記事一覧

映画「プラチナデータ」感想

ファイル 925-1.jpg

映画「プラチナデータ」観に行ってきました。
東野圭吾の同名小説を原作とし、男女逆転「大奥」1作目および「GANTZ」二部作で主演を担った二宮和也、および豊川悦司の2人を中心とするサスペンス・ストーリーが展開されます。

映画の冒頭は、児童連続殺人事件の現場に、警視庁捜査一課の浅間玲司が駆けつけるところから始まります。
一連の児童連続殺人事件は捜査が難航しており、警察は未だ容疑者を検挙することもできずにいました。
しかし、被害者の遺体に付着していた髪の毛を元に、警視庁特殊解析研究所(SARI)の主任解析官・神楽龍平が、自身で開発したDNA捜査システムを元に犯人像を割り出します。
そのDNA捜査システムは、登録されたDNAの持ち主を割り出し、DNAを元に真犯人個人の血液型・年齢等はもちろんのこと、詳細な容姿・体型に至るまで再現するという優れ物。
結果、あっという間に真犯人は割り出され、周到な準備と包囲によって、真犯人はいともたやすく逮捕されてしまったのでした。
これが端緒となり、1年後には全国民にDNAの提供が義務付けられるDNA法案が通過する運びとなったのでした。

児童連続殺人事件から3ヶ月後。
全国民のDNA登録が進んでいく中、警察はDNA登録を行わない犯罪者による連続殺人事件に手を焼いていました。
犯行現場等から検出されたDNAは、登録されているDNAに類似するものがなく、同一手口の殺人事件が13件発生していることから、この事件は「Not Found13」という通称で呼ばれていました。
そんな中、神楽龍平と共にDNA捜査システムの開発の創設者である蓼科耕作と、妹の蓼科早樹が何者かによって殺害されるという事件が発生します。
事件の手口が「Not Found13」と同一であったことから、この事件も「Not Found13」関連のものではないかと推察されたのですが、浅間玲司は被害者のパターンがこれまでの事件と異なることから犯人は別にいると考えます。
事件の現場となった新世紀大学病院には多数の防犯カメラが設置されていたことから、浅間玲司は防犯カメラの解析を元に容疑者の割り出しを進めていきます。
一方、同僚を殺された形となった神楽龍平もまた、DNA捜査システムを使って真犯人を割り出すべくシステムを起動させます。
ところが、その捜査の双方で、全く思いもよらぬ人物が重要参考人として浮上することになります。
それは何と、DNA捜査システムを開発した神楽龍平その人だったのでした……。

映画「プラチナデータ」では、「もしこんなシステムがあったらこういう捜査が可能になるのと同時にこういった問題が発生する」というテーマが描かれています。
DNAや指紋等を使用した犯罪捜査自体は、警察も20年以上も前から行っており、精度についても年々向上の一途を辿っています。
ただ、その精度については疑問符が上がることもしばしばで、DNA捜査が決めてとなって有罪判決が下された被疑者が後に逆転無罪を勝ち取るなどといった事例も過去には発生していたりします。
精度の問題だけでなく、DNAサンプルを採取する際に全く別人のDNAが付着したことに気付かないまま捜査が進められたり、サンプルの取り違えでこれまた全く別人が被疑者として挙げられたりといったヒューマンエラーの問題もあったりしますし、DNA「だけ」で犯罪捜査の全てが決まる、などという未来はまだまだ少なからぬ時間が必要ではあるでしょう。
しかし、作中のようなDNA捜査システム自体は、現時点ではともかく将来的には充分に出現が想定されるものではありますし、これを基にしたシステムというのも現実味のある話とは言えるのではないかと。
個人的に興味深かったのは、作中のDNA捜査システムと街中の防犯・防災カメラのシステムを融合する形で構築されている社会的な監視システムの存在ですね。
このシステムは、人が溢れ返っている街中においてもピンポイントで特定の人物を発見できるという優れ物で、物語前半における神楽龍平の逃亡劇においてその威力を存分に発揮しています。
人混みに紛れる形で逃走を始めたはずの神楽龍平をいともあっさりと発見してしまったこのシステムは、犯罪捜査や犯人追跡などにはかなり使い勝手が良いでしょうね。
監視システムの脅威というテーマを扱った映画自体は昔からそれなりの数はあって、私が知っている範囲でも、1999年公開映画「エネミー・オブ・アメリカ」や2008年公開映画「イーグル・アイ」などが印象に残っていますし、邦画でも「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」や映画版「ワイルド7」などの事例があります。
今作ではその脅威的な監視システムに、さらにDNA照合システムを組み合わせることでさらに特定の人物をピンポイントで割り出せるようにしているわけですね。
ただ一方では、防犯・防災カメラがロクに設置されていない街外れや無人地帯などではその実力を十全に発揮することができず、結果として追跡ができなくなってしまうなどの脆弱性をも抱え込んでしまっていたりもするのですが(-_-;;)。
携帯電話のGPS機能を利用した追跡システムとか、人工衛星を駆使した空からの監視システムとかいったものもあのシステムに組み合わせれば、作中で披露されたシステムの欠点を補って余りある強力無比なものができそうな感じではあるのですけどね。
DNA捜査システム以上に実現性の高い技術なのですし、これらの組み合わせはむしろない方が不思議な気はするのですが。

作中におけるDNA捜査システムの問題は、システム自体の技術的な欠陥ではなく、それを扱う人間の不完全さに焦点が当てられている感が多々ありましたね。
物語後半で大々的にクローズアップされた「真のプラチナデータ」問題などは、まさにその典型と言えるシロモノでしたし。
技術的には完璧であるはずのシステムが、それを運用する人間側の都合によって歪められる、というのは皮肉もいいところではあるのですが、同時に「確かにそういうことを考える人間は確実に出てくるだろうなぁ」という説得力は大いにありました。
ただ、「真のプラチナデータ」の対象者が本当に犯罪捜査から逃れたいと考えるのであれば、そもそも最初からDNA登録をしないか、それが無理というのであれば偽造のDNAを登録すればそれで済む問題でしかないのではないか、という疑問がないことはないですね。
彼らは世間的にもVIPや権力者なのですし、権力と財力と暴力を駆使して事実を歪めたり偽造したりすることも容易に行える立場にあるはずなのですから。
彼らの立場的には、バカ正直かつ素直にDNA登録などをやっていることの方がおかしな話なのではないかと思えてならなかったのですけどね、私は。

あと、ミステリー的な観点から見ると、真犯人が作中で展開していた殺人事件の動機が今ひとつ弱いのではないか、というのが少々気になりました。
真犯人の犯行動機というのが全て「自身の(殺人とは関係のない)犯行の隠蔽ないし口封じ」ばかりで、怨みとか金目当てとかいった「積極的な動機」がないんですよね。
告白の字面だけを追っていくと、その残虐性はかなりのものがあるはずなのに、どこか意志薄弱な雰囲気が漂いまくっていたことも、動機の弱さを強調する要素が多分に含まれていましたし。
ラストで披露された犯行告白の際も、自己主張が弱かった上にほとんど自滅の体で返り討ちに遭ったようなものがありましたからねぇ(苦笑)。
連続殺人事件の黒幕?にしては、どうにも「締まらない」印象が拭えないところなのですが。

物語前半および中盤の逃走劇は演出的にもそれなりに見応えがありますし、事件の真相や神楽龍平の正体など、上手い落としどころに落としている作品ではあります。
ミステリーや人間ドラマが好きな方は、観ても損はない映画と言えるのではないでしょうか。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/925
映画『プラチナデータ』★二宮くんのファンはお待ちかねでしょう。 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158645/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     犯人の特定に、DNA鑑定が使われることがあります。 全国民のDNAを登録する“プラ...
2013年03月17日(日)02時34分 受信
「プラチナデータ」すべてこの世は、DNA次第…。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[プラチナデータ] ブログ村キーワード 東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也と豊川悦司の...
2013年03月17日(日)04時33分 受信
劇場鑑賞「プラチナデータ」 from 日々“是”精進! ver.F
自分自身の“意志”が、大事…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303160003/プラチナデータ (幻冬舎文庫)東野 圭吾 幻冬舎 2012-07-05売り上げランキング ...
2013年03月17日(日)06時30分 受信
プラチナデータ from とりあえず、コメントです
東野圭吾著の同名小説を二宮和也主演で映画化したサスペンスです。 予告編をもう何回も観ていたので、ようやく公開日が来た!と初日にチャレンジしてみました(^^ゞ こんなシステムが出来たら便利な以上に怖いなあと思...
2013年03月17日(日)09時25分 受信
プラチナデータ from 勝手に映画評
東野圭吾の同名の小説が原作。元々、原作の小説は映画化を前提に作られており、今回、そのそもそもの目的が達成されたことになる。原作は読んでいたんですが、結構前なので実はストーリーはうろ覚え。“プラチナデー...
2013年03月17日(日)09時26分 受信
プラチナデータ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
映画「プラチナデータ」オリジナルサウンドトラック [CD]DNAデータによる管理社会で起きた殺人事件の謎を追う「プラチナデータ」。所詮、人間をデータ化することなど不可能なのかも ...
2013年03月17日(日)13時19分 受信
映画『プラチナデータ』観てきたよ from よくばりアンテナ
東野圭吾の同名小説の映画化作品。原作がめっちゃ面白かったので期待して観に行きました。原作はコチラプラチナデータ (幻冬舎文庫)(2012/07/05)東野 圭吾商品詳細を見る原作の感想はコチラ原...
2013年03月17日(日)17時02分 受信
プラチナデータ  ★★★ from パピとママ映画のblog
全国民のDNAを元にした犯罪捜査システムが構築された近未来を舞台に、身に覚えのない殺人容疑で追われることとなった天才科学者を主人公にしたミステリー。出演は「GANTZ:PERFECT ANSWER」の二宮和也、「一枚のハガキ」の...
2013年03月17日(日)20時16分 受信
「プラチナデータ」 クールさが立つ from はらやんの映画徒然草
全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒
2013年03月17日(日)21時25分 受信
プラチナデータ : 浅いよねぇ、懐が。 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 TPP交渉参加問題、近い将来の日本に大きな変革をもたらしそうですね。それが、良い変革になるのか、悪い変革になるのか、人によって様々だと思います。ちなみに、本作で描か
2013年03月17日(日)23時38分 受信
プラチナデータ from 新・映画鑑賞★日記・・・
2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子この愛さえも、DNAで決まるのか。彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。[Story...
2013年03月17日(日)23時43分 受信
プラチナデータ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
DNAの解読は標的を定めることで部分的に可能というのが現実だけど、人相や体格や性格まで解読するのは並大抵ではない。開発者の天才科学者は絶対の自信を持っているが、彼自身が犯人にされていまい陰謀に巻き込まれて...
2013年03月18日(月)00時12分 受信
プラチナデータ from 象のロケット
DNA捜査関係者の連続殺人事件が発生。 警察庁科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽(かぐら)龍平が、最先端のDNA捜査システムから導き出した犯人は、なんと神楽自身だった! 身に覚えがない神...
2013年03月18日(月)10時12分 受信
プラチナデータ from 単館系
プラチナデータ ユナイテッド・シネマ浦和 3/16公開政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は皆無となった...
2013年03月18日(月)14時35分 受信
プラチナデータ from to Heart
この愛さえも、DNAで決まるのか。彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。製作年度 2012年上映時間 134分原作 東野圭吾『プラチナデータ』(幻冬舎刊)監督 大友啓史音楽 澤野弘之出演...
2013年03月19日(火)12時32分 受信
【プラチナデータ】DNAは人間の全てを語るのか from 映画@見取り八段
プラチナデータ    監督: 大友啓史    出演: 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人 公開: 2013年3月16日 2013年3月20日。劇場観賞。 原作は東野圭吾氏...
2013年03月20日(水)20時14分 受信
プラチナデータ ヾ(@^▽^@)ノ → o( ̄ー ̄;)ゞ → (_ _;)  from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=19 うち今年の試写会2】 完徹明けの昨夜、昼寝をせずに夜は20時にベッドに入ったら、なんと朝6時まで一度も起きること無く熟睡!俺もまだまだ若い!? 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析...
2013年03月22日(金)16時33分 受信
映画「プラチナデータ」を観ました!!(2013-06) from 馬球1964
映画「プラチナデータ」を観ました!!
2013年03月22日(金)19時24分 受信
プラチナデータ from いい加減社長の映画日記
予告編が面白そうだったので・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。神楽は事件現場に残されたD...
2013年03月23日(土)19時49分 受信
プラチナデータ (2012) 134分 from 極私的映画論+α
 ニノの写真はアップ出来ません(笑)
2013年03月23日(土)20時47分 受信
映画「プラチナデータ」 from FREE TIME
映画「プラチナデータ」を鑑賞しました。
2013年03月24日(日)22時59分 受信
プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司 from カノンな日々
東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...
2013年03月24日(日)23時21分 受信
さすがの怪演(ROBOTICSNOTESとかプラチナデータ(映画)とか) from アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
【ROBOTICS;NOTES 第22話(最終回)】ロケット発射阻止に向かうスーパーガンつく1(海翔くん)と、立ちはだかるみさ希さん(君島コウ)の巻。冒頭、スーパーガンつく1がロケット発射台 ...
2013年03月25日(月)01時24分 受信
『プラチナデータ』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの...
2013年03月25日(月)08時25分 受信
プラチナデータ from Break Time
今日は、気温も上がり・・・
2013年03月28日(木)20時37分 受信
『プラチナデータ』 2013年3月23日 TOHOシネマズスカラ座 from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『プラチナデータ』 を鑑賞しました。やっぱり朝一番の映画は眠気が無い今日は2時間越え3本見る予定なんですけど。。。【ストーリー】 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行...
2013年03月28日(木)20時43分 受信
プラチナデータ from 花ごよみ
東野圭吾の同名小説を実写映画化監督は大友啓史主演は二宮和也、科学者の神楽龍平を演じます。自ら作り出したDNA解析システムで分析した結果神楽自身が容疑者になってしまい、逃亡する羽目に天才科学者から容疑者...
2013年03月30日(土)19時05分 受信
プラチナデータ from ダイターンクラッシュ!!
2013年3月23日(金) 15:10~ チネ4 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 トヨエツがでかいのか、ニノがちっちゃいのか、たぶん両方 『プラチナデータ』公式サイト 国民の情報を警察が抑えていると...
2013年04月01日(月)23時00分 受信
「プラチナデータ」DNAで犯人にされた先にみた真のプラチナデータの目的と意味 from オールマイティにコメンテート
「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...
2013年04月04日(木)00時04分 受信
プラチナ・データ  監督/大友啓史 from 西京極 紫の館
【出演】 二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美 杏【ストーリー】政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪は皆無となった近未来の日本。警...
2013年04月04日(木)23時20分 受信
[映画][☆☆☆★★]「プラチナデータ」感想 from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
 東野圭吾原作のSFミステリー小説を、「るろうに剣心」の大友啓史監督、「GANTZ」の二宮和也主演で映画化。  未来のテクノロジーが犯罪捜査、または裁判を行うこの手のSFモノにありがちな設定とストーリー...
2013年04月05日(金)18時44分 受信
アナログ刑事と二人のニノ。〜「プラチナデータ」〜 from ペパーミントの魔術師
ぐるナイでしかみてないんだけど杏ちゃん、足長い。バイクで颯爽とくるとこカッコイイノルウェイの森でインパクト大だった水原希子ちゃんめっちゃ可愛い☆トヨエツ渋かったです。キャストバッチシだね〜。・・・鈴木...
2013年04月07日(日)10時41分 受信
【プラチナデータ】を映画鑑賞! from じゅずじの旦那
DNAプロファイリング・・・国民のDNAを管理し、犯罪などの捜査に活用する法律が可決された  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「...
2013年04月13日(土)08時32分 受信
映画「プラチナデータ」 from またり、すばるくん。
原作:東野圭吾、主演:二宮和也の映画「プラチナデータ」を見ました。
2013年04月13日(土)09時26分 受信
プラチナデータ from だらだら無気力ブログ!
二宮君ファンなら満足な一本かも。
2013年04月20日(土)23時03分 受信
「プラチナデータ」 from ここなつ映画レビュー
思えば3月4月は、「このままでは今月は一回も映画を観られない!」と思った位の日々でしたが、なんだかんだ子どもの付き合いを兼ねて、いわゆる流行りの邦画を続けざまに観る事になりました。で、順不同ですが、「プ...
2013年09月24日(火)13時37分 受信
プラチナデータ from いやいやえん
うーんいまひとつ微妙な作品でした。二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏...
2013年11月12日(火)09時16分 受信
映画 プラチナデータ from こみち
JUGEMテーマ:邦画   出生時・学校の健康診断などで非合法にDNAデータを入手して DNAデータバンクを作る政府。しかしシステム製作者が極秘裏に システムをさらに改良して、何者...
2014年03月28日(金)22時35分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー