記事一覧

映画「オブリビオン」感想

ファイル 963-1.jpg

映画「オブリビオン」観に行ってきました。
「ミッション:インポッシブル」シリーズ「アウトロー」のトム・クルーズが主演のSFアクション大作。
先月の2013年5月は何故か公開映画が異様に少なく、実に3週間ぶりに映画館にやってきたにもかかわらず、公開映画のラインナップが3週間前とあまり変わっていなかったことに少々愕然とせざるをえなかったですね(苦笑)。
TOHOシネマズが6月から高校生1000円サービスを始めたことと、何か関係でもあったりでもしたのでしょうかねぇ……。

映画「オブリビオン」の舞台は、2077年の地球。
この世界の地球は、60年前の2017年に「スカブ」という名のエイリアン達による侵略を受け、月を破壊された世界的規模の災害の発生と「スカブ」の攻撃によって荒廃してしまっています。
核攻撃まで交えて何とか「スカブ」との戦いに勝利した人類達の多くは、土星の衛星のひとつ「タイタン」に居住地を作り移住。
残りもまた、地球の衛星軌道上?に浮遊している「テット」と呼ばれる宇宙ステーションで地球を監視する任務に当たっており、地球は人類がほとんど住むことのない星と化していたのです。
ただ、そんな地球にもひとつの例外がありました。
それは、地上からはるか数千メートルに拠点を構え、海上に浮かぶ巨大な採水プラントを警備・監視する「ドローン」と呼ばれる無人偵察兼攻撃機を管理する2人組の存在でした。
オペレーターの女性ヴィクトリアと、今作の主人公で現場パトロール兼修理屋のジャック・ハーバー。
2人は地球での任務に従事するに際し、生き残りの「スカブ」達に囚われても情報を与えないようにするため、任務に従事する前までの記憶を完全に消去されています。
地球での任務終了を2週間後に控えた2人は、一方はその日を待ちわび、他方は地球を離れたくないと考えながら、2人以外は誰もいない世界での任務をこなしていたのでした。

そんなある日、採水プラントを警護・巡回しているドローンのうち、2つほどが消息を絶つ事件が発生します。
テットからの報告とヴィクトリアのサポートに基づいてジャック・ハーバーが急行した最初の現場は、60年前にベースボールだかフットボールだかの試合が行われていたらしいスタジアム跡地。
そこに不時着していたドローンの動力部?を交換し、まずは1台目のドローンを再起動させることに成功するジャック・ハーバー。
そして、消息を絶ったもうひとつのドローンを探し求め、今度は地下深くに埋もれている図書館の跡地らしきところにジャック・ハーバーは潜り込みます。
しかし、そこで示されていたドローンの反応は、ドローンを修復する者を誘き出すための罠であり、まんまと引っかかったジャック・ハーバーは「スカブ」達の奇襲を受けることになってしまいます。
思わぬ事態に必死で応戦するジャック・ハーバーは、ドローンの突然の来援もあり、何とか危機を脱することに成功するのですが……。

映画「オブリビオン」では、物語の前半と後半で主人公が置かれる立場と環境が180度変化します。
実はドローンを管理しているジャック・ハーバーとヴィクトリアは、元々「スカブ」の地球侵攻があった2017年に、侵略者の母艦的存在だった「テット」の調査に赴いていたのです。
その際、彼らは「テット」でおそらくは囚われの身となってしまい、自身のクローンを大量に作られ、侵略の尖兵とされてしまっていたのでした。
当然、地球でドローンの管理に当たっているジャック・ハーバーおよびヴィクトリアもまた、そのクローンの一員だったというわけです。
そして一方、彼らが「スカブ」と呼んでいる存在こそ、「テット」の侵攻によって壊滅的な被害を被った人類の生き残りだったのです。
作中のドローンは、「スカブ」どころか地球に不時着してきた宇宙船に搭乗していた冷凍状態の人間にすら平気で攻撃を仕掛けていましたが、その不可解な謎もそれで説明できるわけですね。
また物語後半では、主人公とは全く別の区画で主人公と同じくドローンの管理を行っているもうひとりのジャック・ハーバーと、そのサポートに当たっているヴィクトリアが登場していたりします。
終盤近くではドローンとの熱いバトルも繰り広げられていますし、SF的なツールを総動員して展開されるストーリーはなかなか見応えがありますね。
主人公が自分の正体と立場に気づいた瞬間に、ああまで世界が変わってしまうという事実をあそこまで表現できるというのは、ある意味凄いことなのではないかと。

一方、今作のストーリーで違和感があったのは、オリジナルのジャック・ハーバーの妻だったジェリアが、クローンのジャック・ハーバー相手に何の疑問も抱くことなく接していることですね。
作中で再会したばかりの頃はクローンの話なんて知らなかったわけですから必然であったにしても、後の方では2人のジャック・ハーバーと格闘しているシーンを彼女は直接目撃しているわけですし、終盤では自分が頼りにしているジャック・ハーバーがオリジナルではなくクローン、つまり「自分が愛したジャック・ハーバー本人」ではなかったことを理解しえなかったはずがないのですが。
確かにオリジナルのクローンなのですから、記憶自体はオリジナルと全く同じものを持ち得て当然でしょうが、しかしそれでも厳密に言えばクローンはあくまでもクローンであり、オリジナル本人ではありえないわけで。
いくらオリジナルの容姿と記憶を持っていると言っても、ジェリアにとって、クローンのジャック・ハーバーはあくまでも「他人」でしかないはずなのですが、その辺りのことを作中のジェリアは全く自覚している様子がないんですよね。
それどころか、ラストではテットと共に自爆した主人公のジャック・ハーバーの忘れ形見である娘と生活していたジェリアが、物語中盤で主人公と格闘していたもうひとりのジャック・ハーバーと再会し、2人して笑顔で見つめ合うという描写があったりします。
彼って、60年後の世界でジェリアを助けた主人公こと「技師49」のジャック・ハーバーとさえも全く異なる別人でしかないはずですし、あの時点のジェリアがそれを知らないはずもないでしょうに、何故ああまでオリジナルのジャック・ハーバーと全く同じように接することができるのか、大いに疑問を覚えざるをえないところです。
ジェリアにとって、相手がジャック・ハーバーでさえあれば、それがクローンなのかオリジナルなのかは全く問題ではなかったりするのでしょうかねぇ(@_@)。
クローンをオリジナルと混合しても良いのか?とか、結構哲学的な命題も多分に含んでいそうなエピソードではありますね、ジェリアの対応は。

トム・クルーズのファンであれば、まずは押さえておいて損はない作品ではないかと。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/963
オブリビオン from I am invincible !
ジャック(トム・クルーズ)とパートナーのヴィクトリア(アンドレア・ライズブロー)は、上空1000mにあるスカイタワーと呼ばれるステーションで暮らしていた。
2013年06月09日(日)22時42分 受信
オブリビオン from Memoirs_of_dai
二都物語へ【Story】 2077年、地球はエイリアンの襲撃によって壊滅的な被害を受け、生き残った人類は他の惑星へと移住。人のいなくなった地球では、ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられ...
2013年06月09日(日)22時43分 受信
オブリビオン IMAX/トム・クルーズ from カノンな日々
監督のジョセフ・コシンスキー監督が自身のグラフィック・ノベルを基にトム・クルーズを主演に映像化した大作SFアクション映画です。そのスケールの大きさは劇場予告編からも十分 ...
2013年06月09日(日)22時44分 受信
オブリビオン from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
もう少し登場人物がたくさんいて空中戦なども見られると思ったけど、常に出ているのがトムとオルガだけだった。世界観は見事に構築されているしモーガン・フリーマンの存在感もあったのに。ダイナミックなSF活劇では...
2013年06月09日(日)22時48分 受信
『オブリビオン』 その意味するものは? from 映画のブログ
 【ネタバレ注意】 TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。 トリンプ・インターナショナル・ジャパンの...
2013年06月09日(日)22時57分 受信
オブリビオン from ダイターンクラッシュ!!
2013年6月7日(金) 18:20~ 109シネマズ川崎6 料金:2000円(IMAX) パンフレット:未確認 所詮「トロン:レガシー」の監督とKAZZ語る 『オブリビオン』公式サイト 映像は凄い。初IMAXだが、上々のデビューだ。 し...
2013年06月09日(日)23時24分 受信
『オブリビオン』 2013年5月8日 TOHOシネマズ六本木 from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『オブリビオン』 を鑑賞しました。上映前にファンサービスの絶大なトム・クルーズとオルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督の舞台挨拶がありました。そこでも、トムの話が長くて監督の話が短かった。【...
2013年06月09日(日)23時24分 受信
オブリビオン〜拡大版チェルノブイリ? from 佐藤秀の徒然幻視録
ウクライナ映画「故郷よ」がかぶる公式サイト。原題:Oblivion。ジョセフ・コシンスキー原作・監督。トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モーガン・ ...
2013年06月09日(日)23時32分 受信
映画『オブリビオン』★その“失われない愛“はSF的ハッピーエンド from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161180/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   事前情報なしで 、トム・クルーズ 主演ということだけで、楽しみにしていました! (事前情報ナシ...
2013年06月09日(日)23時51分 受信
『オブリビオン』を観てきた!? from 映画観たよ(^^)
『オブリビオン』を観てきました。オブリビオン - 映画.com いやいや、最近かつてのハリウッドスター作品が不甲斐なかったので、コレもそんなんだろ!公開したら早く観ちゃわないと終わっちゃう!と思っての鑑賞でした...
2013年06月10日(月)00時20分 受信
ジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズ主演『オブリビオン』(oblivion) from 映画雑記・COLOR of CINEMA
『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキー監督が、自らのアイデアをもとに描いたSF超大作『オブリビオン』(oblivion)。出演はトム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モ
2013年06月10日(月)00時38分 受信
劇場鑑賞「オブリビオン」 from 日々“是”精進! ver.F
49と52…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306010002/Oblivion SoundtrackM83 Backlot Music 2013-04-16売り上げランキング : 27594Amazonで詳しく...
2013年06月10日(月)05時52分 受信
オブリビオン from 映画感想メモ
タイトル言うのに詰まった。オビリオン、オブリオン、じゃなくてオブリビオンだ(* ̄
2013年06月10日(月)06時13分 受信
オブリビオン from Akira's VOICE
驚きと興奮とツッコミ。 
2013年06月10日(月)09時43分 受信
「オブリビオン」みた。 from たいむのひとりごと
なんだか予告編と随分印象が違うような?というのが本編を見ながら思っていたこと。そうした違和感の理由が判ったのは、たまたま本編を観た直後、劇場で流されていた予告編を目にすることが出来たから。同じカットな
2013年06月10日(月)12時10分 受信
オブリビオン from マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
「オブリビオン」監督:ジョセフ・コシンスキー(『トロン:レガシー』)出演:トム・クルーズ(『アウトロー』『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』)モーガン・フ ...
2013年06月10日(月)17時38分 受信
『オブリビオン』('13初鑑賞47・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)6月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
2013年06月10日(月)20時53分 受信
オブリビオン from CINEMA見聞録
エイリアンとの戦争に勝利したものの地球は汚染され、人類は地球を放棄して他の惑星へ
2013年06月10日(月)22時54分 受信
映画:オブリビオン Oblivion 久々に本格的SFを観た、ていう感覚。これって なんかうれしいかも? from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
西暦2077年。主人公元海兵隊司令官ジャック・ハーパーは、荒廃した地球の監視任務で派遣される。60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により人類の大半は、他の惑星へ移住。荒廃した地球(写真)での任務は、あくまでも...
2013年06月10日(月)23時43分 受信
「オブリビオン」☆美しくてクールな昼メロ from ノルウェー暮らし・イン・原宿
とにかく映像が綺麗。登場する宇宙船もバブルシップも超クールでスタイリッシュ!最初から最後までトムちんをいっぱい♪堪能できる。だけどストーリーは単純。なのにあえて2Dで勝負するその勇気を称えよう。
2013年06月11日(火)11時27分 受信
オブリビオン from とりあえず、コメントです
宇宙からの襲撃で破壊された未来の地球を舞台に描かれたトム・クルーズ主演のSF大作です。 謎めいた世界の中で活躍する主人公を映した予告編を観て、面白そうだなと楽しみにしていました。 次々と謎が解き明かされ...
2013年06月11日(火)22時42分 受信
オブリビオン from ぷかざの映画感想記
オブリビオン観ました。 ※ネタバレありの感想ですので、まだ見てなくてこれから見ら
2013年06月12日(水)05時09分 受信
映画「オブリビオン」2077年の地球は廃墟となった from soramove
映画「オブリビオン」★★★キム・ユンソク、ユ・アインパク・スヨン、イ・ジャスミンキム・サンホ、キム・ヨンジェ 出演ジョセフ・コシンスキー監督、124分、2012年5月31日より全国公開2012年,アメリカ,東宝東和(原題/...
2013年06月13日(木)07時33分 受信
オブリビオン / Oblivion from 勝手に映画評
ネタバレあり。2077年。60年前にエイリアンの攻撃を受け、壊滅した地球。その地球上に残り、地球に残った装置類の監視・メンテナンスを行なっているジャック。ある時、墜落した宇宙船を発見し、生存者を保護したが、そ...
2013年06月15日(土)21時16分 受信
オブリビオン  監督/ジョセフ・コシンスキー from 西京極 紫の館
【出演】 トム・クルーズ オルガ・キュリレンコ モーガン・フリーマン アンドレア・ライズブロー【ストーリー】エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残...
2013年06月15日(土)23時43分 受信
オブリビオン from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(P)(10)偵察機ドローンがなぜかお気に入り(笑)
2013年06月15日(土)23時58分 受信
オブリビオン/OBLIVION from いい加減社長の映画日記
SF大作っぽいけど、どうなのかなぁ・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】2077年、地球は“スカブ”と呼ばれるエイリアンによって壊滅し、人類は他の惑星へ移住を果していた。荒廃した地球に残っているのは、...
2013年06月16日(日)00時20分 受信
[映画『オブリビオン』を観た(寸評)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆初めは、なんかサイエントロジー絡みじゃないだろうな・・・、と予備知識なく不安になりながらの鑑賞だったが、 それとは関係ないようで、う〜ん、ハードSFとも言えよう地球全体を覆いつくした侵略者による大災...
2013年06月16日(日)00時36分 受信
「オブリビオン」 from ゆっくり歩こ。
これは予告を観たときから気になってましたトム・クルーズ、最近めっちゃ仕事してますねぇ私生活を振り切るように・・・この作品でもアクション☆バッチリ決めてます!動きは素早いです〜 さすがだわ私はトム・クル...
2013年06月16日(日)10時08分 受信
映画「オブリビオン」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2013/6/2、109シネマズ木場。木場にはIMAX版もあったが通常版を選択。実はユナイテッドシネマ豊洲の10番スクリーン(オーシャン・スクリーン)を狙っていた。上映スケジュールが合わず、木場を選択し...
2013年06月16日(日)14時36分 受信
オブリビオン from タケヤと愉快な仲間達
【あらすじ】エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残...
2013年06月16日(日)18時31分 受信
オブリビオン ★★★★ from パピとママ映画のblog
トム・クルーズが「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督と初タッグ。48カ国でNO.1のオープニング成績を記録した注目作。映画はトム・クルーズ扮するジャック・ハーパーのナレーションから始まる。...
2013年06月16日(日)19時01分 受信
オブリビオン from だらだら無気力ブログ!
映像が綺麗で面白かった。
2013年06月16日(日)19時38分 受信
6月〜(オブリビオン) from Break Time
今日から、6月です・・・
2013年06月16日(日)19時51分 受信
『オブリビオン』 from ラムの大通り
(原題:OBLIVION)----これって、最近トム・クルーズが来日して話題になった映画だよね。「うん。トム・クルーズは華があるよね。ぼくはこれまでにシュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、さらにはディカプリオなど...
2013年06月16日(日)20時59分 受信
『オブリビオン』 from beatitude
西暦2077年。60年前に起きた異星人スカヴとの戦争により地球は荒廃し、人類の大半は、土星の衛星であるタイタンへの移住を余儀なくされていた。そんな中、地球にたった二人残った元海兵隊司令官ジャック・ハーパー(ト...
2013年06月16日(日)21時24分 受信
■オブリビオン from しんちゃんの徒然なる映画日記
第309回「もしかすると駄作かも・・・と思っていたら。」3週間ぶりの更新となってしまいました。観たい映画が無いという珍しい状況が続いていました。もちろん、「図書館戦争」など観ようと思えば、劇場に足を運...
2013年06月16日(日)22時59分 受信
オブリビオン トム様的な映画で、なーんか消化不良なんですが・・・ from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=30 うち今年の試写会5】 予告編を観ている限り「宇宙戦争」的な香りを感じていたのだけど、うっかり観に行ってしまいましたとさ・・・。 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が...
2013年06月17日(月)09時14分 受信
オブリビオン from to Heart
原題 OBLIVION製作年度 2013年原作 ジョセフ・コシンスキー脚本 カール・ガイダシェク 、マイケル・デブライン上映時間 124分監督 ジョセフ・コシンスキー出演 トム・クルーズ/モーガン・フリーマン/オルガ・キュリレンコ/ア...
2013年06月17日(月)21時33分 受信
オブリビオン from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【OBLIVION】 2013/05/31公開 アメリカ 124分監督:ジョセフ・コシンスキー出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー、ニコライ・コスター=ワルドー、メリッサ・レオ、...
2013年06月18日(火)15時55分 受信
『オブリビオン』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「オブリビオン」□監督・脚本・原作 ジョセフ・コジンスキー□脚本 ウィリアム・モナハン、カール・ガイダシェク、マイケル・アーント□キャスト トム・クルーズ、オルガ・キュリレン...
2013年06月18日(火)22時05分 受信
オブリビオン from こんな映画見ました〜
『オブリビオン』---OBLIVION---3013年(アメリカ)監督:ジョセフ・コシンスキー出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン 、オルガ・キュリレンコ 、アンドレア・ライズブロー、ニコライ・コスター=ワルドー 、メリッ...
2013年06月26日(水)23時22分 受信
本当の人類は from 笑う社会人の生活
18日のことですが、映画「オブリビオン」を鑑賞しました。エイリアン“スカヴ”の侵略、戦いによって地球が半壊し生き残った者たちがほかの惑星へと移住している人類地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパ...
2013年06月27日(木)00時47分 受信
オブリビオン from 菫色映画
オブリビオン2013年 アメリカ監督:ジョセフ・コシンスキー出演:トム・クルーズ   オリガ・キュリレンコ   モーガン・フリーマン   アンドレア・ライズブロー  ...
2013年06月29日(土)11時29分 受信
No.355 オブリビオン from 気ままな映画生活
トム・クルーズ主演、「トロン:レガシー」のジョセフ・コジンスキー監督によるSFアクション。スカヴと呼ばれるエイリアンの攻撃により地球が壊滅し、生き残った人類は遠い惑星へ ...
2013年06月29日(土)18時22分 受信
オブリビオン from C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
オブリビオン'13:米◆原題:OBLIVION ◆監督:ジョセフ・コジンスキー「トロン:レガシー」◆出演:トム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、アンドレア・ライズボロー、ニコラ...
2013年09月03日(火)21時06分 受信
「オブリビオン」ジョセフ・コシンスキー from Credo, quia absurdum.
オブリビオンOBLIVION2013アメリカ監督:ジョセフ・コシンスキー原作:ジョセフ・コシンスキー脚本:カール・ガイダシェク、マイケル・デブライン出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレン...
2013年09月28日(土)04時12分 受信
オブリビオン from いやいやえん
トム・クルーズ主演、化粧っけのないオルガ・キュリレンコさんが、何故かオセロ中島さんと菊地凛子さんっぽく見えて仕方なかった^;カメラワークやSF的なガジェット類、遠くにかすかに見える建造物、文明が滅びた...
2013年10月10日(木)09時44分 受信

コメント一覧

投稿者:KGR 2013年06月16日(日)14時56分 編集・削除

2017年のスーパーボウル開催地はテキサス州ヒューストンでの開催ですが、ニューヨークからはほぼ2300km離れており、バブルシップでひとっとびというほど近いとも思えません。
決まったのは今年の5月のようなので、撮影時はまだ未定だったはず。
映画の中ではどこの設定だったんでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/thiroi/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2013年06月18日(火)22時06分 編集・削除

>KGRさん
採水プラントが近くにあるような作中の描写を見る限りでは、アメリカ東海岸一帯のどこかっぽい感じではありますね。
放射能汚染地帯?が西と北一帯に広がっていることを示すシーンもありましたから、あまり西の方面に行くことはできないでしょうし。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー