記事一覧

2012年映画観賞総括 洋画作品編

2012年の新作映画観賞97本中55本を占める洋画作品。
今回はその中から、各種部門別に個人的な私的評価に基づいて選別した作品をピックアップしていきたいと思います。

■ 洋画年間ベスト作品&アクション映画部門

まずは洋画年間ベストも兼ねるアクション映画部門の作品から。
並居る強豪がひしめく2012年の洋画作品の中で、見事ナンバー1の座を獲得したのはこの作品です↓

エクスペンダブルズ2
ファイル 783-1.jpg

この作品一番の魅力は、やはり何と言ってもシルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリスという、ハリウッドアクション映画を代表する3巨頭が一斉に横に並び銃を乱射して敵をなぎ倒していくというシーンですね。
昔からハリウッドアクション映画に慣れ親しんできた人間としては、観客受けを狙ったあざとい演出であることが分かりきっていてもなお感動的なシーンと言って良く、これだけでも必見の作品と評価できます。
ハリウッド映画のファンであれば誰もが名前と顔は知っている大物俳優を集めた一種の「お祭り映画」と言える作品ではありますが、それだけに誰もが安心して観賞できる一品です。
今作は3部作の2作目ということで、次回作でいよいよ完結するとのこと。
是非次回作でも、今作に勝る出来を期待したいものです。
ただまあこの作品、来年発表予定のラジー賞候補にノミネートされるのはほぼ確実の映画ではあるでしょうね。
何しろ「アメリカ版『と学会』」と揶揄されるあの賞は、シルヴェスター・スタローンを敵視でもしているかのごとく、彼の出演作品には問答無用で駄作認定を叩きつけるのが常なのですし(苦笑)。

一方、アメリカでは評価が高く、日本でも派手に喧伝されていた「アベンジャーズ」「ハンガー・ゲーム」は、それなりに評価されるべき作品ではあったにせよ、その宣伝ほどにはどうにも感動的な要素が少なかった感が個人的には否めなかったですね。
「アベンジャーズ」は3部作の1作目ということもあったのでしょうが、味方の登場人物達が終盤近くまで延々と内輪揉めばかりに終始していた感がありましたし、敵側の描写が非個性的な上に「強大な脅威」なようにもあまり見えなかった点が若干マイナス点となりました。
一方の「ハンガー・ゲーム」は、サバイバルゲームの挑戦者達同士の心理戦や駆け引きが少なく、またゲームの主催者によるゲームへの介入やルール改竄があまりにも鼻につきすぎ、何かと引き合いに出されていた「バトル・ロワイアル」と比較しても設定が稚拙と言わざるをえませんでした。
今後も続編が出ることが既に決定しているシリーズ作品の1作目としてはそれなりの出来ではあるのでしょうが、作品単体としての評価ではややマイナスな部分が少なくない、といったところです。

その他の作品としては、ジェイソン・ステイサム主演の「SAFE/セイフ」が、マイナーながらも意外に高い評価となっています。

■ SFX&VFX映画部門

厳密に言うと、前述の「アベンジャーズ」や「ハンガー・ゲーム」もVFX映画のカテゴリーに含まれるのではないかと思われるのですが(^^;;)、まあここでの定義では「個人戦的なアクション演技が含まれない&メインではないVFX映画」ということで。
迫力ある映像が売りのSFX&VFXが売りの作品の中で見事栄冠を勝ち取った作品はこちら↓

バトルシップ
ファイル 600-1.jpg

ストーリー展開そのものはハリウッド映画スタンダード的なものではありましたが、そのお約束な展開も含めた安定的な展開と、近代的な戦いが封じられた中での頭脳戦や緊迫感溢れるシーンの連続などが高評価となりました。
この作品、エンドロール後に映し出された特典映像で続編があることを匂わせていましたが、果たして今後続編って出てくるのでしょうかね?

■ サスペンス映画部門

ここでは「頭脳戦メインで緊迫感ある展開が続く映画」という定義です。
この部門でのベスト作品はこちら↓

崖っぷちの男
ファイル 683-1.jpg

地味な映画の宣伝や前評に反して、意外な掘り出し物な出来だった今作。
序盤は主人公の行動の意図や動機がまるで分からず、その謎を追っていくというストーリー構成と、ラストで披露される全く意外な真相がツボを突いた作品でした。
サスペンス映画部門では、この作品と「アルゴ」のどちらを選ぶかで迷いましたが、最終的には「アクション映画的な展開がある」という点で「崖っぷちの男」が若干加点されてこちらに決定した、といった感じですね。
まあ、アクション展開が全くないのにアレだけの緊迫感が演出されていた「アルゴ」も、それはそれで高い評価を得て然るべき出来ではあったのですが。

■ コメディ映画部門

まあこれについては、今年はブッチぎりでこれに決定ですね↓

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
ファイル 513-1.jpg

やはり、世界的に有名な一流コメディアンとしてその名を轟かせている「Mr.ビーン」ことローワン・アトキンソンのお笑い劇は伊達ではない、ということで。
あの上下に動く椅子のシーンをはじめ、観賞の最中に何度も吹き出してしまうこともしばしばでしたし、笑いのツボを凄くよく心得ていましたね。
アクション・コメディの「&シリーズ」の一翼を担う「Black & White/ブラック&ホワイト」や、久々に続編が出た「MIB3/メン・イン・ブラック3」も、お笑い要素では遠く及ばないですね。
まあ、相手は本職なのですし、露骨なギャグコメディをひたすら前面に出したアレとは比較できるものではないでしょうけど。

■ 人間ドラマ映画部門

「エクスペンダブルズ2」が公開されるまでは洋画総合1位だったのがこの作品↓

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ファイル 538-1.jpg

映画を見始めた序盤はそれほどでもなかったのですが、ラスト30分の大どんでん返しで評価が大きく変わった作品ですね。
あれほどまでの展開と感動は、そうそう味わえるものではなかったですし。
それ以外では、安心して観賞できる構成の「幸せの教室」や、修羅場の連続を描写しているはずなのに「ハワイ」な雰囲気がそう感じさせない「ファミリー・ツリー」などが個人的にヒットでした。

■ 洋画年間ワースト作品

大量に映画を観賞すれば、当然のごとく駄作を当ててしまう可能性も高くなるものですが、今年の洋画で一番の駄作はこれに決まりですね↓

ラム・ダイアリー
ファイル 674-1.jpg

最初から最後まで鬱々な展開が延々と続く上、ヒロインが途中でフェードアウト、さらには「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」とは逆に、ラスト30分における行動が全くの無駄でしかなかった点など、この作品のどこら辺に評価できる要素があるのか、全くもって理解に苦しむ作品でした。
今作より前では、マーガレット・サッチャーを扱っているにもかかわらず、その描写の半分近くが認知症絡みのシーンで構成されているという本末転倒な映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」が洋画1位の駄作な扱いだったのですが、それを余裕でブッチぎるシロモノでしたし。
観客に映画を見せるのであれば、せめてエンタメとしてきちんと成り立つ形で作って欲しいと、つくづく思わずにはいられなかったですね。

次回は邦画作品の部門毎評価を行います。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/857
2012年 劇場鑑賞映画 マイベスト15 from 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
2012年の劇場での商業映画の鑑賞作品数は外国映画22、日本映画13でした。映画を撮る奴にかぎって映画を観ないとか言われると返す言葉もありません。それでも自分の恒例行事なので、自分の映画ベストテン+5を紹介します20...
2012年12月31日(月)03時15分 受信
極私的 2012年 映画鑑賞 ベスト10! from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
今年もやってみようかな〜ということで、映画ベスト10です(since 2008)ただし、あくまでも私の鑑賞ベースなので、映画、DVDごっちゃという状況のため「極私的」とつけております。新作、旧作そして未公開作が入り交...
2012年12月31日(月)05時36分 受信
2012年my映画ランキング from Nice One!! @goo
映画祭&未公開部門編ランキングに引き続いて、こちらが一般公開編のランキングです。個人ランキングのTB、集計用はこちらを使って下さい。対象となる本数ですが、2012年劇場公開 220本です。単純に今年劇場(試写会含...
2012年12月31日(月)06時12分 受信
2012総括マイベスト映画レビュー from オールマイティにコメンテート
2012年もいよいよ9日あまりとなってしまいました。 映画はあと2,3作品鑑賞予定があるので 2012年度全ての作品ではありませんが、 今年もいち早く総括に入りた ...
2012年12月31日(月)06時22分 受信
2012MYBESTMOVIETOP10 from 日々“是”精進!
恒例のMYBESTMOVIETOP10の発表~今年鑑賞した作品は計84本(うち、試写会は3本)。去年は81本だったので、今年は3本多く観ることが出来ました1月7日に鑑賞した「フライトナイト/...
2012年12月31日(月)06時24分 受信
2012 MY BEST MOVIE TOP 10 from 日々“是”精進! ver.F
詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212310000/レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ラッセル・クロウ エディ・レッドメイン アマンダ・セイフライド サマンサ・バー...
2012年12月31日(月)06時24分 受信
2012映画、私的ベスト10!! from 馬球1964
2012年に観た全映画作品から選んでみました。
2012年12月31日(月)06時49分 受信
2012年下半期に印象に残った作品 from いやいやえん
【2012年下半期に印象に残った作品】【ホラー】ダーク・フェアリーマカブル 永遠の血族ゾンビ大陸 アフリカン遊星からの物体X【サスペンス・スリラー】IN HER SKIN/イン・ハー・スキン青い塩ミッドナイトFMドライヴ孤島の王...
2012年12月31日(月)07時24分 受信
映画2012 総決算! from たいむのひとりごと
2012年の映画鑑賞も一応終了。鑑賞総数(リピート含まず):89 本。内訳は外画:57本、邦画:17本、アニメ:15本。昨年が89本(外:56 邦:33)であり比率に変化はなし。今年は人気・実績共に安
2012年12月31日(月)09時10分 受信
My Best Movie & Books 2012 from 西京極 紫の館
年内はもう映画を観に行く予定がないので、今年のMy Bestをまとめておこうと思います。まず映画について。今年観た映画は合計65本。去年より2本減ですが、これは年内に観ようと思っていた「レ・ミゼラブル...
2012年12月31日(月)10時05分 受信
2012年の映画ベストテン and more. from Akira's VOICE
ベスト&ワースト,他いろいろ!
2012年12月31日(月)10時27分 受信
2012年映画鑑賞記録 from FREE TIME
2012年も多くの映画作品を鑑賞しました。今回は自分が2012年に鑑賞した映画を振り返ります。
2012年12月31日(月)10時36分 受信
2012年のワースト10です。 from こねたみっくす
出来るだけ駄作と思える作品を見ないようにしてきた2012年。なので当然ワースト10を選び出すのに苦労をする1年ともなりましたが、それでも毎年ワースト候補になる映画を10本以上は ...
2012年12月31日(月)11時08分 受信
2012年のベスト10です。 from こねたみっくす
国内外を問わず、激動の一年となった2012年。世界各国で選挙があったり、大阪駅で第2回関西映画ブロガーオフ会があったり、神戸元町でライスコロッケ専門店「神戸リッコロッケ」 ...
2012年12月31日(月)11時08分 受信
2012年度 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 from だらだら無気力ブログ!
今年は洋画は135本を鑑賞。
2012年12月31日(月)11時54分 受信
2012年シネマ・ベスト10 from シネマ・ワンダーランド
2012年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。今年は映画創成期へのオマージュや、サイレントという手法をあえて使用しての表現、1920年代の文化華やかりし頃への憧憬など、いわば懐古趣味的な作品が...
2012年12月31日(月)13時04分 受信
2012年 総まとめ from 心のままに映画の風景
2012年、みなさま、素敵な映画に出会えましたでしょうか?わたしの劇場観賞は、84作品(邦画7本)、リピート3作品、「午前10時の映画祭」で2本、レンタルやWOWOW&BSで198作品。今年は「アーティスト」や...
2012年12月31日(月)13時45分 受信
2012年外国映画ベスト10 from 佐藤秀の徒然幻視録
昨年に引き続き、また「2012年日本映画ベスト10」に続いて、日本インターネット映画大賞の2012年度外国映画投票に応募を兼ねて今年見た基本的に劇場新作公開141作品から。[作品賞投票 ...
2012年12月31日(月)14時46分 受信
2012年Nakajiの映画ランキング from C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
今年もいよいよ終わりですね〜!!掃除もひと段落したのでランキングにとりかかってみました。っていうか、書いた記事が消えてしまったんで再度書いております(泣)さてさて、Nakajiの2012年に劇場でみた...
2012年12月31日(月)17時00分 受信
2012年ベスト・ワーストな作品、ランキングはちょっと無理じゃないかもスペシャル from 新・映画鑑賞★日記・・・
2012年はもう終り....あっという間の一年でした。今年は地球が滅亡するということで今年はベストやらなくてもいいだろうと思ったのですが、楽しみにしてる〜と言ってくださったおかしな方がいらっしゃったのでやります....
2012年12月31日(月)17時16分 受信
2012年 こんな映画見ました〜 from こんな映画見ました〜
いつも、拙い映画感想を見て下さり、本当にありがとうございます。温かいコメントや、TBも送って下さって、感謝、感謝、です。今まで、年末に一年を振り返った記事は書いていませんでした。私はDVD鑑賞が多く、皆さま...
2012年12月31日(月)18時21分 受信
§2012年マイベスト映画§ 3:欧米映画・リバイバル上映 from 〜青いそよ風が吹く街角〜
3:欧米映画・リバイバル上映の作品賞・部門賞。
2012年12月31日(月)18時51分 受信
2012 unforgettable movies from ノラネコの呑んで観るシネマ
昨年から続くアラブの革命に、ロンドンオリンピック、領土問題からきな臭さを増す東アジア情勢、そして日本を含む世界各国の政治の季節。色々な事が起こった2012年も、もうすぐ歴史になる。日本社会の内向...
2012年12月31日(月)19時07分 受信
2012年度、年間マイベスト10+α from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2012年度のマイベスト10発表です。
2012年12月31日(月)23時10分 受信
2012年外国映画ベスト10 from 新・辛口映画館
年末恒例のベスト10発表です。昨年まで外国映画部門は「辛口洋画ベスト10」と表記してしいましたが、本年よりアジア映画を含めた「外国映画ベスト10」と表記いたします。また、諸事情によりブログにレビューを...
2013年01月01日(火)00時14分 受信
2012年 マイ・シネマ・ランキング! from シネマ親父の“日々是妄言”
 ありゃ!気付いたら新年明けてしまいました!嗚呼、年末恒例の“マイ・シネマ・ランキング”。年越しちゃいました(>_<)。昨年は107本の映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。で...
2013年01月01日(火)00時39分 受信
2012年、映画観賞履歴〜1年の観賞を振り返る from kintyre's Diary 新館
2012年も残すところ今日が最後となりました。そこで、備忘録的に今年観た映画を振り返ります。まずは1〜6月の上半期で52本、7月以降が55本を観賞。ごく平均的な本数(月8〜9本)ですが、年間本数として...
2013年01月01日(火)16時57分 受信
悠雅的映画生活2012劇場公開編 from 悠雅的生活
今年の劇場公開作品から
2013年01月01日(火)21時22分 受信
2012年を振り返って<映画> from はらやんの映画徒然草
さて年末も押し迫ってきましたので、例年通りに今年の鑑賞作品の振り返りを行いたいと
2013年01月02日(水)11時43分 受信
2012年ベスト10&ワースト10&more... from 銀幕大帝α
2012年銀幕大帝αベスト10(1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出)1位:『ヒミズ』(レンタル開始日:2012-07-03)2位:『friends もののけ島のナキ』(レンタル開始日:2012-06-15)3位:...
2013年01月02日(水)15時23分 受信
2012年ベスト&ワーストの短評 from 銀幕大帝α
先ずベストから。1位は全てに衝撃を受けた『ヒミズ』。面白い、楽しいとかじゃなくて、役者全員の迫真の演技に目が離せなかった。主人公の生と死の狭間でもがき苦しむ姿が痛いほど胸に突き刺さってくる。そして希望...
2013年01月02日(水)15時23分 受信
[♪≪ナカデミー賞 2013’≫ ラクダと短髪とチンクシャと・・・] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆ 明けましておめでとう御座います!!  今年もよろしくお願いします!!  本名がナカムラだから、アカデミー賞に掛けて<ナカデミー賞>の発表です。  昨年観た映画は作品数では115本で、再観で120回...
2013年01月03日(木)20時49分 受信
謹賀新年 from 映画的・絵画的・音楽的
 明けましておめでとうございます。 本年も昨年に引き続きまして、どうかよろしくお願いいたします。(1)今年のお正月は、昨年末の衆議院選挙の余韻がまだ残ったままのなんとなくざわついた感じながら、天気の方は、...
2013年01月04日(金)06時39分 受信
2012年振り返り from 勝手に映画評
2012年の振り返りです。2012年の観賞数ですが、1月:5本2月:4本3月:3本4月:4本5月:5本6月:3本7月:5本8月:3本9月:7本10月:3本11月:2本12月:4本合計:48本2012年もたくさん見まし...
2013年01月05日(土)17時49分 受信
映画:2012年のまとめです from よしなしごと
 今年の新作映画鑑賞実績は90本。昨年の111本に比べて減少。う~ん。残念。 今年はアイ・アム・レジェンドではクリピンウイルスが蔓延し、ニューヨークなど多くの地域が荒廃し、街はゾンビだらけになる年です。ゾン...
2013年01月06日(日)21時16分 受信
2012年・映画館で観た映画・好きな順 from 或る日の出来事
昨年(2012年)の劇場観賞映画すべての、個人的に好きな順の順位発表!
2013年01月13日(日)17時17分 受信
2012年度 年間ベスト&ワースト from Subterranean サブタレイニアン
新年を迎えた途端に去年のことを振り返る、毎年恒例の後ろ向きイベント“年間ランキング”でございますよ。三が日に食べた餅が見事に体型に反映してるってのも、毎年恒例でございます。 で、ランキングに入る前にこ...
2013年01月20日(日)14時01分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー