記事一覧

映画「フライト」感想

ファイル 916-1.jpg

映画「フライト」観に行ってきました。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの製作を手掛けたロバート・ゼメキス監督と、「ザ・ウォーカー」「アンストッパブル」「デンジャラス・ラン」のデンゼル・ワシントンがタッグを組み、飛行機墜落事件の当事者である機長を巡って繰り広げられる人間ドラマ作品です。
今作では、冒頭で情事後の朝を迎えた女性がスッポンポンで部屋を動き回るシーンの他、酒やドラッグをキメる描写などがあったりするため、PG-12指定されています。

今作の主人公ウィップ・ウィトカーは、長年旅客機の機長を務めるベテランパイロット。
しかしその一方で、彼は離婚した妻と子供の問題から重度のアルコール依存症を患っており、さらにドラッグにも手を出すほどの素行の悪さを密かに抱え込んでいました。
その日もウィップは、愛人らしいカテリーナ・トリーナ・マルケス(映画の中では「トリーナ」と表記)と徹夜でパーティに老け込んだ挙句に情事後の朝を迎えており、酒とドラッグをかっくらった後で、フロリダ州オーランド発ジョージア州アトランタ行のサウスジェット航空227便の飛行機に機長として乗り込むのでした。
飛行機出発時のオーランドは悪天候に見舞われており、強風と大雨が降りしきる中、飛行機は空へ飛び立っていきました。
当然、乗客も副操縦士ケン・エヴァンスも不安に駆られるのですが、ウィップは常識破りの操縦で雲の間をすり抜け、安定飛行に移ることに成功します。
ウィップは自らマイクで安全圏に入ったとスピーチを行い、乗客達を安心させる中、ひそかにオレンジジュースにウォッカを入れて飲酒行為をやらかします。
そしてウィップは、ケン・エヴァンスに操縦を任せ、自分はうたた寝を始めてしまうのでした。
ところが、飛行を初めて26分が経過し、アトランタへの着陸準備に入り始めた頃、突然機体が制御不能に陥り、急激に高度を落とし始めるという緊急事態が発生します。
ウィップは何とか機体を制御しようとするのですが、機体は全くコントロールを受け付けようとしません。
そして、真っ逆さまに落ちていく機体の向かう先には、人口が密集しているとおぼしき住宅地が広がっており、そのまま墜落すれば乗客はむろんのこと、地上でも大惨事が発生するのは必至の情勢でした。
機体そのものに問題が発生したと判断したウィップは、操縦を手動に切り替えると、機体を180度回転させ、上下逆になった背面飛行状態を作り出すことで機体の水平飛行を維持するという究極の荒業を披露することになります。
住宅地を抜け、広大な広場を見出したウィップは、機体を元に戻し、グライダーのような滑空状態で胴体着陸を敢行。
そして、胴体着陸時の衝撃で、ウィップは意識を失ってしまうのでした。

次にウィップが目を覚ましたのは、アトランタの病院の一室でした。
そこには、ちょうどウィップを見舞いに来ていたサウスジェット航空の幹部で旧友でもあるチャーリー・アンダーソンがおり、彼はウィップの奇跡的な操縦で乗員乗客102名中96名が生還できたと賞賛します。
死亡した6名の内訳は、乗員2名に乗客4名。
しかしその乗客2名の中には、ウィップが物語冒頭で情事にしけこみ、将来の妻と考えてさえいたトリーナが含まれていたのでした。
事故を調査する国家運輸安全委員会の形式的な質問を経て、ひとりになったウィップは、トリーナの死にすすり泣くのでした。
一方、ウィップの様態は脳震盪以外は大したことがなく、3日もあれば問題なく退院できるとのこと。
しかし、マスコミが飛行機事故の真相について騒ぎ立て、事故の調査が進んでいく中で、ウィップに対する飲酒問題が浮上してくることになるのです。

映画「フライト」の主人公は、明らかに人格が破綻している上、特に物語後半では自滅願望の類でもあるのではないかとしか思えない言動に終始していて、あまり好感の抱きようがなかったですね。
ウィップの周囲の人間は、どちらかと言えばウィップに好意的で、明らかにウィップにとって有利な証言に終始し、チャーリー・アンダーソンや黒人弁護士のヒュー・ラングもウィップの無罪獲得にアレだけ奔走していたというのに、ウィップはほとんど自分から進んで破滅への道を邁進する始末だったのですから。
確かにウィップには元々アルコール依存症の気はあったのでしょうが、物語終盤のアレはどう見ても自滅することを理解していた上でそれを自分から積極的に望んでいたようにすら見えましたし。
ウィップにしてみれば、自分が懇意にしていた女性達に死なれたり愛想を尽かされて逃げられたりで自暴自棄になっていた側面もあったのかもしれませんし、何よりも「死んだ人間に飲酒の冤罪を擦り付けることになる」という構図に耐え難いものがあったという事情も働いていたのでしょう。
せっかく国家運輸安全委員会の事故調査でも、機体のメンテナンス不良が事故の原因だったという結論で固まろうとしていたというのに、傍目から見た分には何ともバツが悪い自滅以外の何物でもなかったですね。

しかし、物語終盤におけるウィップの告白は、ウィップの精神的な満足が得られた以外は、むしろ社会的には害悪しか与えていないのではないでしょうか?
特に、ウィップの自滅願望に付き合わされた挙句、巨額の賠償責任までひっかぶる羽目になったであろうサウスジェット航空の面々にとっては。
彼らは、ウィップが飲酒の問題を認めた時点で、最低でもアルコール依存症の人間をパイロットとして雇っていたという「会社としての任命・監督責任」を免れることができなくなってしまったのですし。
しかもあの場におけるあの告白の仕方では、下手をすればさらに機体のメンテナンスの責任までもがウィップとサウスジェット航空に擦り付けられ、場合によっては死亡した乗客4人への賠償責任までもが会社に覆いかぶさってくる事態すらも充分にありえます。
そうなれば、サウスジェット航空は会社として損失を被るばかりか信用までも失い、賠償問題も重なって経営は破綻、従業員・幹部一同は会社ごと職を失うレベルの危機に直面することになるわけです。
そして、そういう事態を回避したいからこそ、サウスジェット航空の面々はウィップの無罪獲得に必死になっていたはずなのです。
何しろ、死亡した乗客4人へ賠償金を支払うことになれば航空会社が維持できなくなると、作中でもはっきりと明示されていたわけですし。
自分のあの告白からそういう事態が発生した際の責任まで、ウィップは自分で背負う覚悟が果たしてあったのでしょうか?
あのラストの展開では、ウィップの行為によって職を失ったり損害を被ったりした人間が確実に出てくることになるのですし、刑務所に収監されたウィップの描写を見る限り、とてもそこまでの責任をウィップが自覚し、背負っていたようには全く見えなかったのですが……。

さらに言えば、あの場におけるウィップの飲酒容認発言は、飛行機を製造・メンテナンスを担う会社側に一定の免罪符を与える事態をも招くことにもなりかねません。
彼らにしてみれば、ウィップの発言は自分達の責任を擦り付ける格好の口実として間違いなく使えるのですから、「機体のメンテナンスは大した問題ではなく、事故は機長のアルコール飲酒が主原因で起こったものだ」くらいのことは当然主張してくるでしょう。
当の本人が自分から積極的に認めたという事実も相まって、最悪、肝心要の機体の問題が完全無視されてしまった挙句、機長のアルコール依存症のみが、世間・マスコミ・国家運輸安全委員会などで大々的に取り上げられる、などという事態にすらもなりかねません。
「堕ちた英雄」なんてネタは、さぞかし世間一般の受けも良いでしょうからねぇ(苦笑)。
そして、批判の矛先が摩り替えられたことによって、欠陥飛行機を製造した会社は結果的に世間から大々的に取り上げられることがなくなってしまい、結果として本来あるべき事故の真相や責任の追及が歪められてしまう可能性も否定できないのです。
他ならぬウィップ自身、事故の責任は機体の故障にあって自分の操縦には問題ない、それどころか自分の操縦こそが多くの乗員乗客の生命を救ったのだと自認していましたし、周囲もそれは声を大にして認めていたではありませんか。
その責任の追及が歪められたり曖昧な決着で終わったり、最悪はその責任をもウィップ自身が背負わされる羽目になったりするケースも、あの告白の後では充分に想定されるべき事態であると言えるのですが、そんなことにウィップは耐えられるとでもいうのでしょうか?
日本でさえそういう事態は普通にありえそうですし、ましてや訴訟大国たるアメリカであればなおのこと、安易な責任認定は無用な冤罪や真犯人の免罪を招きかねないのではないのかと。
作中におけるウィップの飲酒責任の告白は、単に自分個人の問題だけで終わるものでは全くないはずなのですけどねぇ。

航空機事故およびそれに伴う責任問題を扱っている割には、どうにも主人公およびその周囲限定の葛藤や問題のみにスポットが当てられている感が否めなかった作品でしたね。
主人公自身も、最後の告白をも含めてひたすら「自分個人の都合と論理」だけで動いていましたし。
その辺りの行動原理をどのように解釈するのかで、今作の評価はかなり違ったものになりそうではありますね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/916
フライト ★★★ from パピとママ映画のblog
「フォレスト・ガンプ/一期一会」のロバート・ゼメキス監督によるサスペンス。奇跡的な緊急着陸を成功させた旅客機機長に浮上した疑惑と、その驚愕の真実を描く。出演は「トレーニング デイ」のデンゼル・ワシント...
2013年03月04日(月)00時03分 受信
映画:フライト Flight しまった演出で最後までよどみなくみせる、真実をめぐる人間ドラマ。 from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
監督=ロバート・ゼメキス主演=デンゼル・ワシントンという、強力布陣。予告編でも紹介されている通り、危機から多くの人命を救い ヒーローだったはずの航空機 機長。ところが、彼が搭乗時に アルコール & ドラッグ...
2013年03月04日(月)00時29分 受信
映画『フライト』★運命の(あるいは神が与えた)フライト from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    映画レビュー(ネタバレ表示)〜 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343694/rid73/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158139/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   &nb...
2013年03月04日(月)00時42分 受信
『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突 from 映画のブログ
 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。 奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...
2013年03月04日(月)02時34分 受信
フライト from あーうぃ だにぇっと
フライト@よみうりホール
2013年03月04日(月)05時42分 受信
フライト from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(10)機能と操作と航空力学のすべてを知りつくしてないと
2013年03月04日(月)06時18分 受信
劇場鑑賞「フライト」 from 日々“是”精進! ver.F
自由へのフライト…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303010002/メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
2013年03月04日(月)06時45分 受信
『フライト』 2013年2月18日 よみうりホール from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『フライト』 を試写会で鑑賞しました。あれ、今年初めてのよみうりホールかも(笑)今日は、まっつぁんこさんにお誘いいただき、なんとか一足早く鑑賞できました【ストーリー】 ベテランのウィトカー機長(デンゼル...
2013年03月04日(月)07時42分 受信
フライト from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Flight [DVD] [Import] [DVD]奇跡の不時着でヒーローになった男の真実の姿を描く人間ドラマ「フライト」。パニックから法廷、そして人間の心の闇と、ストーリーは意外なルートをたどる。ベ ...
2013年03月04日(月)08時25分 受信
フライト from Akira's VOICE
上昇。急降下。背面飛行。きりもみ。安定飛行。 
2013年03月04日(月)08時48分 受信
フライト from とりあえず、コメントです
デンゼル・ワシントン主演がアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたシリアスな人間ドラマです。 飛行機事故で奇跡の着陸という予告編を観て、これはどんな展開になるのだろうと気になっていました。 予想よりもダ...
2013年03月04日(月)08時50分 受信
『フライト』 from こねたみっくす
アメリカの飲酒運転取締り事情はどうなってんねん!?背面飛行で多くの乗客乗員を救ったものの、血液検査でアルコール成分が出てきたパイロットは信頼に応えた英雄か、それとも信頼 ...
2013年03月04日(月)09時34分 受信
フライト〜こんな酷い航空会社あっていいの? from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。原題:Flight。ロバート・ゼメキス監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン、ドン・チードル、ケリー・ライリー、ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ、ブ ...
2013年03月04日(月)10時08分 受信
フライト from 心のままに映画の風景
ベテランのウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は、フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機に搭乗。 一流の操縦テクニックを持つウィトカーは、離陸直後のひどい乱気流を難なく乗り越えた。 ...
2013年03月04日(月)12時33分 受信
ジャンゴ 繋がれざる者 from 新・映画鑑賞★日記・・・
【DJANGO UNCHAINED】 2013/03/01公開 アメリカ 165分監督:クエンティン・タランティーノ出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、...
2013年03月04日(月)13時14分 受信
フライト from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
アルコール依存症は病院に入院しないとほとんど治療は無理だと思う。アルコールをやめるには隔離された施設に入り、規則正しい生活を送る習慣を身につけるのが常法だ。デンゼル・ワシントンの演技もすごいのだけど、...
2013年03月04日(月)14時05分 受信
フライト / Flight from 勝手に映画評
デンゼル・ワシントンと言えば、どちらかと言うと、良い人側の役が多いと思います。ですが、『アメリカン・ギャングスター』あたりから悪役を演じ始め、『デンジャラス・ラン』では、より危険な人物を演じていました...
2013年03月04日(月)22時51分 受信
B級映画愛が素晴らしい!(みなみけとかテッド(映画)とか) from アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
またまた都合により2話連続の感想です。【ROBOTICS;NOTES 第18話 第19話】第18話ツインの部屋でドッキリ一夜を過ごした海翔くんとあき穂さんが、万博にガンつく2を出店するお話。ホテル ...
2013年03月04日(月)22時54分 受信
[映画『フライト』を観た(寸評)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆先ずは、今週のロードショー作品では『ジャンゴ:繋がれざる者』を観たかったのだが、どうしても、夕方の用事との兼ね合いで、今日は見ることが出来ず、こちらを観た。 予告編の印象では、なんか航空機事故の派手...
2013年03月04日(月)23時24分 受信
フライト from 象のロケット
奇跡的な操縦テクニックで制御不能の旅客機を緊急着陸させたウィトカー機長。 マスコミは彼の偉業を称え、ウィトカーは一躍時の人となった。 だが、ある重大な疑惑が浮上する。 彼の血液中から微量のアルコールと...
2013年03月05日(火)08時52分 受信
パイロット物語かと思いきや・・・。『フライト』 from 水曜日のシネマ日記
奇跡的な操縦で旅客機の緊急着陸を成し遂げたひとりのパイロットの物語です。
2013年03月05日(火)12時50分 受信
フライト お酒はほどほどに・・・・ε-(;ーωーA フゥ… from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=17 うち今年の試写会2】 今日は大阪〜西宮で仕事、移動中はずーっとFM802をリスニング。ディスクジョッキーはもちろんのこと、スポットのニュースや交通情報のお姉さんも、コマーシャルも、標準語を喋っているよう...
2013年03月05日(火)13時40分 受信
映画:「フライト」♪。 from ☆みぃみの日々徒然日記☆
平成25年3月5日(火)。 映画:「フライト」。 監  督:ロバート・ゼメキス 脚  本:ジョン・ゲイティンス 音  楽:アラン・シルヴェストリ キャスト: デンゼル・ワシントン (Whip Whitaker) ドン・チー...
2013年03月05日(火)14時47分 受信
囚われた男~『フライト』 from 真紅のthinkingdays
 FLIGHT ベテランパイロットのウィップ(デンゼル・ワシントン)は、制御不能に陥った旅客機を彼にしかできない驚異的な操縦法で不時着させる。多くの人命を救い、一躍時の人となったウ...
2013年03月05日(火)17時50分 受信
【映画】フライト from ★紅茶屋ロンド★
<フライト を観て来ました>原題:Flight製作:2012年アメリカ人気ブログランキングへ第85回アカデミー賞で主演男優賞と脚本賞にノミネートされた作品です。予告を見ただけで興味を引かれ、試写会での鑑賞でし...
2013年03月05日(火)21時12分 受信
映画「フライト」 from FREE TIME
映画「フライト」を鑑賞しました。
2013年03月05日(火)22時42分 受信
フライト 他に比類なきジャンル、見事な落としどころにはまりました。<ネタバレあり> from もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
プロレスを「他の比類なきジャンル」と呼んだのは、村松友視。1980年のこと。もちろん良い意味で、映画を見たあと、この言葉を思い出した。予告編やビラでは、「英雄か犯罪者か」という煽り方だし、ストーリ...
2013年03月05日(火)23時18分 受信
フライト from だらだら無気力ブログ!
アル中のお話しだったのね。
2013年03月06日(水)01時15分 受信
フライト/FLIGHT from いい加減社長の映画日記
予告編が、なかなか面白そうだったので・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】パイロットのウィトカーは、睡眠不足と飲酒の状態が抜けないままアトランタ行きの旅客機に乗り込む。激しい乱気流での離陸になった...
2013年03月06日(水)05時17分 受信
フライト/デンゼル・ワシントン from カノンな日々
ロバート・ゼメキス監督が名優デンゼル・ワシントンを主演に奇跡的な緊急着陸を成功させた旅客機機長に浮上した疑惑とその驚愕の真実を描いたヒューマン・サスペンス・ドラマです ...
2013年03月06日(水)10時34分 受信
【フライト】神に与えられたチャンス from 映画@見取り八段
フライト~ FLIGHT ~    監督: ロバート・ゼメキス    出演: デンゼル・ワシントン、ブルース・グリーンウッド、ドン・チードル、メリッサ・レオ、ジョン・グッドマン、ケリー・ライリー、ブライアン・ジェラー...
2013年03月06日(水)23時36分 受信
フライト from こんな映画見ました〜
『フライト』---FLIGHT---2012年(アメリカ)監督:ロバート・ゼメキス出演: デンゼル・ワシントン 、ドン・チードル 、ケリー・ライリー 、ジョン・グッドマン、ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ「トレーニング ...
2013年03月07日(木)16時01分 受信
『フライト』変えるべきもの、変えられないもの from Healing
フライト  FLIGHT ★★★★ 彼はヒーローでも、犯罪者でもない 自分を保つ手段を誤っただけ 予告編や事前情報から想像していた話と ちょっと違いました。 ネタバレをなるべくしないようにしたいと思いますが タイトルは...
2013年03月07日(木)18時00分 受信
『フライト』 from ラムの大通り
(原題:Flight)----この映画ってデンゼル・ワシントンが主演。確か、パイロットのお話だよね?「そう、あの“ハドソン川の奇跡”を思い起こさせる内容」----ということは、コントロールを失った旅客機を無事、不時着陸...
2013年03月07日(木)22時38分 受信
『フライト』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「フライト」□監督 ロバート・ゼメキス□脚本 ジョン・ゲイティンズ□キャスト デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ケリー・ライリー、      ジョン・グッドマン、ブルース...
2013年03月09日(土)08時21分 受信
タイトルデザイン 30・デンゼル・ワシントン主演、ロバート・ゼメキス監督『フライト』 from 映画雑記・COLOR of CINEMA
「バック・トゥ・ザ・チューチャー」シリーズや『フォレス・ガンプ/一期一会』などのロバート・ゼメキス監督による、12年ぶりの実写映画『フライト』。出演はデンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ジョン・グッ
2013年03月11日(月)01時58分 受信
「フライト」 from 或る日の出来事
アル中機長のお話。
2013年03月17日(日)08時43分 受信
映画「フライト」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2013/3/7、TOHOシネマズ錦糸町。シネ・マイレージ・カードの期限切れ更新も兼ねてTOHOシネマズを選択。今までは館に行かないと更新できなかったシネ・マイレージ・カードだが、ネットでの更新ができるようにな...
2013年03月17日(日)09時43分 受信
『フライト』 真の英雄とは from 美容師は見た…
【この奇跡の物語に、世界中から絶賛の声】ドラマも映画も予習はせずに観たい派なんですけど、今回 も 試写会で配られるパンフレットで、多くの絶賛の言葉を読んでしまい、期待が膨らんじゃいました~(ノ*´▽)ノアハ...
2013年03月17日(日)10時46分 受信
フライト from そーれりぽーと
ロバート・ゼメキス監督十数年ぶりの実写映画『フライト』を観てきました。★★★ご本人が自身の軌跡をどう思っていようと、私が好きなのは80年代のロバート・ゼメキス監督作品たち。どんどん改革あるのみで、作風...
2013年03月17日(日)10時48分 受信
『フライト』('13初鑑賞21・劇場) from みはいる・BのB
☆☆--- (10段階評価で 4)3月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:40の回を鑑賞。
2013年03月17日(日)13時22分 受信
映画『フライト』観てきた( `-ω-) from よくばりアンテナ
飛行機墜落事故で奇跡的に多くの乗客を救うことができたベテラン操縦士。彼の血液からアルコールと薬物が検出された。はたして彼は英雄なのか犯罪者なのか・・・って、予告編とか見てたから、事故...
2013年03月17日(日)16時18分 受信
フライト from 仲間が増えるといいなぁ・・・
飛行機に乗っているかのような臨場感。怖かったアトランタ行きの旅客機に乗り込んだウィップ・ウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は、離陸後、激しい乱気流の中、彼の操縦で危機を脱し、機体が安定を取り戻した。...
2013年03月17日(日)18時17分 受信
■フライト from しんちゃんの徒然なる映画日記
第299回「人生の岐路に立たされたある1人の男の物語」先日、行われたアカデミー賞授賞式。今年は表の主要部門は「リンカーン」が総なめにし、裏の技術系部門は「レ・ミゼラブル」が獲るだろうと予想していたので...
2013年03月17日(日)22時44分 受信
フライト from 538ねん。
この3月1日から日本公開されたのは米国アカデミショー受賞をにらんでの公開だったようですが思惑なんて向こうの勝手で外れるもんでんなでも映画が面白ければお客さんは入る訳で私は相変わらず事前情報いれないから飛...
2013年03月18日(月)00時02分 受信
★フライト(2012)★ from Cinema Collection 2
Flight彼は英雄(ヒーロー)か犯罪者か上映時間138分製作国 アメリカ公開情報 劇場公開(パラマウント)初公開年月 2013/03/01ジャンル ドラマ/ミステリー/サスペンス映倫 PG12 【解説】 「トレーニング デイ」「デンジ...
2013年03月18日(月)16時27分 受信
フライト from 映画と本の『たんぽぽ館』
すばらしい判断力と技術を持ったパイロットが、実は・・・            * * * * * * * * *フロリダ州オーランド発アトランタ行き旅客機。この飛行中に原因不明のトラブルで、機体が急降...
2013年03月18日(月)21時02分 受信
フライト from 映画的・絵画的・音楽的
 『フライト』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。(1)本作は、予告編で、旅客機が上下さかさまになって飛ぶ(背面飛行)シーンが映し出され、いったいどんなわけでそんな曲芸を演じることになるのかという点に興味がひか...
2013年03月18日(月)21時15分 受信
映画「フライト」やはり、こんな人に操縦桿を握らせてなならない from soramove
映画「フライト」★★★☆デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマンドン・チードル、ケリー・ライリーブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ出演ロバート・ゼメキス監督、138分、2013年3月1日より全国公開パラマウ...
2013年03月18日(月)23時19分 受信
フライト from シネマをぶった斬りっ!!
【監督】ロバート・ゼメキス【出演】デンゼル・ワシントン/ドン・チードル/ケリー・ライリー/ジョン・グッドマン/メリッサ・レオ/ブライアン・ジェラティ【公開日】2013年 3月1日【製作】アメ...
2013年03月19日(火)21時16分 受信
フライト from シネマ日記
奇跡の緊急着陸でたくさんの命を救ったパイロットウィップウィトカー機長デンゼルワシントンは英雄か?それとも犯罪者か?このコンセプトが面白そうだと思い見に行きました。まーーーーとにかく冒頭からの飛行シーン...
2013年03月21日(木)16時18分 受信
[映画][☆☆☆★★]「フライト」感想 from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス監督、「デンジャラス・ラン」のデンゼル・ワシントン主演。上空で制御不能となった旅客機を、奇跡的な操縦と判断で胴体着陸を成功させ、一躍ヒーローとな...
2013年03月21日(木)19時09分 受信
フライト from 迷宮映画館
デンゼルの演技はさすがに素晴らしいのだが・・・。
2013年03月23日(土)22時21分 受信
善悪の決断 from 笑う社会人の生活
4日のことですが、映画「フライト」を鑑賞しました。旅客機の緊急着陸を成し遂げたウィトカー機長しかし 血液中からアルコールが検出されて・・・ロバート・ゼメキス監督久々ですね、しかも実写作品流石 作品の完成...
2013年03月26日(火)21時24分 受信
「フライト」、背面着陸で飛行機事故を最小限に食い止めた機長。 from ひろの映画日誌
おススメ度 ☆☆☆飛行機事故を救った英雄の話だが、しょっぱなから全裸女性とのセックスシーン。酒とドラッグ。こんな機長ってあり?飛行機に乗っても、ジュースに酒を混ぜ、途中は副操縦士任せで居眠り。ただ、当...
2013年03月28日(木)20時01分 受信
フライト from 零細投資家映画記録
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター2 鑑賞日時:3月1日 評価:B+ 原題:Flight 製作:2012年 アメリカ 監督:ロバート・ゼメキス 出演: デンゼル・ワシントン ドン・チードル ケリー・ライリー ジョン・グッドマン ...
2013年03月28日(木)20時46分 受信
「フライト」 from ゆっくり歩こ。
デンゼル・ワシントンがアルコール依存症のパイロットを演じてます飛行機のシーンはま〜 迫力ありましたリアルですお酒にドラッグ・・・依存してしまう弱さ、本当は抜け出したいのに・・・ってところが描かれていた...
2013年03月28日(木)23時09分 受信
フライト from ケントのたそがれ劇場
★★★ 製作:2012年米国 上映時間:138分 監督:ロバート・ゼメキス  旅客機の緊急着陸を成し遂げた機長ウィップ役を、デンゼル・ワシントンが演じる。と聞くとなんとなく『サブウェイ123 激突』のようなパニック映...
2013年03月29日(金)14時37分 受信
「フライト」 コントロールする from はらやんの映画徒然草
100人以上の乗員乗客を乗せた航空機が突如、制御不能になり、墜落の危機に。 それ
2013年03月30日(土)08時27分 受信
フライト(2012)◇◆FLIGHT from 銅版画制作の日々
 彼は英雄(ヒーロー)か犯罪者か好き度:+5点=65点東宝シネマズ二条にて鑑賞。 何の情報も入れず観たのが良かったのか、悪かったのか、、、、。色々考えさせられる作品でした。もちツッコミどころも満載です...
2013年03月31日(日)23時15分 受信
フライト from ダイターンクラッシュ!!
2013年3月10日(日) 15:30~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:未確認 信頼できそうな機長なのだが・・・。 『フライト』公式サイト 墜落必定の危機的状況を背面飛...
2013年04月01日(月)23時10分 受信
フライト from B-scale fan's log
公開中 ロバート・ゼメキス監督    出演 デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、    ケリー・ライリー、ジョン・グッドマン 他新評価 3.0仕事が出来る人なのに、生き方が出鱈目で、アル中で飲酒飛行...
2013年04月11日(木)18時58分 受信
フライト from タケヤと愉快な仲間達
監督: ロバート・ゼメキス 出演:デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、 ジョン・グッドマン、ブルース・グリーンウッド 【あらすじ】ベテランのウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は、いつものようにフロリ...
2013年07月28日(日)06時25分 受信
フライト from いやいやえん
安心のデンゼル・ワシントンさん。しかしこれはタイトルに連想されるパイロットの話ではなくて、アルコール中毒がテーマのヒューマンドラマでした。背面飛行という荒業を駆使し墜落から最小限の犠牲で乗客を救った機...
2013年07月31日(水)21時11分 受信
フライト from 銀幕大帝α
FLIGHT2012年アメリカ138分ドラマ/ミステリー/サスペンスPG12劇場公開(2013/03/01)監督:ロバート・ゼメキス製作:ロバート・ゼメキス出演:デンゼル・ワシントン『デンジャラス・ラン』:ウィップ・ウィトカー...
2013年08月14日(水)23時03分 受信
映画『フライト』を観て from kintyre's Diary 新館
13-21.フライト■原題:Flight■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:138分■観賞日:3月1日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,000円□監督・製作:ロバート・ゼメキス◆デンゼル・ワシントン(ウィップ・...
2013年08月26日(月)23時39分 受信
フライト 2012 from 映画大好きだった^^まとめ
114 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/03/02(土) 03:38:11.81 ID:dxLh9cq1面白かったわ 退廃的な感じがアメリカ映画っぽくて個人的には好みやっぱデンゼルワシントンの演技はいいな141 : 名無シネマ ...
2014年02月18日(火)19時41分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー