記事一覧

映画「脳男」感想

ファイル 896-1.jpg

映画「脳男」観に行ってきました。
首藤瓜於の同名小説を原作とする、生田斗真主演のバイオレンス・ミステリー作品。
バイオレンスの名が示す通り、今作は人から切り取られた舌の描写や、爆弾で阿鼻叫喚の地獄絵図のごとく人が次々と死んでいくなどといった描写があったりするため、PG-12指定されています。

今作の主人公は、とある病院で精神科医を務めている鷲谷真梨子(わしやまりこ)。
今作における彼女は、「脳男」の精神鑑定と正体を突き詰める役を担っています。
ある日、仕事から帰ろうとしていた鷲谷真梨子は、バスに乗り込もうとするもギリギリのところで間に合わず、バスに乗っていた小学生達にからかわれながらバスを見送る羽目となります。
元来自分が乗るはずだったバスを見送っていたところ、彼女は次にバスが停車したバス停で、口に血の跡がついている女性が乗り込む姿を目撃します。
その女性を乗せ、バスが出発した次の瞬間、突如バスは轟音を立てて爆発炎上!
しばらくは周囲の人間共々茫然としていた鷲谷真梨子でしたが、バスからよろよろと歩き出てきた子供を見るや、ハッと我に返り子供の元に駆け付け、「早く救急車を!」と叫び始めます。
周囲は騒然となり、ただちに警察による現場検証が開始されました。
しかし、事件の物珍しさもあってか、周囲の野次馬達は携帯を片手に現場の写真を撮ろうとするありさま。
現場検証に当たっていた刑事のひとり・茶屋(ちゃや)は、そんな野次馬に腹を立て、野次馬のひとりが現場に向けていた携帯を取り上げ、その場で叩き壊してしまいます。
当然、周囲は彼に非難の目を向けるのですが、彼は平然としていました。
茶屋は、今回の事件を起こした犯人を憎悪し、何が何でも自分で検挙すべく、執念を燃やしていたのでした。

今回の爆破事件は単独で発生したものではなく、個人をターゲットとし、そのターゲットの舌を切り取った上で爆殺するという同じ手口が既に何度も実行されていた、連続性・関連性の極めて強いテロ事件でもありました。
事件で使用されている爆弾はありふれた市販の製品を元に構成されており、物流ルートの追跡が事実上不可能であることから、警察の捜査は難航していました。
しかし、爆発物のスペシャリストである黒田雄高の調査結果により、爆弾製造の際に特殊な素材が使用されていることが判明し、これが容疑者を割り出す大きな手掛かりとなります。
その特殊な素材の購入者リストを入手した茶屋は、ひとりずつ購入者を洗い出していき、ついに有力な容疑者とそのアジトの割り出しに成功するのでした。
部下の広野と共にアジトへと向かう茶屋。
アジトでは侵入者を想定していたのか、入口に爆弾が設置されており、ドアを開けると同時に爆発に巻き込まれた広野は、2階から地面に叩きつけられてしまいます。
重傷ながらも意識はある広野の無事を確認した茶屋は、アジトの中でひとりたたずむ男に対し銃を向け、爆破事件の共犯者としてその身柄を確保することになります。
連続爆破事件があまりにも犠牲が大きく異常性のあるものであったことから、その男は精神科医による精神鑑定を受けることになりました。
その精神鑑定を受けることとなったのは鷲谷真梨子。
彼女は、鈴木一郎という露骨な偽名を名乗るその男の鑑定結果に興味を持ち、彼の素性を調べ上げていくことになるのですが……。

映画「脳男」は、「脳男」に出会いその正体や誕生に至るまでの経緯を把握するためのパートと、「脳男」と警察と爆破テロ犯との3つ巴の戦いが繰り広げられるパートの2つに分かれるストーリー構成となっています。
前半は、主人公である鷲谷真梨子、および「脳男」こと鈴木一郎(本名:入陶大威(いりすたけきみ))の過去や生い立ちなどがメインで語られており、どちらかと言えばやや退屈な展開が続きます。
一応、ミステリー的な謎解き要素を入れることで、話にそれなりの起伏や演出を盛り込んではいますが。
そして後半、特に病院が爆弾魔に襲撃されてからは、とにかく緊迫感に満ちたストーリーが展開されることになります。
派手な爆破シーンやアクションシーンがてんこ盛りな上、誰が最終的に勝つのか全く予測不可能な話の進め方でしたし。
世界観の解説に終始する前半とアクションメインの後半という今作の構成は、映画「インセプション」と比較的良く似た構成であると言えるでしょうか。
映画の製作者達も、宣伝などで「衝撃のラスト30分」と豪語していましたが、確かにそれにふさわしい出来ではありましたね。

個人的に「ちょっとそれは違うだろ」と考えずにいられなかったのは、鷲谷真梨子が数年?かけて更生させ社会復帰させた自分の弟を殺した犯人を「脳男」が殺した際の、鷲谷真梨子の激情ですね。
あの犯人は、上辺だけの更生した態度を見せつけることで鷲谷真梨子を騙していたのであり、「脳男」があの犯人を殺害していなかったら、かつて弟が殺された時の惨劇を、しかも彼女自身の手で再現することにもなりかねなかったのです。
にもかかわらず、鷲谷真梨子が殺された犯人ではなく「脳男」に対して「私が長年かけて築いてきたものを壊した」などと怒りをぶつける光景は、「脳男」にしてみれば八つ当たりもいいところだったでしょう。
あの犯人が再び犯行を繰り返すことを見抜けなかったのは明らかに鷲谷真梨子の大失点だったのですし、それは精神科医としての自身の責任を問われ、下手すれば自分の地位も立場も失いかねないほどのものですらあったはずです。
もし「脳男」があの犯人を殺さなかったら、鷲谷真梨子はまさにそういう立場に追いやられていたかもしれないのですし。
自分の無能と見る目の無さを、綺麗事を並べて誤魔化していた以外の何物でもなかったのではないですかね、あの時の鷲谷真梨子の態度は。
その前にも鷲谷真梨子は、爆弾魔を殺そうとしていた「脳男」を制止して動きをとめ、ここぞとばかりに爆弾を起爆させようとした爆弾魔の行動によって、結果的に自分達を危険に晒すことにもなっていたのですし。
何というか、作中後半における鷲谷真梨子は、「無能な働き者」の代名詞な言動に終始していたと言っても過言ではないのではなかったかと。

ミステリーとして見てもアクションシーン等の演出面でも、映画館で見てまず損はない良作ですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/896
脳男 from あーうぃ だにぇっと
脳男@東宝試写室
2013年02月13日(水)21時25分 受信
映画『脳男』★犯罪者への対峙を絡ませた刺激的なエンタメ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
        映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343365/rid157/p1/s0/c1/   http://cinema.pia.co.jp/title/160378/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。  ...
2013年02月13日(水)21時27分 受信
脳男/生田斗真、松雪泰子 from カノンな日々
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於さんの小説を原作に『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行監督が生田斗真さんを主演に映画化したアクション・ミステリー作品です。このタイト ...
2013年02月13日(水)21時39分 受信
脳男〜vs.爆弾娘 from 佐藤秀の徒然幻視録
謎のゴジラ顔と炎のスケルトン公式サイト。首藤瓜於原作、瀧本智行監督。生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤 ...
2013年02月13日(水)21時43分 受信
脳男 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ポスタ- A4 脳男 光沢プリント感情がない美しき殺人マシーンを描くバイオレンス・ミステリー「脳男」。正義の実態は常にあいまいなものなのだ。都内近郊で無差別連続爆破事件が発生 ...
2013年02月13日(水)22時10分 受信
[映画『脳男』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆全く予備知識なく、時間が合うのでふいに見た。 タイトルが、狙っているようでいて「ダサい」と思った。 私だったら、「データーベース」「異常蓄積記憶のみ」とか名付けるのになぁ、と思った。 ただ、この脳男...
2013年02月13日(水)22時40分 受信
『脳男』 2013年2月9日 TOHOシネマズ市川 from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『脳男』 を鑑賞しました。主役は松雪泰子です【ストーリー】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ...
2013年02月13日(水)22時49分 受信
脳男 from Memoirs_of_dai
脳男に対して描写が弱い癌女【Story】 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と...
2013年02月13日(水)23時19分 受信
脳男 from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
この映画はSFサスペンスアクションで、内容もハードで本格的だ。バスやビルの爆破に、本格的な格闘技もいい。日本映画でこれだけのシリアスなアクションを作ったのは見事なのだ。生田斗真と二階堂ふみのやばい演技を...
2013年02月13日(水)23時29分 受信
「脳男」間違った正義の教育をした先にみた凶悪犯に対する更生という間違いとそれを正義と裁く感情無き執行者 from オールマイティにコメンテート
「脳男」は感情を持たないが知能指数の高い男が自らの正義と判別し、悪と判断した相手を殺すストーリーである。個人で善悪を判断するのは確かにあるけれど、それを自らの正義の基 ...
2013年02月13日(水)23時42分 受信
脳男 from 新・映画鑑賞★日記・・・
2013/02/09公開 日本 PG12 125分監督:瀧本智行出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲悪に裁きを下す、美しき殺人者[Story]残忍...
2013年02月14日(木)00時07分 受信
脳男 from だらだら無気力ブログ!
松雪泰子にあのセリフを言われてぇ〜!
2013年02月14日(木)01時22分 受信
劇場鑑賞「脳男」 from 日々“是”精進! ver.F
狂気か、正義か…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302090003/脳男 (KCデラックス)外薗 昌也 首藤 瓜於 講談社 2013-01-30売り上げランキング : Amazon...
2013年02月14日(木)06時08分 受信
脳男 from Akira's VOICE
『人間失格』のハードボイルド版。 
2013年02月14日(木)10時06分 受信
脳男 from うろうろ日記
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】連続爆発犯VS脳男の生田君VS警察VS医
2013年02月14日(木)12時59分 受信
「脳男」 from 大吉!
<木曜日>(2月13日・ユナイテッドシネマ・女性サービスデー・邦画R12・13時30分~)天才的な知能と恐るべき身体能力を持つ美しき殺戮者「脳男」。彼には感情だけが、無かった。イケメンの...
2013年02月14日(木)23時45分 受信
脳男 from とりあえず、コメントです
首藤瓜於著の同名小説を生田斗真主演で映画化したバイオレンス・ミステリーです。 原作も話題作だったので、どんな話なのだろうと楽しみにしていました。 全体的に闇に覆われるようなダークな展開と、無表情の生田斗...
2013年02月15日(金)00時00分 受信
『脳男』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cya...
2013年02月15日(金)07時53分 受信
脳男 from 象のロケット
都内近郊で無差別連続爆破事件が頻発していた。 刑事・茶屋は犯人のアジトを突き止め踏み込むが、犯人はアジトを爆破し逃走。 現場で犯人と格闘していたらしい男が共犯者と見なされ逮捕される。 鈴木一郎と名乗る...
2013年02月15日(金)13時24分 受信
【脳男】生田斗真の無表情な美しさを見る映画 from 映画@見取り八段
脳男   監督: 瀧本智行    出演: 生田斗真、松雪泰子、二階堂ふみ、太田莉菜、江口洋介、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲 公開: 2013年2月9日 2013年2月13日。劇場観賞。 ...
2013年02月15日(金)22時14分 受信
脳男 from Break Time
今朝は、一段と冷え込みました・・・
2013年02月16日(土)21時42分 受信
脳男 from タケヤと愉快な仲間達
【あらすじ】残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したもの...
2013年02月17日(日)19時53分 受信
脳男 from 単館系
脳男 MOVIXさいたま 2/9公開残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた...
2013年02月17日(日)22時34分 受信
脳男 ★★★★.5 from パピとママ映画のblog
首藤瓜於の江戸川乱歩賞受賞作を「イキガミ」の瀧本智行監督が映画化。主演の生田斗真が今までのナーブな美青年というイメージから一転、人間的な感情をもたない殺人者役を演じ、ダークな新境地を見せる。撮影はロバ...
2013年02月18日(月)19時46分 受信
脳男 from いい加減社長の映画日記
予告編が、面白そうだったので・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑...
2013年02月18日(月)22時30分 受信
映画を観た〜脳男〜 from 垂直落下式どうでもいい話
劇場9本目、本文はこちら→
2013年02月18日(月)22時43分 受信
脳男 : 生身のターミネーターに感情が宿る時 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 あくまでも私見ですが、今年は春先までの邦画は”熱い”ですよ。本作もそうですし、「プラチナデータ」「図書館戦争」「藁の楯 わらのたて」、どれも楽しみな作品です。という
2013年02月19日(火)14時40分 受信
脳男 生田斗真が惚れ惚れするほどかっこいい from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=14 今年の試写会2】  精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが...
2013年02月20日(水)10時54分 受信
脳男 from 花ごよみ
生田斗真が主演。感情というものを持ち合わせていない、謎の人物“脳男“を演じます。原作は首藤瓜於の同名小説。並はずれた知能と、驚くべき身体能力。体の痛みを感じず、人間としての感情は一切ないものの正義のた...
2013年02月24日(日)18時42分 受信
脳男  監督/瀧本智行 from 西京極 紫の館
【出演】 生田 斗真 松雪 泰子 江口 洋介 二階堂 ふみ【ストーリー】精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事...
2013年02月27日(水)19時19分 受信
No.339 脳男 from 気ままな映画生活
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の同名小説を映画化。並はずれた身体能力を誇りながら、生まれつき感情を持たない殺人鬼「脳男」の姿を描くアクションサスペンス。都内近郊 ...
2013年03月03日(日)15時49分 受信
脳男 from 映画的・絵画的・音楽的
 『脳男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。(1)生田斗真が出演する映画は、これまでも『源氏物語』などを見てきましたが、所属するのがアイドル事務所のせいでしょうか、いろいろの制約を受けている感じが強く、いずれ...
2013年03月16日(土)10時57分 受信
脳男 from 銀幕大帝α
2013年日本125分アクション/ミステリー/SFPG12劇場公開(2013/02/09)監督:瀧本智行原作:首藤瓜於『脳男』主題歌:キング・クリムゾン『21世紀のスキッツォイド・マン』出演:生田斗真『僕等がいた 前篇』...
2013年08月30日(金)13時00分 受信
脳男 from いやいやえん
「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネーターというか...
2013年09月13日(金)09時40分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー