記事一覧

ハリウッド映画版「ゴジラ」がまたしても制作されることが決定

ハリウッドで日本映画の「ゴジラ」がまたもや制作されることになったようですね。
しかも今度は3Dにまでなるのだとか。

http://www.cinematoday.jp/page/N0046041
>  [シネマトゥデイ芸能ニュース] 7月12日から15日までカリフォルニア州サンディエゴにて開催されていたコミコンで、告知なしに予告編を紹介し話題となったハリウッド版映画『ゴジラ』が3Dで制作されることが明らかになった。全米公開日も、2014年5月16日に決定し、制作が本格始動しているという。
>
>  今回のハリウッド版『ゴジラ』でメガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』を手掛けたギャレス・エドワーズ監督。ハリウッド版『ゴジラ』には、1998年にローランド・エメリッヒ監督が手掛けた映画『GODZILLA ゴジラ』があるが、こちらは「ゴジラがまるでイグアナのよう」と不評を買うことに。エドワーズ監督は、コミコンで制作を発表した際、「(ゴジラによるパニックが)実際に起きたらどうなるか、現実的に描きたい」と語っており、その手腕に注目が集まっていた。
>
>  Hollywood Reporterによると、今回、共同で映画を製作するワーナー・ブラザーズとレジェンダリー・エンターテインメントは、
「キャラクターを原点回帰させ、リアリティーのあるアクション映画にする」とコメントを発表。さらに、「3Dカメラを使って撮影するのか、撮影後に3D変換をするのかはいまだ決定していない」と補足した上で、3D映画とする予定であることを明かした。果たして今度の“ゴジラ”は日本人も納得するものとなるのか? 完成を待ちたい。(編集部・島村幸恵)

1998年公開映画「GODZILLA」における酷評の嵐で、ハリウッドは懲りていたのではなかったのですかねぇ(苦笑)。
「GODZILLA」の内容そのものはそこまで悪いものではなかったのに、「ゴジラ」を名乗ったのが災いして酷評を受ける羽目になったのですし。
あの映画は、ハリウッドで怪獣映画が製作されにくくなった遠因にまでなっていたりするのですが、そこまでして「ゴジラ」にこだわらなければならない理由が、ハリウッドにはあったりするのでしょうかね?
また原作レイプな「ゴジラ」が出てこようものならば、全世界から失笑を買う羽目にもなりかねないのですし。
ただでさえ、日本のエンタメ作品とハリウッドは相性最悪だというのにねぇ(-_-;;)。
まあ制作すると決めた以上はきっちり制作してもらい、それなりの出来になることを期待したいところではあるのですが、果たしてどうなることやら。


コメント一覧

葵猫 (09/19 18:36) 編集・削除

数年前、日比谷のゴジラのブロンズ像をぼーっと眺めていた時、アメリカ人らしい白人男性に声をかけられました。
「日本のゴジラ、アメリカのより素晴らしい。日本の文化ですね。」
その後彼はブロンズ像の横に立ち、記念写真をとっていました。
さて、彼は新しいアメリカのゴジラには、どんな評価をくだすのでしょうね?

冒険風ライダー(管理人) (09/19 23:29) 編集・削除

>葵猫さん
アメリカ版のゴジラは、映画「ジュラシックパーク」シリーズの系統に属する全くの別物でしかないですからねぇ。
アレは日本映画のゴジラではなく全く別の存在、と割り切った上で観賞するのであれば、映画「GODZILLA」も決して悪い出来な作品ではなかったのですが。
今度のゴジラは、せめて姿形や特徴などを少しでも本物に近づける程度の創意工夫は練ってほしいものです。

http://www.tanautsu.net/

ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂