記事一覧

映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞)

ファイル 945-1.jpg

映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。
2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。
今作は普通に熊本でも劇場公開されていたのですが、タイミングが合わずに見逃していたことに加え、2013年5月に続編映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」が公開されるという事情もあり、今回のレンタル観賞と相成りました。
作中では闇世界ならではの殺し描写があったりするためか、劇場公開時に今作はPG-12指定されていました。

今作の主人公は、実は名前が一切作中で明示されることがありません。
一人称は俺、自ら名乗ることもなく、自己紹介は北海道の繁華街「すすきの」にある「KELLER OHATA(ケラーオオハタ)」というバーの名詞を差し出すという形で行います。
他の登場人物達も、主人公を呼ぶ際には名前も苗字も言うことがなく、「探偵」という職業名、もしくは「お前」「あなた」等の二人称代名詞しか使っていなかったりします。
映画のタイトルにもある「探偵」というのは、主人公の職業だけでなく、主人公そのものをも指す言葉だったりするわけですね。

さて、そんな主人公は物語冒頭、雪高く積もる北海道・札幌の街中で、複数人のガラの悪いチンピラに追われていたりします。
必死の逃走もむなしく、前後から挟撃され、逃げ場を失ったた主人公は絶体絶命の危機に晒されます。
その時、突如チンピラ達の後方から奇襲をかけ、アッというまにチンピラ達を倒してしまったのは、主人公の運転手兼相棒的な存在である高田でした。
再度起き上がったチンピラ達は再び2人に攻撃を仕掛けてきますが、既に2人の敵ではなく、2人はあっさりと蹴散らしてその場を後にします。
その後、主人公はとあるホテルの立食パーティの会場で、北海道日報の記者である松尾と出会い、最初に主人公を追っていたチンピラ達から騙し取ったらしいネガを見せつけます。
その写真には、松尾が同性の男とキスしたり、ベッドで同衾したりしている光景が写し出されていおり、主人公は松尾からネガを奪い取るよう依頼を受けていたのでした。
主人公は報酬として30万を受け取り、さらに何か依頼を頼む際にはここに電話してくれと、「KELLER OHATA」の名刺を渡すのでした。

ちょうど同じ頃、札幌のとある裏路地で、クルマから降りてきて女性を拉致しようとしていたチンピラ達に、女性を助けようとしていた北海道の大手企業社長の霧島敏夫が殺害されるという事件が発生します。
そして1年後、この事件を重要なキーワードとして、主人公は大いに振り回されることになるのですが……。

映画「探偵はBARにいる」のストーリーは、事前には全く予想もつかない展開が延々と続いています。
序盤は謎が謎を呼ぶ展開な上に、依頼主は電話の会話の中だけの存在でしかありません。
簡単な依頼と称して10万単位のカネを振り込み、しかもいざ依頼を実行してみれば生命の危機に直面するという惨状を呈するありさま。
しかしそれでも、主人公はあくまで律儀に依頼を受け続けます。
口ではやたらと文句を言いまくっている上に不平満々な態度を隠そうともしていないのに、それでも依頼を受けるのは、依頼主が女性だからなのか、自分の仕事に誇りを持っているからなのか、何とも判断に苦しむところではあるのですが(苦笑)。
主人公は一応格闘戦に関してはそれなりの心得を持ってはいるものの、別に超人というわけでもなく、不意打ちに遭ってあっさりやられてしまったりする脆弱さも持ち合わせています。
運転手兼相棒の高田と手を組むと、対集団戦でもかなりの強さを発揮するのですが、その高田も相当なまでに性格に難がある上、主人公の危機に駆けつけるのがやたらと遅いですし。
特に物語後半で主人公がまたしても不意打ちの拉致を食らった際には、主人公が姿を消したことにラーメン屋を出るまで気づかなかった上、ようやく主人公を見つけた時には既に主人公はスタボロにされた挙句に実行犯も姿を消しているありさま。
ただそんな高田も、彼なりに主人公のことを「唯一の親友」とは認めているようですし、不器用ながらも心配する様子も見せてはいるのですが。
この2人、一体どのような経緯を経て相棒関係になったのか、つくづく興味をそそられるところですね。

今作で披露されたミステリー要素の集大成であるラストの展開も、かなりの意外性があってなかなかによく出来たものではあります。
その手前の「一見真相に見せかけたフェイント」は、ラストの展開を見ると笑えるくらいに的を外した推理でしたし。
物語序盤は謎だらけの伏線や演出が施され、終盤に近づくにつれて真相が明らかになっていく、というのがミステリーの売りであり爽快感を伴うものでもあるのですが、今作のそれは充分に合格点に達していると言えるでしょう。
また、本場ハリウッドに比べればやや劣りはするものの、格闘戦メインのアクションシーンもそれなりにあります。
これまで私が観賞した映画で言えば、「アウトロー」にコメディとお笑いの明るい要素をふんだんに盛り込んだ作品という感が多々ありますね、今作は。
アレも何やかや言って、アクションよりもミステリー要素が強い作品ではありましたからねぇ。

2013年5月公開予定の続編映画も今から楽しみですね。
当然、私も観賞する予定です。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/945
探偵はBARにいる from 佐藤秀の徒然幻視録
吉高由里子はどこにいる公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ...
2013年04月18日(木)22時44分 受信
探偵はBARにいる/大泉洋、松田龍平 from カノンな日々
このタイトルに見覚えがなかったんですけど、たしか原作モノだったよね?と思っていたら原作は東直己さんの『ススキノ探偵』シリーズの『バーにかかってきた電話』という作品なの ...
2013年04月18日(木)22時50分 受信
映画 「探偵はBARにいる」 from ようこそMr.G
映画 「探偵はBARにいる」
2013年04月18日(木)22時57分 受信
探偵はBARにいる from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
探偵はBARにいる 【Blu-ray1枚+DVD2枚組】「探偵はここにいる! ボーナスパック」クチコミを見る名無しの探偵を演じる大泉洋がハマリ役の「探偵はBARにいる」。ススキノを舞台に、コミ ...
2013年04月19日(金)00時14分 受信
「探偵はBARにいる」 from お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー
2013年04月19日(金)00時25分 受信
『探偵はBARにいる』を109シネマズ木場7で観て、空気に拍手ふじき☆☆☆ from ふじき78の死屍累々映画日記
五つ星評価で【☆☆☆普通に面白かったけど、どこかで抑制が働いてしまった】「夜は大概ここにいるから電話してくれ」「電話したらどうなるの?」「君を明るくしてあげるの ...
2013年04月19日(金)00時56分 受信
探偵はBARにいる from 映画情報良いとこ撮り!
探偵はBARにいるついい親子共に探偵役を。さて、今回は、探偵に大泉洋。そして、相棒兼運転手の高田には、松田龍平を起用。物語は、行きつけのBARで。コンドウキョウコという女性から、依頼を受ける。それをきっかけに...
2013年04月19日(金)05時29分 受信
『探偵はBARにいる』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司...
2013年04月19日(金)08時40分 受信
「探偵はBARにいる」 from prisoner's BLOG
携帯を持たない探偵がBARで黒電話で一方的に依頼を受ける、その声で相手が誰だかすぐわかりそうなものだが、気がついていないのか、とぼけているのか、そうだとしてなんでそんな真似をするのかあいまい。クライマック...
2013年04月19日(金)09時36分 受信
探偵はBARにいる from to Heart
何かあったら電話してくれ。製作年度 2011年上映時間 125分原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重...
2013年04月19日(金)11時32分 受信
探偵はBARにいる from Akira's VOICE
地味だぁ・・・(事件が) 
2013年04月19日(金)14時51分 受信
探偵はBARにいる from 象のロケット
アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノのBAR“ケラーオオハタ”の黒電話でいつも仕事を受けている探偵の俺は、“コンドウキョウコ”と名乗る女からの奇妙な依頼を引き受けた。 ところがすぐに俺はその筋の男たちに拉...
2013年04月19日(金)14時52分 受信
探偵はBARにいる from 映画的・絵画的・音楽的
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。(1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。 物語は、オ...
2013年04月19日(金)21時32分 受信
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り from はらやんの映画徒然草
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
2013年04月19日(金)22時22分 受信
探偵はBARにいる from 勝手に映画評
東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主...
2013年04月19日(金)23時08分 受信
探偵はBARにいる from だらだら無気力ブログ!
二人のキャラクターが面白かった。
2013年04月19日(金)23時13分 受信
探偵はBARにいる  監督/橋本 一 from 西京極 紫の館
【出演】 大泉 洋 松田龍平 小雪【ストーリー】舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウ...
2013年04月19日(金)23時21分 受信
探偵はBARにいる from 銀幕大帝α
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開監督:橋本一原作:東直己『バーにかかってきた電話』出演:◆大泉洋…探偵<俺>過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの...
2013年04月19日(金)23時56分 受信
探偵はBARにいる from うろうろ日記
試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく
2013年04月20日(土)00時45分 受信
『探偵はBARにいる』 from beatitude
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗...
2013年04月20日(土)00時55分 受信
モジャモジャ頭はススキノ探偵〜『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容に触れています。モジャモジャ頭はススキノ探偵〜♪(吉田拓郎「旅の宿」のメロディでw)←こんな替え歌を思いついてしまうぐらいモジャモジャ頭の(←褒め言葉です)大泉洋主演による東映プログラムピクチ
2013年04月20日(土)03時19分 受信
「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇 from オールマイティにコメンテート
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ...
2013年04月20日(土)06時07分 受信
[映画『探偵はBARにいる』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆今夜は、気楽に見れる作品を求めましたら、この作品と相成りました^^ 予告編を見ていた時点で、C調ハードボイルド風な物語だと予想できた。 その度合いによっては、傑作になり得ると思ったが、残念ながら、そ...
2013年04月20日(土)08時44分 受信
探偵はBARにいる from ダイターンクラッシュ!!
2011年9月18日(日) 18:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『探偵はBARにいる』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。2本目。 東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」...
2013年04月21日(日)00時22分 受信
探偵はBARにいる from 迷宮映画館
バランスの悪い乗りだったなあ。
2013年04月21日(日)11時14分 受信
探偵はBARにいる from とりあえず、コメントです
東直己のすすきの探偵シリーズの『バーにかかってきた電話』を原作に映画化したサスペンスです。 原作はずっと前に読んでいたので、あのハードボイルドがどんな作品なったのか楽しみにしていました。 全体的に雰囲気...
2013年04月21日(日)13時24分 受信
探偵はBARにいる from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸何かあったら電話してくれ。札幌在住の作家・東直己の&amp...
2013年04月21日(日)15時24分 受信
『探偵はBARにいる』 from ラムの大通り
-----今日は、もう出かけるから、フォーンに喋るようにだって。だったら、帰ってきてゆっくり話せばいいのにね。さて、この『探偵はBARにいる』。実はスゴくお気に入りの作品ニャんだって。どこが違うのかって聞いたら...
2013年04月21日(日)18時56分 受信
探偵はBARにいる from マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
「探偵はBARにいる」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸配給:東映概要:行きつけの ...
2013年04月24日(水)12時57分 受信
探偵はBARにいる from Diarydiary!
《探偵はBARにいる》 2011年 日本映画 探偵はある日バーに掛ってきた電話で
2013年04月27日(土)20時46分 受信
探偵はBARにいる from メルブロ
探偵はBARにいる 376本目 2011-36上映時間 2時間5分監督 橋本一出演 大泉洋(探偵<俺>) 、 松田龍平(高田)    小雪(沙織) 、 西田敏行(霧島敏夫)     ...
2013年05月05日(日)23時56分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー