記事一覧

映画「藁の楯/わらのたて」感想

ファイル 951-1.jpg

映画「藁の楯/わらのたて」観に行ってきました。
木内一裕の同名小説を原作とする、大沢たかお・松嶋菜々子主演のサスペンス・アクション作品。
少女殺しの凶悪犯を、「DEATH NOTE」2部作および「カイジ」シリーズの藤原竜也が演じており、こちらの「人間のクズ」っぷりな迫真の演技にも要注目です。
今作は流血を伴う殺しのシーンが複数回登場しているのですが、しかしその割にはR-15どころかPG-12にすらも全く指定されていなかったりします。
同じような流血シーンがあるという理由でR-15指定された映画も、これまで観賞した過去作品には複数存在しているのですが……。
この手の規制というのは一体何のために存在するのかと、つくづく考えずにはいられない話ですね。

物語は、7歳の少女が用水路で無残な惨殺体となって捨てられているのが発見されるところから始まります。
殺された少女は、日本の政財界を牛耳る大物・蜷川隆興の孫娘。
殺害した容疑者として、かつて8年前に西野めぐみという少女を殺害した罪で逮捕・収監され、その後仮出所していた清丸国秀という男が浮上、全国に指名手配されることになります。

それから数ヶ月後。
一向に見つからない清丸国秀について、日本の新聞や週刊誌などの全面広告に、驚くべき記事が掲載されました。
それは、清丸国秀を殺害した者に、報酬として10億円を支払うというもの。
またWebサイト上にも、蜷川隆興本人が全く同じことを述べている動画を流しているサイトがアップされ、このことは瞬く間に日本全土に知れ渡ることになりました。
蜷川隆興は、カネと権力にモノを言わせ、本来ならば全く不可能であるはずの殺人教唆宣伝を行うことに成功したわけです。
これによって、それまで潜伏していた清丸国秀も、当然のごとく炙り出されることになりました。
それまで清丸国秀を匿っていた男が、10億円もの懸賞金欲しさに清丸国秀を裏切り、清丸国秀の殺害を図ったのです。
清丸国秀はかろうじて男を返り討ちにしたものの、身近な味方にすら裏切られるという状況に危機感を抱いた彼は、それまで潜伏していた福岡県の警察署へ出頭。
事態を重く見た警察は、清丸国秀を福岡から東京へ護送すべく、以下の5人を選出し清丸国秀の警護に当たらせることになります。

警視庁警備部警護課SPから、今作の主人公となる警部補の銘苅一基と巡査部長の白岩篤子。
警視庁捜査一課から、警部補の奥村武と巡査部長の神箸正貴。
そして、護送元である福岡県警から、巡査部長の関谷賢示。

しかし、彼らが任務に当たる前から、既に事態は大きく動き出していました。
福岡県警の留置所?で収監されていた清丸国秀が、地元の警察官によって殺害されかけるという事件が、任務開始前の時点で早くも発生していたのです。
また、負傷した清丸国秀の治療に当たっていた病院では、女性看護師が致死性の薬を注入して清丸国秀を殺害すべく図り、その場で清丸国秀と対面していた銘苅一基によって阻止される事件が発生。
その上、福岡空港から羽田空港まで飛行機を使って護送するという当初の方針は、福岡空港の整備士が飛行機を墜落させるべく画策していたことが露見して逮捕されるという事件の発生で、いともあっさり中止を余儀なくされることになってしまいます。
さらには、そうやって清丸国秀の殺人未遂を行い逮捕された人間に対しても、蜷川隆興側はWebサイト上で1億円の契約を行うと表明し、「殺害に失敗しても1億円!」と日本国民をさらに煽りたてる始末。
警察、そして5人の警護者達は、日本国民全てが敵、身内ですら全く信用できないという異常な状況の中、48時間以内に清丸国秀を東京へ護送すべく、四苦八苦・七転八倒の苦しい任務を続けていくこととなるのですが……。

映画「藁の楯/わらのたて」で大々的に行われている殺人教唆は、非常によく考えられたユニークな内容ですね。
この殺人教唆および10億円の懸賞金のかけ方なのですが、これがまた何とも微妙な条件なんですよね。
懸賞金が与えられる条件は以下の2通りなのですが↓

1.清丸国秀に対する殺人罪、もしくは傷害致死で有罪判決を受けた者(複数可)。
2.国家の許可をもって清丸国秀を殺害した者。

これは、一般の国民を清丸国秀殺害に走らせるには確かに充分過ぎるほどに魅力的な条件なのですが、同時に「その道のプロ」達を遠ざけてしまう内容にもなっているのです。
たとえば、テレビドラマ&映画の「SP」シリーズで猛威を振るっていたリバプール・クリーニングのような「自殺や事故死を装ってターゲットを殺害する暗殺者」のごときタイプや、ゴルゴ13のような「暗殺のプロ」などは、この条件では清丸国秀の殺害に全く動くことができません。
彼らは立場的に、暗殺者としての自分達の正体が露見するような事態は何が何でも避けなければならないため、警察に出頭し裁判を受けることが前提のこの条件では、如何に報酬が高くても全く割に合わないのです。
それどころか、清丸国秀殺害で逮捕されたことを発端として、様々な余罪が追及されるリスクも多々あり、またそうなれば当然死刑判決は免れ得ないでしょう。
いや死刑判決どころか、場合によっては自分達の秘密が露見されることを恐れる個人や組織によって雇われた同業の暗殺者達によって生命を狙われる、などという事態にすらも至りかねません。
また暗殺者に限らず、警察のガサ入れによって余罪が追及されると、場合によっては破滅の危機に直面しかねない立場の個人や組織、たとえば指定暴力団やアルカーイダ等のテロ団体の類も同様ですね。
この手の組織では、末端の構成員達が独自に動く、あるいは独自に動いているように見せかけるということはあっても、組織としての関与については、すくなくとも表面的には全面的に否定する方向へ走ることになるでしょうね。
作中でも、明らかにヤクザの構成員とおぼしき人間達が、新幹線内で5人の警護者達と派手な銃撃戦を展開していましたが、彼らが所属する大元の組織としては、自分達にまで捜査の手が及んでは当然困ったことになるわけですから「奴らは独自の判断で勝手に暴走しただけであり、自分達は全く何の指示も命令も与えておらず関係もない」と知らぬ存ぜぬな反応を繰り返すしかないわけです。
コストパフォーマンスの観点から言えば、プロの殺し屋を高額で雇って人知れず清丸国秀を探索・殺害させた方が、口止め料を含めてさえもはるかに安上がりであるはずなのですが、蜷川隆興の殺人教唆は、皮肉にも彼らを遠ざけてしまう結果をもたらしてしまっているのです。
あくまでも一般人を使って清丸国秀を殺害させることに、蜷川隆興自身がこだわってでもいたのかもしれませんが、「目的の達成」という観点から考えれば何とも非効率極まりないことをやっているよなぁ、と。

一方で、10億円の懸賞金に突き動かされ、次々と清丸国秀殺害に動く人間と、彼を死守する人間達の極限状態な心理と葛藤を、今作は非常に上手く表現していますね。
前述のように、蜷川隆興の殺人教唆は「プロの殺し屋や闇の世界の人間達」を最初から排除しているが故に、清丸国秀を殺害せんとする人達も、元々は善良な性格の人間だったケースが多かったりするんですよね。
彼らはあくまでも「金に困って&追い詰められて」犯行に走ったというエピソードが作中でも語られており、カネが人を狂わせるという実例をまざまざと見せつけてくれます。
5人の警護者達も「実は誰かが裏切っているのではないか?」と互いに疑心暗鬼の目を向ける始末ですし、実際、5人の中に裏切り者は立派に存在していたのでした。
「誰も信用などできない」ということの怖さを、これほどまでに前面に出している作品というのも、そうそうあるものではないですね。
そして、それでも清丸国秀を護送するという任務の意義を致命的なレベルで揺るがしてくれるのが、当の清丸国秀本人だったりするのが何とも言えないところです。
彼は、初犯?で殺害した西野めぐみの父親を嘲弄する発言をやらかした上、銘苅一基と白岩篤子がちょっと目を離した隙を突いて逃亡し、たまたま目撃した少女を相手にまたしても惨殺行為に及ぼうとしています。
挙句の果てには、白岩篤子の不意を突いて(二度も不意を突かれる白岩篤子も正直どうかとは思いましたが)後方から襲撃し、拳銃を奪って射殺までしてしまう始末。
その理由がまた振るっていて、何と「彼女がオバサン臭いから」などというしょうもないシロモノでしかないんですよね。
物語のラストで死刑判決を受けた際も、「どうせ死刑になるのならば、もっと殺しておけば良かった」などとほざく始末ですし、清丸国秀の「人間のクズ」っぷりはなかなかに堂に入ったものがありましたね。
確かに、作中のごとき死にもの狂いな警護をしてまで守る価値が清丸国秀にはあるのか、という問いには大きな重みがあります。
その問いに何の疑問も抱くことなく正面切って「YES」と答えられる人間は、相当に人間が出来ているのでなければ、よほどのバカか詐欺師の類くらいなものでしょうし。
しかし、国家的な公務に従事する人間は、それでも建前上は「YES」と答えなければならない。
そこが、今作が問う命題の重さと社会的矛盾でもあるのですが。

映画「藁の楯/わらのたて」はその構成上、先の展開もなかなか読めず、最初から最後まで緊迫した状況が続きます。
アクションシーンもあり人間ドラマもあり、万人にオススメできる作品です。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/951
『藁の楯』 2013年4月22日 新宿ピカデリー from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『藁の楯』 を試写会で鑑賞しました。ジャパンプレミアということで、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、永山絢斗、三池崇史監督が登壇しました。先日発表されていましたが、カンヌへ行く作品になったそ...
2013年04月30日(火)00時03分 受信
映画『藁の楯 わらのたて』★銘苅の怒 (めかりのいかり) from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160427/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューしました(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344222/rid63...
2013年04月30日(火)00時03分 受信
No.347 藁の楯 わらのたて from 気ままな映画生活
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
2013年04月30日(火)01時21分 受信
藁の楯 わらのたて from 象のロケット
元経団連会長・蜷川の孫娘が惨殺されるが、容疑者・清丸国秀は行方不明。 3ヶ月後、大手新聞各紙に清丸の写真付きで「この男を殺してください。 御礼として10億円お支払いします。 蜷川隆興」という前代未聞の全面...
2013年04月30日(火)02時40分 受信
劇場鑑賞「藁の楯」 from 日々“是”精進! ver.F
守るものは、何なのか…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304270002/藁の楯 わらのたて Original Soundtrackオリジナル・サウンドトラック ワーナーミュ...
2013年04月30日(火)05時24分 受信
藁の楯 わらのたて from あーうぃ だにぇっと
藁の楯 わらのたて@イイノホール
2013年04月30日(火)05時56分 受信
「藁の楯」守る価値のない犯人を守った先にみた血で塗られた価値のない10億円と本当に死の裁きを宣告するための手段 from オールマイティにコメンテート
「藁の楯」は木内一裕原作の藁の楯を映画化した作品で、少女連続殺人事件で仮出所中の犯人が再び少女を殺して逮捕されるも、殺された祖父に当たる人物が殺したら10億円の懸賞金 ...
2013年04月30日(火)06時01分 受信
「藁の楯 わらのたて」みた。 from たいむのひとりごと
10億円の懸賞金が掛けられた極悪非道な幼女惨殺犯人:清丸の護送を担当するSPと、様々な理由(主に懸賞金狙い)から清丸の命を狙う不特定多数の人々との攻防戦が描かれたサスペンスアクション映画。法治国家であ
2013年04月30日(火)08時03分 受信
藁の楯 わらのたて from とりあえず、コメントです
木内一裕著の同名小説を三池崇史監督が映画化したサスペンスアクションです。 予告編を観て、殺人犯を殺したら10億円なんて一体どうなるのだろうと気になっていました。 予想以上に極悪非道な犯人とたくさんの血が流...
2013年04月30日(火)08時46分 受信
藁の楯 わらのたて from 花ごよみ
原作は木内一裕の同名小説。彼は『ビー・バップ・ハイスクール』の作者で、この作品は小説家としてのデビュー作。監督は三池崇史。10億円の懸賞金がかかった凶悪な犯人清丸を誰がいつ襲ってくるか分からない緊迫感た...
2013年04月30日(火)09時03分 受信
藁の楯 わらのたて from 佐藤秀の徒然幻視録
新型ウィルスで一億総ゾンビ化のパンデミック公式サイト。木内一裕原作、三池崇史監督、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、本田博太 ...
2013年04月30日(火)09時12分 受信
藁の楯 わらのたて from だらだら無気力ブログ!
警察官としてはどうなんだろ、この人たち。
2013年04月30日(火)09時58分 受信
藁の楯 わらのたて from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★【2点】(10)ズバリ言ってリアル感まったくなくて退屈だった。
2013年04月30日(火)10時13分 受信
『藁の楯』 from こねたみっくす
日本の安全神話はモラルで成り立っている。ゆえにモラルの崩壊こそが日本の安全神話の崩壊。10億円の懸賞金を掛けられたクズを守ることに意味があるのかという問いよりも、誰も信 ...
2013年04月30日(火)11時27分 受信
藁の楯 わらのたて 遣る瀬無さすぎて・・・どないせえちゅうねん! from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=24 うち今年の試写会4】 連合のFacebookページ http://www.facebook.com/jtuc.rengo を昨日紹介したが、それ以降「いいね」は2つしか増えていない、このブログの影響力ってこの程度なのか!それとも連合の求心力の問題なのか?...
2013年04月30日(火)11時33分 受信
藁の楯 わらのたて : クズの楯になれる者はいるのか? from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 世間では、ゴールデンウィーク初日。皆様、いかがおすごしでしょうか。私の場合は、来週月曜日までお仕事ざんす。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。【題名】
2013年04月30日(火)20時58分 受信
映画『藁の楯』観てきたΣ(|||;>д from よくばりアンテナ
三池監督作品。原作の感想はコチラ。原作よりも3割増でアクションが派手。そして、3割増で気持ち悪い。さらに、3割増で犯人のクズ度が高い。なので、3割増で面白かった〜!さすが...
2013年04月30日(火)21時04分 受信
藁の楯 わらのたて from to Heart
製作年度 2013年上映時間 125分原作 木内一裕脚本 林民夫監督 三池崇史音楽 遠藤浩二 出演 大沢たかお/松嶋菜々子/永山絢斗/岸谷五朗/伊武雅刀/余貴美子/山崎努/藤原竜也少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終え...
2013年04月30日(火)21時46分 受信
藁の盾 わらのたて ★★★★ from パピとママ映画のblog
『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送すること...
2013年04月30日(火)22時22分 受信
No.347 藁の楯 わらのたて from 気ままな映画生活
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
2013年04月30日(火)22時47分 受信
『藁の楯 わらのたて』 この挑戦を受けて立て! from 映画のブログ
 シンプルなのに捻りがある。 作り手はこの設定にした段階で、『藁の楯 わらのたて』は面白いと確信したことだろう。 もちろん、その第一の功績は原作小説にあるのだろうが、主演の大沢たかおさんが数...
2013年04月30日(火)23時54分 受信
藁の楯 わらのたて from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2013/04/26公開(04/11試写) 日本 124分監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努[Story]少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(...
2013年05月01日(水)00時26分 受信
藁の楯 from Akira's VOICE
人間の信を問う攻防戦! 
2013年05月01日(水)17時08分 受信
映画「藁の楯 わらのたて 」見方は僅か、福岡から東京までのサバイバルゲーム from soramove
映画「藁の楯 わらのたて」★★★☆大沢たかお、松嶋菜々子藤原竜也、岸谷五朗伊武雅刀、永山絢斗、山崎努 出演三池崇史監督、125分、2013年4月26日より全国公開2013年、日本、ワーナー・ブラザース映画(原題/原作:藁...
2013年05月01日(水)19時36分 受信
藁の楯 from ハリウッド映画 LOVE
監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋奈々子、岸谷五郎、伊武雅刀、藤原竜也、山崎努・・・
2013年05月01日(水)21時17分 受信
藁の楯 わらのたて from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
台湾の高速鉄道700T型や開通前の高速道路を使ってロケまでしているけど、間延びした脚本のおかげでなんとも締まらない映画になってしまった。時間の経過とともに、リアリティーがだんだんなくなっていくので見ている...
2013年05月01日(水)22時00分 受信
『藁の盾−わらのたて−』 from ラムの大通り
「正直言います。実は、この映画については三池崇史監督の新作ということしか知らず、 “また三池か、よく作るな”くらいの感じで臨んだわけだけど、いやあ、申しわけありませんでした。これは、ほんとオモシロかっ...
2013年05月02日(木)21時28分 受信
藁の楯 わらのたて from 勝手に映画評
「この男を殺してください、御礼として10億円お支払いします。」何とも、すごい話です。犯罪者を護送すると言うシチュエーションを描いた映画といえば、『S.W.A.T.』や『16ブロック』などが思い付きます。その中でも特に...
2013年05月02日(木)21時53分 受信
『藁の楯』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川...
2013年05月09日(木)12時16分 受信
藁の楯 from 映画的・絵画的・音楽的
 『藁の楯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。(1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に出かけてみました。 話しは極く単純で、殺人事件の容疑者を、彼が出頭した福岡県警から、捜査本部が置かれている東京の警視庁...
2013年05月11日(土)06時36分 受信
【藁の楯】本物の正義 from 映画@見取り八段
藁の楯    監督: 三池崇史    出演: 大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、山崎努 公開: 2012年4月26日 2013年5月8日。劇場観賞。 スリリングな展開で飽きさせない映画だ...
2013年05月19日(日)04時40分 受信
藁の楯 わらのたて from 銀幕大帝α
2013年日本125分アクション/サスペンス劇場公開(2013/04/26)監督:三池崇史『悪の教典』原作:木内一裕『藁の楯』主題歌:氷室京介『NORTH OF EDEN』出演:大沢たかお:銘苅一基松嶋菜々子:白岩篤子岸谷五朗:奥...
2013年09月18日(水)00時16分 受信
藁の楯 わらのたて from いやいやえん
懸賞金10億のクズ(-凶悪犯-)を、命懸けで移送せよ! たしかに10億もの賞金をかけられてたら、真剣に探しちゃうかも、殺意向けちゃうかも、という荒唐無稽さはありますが納得出来る部分もあり。孫娘を殺された財界の大物...
2013年09月24日(火)09時19分 受信
「藁の楯」 from ここなつ映画レビュー
これは、私がどうしても観たくて、無理矢理息子を誘った作品。カンヌ映画祭ではあまり好評じゃなかったようだけど、私はかなり満足でした。まず、藤原竜也がすごくいい。クズをクズとして100%演じ切っている。同情の...
2013年09月27日(金)11時16分 受信
映画 藁の楯 from こみち
JUGEMテーマ:邦画    少女に悪戯をし、殺した悪党の清丸国秀を護衛するSP。  さまざまな工作をして蜷川隆興を殺害しようとするが  ちょっとやり方が大げさすぎますね。&nbsp...
2014年05月31日(土)14時39分 受信
『藁の楯』 from 月のブログ
藁の楯 わらのたて(通常版) [DVD] by G-Tools孫娘を殺された金持ち(山崎)が、犯人(藤原)を殺したやつに10億やると宣言。犯人は福岡で自主。東京に連行するが途中で狙われると予想されるのでSPや警官(大沢ら)がつ...
2014年06月22日(日)13時17分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー