記事一覧

映画「リンカーン/秘密の書(3D版)」感想

ファイル 796-1.jpg

映画「リンカーン/秘密の書」観に行ってきました。
映画「ダーク・シャドウ」のティム・バートンが製作を、2008年公開のアクション映画「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフが監督をそれぞれ手掛けた作品。
「リンカーン/秘密の書」というのは邦題で、原題は「Abraham Lincoln, Vampire Hunter(エイブラハム・リンカーン ヴァンパイアハンター)」。
その名の通り、奴隷解放宣言で有名なアメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンが実はヴァンパイアハンターだった、という設定の下で、リンカーンとヴァンパイアの間で戦いが繰り広げられていくアクション映画です。
今回は料金格安のファーストディ狙いで2012年11月1日の公開初日での観賞となったのですが、3D版しか観賞可能な時間帯がなかったこともあって、結局格安分は3D料金で相殺されてしまった感じですね(T_T)。
そして肝心の3D映像は、相も変わらず「カネが高いだけのボッタクリ」以外の何物でもないシロモノでしかなく、「いいかげん3Dは止めて欲しいものだ」と改めて考えずにはいられませんでした(-_-;;)。
なお今作は、銃弾が目の中にめり込んでいたり、血まみれの殺戮シーンがあったりすることなどから、PG-12指定されています。

物語の冒頭は、1865年のエイブラハム・リンカーンが、ヘンリーという名の人物宛てに日記を書いているところから始まります。
いきなりネタばらしになるのですが、今作の邦題である「リンカーン/秘密の書」というのは、このエイブラハム・リンカーンが記している日記のことを指しています。
公に公開されることなく、特定の人間宛ての「秘密の日記」なので「秘密の書」という邦題の元となったわけです。
決して、世界の命運を決する内容なり秘密なりが記されている書物か何かを意味するわけでもなければ、それを巡っての奪い合いが繰り広げられるわけでもありません。
その点では、邦題よりも原題の方が今作の内容を忠実に表現してはいるのですけどね。
この辺りの詳細な事情はラストシーンで明らかとなるわけですが、ここでは日記を綴っているエイブラハム・リンカーンが9歳の頃の回想シーンへと移っていくことになります。

エイブラハム・リンカーンが9歳だった1818年。
当時彼は、父親であるトーマス・リンカーン、母親のナンシー・リンカーンと共に、ジャック・バーツという実業家の下で暮らしていました。
ある日エイブラハム・リンカーンは、ジャック・バーツの部下にウィル・ジョンソンという黒人が鞭で打たれ、奴隷でもないのに奴隷として連行されようとしている様を目撃します。
虐げられているウィル・ジョンソンをかばい、一緒に鞭打たれる羽目になってしまうエイブラハム・リンカーンでしたが、父親が助けに入り、鞭を打っていた男は湖に放り込まれます。
しかし、そのことがリンカーン一家はジャック・バーツの不興を買うことになり、彼の仕事場を追われることになってしまうのでした。
さらにその夜、ジャック・バーツはリンカーン一家へ密かに侵入し、母親のナンシー・リンカーンに病原菌?を注入して不治の病を患わせてしまい、彼女を死に追いやってしまいます。
たまたまその様子を目撃していたエイブラハム・リンカーンは、ジャック・バーツへの復讐を誓うようになるのですが、それを諌めていた父親の存命時は復讐を実行に移せずにいました。

母親の死から9年後、父親が他界したことで復讐を掣肘する者がいなくなったエイブラハム・リンカーンは、待ってましたとばかりに復讐を実行に移すことを決意。
殺意を高ぶらせるために酒場で酒を一気飲みしていたエイブラハム・リンカーンは、しかし隣にいた男にその意図を喝破され、彼は図星を指されて落としてしまった短銃を拾って足早に酒場を去ります。
そして、いざジャック・バーツを見つけ背後から銃撃しようとするのですが、湖に長時間潜伏していたのが災いして銃が水で使い物にならなくなっており、奇襲に失敗してしまいます。
失敗を悟ったエイブラハム・リンカーンはその場から逃亡し、小屋へ立てこもり体制を立て直そうとします。
嗜虐的に勝ち誇るジャック・バーツは、ナンシー・リンカーンは自分が殺したのだとほのめかしながら小屋の扉を強引に破り、エイブラハム・リンカーンをもその手にかけようとします。
しかし、小屋の扉を破った直後、ジャック・バーツは銃に弾を込め直したエイブラハム・リンカーンによって右の眼球を打ち抜かれその場に倒れることになります。
殺害の証拠隠滅のために銃を湖に捨てるエイブラハム・リンカーンでしたが、その直後、彼は驚くべきものを見ることになります。
何と、右眼球を打ち抜かれたはずのジャック・バーツの死体が、彼の後ろへ移動して襲い掛かってきたのです。
不意打ち同然に襲い掛かられ窮地に陥ったエイブラハム・リンカーンを助けたのは、酒場で彼の隣の席にいた男でした。
男はヘンリー・スタージスと名乗り、ジャック・バーツがヴァンパイアであり、通常の手段では殺すことができないことをエイブラハム・リンカーンに教えます。
エイブラハム・リンカーンはヘンリー・スタージスに対ヴァンパイアの戦い方を教えてくれるよう懇願し、ヴァンパイアを狩る戦いへ身を投じていくことになるのですが……。

映画「リンカーン/秘密の書」に登場するヴァンパイア達には、致命的な弱点らしい弱点というものが全くと言って良いほどに皆無と言って良いチート設定な存在ですね。
作中の描写を見る限り、彼らは昼間も日の光を全く気にすることなく通常通りに行動できるようですし、通常の武器も全く通用しません。
ジャック・バーツの事例のごとく、眼球を短銃で撃ち抜かれてさえも平気で動いていたりするのですし。
のみならず、常人よりもはるかに強い膂力やスピードを誇り、さらには短時間ながら姿を消したり、他人に病気を発症させる等の特殊能力まで持ち合わせているときています。
彼らを殺すには、何らかの形で銀が施された物体を使って相手に致命傷を与えるしかありません。
しかし銀製の武器を使ったところで、別にそれだけで彼らヴァンパイアが弱体化するなどということは全くなく、彼らの強みである膂力やスピードその他特殊能力は健在のまま。
能力に圧倒的な格差があり過ぎ、また人間側に有利な要素が無さ過ぎで、逆に「何故ヴァンパイアは人間の頂点に君臨していないのだ?」とすら考えてしまったほどです。
個体数は人間に比べれば数万と少ないようなのですが、人間の首筋を噛んで血を吸うことで人間をヴァンパイアにする能力は健在なわけですし、あれだけの不死性と特殊能力があれば、ヴァンパイアが人間社会の頂点に君臨することくらい簡単に出来そうな気もするのですけど。
銀というのは確かに彼らにとっては致死性の武器となりえるものではあるのでしょうが、逆に言えばその程度の脅威しかなく、彼らの圧倒的優位を覆すものではないわけですし。
作中におけるエイブラハム・リンカーンやヘンリー・スタージスのようなヴァンパイアハンターもほとんど数がいないようですし、あれでヴァンパイア達が人間社会を支配する野心を今まで抱かなかったことの方が奇異な話に見えてしまいますね。

作中のヴァンパイア達は、その圧倒的な不死性や特殊能力の割には、戦い方がおよそ考えられないほどに稚拙な上、何をしても死なない描写と、いともあっさり人間達にやられていく描写という、あまりにも両極端な描かれ方をしています。
特にその稚拙なあり方と両極端ぶりが前面に出ているのは、史実のアメリカ南北戦争における転換点であり最大の激戦が繰り広げられたゲティスバーグの戦いです。
今作におけるゲティスバーグの戦いでは、数的劣勢にある南軍が事態を打開するためにヴァンパイアのリーダーであるアダムに依頼し、最前線の兵士を不死のヴァンパイアで固めさせています。
ゲティスバーグの序盤戦では、ヴァンパイアがその不死性と特殊能力を如何なく発揮し、北軍の防衛陣をやすやすと突破するんですよね。
特に、突然姿を消して敵の後方に現れて虐殺を繰り広げていたのがかなり効いていました。
ところがラストの戦いでは、いくら北軍に銀の武器が届けられ、ヴァンパイアのリーダーであるアランがエイブラハム・リンカーンに殺されたとはいえ、ヴァンパイアは北軍に対して為すすべもなく簡単に討ち取られ壊滅を余儀なくされているのです。
しかし、確かに銀の武器があればヴァンパイアを殺すことは可能にはなったでしょうが、前述のように膂力やスピードや姿を消す等の特殊能力までは無効化できないのですから、その力を駆使すればまだまだ充分に強力な戦力たりえたのではないかと思えてならなかったのですけどね。
ヴァンパイアは「前線の盾兼突破戦力」などにするよりも、むしろ後方攪乱や遊撃戦などに活用して北軍を翻弄させた方がはるかに使い勝手が良かったのではないのかと。
特に姿を一時的に隠せる能力なんて、奇襲やゲリラ戦にはもってこいの武器となりえるのですし。
アランが銀を輸送してきた(と偽装していた)リンカーン達を襲撃するやり方も、燃やす予定の橋の付近に戦力を集中して待ち伏せるというものではなく、そこに至るまでの道程でヴァンパイアを逐次投入して不確実に襲撃するなどという稚拙極まりないシロモノでしたし。
おかげで各個撃破の好餌となったヴァンパイア達は、それまでの不死性がまるで嘘であるかのように、次々とリンカーン達のヴァンパイア無双の前に一方的に殺されていくありさま。
南軍にとって貴重な戦力であったはずのヴァンパイア達は、全く無意味な戦いで無駄に死んでいった以外の何物でもなく、南軍およびアランは、切り札であるはずのヴァンパイアの活用方法がヘタクソもいいところだったとしか評しようがなかったですね。
彼らがヴァンパイアの能力を正しく理解し、その有効な活用方法をきちんと模索さえしていれば、作中におけるアメリカ南北戦争の勝利は南軍のものだったかもしれないのに、つくづく自ら勝機を放棄するバカなことをしたものですよ、全く。

ラストシーンにおける、劇場へ赴く直前のエイブラハム・リンカーンとヘンリー・スタージスの会話は、史実を知り得る人間の視点から見るとなかなかに切ないものがありましたね。
何しろ、あのラストシーンの後にエイブラハム・リンカーンは、妻と共に赴いた劇場でジョン・ウィルクス・ブースに背後から撃たれ暗殺されてしまうのですから。
作中におけるエイブラハム・リンカーンも、まさかあの直後に自分が死ぬことになるとは夢にも思ってもいなかったのでしょうけどね。
もしあそこでエイブラハム・リンカーンがヘンリー・スタージスの勧めに従ってヴァンパイアになっていたらアメリカの歴史がどうなっていたのか、少々興味をそそられますね。
もっとも、それだと敵方のヴァンパイアリーダー・アランが推進しようとしていた「アメリカをヴァンパイアの国にする」という野望が、全く異なる形でありながら達成されることにもなってしまうのでしょうけど。

史実のエイブラハム・リンカーンの足跡をなぞってはいるものの、基本的にはあくまでもフィクションなアクション映画として評価すべき作品ですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/796
『リンカーン/秘密の書』 2012年10月23日 UDXシアター from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『リンカーン/秘密の書』 を試写会で鑑賞しました。UDXシアターは初めて行きましたが、中々綺麗で良かったです。でも、なぜか、今日の3Dは画面が曇っているような、光っているようなとても観づらかった使い捨てっ...
2012年11月03日(土)00時18分 受信
[映画『リンカーン/秘密の書』を観た(寸評)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆この映画は、あまりにも予告編を見過ぎて、それだけでおなか一杯になっていたのだが、 今日公開作品で一番に見たかった「パラノーマル・アクティビティ4」は、高3の姪っ子と見に行く約束になっていたので、まあ...
2012年11月03日(土)00時19分 受信
リンカーン/秘密の書 from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★☆【3,5点】(10)そもそも、闇の勢力ヴァンパイアの行動が遠回りしてる。
2012年11月03日(土)00時22分 受信
【リンカーン/秘密の書】バンパイアハンター育成物語…だったとは from 映画@見取り八段
リンカーン/秘密の書~ ABRAHAM LINCOLN:VAMPIRE HUNTER ~     監督: ティムール・ベクマンベトフ    出演: ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステ...
2012年11月03日(土)01時15分 受信
リンカーン/秘密の書 from Memoirs_of_dai
インディアン=ヴァンパイア? 【Story】 母親が人々を襲うヴァンパイア集団に殺されたことを知ったエイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、リベンジを果たそうとおのを駆使した戦闘...
2012年11月03日(土)01時18分 受信
劇場鑑賞「リンカーン/秘密の書」 from 日々“是”精進! ver.F
大統領は、ヴァンパイアハンター…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211010003/ポスタ- A4 パターンC リンカーン 秘密の書 光沢プリント写真フォトスタ...
2012年11月03日(土)05時56分 受信
劇場鑑賞「リンカーン/秘密の書」 from 日々“是”精進!
「リンカーン/秘密の書」を鑑賞してきました2D字幕版を。“あのリンカーン大統領はヴァンパイア・ハンターだった”という奇想天外な設定の下、その知られざる活躍を有名な逸話や...
2012年11月03日(土)05時56分 受信
リンカーン 秘密の書 from 象のロケット
開拓農民の家に生まれた青年リンカーンは、富豪の青年ヘンリーから、亡き母の命を奪った男がヴァンパイア(吸血鬼)であることを知らされる。 ヘンリーからヴァンパイアとの戦い方を教わり、昼間は雑貨店で働き、夜...
2012年11月03日(土)08時35分 受信
リンカーン/秘密の書 from 佐藤秀の徒然幻視録
ヴァンパイアはインディアンのこと?公式サイト。原題:Abraham Lincoln:Vampire Hunter。ティム・バートン製作、ティムール・ベクマンベトフ監督、ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クー ...
2012年11月03日(土)08時55分 受信
リンカーン/秘密の書/ベンジャミン・ウォーカー from カノンな日々
鬼才ティム・バートンが製作を担当し『ナイト・ウォッチ』ののティムール・ベクマンベトフが監督を務めたアクション・ヴァンパイア・ムービーです。しかし、ホントにヴァンパイア ...
2012年11月03日(土)09時49分 受信
リンカーン/秘密の書 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Abraham Lincoln: Vampire Hunterクチコミを見るリンカーン大統領が実はバンパイア・ハンターだったというビックリ仰天の設定で描く「リンカーン/秘密の書」。西部劇へのオマージュが随所に ...
2012年11月03日(土)09時51分 受信
リンカーン/秘密の書 from Akira's VOICE
期待値に応えてくれなかったよ・・・ 
2012年11月03日(土)10時14分 受信
『リンカーン/秘密の書』 from ラムの大通り
(原題:Abraham Lincoln : Vampire Hunter)----『リンカーン/秘密の書』って、これ、ミステリーか、なにかニャの?。「やはり、そう思ったか。ぼくも、ミステリーとまではいかなくともニコラス・ケイジが主演した『ナショナル...
2012年11月03日(土)13時40分 受信
リンカーン 秘密の書 from そーれりぽーと
エイブラハム・バンパイアハンター・リンカーン!トンデモ映画『リンカーン 秘密の書』を観てきました。★リンカーンじゃなくても良くない?あの日記自体この映画の中で全く重要なものとして描かれてないし、「秘密...
2012年11月03日(土)16時42分 受信
リンカーン/秘密の書 from ハリウッド映画 LOVE
原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ルーファス・シーウェルスピル...
2012年11月03日(土)17時06分 受信
リンカーン/秘密の書 from ハリウッド映画 LOVE
原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ルーファス・シーウェルスピル...
2012年11月03日(土)17時06分 受信
映画「リンカーン秘密の書」 from 放浪の狼のたわごと
2012年アメリカで製作された ティムール・ベクマンベトフ監督作品。 2Dで鑑賞
2012年11月03日(土)21時36分 受信
リンカーン/秘密の書 from 新・映画鑑賞★日記・・・
【ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER】 2012/11/01公開 アメリカ PG12 105分監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ル...
2012年11月03日(土)21時54分 受信
リンカーン/秘密の書 from だらだら無気力ブログ!
そっか、南軍にアレが兵士として加わってたら、そりゃなかなか勝てないわ。
2012年11月03日(土)22時20分 受信
「リンカーン/秘密の書」 二つの開放 from はらやんの映画徒然草
ティム・バートン製作×「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ監督ということ
2012年11月04日(日)16時35分 受信
リンカーン/秘密の書 from とりあえず、コメントです
もし、リンカーン大統領がヴァンパイアと戦うハンターだったら…というファンタジーアクションです。 そんな設定のリンカーン大統領ってどんな人だろうと、ちょっと気になっていました。 原題は“VAMPIRE HUNTER”。まさ...
2012年11月04日(日)23時06分 受信
【映画】リンカーン/秘密の書 from ★紅茶屋ロンド★
<リンカーン/秘密の書 を観て来ました>原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter製作:2012年アメリカ人気ブログランキングへ製作がティム・バートンで、監督が「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフのタッグ。...
2012年11月04日(日)23時12分 受信
リンカーン/秘密の書 from 538ねん。
新宿ミラノで3D字幕版を鑑賞って休日の夕方の回なのにお客さんは私含めてなんと13人、キャパ300以上あるのに寒すぎるやんダンパ脱がないで見てましたけど、歌舞伎町の小屋はもうここだけなんだから先月末に映画館が一...
2012年11月05日(月)01時07分 受信
リンカーン 秘密の書 <ネタバレあり> from HAPPY MANIA
  11月4日(日)に観に行ってきました   2D字幕にて鑑賞です   観終わった後に思ったのは 3Dやったら 馬の上での対決や 列車の上での対決シーンは   すっごい迫力やったやろなぁ〜って...
2012年11月05日(月)21時08分 受信
リンカーン/秘密の書 from 映画感想メモ
大統領とヴァンパイアハンターを両立してたら睡眠時間足りないよね。 いい加減あらす
2012年11月07日(水)06時12分 受信
リンカーン/秘密の書/ABRAHAM LINCOLN:VAMPIRE HUNTER from いい加減社長の映画日記
ちょっと面白そうな設定だったので・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】幼い頃に母を亡くしたエイブラハム・リンカーンは、母を殺した男の正体ががヴァンパイアだったということを知る。母の復讐を果たすため...
2012年11月07日(水)18時36分 受信
リンカーン/秘密の書 from 心のままに映画の風景
貧しい開拓農民の家に生まれたリンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、母の命を奪ったヴァンパイア集団に復讐を誓う。 ヴァンパイアの生態をよく知るヘンリー(ドミニク・クーパー)と出会い、使い慣...
2012年11月08日(木)00時12分 受信
★リンカーン/秘密の書(2012)★ from Cinema Collection 2
ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER昼は大統領夜はハンターあの大統領には、若き日から挑み続けた誰も知らない戦いがあった――。  上映時間 105分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/11/01 ジャンル アクション/...
2012年11月09日(金)10時48分 受信
映画「リンカーン/秘密の書」奇想天外な発想から生まれた秘密のお話 from soramove
「リンカーン/秘密の書」★★★3D鑑賞ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンドニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド出演ティムール・ベクマンベトフ監督、ティム・バートン製作105分...
2012年11月10日(土)09時42分 受信
リンカーン/秘密の書 from 映画感想メモ
大統領とヴァンパイアハンターを両立してたら睡眠時間足りないよね。 いい加減あらす
2012年11月11日(日)20時34分 受信
「リンカーン / 秘密の書」大統領、暴れる(^^;。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[リンカーン大統領] ブログ村キーワード 勝手に開催!“秋のリンカーン大統領祭り”。第1弾(?)の「声をかくす人」に続く第2弾は、「リンカーン / 秘密の書」(20世紀フォックス映画)。「声をかくす人」は、実話を基にし...
2012年11月13日(火)21時26分 受信
[☆☆★★★][映画]「リンカーン/秘密の書」感想 from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
 セス・グレアム=スミス原作「ヴァンパイアハンター・リンカーン」を、「ナイトウォッチ」「デイウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督、「愛についてのキンゼイ・レポート」のベンジャミン・ウォーカー主演...
2012年11月16日(金)19時12分 受信
リンカーン / 秘密の書 from うろうろ日記
映画館で見ました。今回は3Dです。最近、3Dに見慣れたのか、特に語れることがない
2012年11月17日(土)01時19分 受信
リンカーン/秘密の書 from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
リンカーン大統領がヴァンパイアハンターだったらという設定で、歴史的事実を交えながら描かれたアクション映画だろう。3Dで観ると、馬の上の戦いや列車でのアクションなどが迫力満点で味わえるのだろう。南北戦争を...
2012年11月17日(土)05時24分 受信
アメリカ映画「リンカーン 秘密の書」、ヴァンパイア映画です。 from ひろの映画日誌
おススメ度 ☆☆☆    ヴァンパイアファン ☆☆☆☆2D字幕版で鑑賞。中で、突然出てくるヴァンパイアや、疾走する馬のアクションシーン、ラストに繰り広げられる鉄道・燃え盛る鉄橋シーンは、3Dだと迫力あ...
2012年11月17日(土)19時06分 受信
リンカーン / 秘密の書 from 風に吹かれて
パンパイアと戦う大統領公式サイト http://www.foxmovies.jp/lincoln3D原作: ヴァンパイア・ハンター・リンカーン (セス・グレアム=スミス著/新書館)製作: ティム・バー
2012年11月18日(日)12時06分 受信
映画を観た〜リンカーン/秘密の書 3D吹替え版〜 from 垂直落下式どうでもいい話
本文はこちら→
2012年11月18日(日)22時03分 受信
『 リンカーン/秘密の書 』 from 映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ
2D版が観たい私は 上映時間があわず・・・見逃してしまうかも?? と 思った矢先運良くレディスデーに 歯医者のために早引き・・平日 17時の回に鑑賞できました♪観たかったんですけどね〜〜〜こんな映画だ...
2012年11月21日(水)15時32分 受信
リンカーン/秘密の書 from みすずりんりん放送局
 『リンカーン/秘密の書』を観た。 【あらすじ】 長らくその存在が噂されていた第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの秘密の日記。 そこに記されていたのは、少年時代から闇と戦い続けた男の驚愕の記...
2012年11月26日(月)21時25分 受信
映画『リンカーン/秘密の書3D』を観て from kintyre's Diary 新館
12-88.リンカーン/秘密の書3D■原題:Abraham Lincoln Vampire Hunter■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月14日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,300円□監督・製作:...
2013年01月24日(木)23時43分 受信
映画:リンカーン/秘密の書 from よしなしごと
 ポスターがかっこよく、斧で木をなぎ倒すあのシーンが目に焼き付き、そしてあの明言「government of the people, by the people, for the people」が耳に残る予告編のリンカーン/秘密の書を見てきました。
2013年02月03日(日)00時17分 受信
リンカーン/秘密の書 from 銀幕大帝α
ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER2012年アメリカ105分アクション/ファンタジー/ホラーPG12劇場公開(2012/11/01)監督:ティムール・ベクマンベトフ『ウォンテッド』製作:ティム・バートンティムール・ベクマンベトフ原作...
2013年03月22日(金)21時23分 受信
リンカーン/秘密の書 from いやいやえん
あの南北戦争で合衆国の分裂を食い止め、奴隷解放を成し遂げた第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが、実はヴァンパイア・ハンターだったという奇想天外なアクションもの。アメリカの歴史の復習なんかはいり...
2013年03月25日(月)08時36分 受信
リンカーン 秘密の書 : 圧倒的な映像に酔う from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 昨日、広島高裁が「1票の格差」により前回の衆議院選挙を無効と判決しました。そもそも、一票の価値を平等とするならば、±20%程度の差しかないように選挙区の区割りを調整する
2013年03月26日(火)14時04分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー