記事一覧

映画「L.A.ギャングストーリー」感想

ファイル 956-1.jpg

映画「L.A.ギャングストーリー」観に行ってきました。
かつて実在し、大都市を支配する大物ギャングとして悪名を轟かせたミッキー・コーエンと、ロス市警の警官達との壮絶な死闘を描いたクライム・アクション作品。
作中では暴力描写やセックスシーン等があるため、R-15指定されています。

物語の舞台は1949年のアメリカ・ロサンゼルス。
当時のロサンゼルスは、ニューヨーク生まれの元ボクサーで、現在は犯罪組織のボスとなっているミッキー・コーエンという男が裏で牛耳っていました。
彼は、ライバルのギャングを2台のクルマを使って引き裂き、死体をコヨーテに食わせるというほどの所業すら平然としてやってのけるほどの残忍な性格の持ち主。
また、彼の犯罪組織は警察の上層部や政治家達をも抱き込んでいるため、誰も手を出すことができずにいるのでした。
そんな中、ロス市警の巡査部長で今作の主人公でもあるジョン・オマラは、ある日、ミッキー・コーエンの部下がスカウトマン?を装って女性に声をかけ、ホテルに連れ込む光景を目撃します。
女性が連れ込まれた部屋では複数の男が待ち構えており、女性を集団レイプにかけるべく牙を研いでいたのでした。
そして女性がまさにベッドに投げ込まれて犯されようとするまさにその時、ジョン・オマラが部屋へ乱入し、男達を一方的に叩きのめします。
女性を助け出したジョン・オマラは、ボコボコにした男達を逮捕し署まで連行するのですが、直後に「令状なしの不当逮捕」という理由から、男達はあっさりと釈放されてしまうのでした。
しかし、相手がミッキー・コーエンの部下であることを承知の上で逮捕に踏み切ったジョン・オマラを、ロス市警本部長ビル・パーカーが目をつけます。
彼は、ミッキー・コーエンおよび彼の組織を壊滅に追いやるべく、ジョン・オマラをその責任者に抜擢し、人選や作戦の一切を任せるのでした。
突然思いもよらない任務を与えられたジョン・オマラは、現在妊娠中らしい愛妻のコニー・オマラに相談を持ちかけます。
彼女自身は夫が危険な任務に飛び込んでいくことに反対ではあったのですが、夫からの相談には積極的に応じ、ある意味夫以上に熱心に人選を考えていきます。
そして任務の遂行については、将来が約束されているが故にミッキー・コーエンの買収ターゲットにされているであろうエリート警官ではなく、出世が望めない「はぐれ者」を選出した方が良いとの助言を、コニー・オマラは夫に与えるのでした。
妻の助言に従ったジョン・オマラは、その流れに従い、数人の「はぐれ者」達に声をかけ、法律無視のギャング同然なチームを作り上げていくことになるのですが……。

映画「L.A.ギャングストーリー」は、現代では考えられないレベルでクルマの性能がチャチもいいところですね。
作中で繰り広げられていたカーチェイスは、現代もののそれと比べるとスピード感がイマイチ出ていませんでしたし、終盤ではエンジンスタートしたばかりのクルマに、主人公が歩いて追いつくなどという描写まであったりします。
1949年のアメリカが舞台の映画なのですから当然のことではあるでしょうが、当時のスタンダードなクルマの性能の実態というものがよく分かる描写ではありますね。
アレでも当時は「時代の最先端」をひた走っていたのではあるのかもしれませんが。
やたらと大がかりな割に感度&受信性が悪そうな盗聴器とか、全米ネットワークを構築するために大量の黒電話が用意されたりと、1949年らしさがあちこちに出ている映画です。
古き良きアメリカのノスタルジックな雰囲気を楽しみたい方は、これだけでもオススメの部類に入るのではないかと。

ストーリー的には、特に物語後半の展開があまりにも無理筋&ご都合主義過ぎるような感はありましたね。
物語前半でミッキー・コーガンの犯罪組織相手に好き勝手な襲撃を繰り広げていたジョン・オマラの一派は、しかしやがて「現場でカネが全く奪われていない」などの要素から次第に敵側に正体を喝破されていきます。
そしてついに正体が露見してしまったジョン・オマラ一派は、ミッキー・コーガンの手の者から逆襲されることになるのですが、しかしこれがまた笑えるレベルで手ぬるい措置もいいところなんですよね。
ミッキー・コーエンの一派は、ジョン・オマラがリーダーとなっているチームの構成員達を殺害しようとするのですが、その大半が失敗した挙句に相手に反撃の糸口まで与えてしまったことはまあ良いとしましょう。
しかし、ジョン・オマラの自宅を自動小銃で襲撃した際、ただ外から銃をぶっ放しただけで、中にいる人間を殺すどころか、所在の確認すらも行わなかったのは一体何なのでしょうか?
わざわざジョン・オマラの自宅をピンポイントで襲撃するくらいなのですから、あの家にジョン・オマラの家族がいることくらいは既に調べもついていたでしょう。
ならば、自宅に押し入ってジョン・オマラ本人もしくはその家族を殺さないと、彼らは目的を達成したことには全くならないはずでしょうに、外から銃撃を浴びせるだけで何もせず去っていくだけって……。
この期に及んで警告的な意味合いで襲撃する意味なんてまるでないでしょうし、報復が目的であれば当然ターゲットの死を確認する必要もあるでしょうに。
あそこで奥さんがバスルームで出産しているだけ、という顛末は普通にありえないシロモノでしかなかったですね。
またミッキー・コーガンとの最終決戦の際、当初ミッキー・コーガンは何重もの警備に囲まれた難攻不落のホテルで「この守りを突破できるものなら突破してみろ」と言わんばかりの態度を披露しました。
ところが、よりによってジョン・オマラ一派がホテルのギャング達と派手な銃撃戦を繰り広げている最中に、彼は自分からホテルの1階まで下りてきて逃走を図ろうとするんですよね。
せっかくの地の利を生かした必勝の体制でホテルでの籠城戦を選んだ自分の判断を台無しにするこの行動は、当然のごとくミッキー・コーガンにとって大いなる生命取りとなってしまいました。
スケジュールが差し迫っていたという事情もあったにせよ、何故よりによってあのタイミングでバカ正直な行動を、とはつくづく思わずにいられなかったですね。
あと数時間、ホテルの上層階で籠城を続けていれば、あるいはジョン・オマラ一派の方こそがホテルのギャング達によって制圧されていたかもしれないのに。
ひょっとしてミッキー・コーガンには自滅願望でもあったのではないか、とすら思えてしまうほどに、アレは自殺行為もいいところだったのではないのかと。

1949年が舞台ながら、どことなくアメリカ西部劇の無法な雰囲気を醸し出している作品ではありますね。
作中の警官達は、法律そっちのけで「どっちがギャングなんだ?」と言わんばかりの破壊活動に精を出しまくっていましたし。
良くも悪くも、アメリカンスタンダードな要素が色濃く出ている映画ではないかと思います。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/956
L.A. ギャング ストーリー from I am invincible !
1949年のロサンゼルス。 この街を支配するギャングのボスは、ブルックリン生まれのユダヤ系の男、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)。
2013年05月20日(月)08時10分 受信
L.A. ギャング ストーリー from あーうぃ だにぇっと
L.A. ギャング ストーリー@よみうりホール
2013年05月20日(月)08時29分 受信
天使の街の無法者~『L.A.ギャングストーリー』 from 真紅のthinkingdays
 GANGSTER SQUAD 第二次大戦後間もない1949年、ロサンゼルス。ハリウッドランドを抱く「天使の街」は、ギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の支配下にあり、警察でさ...
2013年05月20日(月)08時32分 受信
L.A. ギャング ストーリー/ジョシュ・ブローリン from カノンな日々
ここ最近目にした劇場予告編の中ではこれが一番気に入ってたかもしれません。ショーン・ペンがめちゃめちゃ悪そうっ、エマ・ストーンが色っぽくてセクシー、音楽がスタイリッシュ ...
2013年05月20日(月)08時33分 受信
『L.A.ギャングストーリー』 from こねたみっくす
任務の呼び声には逆らえない。実在したロサンゼルスのギャング王ミッキー・コーエンを追い詰めたLAPD非公認のギャング部隊。警官が賭場襲撃などの非合法活動を行うという、ギャン ...
2013年05月20日(月)09時14分 受信
L.A. ギャング ストーリー from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。原題:Gangster Squad。ポール・リーバーマン原作、ルーベン・フライシャー監督。ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ ...
2013年05月20日(月)09時33分 受信
L.A. ギャング ストーリー from 象のロケット
1949年のアメリカ。 ギャングのボス、ミッキー・コーエンは、ドラッグ、銃器取引、売春、賭博から得た金でロサンゼルスの全てを支配。 警察や政治家も意のままに操り、自らを「神」と豪語していた。 パーカー市警...
2013年05月20日(月)11時42分 受信
劇場鑑賞「L.A.ギャングストーリー」 from 日々“是”精進! ver.F
ギャングを、潰せ…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305030004/L. A. ギャングストーリー《オリジナル・サウンドトラック・スコア》(帯付き直輸入盤)ス...
2013年05月20日(月)12時41分 受信
L.A.ギャング ストーリー from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ロス市警はバッジを外した特別部隊を結成してギャングを抹殺しようとする。情け容赦ない銃撃戦が展開されて、一瞬も気が抜けない映画だった。飛び交う銃弾の数が膨大で使われる銃の種類も多岐に渡る。両者の違いは、...
2013年05月20日(月)14時02分 受信
「L.A.ギャングストーリー」 from 元・副会長のCinema Days
 (原題:GANGSTER SQUAD)ブライアン・デ・パルマ監督の「アンタッチャブル」(87年)に似た映画である。警察のはぐれ者グループのターゲットになるのが実在のギャングで、スタイリッシュな銃撃シーンがあるところも...
2013年05月20日(月)19時44分 受信
L.A. ギャング ストーリー from だらだら無気力ブログ!
まあまあ痛快で面白かった。
2013年05月20日(月)20時13分 受信
L.A. ギャング ストーリー from ♪HAVE A NICE DAY♪
面白かったなーギャングといえば、もう〜シカゴのアル・カポネ!「アンタッチャブル」好きなので、この作品は観たいと思っていました。あの有名な駅のシーンのユニオン駅に行った時は感動しました ミッキー・コーエ...
2013年05月20日(月)21時03分 受信
映画『L.A.ギャングストーリー』★S・ペンの怖さ&J・ブローリンの渋さが印象的 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158464/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   実話ベースの “ギャング VS 警官” の戦いの話ですが 一言でいうと、とても良かったと思います! ...
2013年05月20日(月)21時22分 受信
『L.A. ギャング ストーリー』('13初鑑賞41・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7)5月3日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。
2013年05月20日(月)21時35分 受信
L.A. ギャング ストーリー / Gangster Squad from 勝手に映画評
実話に基づいている映画。1950年代にロスアンゼルスであった、ロス市警とマフィアの戦いが舞台になっています。どっちがギャングかわからないですね(苦笑)。1900年代〜1950年代のアメリカは、ギャングの時代と言っても過...
2013年05月20日(月)21時41分 受信
L.A.ギャングストーリー from 映画的・絵画的・音楽的
 『L.A.ギャングストーリー』を渋谷東急で見ました(注1)。(1)ライアン・ゴズリングやショーン・ペンが出演するというので、映画館に出向いてみました。 本作の舞台は、1949年のロスアンジェルス。 ブルックリン生ま...
2013年05月20日(月)22時01分 受信
L.A.ギャングストーリー /GANGSTER SQUAD from 我想一個人映画美的女人blog
ランキングクリックしてね ←please clickポール・リバーマンの連載記事”テールズ・フロム・ギャングスター・スクワッド”を基に「ゾンビランド」「ピザボーイ 史上最凶のご注文」の、ルーベン・...
2013年05月20日(月)23時05分 受信
L.A. ギャング ストーリー from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★【3点】(10)残念ながら『アンタッチャブル』には程遠い出来だった。
2013年05月20日(月)23時28分 受信
映画「L.A.ギャングストーリー」@ワーナーブラザース試写室 from 新・辛口映画館
今回私は映画レビューサイト「COCO」さんの独占試写会に招かれた。客入りは若干空席がある9割くらいだ。
2013年05月21日(火)00時31分 受信
LAギャングストーリー はちゃめちゃながらスカーッとした〜! from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=26 うち今年の試写会5】 今日は午後、関東運輸局に仕事で行ったので(馬車道)、ランチは「みなと横濱牛鍋処荒井屋万國橋店」にて牛鍋定食、要はすき焼きやねんねってこと認識した。で、こないだの金曜に観たこの...
2013年05月21日(火)09時10分 受信
『L.A. ギャング ストーリー』 (2013) / アメリカ from Nice One!! @goo
原題: GANGSTER SQUAD監督: ルーベン・フライシャー出演: ライアン・ゴズリング 、ジョシュ・ブローリン 、ショーン・ペン 、 ニック・ノルティ 、エマ・ストーン 、アンソニー・マッキー 、ジョヴァンニ・リビ...
2013年05月21日(火)09時30分 受信
L.A. ギャング ストーリー from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【GANGSTER SQUAD】 2013/05/03公開 アメリカ R15+ 113分監督:ルーベン・フライシャー出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、ジョヴァ...
2013年05月21日(火)10時42分 受信
L.A. ギャング ストーリー ★★★★ from パピとママ映画のblog
ロサンゼルスで暗躍した実在のギャング、ミッキー・コーエンと、街の平和を取り戻そうと立ち上がった市警との壮絶な抗争を描いたクライム・アクション。ポール・リーバーマンによる実録ルポを基に、『ゾンビランド』...
2013年05月21日(火)18時18分 受信
映画:L.A. ギャング ストーリー ストレートに面白く、かな〜りポイント高い ギャング vs ロス警察物! from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
映画チラシのコピーは、「ロス市警が、キレた。」確かにキレてる!1949年のロサンゼルス、の実際の事件をノベライズしたものが原作というが、ホントか?(笑)映画でいうと、なんたっていい!のが主役の2人。ジョシ...
2013年05月21日(火)19時36分 受信
「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 from はらやんの映画徒然草
太平洋戦争後、治安が悪化したロサンゼルスにおいて、裏世界を牛耳っていたのがミッキ
2013年05月21日(火)20時42分 受信
『L.A.ギャングストーリー』 from ラムの大通り
(原題:Gangster Squad)----この映画、もうすぐ(5月3日)公開だよね。ギリギリ、最後の試写に間に合ったってわけ?「うん。ある直感が働いて、これはイケるんじゃないかと…」----で、それは間違っていなかった…。「そう...
2013年05月22日(水)00時08分 受信
『L.Aギャングストーリー』 2013年4月17日 ワーナー試写室 from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『L.Aギャングストーリー』 を試写会で鑑賞しました。いや~面白かった今年のベスト候補筆頭だね【ストーリー】 1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春な...
2013年05月23日(木)23時17分 受信
[映画『L.A.ギャング ストーリー』を観た(寸評)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆・・・こりゃ、思っていた雰囲気と異なるタイプの作品で、それはそれで楽しかった。 私はてっきり、もうちょい「アメリカ史の暗部を描いた硬質の作品」てなのを予想して、 ちょっと、気楽に観るには重いかな…、...
2013年05月24日(金)08時37分 受信
『L.A. ギャング ストーリー』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「L.A. ギャング ストーリー」□監督 ルーベン・フライシャー□脚本 ウィル・ビール□原作 ポール・リーバーマン□キャスト ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン...
2013年05月26日(日)08時36分 受信
L.A. ギャング ストーリー from そーれりぽーと
ギャングを制するにルールは要らない。『L.A. ギャング ストーリー』を観てきました。★★★★これほどのLAの黒歴史も、ミッキー・コーエンの名前すらも全く聞いたことも無かった。観終わってからwikiでチラッと調べてみ...
2013年05月27日(月)00時35分 受信
L.A. ギャング ストーリー from マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
「L.A. ギャング ストーリー」監督:ルーベン・フライシャー(『ゾンビランド』)出演:ジョシュ・ブローリン(『メン・イン・ブラック3』『ウォール・ストリート』)ライアン・ゴズ ...
2013年06月04日(火)17時58分 受信
L.A. ギャング ストーリー from とりあえず、コメントです
1949年のロサンゼルスを舞台にギャングと警察の抗争を描いたアクションです。 禁酒法の時代ではなくて大戦後のギャングの物語がどんなものなのか気になっていました。 独裁支配を企むギャングに対抗するタブガイたちの...
2013年07月02日(火)00時19分 受信
「L.A.ギャングストーリー」 from ここなつ映画レビュー
たまらなく良かった。間違いなく私の今年度ベスト3に入る作品。ライアン・コズリングがいい!ショーン・ペンがいい!警察のはみ出し者達がチームを組んで、大都会の無法者のギャングのボスに立ち向かうのがいい!以...
2013年10月03日(木)12時34分 受信
L.A.ギャングストーリー from いやいやえん
実際にあったことってことで、ふ〜ん、へえ〜の世界なんですが、とくにこれが凄いとかいう場面はありませんでしたが、なかなか、ひきこまれる展開です。目には目を、ギャングにはギャングを、という精神(?)のもと...
2014年04月01日(火)09時16分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー