすれ、逆はあり得ません。
まして、堺さんクラスの方です。
女装や同性愛で離れるファンなどいませんし、そういうのが嫌な人はあのドラマは見ないと思います。
あ、スリルミーは大好評につき来年早速再演が決まりました。
男性のお客さんも結構いましたよ。

冒険風ライダー(管理人) (10/29 01:46) 編集・削除

>葵猫さん
> 堺さんは顔立ちは良い方だとおもいますが、女とみまごうほど女装しても美しくなるタイプではないからだと思います。
> かといって、あのシーンの為だけに、いわゆる女顔の役者さんを選ぶわけにはいかないと思いますし。

正直、私も堺雅人の風貌を見て「あれで女装が完璧に似合う!」とはさすがに思えなかったです。
ただあのストーリーの流れだと、「有功は遅参したばかりか、家光の勅命に全く従っていなかった」ということにもなりかねず、その場で「叛意あり」と見做され春日局辺りから処刑されても不思議ではなかったので、ストーリー的な必然性から「ここは原作通りの方が良かったのでは?」と考えたわけですね。
演出の問題もあるかもしれないというのは私も言及しているのですが、原作改変で却って流れが不自然になったので、その理由が少々気になったというのが私の感想でした。

> 管理人様は女装や同性愛シーンに過敏反応なさりすぎなのでは?
> そもそも映画のキスシーン、あのくらいプロなら当然だし、嬉しくはないでしょうが、物凄く嫌がるほどのものではないと思います。

ただ現実問題として、女装や同性愛を扱った実写映画やテレビドラマというのは、セックスやバイオレンスを扱ったそれと比較してさえも圧倒的に少なかったりしますよね。
テレビドラマ版「大奥」第2話の玉栄レイプシーンですら、「ここまで忠実に再現するのか」と逆に驚いたくらいなのですし。
制作側が自主規制しているという面もあるかもしれませんが、「よほどの題材でもないと売れない」という判断もあるでしょうし、そういうものを忌避する社会的風潮というのは実際にあると考えるべきなのではないかと。
また、堺雅人本人が「変なイメージがつくから」と女装を嫌がった可能性もありますよね。
映画「タイタニック」で一躍有名になったはずのレオナルド・ディカプリオが「自分が考えていたのとは違うイメージを観客に与えてしまった、あんなものには出なければ良かった」と後悔しているという話は有名ですし、堺雅人も女装について個人的な理由なり信念なりから拒否した可能性もあるのではないかなぁ、と考えたわけで。
もちろん、堺雅人がそのような考えを持っている人物などではない、と証明されれば、私もこの推測を即座に取り下げるつもりですが。

あと、個人的な感覚では、女装や同性愛に対する抵抗感は女性よりも男性の方こそ強いのではないか、という感はあったりしますね。
「女性の男装」は気にならなくても「男性の女装」は違和感や抵抗感を覚える、という男性はそれなりの数いるのではないかと。
ホモと呼ばれて怒らない男性と、レズと呼ばれて怒らない女性はいない、という男女の違いを皮肉っぽく表現しているような小話もありますし、この辺は男女および個々人の感性の違いもありそうですね。

http://www.tanautsu.net/

七海 (11/07 09:35) 編集・削除

はじめまして。
お邪魔します^^

原作ファンで堺雅人さんは好きでも嫌いでもないのですが、
今回は「間延びして薄められた感」がありました。
私も女装しなかった事に??見せ場なのにやらないの?
と思ったのですが、あの眉毛ではイマイチ決まらないかな~と^^
地デジって、ムゴイくらい年齢が映しだされますよね。
第一話からずっと「堺さん眉毛ちょっと剃って細くしてよ~」と思ってたのですが、
他の撮影との兼ね合いで無理なんでしょうね。

堺雅人さんがもう10歳若ければどんなに美しかったか・・と残念でなりませぬ。

冒険風ライダー(管理人) (11/07 22:19) 編集・削除

>七海さん
こちらこそはじめまして。

> 原作ファンで堺雅人さんは好きでも嫌いでもないのですが、
> 今回は「間延びして薄められた感」がありました。

原作の流れに忠実に沿ってはいるのですから、長さ自体はまああんなものかなとは思わなくもないのですが、ちょっとクドい感は確かにあったかなとは私も考えなくもなかったですね。
特に原作ファンの場合、先の展開の大部分を事前に知っているわけですから、「知っている展開が延々と続く」という点でややダレているように見える一面があるのかもしれません。
3話のエピソードは今後の展開や映画版絡みの伏線で省略できない話ばかりなので、やむをえない面もあるのでしょうけど。

> 私も女装しなかった事に??見せ場なのにやらないの?
> と思ったのですが、あの眉毛ではイマイチ決まらないかな~と^^

実写版で実際に女装をしても絶対に似合わないだろうなぁ、とは私も考えたのですが(苦笑)、原作をなぞったストーリーや状況的にはむしろそちらの方が自然だったわけで、この辺りはどちらに転んでも苦しい展開にはならざるをえなかったでしょうね。
いっそ「女装祭り」という展開そのものを改変して全くオリジナルの話にしても良かったかもしれませんが。

> 地デジって、ムゴイくらい年齢が映しだされますよね。
> 第一話からずっと「堺さん眉毛ちょっと剃って細くしてよ~」と思ってたのですが、
> 他の撮影との兼ね合いで無理なんでしょうね。

堺雅人と役柄的に合致しているキャラクター象というのは、映画版に出てくることになる右衛門佐の方でしょうね。
あちらは年齢的にもピッタリですし。
テレビドラマ版で主演を担っているのは映画版の宣伝も兼ねているのでしょうが、その点から言えばテレビドラマはあくまでも「サブ」で、映画版こそが「本命」ということになるでしょうか。

http://www.tanautsu.net/

ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂