記事一覧

映画「舟を編む」感想

ファイル 949-1.jpg

映画「舟を編む」観に行ってきました。
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。

物語の始まりは1995年。
出版社の玄武書房・辞書編集部では、長年辞書製作の仕事に携わってきた荒木公平は、辞書編集部を統括している松本朋佑に退職の意思を表明していました。
彼は定年に近い年齢もさることながら、病床にある妻の容態が思わしくなく、妻を介護してやりたいという理由から退職を申し出ていたのでした。
しかし、荒木公平は辞書製作・編纂のベテランであり、かつ彼に代わる人材が現在の辞書編集部には存在しません。
強く留任を迫ってくる松本朋佑の主張を、荒木公平も無視することはできず、仕方なく荒木公平は、自分の後継者となる人材を探し出すことを約束することになるのでした。
しかし、辞書編集部は社内では閑職扱いどころか、人によっては存在すら知らないというほどのお寒い知名度しかなく、人材探しは難航します。
そんなある日、荒木公平と共に後継者探しをしていた西岡正志は、同じ会社の営業部に所属している恋人から「営業部に変人がいる」との話を持ちかけられます。
その変人の名は、馬締光也(まじめみつや)。
荒木公平と西岡正志は、大学では言語学を専攻していたという馬締光也を営業部から呼び出し、「【右】という言葉を説明できるか?」と問います。
これまで同じ問いをかけられた人達は、しどろもどろになって何も説明できないか、相手にするのも面倒と言わんばかりに立ち去っていくのが常でした。
しかし馬締光也は「西を向いた時、北に当たる方が右」と返したのです。
期待していた人材をついに見つけた、と確信した2人は、早速馬締光也を営業部から引き抜き、辞書編集部へ迎えることになります。
馬締光也を迎えた辞書編集部は、松本朋佑主導の下、新しい辞書「大渡海」の製作を打ち出します。
収録予定の見出し語は実に24万語以上、近年新しく生まれた流行語の類も積極的に取り入れるという全く新しい辞書の製作。
やがて馬締光也は、辞書の製作に一生を捧げる決意を固め、辞書作りにのめり込んでいくのでした。

一方、プライベートにおける馬締光也は、「早雲荘」という名のボロアパートで、大家のタケと共に10年もの長きにわたって生活していました。
「早雲荘」には馬締光也と大家のタケ以外は誰も住んでおらず、馬締光也は本が乱雑に積み重ねられた一室を自分の部屋としていました。
しかし、辞書編集部に配属されてからしばらく経ったある日の夜、「早雲荘」で飼われている猫のトラの鳴き声がする2階の物干し場へ行くと、そこには全く見知らぬ女性がトラを抱きかかえ、馬締光也に挨拶を返してきたのです。
その女性は林香具矢(はやしかぐや)といい、大家のタケの孫娘で、タケの世話と板前修行のために「早雲荘」へやってきたのだとか。
彼女に一目惚れしてしまった馬締光也は、彼女のことで頭が一杯になり、仕事に手が付かない日々を過ごすことになります。
そして馬締光也は、自分の恋路を応援してくれる辞書編集部の面々から、恋文を書くことを勧められることになるのですが……。

映画「舟を編む」はとにかくひたすら地味な構成で、奇想天外な展開といったものがまるでありません。
辞書製作の過程で発生する様々なトラブルも、馬締光也絡みのプライベートな事象も、形は違えどどこでも普通に見かけられるものばかりですし。
主人公である馬締光也の人物造形自体、昨今のオタクやニートを髣髴とさせるものがありますからねぇ。
ただそれだけに、主人公およびその他の登場人物達に共感がしやすい構成になっているとは言えるのではないでしょうか?
かく言う私自身、物語後半で発生した辞書の収録単語漏れの騒動などは「ああ、私も似たような経験があるなぁ」とついつい感慨にふけってしまったものでしたし(^^;;)。
ああいうトラブルは、事務職系でも技術職系でもしばしば発生したりするものですからねぇ(T_T)。
それだけに、辞書「大渡海」が完成の日を迎えた時の喜びは、関係者一同、相当なものがあったことでしょう。
単純に見ても、馬締光也が辞書編集部に入ってから「大渡海」が完成するまで、実に15年もの歳月がかかっているのですからねぇ。

宮崎あおいが演じる林香具矢は、映画の前宣伝で大々的に強調されていたイメージと比較すると、出演頻度がかなり少ない印象を受けましたね。
彼女は要所要所では出番があってストーリーを進展させる役割を果たしてはいるのですが、映画全体で見ると、彼女は元々馬締光也と仕事上の接点が少ないのに加え、「専業主婦として家庭を守る」というタイプの女性でもないため、出番がかなり少ないんですよね。
むしろ、2008年?に突入した物語後半になってやっと登場した岸辺みどりなどの方が、出演頻度は逆に高かったのではないかとすら思えてくるくらいです。
馬締光也が林香具矢に惚れる過程とは逆に、林香具矢が馬締光也を好きになる過程というのも今ひとつ分かりにくいものがありますし。
どうにも「何故だか知らないけど、気が付いたら好きになっていた」的な感が拭えないところなんですよね、彼女の馬締光也に対する好意というのは。
物語がひたすら馬締光也の視点メインで進行していて、林香具矢から見た視点というものがほとんどないことも原因ではあるのでしょうけど。
また、「早雲荘」というボロアパートで主人公とヒロインが出会って結ばれるというエピソードは、今作と同じく宮崎あおいがヒロイン役を担当していた映画「神様のカルテ」を髣髴とさせるものがありました。
あちらは既に出会って結婚した後からストーリーが始まっていましたが。

日常生活を扱う人間ドラマが観たいという方にはオススメの作品と言えるでしょうか。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/949
『舟を編む』(2013) from 【徒然なるままに・・・】
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になっ...
2013年04月23日(火)23時12分 受信
映画『舟を編む』★ “大渡海〜キラキラ光る海は言葉が輝くような from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343711/rid5...
2013年04月23日(火)23時15分 受信
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが...【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言...
2013年04月23日(火)23時17分 受信
舟を編む from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもん...
2013年04月23日(火)23時22分 受信
「舟を編む」:仕事×年月=感動 from 大江戸時夫の東京温度
映画『舟を編む』は小生にしては珍しく原作を先に読んでいたのですが、良い映画化でし
2013年04月23日(火)23時24分 受信
舟を編む/松田龍平、宮崎あおい from カノンな日々
三浦しをんに同名の原作小説は出版当時から本屋さんで見かけるたびに気にはなっていたもののハードカバーはちょっと億劫なので文庫化されてからでもいいかなと思っていたら、2012年 ...
2013年04月23日(火)23時34分 受信
舟を編む〜言葉の光と影 from 佐藤秀の徒然幻視録
「右」の意味と言葉の観覧車的性質公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
2013年04月23日(火)23時39分 受信
映画レビュー「舟を編む」 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ...
2013年04月24日(水)00時00分 受信
『舟を編む』を観てきた!? from 映画観たよ(^^)
『舟を編む』を観てきました。 舟を編む - 映画.com まず一言言いたいのは、、時代背景が・・・・?? 1995年という時代背景ですが・・・・バブル崩壊後・・・まだソフトスーツ着てた気がします。 ネクタイも明る...
2013年04月24日(水)00時21分 受信
舟を編む from だらだら無気力ブログ!
辞書作りって大変なんだな。
2013年04月24日(水)01時47分 受信
舟を編む from あーうぃ だにぇっと
舟を編む@東商ホール
2013年04月24日(水)05時58分 受信
劇場鑑賞「舟を編む」 from 日々“是”精進! ver.F
言葉は、生きている…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
2013年04月24日(水)06時21分 受信
映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*) from よくばりアンテナ
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事にスポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。...
2013年04月24日(水)06時49分 受信
「舟を編む」 from 元・副会長のCinema Days
 新時代の“サラリーマン映画”であり、評価できる。特に昨今の就職難で、ようやく正社員として採用されたはいいが、居場所が見つからずに悩んでいる若い社会人に奨めたい。 90年代、大手出版社に勤める若手社員...
2013年04月24日(水)06時51分 受信
『舟を編む』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、...
2013年04月24日(水)08時10分 受信
舟を編む from 象のロケット
玄武書房・営業部で持て余されていた27歳の馬締(まじめ)光也は、言語能力を買われ、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り掛かったばかりの辞書編集部へ異動となった。 辞書作りは、用例採集、見出し語選定、語釈執筆...
2013年04月24日(水)10時01分 受信
舟を編む from Akira's VOICE
大渡海めっちゃ欲しい。 
2013年04月24日(水)10時28分 受信
舟を編む from 映画的・絵画的・音楽的
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。(1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。 本作の最初の方の...
2013年04月24日(水)21時57分 受信
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 from はらやんの映画徒然草
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
2013年04月24日(水)22時14分 受信
『舟を編む』 from こねたみっくす
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
2013年04月24日(水)22時25分 受信
舟を編む  監督/石井裕也 from 西京極 紫の館
【出演】 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー【ストーリー】玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡...
2013年04月25日(木)00時03分 受信
舟を編む from 悠雅的生活
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
2013年04月25日(木)00時11分 受信
舟を編む from ダイターンクラッシュ!!
2013年4月14日(日) 15:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイではあるが頑固な好漢を好演 『舟を編む』公式サイト 辞書...
2013年04月25日(木)00時29分 受信
舟を編む from 萬歳楽の酒飲み日記
公式サイト  http://fune-wo-amu.asmik-ace.co.jp/2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説は、本屋に山積みされているのは見たけど未読。なにより、宮?あおいちゃんの出演作なら例え面白くなくても見逃せな...
2013年04月25日(木)06時34分 受信
舟を編む from いい加減社長の映画日記
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職する...
2013年04月25日(木)08時06分 受信
大渡海~『舟を編む』 from 真紅のthinkingdays
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
2013年04月25日(木)08時20分 受信
「舟を編む」 from 塩ひとつまみ
真面目なマジメくんが面白い。
2013年04月25日(木)10時51分 受信
「舟を編む」 from ゆっくり歩こ。
家に帰ってすぐ、岩波の国語辞典で調べました “右”おぉ〜〜〜! ホントに書いてあるぅぅ〜 馬締光也という大変まじめな青年が辞書を作るお話この真面目で不器用な感じに・・・ 笑いました 思わずクスクスしてしま...
2013年04月25日(木)12時51分 受信
「舟を編む」みた。 from たいむのひとりごと
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき
2013年04月25日(木)15時22分 受信
映画 舟を編む from こみち
JUGEMテーマ:映画館で観た映画  冒頭は凄く地味なストーリー。 西岡正志と三好麗美のことがなければ 平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。 中盤から後半は、辞書製作の...
2013年04月25日(木)21時16分 受信
『舟を編む』 from ラムの大通り
「久しぶりだから、喋りやすい映画からにしちゃうかな」----えっ、そうニャの?これって、タイトルからして分かりにくいけど…。「そう言われてみると確かにそうだね。これは、ある出版社で新しい辞書を作った人たち...
2013年04月25日(木)21時16分 受信
映画『舟を編む』 from 頑張る!独身女!!
なんか
2013年04月25日(木)22時06分 受信
「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ from オールマイティにコメンテート
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...
2013年04月26日(金)06時17分 受信
「舟を編む」【映画】 from サナダ虫 〜解体中〜
石井裕也監督作品、松田龍平・宮崎あおい主演の、映画 「舟を編む」を観た。マジメって、面白い。感想。?辞書、作りてェーーーッ!!?暦作り(「天地明察」)の次は辞書作りですか・・。(妻役のあおいちゃん)?「血...
2013年04月26日(金)21時22分 受信
舟を編む from シネマをぶった斬りっ!!
【監督】石井裕也【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛【公開日】2013年 4月13日【製作】日本【ストーリー】...
2013年04月27日(土)21時09分 受信
舟を編む from 勝手に映画評
なるほど、こうきますか。馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せない...
2013年04月27日(土)21時24分 受信
舟を編む from にきログ
さて、お久しぶりの映画感想ですねこちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですねほぼあらすじも知らずに見た映画です個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...
2013年04月29日(月)16時49分 受信
舟を編む from とりあえず、コメントです
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じら...
2013年04月29日(月)19時43分 受信
「舟を編む」試写会招待状 from 雲九のもくもく覚書
辞書をつくるという地味な話に2時間20分越えは長いぜぇ〜?と思ったけど、長くは感じませんでした。よいものをみました。ちょっと言語の海のイメージがチープで広がりがあんまり感じられなかったんだけど…。収録語...
2013年04月29日(月)21時05分 受信
映画「舟を編む」仕事に何を求めるのか from soramove
映画「舟を編む」★★★★松田龍平、宮崎あおいオダギリジョー、黒木華 出演石井裕也監督、134分、2013年4月13日より全国公開2012,中国,角川映画(原題/原作:舟を編む/三浦しおん)人気ブログランキングへ">&g...
2013年04月29日(月)23時47分 受信
「舟を編む」 from お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201
2013年05月01日(水)00時52分 受信
舟を編む from ケントのたそがれ劇場
★★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:133分 監督:石井裕也  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがある。この物語でも『大渡海』という...
2013年05月01日(水)12時58分 受信
【舟を編む】繋がりを編む人 from 映画@見取り八段
舟を編む    監督: 石井裕也    出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、宇野祥平、又吉直樹、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、麻生久美子、伊佐山ひろ子、八千草...
2013年05月01日(水)21時36分 受信
舟を編む from 単館系
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい...
2013年05月01日(水)23時22分 受信
映画・舟を編む from 読書と映画とガーデニング
2013年 日本ほぼ三浦しをんさんの原作通りでした主人公の馬締(松田龍平)は原作から自分が想像していたよりさらに風変わり一生懸命な人間が見せる滑稽さ、でもカッコイイ真面目な馬締は松田龍平以外では誰が演じら...
2013年05月02日(木)13時15分 受信
辞書を作ろう! from 笑う社会人の生活
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事する...
2013年05月04日(土)10時06分 受信
石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 from 映画雑記・COLOR of CINEMA
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平
2013年05月20日(月)01時18分 受信
No.351 舟を編む from 気ままな映画生活
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、 ...
2013年06月09日(日)21時40分 受信
舟を編む from C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
舟を編む'13:日本◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加...
2013年06月11日(火)22時57分 受信
真面目くん 舟を編む from 優雅な一時、休日すき間時間の映画レビュー
まじめは馬締と書きますが、本当にまじめな人です。新入社員として入社した当初はコミュニケーション能力がなかったけれど、編集部として配属されて、大渡会という辞書の作成にかける主任の熱意を聞い...
2013年06月17日(月)18時32分 受信
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? from 映画のブログ
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。 本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は...
2014年01月03日(金)20時46分 受信
舟を編む from いやいやえん
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思...
2014年01月06日(月)08時32分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー