記事一覧

自民党が自国国旗損壊罪の刑法改正案を提出する方針を決定

自民党が、自国の国旗を損壊した場合に処罰することを可能とする刑法改正案を国会に提出する方針を固めました↓

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2877767/8941162
>  自民党は24日、日本を侮辱する目的で日の丸を傷つけたり汚したりした場合に処罰できる「国旗損壊罪」を新たに盛り込んだ刑法改正案を、今国会に提出する方針を固めた。25日の党総務会で了承した上で来週にも提出する。
>  同改正案は、日の丸を「損壊、除去、または汚損」した場合、2年以下の懲役または20万円以下の罰金とする「国旗損壊罪」を新設する内容。現行法には外国の国旗に対する損壊罪が定められているが、日の丸に関する規定はない。(2012/05/24-23:11)

外国の国旗を損壊した罪と刑罰は規定されているのに、自国の国旗に関する規定がないというのは意味不明な状態もいいところです。
普通は自国・外国の国旗双方の損壊について規定があるか、自国の国旗のみ規定があるかのいずれかであり、また前者でも、自国の国旗損壊の方が刑罰を重くしているのが常なのですから。
この長年放置されていた不自然極まりない状態を改善するための第一歩がようやく踏み出されることになるわけで、自民党の決断は歓迎したいですね。
そして、その不自然な状態を維持すべく、これまで日本の国旗国歌についてヒステリックなまでに反対の声をがなり立て続けてきた朝日新聞や日教組をはじめとするサヨクな面々は、この法案について一体どのような反応を示すことになるのでしょうか?
すくなくとも外国国旗損壊罪が既にある時点で「表現の自由が損なわれる」云々を主張するのは不可能でしょうし(苦笑)。
考えられる反応としては、いつものごとく中韓朝特定アジア3国の国民感情が云々かんぬんというのがありそうではありますが、今となってはもう誰も見向きもしないシロモノでしょうからねぇ(爆)。
是非とも法改正が実現して欲しいものです。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/641

コメント一覧

投稿者:藤岡真 2012年05月29日(火)02時28分 編集・削除

別に「国旗国歌についてヒステリックなまでに反対の声をがなり立て」るつもりはありませんが。
既に、1990年に「国内での自国国旗損壊禁止は違憲」という最高裁判断が確定しています。「表現の自由、思想信条の自由」が優先するとして禁止法は違憲という判例が確定しているのです。
他国の人間が日本の国旗を損壊したら、これは日本への侮蔑であり国際問題ですが、日本人が同様の行為に及ぶ場合は、国家への意志の表明であって、これを権力で抑えこむのは「思想信条の自由」に反することです。
諸外国では常識、というご意見のようですが、あのアメリカですら、2006年に自国国旗の損壊禁止法が上院での絶対過半数を取れず廃案になっています。

投稿者:保守の理想は北朝鮮? 2012年05月29日(火)19時00分 編集・削除

アメリカにおいても「星条旗を焼く自由」は認められているようなので、
この際、「外国の国旗を焼く自由」を目指されたらいかがでしょうか?
まぁ 外国が「日の丸を焼いた」と非難、侮蔑してきた方々が同じことがdけいるように刑法改正を目論むのは
こっけいかもしれませんが

投稿者:宋朝 2012年05月29日(火)19時48分 編集・削除

コピペに突っ込むのもアレですが

既に、1990年に「国内での自国国旗損壊禁止は違憲」という最高裁判断が確定しています。「表現の自由、思想信条の自由」が優先するとして禁止法は違憲という判例が確定しているのです。

判例になってるのなら、判決日をおっしゃってください。最高裁HPに確実になってるので・・・
ついでに言っておくと、最高裁が違憲とした法令自体は
両の手で数えられるほど程しか、ありませんが、そんなものはないです。
というか、禁止法とやらがいつ施行されてたんですか?

まずは憲法の教科書でも読みませんか?
憲法概観([小嶋和司/著 大石眞/著]

投稿者:宋朝 2012年05月29日(火)20時06分 編集・削除

もう一つ、投稿者:保守の理想は北朝鮮?さん

あなたはきちんと、読みましょう。
冒険風ライダー氏が、アメリカは、「国旗損壊罪を定めていないというだけであり、州単位では自国国旗を侮辱したり損壊したりする行為に対する罰則規定があるところもあります。」と書いてあります。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年05月29日(火)20時18分 編集・削除

>藤岡さん
> 既に、1990年に「国内での自国国旗損壊禁止は違憲」という最高裁判断が確定しています。「表現の自由、思想信条の自由」が優先するとして禁止法は違憲という判例が確定しているのです。

それは日本ではなくアメリカの事例なのでは?
アメリカは移民で成り立ってきた多民族国家という歴史がある上、国を2つに割って争った南北戦争も経験していますし、何よりもアメリカは中央政府に対する国民の不信感が昔から強い国でもあります。
アメリカで「国法としての」自国国旗損壊禁止が反対される理由は、「表現の自由」以上に中央政府に対する不信感が大きな理由なのです。
あの国で銃規制がなかなか進まないのも根っこは全く同じです。
しかしそのアメリカでも、州単位では国旗を侮辱・損壊したことに対する罰則規定を設けているところは少なくなかったりします。
アメリカは州の独立性が強いためか、州独自の法律というのが結構多いですし。
日本には当てはまらないアメリカの国情は、あまり参考になるものではないかと。

一方で、ヨーロッパ諸国では国旗の侮辱・損壊に対する罰則を定めている国が少なくありません。
代表格なのはフランス・ドイツ・イタリアといったところでしょうか。
民主主義国家においても、国旗や国歌に対しては敬意を払うべきだと教えられるのが普通ですし、反国家的な思想は危険視されるのが常です。
その手の意識が希薄な日本こそが、世界的に見ても異常ではないかと思うのですが。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:藤岡真 2012年05月29日(火)20時27分 編集・削除

>冒険風ライダーさん
 ごめんなさい。仰る通り、アメリカのことでした。
 ただし、今回の自民党の提案は、橋下徹の人気に便乗しようとしているのが見え見えで、「国民」と「公務員」という立場をわざと曖昧にしているのが非常に不愉快です。
 それから、あなたが、国家の重要な問題に意見を述べるときに、「(苦笑)」とか「(爆)」と書くのも、首を捻らずを得ません。

>宗朝さん
 ご指摘ありがとうございます。

投稿者:読者A 2012年05月29日(火)21時01分 編集・削除

「他国の国旗を破壊するのは駄目で、なぜ日本の国旗ならば良かったのか」と至極真っ当な意見を述べただけで、
日本の話にアメリカ(しかも連邦国家)の判例を持ち出し、
それを指摘されたら「でも不愉快です」と感情論に持っていくイカレた方や、
「~されたらいかがでしょうか?(妄想)」→「こっけいかもしれませんが(批判)」な荒らしが湧くとは、
いつもの事ですがライダー氏も大変ですね。

聖職たる教師(日教組)が生徒の前で日の丸を破り、
一大政党の民主党が日の丸を裂いて自党の旗を作ってしまうのが狂った日本の現状です。
党自体の評価はどうあれ、今回の自民党の法案には期待が高まりますね。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー