記事一覧

尖閣諸島と同列に扱われる日本のAV女優

本来ならば国際問題ものの事件なのでしょうけど、何故か微妙に笑いを誘うネタ↓

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1708254.html
> サッカーAFCチャンピオンズリーグ2012のグループリーグ第4節の試合が行われ、広州恒大は柏レイソルと対戦し、3-1で勝利した。
>
> その際、地元広州サポーターは「钓鱼岛是我们的,苍井空是大家的」
(尖閣諸島は我々中国のもの、蒼井そらはみんなのもの)という横断幕を掲げた。

国家間で行われるオリンピック・ワールドカップや国際親善試合の類で、領土問題などの政治絡みのネタを披露したりすることは、国際的に禁止されている行為です。
そんなことをすれば、関係国のサポーター達の暴動を招くだけでなく、国家間の関係にまで悪影響を及ぼし、最悪戦争勃発にまで至りかねないからです。
過去の歴史を紐解いても、サッカーワールドカップの出場権獲得試合での遺恨が開戦の発端となり、南アメリカのエルサルバドルとホンジュラスによって争われたサッカー戦争(1969年)という事例もあるのですし。
日韓共催となった2002年のサッカーワールドカップでも、韓国サポーター達が相手国をバカにする横断幕を掲げたりして問題になっていますし、国際親善の場であるからこそ求められる節度というものがあるわけですね。

そのルールを破っている中国のサポーター達の行動は充分に問題となる話なのですが、笑えるのはその横断幕の主張の中身。
ここ数年何かと話題になっており、つい最近も石原慎太郎東京都知事が「都で購入する」と発言して物議を醸した尖閣諸島のことが出てくるのは、ルール違反は別にしても中国人の発想パターン的に理解はできるとして、何故そこで「蒼井そら」なる人物が出てこなければならないのでしょうか?
「蒼井そら」は、日本ではマニアの間くらいでしか知名度がないのに中国では爆発的な人気を誇っているとTVやネットでも時々話題になる、日本のAV女優のひとりでしかないのですけど。
いくら人気があるとは言え、中国では日本のAV女優ひとりが尖閣諸島と等価値であると見做されていたりするのでしょうかねぇ(苦笑)。
まあ尖閣諸島のみならず「蒼井そら」にしても、違法ダウンロード&海賊版横行が当たり前の中国で、日本のAVビデオの類が合法的に購入されていったなんて到底ありえない話ですし、そんなもので「みんなのもの」などとほざく中国の大衆も、なかなかに面の皮が厚いと評さざるをえないところではあるのですが。

それにしても、何故中国ってあんなにも日本のAV女優に入れ込みまくるのでしょうかね?
「蒼井そら」のみならず、日本のAV自体も中国自作のそれより評価が高いみたいですし。
中国では「夫にとって最大の敵は自分の妻」が当たり前の社会と言われていますし、その辺りの事情が何か影響でもしているのでしょうかねぇ……。


コメント一覧

藤岡真  (04/20 08:24) 編集・削除

蒼井そらのtwitterに中国人がRTしていて、それが「海賊版で不正に視聴していて申し訳なかった。正規料金を支払うので銀行の口座番号を教えてくれ」といった内容だったので、なんだか怖かった印象があります。蒼井そらをフォローしていると、結構目にしますよ。

http://www.fujiokashin.com/

冒険風ライダー(管理人) (04/20 20:32) 編集・削除

>藤岡さん
あのカネにがめついイメージがある中国人でさえそんな投稿をするとは、蒼井そらの中国での人気ぶりは絶大なものがありますね。
新興宗教みたいなノリなので、確かに恐ろしくはありますが(苦笑)。

http://www.tanautsu.net/

民主党がTwitterやブログ等の自粛を党員に要請

民主党が党に所属する国会議員に対し、ブログやTwitterなどを使い政策の審議経過や個人的な情報の発信をしないよう自粛を求める通知を出していたことが判明しました。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120419/stt12041901010001-n1.htm
>  民主党が党所属国会議員に、ツイッターやブログを使って政策の審議経過や個人的な情報の発信をしないよう“自粛”を求める通知を出していたことが18日、分かった。同党では選挙活動でブログを多用する傾向が強く、党内からはさっそく「言論統制にあたる」との反発が出ている。
>
> 通知は三井辨雄、桜井充両政調会長代理名で17日付で出され、
「個人的見解が内閣、与党の見解のように誤解され、野党の攻撃材料になる恐れもあることに十分に留意ください」と記している。
>
> 岐阜県下呂市長選で特定候補への支援を前田武志国土交通相に依頼した山田良司衆院議員が、ブログで前田氏と面会したことをあからさまに「告白」し、問責決議案の提出につながったことなどが念頭にあったとみられる。

今更の話ではあるのでしょうが、民主党ももう末期症状を呈しているとしか言いようがありませんね。
既に民主党のバカっぷりが津々浦々まで知れ渡っている中で、議員達の発言を封じることに一体何の意味があるのかと。
政権交代前に「開かれた政治」をスローガンに謳っていたのは一体何だったのかと、これまた今更問うても空しい限りなのでしょうけど。

今回のニュースは、
「自由民主党から『自由』を取ったのが民主党」
「民主党の『民主』とは民主主義ではなく、共産党の民主集中制のことを指す」
という揶揄をまさに地で行くものであると言えます。
現時点でも、民主党には個人単位でマスコミの報道に口出ししまくる連中が少なからずいるわけですし、そのうち「党ぐるみ」「行政府を挙げて」反民主党的な言動に対する徹底的な弾圧を、民主党は画策するようになるのではないでしょうかねぇ。

ところで、
「権力者の悪口が公然と言える国は世界を支配するのが当然である」
という持論をかつて創竜伝の作中で展開していた田中芳樹が、この民主党の対応についてどのように考えているのか、是非とも知りたいものですね。
田中芳樹も2009年8月の衆議院選挙では当然のごとく民主党に入れたのでしょうし、有権者のひとりとして責任は免れないのではないかと思うのですが(苦笑)。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂