記事一覧

映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想

ファイル 531-1.jpg

映画「はやぶさ 遥かなる帰還(以下「遥かなる帰還」)」観に行ってきました。
2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した、小惑星探査機「はやぶさ」とその開発・運用に関わった人々の実話を元に製作されたドラマ作品。

小惑星探査機「はやぶさ」に関する行程やトラブル発生などは、同じ「はやぶさ」をテーマに製作され、去年劇場公開された映画「はやぶさ/HAYABUSA(以下「HAYABUSA」)」とほぼ同じです。
ただ登場人物については、モデルとなった実在の人物はいるものの、「HAYABUSA」も「遥かなる帰還」も全く異なる架空の名前が使われているため、名前で登場人物の役割を照合しようとすると混乱を来たすかもしれません(^^;;)。
私も最初、「HAYABUSA」の人物設定をそのまま「遥かなる帰還」にも当てはめようとしてしまい、「アレ? こんな名前の人いたっけ?」と一瞬戸惑う羽目に(-_-;;)。
幸い、役職名の方はどちらもほぼそのままだったので、「ああ、この人物はあの役職を務めているのか」という形で、登場人物達が担っている立場や役割はすぐに頭の中に入ってきましたが。
ちなみに「HAYABUSA」および「遥かなる帰還」に共通で登場する、モデル元とおぼしき実在の人物および配役を演じたキャストは、私が調べた限りではだいたい以下のようになっているようですね↓

実在のモデル:川口淳一郎(「はやぶさ」のプロジェクトマネージャー)
HAYABUSA:川渕幸一(キャスト:佐野史郎)
遥かなる帰還:山口駿一郎(キャスト:渡辺謙)物語の主人公

実在のモデル:西山和孝(「はやぶさ」のイオンエンジン担当&運用スーパーバイザー)
HAYABUSA:平山孝行(キャスト:甲本雅裕)
遥かなる帰還:藤中仁志(キャスト:江口洋介)

実在のモデル:國中均(「はやぶさ」のイオンエンジン担当)
HAYABUSA:喜多修(キャスト:鶴見辰吾)
遥かなる帰還:藤中仁志(キャスト:江口洋介)

実在のモデル:堀内康夫(「はやぶさ」のイオンエンジン担当NEC)
遥かなる帰還:森内安夫(キャスト:吉岡秀隆)

実在のモデル:山田哲哉(「はやぶさ」のカプセル担当)
HAYABUSA:福本哲也(キャスト:マギー)
遥かなる帰還:鎌田悦也(キャスト:小澤征悦)

実在のモデル:的川秦宣(「はやぶさ」の広報担当)
HAYABUSA:的場秦弘(キャスト:西田敏行)
遥かなる帰還:丸川靖信(キャスト:藤竜也)

※取消線と青字部分は間違いとの指摘を受けましたので修正しております。

そして人間ドラマに関しては、当然のことながら「HAYABUSA」と「遥かなる帰還」でその見せ方も大きく異なっていますね。
女性平スタッフの視点および「はやぶさ君の冒険日誌」を用いることで、「子供にも理解させること」に重点を置いたストーリー進行だった「HAYABUSA」。
それに対して「遥かなる帰還」は、どちらかと言えば「大人が楽しむこと」を目的としたストーリー構成となっています。
小さな町工場を運営し、「はやぶさ」の試作品を製作した実績を持ちつつも、不況による経営悪化のために従業員が自主的に辞めていった東出機械の社長絡みのエピソードなんて、どう見ても子供向けではありませんし。
一方、人間ドラマ絡みでどちらにも共通して存在したエピソードとしては、「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーが神社で「はやぶさの帰還」を祈願し、「はやぶさ」の管制室にお守りだかお札だかを祭るシーンですね。
このエピソードにある神社のモデルは岡山県の中和神社なのだそうで、「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーだった川口淳一郎が2009年11月にこの神社を参拝していたことが、地元の地方紙である山陽新聞で報じられていたのだとか。
2012年3月に公開予定の、これまた「はやぶさ」をテーマとして扱っている映画「おかえり、はやぶさ」にも、このエピソードは普通に入っていそうですね(苦笑)。

今作のハイライトとしては、やはり主人公である山口駿一郎を演じた渡辺謙の演技が挙げられますね。
登場する場面の数々でやたらと貫禄がある演技を披露していましたし、「はやぶさ」が行方不明であることを理由に協力を打ち切ろうとしたアメリカのNASAに対して、流暢な英語で「貴国がそのような態度に出るならば、我が国も(はやぶさが持ち帰るであろう)サンプルの提供を拒否する」と堂々と反撃していた様は見事の一言に尽きました。
この辺りはやはり、ハリウッドでも活躍してきた渡辺謙ならではの演技だったでしょうね。
渡辺謙のファンであれば、今作を観に行く価値はあるのではないかと。

ただ個人的には、既に観賞済みだった「HAYABUSA」と「はやぶさ」絡みの描写で重複している部分が多々あったこともあり、楽しめる部分が半減していたのは惜しい部分ではありました。
「遥かなる帰還」自体が問題なのではなく、あまり期間を置かないうちに同じ主旨の映画を立て続けに観に行った私個人の事情ではあるのでしょうけど。
来月にはさらに3本目の「おかえり、はやぶさ」が出てきますし、全く同じ主旨の作品を複数、しかも立て続けに制作・公開するのは興行的にもどうかとは思わずにいられないですね。
最初からネタとして楽しむか、あえて3つ全て観賞してその違いを楽しむといった類の嗜好でも持っているのでなければ、映画を観るのは3本のうちの1本だけで充分なのではないかと。


コメント一覧

yutake☆イヴ (02/12 15:55) 編集・削除

‌TBありがとうございます。

楽しみにしていた作品です。
渡辺さんの意気込みを感じる作品でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415/39068880.html

間瀬一郎 (02/13 23:52) 編集・削除

記事の実在モデルに誤記があります。

正解:
実在のモデル:國中均(「はやぶさ」のイオンエンジン担当)
遥かなる帰還:藤中仁志(キャスト:江口洋介)

実在のモデル:堀内康夫(「はやぶさ」のイオンエンジン担当NEC)
遥かなる帰還:森内安夫(キャスト:吉岡秀隆)

宇宙人 (02/13 23:54) 編集・削除

記事の実在モデルに誤記があります。

正解:
実在のモデル:國中均(「はやぶさ」のイオンエンジン担当)
遥かなる帰還:藤中仁志(キャスト:江口洋介)

実在のモデル:堀内康夫(「はやぶさ」のイオンエンジン担当NEC)
遥かなる帰還:森内安夫(キャスト:吉岡秀隆)

冒険風ライダー(管理人) (02/14 00:10) 編集・削除

う~む、「イオンエンジン担当」という共通項があったのでああいう推測となったのですが、やはり間違っていたようで。
名前が合わないので不審には思っていたのですが、結局そのまま掲載しておりました。
ご指摘ありがとうございますm(__)m。

http://www.tanautsu.net/

KLY (02/14 01:15) 編集・削除

これ言っても仕方ないですが、まあ先に出したもん勝ち的なところはあるかなと思いましたよ。しかも、「はやぶさ/HAYABUSA」の方が懇切丁寧に細かいところまで説明してくれている分、こちらの作品の方がざっくりな感じがどうしてもしちゃいます。見る順番が逆ならまた感じ方も違ったと思うのですが。
何でも最初は8本企画があったそうですね。さすがに多すぎるというんで3本に絞ったそうですが、起こったことは変わらないし、感動のエピソードの数も限られてますすから、やっぱり難しいものがあります。

冒険風ライダー(管理人) (02/14 02:04) 編集・削除

>KLYさん
まあ、ただでさえ先行されている上に同主旨の作品を相手に、全く同じ切り口で勝負しても勝てるわけがないのですから、独自性を出すためにあえて切り捨てた部分なのでしょうね>「はやぶさ」絡みの詳細な説明部分。
いっそ「3本同時公開」という形にでもした方が公平ではあったでしょうし、中身だけの勝負もできたのでしょうが、もちろん興行的には到底無理な話だったでしょうからねぇ。

しかしこうなると、3作目の「おかえり、はやぶさ」は最悪の貧乏籤を引くことになりそうですね。
一番最後な上に一番「これといった売り」が見えにくく、しかも料金割高な3D映画ときていますし。
興行的にも相当なまでに悲惨な未来が予想できてしまうのですが(-_-;;)。

http://www.tanautsu.net/

まっきい (02/25 16:54) 編集・削除

TBありがとうございました。

実在のモデルと本作と前作のキャストを合わせてくれているので、比較もしやすくて助かりました。

しかし3作目はどうなりますかねぇ。
「のぞみ」プロジェクトの失敗を引きづった「はやぶさ」に絡んだ人間ドラマのようですが、興行的には厳しいかもしれませんね。

http://hiromacky.air-nifty.com/

冒険風ライダー(管理人) (02/26 00:01) 編集・削除

>まっきいさん
トラックバック承認、ありがとうございます。

> しかし3作目はどうなりますかねぇ。
> 「のぞみ」プロジェクトの失敗を引きづった「はやぶさ」に絡んだ人間ドラマのようですが、興行的には厳しいかもしれませんね。

宣伝は結構やっているっぽいのですが、「連続3作目」というハンディの大きさは如何ともし難いところで(-_-;;)。
もう「映画出演者のファンを釣る」という形以外で興行収益を上げていくのは難しいところでしょうし。
第一、「のぞみ」のエピソードからして「HAYABUSA」にも「遥かなる帰還」にもきちんと登場していましたからねぇ(T_T)。

http://www.tanautsu.net/

ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂