記事一覧

「少子化対策には女性の早婚こそ適切」は女性蔑視発言?

那覇市議会の2月定例会で「少子化対策には女性の早婚こそ適切」とする持論を述べた與儀實司市議が、女性の市議会議員5名から発言の取消を求められ、全面謝罪させられる珍事が発生。
何でも、発言内容が「女性蔑視・人権侵害」に当たるとのことだそうですが……↓

http://megalodon.jp/2012-0309-0053-35/www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-07_30736/
>  那覇市議会(永山盛廣議長)2月定例会で、少子化対策には女性の早婚こそ適切とする持論を述べた與儀實司市議(57)=自民・無所属・改革の会=が6日、「女性に対する人権侵害や蔑視といわれかねない発言があった」などと謝罪、市議会に対し、該当する約10分間の発言全部の取り消しを申し入れ、全会一致で取り消しが認められた。
>
>  女性の5市議全員の要求に応えたもので、永山議長は混乱を招いたとして與儀市議を呼び反省を促した。
>
>  與儀市議の発言に抗議した大浜美早江市議(59)=公明=ら5人は
「一連の文脈の全てが不適切。女性は出産のためだけに結婚するわけではない。不妊などに悩む人々にも全く配慮がない。『産む機械』発言を連想する人権侵害で、女性蔑視」と訴えた。今回の対応を受けて再度追及しないとした。
>
>  與儀市議は5日の個人質問で、持ち時間15分のうち約10分間、持論を展開。
「女性が結婚しないと子どもは生まれない」「女性もいい時(25~35歳)にPRすれば間違いなく求める人もいる」「独身の女性は40歳を過ぎると…男性との距離が広がる」「男性は70、80歳でも子どもを生める」となどと発言していた。
>
>  当初、持論に当たる発言全部の削除や謝罪を求められた與儀市議が「少子化対策を論議してほしいという趣旨が伝わらなくなる」などとして調整が難航。本会議開会は約1時間遅れ、閉会も午前中の見込みが夕方までずれ込んだ。

しかし、與儀市議の発言内容って、実は全く間違ってなどいないんですよね。
「独身の女性は40歳を過ぎると…男性との距離が広がる」「男性は70、80歳でも子どもを生める」というのは正確に事実を指し示しています。
女性の出産には適齢期があり、特に40歳以上の高齢出産では、難産や障害児などのリスクが飛躍的に高くなることは医学的にも既に証明されていますし、江戸時代の昔でさえも30~35歳以上の女性の性交を禁じる「お褥すべり」という慣習を介してある程度は知られていました。
それに対し、男性の精子は女性の卵子に比べて老化に強く、かなりの老齢でも子作りが可能なこともこれまた医学的に立証されています。
これらの医学的事実を示し、それに基づいた持論を展開しただけで「女性蔑視・人権侵害」なんて論外もいいところです。
統計的にも、2010年の国勢調査で、35歳を過ぎて結婚できた人の割合が男性3%・女性2%に過ぎないという結果が出ていたりします。
医学や統計でそんな結果が出ているのであれば、当然「女性もいい時(25~35歳)にPRすれば間違いなく求める人もいる」も正しいということにならざるをえないでしょう。
また、「女性が結婚しないと子どもは生まれない」については、確かにシングルマザーや養子縁組などの例外はあるにせよ、「結婚して子どもを産む」が世間一般で常識とされる価値観的には正しいこととされているのもこれまた事実ですし、大多数の(特に幼少時の)子供にとってもその方が母親にかまってもらえて幸福であることは間違いありますまい。
そもそも件の発言自体、少子化対策の流れから出てきたものでもありますし。
医学的にも統計的にも世間一般の常識から考えても事実に正しく沿った発言内容が、何故「女性蔑視・人権侵害」などと糾弾されなければならないというのでしょうか?

那覇市議会における女性市議会議員達のクレームを見ると、男女平等というのは事実すらもマトモに口に出来ないシロモノなのか、と言いたくもなってきますね。
女性にとって不愉快な【発言】を弾圧すれば、その発言が指し示している【不愉快だが厳然たる事実】をも消せるとでも考えているのでしょうか?
そういうのって、単に直視しなければならない事実から目を逸らしているだけでしかないのですが。
先の大戦や原発問題でも、まさにそういう態度こそが事態を悪戯に悪化させ、最悪の結果を到来させた最大の元凶だったでしょうに。
問題解決のための最初の第一歩は、現状を正しく理解することから始まるというのに、その現状認識を妨げるようなことばかりやっていて、どうして目的を達成することができるというのでしょうか?
発言の経緯や背景・本質などを理解しようとすらせず、単なる言葉尻だけを捉えて差別だの蔑視だのと主張する人間は、確信犯的な工作員でもなければ「無能な働き者」の類でしかなく、男女問わず論外なシロモノでしかないのですけどね。
そんな所業を堂々と披露して恥じない女性こそが、本当の意味で女性を貶める害悪な存在でしかないはずなのですが…。

しかしまあ、この手の問題では、とにかく女性を「腫れ物に触れる」かのようなスタンスで扱う傾向が目立ちますね。
女性側は女性側で、むやみやたらとヒステリックかつ理屈もへったくれもない感情的な反応ばかり繰り広げる始末ですし。
こういうのを見ていると、昔の男尊女卑な風潮も、一般的によく言われる「身体的な相違」などとは全く別の(合理的な)理由が他にあったのではないか、とすら思えてならないくらいです。
こんなヒステリックなやり方で政治や仕事現場などを壟断されては、上下も男女も問わず他の人間にとってはたまったものではないのですから。
昨今の男女平等は、女性が権利を主張するばかりで責任や義務を全く負わないという、あまりにも異常な状態としか言いようがなく、実質的には「女尊男卑」と化しているのが現状です。
こんなバカげた風潮は男性も女性も不幸にするだけでしかないのですし、いいかげん改められるべきだと思うのですけどねぇ(-_-;;)。


コメント一覧

mimi (06/27 05:56) 編集・削除

こんにちは。
確かにこの市議の言っていることは間違ってはいないと私も思うのですが、政治家ですので発言の内容に気を使うのは公人としての義務ですし、不妊の問題がデリケートなのも事実ですので、そこに配慮した反論は然るべきではないかなと思います。

生殖能力は若い方が優れているのは事実だとしても、若い頃に結婚して不妊治療を余儀なくされてそのまま子どもを諦める方もいますし、逆のパターンもあります。必ずしもシナリオ通りにはいかないのが現実です。子どもをつくるためだけに結婚するわけではないというのも、既婚の私にはよく分かりますし、同じ考えの夫婦も多いのではないでしょうか。

それとあなたの会社には(学生さんだったらごめんなさい)権利ばかり主張して責任感のない女性しかいないのですか?だとしたら、よほど人間関係に恵まれない環境か、もしくは女性がのさばっても会社が成り立つほど恵まれ過ぎた環境にいるのでしょうか?

例えば、ベンチャーや中小企業、外資系企業には男性と同等の仕事をしている女性がたくさんいます。その中には仕事への責任感で結婚や出産が遅れる女性も多くいます。女性でも、周りの男性より有能なら、性別を関係なく仕事をまかされることは多いのです。女性の労働力を当てにしなくていい時代ならまだしも、今は違うのですから。

政治家がやるべきことは、女性が安心して出産できるようなインフラ整備と、適例期の男性の経済力の安定化、経済力のない子育て世帯への援助ではないでしょうか。男は70才になっても子どもが作れると発言したところで、40代の安全なお産よりもずっとレアなケースです。第一、40代の独身男性の結婚率の低さを無視して、女性にだけ早く結婚せよと言っても何の解決にもなりません。

それに、こういった発言は真実か否かより、政治家としての今後の政策も含めた考えが重要であって、男だから結婚は遅くてもいいけど女性は早くね。とも取れる発言をされれば、政治家としての責任を放棄した女性蔑視の意見だと批判されるのも仕方がないと思います。

悪気はないにしても言い方が下手な政治家が多いんですよ。

冒険風ライダー(管理人) (06/27 19:58) 編集・削除

>mimiさん
> 確かにこの市議の言っていることは間違ってはいないと私も思うのですが、政治家ですので発言の内容に気を使うのは公人としての義務ですし、不妊の問題がデリケートなのも事実ですので、そこに配慮した反論は然るべきではないかなと思います。

いくら「発言に配慮」などしたところで、文句を言っている人間は必ずいます。
モンスターペアレントやモンスターペイシェント、さらには販売業などでよく見られる悪質クレーマーの類など、どれだけ「配慮」したことをやってきても「まだ足りない」「まだ不十分」と言い続けて更なる「配慮」を居丈高に要求する事例など、世の中には掃いて捨てるほどに存在するのですから。
マスコミなどは、これに加えてさらに「相手によって報道のやり方を変える」という偏向体質まで持ち合わせています。
気に入らない相手の発言であれば、たとえどんなに正論であっても揚げ足取りに奔走し、逆に肩入れしている組織や人間の発言や政策などは、誰の目にも明らかな問題点があってさえも無視黙殺どころか礼賛すらする。
そんな風潮の中で「発言に配慮」などすることに、一体何の意味があるというのでしょうか?
こちらが一歩譲歩すれば、相手はそれを笠に着てさらにクレームのハードルを低くしたり、5歩も10歩もズカズカと突き進んだりしてくるだけですよ。
この手の手合いに「配慮」など一切通用しないのです。

> 生殖能力は若い方が優れているのは事実だとしても、若い頃に結婚して不妊治療を余儀なくされてそのまま子どもを諦める方もいますし、逆のパターンもあります。必ずしもシナリオ通りにはいかないのが現実です。子どもをつくるためだけに結婚するわけではないというのも、既婚の私にはよく分かりますし、同じ考えの夫婦も多いのではないでしょうか。

そういう人達がいるという現実があるからといって、「生殖能力は若い方が優れているという事実」が覆るわけではありません。
事実の中には「大多数の国民にとって耳の痛い事実」「誰もが目を背けたい嫌な事実」だってあるのですから、そんな事実に対して配慮を求めるなどという行為がいかに無意味なことなのかは誰だって理解できるはずでしょう。
「事実を述べること」に対して「(弱者その他の人達への)配慮を求める」というのは、「事実関係で反論できないから『配慮』という錦の御旗を振り回して言論を封殺した」以外の何物でもないのですが。
むしろ、そんな「ヤクザのいいがかり」などに屈して自説を捻じ曲げることの方がはるかに問題なくらいです。

> それとあなたの会社には(学生さんだったらごめんなさい)権利ばかり主張して責任感のない女性しかいないのですか?だとしたら、よほど人間関係に恵まれない環境か、もしくは女性がのさばっても会社が成り立つほど恵まれ過ぎた環境にいるのでしょうか?
>
> 例えば、ベンチャーや中小企業、外資系企業には男性と同等の仕事をしている女性がたくさんいます。その中には仕事への責任感で結婚や出産が遅れる女性も多くいます。女性でも、周りの男性より有能なら、性別を関係なく仕事をまかされることは多いのです。女性の労働力を当てにしなくていい時代ならまだしも、今は違うのですから。

個別の事例だけを見ればともかく統計的に見れば、女性の職種の圧倒的大多数は事務職やパートなどの軽労働がメインなのですが。
しかも、当の女性自身からして「男は仕事、女は家庭」という「前近代的な」考え方に肯定的な評価をしているという調査結果もありますし。
働きに出ている女性達の中で、それを自発的かつ喜んでやっているのはごく少数派で、ほとんどは単なる経済的な事情か、あるいは「仕事をしている方が子育てよりも『楽』だから」などという自分のことしか考えていないエゴイズム的な発想によるところが大きいのです。
医学的観点のみならず、そういった観点から見ても「女性は早く結婚するべき」というのは妥当な提言と言えるのではありませんか?

> 政治家がやるべきことは、女性が安心して出産できるようなインフラ整備と、適例期の男性の経済力の安定化、経済力のない子育て世帯への援助ではないでしょうか。男は70才になっても子どもが作れると発言したところで、40代の安全なお産よりもずっとレアなケースです。第一、40代の独身男性の結婚率の低さを無視して、女性にだけ早く結婚せよと言っても何の解決にもなりません。

最近の女性って、40代以降の出産は困難を極めるという事実そのものすら知らない人が結構多いのだそうです。
そういう事実も知らず、40代を過ぎてもなお結婚を夢見て婚活に希望を託す女性達に対して「結婚や出産には適齢期がある」という事実を提示することには、それなりの意味があるのではないでしょうか?
また、「適例期の男性の経済力の安定化」については私も同意しますが、「女性が安心して出産できるようなインフラ整備」「経済力のない子育て世帯への援助」については、ここ20年ほどの日本の政策を見るとあまり効果があるものとは言い難いですね。
働く女性のためにいくら保育園を拡充しても出生率は増えないどころか、「まだ不十分」「これもしろあれもしろ」と悪戯に予算を拡大するだけでしかなかった上、子供に対する悪影響も相当なものがあります。
子供を預けられた保育園の方も、最低限の躾すら行われない幼児とモンスターペアレントに振り回されて、職場環境的にも子育ての場としてもボロボロな惨状を呈している始末です。
支援についても、子ども手当や生活保護の悲惨な実態を鑑みれば、カネのばら撒きのごとき政策は無条件に賛同などできないですし。
「男女共同参画」とやらは、20年以上も続けた挙句に男女共に不幸にする結果しかもたらせていないくせして悪戯に肥大化ばかりしているのですから、いいかげん「女性が外で働くことを前提とした政策」の抜本的な方針転換が必要なのではないかと思うのですけどね。

http://www.tanautsu.net/

TBSが映画専門番組を18年半ぶりに復活

TBS系列の2012年4月の番組改変で、映画専門枠の番組が18年半ぶりに復活するとのことです。
番組名は「水曜プレミアシネマ」。

http://megalodon.jp/2012-0308-0854-58/www.cinematoday.jp/page/N0039893
>  [シネマトゥデイ映画ニュース] 29日、TBSは4月期の番組改編説明を東京・赤坂の放送センターで行い、18年半ぶりに映画専門枠を復活させることを明らかにした。番組名は「水曜プレミアシネマ」となり、4月4日から毎週水曜21:00の放送、長年苦戦を強いられてきたという同時間帯の底上げを狙う。
>
>  
TBSの映画枠としては、1993年に終了した「水曜ロードショー」以来18年半ぶりの映画専門枠新設となる同番組。同局では、特に水曜のゴールデン・プライム帯の視聴率で長年苦戦を強いられており、2ケタを取るのもやっとの状態だったというが、本番組でその改善を目指す。
>
>  近年、テレビドラマの続編やコラボレーションによる自社出資映画が増加する中、同局も公開が迫る映画『劇場版 SPEC~天~』などを製作している。番組では、『ROOKIES -卒業-』などの人気邦画はもちろん、海外のヒット作をラインナップし、水曜日の固定ファン獲得を狙う。近年テレビ各局の映画枠に関しては、映画以外のスペシャルドラマと並行した放送が行われるなど、一時期に比べ明らかに減少傾向となっており、18年半ぶりのTBS映画専門枠の復活は、新旧映画ファンにとってうれしい知らせだろう。
>
>  そのほか同局では、企画にバリエーションを持たせることにポイントを置いた昨年の10月改編の多様化を進め、各曜日の「タテの流れ」を意識した編成を展開予定。お笑いコンビさまぁ~ずの深夜番組がゴールデンに進出する「まさかのホントバラエティー イカさまタコさま」(水曜19:00)や、錦戸亮が現役アイドルの本人役として出演、実際のTBS番組とも積極的なかかわりを持っていく「パパはアイドル!(仮)」(木曜21:00)、中居正広と江角マキコ、AKB48が司会を務める音楽バラエティーなど、ドラマ・バラエティーにも強力なラインナップをそろえる。(編集部・入倉功一)
>
> 「水曜プレミアシネマ」は4月4日 水曜21:00より放送開始予定

TBSにおける映画専門枠の復活は、単にTBS自体の衰退を示すのみならず、ここ最近の映画の隆盛とTVの凋落を象徴するものでもあるでしょう。
何しろ、TBSが映画専門枠を18年半ぶりに復活させる最大の理由は、「21時から放映されている自社製作のドラマ番組等で視聴率が取れない」ことにあるのですから。
まあ番組の制作費をケチりまくったり、特定層にしかウケない脚本によるストーリーが何度も披露されたりしては、むしろそうならない方が不思議ではあるのですが。
かつて映画を衰退に追いやったTVが、自身の衰退に歯止めをかけるために映画に頼らざるをえなくなる、というのは何とも皮肉な話で笑ってしまいますね。

ただ、今回の措置が果たして視聴率回復の一手となるかは正直微妙なところではありますね。
映画をTV放映する際、2時間という放映時間の枠内に映画を収める目的や、残虐描写や性描写等に対する規制が厳しいことなどから、シーンのあちこちがカットされてしまうことがよくあります。
しかし、映画館やレンタルDVDなどで作品を観賞すれば、全編ノーカットの内容を生で観ることができるのですし、そもそも余計なCMがたびたび入ることもないのですから、その点では映画館&レンタルDVDに対して圧倒的に不利と言えます。
年間に何本も映画を観るような人間であればあるほど、この問題は無視できないものになりますし、カットされる映像の中に重要な描写があろうものなら論外もいいところです。
そうでなくても、TV局による金太郎飴的な視聴率至上主義の番組作成によって、世間一般ではテレビ離れが著しく加速しているというのに。
如何にカットを少なくし、ウザいCMを上手く番組内にはめ込むかに、今回の企画の成否が左右されると言っても過言ではないのですが、果たして今のテレビ局にそんな柔軟性があるのかどうか、心許ない限りではあります。

逆に、昔と違って有利な点があるとすれば、テレビ局が主催して製作した映画というのが昔と比べて飛躍的に増えている点でしょうか。
映画「麒麟の翼」や2012年4月公開予定の映画「SPEC~天~」などのように「テレビドラマの続編が映画に進出した作品」や、映画「大奥」のように「映画→テレビドラマ→映画」という流れでコラボレーションを組んでいる作品など、昔だったらありえないような構成の映画が増えていますし、映画単独でもテレビ局が主催しているものが少なからず存在します。
それらの作品は当然、著作権料や放映料などがこれまでよりも安くなるでしょうから当然経費の削減にもなりますし、また映画とテレビの連携企画などもこれまでよりずっとやりやすくなり、そこから映画ファンを引き込むことも可能となるわけです。
日本テレビなどはこれで少なからぬ成功を収めていますし、TBSもこれにあやかったのではないのかなぁ、と。
さし当たっては、映画「大奥」が「水曜プレミアシネマ」で放映されるのはほぼ確実でしょうね。
「大奥」シリーズは、映画版も続編となるテレビドラマ版も全てTBS系列主催ですし。

TBSの試み、果たして成功しますかねぇ。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂