記事一覧

映画「アイアン・スカイ」感想(DVD観賞)

ファイル 944-1.jpg

映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。
日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。
出自からしてかなりマイナーな映画ながら、世界各国の映画ファンやSFマニアな方々には熱い支持を集めている作品のようで、出資を募るや否や、あっという間に1億ドルものカンパが集まった逸話があるのだとか。
今作は劇場公開当時、熊本で上映されている映画館が皆無だったため、仕方なくレンタル開始を待っての観賞となりました。
なお、今作は銃撃を受けて血まみれになる男のシーンがあるためか、PG-12指定されています。

2018年。
アメリカは実に50年ぶりとなる月への探査船派遣を行っていました。
その探査船リバティ号は、地球から見えることのない月面の裏側へ着陸。
着陸直後、着陸を記念してのものなのか、探査船から中年女性と「Yes She Can(イエス・シー・キャン)」という文字が書かれた垂れ幕?が下ろされます。
明らかにオバマ大統領の「Yes We Can(イエス・ウィー・キャン)」のパクリかパロディとしか思えないこの演出で、まずはこの映画の立ち位置がある程度観客に明示されることになります。
今作のアメリカ大統領は女性が担っているため、「We」の部分が「She」になっているわけですね(苦笑)。
それはさておき、この探査船の目的は、月面にあるとされる「ヘリウム3」と呼ばれる資源の調査と確保にありました。
ところが、着陸したリバティ号から「ヘリウム3」の探索を開始したサンダース船長は、そこで驚くべき光景を目撃します。
何とそこでは、どう見ても人工的に作られたものにしか見えない道路や建物が存在しており、装甲車と思しきクルマまで走っていたのでした。
目的のモノ以上の発見をしたサンダース船長は歓喜し、もうひとりの乗組員ジェームズ・ワシントンにこちらへ来るよう促すのですが、その直後、背後から迫ってきた黒ずくめの男に銃で頭を撃たれ、生命を落としてしまいます。
危険を察知したジェームズ・ワシントンは、すぐさまリバティ号へ戻ろうとするのですが、黒ずくめの男達はロケットランチャーのようなものをぶっ放し、リバティ号を完全破壊してしまいます。
その衝撃で吹き飛ばされたジェームズ・ワシントンは、黒ずくめの男の集団に包囲され、あえなく囚われの身となってしまうのでした。

黒ずくめの男達の正体は、かつてドイツを支配したナチス・ドイツの残党達の末裔。
彼らは1945年、第二次世界大戦の敗戦時に、自前のUFO?を使って月の裏側へと逃れていたのでした。
彼らに捕縛されたジェームズ・ワシントンは、地球からの侵略の尖兵ではないかと疑われ、月面総統と呼ばれているウォルフガング・コーツフライシュの元へ引っ立てられます。
ジェームズ・ワシントンが纏っていた宇宙服のマスクを取ったナチスの末裔達は、彼が黒人であることに驚愕するのでした。
しかし、あくまでもジェームズ・ワシントンを地球からの奇襲部隊の尖兵であると考えるナチスの末裔達は、彼をリヒター博士の元へと連れて行き尋問させます。
しかし、ジェームズ・ワシントンが所持していたスマートフォンに、彼らは注目の目を向けることになります。
ナチスの末裔達は、月面に居住することができるほどのテクノロジーを持つ一方で、コンピュータ技術に関しては1940年代の水準からほとんど進化しておらず、現代から見ればアンティーク同然の原始的なコンピュータしか知らなかったのでした。
スマートフォンに着目した彼らは、それを最終兵器「神々の黄昏」号の起動システムとして利用しようと考えるのですが……。

映画「アイアン・スカイ」は、作中のあちこちにコメディネタや政治風刺を意図したネタがちりばめられていますね。
冒頭の「Yes She Can(イエス・シー・キャン)」ネタもそうなのですが、 特にアメリカに対する風刺はかなり高レベルなものがあります。
アメリカ大統領を女性にして、かつ選挙参謀にやたらとヒステリックで色情魔(笑)なヴィヴィアン・ワグナーに据えた登場人物設定も、なかなかにクるものがありましたし。
物語後半に至ってはさらに強烈な政治風刺が披露されており、アメリカ所有の宇宙戦艦の名称が「ジョージ・W・ブッシュ」だったり、宇宙技術の軍事利用を禁じる宇宙平和条約に違反して宇宙戦艦を建造した他国に対し、自国のことを棚に上げて罵り倒していたり、「お前の国だって守ってなかったじゃないか!」という切り替えしに対して「アメリカはいつもそうだからいいの!」と開き直るなど、なかなかにやりたい放題を貫いています。
ちなみに、作中で宇宙平和条約をバカ正直に墨守していた国はフィンランド1国だけだったのだそうで、日本もしっかりと宇宙戦艦を保持しているんですね(爆)。
作中の日本はちゃんと憲法改正を行い軍事活動関連の法整備を整えることができたようで、その点ではなかなかにめでたい限りではあります(笑)。
さらにラストでナチスの脅威が去り、各国の首脳陣が拍手で祝った次の瞬間に、月面にある「ヘリウム3」を巡ってたちまちのうちに乱闘が生じ、そのまま全面核戦争に雪崩れ込む展開は、「国が一致団結するためには絶対悪な敵が必要」「戦争が終われば内紛が始まる」という政治のセオリーを忠実に再現していたりします。
……まあ、あの乱闘騒ぎからそのまま全面核戦争へ直行するというのも、正直考えものではあるのですが(-_-;;)。
あそこまでアメリカをコケにしまくる政治風刺をちりばめまくった映画というのも、なかなかお目にかかれないのではないかと。
あのアメリカ合衆国大統領やヴィヴィアン・ワグナーのヒステリックぶりに比べれば、ナチスの末裔達の方がはるかにマトモに見えてしまうくらいですからねぇ(苦笑)。

それにしても、月面と地球を自由に移動できるだけの技術力を持つはずのナチスの末裔達が、スマートフォンやiPadどころか、1980年代レベルの骨董品なパソコンすらも持ちえなかったというのはなかなかに凄い話ですね。
一応、アメリカが1960~70年代に推進していたアポロ計画で使用されたコンピュータも、現代から見ればそこらのスマートフォンにも劣るレベルの性能でしかなかったようなので、技術的にはそれでも不可能な話ではないのでしょうけど。
月面のナチスは70年以上もずっと戦時体制を敷いていたみたいですし、いわゆる「ハコモノ」絡みの技術が奇形的に発達していたのでしょうね。
ナチスの末裔達は、核ミサイルなどはるかに凌ぐ、月面の一部を欠けさせるほどの威力を誇るキャノン砲を実戦配備していたりしますし。
作中における戦い方を見ていると、ナチスの末裔達はひたすら地球に隕石を投げつけまくる遠距離攻撃に徹してさえいれば、それだけで楽勝できたのではないかと考えられなくもないのですけどね。
地上の戦闘機の類は完全に無力化できるのですし、いくら地球側が複数隻の宇宙戦艦を所持していると言っても、ナチス側がひたすら遠距離攻撃による地上攻撃を繰り出しまくれば、地球側も地上を守るための防戦一方にならざるをえないでしょう。
せっかくアレだけ圧倒的有利なアドバンテージを持っているのに、それを無視してわざわざバカ正直に地球側とドッグファイトを演じる必要もないでしょうに、つくづくナチスの面々は戦い方を知らないなぁ、と思わずにはいられなかったですね。
この辺りは、政治には明るくても軍事には暗く、ドイツ軍へのあまりの政治介入から「独ソ戦における【ソ連軍】最高の司令官」「スターリンの回し者」とまで呼ばれるに至ったアドルフ・ヒトラーの系譜を受け継ぐものだったりするのでしょうか?

SF的な演出もそれなりのものはありますが、どちらかと言えばやはりコメディやパロディを楽しみたい方向けの作品ですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/944
アイアン・スカイ from 佐藤秀の徒然幻視録
もしサラ・ペイリンがアメリカ大統領になったら公式サイト。フィンランド=ドイツ=オーストラリア。原題:Iron Sky。ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オッ ...
2013年04月17日(水)20時20分 受信
「アイアン・スカイ」 from ヨーロッパ映画を観よう!
「Iron Sky」2012フィンランド/ドイツ/オーストラリアこの映画にアメリカ人俳優は出演していないと思うし、その地で撮影もしていないと思う。これほどアメリカ合衆国をバカにした映画は私的に初めて観た。世界の中心で...
2013年04月17日(水)21時24分 受信
アイアン・スカイ from だらだら無気力ブログ!
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。
2013年04月17日(水)22時03分 受信
『アイアン・スカイ』(2012) from 【徒然なるままに・・・】
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵...
2013年04月17日(水)22時08分 受信
アイアン・スカイ / Iron Sky from 勝手に映画評
制作のための予算確保に苦労していた所、ファンからの寄付が1億円も集まったと言う曰くつきの作品。ナチの残党が、第二次大戦終了時に南米に逃げたという設定の映画に『ブラジルから来た少年』と言う作品があります...
2013年04月17日(水)22時14分 受信
『アイアン・スカイ』 from こねたみっくす
フィンランド発、SFブラックコメディの奇作、ここに現る!第2次世界大戦後に月へと逃げた残党ナチスが70年の時を超えて地球に攻めてくるパロディ映画かと思いきや、風刺と痴情の ...
2013年04月17日(水)22時24分 受信
アイアン・スカイ/ユリア・ディーツェ from カノンな日々
もう発想からして最高ですよね。否が応でも期待が高まります。第2次世界大戦で敗北したナチス・ドイツが実はこっそりと月の裏側に逃げ延びていて秘密基地を構築し長年の月日を経て ...
2013年04月17日(水)22時40分 受信
アイアン・スカイ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
アイアン・スカイ Blu-ray 豪華版(初回数量限定生産)月面ナチスVS地球防衛軍という発想にブッ飛ぶ異色のSFコメディ「アイアン・スカイ」。奇想天外な設定と無駄に豪華な映像で、今年一 ...
2013年04月17日(水)23時03分 受信
『アイアン・スカイ』月からナチスがやってキター! from コナのシネマ・ホリデー
ナチス映画、SF映画へのオマージュ、そして政治風刺劇。一般ファンから1億円を集めた衝撃のSF映画は、面白かった!
2013年04月17日(水)23時21分 受信
『アイアン・スカイ』 from ラムの大通り
(原題:Iron Sky)----この映画、ネット上でスゴク話題になっているよね。「そうだね。第二次世界大戦後、地球を後にしたナチスが月へ逃亡し、地球へ復讐に向う日を虎視眈々と待っていたというレトロ感覚のSF。南半球に、...
2013年04月17日(水)23時42分 受信
映画:アイアン・スカイ from よしなしごと
 制作費が足りなくなり一度は映画化が中止。ところがファンからのカンパが7,000万円集まり正式に映画化が決定。そんな超大作ではないけれどコアなファンの多い作品、アイアン・スカイを見てきました。
2013年04月18日(木)01時08分 受信
アイアン・スカイ from 映画情報良いとこ撮り!
アイアン・スカイナチス・第三帝国の一部のエリートは、難を逃れて、月の裏側へと逃亡していた。そう彼らは、あの○トラーの一部だ。月で分からないように、秘密基地を作っていた。そんな彼らは、連合軍への復讐に燃...
2013年04月18日(木)05時33分 受信
アイアン・スカイ from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポ...
2013年04月18日(木)13時29分 受信
アイタタタ〜(となりの怪物くんとか中二病でも恋がしたい!とか) from アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
【聖闘士星矢Ω 第26話】蒼摩くんとソニアさんが、蒼摩パパが亡くなる過去に立ち会うお話。まずは蒼摩くんパパの意外な強さにビックリ! シルバーセイントでも強い人はいたんです ...
2013年04月18日(木)16時30分 受信
【映画】アイアン・スカイ from ★紅茶屋ロンド★
<アイアン・スカイ を観て来ました>原題:Iron Sky製作:フィンランド・ドイツ・オーストリア合作人気ブログランキングへ他の映画を見にいった時に、劇場で初めて予告をみました。ふざけた内容に正直「劇場で公開す...
2013年04月18日(木)21時18分 受信
アイアン・スカイ/IRON SKY from いい加減社長の映画日記
たまには、おばか映画も、いいかなと・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、ナチス・ドイツは完全に敗北する。しかし、その一部の残党たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図っ...
2013年04月18日(木)22時18分 受信
アイアン・スカイ from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(F)(F)映画という枠を最大限に生かしたエンターテインメント?
2013年04月18日(木)23時14分 受信
『アイアン・スカイ』をトーホーシネマズ六本木4で観て、おおおごめんよおふじき★★★ from ふじき78の死屍累々映画日記
五つ星評価で【★★★もちっと単純な笑いを加えてほしかった】  単純にゲラゲラ笑えるコメディーが見たかったけど、ニヤっと笑えるエスプリの方が強めだった。ただ、金髪 ...
2013年04月19日(金)00時40分 受信
アイアン・スカイ from 538ねん。
大戦末期ナチスが月に避難し、それから70年、地球に攻めて来るという映画なんか面白そうだなぁ…と・・・頭のどっかにインプットだけされていたため英国版のBlu-rayジャケット見ただけで、殆んど何も考えないで購入して...
2013年04月19日(金)03時19分 受信
「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり from はらやんの映画徒然草
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい
2013年04月19日(金)17時02分 受信
アイアン・スカイ ★★★★ from パピとママ映画のblog
月面に逃れていたナチス・ドイツの残党による地球侵略という荒唐無稽なアイデアを映像化したSFコメディ。出演は「青い棘」のユリア・ディーツェ、「ヒトラー 最期の12日間」のゲッツ・オットー。製作費のうち約1億円...
2013年04月19日(金)21時03分 受信
「アイアン・スカイ」 from 或る日の出来事
2018年、アメリカが月面に宇宙船を着陸させてみると、そこには…!
2013年04月19日(金)23時48分 受信
アイアン・スカイ from 銀幕大帝α
ナチスが月から攻めてきた!!−感想−映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。ブラックユーモア満載のおバカ映画です。シュールなギャグで溢れてる。映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじ...
2013年04月19日(金)23時57分 受信
[映画『アイアン・スカイ』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆先の大戦で敗れたナチスドイツの残党が、月の裏側に逃れ、そこで秘密基地を建設、現代までに着々と規模を広げ、地球侵略を開始す! その設定を聞いただけで胸がワクワクして見に行きましたよ^^ 残業が8時まで...
2013年04月20日(土)08時38分 受信
アイアン・スカイ from ダイターンクラッシュ!!
2012年9月28日(金) 21:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アイアン・スカイ』公式サイト フリーパスポート18本目。 私の記憶が確かならば、かつて落合信彦は、「20世紀最後の真実」の中で、ナ...
2013年04月20日(土)21時43分 受信
アイアン・スカイ from 迷宮映画館
なんつか、こんな映画を作れる心の広さが欲しい!
2013年04月21日(日)10時54分 受信
アイアン・スカイ from とりあえず、コメントです
ナチスが月から攻めてくるというビックリなストーリーで話題のSFです。 気になるけどどうだろうなあと思っていたのですけど、ついチャレンジしてしまいました。 どちらかと言うと笑いよりも微妙にシュールでブラッ...
2013年04月21日(日)13時29分 受信
「アイアンスカイ」 from Con Gas, Sin Hielo
品性なくコーティングされた未来。戦争や世界征服といった雰囲気と全く異なるゆったりした音楽が予告篇で流れるのを見て、ちょっとおもしろそうかもと思ってしまった。結果としては、作品自体は下品だしどうにも笑え...
2013年04月21日(日)15時55分 受信
アイアン・スカイ from 心のままに映画の風景
2018年。 再選を目指すアメリカ大統領の人気取り政策によって、月面へ送り込まれた黒人モデルのジェームズ・ワシントンは、ナチスの残党によって築かれた第四帝国の月面秘密基地を発見する。 地球侵略の...
2013年04月21日(日)18時02分 受信
アイアン・スカイ from Memoirs_of_dai
白人化されるが話はブラックユーモア 【Story】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、アドルフ・ヒトラーが率いていた「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリートたちはひそ...
2013年04月21日(日)23時07分 受信
アイアン・スカイ from そーれりぽーと
月からナチスが攻めてくる!?SFファンのカンパも話題の『アイアン・スカイ』を観てきました。★★★★テーマがテーマだけに、ただの低予算SFおフザケ映画かと思いきや、ストーリー展開も映像も全体的なバランスが抜...
2013年04月27日(土)00時38分 受信
「アイアン・スカイ」 from てんびんthe LIFE
「アイアン・スカイ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞2012-084面白いという人数多し、ネットの評判もなかなかいいので見に行きました。が、私には手に負えませんでした。SFもだめ、ナチスもだめ、パロディ追っかけたけど...
2013年05月04日(土)20時02分 受信
アイアン・スカイ from 愛猫レオンとシネマな毎日
ナチスが、月からやってくる!第二次世界大戦後、地球を後にしたナチス軍は、月へと逃亡し月の裏側に第四帝国を建立。地球への復讐を果たすべく、軍備を増強し、その機会を狙っていた。そして、いよいよ月面ナチス軍...
2013年05月28日(火)18時53分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー