記事一覧

映画「最強のふたり」感想

ファイル 768-1.jpg

映画「最強のふたり」観に行ってきました。
頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから始まる、フランスのヒューマンコメディドラマ作品。
今作は本来、日本では2012年9月1日から全国公開されているのですが、熊本ではどういうわけか10月6日が解禁日となっており、実に1ヶ月以上遅れての映画観賞となりました。
2012年9月は、他ならぬ私自身が1ヶ月フリーパスポートを使ったほどに映画館での上映開始作品が特に集中していたので、上映のためのスクリーンが埋め尽くされていたことによる皺寄せでもきていたのでしょうが、こんなところにも地域間格差というものはあるのかと、改めて思い知らされた気分です(T_T)。
しかも、この映画はPG-12指定されているのですが、作中の最初から最後まで見ても、直截的なバイオレンス&セックス描写といったものがこれといって特に見られなかったんですよね。
おそらくは、「障害者の性生活の実態」という生々しい下ネタ話が作中に出ていたことから規制に引っ掛かった、といったところなのでしょうが、映画「Black & White/ブラック&ホワイト」などのように、作中に下ネタ話がいくら出てもPG-12指定されなかった作品も過去にはあったりしたのですけどねぇ。
この手の規制って、一体何を基準にしているのだろうなぁと。

物語は、黒い高級車を乗り回す2人の男が、スピード違反をやらかし警察に追われるところから始まります。
高級車は警察から逃げ続けますが、1台のパトカーに前方へ回り込まれ、前後から挟み撃ちの形であえなく御用に。
しかし、運転手に乗っていた黒人男性がとっさに機転をきかし、助手席に乗っていた男性が警官達に対し「障害者で一刻を争うから病院に向かっていた」と証言します。
高級車の後部に車椅子が乗っていること、そして何よりも助手席の男が発作を起こしている様相を見せることで、警官達もさすがに緊急を要すると判断せざるをえなくなります。
そして2人に対し、自分達が病院まで先導するとまで申し出てきたのでした。
実は助手席の男の発作は演技もいいところで、警察の車に先導されていた間、2人は音楽を車内で音楽をならして歌っていたりするのですが(笑)。
そして、警察の先導で病院に到着し、警察車両が去っていくのを見計らった上で、2人は病院のスタッフが駆け寄るのを尻目にさっさと車をどこかへ発進させてしまうのでした。

ここで場面は切り替わり、いよいよ2人の関係について描かれることになります。
物語冒頭で高級車を運転していた黒人男性の名はドリス。
彼は、同じ高級車の助手席に乗っていた、頸髄損傷で首から下の感覚が完全に麻痺してしまっている大富豪のフィリップの介護士となるための面接に臨んでいました。
給与も期待できるであろう大富豪の介護士ということもあり、フィリップの元にはドリスを含め多くの介護士志望者が面接に訪れていました。
彼らは口々に自分の介護の資格や実績・経験などを語り、表面的には文句のつけようもない美辞麗句の数々で自分をアピールしていました。
ところがドリスはというと、彼は別に介護士になるつもりなど最初からさらさらなく、不採用の証明書にサインをもらうことで失業手当をゲットすることが目的という、何とも下心丸出しの動機から面接を申し込んでいたのでした。
そして、面接の場で当のフィリップと面接官と相対した際も、そのことを隠しもせずに自分の目的を最初から堂々と開陳して「不採用証明書へのサイン」を迫るドリス。
かくのごとくふてぶてしい態度を披露するドリスに対し、面接官は当然のごとく呆れ顔でしたが、介護される立場のフィリップはしかし、ドリスに興味を持ったかのように自ら話しかけ始めます。
他の志望者達に対しては自ら発言することなく、終始面接官に対応を任せ切っていたフィリップが、です。
そして一方、ドリスが要求している「不採用証明書へのサイン」については「すぐには決められないので、明日の9時にもう一度来てくれ」と返答を返します。
言質を取ったことで、ドリスはさっさとフィリップの元を辞してしまいます。
しかしその夜、久しぶりに実家へ戻ったドリスを、家の主である(これは後で判明するのですが)伯母が勘当を言い渡し、彼は実家から追い出されてしまうのでした。
翌日、早朝から出てきたドリスに対し、フィリップは2週間の試用期間を設けて雇うことをドリスに告げるのでした。
実家を勘当されてしまったこともあり、ドリスはフィリップの屋敷で住み込みで働くことを承諾するのですが……。

映画「最強のふたり」では、大富豪のフィリップとスラム街出身のドリスが、互いに良きコンビとなっていく様子が描かれています。
ドリスは「雇い主かつ障害者」という、ある意味非常に逆らい難い無敵の組み合わせであるはずのフィリップに対して全く遠慮というものがなく、ズケズケと本音を語り情け容赦もない言動に終始しています。
しかし、それが他者から同情されることにウンザリしていたフィリップにとっては最高の対応でもあったわけなのですから、その点では何とも皮肉な話ではありますね。
物語後半でドリスは一度クビになり、後任の介護士が新たに雇い入れられるのですが、その人物は明らかにフィリップに遠慮があり、腫物でも触るかのような対応ばかりするありさまでしたし。
フィリップに雇われた介護士達は、ドリスが来るまでは1週間持たずに辞めているケースがほとんどだったそうですが、なるほど、アレではさもありなんと納得せざるをえないところです。
一方で、秘書のマガリや家政婦?のイヴォンヌなどといったフィリップの周囲の女性達がフィリップとそれなりに上手くやっていたらしいことを考えると、フィリップの介護にはドリス以外だと男性ではなく女性でも雇った方が却って良かったのではないか、これまたついつい考えずにはいられなかったですね。
自分に遠慮する介護士達に厳しく当たっていたフィリップも、女性が相手の場合だとさすがにそういう態度に出るのも難しくなるでしょうし。
まあ、着替えやシモの世話などに至るまで介護しなければならないという条件下では、素直に雇われてくれる女性は少ないかもしれませんが、病院の女性看護師とかであればそういう仕事も日常茶飯事でしょうし、高給で釣ればその点も何とかなったのではないかと思えてならなかったのですが。
フィリップも別に、ドリスが来るまでは「介護士と友人になりたい」という動機から男性介護士を雇っていたわけではなかったのでしょうから、男性にこだわらなければならない理由なんて特になかったのではないのかと。

この作品で意外に興味深かったのは、「障害者の性処理問題」についても言及されていたことですね。
フィリップは首から下の感覚が完全に麻痺してしまっていることから、健康体の男性が通常行っている性処理を行うことができません。
では彼は何を以て性処理を行っていたかというと、耳を性感帯にして「感じる」ことで代替手段としていたというんですよね。
ドリスの質問に対して、フィリップ本人がそのように回答していて、実際、2人でその手の施設に行ってフィリップが耳たぶを女性のマッサージ師?に触られている描写が作中で描かれていたりします。
「障害者の性処理問題」というのは意外に重要なテーマでありながら、巷ではほとんど言及されることがない事項だったりするので、それについて正面から向かい合っているこの作品は新鮮ではありましたね。
ドリスの性格もそうですが、この手の「全く飾り立てることのない本音の吐露」が今作最大の魅力である、と言えるでしょうか。

熊本のような上映開始が遅れている地方以外だと、もうとっくに上映終了しているであろう今作ではありますが、人間ドラマとして見る分には、さすが2011年度のフランスで最大の観客動員数を記録しただけの出来ではあります。
その手のドラマ好きな方にはオススメの映画と評価できるのではないかと。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/768
『最強のふたり』 2012年8月28日 朝日ホール from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『最強のふたり』 を試写会で鑑賞しました。大分待たされた挙句、20分押しで時間掛り過ぎたプレミア試写会でしたおかげでエンドロール見ずに途中退場を余儀なくされてしまった【ストーリー】 不慮の事故で全身麻痺...
2012年10月07日(日)01時02分 受信
『最強のふたり』(試写会) from ・*・ etoile ・*・
'12.08.16 『最強のふたり』試写会@シネマート六本木migちゃんのお誘い♪ 見たくて試写会応募してたけどハズレ。よろこんで行ってきた~♪ ちなみに、木曜日だけどバレエはお盆休み。←って、聞いてないか(笑)*ネタバレあ...
2012年10月07日(日)02時38分 受信
最強のふたり from あーうぃ だにぇっと
最強のふたり@シネマート六本木
2012年10月07日(日)06時21分 受信
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク from はらやんの映画徒然草
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
2012年10月07日(日)06時40分 受信
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス from Nice One!! @goo
原題:INTOUCHABLES監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開)...
2012年10月07日(日)07時37分 受信
『最強のふたり』試写 from Nice One!! @goo
2回目の観賞です。試写会場: シネマート六本木公式サイトはこちら。第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観...
2012年10月07日(日)07時38分 受信
最強のふたり from 象のロケット
フランス・パリ。 事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る大富豪フィリップは、介護者採用の面接に来た黒人青年ドリスに興味を持ち採用する。 前任の介護者はみんな一週間で逃げ出したと言う気難しいフィリップに...
2012年10月07日(日)07時49分 受信
映画レビュー「最強のふたり」 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
◆プチレビュー◆車椅子の大富豪と貧しい黒人青年の友情物語「最強のふたり」。実話をベースにした笑って泣ける愛すべき佳作だ。 【70点】 事故で全身麻痺になった大富豪フィリ ...
2012年10月07日(日)08時03分 受信
最強のふたり from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(10)固い絆で結ばれた男の友情も、たまには良いもんだ。
2012年10月07日(日)08時11分 受信
【映画】最強のふたり from ★紅茶屋ロンド★
<最強のふたり を観て来ました>原題:Intouchables製作:2011年フランス人気ブログランキングへ大々的にCMや宣伝をしているわけでは無いと思うんだけど、9月1日初日の公開劇場では満席が続出。私も慌てて席をゲ...
2012年10月07日(日)08時49分 受信
【最強のふたり】を映画鑑賞! from じゅずじの旦那
障害者の大富豪と介護するスラム出身の黒人との友情物語。まぁ、よくあるサクセスストーリー?かとおもいきや・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】パラグライダーの事故で首...
2012年10月07日(日)09時45分 受信
「最強のふたり」 from セレンディピティ ダイアリー
2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouc
2012年10月07日(日)10時45分 受信
最強のふたり from Akira's VOICE
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。 
2012年10月07日(日)10時46分 受信
「最強のふたり」を観てきましたぁ! from “寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題
マイレッジがたまってたので、評判のイイ「最強のふたり」 (← 公式HP)を観てきた。8月に、「プロメテウス」でも観ようか・・・と思っていたんだけれど、スルーしといて良かったぁ〜。フランス映画を観るのは...
2012年10月07日(日)10時47分 受信
"INTOUCHABLES"(2011) from Right on!
 最強のふたりcast >> Francois Cluzet, Omar Sy, Anne Le Ny, Audrey Fleurot, Clotilde Mollet, Alba Gaia Kraghede Bellugi, Cyril Mendy, Christian Ameri, Gregoire Oestermann, Josephine de Meaux, Dominique Daguier, Francois Caron, Thomas Soli...
2012年10月07日(日)10時48分 受信
映画『最強のふたり』 from Michael Jackson 笑顔に逢えたなら。。
劇場を出た後とにもう一回観ようかなって思うぐらいいい映画でした!観て良かった実話をもとに描かれています。【ストーリー】不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュ...
2012年10月07日(日)11時56分 受信
最強のふたり/フランソワ・クリュゼ from カノンな日々
フランスをはじめ世界各国で大ヒットを記録したという実話に基づいて描かれた感動のヒューマンドラマです。感動するかどうかは実際に観てみなければわからないことですけど、私は ...
2012年10月07日(日)13時17分 受信
最強のふたり from キノ2
★ネタバレ注意★ 2011年、エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督のフランス映画です。 ほとんど多幸感すら感じるほどの、すばらしい映画でした。身障者が主人公でありながら、泣かせる演出なんか一切ない...
2012年10月07日(日)16時21分 受信
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) from 勝手に映画評
ネタバレ有り。実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。笑いあり、涙は・・・無し。で...
2012年10月07日(日)16時50分 受信
最強のふたり(2011年フランス) from 恋染紅葉
事故で首から下が麻痺した富豪のフィリップと、介護人として雇われた黒人青年ドリスの交流を、実話を元に描かれた作品。失業保険を貰うためだけに面接に訪れたドリスだが、意外にも介護人に採用されてしまう。粗野な...
2012年10月07日(日)16時51分 受信
心は自由。『最強のふたり』 from 水曜日のシネマ日記
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
2012年10月07日(日)17時16分 受信
最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ from 西京極 紫の館
【出演】 フランソワ・クリュゼ オマール・シー アンヌ・ル・ニ【ストーリー】パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身...
2012年10月07日(日)18時10分 受信
「最強のふたり」 from ヨーロッパ映画を観よう!
「Intouchables」…aka「Untouchable」2011フランスシネコンでも上映中のフランス映画は「アーティスト/2011」以来。難病ものでなおかつ実話。感動しないではいられない。ラストに実際の二人の映像が映る。感動しないではいら...
2012年10月07日(日)18時24分 受信
映画『最強のふたり』★キビシイ現実をハネ返すのも現実だ!という力強さ♪ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157792/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       大富豪フィリップは、事故で四肢麻痺を負っていた。 介護人を募集したと...
2012年10月07日(日)19時34分 受信
『最強のふたり』 from こねたみっくす
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...
2012年10月07日(日)20時14分 受信
『最強のふたり』 from ラムの大通り
(原題:Intouchables)----この映画、確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。「うん。タイトルも不思議でね。電動車椅子に乗っている白人とそれを介助し...
2012年10月07日(日)21時57分 受信
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります from ディレクターの目線blog@FC2
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。ざっくりストーリー...
2012年10月07日(日)22時04分 受信
最強のふたり from ♪HAVE A NICE DAY♪
あらすじ車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスを...
2012年10月07日(日)22時13分 受信
最強のふたり from はるみのひとり言
公開中の「最強のふたり」見て来ました。パラグライダー事故で首から下が麻痺してしまった大金持ちのフィリップは新しい介護者を雇うため面接中。そこに来てたスラム出身の黒人青年ドリスは、失業手当をもらうための...
2012年10月07日(日)23時01分 受信
『最強のふたり』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フル...
2012年10月07日(日)23時07分 受信
映画「最強のふたり」 from FREE TIME
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
2012年10月08日(月)00時09分 受信
最強のふたり from とりあえず、コメントです
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、...
2012年10月08日(月)00時27分 受信
最強の友情 from 笑う社会人の生活
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ新たな介護者として不採用通知目当てで来たスラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして…いやー ...
2012年10月08日(月)08時15分 受信
映画・最強のふたり from 読書と映画とガーデニング
2011年 フランス原題 INTOUCHABLES英題 UNTOUCHABLEスラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づ...
2012年10月08日(月)09時46分 受信
〜『最強のふたり』〜 ※ネタバレ有 from 〜青いそよ風が吹く街角〜
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。
2012年10月08日(月)10時08分 受信
「最強のふたり」 from ゆっくり歩こ。
あまり期待しすぎないで観に行くほうが良いですね予告編やチラシの言葉に・・・ものすごく笑えるんじゃないか? とか 泣けるんじゃないか、とか期待して行ってしまうと失敗します映画を観終わったとき「127時間」 「ソ...
2012年10月08日(月)10時30分 受信
最強のふたり from ダイターンクラッシュ!!
2012年9月15日(土) 19:25~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、あっさり爽やかだった。 予告編での...
2012年10月08日(月)13時00分 受信
最強のふたり  INTOUCHABLES from 映画の話でコーヒーブレイク
話題のフランス映画です。2011年にフランスで最大のヒットとなり、東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 という...
2012年10月08日(月)17時27分 受信
最強のふたり from 佐藤秀の徒然幻視録
有無を言わせる暇もない明るさ公式サイト。フランス映画、原題:Intouchables、英題:Untouchable。エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー ...
2012年10月08日(月)19時41分 受信
フランス映画「最強のふたり」、障碍者と黒人との強烈なタッグマッチ。 from ひろの映画日誌
おススメ度 ☆☆☆☆冒頭ドライブのシーン、次々と車を追い越していき、カーチェイスの趣。後ろからはパトカーが。そして捕まる。だが、身体障碍者を乗せていたので急いでいたのだと言い訳。パトカー先導で病院まで...
2012年10月08日(月)20時31分 受信
最強のふたり ---試写会--- from こんな映画見ました〜
『最強のふたり』---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コ...
2012年10月08日(月)23時11分 受信
最強のふたり from シネマ日記
公開前から話題になっていた作品でしたので、気になって見に行きました。話題になっているとは言えここまでの人気とは思わなかったのですが、大阪の大きな劇場がいっぱいになるほどの動員数でした。パラグライダーの...
2012年10月09日(火)15時25分 受信
最強のふたり from 新・映画鑑賞★日記・・・
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ...
2012年10月09日(火)17時29分 受信
最強のふたり from 映画と本の『たんぽぽ館』
彼だけが私に同情しなかった                     * * * * * * * * * 首から下が麻痺して全く動かないという身体障害者のストーリー・・・と聞くとちょっと構えてしまうもの...
2012年10月09日(火)20時43分 受信
最強のふたり from にきログ
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁこちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました久しぶりのフランス映画ですね~あらすじ不慮の事故で全身...
2012年10月09日(火)21時28分 受信
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、...
2012年10月09日(火)23時56分 受信
最強のふたり (映画) from をとなの映画桟敷席 〜ほぼ毎日が映画館
映画「最強のふたり」なかなか痛快でハートウォーミングな映画です。本作に出てくる主人公2名は、片や大金持ちだけど半身不随の障がい者、片やスラム育ちで定職のない黒人青年と、これだけ聞くと「最強」どころか不...
2012年10月10日(水)08時13分 受信
「最強のふたり」心はひとつ from ノルウェー暮らし・イン・原宿
予告を見たときから気になっていた作品。予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
2012年10月10日(水)17時05分 受信
最強のふたり(2011)☆★INTOUCHABLES from 銅版画制作の日々
さぁ、人生に繰り出そう。好き度:+5点=85点大きな期待を胸に抱き、、、。ちょっとたいそうですが。早速鑑賞して来ました。東宝シネマズ二条にて・・・・。てっきり大感動ものでお涙ちょうだいのようなものを期...
2012年10月10日(水)22時05分 受信
最強のふたり from だらだら無気力ブログ!
とっても良い映画だった。
2012年10月13日(土)01時11分 受信
「最強のふたり」 from Con Gas, Sin Hielo
行き詰ったら空気を入れ替えよう。とことんさわやかなドラマだ。首から下が完全に麻痺して動けない富豪のフィリップと、貧民街の生活に浸り切って失業手当で食いつなぐしかできないドリス。冷静に二人の環境を見つめ...
2012年10月15日(月)02時17分 受信
おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 from Healing
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主...
2012年10月19日(金)17時24分 受信
最強のふたり from ハリウッド映画 LOVE
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
2012年10月20日(土)20時30分 受信
最強のふたり from LIFE ‘O’ THE PARTY
「わ~観れたの~ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あ
2012年10月25日(木)00時03分 受信
「最強のふたり」 from 【映画がはねたら、都バスに乗って】
こりゃ毒蝮三太夫だな。誰が?主役の黒人さ。無神経とも思えるほど歯に衣着せぬ言動で雇い主の身障者から信頼を得て行く黒人青年は、平気でババア呼ばわりしながらおばあちゃんたちの懐に飛び込んでいく毒蝮三太夫と...
2012年11月12日(月)22時51分 受信
No.332 最強のふたり from 気ままな映画生活
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
2012年12月09日(日)19時47分 受信
映画『最強のふたり』を観て from kintyre's Diary 新館
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ□監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フ...
2012年12月24日(月)22時11分 受信
最強のふたり : 偽善を廃することの素晴らしさ from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 昨日は仕事始めであいさつ回りをしましたが、今日は仕事が無いのお休みです。だったら、仕事がある初日にあいさつ回りしろよという意見があるとは思いますが、「そこが下請け稼
2013年01月05日(土)11時50分 受信
最強のふたり : 偽善を廃することの素晴らしさ from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 昨日は仕事始めであいさつ回りをしましたが、今日は仕事が無いのお休みです。だったら、仕事がある初日にあいさつ回りしろよという意見があるとは思いますが、「そこが下請け稼
2013年01月05日(土)11時51分 受信
最強のふたり from いやいやえん
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、...
2013年03月22日(金)09時53分 受信
最強のふたり from 銀幕大帝α
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE2011年フランス113分コメディ/ドラマPG12劇場公開(2012/09/01)監督:エリック・トレダノ脚本:エリック・トレダノ出演:フランソワ・クリュゼ・・・フィリップオマール・シー『ミックマック...
2013年03月25日(月)01時01分 受信
『最強のふたり』の感想/映画見聞録 from 映画見聞録
フランス映画の『最強のふたり』を見た。 まるで貴族のような金持ちの障がい者を、スラム街に住んでいた黒人が世話をする話だ。 その黒人が面接を受けに行った理由は、失業手当が欲しかったから。 しかし、その障が...
2014年01月09日(木)01時33分 受信
シネマ・パラダイス:「最強のふたり」 from 楽天売れ筋お買い物ランキング
実話に基づくフランス映画です。頸椎損傷で首から下が動かない億万長者と、ひょんなことから彼の介護人になった前科持ちの移民の友情を描くコメディです。大変な状況にも関わらず、...
2014年07月15日(火)23時32分 受信

コメント一覧

投稿者:こに 2012年10月08日(月)09時49分 編集・削除

こんにちは!
トラバありがとうございました。
こちら、名古屋でも関東に比べたらかなり遅れて上映される映画が多いです。
それでも上映されないよりはいいかな、と思っていますが。
この手のドラマ、大好きな自分には最高の映画でした。

http://blog.goo.ne.jp/mikawinny

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年10月08日(月)12時31分 編集・削除

>こにさん
確かに、上映されればまだ良い方で、そもそも地方には全く来ない映画というのも結構な数あったりしますからねぇ(T_T)。
熊本も、東京で上映される映画の5分の1以下の作品数しか上映されていなかったりしますし。
この地域間格差、どうにかならないものなのか……。

今作自体は痛快な部分もあって、安心して観賞できる楽しい映画でしたね。
フランスで大ヒットしたというのも納得の出来です。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:最強のふたり facebookページ 2013年07月22日(月)20時32分 編集・削除

最強の二人のfacebookページを開設しました。
よかったら見に来てください。

facebookページ

http://www.facebook.com/saikyonofutari

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー