記事一覧

映画「幸せへのキセキ」感想

ファイル 632-1.jpg

映画「幸せへのキセキ」観に行ってきました。
イギリスの新聞コラムニストであるベンジャミン・ミーの回顧録を元に製作された、マット・デイモン主演の人間ドラマ作品。
回顧録という性格上、名前も改変されることなく原作者がそのまま今作の主人公となっています。
今作は2012年6月8日に日本で劇場公開される予定の映画なのですが、今年5本目となる試写会上映に当選し、今回も劇場公開に先行する形での観賞となりました。

スズメバチ?の大群の只中に飛び込んだり、ハリケーンの中に突っ込む飛行機内でのリポートを敢行したりといった実績で、それなりに名が知られている新聞記者のベンジャミン・ミー。
彼は半年前に最愛の妻を亡くし、そのショックから未だに立ち直れずにいました。
会計士の職にある兄のダンカン・ミーからもしきりに再婚を勧められますが、ベンジャミンは「この街にいるとどうしても亡き妻のことを思い出してしまう」とあまり乗り気になれないでいました。
また、自分と同じく傷心を抱え込んでいる、妻との間に出来た子供である14歳の息子ディランと7歳の娘ロージーにも、どのように接していけば良いのか悩む日々が続いていました。
特にディランは、母親が亡くなって以降は心が荒むばかりで、父親に反抗的で学校でもたびたび問題を起こすようになるありさま。
そんなある日、ベンジャミンは自分の企画をボツにし、お情けレベルの仕事を与えて飼い殺しにしようとする会社の方針と反発し、上司に「会社を辞める」と宣言して会社を飛び出してしまいます。
さらにそれと合わせるかのように、息子ディランもまた、校則違反を重ね続けたことが災いして退学処分に。
生活基盤がボロボロになってしまったベンジャミンは、これを機会に新しい家を購入してそこへ引っ越し、新しい生活を始めることを決意するに至るのでした。

これが初仕事という新米不動産業者の案内の下、ベンジャミンとロージーの2人は候補となる家を物色しにかかるのですが、2人の希望と合致した家はなかなか見つかりません。
とうとう紹介される最後の物件となった家に2人は到着するのですが、そこは敷地面積が他の物件と比べても恐ろしくデカい家でした。
家の状況も決して悪いものではなく、2人はここを気に入りベンジャミンも家を購入する気になったのですが、新米不動産業者はそこで何故か難色を示します。
新米不動産業者にベンジャミンが説明を求めた時、突如獣の咆哮が辺りにこだまします。
そして新米不動産業者は、ここが実は動物園の一部であることをベンジャミンに話すのでした。
ローズムーア動物公園と呼ばれるその動物園は、かつてのオーナーが死んで以降は閉鎖を余儀なくされており、今では元オーナーの遺言と遺産でかろうじて維持されている状況にあるとのこと。
そして、閉鎖された動物園を維持・管理し続けることが、家を購入する際の必須条件であるとされていたのでした。
それまでの人生で動物の管理などとは全く無縁だったこともあり、ベンジャミンも最初は当然のごとく家を買うべきか否か逡巡します。
しかし、ロージーが楽しそうに動物と戯れている光景を見て、子供達のために家を購入することをベンジャミンは決断するのでした。
そして数日後、前の家を引き払って引っ越してきたベンジャミン・ミーの一家は、ローズムーア動物公園で動物達の飼育に当たっていた飼育員達と共に、動物園の再建に乗り出すこととなります。
ベンジャミンの一家を物色していたのは2月であり、役所による動物園の審査が行われるのは6月30日。
この6月30日に審査をパスすれば、7月7日に動物園をオープンさせることができるのです。
しかし動物園の再建には、当然のごとく多くの問題が立ちはだかっていたのでした……。

映画「幸せへのキセキ」の作中で2人の子供の父親役を演じているマット・デイモンは、実生活でも4人の子供の父親であるのだとか。
そのためなのか、作中では母親を亡くして子供達への対応に悪戦苦闘を余儀なくされつつ、それでも子供達の幸せを願う無器用な父親像を存分に演じていました。
物語中盤頃までは「息子への当たりと娘贔屓が酷すぎないか?」という部分もありましたが、そういう態度を取っている理由や葛藤なども父親ならではのものはありましたし。
マット・デイモンは、映画「ヒアアフター」以降、アクションシーンが少ない、もしくは皆無な映画にばかり出演していますが、本人的にはそちらの方が本望だったりするのでしょうかね?

まあ息子にしてみれば、「暗い目が死んだ母親に似ていることがイライラするから」などという理由で自分に当たられてはたまったものではないのですが、まあ父親がああいう感情を持つこと自体は(良くはないにしても)ありえることではあるのではないかと。
ただ、そこから端を発する息子と父親の対立が、スパーという老齢のベンガルドラを看取るシーンを介してとは言え、やや唐突に終わってしまった感は否めなかったところですね。
ただでさえあの息子は、物語序盤から父親に対して反発ばかり見せていたのですからなおのこと。
まあ、息子の父親に対する反発自体は、あの年齢相応の「思春期」「反抗期」という部分も多分にあったのでしょうけど、あの父親の告白はそれでも結構大きな精神的ダメージにもなったでしょうし、普通に考えたら親子関係はむしろ悪化すらしてしまうものではなかったのかと。
息子が父親に対し激発するところから、どのような心情と過程を経てあの和解のシーンへと至っていたのかについて、もう少し詳細に描写しても良かったのではないかと思うのですが。

今作は映画「幸せの教室」と同じく、これと言った悪役が全くいない映画と言えますね。
一応、飼育員達が動物園の審査を行うウォルター・フェリスという役人を酷評したり悪態をついたりする描写はあるのですが、彼にしても別に不正な手段でわざと失格にするような審査を行ったり動物園に嫌がらせをしたりするわけでもありません。
審査自体は至って公正なもので、むしろ動物園側の方が、動物園の各所で発生するアクシデントや不具合を急場凌ぎで取り繕うべく奔走している感すら否めなかったところですし。
この審査の流れは、2006年公開映画「県庁の星」の終盤で行われたスーパーマーケットの営業差し止め検査の行程に近いものがありましたね。
国は違えど、どこでもああいうことはするのだなぁ、と妙に感心してしまったところでした(^^;;)。

どことなくほんわかできる映画を観たい、という方にはオススメの作品ですね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/632
【映画】幸せへのキセキ from ★紅茶屋ロンド★
<幸せへのキセキ を観て来ました>原題:We Bought a Zoo製作:2011年アメリカ人気ブログランキングへヤプログさんのご招待で試写会にて鑑賞です。実は…私個人的にマット・デイモンがそんなに好きじゃない。好き嫌...
2012年05月23日(水)12時55分 受信
映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 from 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
主役マット・デイモン。彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。ネッ...
2012年05月25日(金)04時39分 受信
「幸せへのキセキ」zooっと from ノルウェー暮らし・イン・原宿
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
2012年05月28日(月)00時01分 受信
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo from 我想一個人映画美的女人blog
ランキングクリックしてね ←please click家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきたパパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トム...
2012年05月28日(月)08時31分 受信
幸せへのキセキ from 佐藤秀の徒然幻視録
実は人間が調教された話公式サイト。原題:We Bought a Zoo。キャメロン・クロウ監督、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、マギー・エリザベ ...
2012年05月31日(木)22時58分 受信
幸せへのキセキ from とりあえず、コメントです
ベンジャミン・ビー著の自伝小説“WE BOUGHT A ZOO”を映画化したヒューマン・ドラマです。 予告編を観た時から、動物園を立て直すのってすごいなあと楽しみにしていました。 動物園の物語と共に、母を失った家族の再生が...
2012年05月31日(木)23時45分 受信
『幸せへのキセキ』 from ラムの大通り
(原題:We Bought a Zoo)※注:この映画の「キー」についても喋っています。少し、見どころのネタバレになっていますので、鑑賞ご予定の方は、それから読まれた方がいいかもしれません。----最近、この“幸せ”をタイトル...
2012年06月03日(日)18時23分 受信
幸せへのキセキ from Memoirs_of_dai
“20秒の勇気”と“Why not?” 【Story】 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で...
2012年06月03日(日)19時48分 受信
『幸せへのキセキ』試写会。 家族の話としては『ダーク・シャドウ』より手堅いつくり from エミー・ファン!ブログ
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo2012/06/08公開 公式HP:http://www.foxmovies.jp/sk/『ファミリー・ツリー』のアレキサンダー・ペイン監督について書いたときと同じことを書いたのですが、キャメロ...
2012年06月03日(日)20時13分 受信
幸せへのキセキ/We Bought a Zoo/本当にイイ俳優が揃いました! from LOVE Cinemas 調布
愛する妻を亡くした主人公と2人の子供たちが、その想いの篭った街を離れ郊外に閉鎖した動物園付きの家を買い、動物園の再興を通じて家族が心の傷から立ち直る姿を描いたヒューマンドラマだ。監督は『あの頃ペニー・...
2012年06月04日(月)00時01分 受信
幸せへのキセキ from あーうぃ だにぇっと
幸せへのキセキ@よみうりホール
2012年06月04日(月)21時39分 受信
幸せへのキセキ from うろうろ日記
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
2012年06月05日(火)23時17分 受信
『幸せへのキセキ』(試写会) from ・*・ etoile ・*・
'12.05.22 『幸せへのキセキ』試写会@一ツ橋ホールyaplogで当選。いつもありがとうございます! 予告見てすごく気になってた。楽しみに行ってきたー♪*ネタバレありです!「半年前に妻を亡くしてから、何もかも上手く行か...
2012年06月06日(水)00時47分 受信
『幸せへのキセキ』 (2012) / アメリカ from Nice One!! @goo
原題: WE BOUGHT A ZOO監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、エル・ファニング試写会場: よみうりホール公式サイトはこちら。 [2012年6月8...
2012年06月06日(水)05時46分 受信
劇場鑑賞「幸せへのキセキ」 from 日々“是”精進!
「幸せへのキセキ」を鑑賞してきました英国の人気コラムニスト、ベンジャミン・ミーの奇跡の実話を「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督が映画化した感動のヒューマ...
2012年06月08日(金)15時14分 受信
『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 from Healing
幸せへのキセキ We bought a zoo ★★★★ 妻の死、ママの死。 それぞれに必要な グリーフワークは動物園にあり 妻の死から半年。 コラムニストのベンジャミン・ミーが一念発起して 荒廃した動物園を購入。 まったく知識も...
2012年06月08日(金)19時19分 受信
『幸せへのキセキ』 from こねたみっくす
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ...
2012年06月08日(金)21時39分 受信
幸せへのキセキ  WE BOUGHT A ZOO from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ベンジャミンの妻が亡くなったのは動物園購入後だったけど、それを購入前に変更して父と子とも達の物語にしたのがよかった。親子関係のドラマと、動物飼育の素人がベテラン飼育員と協力して動物園を再建する過程が平...
2012年06月09日(土)00時23分 受信
幸せへのキセキ from 映画 K'z films 2
Data 原題 WE BOUGHT A ZOO 監督 キャメロン・クロウ 出演 マット・デイモン スカーレット・ヨハンソン トーマス・ヘイデン・チャーチ パトリック・フュジット エル・ファニング 公開 2012年 6月
2012年06月09日(土)03時11分 受信
父親と息子の関係。『幸せへのキセキ』 from 水曜日のシネマ日記
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。
2012年06月09日(土)10時10分 受信
映画「幸せへのキセキ」 from 放浪の狼のたわごと
   2011年アメリカで製作された    キャメロン・クロウ監督作品。   邦
2012年06月09日(土)10時28分 受信
幸せへのキセキ from 悠雅的生活
“Why Not?”。自動巻尺。20秒の勇気。
2012年06月09日(土)16時13分 受信
幸せへのキセキ from ハリウッド映画 LOVE
原題:We Bought a Zoo監督:キャメロン・クロウ出演:マット・ディモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニングあいかわらずセンスない邦題だけど・・・キ...
2012年06月09日(土)16時49分 受信
幸せへのキセキ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
幸せへのキセキ―動物園を買った家族の物語クチコミを見る家を買ったら動物園のおまけ付き!の驚きと感動の実話「幸せへのキセキ」。淡々とした演出が好感度大だ。半年前に最愛の ...
2012年06月09日(土)19時12分 受信
幸せへのキセキ from 新・映画鑑賞★日記・・・
【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケ...
2012年06月10日(日)00時28分 受信
幸せへのキセキ from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★★【4点】(10)『幸せへのキセキ』このキセキって奇跡か軌跡か。
2012年06月10日(日)09時59分 受信
幸せへのキセキ from 心のままに映画の風景
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...
2012年06月10日(日)15時44分 受信
幸せへのキセキ/WE BOUGHT A ZOO from いい加減社長の映画日記
マット・デイモンといえば、ジェイソン・ボーンなんだけど・・・「オフィシャルサイト」【ストーリー】LAの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミンは、半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の長男ディランと7歳の...
2012年06月10日(日)19時40分 受信
幸せへのキセキ from 充実した毎日を送るための独り言
・映画 幸せへのキセキ (6月8日より上映 マット・デイモン・スカーレット・ヨハンソン出演)閉鎖されていた動物園を買い取り家族とともに再建した英国人ジャーナリスト、ベンジャミン・ミーの回顧録をもとに、最...
2012年06月10日(日)21時41分 受信
『幸せへのキセキ』 ロージーに癒されるコメディー・ドラマ from コナのシネマ・ホリデー
笑えて泣けて、ジ〜ンとくる、キセキの物語。関東甲信越も梅雨入りした翌日、気分が明るくなれる映画を求めて観に行ってきました。
2012年06月12日(火)01時31分 受信
「幸せへのキセキ」 from 或る日の出来事
“Why not?” がキーワード!?
2012年06月13日(水)01時11分 受信
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo from 勝手に映画評
実話に基づいた映画。いやぁ、アメリカって何でもアリなんですね。家に動物園が付いてくるとは。主人公のベンジャミンは、マット・デイモン。いいパパと言う、これまであまり見たことの無いマット・デイモンもいいで...
2012年06月13日(水)07時59分 受信
幸せへのキセキ from 風に吹かれて
動物園を買うという冒険をしました公式サイト http://www.foxmovies.jp/sk実話の映画化原作: 幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語 (ベンジャミン・ミー著/興陽館)監督: キ
2012年06月13日(水)10時48分 受信
幸せへのキセキ/WE BOUGHT A ZOO from ゴリラも寄り道
<<ストーリー>>半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物...
2012年06月13日(水)17時00分 受信
「幸せへのキセキ」 20秒の勇気 from はらやんの映画徒然草
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし
2012年06月13日(水)22時47分 受信
動物園を買ったなら~『幸せへのキセキ』 from 真紅のthinkingdays
 WE BOUGHT A ZOO 冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変えるべく引っ越しを考...
2012年06月15日(金)10時27分 受信
『幸せへのキセキ』('12・初鑑賞64・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)6月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
2012年06月16日(土)00時29分 受信
幸せへのキセキ from そーれりぽーと
ちょっとオシャレで笑いも交えたヒューマンドラマが得意な印象の脚本家が手がけた『幸せへのキセキ』を観てきました。★★★★奥さんを亡くした一家が気分を変える為に引っ越した先は、併設する動物園を維持しなけれ...
2012年06月16日(土)00時41分 受信
映画「幸せへのキセキ」一歩進むことで自分を変えたかった from soramove
「幸せへのキセキ」★★★★マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ出演キャメロン・クロウ監督、124分...
2012年06月16日(土)17時58分 受信
「幸せへのキセキ」 from みんなシネマいいのに!
 最愛の妻を亡くし、心機一転引っ越した家は動物園がついていた。 家族と飼育スタッ
2012年06月17日(日)20時27分 受信
『幸せへのキセキ』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)...
2012年06月17日(日)22時41分 受信
★幸せへのキセキ(2011)★ from Cinema Collection 2
WE BOUGHT A ZOO最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、実話から生まれた<奇跡>の物語。上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/06/08 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 英...
2012年06月17日(日)23時13分 受信
幸せへのキセキ from だらだら無気力ブログ!
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
2012年06月19日(火)00時16分 受信
幸せへのキセキ       評価★★★68点 from パピとママ映画のblog
妻を亡くした悲しみにくれていた一家が、引っ越し先である閉鎖中の動物園を周囲の人々や亡き妻からのプレゼントに支えられながら再生させていくとともに立ち直っていく過程と奇跡を描いた感動作。イギリス人コラムニ...
2012年06月19日(火)00時18分 受信
幸せへのキセキ from こんな映画見ました〜
『幸せへのキセキ』---WE BOUGHT A ZOO---2011年(アメリカ)監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット 、エル・ファニング 、ジ...
2012年06月19日(火)21時55分 受信
『幸せへのキセキ』('12・初鑑賞64・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)6月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
2012年06月20日(水)20時44分 受信
幸せへのキセキ from 映画的・絵画的・音楽的
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。(1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きま...
2012年06月21日(木)04時43分 受信
幸せへのキセキ from ケントのたそがれ劇場
★★★★  最近実話を映画化した作品が多い。そしてこの類の映画に「外れなし」なのも確かだ。本作はど素人の動物園経営、確執した息子と父親の愛情、などなど・・・いかにもアメリカンムード一杯のベタな映画であ...
2012年06月21日(木)18時42分 受信
映画「幸せへのキセキ」 一度見ただけでは気づきにくい七つのあれこれ。 from boovie's blog
(完全ネタバレ)この映画が好きで好きで、くり返し観ている。で、いろいろと気づいた点を7つほど記してみたい。1.本人が出演動物園がいよいよ開園するというシーン。入場者の一番前の列にいるのが本物のベンジャ...
2012年06月23日(土)00時37分 受信
【映画】幸せへのキセキ from 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
JUGEMテーマ:洋画 簡単にあらすじ 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は 仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と 7歳 の娘と共に郊外へ引っ越す。 そこは閉鎖中の動物園 で、 敷...
2012年06月24日(日)23時59分 受信
優しい音楽と陽だまり 『幸せへのキセキ』 from 映画部族 a tribe called movie
監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
2012年06月25日(月)01時24分 受信
幸せへのキセキ from 迷宮映画館
素直に素敵なお話でした。
2012年06月25日(月)17時56分 受信
映画『幸せへのキセキ』 from ほし★とママのめたぼうな日々♪
  先日、軽くですが「魔女の一撃」を受けてしまいました。 じっと横になっていないといけない~って程ではなかったのですが
2012年06月25日(月)20時06分 受信
「幸せへのキセキ」感想 from 流浪の狂人ブログ ~旅路より~
 2008年に発表されたベンジャミン・ミーによる回顧録を、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督、「ボーン・シリーズ」のマット・デイモン主演で映画化。 妻を病気で失ったショックから立ち直れ...
2012年06月28日(木)18時47分 受信
幸せへのキセキ from Diarydiary!
《幸せへのキセキ》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - WE BOUGHT
2012年07月13日(金)21時27分 受信
幸せへのキセキ from C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
幸せへのキセキ'12:米◆原題:WE BOUGHT A ZOO◆監督:キャメロン・クロウ「エリザベスタウン」「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」「セイ・エニシング」◆出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン...
2012年08月22日(水)20時48分 受信
映画:幸せへのキセキ from よしなしごと
 おもしろそうだけど、この時期ちょっとアクションとか派手目の映画が見たい症候群になっていたのでスルーしようかと思っていたのですが、ツイッターでみんなにオススメだからぜひ!と言われて観に行くことにしまし...
2012年09月22日(土)15時44分 受信
映画『幸せへのキセキ』を観て from kintyre's Diary 新館
12-54.幸せへのキセキ■原題:We Bought A Zoo■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:石田泰子■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ□脚本:アラ...
2012年10月28日(日)15時41分 受信
幸せへのキセキ from いやいやえん
素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との...
2012年11月21日(水)10時01分 受信
幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) from Subterranean サブタレイニアン
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いで...
2012年12月06日(木)12時52分 受信

コメント一覧

投稿者:KLY 2012年06月04日(月)01時57分 編集・削除

ストーリーもさることながら、俳優陣が本当に気に入ってます。普通のお父さん役のマットが、変に良い父親過ぎないところが好感が持てました。個人的にスカーレットとエルはも大好きなんで観ているだけでまさに幸せでしたけど(笑)
しかし何よりのおしゃまなおちびちゃん。彼女の存在はこの映画でとても大きかったですね。節目節目では彼女が物語の方向性を担っていたと思います。

http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年06月04日(月)19時15分 編集・削除

>KLYさん
確かにあのおチビちゃんは要所要所で癒し系的な役割を担っていましたね。
家族のことで悩んでいたはずの父親も、あのおチビちゃんとは普通に上手くいっていましたし(苦笑)。
息子に対する態度と比較しても、父親が娘のことを贔屓しまくっていたのがあからさまに分かりますからねぇ。
息子の父親に対する反感も、妹に対する父親の贔屓が過ぎることに対する反発と嫉妬という要素が少なくなかったかもしれません。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー