記事一覧

映画「ファミリー・ツリー」感想

ファイル 634-1.jpg

映画「ファミリー・ツリー」観に行ってきました。
ハワイ諸島を舞台に繰り広げられる、ジョージ・クルーニー主演の人間ドラマ作品。
今作で主演を演じていたジョージ・クルーニーは、第84回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされており(ただし受賞はならず)、今作自体も同賞で脚色賞をこちらは受賞しています。

物語の冒頭は、ハワイのオアフ島沖の海を疾走するモーターボートに楽しそうに乗っているひとりの女性が映し出されます。
この女性がその直後に事故に巻き込まれ、意識が戻らず容態も悪化していく植物状態と化してしまったことが、今作における物語の始まりとなります。
その女性エリザベス・キング、およびエリザベスの夫にして今作の主人公であるマット・キングとの間には、2人の娘がいました。
ひとりは17歳で現在はハワイ島にある全寮制の高校で離れて生活している長女のアレクサンドラ・キング(作中では「アレックス」と呼ばれている)。
もうひとりは地元の小学校に通っている10歳の次女スコッティ・キング。
ところがスコッティは、母親が事故を起こしたショックから外で問題を起こすようになってしまい、スコッティの友人の母親から苦情の電話がかかってきて対応に追われる始末。
マットは、それまで仕事一筋で家族をほとんど顧みてこなかった典型的な仕事人間であり、家の問題は全て妻であるエリザベスが見ていました。
そのため、エリザベスが事故で動かなくなって以降は、それまで妻が見ていた子供の面倒を自分が担わなくてはならなくなってしまい、何をすれば良いのか分からず途方に暮れる日々を過ごす羽目に。
さらにマットには、家庭の事情とは別にもうひとつの問題を抱え込んでいました。
先祖代々受け継いでいたカウアイ島のキプ・ランチにある広大な土地の信託期限があと7年で切れてしまうことから、土地の売却を迫られていたのでした。
妻のありがたみを今更のように理解したマットは、妻の容態が回復し退院したら、土地を売り払った金で妻と娘に裕福な生活をさせてやろうと、前向きな決意を新たにするのでした。
ところが、その決意に反して、エリザベスの容態は日を追う毎にむしろ悪化していくばかり。
ついには、「可能な限りの手は尽くしましたが、奥さんに回復の見込みはありません」とまで医者から告げられてしまい、本人が事前に表明していた意向により「尊厳死」の道を選択するよう言われるのでした。

かすかな希望すらも粉砕されてしまい、いよいよ絶望的な事態を否応なく直視せざるをえなくなったマットは、長女のアレックスを連れ戻すべくハワイ島へと向かいます。
自分ひとりでは次女の面倒を見きれないという事情もありましたし、何よりも家族の一員として母親の容態に関する情報を共有する必要があったためです。
寮から抜け出してボーイフレンドのシドと夜遊びをしていた中でマットとスコッティに対面する羽目となったアレックスは、当然のごとくバツが悪い上に不満タラタラ。
しかし、自宅のプールでエリザベスの容態について知らされたアレックスは激しく動揺せざるをえませんでした。
ただその動揺は、単に母親の死に直面したから、というだけではなかったのです。
動揺を続けるアレックスをマットが問い詰めると、何とアレックスはエリザベスが浮気をしていたという事実をマットに対して告白したのです。
あまりにも想像の斜め上を行っていた事態に驚愕したマットは、すぐさま自宅を飛び出して親友夫妻の自宅へと文字通り走っていき、エリザベスの浮気について問い質すのでした。
さらにマットは、浮気について問い詰めた親友夫妻から、妻が自分と離婚する気であったことまで知る羽目となってしまいます。
親友夫妻の夫から、「ブライアン・スピアー」という妻の浮気相手の名前を知ることができたマットは、妻とブライアン・スピアーに怒り狂いながらも、死期が近いエリザベスの最期を看取らせるために、ブライアン・スピアーの居場所を探し始めるのでした。

映画「ファミリー・ツリー」では、家族を顧みることなく仕事一筋に集中しすぎた男の悲哀が描かれています。
妻であるエリザベスの不倫や遊び、それに子供の問題が発生していた原因を突き詰めると、結局全てがそこに行き着いてしまうわけで。
仕事人間であるマットにしてみれば、別に家族のことをないがしろにしていたわけではなく、むしろ「【家族のために】汗水流して働いていた」というのが偽らざる心情ではあったのでしょう。
しかし、それは結果として家族、特に妻との間が疎遠になることに繋がってしまい、それが結果的に妻の不倫や子供との意思疎通不足という事態に直結してしまったわけです。
こういうのってアメリカ以上に日本の方が大量に転がっていそうな話ではあるのですが、仕事人間側から見れば自分の努力が全く報われていないわけで、たまったものではなかったでしょうね。
もちろん、仕事人間の夫が家族を顧みないからといって、それは妻の浮気という背徳行為の責任を何ら軽減も免罪もするものではありえないのですが。

しかも、エリザベスの浮気相手であるブライアン・スピアーは、物語後半で判明するのですが妻と2人の子供がいる既婚者だったりするのですからねぇ。
マット達がブライアン・スピアーの所在を見つけ出した際は幸福な家庭だったはずのスピアー家が、夫の不倫発覚後にボロボロになってしまい、その怒りと恨みをブライアン・スピアーの奥さんが動かないエリザベスに激昂しながら叩きつける様は、観客として観ている側としても充分に共感できるものがありました。
夫の不倫に直面する羽目になった奥さんと子供達は100%の被害者であり何も悪くなどないのですから。
アレを見ていたら、キング一家には申し訳ないですが「ちょうど良いタイミングで奥さんが死ぬことになって良かったじゃないか」とすら思えてしまったほどです(-_-;;)。
もっとも、エリザベスの不倫の相方であるブライアン・スピアーにとっては、エリザベスの死は災厄以外の何物でもなかったでしょうけどね。
奥さんの分も含めて、自分とマットの家族双方に賠償等の問題が確実に降りかかってくることになるのですし、自分の境遇や心情を共有できる相手さえもいなくなってしまったわけなのですから。
まあ、これは自業自得として諦めてもらうしかないのですけど。

崩壊寸前の家族問題や不倫問題、それに土地売却の問題など、作品的にはなかなかに重いテーマが目白押しですが、全体的にのんびりとしたハワイアンな音楽や雰囲気がそれを和らげている感じですね。
ハワイ諸島の各所が映し出されていく中、のんびりと観光しながらストーリーが進んでいくような感すらありましたし。
ストーリー自体はお世辞にも明るいとは言い難いものがありますから、製作側としてはそういった「雰囲気作り」で暗さを払拭していく意図があったのでしょう。
実際、これで音楽や雰囲気までセカセカしていたら、それこそ何の面白みもない鬱々とした展開にしかならなかったでしょうし。
また、物語後半のブライアン・スピアー探しの際、何故か一緒になって付いてきた長女アレックスのボーイフレンドであるシドの存在も良い緩衝材となっていました。
最初の方では不謹慎発言を連発しまくって周囲から顰蹙を買っていたシドは、しかし物語が進むにつれてアレックスのみならずマットの良き理解者へと変わっていきました。
彼自身、つい最近に父親を事故で亡くしたという経緯もあったとのことで、キング家に共感もしやすかったのでしょう。
最初は「何故こんなのにアレックスは惚れたんだよ」と考えていたくらいでしたが、なるほど、これならば惚れる理由も理解はできるなと。
こういった「小道具」の使い方はかなり上手い部類に入るのではなかったかと。

ジョージ・クルーニーのファンな方々と族系の人間ドラマ好みな方にはイチオシの作品であると言えそうです。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/634
映画『ファミリー・ツリー』★やっと「楽園」で成長できた男の樹 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157552/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       映画レビューです。(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id341350/ri...
2012年05月21日(月)00時24分 受信
映画:ファミリー・ツリーThe Descendants ハワイの偉大な「癒しパワー」にひたすらひれ伏す。 from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
クルーニー演じる主人公が冒頭でぼやく。「ハワイ暮らしはパラダイスだろうって、皆言うけど」と。確かに展開されるプロットは、「死」「相続」「不倫」「家族不和」etc...憂鬱なものばかり。「人生そういうもんだよね...
2012年05月21日(月)00時41分 受信
ファミリー・ツリー/THE DESCENDANTS from いい加減社長の映画日記
アカデミー賞にノミネートされてたし、ジョージ・クルーニーは、好きな俳優だから・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】ハワイ・オアフ島で生まれ育った弁護士のマットは、妻と二人の娘たちと何不自由なく暮ら...
2012年05月21日(月)05時00分 受信
ファミリー・ツリー from あーうぃ だにぇっと
ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール
2012年05月21日(月)05時29分 受信
ファミリー・ツリー from 映画感想メモ
ハワイに住んだって、どこに住んだって悩みはあるものです。 いい加減あらすじ 主人
2012年05月21日(月)06時45分 受信
『ファミリー・ツリー』 2012年5月8日 朝日ホール from 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
『ファミリー・ツリー』 を試写会で鑑賞しました。かなり我が家と近いんだけど、なんだろう共感することがないな何が違うんだろうか会場が悪いのかも(笑) 椅子は座り心地悪いし、スクリーン遠くて小さいし・・・...
2012年05月21日(月)07時07分 受信
ファミリー・ツリー / The Descendants from 勝手に映画評
第69回ゴールデングローブ賞で作品賞 (ドラマ部門)と主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。第84回アカデミー賞では、作品賞・主演男優賞・監督賞・編集賞にノミネート、脚色賞を受賞。何か、物凄くドラマがあって、急転直下...
2012年05月21日(月)08時36分 受信
ファミリー・ツリー from とりあえず、コメントです
ハワイを舞台に家族の再生を描いたジョージ・クルーニー主演のヒューマンドラマです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、公開を楽しみにしていました。 家族に振り回されるジョージ・クルーニーに共感しながら...
2012年05月21日(月)08時39分 受信
映画レビュー「ファミリー・ツリー」 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ファミリー・ツリー オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る◆プチレビュー◆ジョージ・クルーニーが絶妙の演技をみせる「ファミリー・ツリー」。ほろ苦いドラマだが後味はさ ...
2012年05月21日(月)09時28分 受信
ファミリー・ツリー /THE DESCENDANTS from 我想一個人映画美的女人blog
ランキングクリックしてね ←please clickゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本(公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・...
2012年05月21日(月)09時39分 受信
ファミリー・ツリー from 佐藤秀の徒然幻視録
永遠より地上に公式サイト。原題:The Descendants(末裔たち)。アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロ ...
2012年05月21日(月)09時55分 受信
「ファミリー・ツリー」辛い時のハワイアン from ノルウェー暮らし・イン・原宿
妻が危篤、おまけに浮気をしていたと娘の口から聞かされる。こんな辛い話なのに、全編に流れる呑気なハワイアンが、なぜか心を和ませる。
2012年05月21日(月)10時53分 受信
ファミリー・ツリ―(2011)*THE DESCENDANTS from 銅版画制作の日々
 ハワイに暮らしていても人生は<楽>じゃない!好き度:+8点=68点久しぶりに東宝シネマズ二条へ、、、。 ジョージ・クル―ニ―、2度目のオスカーノミネートでしたが、残念ながら今回も叶わず。ジョージ、5...
2012年05月21日(月)11時23分 受信
知らぬが仏。『ファミリー・ツリー』 from 水曜日のシネマ日記
ハワイを舞台に家族崩壊の危機に直面したある一家の再生を描いた作品です。
2012年05月21日(月)12時42分 受信
ファミリー・ツリー from 新・映画鑑賞★日記・・・
【THE DESCENDANTS】 2012/05/18公開 アメリカ 115分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュ...
2012年05月21日(月)14時06分 受信
ファミリー・ツリー from 心のままに映画の風景
オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。 土地の売却問題で、一族のまとめ役を努めてい...
2012年05月21日(月)14時33分 受信
守るべきもの~『ファミリー・ツリー』 from 真紅のthinkingdays
 THE DESCENDANTS ハワイ・オアフ島に住む弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は、カメハメハ大王の末裔。祖先の残したカウアイ島の広大な土地を、売却するか否かの決断を...
2012年05月21日(月)15時03分 受信
ファミリー・ツリー   THE DESCENDANTS from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
アレクサンダー・ペイン監督、ジョージ・クルーニー主演で描かれた父親と二人の子供が家族の絆を再構築する映画だ。仕事中毒だった夫が今まで放置していた子育てと向き合う。妻は不倫相手とボートレース中に事故で昏...
2012年05月21日(月)15時10分 受信
ファミリー・ツリー from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(10)こんなにシンプルで観やすい映画とは思わなかった。
2012年05月21日(月)20時57分 受信
ファミリー・ツリー/ジョージ・クルーニー from カノンな日々
『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督がハリウッドの名優ジョージ・クルーニーとタッグを組んだ7年ぶりとなる作品です。第84回アカデミー賞ではジョージ・クルーニーがオ ...
2012年05月21日(月)21時37分 受信
『ファミリー・ツリー』 ささいな違いが大違い from 映画のブログ
 『マイレージ、マイライフ』と同様なことが、またしても起きている。 『マイレージ、マイライフ』の公開に際して興味深いと思ったのは、日米のポスターの違いだった。 日本のポスターは、主要な登場...
2012年05月21日(月)22時24分 受信
『ファミリー・ツリー』・・・つまり妻の浮気に決着をつける復讐劇? from SOARのパストラーレ♪
青い海、白砂のビーチ、緑豊かな大自然。笑顔で暮らす人々の優しさや寛大さ、アロハスピリット。ゆったりと流れるハワイアンミュージック・・・。そうした要素それぞれが持つ高いヒーリング効果。ハワイという地には...
2012年05月22日(火)00時27分 受信
映画「ファミリー・ツリー」 感想と採点 ※ネタバレあります from ディレクターの目線blog@Seesaa
映画『ファミリー・ツリー』(公式)を本日のTOHOシネマズデーに劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shin...
2012年05月22日(火)20時26分 受信
『ファミリー・ツリー』 (2011) / アメリカ from Nice One!! @goo
原題: THE DESCENDANTS監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー 、シャイリーン・ウッドリー 、アマラ・ミラー試写会場: 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。 [2012年5月18日公開]ハワイで弁護士業...
2012年05月22日(火)20時42分 受信
「ファミリー・ツリー」 雨降って地固まる from はらやんの映画徒然草
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
2012年05月22日(火)22時45分 受信
アレクサンダー・ペイン監督『ファミリー・ツリー』(The Descendants) from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容、台詞、ラストに触れています。「サイドウェイ」以来7年ぶりとなるアレクサンダー・ペイン監督作品『ファミリー・ツリー』主演は本作で第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジョージ・クルー
2012年05月23日(水)01時12分 受信
ファミリー・ツリー from 迷宮映画館
ハワイの陽光は燦々とではなかった・・
2012年05月23日(水)07時41分 受信
ファミリー・ツリー 家族の絆の脆さと強さ from 労組書記長社労士のブログ
【=21 -1-】 金環日食、雨にならなくて良かったね〜見れたね〜すごかったね〜俺たちってもう次がないもんね〜!(泣)しかしスマフォでは上手く撮影は出来ないよ〜。で、この映画、試写会当たったのに仕事で行けなく...
2012年05月23日(水)10時26分 受信
そして、続いていく『ファミリー・ツリー』 from Healing
ファミリー・ツリー ★★★★★ ハワイそのものが悲しみをいやす大きな存在 アカデミー賞関連では、遅めの公開ですが、いよいよ登場。待ってました! 今年、最大級のいやしとカタルシスに出会えました。 ハワイの大自...
2012年05月24日(木)00時32分 受信
ファミリー・ツリー from 食はすべての源なり。
ファミリー・ツリー★★★★★(★満点!)ハワイに暮らしていても人生は楽じゃないハワイ・オワフ島で弁護士をするマット・キングは美しい妻・エリザベスと2人の娘とともに堅実な人生を生きてきた。事故で妻が昏睡...
2012年05月24日(木)21時31分 受信
【映画】ファミリー・ツリー from 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
JUGEMテーマ:洋画本作品はジョージ・クルーニー主演で、 アカデミー賞にノミネートされた本作品です。 ノミネート四部門されたうち脚色賞取りましたが、 ジョージ・クルーニーは主演男優賞はなりませんでした…。 では...
2012年05月25日(金)08時28分 受信
映画 「ファミリー・ツリー」 from ようこそMr.G
映画 「ファミリー・ツリー」
2012年05月25日(金)11時50分 受信
[映画『ファミリー・ツリー』を観た(短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆これまた面白い。 私、今年はジョージ・クルーニーに魅かれっぱなしになっちゃうのかな?   ◇ 仕事一筋に生きてきた弁護士のマットが、妻のボート事故による脳死状態を前にし、家族について真摯に考えなくて...
2012年05月25日(金)15時45分 受信
『ファミリー・ツリー』 ('12・初鑑賞57・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)5月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:35の回を鑑賞。
2012年05月25日(金)21時48分 受信
ファミリー・ツリー from ♪HAVE A NICE DAY♪
いや〜良かったわぁ〜重い内容だけど・・・前半・・・・。ゆったりとした音楽と疲れのせいか・・・久々、睡魔との戦い!をして少し負けた!ネタバレしてますマット(ジョージ・クルーニー)はボートの事故で妻が昏睡...
2012年05月25日(金)21時56分 受信
★ファミリー・ツリー(2011)★ from Cinema Collection 2
THE DESCENDANTS<原題のTHE DESCENDANTSは、子孫、末裔>ハワイに暮らしていても人生は<楽>じゃない!上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/05/18 ジャンル ドラマ/コメディ 映倫 G 【解説】 ...
2012年05月26日(土)02時04分 受信
ファミリー・ツリー from そーれりぽーと
ジョージ・クルーニー兄貴が父親役を演じる『ファミリー・ツリー』を観てきました。★★★★★命の尊厳と、残される家族と、家族の話。家庭は当然愛するけれど、むしゃらに働く事しか出来ない不器用さで家族との絆が...
2012年05月26日(土)14時51分 受信
ファミリー・ツリー from ハリウッド映画 LOVE
原題:The Descendants監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ジュディ・グリアたわいもない父親役のジョージ・クル...
2012年05月26日(土)15時39分 受信
ファミリー・ツリー/FamilyTree from ゴリラも寄り道
<<ストーリー>>マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっかけに、妻が...
2012年05月27日(日)16時39分 受信
映画「ファミリー・ツリー」ハワイに行きたい! from soramove
「ファミリー・ツリー」★★★★ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー出演アレクサンダー・ペイン監督、115分、2012年5月18日公開アメリカ,20世紀フォックス映画(原題/原作:The Descendants )人...
2012年05月30日(水)18時12分 受信
ファミリー・ツリー from こんな映画見ました〜
『ファミリー・ツリー』---THE DESCENDANTS---2011年(アメリカ)監督:アレクサンダー・ペイン出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー 、ニック・クラウス 、ボー・ブリッジス 、ロバート・...
2012年05月30日(水)23時22分 受信
ファミリー・ツリー from 映画的・絵画的・音楽的
 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。(1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされました...
2012年05月31日(木)05時46分 受信
ハワイも日常 from 笑う社会人の生活
20日のことですが、映画「ファミリー・ツリー」を鑑賞しました。妻、娘2人と何不自由なく暮らしている弁護士のマットしかし 妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまうさらに、祖先からの土地売却問題、そして 妻の浮気...
2012年06月02日(土)00時50分 受信
ファミリー・ツリー  The Descendants from 映画の話でコーヒーブレイク
原題の「The Descendants」は「子孫、末裔」の意味。ジョージ・クルーニー演じる一家はハワイ王家の末裔という設定です。カメハメハ大王の末裔って・・・本当にいらっしゃるの?       *************...
2012年06月02日(土)01時13分 受信
『ファミリー・ツリー』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シ...
2012年06月02日(土)12時26分 受信
ファミリー・ツリー from C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
ファミリー・ツリー'11:米◆原題:THE DESCENDANTS◆監督:アレクサンダー・ペイン「サイドウェイ」「パリ、ジュテーム」◆出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロ...
2012年09月17日(月)22時10分 受信
映画『ファミリー・ツリー』 を観て from kintyre's Diary 新館
12-44.ファミリー・ツリー■原題:The Dedcendants■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:林完治■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・製作:アレクサンダー・ペイン□脚本...
2012年10月22日(月)23時23分 受信
「ファミリー・ツリー」を観てきました。 from “寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題
「ファミリー・ツリー」 (← 公式HP)を、観てきました。悪くない映画だった。原題が"The Descendants"(子孫)ってことなので、ご先祖さまが、たまたま残してくれた財産のおかげで、楽な暮らしをenjoyできる者たちが...
2013年01月06日(日)10時19分 受信
ファミリー・ツリー from いやいやえん
現実1:妻がこん睡状態、浮気をしていて離婚を考えてもいたらしい現実2:先祖から受け継いだ広大な土地の売却問題現実3:娘たちの取り扱い家族ドラマでありながらも、先祖代々受け継いだ(カメハメハ大王の子孫ら...
2013年02月15日(金)08時26分 受信
ファミリー・ツリー from タケヤと愉快な仲間達
【あらすじ】マット(ジョージ・クルーニー)は、妻と2人の娘と共にハワイで暮らしていた。ところがある日、妻がボートの事故に遭い、そのまま昏睡状態となってしまう。それをきっかけに、妻が彼と離婚するつもりだ...
2013年05月27日(月)21時28分 受信

コメント一覧

投稿者:yutake☆イヴ 2012年05月21日(月)00時24分 編集・削除

TBありがとうございます。

>のんびり観光しながら~

本当に、そんな感じでした。
波の音も、効果的でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/yutake2415

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年05月21日(月)01時05分 編集・削除

>yutake☆イヴさん
ストーリーだけを追っていくと凄く暗い話なのに、作品的にそうなっていないのは、やはり「ハワイ」的な音楽と雰囲気によるところが大きいでしょうね。
この作りの上手さは、確かにアカデミー賞に選定されるだけのことはあります。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:Julien 2012年05月21日(月)05時59分 編集・削除

TBをありがとうございました。
最近あまりいい映画を見ていなかったので、久しぶりでいい作品に会いました。
私は、クルーニーの出ている作品をあまり見ていないのですが、彼のファンが満足できたかどうか・・・。
とにかく今までとは違った、クルーニーのようですから。
まあ、楽しい作品に仕上がっているようで・・・。。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年05月21日(月)19時12分 編集・削除

>Julienさん
ジョージ・クルーニーって、「オーシャンズ」シリーズに象徴されるアクションスターというイメージが強いですからね。
かく言う私自身もそういうイメージを持っていましたし。
ただ、去年公開されたジョージ・クルーニー主演の映画「ラストターゲット」では、あまりにも退屈過ぎる展開が延々と続いて少々残念な気分を味あわされたのですが(-_-;;)。
その点、今作はまずまずの出来であると言えます。
確かにこれまでの作品とは趣が異なる作品ではありますが、ジョージ・クルーニーのファンの方々にとっては満足できるものにはなりえるのではないかと。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:KLY 2012年05月22日(火)20時01分 編集・削除

妻に先立たれ(現実にはまだですけど)娘二人を抱えて俺は一体これからどうすればいいんだ?!って、なんともイメージ的には日本人のお父さんのようなキャラでした。本来なら訴訟でもなんでも起したいところでしょうが、直接いって見舞いに来させるんだって手段が、欧米社会にしてはぬるめな、しかしハワイの雰囲気にはピッタリな仕返しだったと思います。
ペイン監督の作品は割と穏やかな流れの中に結構きついことを含めてきますが、単純に流れてきにゆるいのが合わない人もいるのかななんて、世評を聞いていて思ったりも。

http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年05月22日(火)22時51分 編集・削除

>KLYさん
マットのような「仕事人間」ぶりって、逆に欧米ではあまり一般的ではなさそうに見えるのですが、実際はどうなのでしょうね。
まあ在米・在欧の日本企業などでは、日本と同じような労働条件があってもおかしくなさそうではあるのですが。
あと、マットのブライアン・スピアーに対する復讐は、アレで終わりとは限らないでしょうね。
スピアー家の奥さんの問題もありますし、そもそもマットは弁護士でもあるのですから、不倫絡みで改めて訴訟が起こされる可能性は大なのですから。
あの不倫で完全に人生終わってしまっていますね、ブライアンは。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:sakurai 2012年05月23日(水)07時40分 編集・削除

>別に家族のことをないがしろにしていたわけではなく、むしろ「【家族のために】汗水流して働いていた」というのが偽らざる心情ではあったのでしょう。
ですよねえ。
ここんとこが痛いほどわかるし、ものすごい皮肉でしたね。さすがにうまい監督さんです。
音楽の使い方も、本当によかったし、しみました。

私「ER」シリーズを1から見てるもんで、ジョージはいつまでもダグ(ERでの役柄)のイメージなんですよ。
ちょっとプレイボーイだけど、うまくいかない人生を選ばざるを得ない奴って感じ。
まさにぴったりでした。

http://blog.goo.ne.jp/sakura1043_2004/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年05月23日(水)21時26分 編集・削除

>sakuraiさん
ストーリーだけ見れば救いようもなく陰惨もいいところの内容を、のんびりとした雰囲気の中で描くというのがアレほどマッチしている事例は、そうそうあるものではないですね。
アメリカ以上に日本の方がいかにもありえそうな家族風景でもありましたし。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー