記事一覧

映画「レッド・ライト」感想

ファイル 901-1.jpg

映画「レッド・ライト」観に行ってきました。
超常現象を科学的に解明すべく奔走する主人公達が、稀代の超能力者として名を馳せるサイモン・シルバーと壮絶な心理戦を繰り広げる、異色のミステリー作品。

物語は、ポルターガイストとおぼしき超常現象に見舞われている家に、マーガレット・マシスンとトム・バックリーという2人の人物が訪れるところから始まります。
2人は、巷で評判の超常現象に懐疑的な立場から調査・検証を行うことを生業とする大学の物理学者で、マシスンが教授・バックリーが助手という関係にありました。
家主?の依頼で訪問した今回の家では、奇妙な物音が響き渡ったり、机が浮き上がるなどの現象が頻発しており、住人は引っ越しを検討すらしていました。
しかし、マシスンはポルターガイストの原因が家主のひとり娘にあり、かつ家の中で頻発していた超常現象も科学的なトリックによるものであることを喝破します。
ひとり娘にこれ以上イタズラをしないよう言いくるめ、2人はその家を後にするのでした。

その後、2人は大学の講義で、冒頭の家で発生した「机が浮き上がる」現象のトリックを解説しています。
サリー・オーウェンという若い女子学生がその講義の内容に興味を抱き、それが縁となってバックリーと恋仲になっていきます。
そして彼女は、バックリーとマシスンと共に、超常現象を調査するチームに入ることとなるのでした。
その頃、巷ではかつて「伝説の超能力者」と言われたサイモン・シルバーなる人物が、30年ぶりに復活を遂げるということで大きな話題となっていました。
バックリーは自分達の生業から言っても当然のごとくサイモン・シルバーを調査すべきと考え、上司たるマシスンに掛け合います。
しかしマシスンは、40年近く前にサイモン・シルバーと公開討論を行った際に彼のトリックを見破ることができずに撤退を余儀なくされた過去があり、「彼は危険だから近づくな」と全く取り合おうとしません。
しかし、サイモン・シルバーの弟子と称するレオナルド・パラディーノの超能力のタネも暴いたバックリーの、サイモン・シルバーの調査を行いたいという欲求は募るばかり。
ついに彼は、単独でサイモン・シルバーの調査を行うべく、サイモン・シルバーが公演を行っている劇場へと向かうのでした。
ところがそれ以降、バックリーの周囲では不可解な異常現象が次々と発生するようになり……。

映画「レッド・ライト」の大部分は、超常現象がどのようなトリックを駆使して展開されているのか、その種明かしを売りとしている感のある作品ですね。
机が浮き上がるトリックの解説とか、頻繁に変わる通信波を使用して観客のことを教える人間の存在とか、アレだけ超常現象の種明かしに終始している映画というのも珍しいのではないかと。
ただ、終盤近くまで続く科学考証至上主義的なストーリー進行自体が、ラストの大どんでん返しの伏線だったりもするのですが。
あの大どんでん返しは、確かに映画の予告編でもあったように「視点を変えてみる」にも合致しますし、ある意味作中の怪奇現象の謎を解くものでもあります。
あえてネタばらしをすると、サイモン・シルバーに関わって以降にトム・バックリーの周囲で発生していた超常現象は、全てトム・バックリー自身の超能力で引き起こしていたものだった、ということになるらしいのですが。
その結末を知った上でよくよく作中の描写を見てみると、トム・バックリーは最初から自分のことを「超能力者だ」と告白しているシーンもあって、「ああ、アレって社交辞令ではなく本当のことを言っていたのか」と納得することしきりではありました。
ただ、一応は「ミステリー」「超常現象への懐疑」を前面に打ち出しているはずの物語で、それを完全に否定する形での超能力を突然持ってくるという展開は正直どうなのでしょうか?
ミステリー作品の基本ルールと言われる「ノックスの十戒」にある「探偵方法に超自然能力を用いてはならない」「探偵自身が犯人であってはならない」にも、真っ向から反した結末となっていますし。
この辺りの構成は、やたらとミステリーな謎を予告編その他で協調しまくっていた映画「シャッターアイランド」と似たり寄ったりな雰囲気があって、どうにも微妙なイメージが否めなかったですね。

それと、アレのせいでサイモン・シルバー絡みの謎のひとつが、結果的に作中で明確に解明されることなく曖昧な形で残ったままになっていますね。
「サイモン・シルバーを非難する者は突然死をする」という謎は、結局作中ではどういう形での決着となったのでしょうか?
特に、1975年にサイモン・シルバーが引退するきっかけとなった、サイモン・シルバーに懐疑的な記者がショーの最中に死亡したという事件は、結局真相が如何なるものだったのかは何も分からずじまいです。
一応作中では、サイモン・シルバーの部下の男が、トイレで一緒に居合わせたトム・バックリーに襲い掛かり、半殺しにするという行為をやらかしているので、サイモン・シルバー
の一派が手を下していたという解釈は成り立たなくもないのですが、それにしても所詮は「疑惑」止まりでしかないのですし。
まさか、30年前の1975年の事件についてもトム・バックリーが関与していた、などというオチはいくら何でもないでしょう。
トム・バックリーは学生と恋仲になれる程度には「若い」という設定のようなのですし、マーガレット・マシスンと違ってサイモン・シルバーとは過去にこれといった面識もなかったようでしたからねぇ。
あそこまで科学にこだわるのであれば、せめてあの事件の真相についても「サイモン・シルバー関係者辺りの過去の回想」的な形で明確な答えを出して欲しかったところではあります。

基本的に超常現象に対する科学的なアプローチが延々と続く作品なので、全体的に派手な描写や手に汗握る展開といったものがなく、その点では万人向けの作品であるとは言い難いですね。
また、ミステリーの観点から言っても、ラストの展開は見る人によってかなり賛否が分かれそうな内容ですし。
超常現象懐疑論が好きな方にはオススメな作品と言えるかもしれませんが。
アメリカでも興行収益は製作費を下回ったほどに低調だったようですし、日本でも大ヒットは難しいかもしれませんね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/901
劇場鑑賞「レッド・ライト」 from 日々“是”精進! ver.F
信じるか、信じないかは、あなた次第…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302160003/【送料無料】【輸入盤】 Red Lights [ Soundtrack ]価格:2,694円(...
2013年02月18日(月)06時37分 受信
「レッド・ライト」みた。 from たいむのひとりごと
カリスマ的超能力者:サイモン・シルバーは“本物”か?30年間の沈黙を破り、突如姿を現した伝説の超能力者と、超常現象と呼ばれているものの”真実(嘘)”を暴き続けている科学者たちの対決が描かれた作品。この
2013年02月18日(月)08時17分 受信
レッド・ライト from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。スペイン=アメリカ。原題:RED LIGHTS。ロドリゴ・コルテス監督、キリアン・マーフィー、ロバート・デ・ニーロ、シガーニー・ウィーバー、エリザベス・オルセン、トビー ...
2013年02月18日(月)08時51分 受信
レッド・ライト from 新・映画鑑賞★日記・・・
【RED LIGHTS】 2013/02/15公開 アメリカ/スペイン 113分監督:ロドリゴ・コルテス出演:ロバート・デ・ニーロ、キリアン・マーフィ、シガーニー・ウィーヴァー、トビー・ジョーンズ、エリザベス・オルセンこの男を疑い続け...
2013年02月18日(月)09時58分 受信
レッド・ライト from 象のロケット
大学で物理学を教えるマーガレット・マシスン博士と若き助手のトム・バックリー博士は、あらゆる超常現象の科学的解明に取り組んでおり、インチキ霊能力者のカラクリなども簡単に見破っていた。 ところが、30年以上...
2013年02月18日(月)15時36分 受信
レッド・ライト from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
大学の物理学者が本格的に究明に乗り出したらどうなるかという物語を、大変にムードたっぷりに演出した映画だった。種明かしをしていく過程もおもしろいのだけど、30年ぶりに復活した超能力者と若い物理学者の対決が...
2013年02月18日(月)16時25分 受信
疑い続けて観ていたのに・・・!『レッド・ライト』 from 水曜日のシネマ日記
伝説の超能力者と彼を追う科学者たちの物語です。
2013年02月18日(月)19時10分 受信
レッド・ライト from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★☆【3,5点】(10)科学者シガーニー・ウィーバーは本当に嵌まり役。
2013年02月18日(月)21時04分 受信
レッド・ライト from だらだら無気力ブログ!
まさかとは思ったが、そのオチだったか。
2013年02月19日(火)00時00分 受信
レッド・ライト ★★★ from パピとママ映画のblog
30年間の沈黙を破り突如姿を現した伝説の超能力者と、超常現象を暴こうとする科学者たちの息詰まる攻防戦を描く「〔リミット〕」のロドリゴ・コルテス監督作。出演は「レイジング・ブル」、「キラー・エリート」のロ...
2013年02月19日(火)20時26分 受信
レッド・ライト from とりあえず、コメントです
『[リミット]』のロドリゴ・コルテス監督が創り上げた謎が謎を呼ぶミステリーです。 ロバート・デ・ニーロがとても怪しげに見える予告編を観た時から、どんな物語だろうと気になっていました。 予想以上に怪しげで緊...
2013年02月20日(水)00時25分 受信
超能力 vs. 科学 ~『レッド・ライト』 from 真紅のthinkingdays
 RED LIGHTS 大学で講義を持つ、物理学者のマーガレット(シガーニー・ウィーヴァー)と助手のトム(キリアン・マーフィ)は、「超能力ハンター」 として似非超常現象を暴き続けてい...
2013年02月22日(金)20時35分 受信
レッド・ライト from こんな映画見ました〜
『レッド・ライト』---RED LIGHTS---2012年(アメリカ/スペイン)監督:ロドリゴ・コルテス 出演:ロバート・デ・ニーロ 、キリアン・マーフィ 、シガーニー・ウィーヴァー マ、トビー・ジョーンズ伝説の超能力者とそのイカ...
2013年02月23日(土)21時47分 受信
[映画『レッド・ライト』を観た(寸評)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆先ず、シガニー・ウィーバーが演じる、結果として「サイキック・ハンター」となってしまっている大学物理学教授マシスンと、その助手トム(キリアン・マーフィ)がいて、ペテン師超能力者を見破っていく。 幾つかの...
2013年02月23日(土)23時56分 受信
レッド・ライト from 迷宮映画館
なんでしょね・・、気持ちは分からなくもないのですがねぇ・・・
2013年02月25日(月)13時16分 受信
レッド・ライト : このオチは、好みが分かれるかな from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 「竹島の日」に反発して、韓国の600万人の自営業者が日本製品不買運動をするそうです。よくわからん国ですなぁ。見た目は韓国製でも、部品に日本製が使われている商品等はど
2013年02月25日(月)18時27分 受信
レッド・ライト/ロバート・デ・ニーロ from カノンな日々
伝説の超能力者と超常現象を暴こうとする科学者たちのスリリングな攻防を描くサスペンス・ドラマです。その超能力が本物なのかそれともトリックなのか?そんな着想自体が面白そう ...
2013年02月27日(水)22時35分 受信
レッド・ライト/RED LIGHTS from いい加減社長の映画日記
ミステリーっぽい雰囲気に惹かれて・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】大学で物理学を教えるマーガレットとその助手のトムは超常現象の科学的解明に挑んでいるが、必ずトリックがどこかにあり、いまだ本当の...
2013年03月01日(金)19時41分 受信
超能力の正体は? from 笑う社会人の生活
17日のことですが、映画「レッド・ライト」を鑑賞しました。科学者のマーガレットとトムは超常現象の科学的解明をしている研究をしていたそんなある日、30年前に引退したはずの超能力者サイモンが復帰するのだが・・...
2013年03月08日(金)20時01分 受信
『レッド・ライト』 from ラムの大通り
(原題:Red Lights)----『レッド・ライト』って、『マーサ、あるいはマーシー・メイ』 のお話のとき、エリザベス・オルセンが出演しているって言っていた映画だよね。「そうだね。ただ、メインビジュアルはロバート・デ...
2013年03月18日(月)19時31分 受信
レッド・ライト from 538ねん。
一応ロードショーは今日が最終日のようだったので日比谷のみゆき座で鑑賞してきました相変わらず情報入れないから、インチキ超能力者とそれを科学的見地から暴こうとする物理学者の対立のお話しだと思ってなかった手...
2013年03月18日(月)23時09分 受信
映画『レッド・ライト』を観て from kintyre's Diary 新館
13-15.レッド・ライト■原題:Red Lights■製作年、国:2012年、スペイン・アメリカ■上映時間:113分■観賞日:2月17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円□監督・脚本・製作・編集:ロドリゴ・コ...
2013年06月15日(土)09時21分 受信
【映画】レッド・ライト from ★紅茶屋ロンド★
<レッド・ライト を観ました>超常現象に、科学で挑む!原題:Red Lights製作:2011年アメリカ・スペイン合作人気ブログランキングへ[リミット]のロドリゴ・コルテス監督が大物俳優を揃え、超能力や超常現象を科学...
2013年06月19日(水)08時16分 受信
レッド・ライト from いやいやえん
ロバート・デ・ニーロ、キリアン・マーフィー、シガーニー・ウィーバー、エリザベス・オルセンさんらが共演。超常現象の科学的解明をしている主人公たち…そんなとき30年以上も姿を消していた超能力者サイモン・シ...
2013年06月28日(金)09時01分 受信
レッド・ライト from 銀幕大帝α
RED LIGHTS2012年アメリカ/スペイン113分サスペンス劇場公開(2013/02/15)監督:ロドリゴ・コルテス『[リミット]』製作:ロドリゴ・コルテス脚本:ロドリゴ・コルテス編集:ロドリゴ・コルテス出演:ロバート・...
2013年07月21日(日)21時31分 受信

コメント一覧

投稿者:ももこ 2013年02月21日(木)13時48分 編集・削除

管理人とほとんど同じ感想です。特に、シルバーに懐疑的な記者が死亡した事件は、結局真相が何も分からずじまいで、消化不良。恋人役もこれといって活躍の場面がないし、キレイでもない。マシスンのスプーンを曲げたのは誰?という疑問も残るし、トムは窓になぜ鳥を激突させるのか?極めつけは、あれだけトイレでやられれば、死ぬけど。超能力者は死なない??

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2013年02月22日(金)00時40分 編集・削除

>ももこさん
やはり、「サイモン・シルバーを非難する者は突然死をする」は作中でも上位に入る謎のひとつであるだけに、明確な解答が欲しかったところではありますね。
ラストの真相で作中全ての謎を解消するのが、ミステリーの醍醐味でもあるのですし。
その点でも今作は、ミステリーとしては失格な出来と言わざるをえないかなぁ、と。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー