記事一覧

映画「るろうに剣心」感想

ファイル 733-1.jpg

映画「るろうに剣心」観に行ってきました。
1994年から5年にわたって週刊少年ジャンプで連載され、その後も根強い人気を誇る和月伸宏の原作マンガ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」を実写映画化した時代劇アクション作品。
連載当時は週刊少年ジャンプの愛読者だったこともあり、原作は当然既読。
ストーリーは原作における「東京編」の「斬左編」「黒笠編」「恵編」をベースとしつつ、原作とは全く別のオリジナル構成で展開されています。

1868年(慶応4年/明治元年)1月に行われた鳥羽・伏見の戦い。
朝廷を擁する新政府軍と、徳川将軍に見捨てられた旧幕府軍が衝突し、凄惨な殺し合いが繰り広げられていました。
数的には圧倒的優勢な旧幕府軍に対し、新政府軍は苦戦を強いられます。
そこへさらに、斎藤一が率いる新撰組三番隊が新たに参戦。
戦局が旧幕府軍に傾きかけたまさにその時、突如ひとりの剣客が単身で新撰組をはじめとする旧幕府軍へ向かっていき、目にも止まらぬ速さと斬撃で次々と旧幕府軍の武士達を屠っていきます。
これに新政府軍は再び勢いづき、戦局は一転して幕府軍有利に。
それでもしばらく殺し合いが続く中、戦場にひとりの伝令がかけつけ、戦いが新政府軍の勝利に終わったことを大声で触れ回るのでした。
戦闘が終了すると、それまで鬼神のごとき強さを振るっていたのとは対照的に、まるで魂が抜けてしまったかのごとく虚ろな様子を見せる剣客。
剣客はその場で剣を地面に突き刺すと、斎藤一が話しかけるのにも返答を返すことなく、その場を後にするのでした。
これが、後に伝説として謳われることになる「人斬り抜刀斎」が、幕末で活躍した最後の姿となるのでした。

一方、勝敗の帰趨が決して無人となった戦場跡では、ひとりの男が息を吹き返していました。
ヨタヨタと戦場を歩く彼は、やがて「人斬り抜刀斎」が地面に突き刺していって剣に触れ、その剣に込められていたと思しき残留思念を垣間見ることになります。
それをきっかけに、彼は「人斬り抜刀斎」にひとかたならぬ執着を抱いていくのでした。

時は流れて1878年(明治11年)。
明治維新から10年の歳月が流れた東京では、武田観柳という名の実業家が「蜘蛛の巣」と呼ばれる新型阿片の開発に成功していました。
武田観柳の弁によれば、「蜘蛛の巣」は従来の阿片よりも依存性が高いとのこと。
彼は「蜘蛛の巣」の製造技術を外に漏らさないようにするため、「蜘蛛の巣」の製造に関わった技術者達を、自身の愛人でもあった高荷恵を除き、手下を使って全て殺させてしまいます。
その際、ひとりの男が逃走に成功するのですが、武田観柳は「奴は人斬り抜刀斎に任せておけ」という謎めいた言葉を残すのでした。

一方、東京の街では、その「人斬り抜刀斎」を名乗る正体不明の人物が、手当たり次第に人を殺害する事件が頻発していました。
件の「人斬り抜刀斎」は、その剣の流派を「神谷活心流」と名乗っており、その情報と共に簡単な人相が描かれた手配書が回されていました。
「神谷活心流」は東京で剣術を教えている道場を営んでいたのですが、その煽りを食らう形で門下生が一斉に離反し、衰退の一途を辿るありさまでした。
その「神谷活心流」の師範代である神谷薫は、ある日、立札に貼られていたその手配書を眺めていたひとりの男を目撃します。
その男の外見が手配書の容貌と似ていたことから、男を「人斬り抜刀斎」と判断した神谷薫は、「神谷活心流」を衰退に追い込んだ元凶を見つけたと言わんばかりの勢いで、男に木刀を突きつけ問答無用に成敗しようとするのでした。
そこで一騒動あった末、彼が街で噂になっている「人斬り抜刀斎」ではないと判断せざるをえなかった神谷薫は、お詫びという形で彼を「神谷活心流」の道場へと案内することになります。
これが、映画の中における神谷薫と、本当の「人斬り抜刀斎」こと緋村剣心との最初の出会いであり、そしてここから全てが始まることになるわけです。

映画「るろうに剣心」では、原作の「恵編」で黒幕として登場した武田観柳が、原作同様にカネの亡者としての悪役ぶりを大いに披露しています。
しかしその一方で、原作で彼の用心棒として雇われていたはずの御庭番衆御頭・四乃森蒼紫は、今作では一切登場しておらず、序盤の鳥羽・伏見の戦いで生き永らえ「人斬り抜刀斎」の剣を取った鵜堂刃衛が、彼に代わってその役割を担っています。
四乃森蒼紫が劇中で登場しないことについて、映画の脚本制作にも関わったという原作者の和月伸宏は、シネマトゥデイのインタビューで以下のように回答しています↓

http://www.cinematoday.jp/page/N0043764
>  [シネマトゥデイ映画ニュース] 実写映画『るろうに剣心』の公開を控え、原作者の和月伸宏が実写化にあたってのエピソードを語るとともに、完成版を観たときの心境を明かした。一人のクリエイターとして「悔しいくらい良いシーンなんですよね」と口にしたのは、主人公・緋村剣心がおなじみの赤い衣装で初登場する映画オリジナルのシーン。「本当にもう『剣心だなあ』って染みこんでくるので、ぜひ観ていただきたいですね」と話す口調にも熱がこもっていた。
>
>  和月も脚本段階から関わったという本作は「人斬(き)り」というテーマが最初に出てくる鵜堂刃衛との戦い、原作でいう1巻と2巻がベース。そこにもう一人の敵である武田観柳のエピソードを交えた構成となっているが、
脚本の第1稿は完成したものとはかなり違い、原作の人気キャラクターで剣心の宿敵である四乃森蒼紫も登場していたという。「監督とも話していて、敵が刃衛だけでは寂しいということで、最初は蒼紫を含めた御庭番衆も考えていたんです。ただ、そうすると2時間では収まらなくなってしまって……」と泣く泣くカットしたことを告白すると、「それで、今回は剣心と仲間たちを描いていこうという形になりました」と現在の構成に落ち着いた経緯を明かした。

このインタビューの内容から考えると、四乃森蒼紫は次回作辺りで原作とは違った形で登場する、ということになるのでしょうか?
原作者のインタビューを見る限りでは、明らかに次回作の存在を視野に入れているフシが伺えますし。
まあ、原作からして単行本28巻・完全版22巻分ものエピソードが存在するのですし、今回の映画も原作の序盤付近のストーリーが展開されていただけですから、続編を制作する余地はまだいくらでも存在するわけですが。
とはいえ正直言って、四乃森蒼紫抜きで構成した今作でさえ、実のところ「詰め込み過ぎ」な感が否めなかったりするんですよね。
特にそれを痛感せざるをえなかったのは、原作では「斬左編」を経て剣心の仲間になっていった相楽左之助の扱いですね。
原作の相楽左之助は、かつては新政府側で戦った赤報隊に所属し、隊長である相楽総三を味方に殺されたことから、明治政府や維新志士を憎み、その関係から剣心と対峙した経緯があったのに、映画ではそれらのエピソードは作中で何も語られも生かされもすることなく、ただ彼は自分の強さを武田観柳に売り込むだけのために剣心に喧嘩を売ってくるというありさま。
しかも劇中での戦いでは、剣心は相楽左之助から終始逃げ回っていただけで斬馬刀がへし折られることすらなく、ただ「あんな男(武田観柳)のために尽くすことはない」という剣心の説得?だけであっさり剣を引いて去ってしまう始末。
しかもその後は、特にこれといった心情が描かれることもなく、いつのまにか剣心の仲間になっているという展開で、あまりにも色々なエピソードが省略され過ぎています。
ラストの鵜堂刃衛との戦いの際も、相楽左之助は原作と違って別に重傷を負っていたわけでもなく、剣心と共にラストバトルに臨むことができる状態にあったにもかかわらず、そこでは何故か相楽左之助が戦いに加勢することもなく、原作同様に剣心と鵜堂刃衛との一騎打ちになってしまう状況。
剣心と2人がかりで鵜堂刃衛に挑むなり、剣心が鵜堂刃衛を引きつけている間に人質となっている神谷薫を救出するなり、彼の使い道もそれなりにはあったはずなのですけどね。
この映画で一番ワリを食っていたのは相楽左之助だったのではないかとすら思えてしまうくらいに、原作のエピソードが全く語られずに原作通りの動きを強制されたキャラクターであったと言えます。
こんな扱いになってしまうくらいだったら、相楽左之助も四乃森蒼紫同様に今作で登場させず、その分を他のキャラクターのエピソードに盛り込んでおいた方が良かったのではないでしょうか?
まあ個人的には、「四乃森蒼紫のいない武田観柳」の方がミスマッチな感が拭えないので、彼ではなく原作通りに比留間兄弟でも出して、原作における相楽左之助のエピソードを忠実に踏襲した方が良かったのではないかと思うのですが。

予告編でも売りになっていたアクションシーンの方は、既存の時代劇の殺陣とはまた異なるスピーディな展開になっているものが多く、こちらは充分に見るべきものがありました。
アクションシーン自体で特に不満に思った箇所は、前述の剣心と相楽左之助の対決も含めて特になかったですね。
四乃森蒼紫と彼の部下の御庭番衆がいないために、武田観柳がガトリングガンを乱射しまくるシーンは原作から大幅に改変されていましたが、むしろこちらの方が原作よりも合理的な上に剣心一派の強さが上手く表現できていたくらいでしたし。
武田観柳の屋敷で剣心と相楽左之助を相手に戦っていた武田観柳の部下2人は、何故か「人誅編」に登場する戌亥番神と外印だったりするのですが、続編を想定している作品で、かなり先のストーリーで登場予定のはずの敵キャラを登場させてどうするのでしょうかね?
まあ2人共死んではいないわけですし、再び敵として再登場ということもありはするのでしょうけど。

原作ファンから見てもまずまずな出来ではありますし、アクションシーンを目当てに観賞してもまず損はしない映画ではあろうと思います。
この出来であれば、制作側の意図通りに続編が出てくることにも期待したいところですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/733
るろうに剣心 from 映画 K'z films 2
Data 監督 大友啓史 原作 和月伸宏 出演 佐藤健 武井咲 吉川晃司 蒼井優 青木崇高 公開 2012年 8月
2012年08月26日(日)03時52分 受信
るろうに剣心 from 映画情報良いとこ撮り!
るろうに剣心ついに、実写化。果たして内容は?人斬り抜刀斎という名をつけられた緋村剣心。彼は、不殺という信念の元流浪人となる。そんなある日、神谷道場の薫を助けたことから、そこに居候することに。しかし、町...
2012年08月26日(日)03時53分 受信
るろうに剣心 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
「るろうに剣心」オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る斬れない刀で鋭い切れ味を出すアクション時代劇「るろうに剣心」。柔らかい笑顔の佐藤健が適役。幕末に“人斬り抜刀 ...
2012年08月26日(日)07時21分 受信
るろうに剣心 from 象のロケット
元長州藩士で倒幕派最強の暗殺者「人斬り抜刀斎(ばっとうさい)」と呼ばれた緋村抜刀斎は、明治維新後は緋村剣心と名を変え、二度と人を殺さないという誓いを立て流浪人(るろうに)生活を送っていた。 それから10...
2012年08月26日(日)08時37分 受信
『るろうに剣心』 2012年8月8日 ワーナー試写室 from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『るろうに剣心』 を試写会で観賞しました。想定通りの映画だよね【ストーリー】 幕末から明治になり、かつて「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられた剣客・緋村剣心(佐藤健)は「不殺(ころさず)」の誓いのもと...
2012年08月26日(日)09時21分 受信
「るろうに剣心」みた。 from たいむのひとりごと
予告編での佐藤健くんによるキレのある殺陣に魅せられて、この夏一番楽しみにしていた邦画。もちろん健くんの雄姿だけではなく、監督の大友啓史氏は『ハゲタカ』や『龍馬伝』を手がけた方で、音楽も同じく佐藤直紀氏
2012年08月26日(日)09時52分 受信
るろうに剣心 from 佐藤秀の徒然幻視録
公式サイト。和月伸宏原作、大友啓史監督、佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之。アニメ「るろうに剣心-明治 ...
2012年08月26日(日)11時05分 受信
るろうに剣心 from Akira's VOICE
おろ。悪くはないでござるよ。 
2012年08月26日(日)12時47分 受信
【映画】るろうに剣心 from ★紅茶屋ロンド★
<るろうに剣心 を観て来ました>製作:2012年日本人気ブログランキングへヤプログさんのご招待で、東京国際フォーラムで行われた、プレミア試写会にて鑑賞してきました。ちょっと日数が経ってしまいました。映...
2012年08月26日(日)18時05分 受信
『るろうに剣心』 from こねたみっくす
人斬り抜刀斎こと緋村剣心を演じる佐藤健が見事なまでに美しい。でも詰め込みすぎた敵キャラが魅力不足のこの脚本は全くもって美しくない。あの「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」 ...
2012年08月26日(日)20時13分 受信
るろうに剣心 from あーうぃ だにぇっと
るろうに剣心@東京国際フォーラムホールA
2012年08月26日(日)20時39分 受信
「るろうに剣心」 from 大吉!
<金曜日>(8月22日・ユナイテッドシネマ・女性サービスデー・12時45分〜)先行上映していたので、早速観てきました。言わずと知れた人気漫画「るろうに剣心」の実写化。主役の剣心を佐藤健君が演じるとなれば、これ...
2012年08月26日(日)21時21分 受信
「るろうに剣心」 もうひとりの以蔵の物語 from はらやんの映画徒然草
少年ジャンプに連載されベストセラーとなったコミック「るろうに剣心 -明治剣客浪漫
2012年08月26日(日)22時03分 受信
[映画『るろうに剣心』を観た(短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆原作も大好きだったが、この映画化も、とても良かった。 何よりも、佐藤健演じる主人公・剣心が、この映画のキャッチコピーであった「草食系最強!」を見事に体現していて素晴らしかった。 そもそも、「草食系」...
2012年08月26日(日)22時07分 受信
るろうに剣心 from 新・映画鑑賞★日記・・・
2012/08/25公開 日本 134分監督:大友啓史出演:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之かならず、帰る。幕末から明治になり、かつて「人斬(き)り抜刀...
2012年08月26日(日)22時47分 受信
るろうに剣心 from ダイターンクラッシュ!!
2012年8月23日(木) 18:30~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『るろうに剣心』公式サイト 漫画原作。読んだことは無い。 想定していたより面白かったよ。「あずみ」とかより出来...
2012年08月26日(日)23時01分 受信
「るろうに剣心」イメージぴったりで納得 from ノルウェー暮らし・イン・原宿
「るろ剣」は好きだった。まるで佐藤 健くんが人気者になっていつか実写版の主役をやるのを想定して描いたのではと思うほど、漫画のキャラクターの主役にぴったり。実際、彼しかいないよね!
2012年08月26日(日)23時20分 受信
「るろうに剣心」不殺の戦いを繰り広げた先にみた助けたいと願う優しい心と人を斬らずに活かせる剣術 from オールマイティにコメンテート
「るろうに剣心」は和月伸宏原作の「るろうに剣心」を実写化した作品で幕末に人斬りに生きた剣客が明治維新では人を斬らない誓いの中で生きるが、ある人たちとの出会いで再び剣を ...
2012年08月26日(日)23時47分 受信
るろうに剣心 from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ワイヤーもVFXも使わないでここまで見事なアクションを見せられると唸るしかない。刀の使い方が従来の日本映画と異なるけど、これは新しいスタイルの確立だろう。佐藤健は単なるアイドルだと思っていたけど、これほど...
2012年08月27日(月)00時27分 受信
るろうに剣心 : きれきれの殺陣を堪能 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 今日は、食品衛生責任者の講習を受けてまいりました。実生活においても、役立つ知識が身に付く有意義な講習でした。では、本日紹介する作品は、有意義な時間を過ごせたこちらの
2012年08月27日(月)21時20分 受信
映画『るろうに剣心』観てきたよ~~(^_^)b from よくばりアンテナ
カッコイイ~~\(^O^)/健くん!強烈な個性を放つキャスト!人気の同名コミックが原作。アニメもやってたんだね。私は原作未読、アニメも未見。『龍馬伝』を手がけた大友啓史監督。...
2012年08月27日(月)22時39分 受信
『るろうに剣心』(プレミア試写会) from ・*・ etoile ・*・
'12.08.15 『るろうに剣心』プレミア試写会@東京国際フォーラムyaplogで当選。いつもありがとうございます! 舞台挨拶つき試写会なのでうれしい♪ 同じく試写会当選した、お友達のtomocoさんと、まだ~むと合流して行ってき...
2012年08月28日(火)02時05分 受信
るろうに剣心 from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ワイヤーもVFXも使わないでここまで見事なアクションを見せられると唸るしかない。刀の使い方が従来の日本映画と異なるけど、これは新しいスタイルの確立だろう。佐藤健は単なるアイドルだと思っていたけど、これほど...
2012年08月29日(水)20時33分 受信
『るろうに剣心』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心」□監督 大友啓史 □原作 和月伸宏 (「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」)□脚本 藤井清美、大友啓史□キャスト 佐藤 健、武井 咲、吉川晃司、蒼井 優、江口洋介、青木...
2012年08月31日(金)12時26分 受信
るろうに剣心(2012-111) from 単館系
るろうに剣心 MOVIX川口幕末から明治になり、かつて「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられた剣客・緋村剣心(佐藤健)は「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人となっていた。流浪の旅の途中、剣心...
2012年08月31日(金)23時07分 受信
大友啓史監督インタビュー:映画「るろうに剣心」について【1/2】 from INTRO
人気コミックの実写映画としてはもちろん、原作に引けを取らないド派手なアクションシーンが大評判を呼んでいる映画『るろうに剣心』が公開中の大友啓史監督に、作品のことやアメリカ時代などに関するお話を伺った。...
2012年09月01日(土)20時56分 受信
るろうに剣心 from だらだら無気力ブログ!
アクションシーンは見応えアリ!
2012年09月02日(日)00時08分 受信
るろうに剣心 from 花ごよみ
和月伸宏のコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を実写化。監督は、ドラマ「龍馬伝」の大友啓史。佐藤健が主演の時代劇。「人斬り抜刀斎」と呼ばれた緋村剣心が、同じく「人斬り抜刀斎」と名乗る男に遭遇。剣心...
2012年09月02日(日)00時16分 受信
るろうに剣心 from 538ねん。
結構新宿ピカデリーで予告編を何回か見ててワイヤーアクションのチャンバラ映画なのねそして『映画秘宝』でアクション監督が谷垣さんだと早速見に行ってきたのですが、2時間13分の長尺でしたが大変満足する映画でした...
2012年09月02日(日)00時35分 受信
るろうに剣心 from うろうろ日記
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マンガが原作なのは知っていました。健
2012年09月02日(日)07時50分 受信
映画「るろうに剣心」 from FREE TIME
映画「るろうに剣心」を鑑賞しました。
2012年09月03日(月)00時13分 受信
映画 るろうに剣心 from 充実した毎日を送るための独り言
映画 るろうに剣心 (佐藤健 武井咲 江口洋介 香川照之出演 202年8月25日より上映)1994〜99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化もされて人気を博した和月伸宏の剣客漫画「るろうに剣心...
2012年09月09日(日)09時29分 受信
「龍馬伝」のその後。『るろうに剣心』 from 水曜日のシネマ日記
和月伸宏のコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を実写版映画化した作品です。
2012年09月15日(土)08時57分 受信
るろうに剣心/佐藤健、武井咲 from カノンな日々
和月伸宏さんの同名コミックを原作に『ハゲタカ』の大友啓史監督が脚本も担当して実写化した時代剣劇映画です。原作は未読ですが有名な作品ですからもちろん知ってはいました。で ...
2012年09月15日(土)21時59分 受信
踊る剣客~『るろうに剣心』 from 真紅のthinkingdays
 幕末の混乱期、「人斬り抜刀斎」 と呼ばれて怖れられた男がいた。明治維新から10年、男は緋村剣心(佐藤健)と名を変え、二度と人は斬らぬと「不殺の誓い」 を自らに立て、流浪人として旅を続けてい...
2012年09月16日(日)11時08分 受信
るろうに剣心 from 萬歳楽の酒飲み日記
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/原作コミックは全巻所持、アニメは未鑑賞。見た目は原作どおりだけど、はたして原作ファンにも満足できる作品となっているでしょうか?幕末から明治になり、かつて「人...
2012年09月17日(月)07時56分 受信
「るろうに剣心」 from お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
2012年・ 日本/配給:ワーナー・ブラザース 監督:大友啓史原作:和月伸宏脚本:藤井清美、大友啓史アクション監督:谷垣健治製作総指揮:ウィリアム・アイアトンエグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦プ
2012年09月17日(月)14時16分 受信
るろうに剣心 from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★☆【3,5点】(10)降参でござる!←って忍者ハットリくんかよ!
2012年09月17日(月)17時59分 受信
るろうに剣心 from 映画的・絵画的・音楽的
 『るろうに剣心』を渋谷TOEIで見ました。(1)映画『BECK』で好演した佐藤健が出演するというので見に出かけたのですが、まずまずといったところでした。 舞台は、明治11年の東京。 人斬り抜刀斎を偽って名乗る男(吉...
2012年09月27日(木)04時11分 受信
『るろうに剣心』 from beatitude
明治11年。東京では、人斬り抜刀斎を名乗る男が誰かれ構わず斬りつける事件が発生していた。亡父から継承した神谷道場を切り盛りする神谷薫(武井咲)が無謀にも男に立ち向かおうとしているところを、通りすがりの男...
2012年09月28日(金)00時14分 受信
実写 るろうに剣心 from にきログ
こちら週間少年ジャンプで連載していた人気漫画の実写映画ですね今更ながら見てきました原作の漫画は以前友人に借りて全巻読破済みアニメは小学生の時に日曜日の習慣としてみてたなぁ追億編は大学生...
2012年10月01日(月)19時51分 受信
No.329 るろうに剣心 from 気ままな映画生活
1994〜99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化もされて人気を博した和月伸宏の剣客漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」を実写映画化。伝説の「人斬り抜 ...
2012年10月13日(土)23時21分 受信
るろうに剣心 from 銀幕大帝α
12年/日本/134分/時代劇アクション/劇場公開(2012/08/25)−監督−大友啓史−原作−和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』−脚本−大友啓史−主題歌−ONE OK ROCK『The Beginning』−出演−*佐藤健『劇場版TRICK ...
2012年12月29日(土)15時41分 受信
るろうに剣心 from いやいやえん
時代劇のいわゆる「殺陣」では無く、「アクション剣劇」という所が新しい試みかなって思います。週刊少年ジャンプに連載された和月伸宏さんのコミック「るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−」を実写映画化したもの(漫画...
2013年01月01日(火)23時26分 受信

コメント一覧

投稿者:yukarin 2012年08月31日(金)12時47分 編集・削除

いつもTBでお世話になってます。
間違ってまた送ってしまいましたので削除お願いします。すみません。

http://blog.goo.ne.jp/yukarin_51

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー