記事一覧

映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」感想

ファイル 513-1.jpg

映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」観に行ってきました。
「Mr.ビーン」で有名なイギリスのローワン・アトキンソンが主演を担う、スパイアクションコメディシリーズの2作目。
ちなみに前作「ジョニー・イングリッシュ」は未観賞です(^^;;)。
作品の邦題タイトル自体が、イギリスで2008年(日本では2009年)に劇場公開された映画「007 慰めの報酬」をもじったものであることからも分かるように、今作は「007」シリーズのパロディ物的な要素が強いですね。
「007」ばりの秘密兵器やボンドガールもどきも出てきますし。

前作の活躍?で、一時はイギリスの秘密諜報組織MI7で一番のエースにまでのし上がっていた主人公ジョニー・イングリッシュ。
しかし彼は、5年前にモザンビークで要人警護に失敗し、要人を暗殺されてしまうという大失態を犯してしまい、MI7からクビを言い渡され、チベットの僧院で修行に明け暮れる日々を送っていたのでした。
このモザンビークでの失態の詳細については物語中盤で明らかになるのですが、どう見ても「イングリッシュでなければやらないであろう失態」でしたね。
イングリッシュにとってもこの失態は相当なまでに堪えているようで、作中でも他人にモザンビークの件について触れられる度に右瞼が震えまくるという形で表情に出てきます。
後半ではすっかり開き直ったのか、「アレは俺の失敗ではない、今回追っている連中が関わっていたんだ」などと言い訳がましいタワゴトをのたまいまくっていましたが(苦笑)。
それはさておき、チベットの僧院で金的攻撃に対する耐性を身につけるための修行をしていたらしいイングリッシュの元に、MI7の復帰要請が届けられます。
チベットの僧院に何故か存在していた、全く似つかわしくないパソコン端末から復帰要請を受けたイングリッシュは、チベットから一路イギリスへ。

イングリッシュがいなくなっていた5年の間に、MI7はすっかり様変わりしていました。
何故か日本企業である東芝の傘下に入り、しかも自らがスパイ組織であることを大々的に公示するかのような垂れ幕を1F正面ロビーに堂々と掲げているMI7。
東芝と言えば、映画「ニューイヤーズ・イブ」でも「TOSHIBA」の文字が作中のあちこちにやたらと出てきていましたが、そういう宣伝戦略でも東芝はやっているのでしょうかね?
さらに中へ入っていき、これまたすっかり様変わりしたMI7の局長パメラ・ソーントン、通称「ペガサス」と対面。
「ペガサス」はイングリッシュに説明を始めるのですが、イングリッシュは話を聞いていないばかりか、部屋のソファーに座っていたネコをビルから落としてしまったり(ネコはイングリッシュにとって最悪のタイミングで戻ってきます)、同じく部屋の中にあったバランスボールに座ろうとして転倒したりと、ここでもドジを振りまきまくります。
その後でイングリッシュは、映画「007」シリーズでもおなじみとなっている、秘密兵器を開発している部署へと案内され、そこで秘密兵器の紹介と使い方の説明が行われるのですが、その最中でも兵器を誤作動させたり、変声キャンディを無断で食べたりと、やはりお笑いネタをばら撒いていきます。
そんなイングリッシュに与えられた任務は、英中首脳会議に出席する予定となっている中国の首相の暗殺を阻止すると共に、暗殺を企んでいる組織についての情報収集を行うこと。
イングリッシュは、その情報を提供したフィッシャーという人物に会うため、MI7から相棒として自分と共に行動することになった諜報員タッカーと共に香港へと向かうのですが……。

映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」では、主人公ジョニー・イングリッシュがとにかくドジを繰り返します。
敵を追い詰めている最中に余所見をしてその隙に相手に逃げられたり、何とか手に入れた重要アイテムの扱いが諜報員とは思えないほどに雑で簡単に敵に奪われたり、せっかくヘリが操縦できるのに道が分からないからと超低空飛行(地上からたった50cm浮いているだけ)&クルマ以下の速度で道路上を滑空していたり。
老婆なのに恐ろしく俊敏でイングリッシュをつけ狙ってくる殺し屋クリーナー相手には、全くの別人の後ろ姿をクリーナーと勘違いして襲撃した挙句、頭を押さえつけてトレイでバンバン叩くという失態を二回も繰り返していますし。
「可能を不可能にする男」のキャッチフレーズを裏切らない活躍(?)を次から次に演じてくれます。
一番笑えたのは、英中首脳会議に臨むイギリス首相も交えたMI7の事前ミーティングの場面でしたね。
イギリス首相の顔も知らないで首相の隣の席に座り、「首相はまだ来ないのか?」などとのたまうイングリッシュ。
イングリッシュが座った椅子には、取っ手部分に座高を調整する電動機能が搭載されていたのですが、イングリッシュその取っ手を適当に弄り回した挙句に壊してしまいます。
その結果、イングリッシュの椅子の座高は限界まで下がったり、逆に上がったりを繰り返すことに。
ただ座っているだけのイングリッシュが上がったり下がったりを繰り返しているのに、当のイングリッシュはひたすら無表情で取り繕っていますし、周囲も明らかに奇異な目で見ていながら全くツッコミを入れないしで、単純ながらも滑稽なその構図は大ウケで、スクリーン内でも笑いの小声があちこちから上がっていました。
アレは共演者達も、さぞかし笑いを堪えるのに大変だったことでしょうね。

また、映画終了時に流れるスタッフロールでも、イングリッシュのお笑い劇場は続きます。
そこではイングリッシュが料理をする場面が出てくるのですが、イングリッシュの調理方法がとにかく「雑」のひとこと。
音楽をかけながら素材を切っていくのは良いのですが、切った際に素材がまな板から飛び散っていく上、散らばった素材をキッチンの引き出しの中に隠蔽するイングリッシュ。
最後は無造作に切断しまくった素材をかき集めてレンジにぶち込むところで終わるのですが、何がやりたかったのかすらもロクに分からないところも含めてここでも笑えましたね。
そんなわけで、今作を観賞する際には、スタッフロールが終わるまで席を立たないことをオススメしておきます。


コメント一覧

黒犬13号 (01/21 23:56) 編集・削除

自分は劇場で場合、どんな映画でもじっくりたっぷり、完全に場内が明るくなるまで、スタッフロールを楽しむ主義なのですが、逆に言えば、途中で出ていく人の気持ちがいまひとつ理解できません。
もちろん、スタッフロールの後のおまけとかを期待する場合もありますが、主たる動機は貧乏性なのかもしれません(自爆

冒険風ライダー(管理人) (01/22 01:15) 編集・削除

>黒犬13号さん
実は私の場合、元来は「スタッフロールが始まると同時に席を立ってスクリーンから出て行く」人間でした(^^;;)。
映画はストーリーと演出を楽しむものであって、音楽だけ聴いていても仕方ないだろうと思っていましたし、特に昔は観賞作品がハリウッド映画だけで9割9分以上だったこともあり「映像のない英語オンリーのスタッフロール」ばかりでしたから、なおさらその傾向に拍車がかかっていました。
それが改まったのは、スタッフロールの最中または終了後に特典映像のある映画が増えたからです。
上映前に「特典映像がありますので、終了まで席を立たないで下さい」とアナウンスされる映画もありましたし、それが意外にストーリー的にも重要な描写だったりすることも多いんですよね。
そうなると、スタッフロール時点で席を立つと「メインであるストーリー&演出の【全て】を観たことにならない」ということになってしまうので、特典映像がある可能性も考慮して最後までスタッフロールを観るようになったというわけです。

映像がないスタッフロールなんて観るだけ無駄、そう考える人は今でも結構多いのではないかと。
また製作側も、そういう客が多い実態を知っているからこそ、客を足止めするために特典映像を入れるようになったのではないでしょうか?

http://www.tanautsu.net/

KLY (01/22 03:05) 編集・削除

こんばんは。コメントありがとうございます。
最近の007シリーズがどちらかと言うとボーンシリーズのようで、スパイアイテムがあまり登場しない分、こちらではそれも楽しませてもらいました。やっぱりアイテムは重要な要素だなぁと。
私も実は前作未見です。というより彼の作品は初めてなんです。何か食わず嫌いしてまして…。ちょっと過去作品のDVDでも観てみようかなと思えるようになったのがありがたかったです^^

冒険風ライダー(管理人) (01/22 12:10) 編集・削除

>KLYさん
こちらでははじめまして(^^)。

> 最近の007シリーズがどちらかと言うとボーンシリーズのようで、スパイアイテムがあまり登場しない分、こちらではそれも楽しませてもらいました。やっぱりアイテムは重要な要素だなぁと。

本来主人公の行動を手助けするはずのその手のスパイアイテムが、逆に主人公を窮地に陥れることになってしまう箇所もあったりするのが、いかにもこの映画らしいところですね(苦笑)。
自分がもらったアイテムの能力すら全然掌握していなかったですからねぇ、イングリッシュは。

> 私も実は前作未見です。というより彼の作品は初めてなんです。何か食わず嫌いしてまして…。ちょっと過去作品のDVDでも観てみようかなと思えるようになったのがありがたかったです^^

私もローワン・アトキンソンの作品を観賞したのは、映画・TVを問わず今作が初ですね。
そもそもコメディ映画を観るようになったこと自体が、2008年公開映画「ゲット・スマート」以降からの話になりますし。
前作「ジョニー・イングリッシュ」は私も機会があれば観てみたいですね。

http://www.tanautsu.net/

ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂