記事一覧

銀英伝外伝舞台版・双璧編の断片情報

銀英伝外伝舞台版・双璧編における稽古の様子が社長氏のツイートでレポートされていますね。

http://twitter.com/adachi_hiro

ただ、以前に銀河帝国編の舞台レポートを行った時と比べて、長い割にはまるでネタバレが披露されていない構成になっています。
アンサンブルがどうとか↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/79832578508595200
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。アンサンブルの動きが一週間前とは全然違います。>

キャストの人の演技内容についての当たり障りのない感想や↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/79833859625189376
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。メインキャストの稽古が始まりました。演出家の宇治川さんの演技指導は、すごい迫力です。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/79845017098784768
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。激しい当たりの稽古をすると、ちょっと身体を痛めることも。コールドスプレー、大活躍。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/79851779919056896
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。今回は双璧を中心としたアクションのシーンがあるのですが、是非とも周囲のキャストの演技も見てください。細かい場所で細かい芝居をしてます。>

衣装についての言及など↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/80510181510877185
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。衣装合わせ中です。いやぁ、ただでさえかっこいい人が軍服を着ると、さらにかっこ良さが増しますねぇ。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/80512227265884161
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。なにせアクションの激しい人たちだから、軍服も伸縮性のある素材じゃないとダメなんだね。難しいんだなあ。>

http://twitter.com/adachi_hiro/status/80516066215862272
<舞台「銀河英雄伝説」稽古場なう。東山さんが、殺陣のシーンに身に付ける衣装を着けて登場。カッコいいぞ!>

主に舞台周りの技術的なことについてのツイートばかりで、肝心要の作中のストーリーや登場人物に言及するものはほとんどありません。
まあ、当のレポートしている社長氏自身もこう言ってはいるのですが↓

http://twitter.com/adachi_hiro/status/80494814822535168
<例によって、舞台「銀河英雄伝説」の稽古場では、ネタバレにならない範囲でレポートをさせていただきますが、稽古場は電波の入りが悪いため、あまり小まめに書き込めないと思います。先に謝っておきます。>

前回の舞台レポートでは、公式サイトがまだ発表していないことをうっかり漏らしていたりしていたので、さすがに今回は注意しているといったところなのでしょうか。
今回は舞台版だけのオリジナルストーリーということもあってか、秘匿性が前回よりも高いみたいですし、あくまでもそういうのは最後まで秘密にする方針のようですね。
ただそのおかげで、宣伝戦略という観点では、前回の銀河帝国編に比べると確実に後れを取ってしまっているのが何とも言えないところではあります。
今回の舞台は前回に比べると劇場も小さいようですし、あまり宣伝をしても客を収容できないという判断もあるのかもしれませんが、それにしても「アピールが少なすぎるではないか?」とは正直思わざるをえないですね。

個人的には、舞台は観に行かないにしても内容は知りたいところだっただけに、せめてストーリー概要くらいは公開して欲しいところなのですけどね。


イタリアの原発反対国民投票と原発廃止の試算

イタリアで原発の再開を問う国民投票が行われ、投票率57%の反対93%でイタリア政府の原発再開計画が否決されました↓

http://ow.ly/5gYmW

原発反対派がここぞとばかりに「日本も原発廃止のバスに乗り遅れるな!」と気炎を上げそうな記事ですね。
しかしヨーロッパ諸国では、国家間で不足分の電力の融通が自由に行えるという特殊な事情があります。
特に原発大国フランスは各国に多くの電力を融通しており、イタリアもその恩恵を多々受けているのです↓

http://ow.ly/5gYnj

イタリアで反対されたのは「自国内に原発を誘致し自国内で発電する」ことについてのみであり、フランスの原発からの電力融通は現行通りそのまま継続されるわけです。
結局イタリアの「脱原発」というのは、本来自国が背負うべきリスクと負担をフランスに押し付け、恩恵だけを得ようという極めてエゴイスティックなシロモノなのです。
こういうのって「偽善の脱原発」でしかないのではないでしょうか?

また、経済産業省所管の日本エネルギー経済研究所が、全ての原発が停止して火力発電で代替する場合、1ヶ月あたりの標準家庭の電気料金が1000円値上がりするとの試算結果を発表しました。
石炭・天然ガス・石油の調達コストが3.5兆円分も新たに発生するためで、さらに夏場では、発電能力が最大消費電力を7.8%下回り、全国規模の電力不足に陥る可能性があるとのこと↓

http://megalodon.jp/2011-0614-0957-20/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110613-00000156-jij-bus_all

「標準家庭で1ヶ月1000円の電気料金値上げ」ということは、企業や工場・公共機関などではさらに大きな経費負担になることは自明の理です。
それらは標準家庭の数万~10万軒以上もの電力を使っている事例も珍しくないのですから。
製品の製造費も当然上がるわけですし、列車などの公共交通機関の経費なども上昇せざるをえなくなります。
電気料金が上がるということは、電気を使う製品や消費財全ての経費もまた上がるということをも意味するわけで、これでは全体的な物価上昇は避けられないでしょう。
ただでさえ冷え込んでいる経済に、さらに追い討ちをかけるような事態は論外もいいところなのですが、今の感情的な原発忌避の「空気」ではそれも是認されてしまいそうな雰囲気です。
どうせ料金値上げにすぐ耐え切れなくなり、今度は「電力を安定供給しろ!」「電力料金を値上げするな!」と叫び出すことなど最初から目に見えているのですが。


ログ検索

検索フォーム
キーワード



リンク集

RSSリーダー

  • サイト内RSS登録
    • RSS 1.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS 2.0 | タナウツネット雑記ブログ
    • RSS Atom | タナウツネット雑記ブログ
  • 各種RSSリーダー
    • Add to Google
    • My Yahoo!に追加
    • Subscribe with livedoor Reader
    • HanRSSに追加

ブログランキング

  • 人気ブログランキング
    • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村
    • ブログランキング・にほんブログ村
  • ブログの殿堂
    • ブログランキング・ブログの殿堂