記事一覧

映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」感想

ファイル 690-1.jpg

映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」観に行ってきました。
海難事故の救助に奮闘する海上保安官達の姿を描く、同名漫画原作の人気シリーズ劇場版第4弾。
劇場版の「海猿」シリーズは、前作「THE LAST MESSAGE/ザ・ラストメッセージ 海猿」および前々作「LIMIT OF LOVE/リミット・オブ・ラブ 海猿」において「シリーズ完結編」を謳い文句にした宣伝が盛んに行われていましたが、その謳い文句を2度も裏切った形で劇場公開された今作では、さすがに同じキャッチフレーズを使う気にはなれなかったみたいですね(苦笑)。
製作側としては、今作の観客動員数と興行収益が成功レベルに到達すれば、また続編を作る気満々なのでしょうし、その判断自体は正しいと思うのですが、どことなく「大人の世界&事情」が垣間見られる光景ではあります(^_^;;)。
前作も前々作もそうでしたが、今作も映画単体だけで楽しめる仕様となっており、これまでの「海猿」シリーズを知らない方でも問題なく観賞することができます。

今作が現実世界で前作から2年後に劇場公開されているのに合わせたものなのか、作中時間においても前作の「レガリア」の事故より2年の時間が経過している今作の舞台。
「海猿」シリーズの主人公である仙崎大輔は、前作まで所属していた海上保安庁の第十管区から「第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地」こと特殊救難隊、通称「特救隊」に自ら志願し配属されていました。
「特救隊」は、全国各地で発生する非常に特殊で危険な救助活動を行うことを目的とする、海難救助のスペシャリスト達で構成されている部隊を指します。
「特救隊」の誕生は、1974年11月に東京湾で発生した、LPG・石油混載タンカーの「第十雄洋丸」とリベリア船籍の貨物船「パシフィック・アレス」が衝突・爆発炎上して総計30名以上の乗組員が犠牲となった「第十雄洋丸事件」を発端としており、当初は5名で発足、現在は1隊につき6名で構成される、第一から第六までの6隊36名で構成されています。
形式上は海上保安庁の第三管区に所属していますが、出動地域に制限はなく、海上保安庁の各管区からの出動要請に基づいて全国各地で救助活動を行う部隊とされています。
第十管区の機動救難隊で隊長になる話も持ち上がっていた仙崎大輔は、しかしその話を断り、後輩の吉岡哲也と共に「特救隊」の第二隊へと異動してきたのでした。

作中で最初に展開される「特救隊」第二隊の任務は、台風が接近している中で発生した大阪湾で事故を起こし沈没しつつあるコンテナ船での救難活動。
暴風雨が吹き荒れる中、既に大きく斜めに傾斜し積載されたコンテナ群が今にも海に転げ落ちそうになっている船の救出作業は、当然のことながら至難を極めるものがありました。
それでも「特救隊」第二隊の面々は、ヘリを巧みに船に接近させ、船上にいた2人を救助することに成功します。
しかし2人をヘリまで引き上げた直後、仙崎大輔は未だ船上にいた人がいるのを発見。
既に船はいつ沈没してもおかしくない危険な状況になっていたのですが、周囲が止めるのも聞かずに仙崎大輔は船上の人を救助にかかります。
しかし彼は、傾いた船に叩きつけられる荒波に飲み込まれ、さらにその上からはコンテナが落下しまくり、救助は全く不可能な状態に。
結果、その船員1名が犠牲になるという形で、作中の「特救隊」第二隊の任務は終了となってしまうのでした。
現場となった大阪湾から、「特救隊」への出動要請が行われた第五管区の本部へ帰還後、第二隊の副隊長である嶋一彦から「判断が甘い」「特救隊に必要なのはスキルと技術だ」と責められることになります。
同時に前々作および前作の救難活動で、最終的に仙崎大輔自身が同僚達から救助された件について触れられ、「それによって結果的に仲間を危険に晒した」「助かったのは運が良かっただけだ」とまで言われてしまいます。
しかし仙崎大輔は、「海難救助の際には諦めない心が必要だ」と反論し、結局両者はこの場では物別れに終わってしまうのでした。
仙崎大輔は、前作でバディとして海難救助を共にし、今では第五管区に異動になった服部拓也と一時の邂逅を果たしつつ、第三管区へと戻ることになります。

前作から2年の歳月は、仙崎大輔の私生活にも一定の変化を与えていました。
妻である仙崎環菜は長男の仙崎大洋に続く2人目の子供を身篭っており、後輩の吉岡哲也には付き合ってそれなりの月日が経つCA(キャビンアテンダント)の恋人が出来ていました。
仙崎夫妻は、吉岡哲也と恋人の矢部美香の関係を応援しており、吉岡哲也は既に結婚の決意まで固め告白する気満々ですらいるのですが、矢部美香は何故か結婚に乗り気ではありません。
実際、吉岡哲也は矢部美香に何度も「結婚してくれ」と迫っており、その都度矢部美香は何度もはぐらかし、遂には明確に拒否の意思を示し別れまで告げる始末。
表向きには仕事や収入を口実に挙げていた矢部美香には、それとは別の結婚したくない本当の理由があるようではあったのですが……。
そんな折、矢部美香がCAとして登場していた、シドニー発羽田空港行きのG-WING206便にエンジントラブルが発生。
マスコミの生中継で日本中が注目し、吉岡哲也が矢部美香の安否に気を揉む中、G-WING206便の乗客乗員346名の救助作戦が開始されることになるのですが……。

映画「BRAVE HEARTS/ブレイブハーツ 海猿」では、予告編でも公開されている「ジャンボジェットの海上着水」に至るまでのストーリーがかなり長いですね。
むしろ、そちらの方がメインなのではないかと思えるほど、ジャンボジェットを巡る動向に多くの時間が割かれている感すらあります。
最初は他の飛行機の着陸を禁止した上で羽田空港の滑走路に着陸させようとしたのですが、飛行機の胴体右側の降着装置が故障して車輪が出てこなかったことで、この作戦は失敗に終わってしまいます。
そして今度は、下川嵓の提案で海上着水が提案されるも、懸案が多すぎて一旦はボツになってしまい、かといって代案も浮かばす皆が頭を抱えているところで、仙崎大輔が海上着水の修正案を提示し、それによって作戦決行になった、という過程が延々と描かれています。
まあ実際問題、「ジャンボジェットの海上着水」というのは「着水から沈没まで20分程度しかない」と作中でも言われているように実は最悪の手段もいいところなのですし、可能な限り安全確実な救出手段を行いたいと考えるのも、救助する側としては至極当然のことではあるのですが。
作中の救助活動の際にも、中央部で2つに割れてしまったジャンボジェットは、コックピットを含む前部は「機体が一旦コックピットを頭にして垂直に立った直後に水没」という映画「タイタニック」を髣髴とさせるようなパターンで、後部は乗員乗客の大部分が退去したのを見計らったように割れた部分から水が流入する形で、それぞれ短時間のうちに水深60mの海の底に沈んでいきましたし。
一歩間違えれば大勢の犠牲者が出ることは確実の救出劇であり、確かに危険と言われるだけのことはありました。

物語中盤のハイライトは、官民問わず全て一丸となって救助活動に邁進する光景ですね。
一連の救助作戦は当初、警察・消防・海上保安庁・空港関係者などの組織や国家機構だけで主導されていたのですが、海上着水が決定されると民間の漁船や病院などにも協力要請がもたらされ、彼らも救助活動に協力していくことになります。
海上に即席で設置された誘導灯をパイロットが見出してから、海上着水した飛行機に向けて多くの船が動き出す光景は、まさに圧巻かつ感動的なものでした。
この辺りは、東日本大震災における日本の団結力の強さを再現しているかのようにも見えましたね。
製作側も意図してこういう描写を作ってはいたのでしょうけど。

作品全体で見ると、今作では前作「THE LAST MESSAGE/ザ・ラストメッセージ 海猿」でほとんど活躍の場がなかった吉岡哲也が、その鬱憤を晴らすかのごとく、下手すれば仙崎大輔をも凌ぐ勢いで見せ場がありましたね。
特に物語終盤付近では、ほとんど彼の独壇場的な感すらありましたし。
そして、これまでの劇場版「海猿」シリーズでも顕著に出ていた「生きるか死ぬかの手に汗握るギリギリの状況を描く上手さ」は今作でも健在です。
特に今作は、序盤の大阪湾の救助活動で船員のひとりが救助に失敗して死んでいることもあり、「ひょっとすると……」という考えは前作よりも強いものがありましたし。
あの「どうせ助かるのだろうけど、でももしや……」という感触を観客に抱かせる演出の巧みさはなかなかのものがあります。
これを「御都合主義ないしはファン向けのリップサービス」と見るか「安心して楽しめる」と解釈するかは、意見の分かれるところではあるでしょうけど。

「海猿」シリーズのファンの方々はもちろんのこと、人間ドラマや映画ならではの迫力ある演出を楽しみたい方などにも、今作は間違いなく楽しめる作品ではないかと思います。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/690
『BRAVE HEARTS 海猿』 2012年7月14日 TOHOシネマズ市川 from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『BRAVE HEARTS 海猿』 を鑑賞してきました。今日は14日なのでTOHOで...(笑)TOHOが会員サービスが一番いいかなと思うけど他はどうなんでしょうか・・・遠いと中々行かないので近くにあるシネコンは便利が良いです【ストーリ...
2012年07月15日(日)00時04分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from LOVE Cinemas 調布
海上保安庁の機動救難隊に所属する潜水士・仙崎大輔を主人公として海上保安官たちの奮闘を描いた人気シリーズ劇場版の第4弾。今回は346名を載せたジャンボ機が東京湾に海上着水し、その乗客乗員の救助に挑む。出...
2012年07月15日(日)00時06分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 佐藤秀の徒然幻視録
全員救助と全会一致の文化公式サイト。羽住英一郎監督、伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎。「THE LAST MESSAGE 海猿」に続き、今度は ...
2012年07月15日(日)00時07分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 新・映画鑑賞★日記・・・
2012/07/13公開 日本 116分監督:羽住英一郎出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎最高レベルのレスキュー能力を誇る海上保安官特殊救難隊のメンバーとなった仙崎と吉岡...
2012年07月15日(日)00時12分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from ダイターンクラッシュ!!
2012年7月13日(金) 17:40~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) 『BRAVE HEARTS 海猿』公式サイト フリーパスポート10本目。 息子に「親を超えて世界一になれ。合衆国大統領だ!」と、何をかいわんやな馬...
2012年07月15日(日)00時19分 受信
「BRAVE HEARTS 海猿」シリーズ最高傑作!起死回生の1本! from シネマ親父の“日々是妄言”
[海猿] ブログ村キーワード そんなわけで、すっかり放置プレイ状態だった当ブログ、久々の復活!で、復活つながりってわけではないですが、こちらもシリーズ復活の最新作「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝)。う~ん、やっぱり前...
2012年07月15日(日)00時47分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』 これではまだ完結できない from 映画のブログ
 『BRAVE HEARTS 海猿』は、続編制作を待ち望んだファンにとってこの上なく嬉しい作品だろう。前作『THE LAST MESSAGE 海猿』に足りないものが、ここにはあるからだ。 2004年の映画一作目以降、テレビシ...
2012年07月15日(日)01時23分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』をスカラ座で観て、レスキュー寅さんだなふじき★★★ from ふじき78の死屍累々映画日記
五つ星評価で【★★★殊更に高評価にも低評価にもしない】原作とテレビドラマは未読、未鑑賞。映画だけ一通り観てる。熱烈ファンじゃないけど、押さえておくか的スタンスで ...
2012年07月15日(日)06時59分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 勝手に映画評
大輔が特殊救難隊に異動になって、海猿が帰って来ました。今回の舞台は、航空機事故。東京湾上で、必死の救難活動に当たります。実はねぇ、わたし的には、前回の『THE LAST MESSAGE 海猿』は、若干ユルくて微妙な感じも...
2012年07月15日(日)07時42分 受信
BRAVE HEARTS 海猿/伊藤英明 from カノンな日々
「アレ?このシリーズって完結したんじゃなかったの?」と思ったのはたぶん私だけではないのでないかと。ファンたちの熱い要望に応えて実現したこの劇場版第4弾の新たなる舞台は東 ...
2012年07月15日(日)09時39分 受信
「BRAVE HEARTS 海猿」絶体絶命の状況でみた冷静な判断力と生きる願いを持った人たちを最後まで諦めず救助した仙崎と吉岡の信念 from オールマイティにコメンテート
「BRAVE HEARTS 海猿」は海猿シリーズの映画第4弾作品で、海上保安庁の中でも精鋭部隊である特殊救難隊に配属された仙崎と吉岡は過酷な救難現場へ救助に向かい、ジャンボ機墜落事故 ...
2012年07月15日(日)17時14分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
BRAVE HEARTS 海猿 サウンドトラッククチコミを見る最大級の海難事故に挑み、人命救助に命を賭ける男たちを描く人気シリーズの第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」。スキルはレベルアップしても ...
2012年07月15日(日)19時03分 受信
映画『BRAVE HEARTS 海猿 』★結集したブレイブハーツが奇跡を起こす! from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    映画レビュー(ネタバレ表示)です。結末はぼかしています。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id341806/rid43/p1/s0/c1/     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157579/ ↑ あらすじ・クレジットは...
2012年07月15日(日)19時43分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』 from こねたみっくす
希望がある限り、絶対に諦めない。予告編を見た時から結末も分かってます。東京湾に海上着水したジャンボ機から乗客乗員346名全員を救助することに現実味がないことも分かってま ...
2012年07月15日(日)20時40分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』・・・ここにも最後の砦があった from SOARのパストラーレ♪
見応えあり! よかった!熱い心と冷静な判断力を併せ持つ海保特救隊の物語を存分に堪能した。レスキュー隊を題材とした作品はいくつか知られた物があり、それらは私の大好きなジャンルでもあるわけだが、これまでの...
2012年07月15日(日)20時50分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(10)時間との勝負!ってときに動きを止めてまでする会話って
2012年07月15日(日)21時31分 受信
「BRAVE HEARTS 海猿」 from みんなシネマいいのに!
 前作「THE LAST MESSAGE 海猿」では惨い3Dを見せられ、完結と言
2012年07月16日(月)00時55分 受信
劇場鑑賞「BRAVEHEARTS海猿」 from 日々“是”精進!
「BRAVEHEARTS海猿」を鑑賞してきました原作「海猿」最終話で描かれた「ジャンボジェット機の海上着水」を映像化したシリーズ最新作。シリーズは前作「THELASTMESSAGE海猿」で完結していた...
2012年07月16日(月)06時31分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 風に吹かれて
みんなが集まれば公式サイト http://www.umizaru.jpシドニーから羽田へ向かうジャンボジェット機が、エンジントラブルに見まわれ、車輪の一部も降りないので、救助案を検討した結果、羽田沖に
2012年07月16日(月)14時58分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 : あれ、終わりじゃなかったの? from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 海の日だというのに、梅雨は明けませんねぇ。本日紹介する作品は、海つながりのこちらになります。【題名】BRAVE HEARTS 海猿【製作年】2012年【製作国】日本【鑑賞手
2012年07月16日(月)15時46分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from Akira's VOICE
ワンパターンの貫き方が潔い! 
2012年07月16日(月)17時11分 受信
「BRAVE HEARTS 海猿」みた。 from たいむのひとりごと
『海猿』シリーズの劇場版第4弾。第3弾の『THE LAST MESSAGE 海猿』から2年後ということで、仙崎が”特殊救難隊”に配属されたという以外では、とりまく環境も関わる人間も劇的に変化することな
2012年07月16日(月)17時17分 受信
映画「BRAVE HEARTS 海猿」 from FREE TIME
話題の映画、映画「BRAVE HEARTS 海猿」を鑑賞しました。
2012年07月16日(月)23時30分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 映画 K'z films 2
Data 監督 羽住英一郎 出演 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 仲里依紗 三浦翔平 伊原剛志 時任三郎 公開 2012年 7月  
2012年07月17日(火)00時58分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 いろいろと反省した結果なのかすっきりとまとまっていたよww from 労組書記長社労士のブログ
【=32 -3-】 海猿、漫画の原作は読んだことなかったけど一番最初に見たのは映画版やったね、感動した!で次にテレビでドラマ化されて夢中になって見た(録画して全話DVDに焼いてある)。しかし、ドラマ後の映画、「LIMIT...
2012年07月17日(火)15時32分 受信
No.319 BRAVE HEARTS 海猿 from 気ままな映画生活
伊藤英明主演で海上保安庁の若き潜水士たちの活躍を描く人気シリーズ第4作。巨大天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年、仙崎と吉岡は救難のスペシャリスト集団「特殊救 ...
2012年07月17日(火)21時25分 受信
「BRAVE HEARTS 海猿」お約束映画 from ノルウェー暮らし・イン・原宿
きっちりお約束通りの展開だけど、お約束通りに胸が熱くなり涙する。なんだかお正月寅さん映画の様相を呈しているこの映画。だけどこの「これぞ海猿」的なお約束がうれしいのだ♪しかし前回「ラストメッセージ」と銘...
2012年07月18日(水)23時03分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from 花ごよみ
伊藤英明主演。仙崎大輔 を演じます。共演は加藤あい、 佐藤隆太 、三浦翔平、時任三郎等…今回は新たに仲里依紗、伊原剛志が加わります。監督は羽住英一郎海猿といわれる海上保安官の、命がけで活躍する姿を描いてい...
2012年07月20日(金)00時05分 受信
映画 「BRAVE HEARTS 海猿」 from ようこそMr.G
映画 「BRAVE HEARTS 海猿」
2012年07月20日(金)00時57分 受信
映画『BRAVE HEARTS 海猿』 from ほし★とママのめたぼうな日々♪
忙しくなる前に息子の所へ「家政婦の母。」に参りました。 行ってみてビックリ! 何と洗濯機が壊れており、洗濯物の山が… 電
2012年07月20日(金)06時55分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「BRAVE HEARTS 海猿」□監督 羽住英一郎 □脚本 福田靖□原作 佐藤秀峰 □キャスト 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、      三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎■鑑賞...
2012年07月20日(金)08時21分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』 from ラムの大通り
----今日のお話が『海猿』とは思わなかったニャ。まだ、プレスも読んで二ャいじゃん「うん。ツイッターでも呟いたんだけど、これはちょっと始まっただけで、その流れがすべて読めちゃう、いわば“お約束”映画。特撮...
2012年07月20日(金)20時39分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from だらだら無気力ブログ!
迫力あったし、思ってた以上に面白かったなぁ。
2012年07月21日(土)02時27分 受信
BRAVE HEARTS 海猿 from ケントのたそがれ劇場
★★★★  346名を乗せたジャンボジェット機が、相次ぐトラブルのため、やむなく東京湾へ海上着水することになった。沈没までのタイムリミットはわずか20分。このわずかな時間の中で、乗客乗務員全員を救い出...
2012年07月21日(土)14時41分 受信
映画「BRAVE HEARTS 海猿」お約束の展開に思わず胸が熱くなる from soramove
「BRAVE HEARTS 海猿」★★★★伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎出演羽住英一郎監督、116分、2012年7月13日公開2011,日本,東宝(原題/原作:THE LINCOLN LAWYER )人気ブログランキ...
2012年07月24日(火)08時45分 受信
『BRAVE HEARTS 海猿』 from cinema-days 映画な日々
海難救助のエキスパート「特殊救助隊」に志願した仙崎&吉岡の活躍を描く...【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)劇場版シリーズ第四弾
2012年07月24日(火)23時36分 受信
映画「BRAVE HEARTS 海猿」を観ました!!(2012-08) from 馬球1964
映画「BRAVE HEARTS 海猿」を観ました!!
2012年08月02日(木)06時42分 受信
■BRAVE HEARTS 海猿 from しんちゃんの徒然なる映画日記
第272回「それは決して誰も傷付かない奇跡のお話。」こんなに凄いキラーコンテンツを彼らが手放すはずは無いだろうと思っていた。表向きは「ファンの熱い要望に応えた。」なんて言っていても。そして再びどこかで...
2012年08月05日(日)20時24分 受信
「BRAVE HEARTS 海猿」 from お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
2012年・日本/制作プロダクション:ROBOT配給:東宝 監督:羽住英一郎 原作:佐藤秀峰 原案・取材:小森陽一 脚本:福田 靖 撮影:江﨑朋生製作:亀山千広、加太孝明、水口昌彦、市川 南、亀井 修
2012年08月14日(火)22時08分 受信
映画:BRAVE HEARTS 海猿 from よしなしごと
 海猿に外れなし!と言うわけで今回も楽しみにしていた作品、BRAVE HEARTS 海猿の記事です。
2012年09月27日(木)20時56分 受信
映画『BRAVE HEARTS 海猿』を観て from kintyre's Diary 新館
12-61.Brave Hearts 海猿■配給:東宝■製作国・年:2012年、日本■上映時間:116分■観賞日:7月26日、TOHOシネマズ渋谷□監督:羽住英一郎◆伊藤英明(仙崎大輔)◆加藤あい(仙崎環菜)◆佐藤隆太(吉岡哲也)...
2012年11月24日(土)18時55分 受信

コメント一覧

投稿者:KLY 2012年07月15日(日)02時12分 編集・削除

そうそう、大震災後の一致団結した日本人てのを込めてるんでしょうね。ただ元々海猿は保安官同士の絆がテーマの一つでもあるんで、ファン的にはあざとさを感じずにすっと入ってきたように思います。
仙崎と嶋の後姿がカッコよかったなぁ…

http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/

投稿者:ふじき78 2012年07月15日(日)06時55分 編集・削除

「冷静になったら負けだ」みたいな(笑)。

ツカミ災害のコンテナダダ崩れが綺麗でした。
あれで助かっちゃう主人公って画面に映らない所で超人ハルクみたいになってるんじゃないでしょうか。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年07月15日(日)10時13分 編集・削除

>KLYさん
前作も前々作も、「主人公が生きていることを知って皆が一丸となって救助へ向かう」「無事に救助されて皆が喝采する」の部分は共通でありましたからね。
今回は、その役どころを仙崎大輔ではなく吉岡哲也が担っていたのが、違うと言えば違うところですが。

>ふじき78さん
命綱はあったわけですから高波に流される危険は少なかったわけですが、落下するコンテナは確かにそれでは防げないですからね。
その辺はまさに嶋一彦の言う通り、「運が良かった」部分が多々あったと言って良かったのではないかと。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー