記事一覧

映画「トータル・リコール」感想

ファイル 723-1.jpg

映画「トータル・リコール」観に行ってきました。
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で劇場公開された、同名アメリカ映画のリメイク作品。
今作ではコリン・ファレルが主人公を担っています。

リメイク版「トータル・リコール」では、旧作のそれとは世界設定が大きく異なっています。
旧作「トータル・リコール」では、人類が火星に進出し、火星のエネルギーを採取し火星を牛耳っているエネルギー会社との戦いが繰り広げられるのですが、リメイク版の舞台はあくまでも地球。
作中の地球は、21世紀末に勃発した世界大戦で大量の化学兵器が使用された結果、大気中に致死性の猛毒が充満したことでほとんどの地域が居住不能となってしまい、人類はわずか2箇所の居住可能区域に集中して生活するようになっています。
現在のイギリスにあるブリテン諸島を中心に、限られた富裕層が居住するブリテン連邦。
貧民層がひしめき合いながら居住するオーストラリア大陸のコロニー。
この両者を繋ぐ唯一のルートは、地球の内部をくり抜き、核を通して地球の表と裏を繋ぐ「フォール」と呼ばれる地中エレベーター。
この「フォール」は数万単位の人間やロボットすらも運搬できる能力を有しています。
「フォール」の地球の表から裏まで移動する際にかかる所要時間は、だいたい30分~1時間といったところになるでしょうか。
コロニーの労働者の中には、「フォール」に乗ってブリテン連邦まで移動し、そこで単純労働に勤しむ者も数多く存在しました。
今作の主人公であるダグラス・クエイドもまた、すくなくとも作中の序盤ではそんな労働者のひとりとして働いている人間のひとりでした。

ここ最近、ダグラス・クエイドは毎晩おかしな夢を見ることに悩まされていました。
その夢の内容とは、どこかの施設と思しき場所で、全く知らない女性と逃亡する中、追手に撃たれて女性と離れ離れになってしまい、自身は追手達に捕縛されてしまうというもの。
夢から覚めたダグラス・クエイドは、彼の身を案じた妻のローリーとセックスに及ぼうとするものの、直後にローリーが電話で呼び出されてしまい、結局何もすることがないまま、単身「フォール」へと向かうのでした。
ダグラス・クエイドは、シンセティックという治安維持目的のロボット大量生産の仕事に携わっており、真面目な勤務で昇進のチャンスを掴んでいました。
しかし、貧民層のコロニー出身という出自が仇となってしまい、彼の昇進はブリテン連邦出身の対立候補によって見送られてしまうのでした。
やるせない気分になったダグラス・クエイドは、ふと街中で見たリコール社の宣伝を思い出します。
リコール社は、客の都合に応じた都合の良い記憶を植え付けることで、客に疑似体験を楽しませることを生業とする企業。
ダグラス・クエイドの友人兼勤務会社での同僚であるハリーの反対を押し切り、彼はリコール社を訪問。
そしてスタッフに対し、「諜報員として活躍する」という記憶を植え付けることを依頼するのでした。

しかし、いざ記憶を植え付ける作業へ入ろうとした時、突如機械がアラートを発し、スタッフ達は作業を中断。
さらにその直後、今度は大勢の武装警官達がリコール社内へとなだれ込み、リコール社のスタッフ達を撃ち殺してダグラス・クエイドに銃を突きつけてくるではありませんか。
自分が何故銃を突き付けられなければならないのか、混乱に陥るダグラス・クエイドでしたが、今度はその彼自身の身の上に異変が起こります。
なんと彼は、類稀なる戦闘技術を発揮し、複数の武装警官達をその手で壊滅させてしまうのです。
当然、そんな戦闘技術を身につけた覚えもないダグラス・クエイドは、リコール社の惨劇がニュースで大々的に報じられる中、身を隠すように自宅へと戻ることに。
混乱しながらも帰宅したダグラス・クエイドは、妻のローリーに事情を説明。
半信半疑ながらも、とりあえずダグラス・クエイドと抱擁するローリー。
ところが、ここでローリーは突如、ダグラス・クエイドを絞め殺そうとし、2人はそのまま戦闘に突入してしまいます。
そしてローリーは、驚くべきことをダグラス・クエイドに告げるのでした。
自分はダグラス・クエイドの妻ではなく監視役であり、彼の名前も偽名、経歴も全て偽の記録と記憶によってでっち上げられたものであると。
衝撃を受けざるをえなかったダグラス・クエイドは、すっかり恐怖の存在となりおおせてしまったローリーの魔の手から脱出、逃避行を余儀なくされることになるのですが……。

映画「トータル・リコール」では、主人公の妻であるローリー役を、映画「アンダーワールド」シリーズの主演として有名なケイト・ベッキンセールが演じています。
疑問の余地なくその影響なのでしょけど、作中におけるローリーは、ほとんどまんま「アンダーワールド」シリーズの主人公にして女性ヴァンパイアのセリーンそのものです。
アクションシーンはもちろんのこと、黒ずくめの服装を終始身に纏っているところも全く同じで、他の治安部隊達と比べても明らかに浮いていましたし。
明らかに「アンダーワールド」を意識して造形されているのが丸分かりなキャラクターでしたね(苦笑)。
1990年版「トータル・リコール」と異なり、彼女は終盤まで生き残り続けて最後まで主人公達の脅威であり続けます。
ただ、あのラストのダグラス・クエイド襲撃は、正直何がやりたかったのかよく分からないところはありましたね。
あの時点では、ローリーの上司でコロニー侵略の総指揮を担っていたコーヘイゲンは既に死んでいた上、「フォール」も破壊されて侵略の勝敗の帰趨も決していたのですから、彼女がダグラス・クエイドを殺す意味なんて何もなかったも同然だったのですが。
ローリーにとって、コーヘイゲンの命令は、命令権者が死んで状況が激変してさえも何が何でも遂行しなければならないものだったのでしょうか?
ラスボスたるコーヘイゲンが生きていた中で死んだ1990年版のローリーの方については、そんな疑問を抱く必要もなかったのですが……。

また、コーヘイゲンがオーストラリアのコロニーを侵略する意思をアレだけ明確に表明した上、「フォール」を使った侵略経路まで最初から判明していたにもかかわらず、ダグラス・クエイド以外に「フォール」の破壊を意図した人間がコロニー側にいなかったのも少々疑問ではありました。
ブリテン連邦とコロニーを繋ぐ唯一の道である「フォール」を破壊すれば、敵側の侵攻意図を挫き、少なくとも一定の時間を稼ぐことは充分に可能なことは誰の目にも明らかなのですから。
現地のブリテン連邦の治安維持部隊が「フォール」を死守していたような感じもまるでなく、コロニーの住民達はただただパニックに陥って逃げ惑っていただけでしかありませんでしたし。
それ以前に、既に実質的な従属という形でコロニーを支配下に置いているブリテン連邦が、わざわざ数万の大兵力を派遣してコロニー相手に侵略と殺戮を行わなければならない必然性がまるでなかったりするんですよね。
ブリテン連邦が必要としている「コロニーの労働力」にしても、既に「フォール」を介して大量に送られているような状態なのですし、単純労働者が必要なのであれば、それ専用のロボットを大量増産するという方法だって使えるはずでしょう。
あの世界では、治安維持目的のロボットが普通に作れるだけの技術力が既に確立されているのですからなおのこと。
また、ブリテン連邦の土地が少ないからコロニーの土地獲得を目的としているのであれば、元々ブリテン連邦側はあそこまで強権力が行使できるのですから、合法的な経済活動と権力の行使で「フォール」を中心に自分達の居住区域を少しずつ広げていく方が却って効率が良さそうなものなのですが。
ダグラス・クエイドを使ってレジスタンスの壊滅にも成功した後であればなおのこと、彼らに悪のレッテル貼りをすることで、コロニーの住民達に「ブリテン連邦こそが正義」と信じさせることも可能なわけなのですし。
あの時点で、ブリテン連邦がコロニーを、それも力づくで侵略などしなくてはならない理由は何もないはずなのですが。

アクションシーンや演出などでは1990年版に勝りますが、ストーリー設定や説得力などは1990年版の方に軍配が上がる、といったところになるでしょうか。
個人的には、1990年版「トータル・リコール」に「アンダーワールド」的な要素をミックスした作品として楽しんでいましたね、今作は。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/723
トータル・リコール from ハリウッド映画 LOVE
原題:Total Recall監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、・・・3つのおっぱいだけは記憶が甦った!
2012年08月17日(金)20時21分 受信
トータル・リコール(2012) from 佐藤秀の徒然幻視録
略奪愛が招いたアヘン戦争?公式サイト。原題:Total Recall。フィリップ・K・ディック原作、レン・ワイズマン監督、コリン・ファレル、ジェシカ・ビール、ケイト・ベッキンセール、ビ ...
2012年08月17日(金)20時34分 受信
「トータル・リコール」 from 元・副会長のCinema Days
 (原題:Total Recall)映画の設定自体が噴飯物である。21世紀末の地球は戦争によってほとんど人が住めない状態になっており、わずかに上層階級中心のブリテン連邦と下層階級民ばかりの豪州のコロニーの2か所のみが...
2012年08月17日(金)20時58分 受信
トータル・リコール from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
舞台が地球の裕福な人々が暮らす地域と搾取される地域に分けられて、主人公は体制維持の秘密を握っているという設定だ。記憶を操作できるようになった世の中では権力維持のために、他人のそれを操作する。主人公たち...
2012年08月17日(金)21時02分 受信
トータル・リコール / Total Recall from 勝手に映画評
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化された『トータル・リコール』のリメイク。1990年の作品では火星が舞台だったが、今作では地球が舞台になっています。なるほど、そう来ましたか。地球が舞台に変...
2012年08月17日(金)21時43分 受信
トータル・リコール(2012) from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10)息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!
2012年08月17日(金)21時57分 受信
トータル・リコール from とりあえず、コメントです
フィリップ・K・ディック著の短編小説を原作にしたSFアクションです。 シュワちゃん主演の1990年版があまりにもインパクトがあったので、 これをどうリメイクするのだろうとかなり気になっていました。 設定を変えた近...
2012年08月17日(金)22時13分 受信
[映画『トータル・リコール(2012)』を観た(短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、 いざ見てみると、かなり、オリジナ...
2012年08月17日(金)22時43分 受信
トータル・リコール from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
トータル・リコール (ディック短篇傑作選)クチコミを見る記憶と存在意義を求めて命がけのバトルを繰り広げるSFアクション「トータル・リコール」。人間ドラマは薄味だがド派手な ...
2012年08月17日(金)22時47分 受信
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 from はらやんの映画徒然草
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
2012年08月17日(金)22時52分 受信
『トータル・リコール』(コリン・ファレル版) from ラムの大通り
(原題:Total Recall)----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。「うん。予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、おまけにナレー...
2012年08月17日(金)23時16分 受信
映画「トータル・リコール」 from ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
2012/8/11、ユナイテッドシネマ豊洲。当日は東京湾大華火祭のため、午後から駐車場、および周辺道路の規制があるということだった。最も大きい10番スクリーンでの上映。ついこの間は「ダークナイト・ライジ...
2012年08月18日(土)00時02分 受信
レン・ワイズマン監督『トータル・リコール (2012)』(Total Recall) from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容、台詞に触れています。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作された『トー タル・リコール』の正統派リメイク。出演はコリン・ファレル、ケイト・
2012年08月18日(土)00時07分 受信
『トータル・リコール』 from beatitude
“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な...
2012年08月18日(土)01時58分 受信
トータル・リコール from 象のロケット
戦争で地球の大部分が居住不可能となり、富裕層が暮らす“ブリテン連邦(UFB)”と、その支配下にある地球の反対側の貧しい地区“コロニー”だけが残った21世紀末。 人工記憶センター・リコール社で「スパイになった...
2012年08月18日(土)08時20分 受信
『トータル・リコール』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、...
2012年08月18日(土)08時57分 受信
トータル・リコール from そーれりぽーと
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。★★★シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での...
2012年08月18日(土)09時14分 受信
トータル・リコール from Akira's VOICE
鬼嫁がサイコーすぎる。 
2012年08月18日(土)10時57分 受信
映画『トータル・リコール』(2012)★ココゾの“フォール”の仕業に絶賛です! from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    映画 『トータル・リコール』 と言えば シュワルツェネッカー主演の前作☆で ・頭が層状にスライスされたのや ・火星で目玉が飛び出そう><というのが 強烈な印象でした。   記憶を買える旅...
2012年08月18日(土)12時35分 受信
トータル・リコール/TOTAL RECALL from いい加減社長の映画日記
シュワちゃんのは、観てないんだけど・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にユーロメリカとニューアジアの二つの地域で生...
2012年08月18日(土)13時35分 受信
トータル・リコール (Total Recall) from Subterranean サブタレイニアン
監督 レン・ワイズマン 主演 コリン・ファレル 2012年 アメリカ/カナダ映画 118分 SF 採点★★★ 事実と異なることを“事実として記憶”するってのは、社会情勢を見るまでもなくよくあることですよねぇ。私...
2012年08月18日(土)19時37分 受信
トータル・リコール from だらだら無気力ブログ!
テンポよくて面白かったな。
2012年08月19日(日)01時20分 受信
「トータルリコール」(2012) from INUNEKO
コリン・ファレルがまたリメイクでやらかした、てな口調でけちょんけちょんに笑ってやるくらいのつもりで見に行ったのですが…。 SF好きのツレのおともだし。 現場があまりにもあまりにもマジメにやっているので、悪...
2012年08月19日(日)13時49分 受信
「トータル・リコール」みた。 from たいむのひとりごと
火星が舞台でシュワちゃん主演の1990年版から、舞台を地球に移してコリン・ファレルでリメイク。ストーリーがほとんど変わっていないこともあり古いような新しいような感じだが、古き良きSF映画を再現しつつ、
2012年08月19日(日)16時54分 受信
「トータル・リコール」 from みんなシネマいいのに!
 1990年にポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演
2012年08月19日(日)18時54分 受信
トータル・リコール(2012) from 新・映画鑑賞★日記・・・
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイなりたい自分になれる記...
2012年08月19日(日)22時17分 受信
トータル・リコール from ダイターンクラッシュ!!
2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前に...
2012年08月20日(月)00時35分 受信
★トータル・リコール(2012)★ from Cinema Collection 2
TOTAL RECALLなりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか?映時間 118分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/08/10 【解説】 ポール・ヴァーホーヴェン監督、アー...
2012年08月20日(月)01時23分 受信
トータル・リコール SF映画としては上出来 from 労組書記長社労士のブログ
【=34 -4-】 火星に着陸した探査機「キュリオシティー」の映像をワクワクしながら見ている今日この頃、ずいぶん昔に火星に移住するという壮大なイメージでありながらしょぼかったシュワルツェネッガーのトータルリコ...
2012年08月22日(水)09時37分 受信
『トータル・リコール』でもリコールされないこと from Healing
トータル・リコール ★★★ “記憶”に頼らず なりたい自分になればいい そう言っちゃうと、元も子もないんですが、 いわずと知れた、シュワちゃん主演、ポール・バーホーベン監督による 1990年の伝説的なSF映画を コリ...
2012年08月22日(水)14時02分 受信
トータル・リコール : 格差社会をぶっ壊せ!! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 私自身、高校野球には全く興味ありませんが、大阪桐蔭が春夏連覇したとの事ですね。おめでとうございます。では、本日紹介する作品は、こちらになります。【題名】トータル
2012年08月23日(木)19時54分 受信
『トータル・リコール』(2012) from 【徒然なるままに・・・】
フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』二度目の映画化!――ではなく、ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』のリメイク版です。シュワちゃ...
2012年08月25日(土)21時05分 受信
トータル・リコール (2012)/コリン・ファレル from カノンな日々
1990年にポール・バーホーベン監督によるアーノルド・シュワルツェネッガーの主演で大ヒットした『トータル・リコール』を『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督がコリン・ファ ...
2012年08月25日(土)21時43分 受信
「トータル・リコール」 from きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)
シュワちゃん版が好きだったので予告を見る限りではハズレだと思いつつそのハズレ加減を確かめに行ってきましたが、はっきり言って、つまらなかったです。「ブレードランナー」な街並みに「フィフスエレメント」のよ...
2012年08月25日(土)21時50分 受信
トータル・リコール@映画リメイク from 徒然なるサムディ
「スターウォーズⅣ」が公開されたのが1977年。それから13年後の1990年に「トータルリコール」は制作された。前者がSF映画の映像へ与えた影響が大きかっただけに、後者については「10数年後となれば‥」と期待したが、残...
2012年08月26日(日)06時30分 受信
「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[トータル・リコール] ブログ村キーワード あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかった...
2012年08月26日(日)16時08分 受信
完全記憶能力 from Break Time
今朝は、曇りがちで湿度が在り・・・・
2012年08月26日(日)17時23分 受信
トータル・リコール from ケントのたそがれ劇場
★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているの...
2012年08月26日(日)20時24分 受信
トータル・リコール from 迷宮映画館
え、ベッキンセールの映画だったのねえ〜。
2012年08月27日(月)15時39分 受信
■トータル・リコール(2012) from しんちゃんの徒然なる映画日記
第275回「原作は同じだが、テイストは違った作品に・・・」SF作家の大御所「フィリップ・K・ディック」の短編「追憶売ります」をポール・バーホーベン監督により、主演アーノルド・シュワルツェネッガーで映像...
2012年08月27日(月)21時08分 受信
完全記憶能力 from Break Time
今朝は、曇りがちで湿度が在り・・・・
2012年08月29日(水)19時54分 受信
映画を観た〜トータル・リコール 日本語吹替え版〜 from 垂直落下式どうでもいい話
本文はこちら→
2012年09月01日(土)15時14分 受信
「トータル・リコール」感想(簡易版) from 流浪の狂人ブログ ~旅路より~
 フィリップ・K・ディック「追憶売ります」原作。アーノルド・シュワツェネッガー主演で大ヒットしたSFアクションを、「アンダーワールド」のレン・ワイズマン監督、「アレキサンダー」のコリン・ファレル主演でリメ...
2012年09月19日(水)19時38分 受信
『トータル・リコール(2012)』('12初鑑賞81・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6)8月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
2012年09月25日(火)16時14分 受信
映画:トータル・リコール from よしなしごと
 アーノルド・シュワルツェネッガー主演のオリジナル作品がとても好きだったので、予告編を見た時から、見たくて見たくて、待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったリメイク版トータル・リコールの記事です。
2012年10月19日(金)03時00分 受信
映画『トータル・リコール』を観て from kintyre's Diary 新館
12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿)TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原...
2012年12月16日(日)09時45分 受信
トータル・リコール from いやいやえん
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変...
2013年01月23日(水)09時53分 受信
トータル・リコール from タケヤと愉快な仲間達
【あらすじ】 近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている...
2013年01月27日(日)20時14分 受信
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます! from ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
皆様、新年あけましておめでとうございます当ブログ、今年(もなんとか)始動できました本年も宜しくお願いいたしますさて、まずは近況から…2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの...
2014年05月10日(土)23時52分 受信

コメント一覧

投稿者:KGR 2012年08月18日(土)00時14分 編集・削除

火星かどうかはともかく、今の時代、シュワちゃん時のようなミュータントの設定はまずいんだろうなと思いました。
「酸素」に変わるキーワードとして設定されたのが「フォール」の崩壊だったような気がします。
記事を読んでいて「そうだよね」と思う部分が多々あります。設定を変えることの難しさを感じます。

ところで、「フォール」の所要時間。
理論的な計算上は42分ほどになりますが、映画の中では17分と言っていたような気がします。

http://blog.goo.ne.jp/thiroi/

投稿者:yutake☆イヴ 2012年08月18日(土)12時34分 編集・削除

TBありがとうございます。

前作のインパクトが大きい作品のリメイクはむずかしいかもしれませんが、今回の味付けは、まずまず面白かったと思います☆

ではでは☆

http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年08月19日(日)01時55分 編集・削除

>KGRさん
アクションや演出など、「見せる」シーンは元作品よりもパワーアップしているのですが、ストーリーや設定はねぇ……。
「フォール」も何故ひとつしかないんだ、予備用にも通常運行の観点からも複数のルートを作っておけばよいのにとか、色々とツッコミどころが多々ありましたし。

>yutake☆イヴさん
元作品がアーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画でしたし、今回のリメイク版は元作品と比較する人が多そうではありますね。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:sakurai 2012年08月27日(月)15時39分 編集・削除

レン・ワイズマンですから、意味なぞ深く考えず、とにかく「妻を見てくれ!僕の妻、きれいでしょ!」映画と理解してます。
まあ見せびらかしたくなるのも、わかりますけどねえ。

前作も、いい塩梅に忘れてて、ちょうどいいリメイク時期だったなあと感じました。
作って、すぐさまリメイクってのは、興ざめですから。

http://blog.goo.ne.jp/sakura1043_2004

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年08月27日(月)22時26分 編集・削除

>sakuraiさん
ケイト・ベッキンセール演じる偽装奥さんのローリーは、主人公とヒロインの2人をすら食ってしまいかねないほどの存在感がありましたからねぇ(苦笑)。
実はローリーがヒロインです、と言われても違和感がなかったくらいですし。
個人的には、派手なアクションシーンといい、黒ずくめのボディスーツといい、映画「アンダーワールド」シリーズで主人公を張っていた彼女を強烈に連想させられました(^^;;)。
絶対狙ってやっていただろう、と(笑)。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー