記事一覧

映画「一命」感想

ファイル 446-1.jpg

映画「一命」観に行ってきました。
滝口康彦の小説「異聞浪人記」を原作とし、江戸時代初期に蔓延したと言われる「狂言切腹」を題材に「武士の生き様」に対し疑問を投げかける作品。
2010年11月に暴行事件を起こしニュースになった市川海老蔵が主演ということで話題になった映画です。
時代劇なのに3D版公開などという、観客的には実に無意味&ボッタクリもはなはだしい仕様で撮影が行われていたようですが、幸い行きつけの映画館では2D版も公開されていたため、3D版の回避には成功。
何でもかんでも3D版にすれば良いってものではないだろうと、私としては思えてならないのですけどねぇ(-_-;;)。

1630年(寛永7年)の冬。
徳川幕府に仕える名門・井伊家に、ひとりの浪人が門戸を叩きました。
市川海老蔵扮するその浪人・津雲半四郎(つくもはんしろう)は、主君を失い、その日暮らしの生活にも疲れたので、せめて武士らしく最期を遂げたい、そのために庭先を貸してくれと井伊家に申し出てきます。
その申し出に対し、「またか」とウンザリした顔で騒ぎ立てる井伊家に仕える武士達。
当時の日本では、中央集権体制の確立を企図した江戸幕府による大名取り潰しが相次ぎ、仕える主君と職を失い生活に困窮し浪人化する武士が頻出していました。
そして、そんな浪人のひとりが「最期を遂げたい」とある大名家に申し出、その心意気に感心した大名家が家臣として取り立てたという噂話が広まったことから、大名家に切腹を申し出ることで職を得たり、悪くても金銭を恵んでもらったりすることを目的とする「狂言切腹」というものが各地の大名家で問題化していました。
この事例を知る大名家の武士達が、素性も分からぬ浪人の切腹申し出に良い顔をするわけもありません。
彼らは口々に「門前払いをしろ」と言い立てますが、井伊家の家臣である斎藤勧解由(さいとうかげゆ)がそれを抑え、自ら会って話をすると津雲半四郎を招き入れます。
そして、切腹を申し出る津雲半四郎に対し、同年秋に起こった「狂言切腹」の話を始めるのでした。

斎藤勧解由が話し始めたのは、千々岩求女(ちぢいわもとめ)という若い浪人が起こした「狂言切腹」のエピソードです。
千々岩求女は当時頻発していた「狂言切腹」と同じく、金銭目当てで井伊家に「狂言切腹」を申し出たのですが、以前から「狂言切腹」を問題視していた斎藤勧解由ら井伊家の家臣達は、これに対し断固たる措置を取ることを決定します。
それは「狂言切腹」を申し出てきた千々岩求女に、本当に切腹をさせてしまうというもの。
金銭目当て、上手く言えば仕官の道も開けるかもしれないという意図で「狂言切腹」を申し出た千々岩求女は当然のごとく狼狽しまくり、「せめて1日の猶予を」「病に臥せっている妻子を医者に見せたいから3両下さい」などと本音を吐露しますが、斎藤勧解由は「武士に二言はない」の一言で撥ね付けます。
さらに、千々岩求女は「武士の魂」とされる刀ではなく木製の竹光しか所持していなかったのですが、井伊家家臣の面々はその竹光で切腹をするように仕向けます。
当然、竹光で腹を掻っ捌くことなどできるわけもなく、千々岩求女は何度も自分の腹に竹光を突き続けることになります。
その姿は壮絶の一言に尽きるのですが、周囲の武士達も残酷そのもので、介錯人を任されたはずの沢潟彦九郎(おもだかひこくろう)は「もっと腸を刀でかき回せ」「まだ足りない」などと冷淡に言い張り、なかなか介錯をやろうとしません。
その惨状を見かねた斎藤勧解由は、ついに自ら刀を取って千々岩求女に自らトドメを刺し、千々岩求女を楽にしてやったのでした。

斎藤勧解由から一連の話を聞かされた津雲半四郎は、しかしその場では千々岩求女のことを「哀れだ」と淡々と評しただけで、「止めるなら今のうちだぞ」と諭されたにもかかわらず、あくまでも自分は切腹をすると主張し続けます。
その頑固な心意気に根負けした斎藤勧解由は、ついに津雲半四郎が望む切腹を行わせるための準備を整えるのでした。
そしていざ切腹の仕儀となった時、津雲半四郎は、剣客として名高いとされる沢潟彦九郎を自分の介錯人にして欲しいと願い出ます。
ところがその日、沢潟彦九郎は井伊家に出仕しておらず、斎藤勧解由はやむなく沢潟彦九郎に出仕の使いを出し、津雲半四郎にその事実を告げます。
それに対し、津雲半四郎はさらに2人の武士の名前を指名するのですが、何とその2名の武士達も出仕しておらず、さらには沢潟彦九郎もまた、先日から行方をくらましていることが判明するではありませんか。
しかも、まるでそのことを予め知っていたかのような態度を取る津雲半四郎。
さすがに不審に思い始め、「貴様、何をしに来た」と問い質す斎藤勧解由と抜刀の構えを見せる周囲の武士達。
そして、それに応える津雲半四郎の口から、驚くべき事実が語られ始めるのでした。

映画「一命」は、切腹をメインテーマに扱っていることもあり、最初から最後までとにかく暗い話が続きます。
実は津雲半四郎と千々岩求女は義理の親子関係にあるのですが、彼らが「狂言切腹」に至った経緯も理由も不幸そのものです。
裕福な武士の生まれだったのに大名改易で浪人化し、妻子が病に倒れ、医者にかかるためのカネもないという状況は、当時の社会情勢や経済水準から見ればごくありふれた現実ではあったのでしょうけど。
また、作中の演出や舞台も、全体的に「貧乏な江戸時代」を前面に出しているイメージがありました。
元々貧乏な暮らしをしていた主人公親子の家が貧しいのは当然にしても、一応は名門・井伊家の家臣であるはずの斎藤勧解由の部屋でさえ、障子や壁が相当なまでに黒ずんでいるなど、薄汚れかつ質素な佇まいをしていますし。
実際の江戸時代もあんなものだったのかもしれませんが、時代劇などに出てくる家屋でももう少し綺麗な佇まいをしているのを見慣れていただけに、「えらい貧しい暮らしぶりだなぁ」というのが感想でしたね。

ただ、結果的に義理の息子を惨たらしく殺されてしまった形になる津雲半四郎が、斎藤勧解由に対して「慈悲をかけようとは思わなかったのか」と訴えかけるシーンは「さすがにそれは違うだろう」とは思いましたが。
井伊家の面々にしてみれば、千々岩求女の事情なんて津雲半四郎が話すまで全く知らなかったわけですし、仮に知っていたとしても「狂言切腹」でいちいち慈悲を示して金子を恵んでいたりしていたら、ここぞとばかりに他の浪人達が模倣し始める懸念もあるのですから。
井伊家の面々が自分達と何の関わりもない千々岩求女を助けなければならない理由など、世界中探したってあるわけもないのですし。
まあだからと言って「狂言切腹」を字面通りに受け止めて意図的に切腹までさせてしまう、というのは、現代どころか当時の価値観からしてさえやり過ぎの範疇ではあるのでしょうけど。
作中の記述を見る限り、他の大名家でも井伊家のごとき処断はできなかったみたいですからねぇ。

しかし、この作品の真骨頂は実は物語のラストにあります。
物語終盤、自分の正体を現し、ここぞとばかりに井伊家屋敷の中で大立ち回りを披露した津雲半四郎に対し、斎藤勧解由は「武士に二言はない」云々に代表される説法を説きまくっています。
ところがよくよく考えてみると、津雲半四郎を井伊家屋敷に招き入れてしまった時点で、既に彼らは「自らの手で賊を侵入させた」も同然の不祥事をやらかしてしまっていることになります。
さらに津雲半四郎は、大立ち回りの最中に、井伊家の象徴とされる赤備えの鎧一式を破壊してしまうのですが、こんなことまでされてしまったら当然、斎藤勧解由をはじめとする井伊家家臣一同は、その全員が責任を問われた挙句に切腹どころか斬首・遠島などの重罪すら課せられてもおかしくはなかったはずです。
現に作中では「武士の象徴」である髷を取られただけで、沢潟彦九郎と他2名の武士達が切腹に追い込まれたりしているのですし。
ところが、一連の「狂言切腹」騒動が治まり、井伊家の殿様が屋敷に帰還した際には、津雲半四郎が破壊したはずの赤備えの鎧一式は何事もなかったかのように元の場所に鎮座していた上、目新しくなっている鎧を見て「(赤備えの鎧を)手入れしてくれたのだな」と質問してきた殿様に対し、斎藤勧解由は事の真相を全く告げることなくおべっかを並べて平伏している始末です。
斎藤勧解由が津雲半四郎に対して説きまくっていた「武士の生き様」とは一体何だったのか、と思わずにはいられなかったですね。
何しろ、一般的に思われているであろう「武士の生き様」を主張していたはずの当の斎藤勧解由自身が、その「武士の生き様」という概念を全て御破算にしてしまう「生き様」を、しかも自分の主君相手に堂々と披露しているわけなのですから(爆)。
「武士に二言はない」というのは、一言も発することなく事実を好き勝手に改竄・隠蔽してしまえば責任回避は充分に可能、という意味だったのか。
「面目は施さなくてはならない」というのは、下の人間に全ての責任を押し付けて口封じも兼ねて殺してしまい、そ知らぬ顔を決め込んでいれば良いということだったのか。
確かにそれも「武士の生き様」には違いなく、また実際にそうやって生きてきた武士も決して少なくはなかったでしょうが、ある意味身も蓋もない事実の肯定ですね(苦笑)。
このラストの大どんでん返しを、作者ないし映画の製作者達が、まさに私が感じたようなことを意図して作ったというのであれば、それはある意味最高傑作として讃えられるべき所業ではあるのですが……。

内容が地味かつ暗いこともあり、映画「一命」は、お世辞にもハリウッド映画のように大衆受けする内容のストーリーとは到底言えたものではないですね。
時代劇が好きという人か、出演している俳優さんが好きという人ならオススメでしょうけど、人によって好みが分かれそうな作品ではあります。


コメント一覧

take (10/22 01:13) 編集・削除

この作品は前作の復讐劇より一歩進んで、体面とは何か?を説いている。娘婿が父親の形見の名刀も売り、物乞いにまで行ったのに、まだ武士を捨て切れなかった父親がその『武士の体面』を勘解由とその部下達に問いかけ、一生をかけてその答えを引き出すように『殺さない』為に竹光で応戦する。あの赤備えは又新しくしつらえられてとしても、半四郎の問いは現代にも生きている訳です。前作は三国連太郎の家老の演技が評判でした。世界41カ国に配信されて恐らく昔の日本人の清冽な生き方は観た人の心を打つでしょう。
反対に体制側になろうと必死で勉強ばかりして、心を鍛えていない現代の日本人達には通じない話であり、勿体ない作品だと思いました。

冒険風ライダー(管理人) (10/22 01:44) 編集・削除

どちらかと言えば「武士道」に対する痛烈な皮肉を込めた作品なのではないですかね、映画「一命」は。
斎藤勧解由を筆頭とする井伊家家臣達の、あのラストにおける自己保身ぶりは、それまで彼らが声を大にして主張していた「武士の生き様」を全否定するシロモノでしたから。
そしてあのラストの光景は現代日本人の、特に企業や官僚答弁に走る政治家達にも多大なまでに当てはまるもので、その点でも痛烈な風刺になっているのではないかと私は解釈しました。
なので、「武士の生き様」を説いている人間だって所詮は口先だけじゃないか、現実はこんなもんなんだよ、というテーマを元に作ったのであれば極めて優れた作品、というのが私の評価だったりします。
ただ、製作者達が本当にそんな意図で作品を制作したのかは少々疑問ではあるのですけどね。

外国だと「武士の生き様」や「切腹」ばかりがクローズアップされて、斎藤勧解由らに対する風刺の部分はあまり言及されないのではないかと。
公式サイトの宣伝文句などもそんなのばかりですからねぇ。
津雲半四郎や千々岩求女ではなく、斎藤勧解由の言動にこそ、現代日本人と重なるものが多々あるように思われてならないのですが。

http://www.tanautsu.net/

富岡武蔵 (10/23 23:59) 編集・削除

浪人津雲半四郎の仕えていた福島正則城主、広島藩はこの映画の通り、石垣修理を半年前から請願していたが幕府の許可が下りず、大雨が降る季節を前にして、勝手に石垣を修理してしまい、幕府はこれを口実に改易としてしまったことは、ご存知でしょうが事実です。
 考えてみれば豊臣恩顧の福島正則をいかにして、潰そうかと機会を狙っていたのは幕府です。幕府自身が、不合理な理屈で改易を強いてくるのですから、武士の生き様などは嘘っぱちであると津雲は思っていたであろうし
こんな幕府を支える譜代大名井伊家の武士道や、その象徴である赤備えの鎧を破壊することは、おおいなる皮肉であったとも言えるのではないでしょうか。まして狂言切腹を笑う資格など井伊家の人間にもないと半四郎はいいたかったのかもしれません。

http://tomioka.at.webry.info/

冒険風ライダー(管理人) (10/24 01:32) 編集・削除

>富岡武蔵さん
広島藩のみならず、江戸時代初期は「幕藩体制の確立」を目的に改易が積極的に行われていましたからねぇ。
私の地元熊本でも、豊臣恩顧の有力大名だった加藤清正の死後、加藤家が改易されて代わりに細川家がやってきていますし。
政治的な観点から言えば、江戸幕府のやり方もある意味正しくはあったのでしょうが、改易される側からすれば確かにたまったものではなかったでしょうね。

広島藩の改易について、津雲半四郎が穏やかならざる感情を抱いていたであろうことは想像に難くありません。
アレがなかったら、自分や千々岩求女の一家が窮乏することもなく、当然千々岩求女があんな形で切腹させられることもなかったのですから。
ただ改易については、幕府側の意図を津雲半四郎も千々岩求女の父親も知っているような感じではありましたし、仮にも大名家に仕えていた身分であるならば、「武士道」よりもはるかに優先されるべき「政治の論理」というものがあることくらい理解はできていたのではないかと。

津雲半四郎が言いたかったのは、「そんなに武士道とやらがスバラシイものならば、お前らがまず率先して実践してみろ」というメッセージだったのではないかと。
だからこそ、彼は沢潟彦九郎ら3名の武士の髷を取り、また井伊家の赤備えの鎧を破壊したわけです。
キッチリ責任を取らされた前者3名はともかく、事件を隠蔽して殿様を欺いた井伊家家臣一同は完全に論外もいいところでしたから、津雲半四郎はあの世でさぞかし高笑いしていたのではないかと。
当の斎藤勧解由ら井伊家家臣達がそのことで屈辱を覚えていたのか、鋼鉄の厚顔無恥ぶりを発揮して何とも思っていなかったのかは分かりませんが。

http://www.tanautsu.net/

ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂