記事一覧

専用メガネ不要の3D映像が一般的になる日はいつ?

映画館でメガネなしの3D上映が実現するのは、その手の研究者によれば「真面目に研究をして、20年くらいかかる」とのことです。
テレビサイズはともかく、スクリーンの巨大サイズで3Dを実現するのはまだまだ課題も多いのだそうで↓

http://megalodon.jp/2012-0110-1748-00/www.cinematoday.jp/page/N0038284
>  ニンテンドー3DSなどで裸眼で観ることができる3D映像が身近になりつつあるが、映画館でメガネなしの3D上映が実現するのはいつになるのか……株式会社IMAGICAで、3Dスーパーバイザーを務める灰原光晴氏が語った。「真面目に研究をして、20年くらいかかります」。灰原氏が、研究者に話を聞くと、そう応えが返ってくるという。しかし、「ということは、その研究をしている人も、その研究を真面目にする気はないんですよね」と灰原氏。理論上はできるという映画館でのメガネなしの3D上映だが、その実現にはまだまだ長い道のりが必要だという。
>
>  左目を隠し、右目だけで見て指し示したものを、両目で見てみると、ずれが生じる。左目だけで見たものを、両目で見ても、同じようにずれが生じる。現在、映画館で導入されている3Dの映写システムは、この、幼いころに誰もが一度はやったことがあるであろう“目の遊び”、“視差”を利用している。2台のカメラを使って右目には右目用の映像、左目には左目用の映像を撮影し、3Dメガネを使い、右目には右目用の映像だけを、左目には左目用の映像だけを映し出すことによって、立体視が実現しているのだ。
>
>  では、映画館でメガネを使わずに立体視を実現するためには、どうすればよいのだろうか? 灰原氏は、現在は右目用の映像、左目用の映像と2視点で制作しているものを、多視点映像にすれば、メガネを使わない立体視は、理論上は可能だと言う。しかし、それを大きなスクリーンで実現するとなると、まだまだ課題は山積み。
「テレビの裸眼3Dは広がっていくと思いますが、スクリーンサイズは難しいですね」という灰原氏の言葉から“真面目に研究すれば20年”という月日は、リアルな数字なのであろう。

裸眼の3Dで連想するものと言えば、私の場合は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の2015年の世界に登場していたジョーズの3D映像ですね。
主人公の眼前まで飛び出して消滅したあの3D映像は、いかにも「未来的な世界」を連想させるものではありましたし、当時は「30年後ならばああいうのも社会的に普及しているのではないか?」という期待感もあったのですが。
同映画に登場していたような「空を飛ぶクルマ」も、実験的なものはあっても未だ商用実用化の目処までは立っていませんし、あの映画における「2015年の未来世界」は本当に絵空事のままで終わってしまうのでしょうかねぇ(T_T)。

ただ3D映像については、裸眼よりもまず「メガネ付3D」で確実に立体感を持った映像が出せるようにして欲しい、というのが大多数の映画ファンの本音なのではないでしょうか?
ただでさえ3D映画は3D料金があるために普通の映画よりも料金が高いというのに、「どこら辺が3D映像なの? 映像が飛び出るシーンなんて全編通して全くないんだけど?」と首を傾げざるをえないような作品があまりにも多すぎるのですが。
「通常よりも料金が高い」というだけでも敬遠する理由になるというのに、下手すればアイスの当たり棒レベルくらいに当たり率が低いというのではねぇ……。
挙句の果てには、そもそも3D演出をしなければならないような描写がどこにもないはずの映画までもが3D対応になっていたりする始末ですし。
何故3D映画はアレほどまでにハズレが多いのかと、つくづく疑問に思わざるをえないのですが。
こういう惨状を呈しているから、「3D料金はボッタクリと同じ」「映画業界の利権でもあるのでは?」などと言われてしまうのですが。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」のような3D映像が、一部のテーマパークのアトラクションだけでなく、そこらの街角や映画館などでも一般的にも見られるようになる日が来るまでには、果たしてあとどれくらいの年月を必要とするのでしょうか?
そんな日が早く来てくれることを願いたいものなのですけどね。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂