記事一覧

銀英伝外伝舞台版「輝く星 闇を裂いて」の公演決定

銀英伝舞台版公式サイトで、2012年8月3日から10日間公演されている「撃墜王編」に続く舞台が発表されました。
舞台のタイトルは「輝く星、闇を裂いて」。

銀英伝舞台版公式サイト
http://www.gineiden.jp/
「輝く星 闇を裂いて」公式ページ
http://www.gineiden.jp/kagayaku/

個人的には、次の舞台の発表は「撃墜王編」の舞台公演が終わった直後辺りになるのではないかと考えていたのですが、予想よりも早い発表で少々意表を突かれました(^^;;)。
ストーリー紹介を見る限りでは、原作の銀英伝外伝3巻をシェーンコップの視点から見たものになりそうですね。
キャストについては、「撃墜王編」と同一キャラクターについては「撃墜王編」と同じ人が担う、ということになりそうですが。
シェーンコップのキャストが「自由惑星同盟編」から変わっていたのは、この公演を行うためでもあったのでしょうね。
もっとも、キャストのスケジュール的な都合などの「大人の事情」から、「撃墜王編」のキャストをまた入れ替える、という可能性も否定できないところではあるのですが(-_-;;)。

この流れから考えると、また今年の10月か11月頃に今度は本編の第三章が発表される、という流れになるのでしょうか?
銀英伝本編の舞台も、すくなくとも「両雄の対決」というハイライトな部分を飾れるであろうバーミリオン星域会戦がある銀英伝5巻までは確実に進むつもりではあるでしょうし、これまでの傾向を見る限りでは来年の4月頃に第三章の公演が行われる可能性が高いのですから。
帝国編と自由惑星同盟編でそれぞれ「客寄せパンダ」的な役割を担っていた松坂桃李と河村隆一のダブルキャスト、というだけでも、集客力は充分に期待できるわけですし。
ただ、回廊の戦いやロイエンタールの叛乱、ラインハルトの崩御などまで公演されるのかどうかは、正直かなり微妙なところではあるのですけどね。
あの辺りのストーリーは、「そのまま舞台にして『絵』になるのか?」という疑問もありますし。
第四章以降は果たして公演されるのか、要注目ですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/713

コメント一覧

投稿者:葵猫 2012年08月04日(土)19時07分 編集・削除

こんばんは。
短期間とはいえ、箱が大きいので、やはりシェーンコップは松井さんでしょうか(知名度的に)
せめてメインキャストだけでも発表してから先行抽選予約を始めてほしかったと思います。
ダブルキャスト、というのは同じ役を2人の役者でまわすこと(現在宝塚月組のロミオ&ジュリエットはロミオとジュリエットの従兄ティボルトを2人の男役さんが交代で演じてるので、これに該当します)なので、松坂さんと河村さんには該当しません。
ダブル主役、と言う感じでしょうか。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年08月04日(土)23時41分 編集・削除

>葵猫さん
シェーンコップなんて今年の舞台公演で初登場していた上に外伝舞台での出演も事前に決まっていたはずなのに、何故それでキャストを変更してしまうのか凄く疑問ですね。
去年公演のラインハルトやキルヒアイスのキャスト変更でさえ、悪影響や弊害は少なくないのに。
来年に行われると思われる本編の第三章では、松坂桃李や河村隆一その他の主要なキャスト面々は変更されることなくちゃんと出てくるのか、ということからして不安にならざるをえないところですし(-_-;;)。
一度公演されてしまったら、そのイメージは定着するものなのですし、安易に変更して良いものなどではないはずなのですけどねぇ。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー