記事一覧

映画「エージェント・マロリー」感想

ファイル 762-1.jpg

映画「エージェント・マロリー」観に行ってきました。
アメリカ女子総合格闘技界の人気者で、スタントを一切使わずに本作に挑んだジーナ・カラーノが主演を担う、スティーヴン・ソダーバーグ監督のアクション作品。

民間のスパイ業界でも凄腕の実力を誇る、元海兵隊出身でフリーの女性スパイであるマロリー・ケイン。
物語の冒頭、彼女はアメリカ・ニューヨーク北部にある田舎町ダイナーのレストラン?で、誰かと会うために席に座っていました。
しかし、やがてレストランに姿を現した人物を見て、マロリーは舌打ちします。
それは彼女が待っていた人物ではなく、彼女の同業者のアーロンだったのです。
アーロンはマロリーと話し合うフリをして突如彼女に対し奇襲攻撃を仕掛け、両者は格闘戦を演じることになります。
この際、たまたまレストランで食事をしていたスコットという地元の若者が、先に攻撃されたマロリーを助けるべく、マロリーを羽交い絞めにしていたアーロンに後ろからのしかかります。
スコットの攻撃そのものは相手に全くダメージらしきものは与えられなかったものの、アーロンがスコットに対処した隙を突いてマロリーは窮地を脱し、アーロンを返り討ちにすることに成功。
マロリーはそのままスコットを促して車を出させ、その場を後にするのでした。
マロリーの運転で車でどこかへ向かう途上、当然スコットは、何故マロリーがあの場で襲われたのかについて説明を求めます。
それに対し、マロリーは回想を交えつつ、何故あの場面に至ったのかについての経緯を解説していくのでした……。

事の始まりは1週間前のスペイン・バルセロナ。
マロリーは、アメリカ政府とスペイン政府の関係者による共同依頼に基づき、3人の男性工作員と共に、とあるアパートに監禁&人質にされていた、ジャンという東洋系ジャーナリストの救出の任務に当たっていました。
紆余曲折あったものの、無事に任務を遂行することに成功してサンティエゴの自宅へ戻ってきたマロリーは、その直後に今度はかつての恋人で現在は民間軍事企業のトップとなっているケネスに「バカンスのような楽な仕事」としてアイルランドのダブリンへ飛び、男性同業者のポールと共に偽装夫婦を演じてほしいと依頼されます。
言われた通りに偽装夫婦の妻役を演じていたマロリーでしたが、ミッションの内容に不審を抱いたマロリーは、ポールの隙を突いてモバイル端末から情報を盗み出し、またポールと共に参加したパーティの会場を抜け出して周辺の建物を探索したりします。
その結果、彼女はつい数日前に自身がバルセロナで救出した東洋人ジャーナリストのジャンが、眉間を打ち抜かれて死んでいる姿を発見。
しかも殺されたジャンの手には、マロリーが身に着けていたブローチが握られていたのでした。
直後にマロリーは、偽装夫婦の夫役を演じていたポールに襲撃され、かろうじてこれを撃退。
しかし、ジャン殺しの罪を着せられ、追われる身となってしまったマロリーは、自身に追われる身となりながら逃避行を続けつつ、仕事を依頼してきたケネスとの接触を図り、冒頭の田舎町へと向かったのでした……。

映画「エージェント・マロリー」は、一応スパイアクション物というカテゴリーに属する作品なのですが、作中で展開されるアクションは、基本的に殴ったり蹴ったり羽交い絞めにしたりの格闘戦が大部分を占めていますね。
銃撃シーンやカーチェイスも全くないわけではないのですが、時間的にも短く作中における扱いもあっさりしすぎな感が否めないところで。
今作で主人公マロリー・ケインを演じたジーナ・カラーノは、アメリカ女子総合格闘技界の人気者で、スタントを一切使わず、作中のアクションシーンを全て自身で演じていたのだそうで、その辺りの事情が何か関係してはいるのでしょうけど。
銃を携行して散歩していたケネスを相手にしたラスト対決では、相手もマロリー自身も銃を用意できる立場にあったにもかかわらず、それでも銃を一切使うことなく格闘戦に終始していたので、さすがに苦笑するしかなかったのですが。
そこまで格闘戦にこだわるのか、と。

しかし、今作は「結果が出てからそこに至るまでの過程を説明する」という描写を二度にわたって繰り広げているのですが、正直そのためにストーリーの流れが今ひとつ掴みづらい構図になっている感が多々ありますね。
名探偵が事件の推理を披露した後で真相を明らかにするミステリーの手法でも採用していたのでしょうが、別に名探偵がいるわけでもなく、主人公による推理が繰り広げられるわけでもないストーリー展開で、格闘戦で相手を圧倒した後で真相を公開する、という形にする意味なんて果たしてあったのかと。
序盤で観客を惹きつけるためにそういう手法を取るのはまだしも、全ての真相が明らかになる終盤でも相変わらず同じようなことを繰り返すのも、二番煎じかつ話の流れを阻害しているようにしか思えませんでしたし。
元々映画の上映時間自体が93分しかないのですし、変に真相を凝ったものにするよりも単純にアクションを楽しむだけの展開にした方が、却って観客的に分かりやすい構成になったのではないでしょうか?

今作は、ストーリーを理解しようとするよりも、ジーナ・カラーノの格闘アクションを見せるための映画、と単純に割り切った方が素直に楽しめるかもしれないですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/762
『エージェント・マロリー』 2012年8月30日 ニッショーホール from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『エージェント・マロリー』 を試写会で鑑賞しました。入場時に、マロリーならぬ、マロニーを貰いました。だから、評価したいんですけど...【ストーリー】 並外れた戦闘能力と知性を兼ね備えた女性スパイのマロリー...
2012年10月01日(月)00時04分 受信
エージェント・マロリー from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★【3点】(14)ジーナ・カラーノご本人以外見どころなし(苦笑)
2012年10月01日(月)00時24分 受信
映画:エージェント・マロリー Haywire ソダーバーグが放つ、趣味路線も少々ありながらのリアルアクション from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
スティーブン・ソダーバーグ監督は、当ブログのお気に入り。最近でいうと、2011年11月25日:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい?2011年04月02日:バブル Bubble ガール...
2012年10月01日(月)01時14分 受信
エージェント・マロリー from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Haywire/エージェント・マロリー[日本語字幕無][リージョン2][PAL-UK]クチコミを見る女子総合格闘技界の女王ジーナ・カラーノをヒロインに大抜擢した「エージェント・マロリー」。本物な ...
2012年10月01日(月)07時12分 受信
エージェント・マロリー from 象のロケット
マロリー・ケインはフリーランスの女性秘密工作員。 アメリカの民間軍事企業のトップで元恋人でもあるケネスからの依頼を受けた彼女は、スペイン・バルセロナでの人質救出ミッションを見事成功させる。 しかし次の...
2012年10月01日(月)13時55分 受信
エージェント・マロリー from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
スティーヴン・ソダーバーグ監督が、ジーナ・カラーノを主演に迎えて作った女性が主役の本格サスペンスアクションだ。なんでもジーナは総合格闘技界の人気スターだそうで、非常にきれのある動きをしている。脚本もす...
2012年10月02日(火)23時22分 受信
エージェント・マロリー 監督の趣味の世界やね〜 from 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
【=39 -5-】 予告編では「どうなん?B級?」ってな感じやったが、なぜか心惹かれるとこがあって、ふら〜と、ほんま疲れ切っているのに見に行ってしまった、のだが。 フリーランスの女性スパイ、マロリー・ケインが田...
2012年10月04日(木)06時34分 受信
エージェント・マロリー from 佐藤秀の徒然幻視録
草食系男子には優しい史上最強女スパイ公式サイト。原題:Haywire。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パ ...
2012年10月06日(土)07時54分 受信
エージェント・マロリー from 映画 K'z films 2
Data 原題 HAYWIRE 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 出演 ジーナ・カラーノ マイケル・ファスベンダー ユアン・マクレガー ビル・パクストン チャニング・テイタム 公開 2012年 9月
2012年10月07日(日)16時13分 受信
エージェント・マロリー/ジーナ・カラーノ from カノンな日々
『オーシャンズ』シリーズでも有名なスティーヴン・ソダーバーグ監督が女スパイの活躍を描いたスパイ・アクション映画です。といってもジーナ・カラーノという名前は初耳なんです ...
2012年10月08日(月)21時54分 受信
エージェント・マロリー from ダイターンクラッシュ!!
2012年9月30日(日) 14:55~ TOHOシネマズららぽーと横浜2 料金:0円(フリーパスポート) 『エージェント・マロリー』公式サイト フリーパスポート20本目。 「エージェント・マロリー」と言ったのに、従業員は「エー...
2012年10月09日(火)00時00分 受信
エージェント・マロリー from 風に吹かれて
ボコボコにされるイケメン達公式サイト http://www.mallory-movie.com監督: スティーヴン・ソダーバーグフリーランスの有能な女性スパイ、マロリー・ケイン(ジーナ・カラーノ)が田
2012年10月09日(火)11時22分 受信
エージェント・マロリー from だらだら無気力ブログ!
これ、シリーズ化して欲しいなぁ。
2012年10月12日(金)22時30分 受信
エージェント・マロリー from こんな映画見ました〜
『エージェント・マロリー』---original---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジーナ・カラーノ 、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー 、ビル・パクストン 、チャニング・テイタム、アン...
2012年10月13日(土)21時59分 受信
エージェント・マロリー from ここなつ映画レビュー
こなれた作品である。アクション・シーンも素晴らしい。冒頭のダイナーでの乱闘から手に汗握る展開。女雇われアサシンのマロリーの物語。彼女はフリーランスで、優れた知性と格闘能力と美貌を武器に、各エージェント...
2012年11月28日(水)12時35分 受信
『エージェント・マロリー』(2011) from 【徒然なるままに・・・】
民間の軍事業者である元恋人のケネスから、バルセロナでの人質救出を依頼されたマロリー。無事に仕事をやり遂げた彼女の元に、今度はMI6から新たな任務の依頼が来るが、その背後には彼女を狙う何者かの陰謀が・・...
2013年02月11日(月)10時13分 受信
エージェント・マロリー from いやいやえん
主演はジーナ・カラーノさん。知らないなあ…新人かと思ったら、アメリカ女子総合格闘技界のスターなんだそうな。他にユアン・マクレガーさん、チャニング・テイタムさん、マイケル・ファスベンダーさん、アントニオ...
2013年02月18日(月)08時51分 受信
エージェント・マロリー : ニューヒロイン誕生! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 昨夜のサッカー日本代表とカナダの試合は、日本の辛勝だったようですね。正直、WBC終わったばかりだし強化試合なので、あまり興味わかなかったですけど。ちなみに、本日紹介
2013年03月23日(土)17時20分 受信
エージェント・マロリー from 映画大好きだった^^まとめ
95 : 稚羽矢[sage] : 2012/10/01(月) 19:54:29.68 ID:3UN1VrIk思ったよりジーナが美人だったな時系列としてはカフェからの逃亡はダブリンから戻って親父に会う前だよな?『ボーン・レガシー』を観 ...
2014年03月12日(水)05時44分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー