記事一覧

映画「キラー・エリート」感想

ファイル 627-1.jpg

映画「キラー・エリート」観に行ってきました。
元SAS(Special Air Service、イギリス陸軍特殊部隊)のラヌルフ・ファインズの実話を元にした冒険小説「The Fether Men」を原作とするアクション・サスペンス作品。
「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムやロバート・デ・ニーロなど、豪華俳優が多数出演しています。
今作は熊本では熊本シネプレックス1箇所だけでしか上映されておらず、そこまで足を運んでの観賞となりました。
作中では水着を脱がされてスッポンポンになる女性やセックスを匂わせる描写・流血シーンなどがあるため、PG-12指定されています。

最初の舞台は1980年のメキシコ。
今作の主人公で傭兵兼暗殺者稼業を営むダニー・ブライスは、長年の相棒であるハンターと共に、要人を暗殺する機会を伺っていました。
彼らが考えた作戦は、2台のリムジンが通るルートを割り出して待ち伏せ、奇襲を仕掛けて一挙にことを成し遂げるというものでした。
果たして作戦は見事に成功し、2台のリムジンのうち1台は爆破され、残り1台もダニーに道を塞がれた挙句銃撃を浴びせられていきます。
護衛と運転手はダニーの手によって片付けられ、リムジンの中にいたターゲットも車の中で銃弾を浴び殺されてしまいます。
ところが、その要人が乗っていたリムジンには、たまたま10歳の少年も一緒に乗り合わせており、ダニーはその少年を見て凍りついてしまいます。
プロの暗殺者としては、目撃者となるであろうその10歳の少年も当然撃ち殺すべきだったのですが、ダニーは銃の引き金を引くことがどうしてもできずにいました。
時間にして1分もなかったでしょうが、ダニーはその隙を突かれて現地の警官に撃たれ負傷してしまい、仲間の援護を受けつつその場を後にすることとなります。
少年を前に冷徹になれない自分に限界を感じ、また少年を殺すことを要求される暗殺稼業に嫌気も差したダニーは、暗殺現場から離脱していく車の中で、今の仕事から足を洗うことを決意するのでした。

それから1年後。
オーストラリアの農場で静かに暮らしていたダニーの元に、1年前の暗殺でコンビを組んでいた相棒ハンターのポラロイド写真が届けられます。
彼はオマーン族の元族長で現在は亡命生活を強いられているシーク・ハルムから仕事の依頼を受けていたものの、途中で任務を放棄して囚われの身になってしまったとのこと。
ポラロイド写真の送り主で、ハンターに仕事を斡旋したエージェントの案内で、ダニーはシーク・ハルムと対面し、ハンターを釈放することと引き換えに、ハンターが途中放棄した仕事を遂行するよう命じられます。
その仕事の内容は、シーク・ハルムの3人の息子を殺したSASの隊員達を、殺害を自白する様子をビデオテープに録画した上で事故死に見せかけ殺してしまうこと。
しかも、シーク・ハルムは既に死病を患い余命半年と宣告されており、それまでに決着をつけなければならないとのこと。
成功報酬は600万ドルとのことでしたが、世界最強の特殊部隊とすら言われているSASを相手にするのはあまりにも無謀極まりない仕事と言えました。
ちなみにハンターは、成功報酬に目が眩んで依頼内容も聞かずに仕事を請け負っていたとのこと。
仕事の達成が困難極まりないと判断したダニーは、まずはハンターとの面会を求めた後、彼と共に脱走する道を選びますが、シーク・ハルムの四男であるバクハイトによってその意図を頓挫させられてしまいます。
イヤでも仕事を引き受けざるをえなくなったダニーは、成功報酬600万ドルを山分けすることを条件にしてかつての仕事仲間達を集め、シーク・ハルムの息子達を殺したSAS隊員の割り出しと殺害方法について検討することとなるのですが……。

映画「キラー・エリート」は、とにかく最初から最後までひたすら暗殺の話をメインに進行していきます。
冒頭のシーンからそうでしたし、SASのメンバーを事故死に見せかけて殺していく過程も暗殺で、さらにはラストでもやっぱり暗殺が発生しています。
3人の息子を殺したとされるSASメンバーは、だいたい以下のような手順で殺されていきます。

1人目:ハリス
ハリスの自宅にある風呂のタイルと同じ素材のハンマーを用意し、風呂で足を滑らせ転んだショックで首の骨を折るか後頭部を強打したかのように見せかけて殺害。

2人目:クレッグ
事前に低体温の薬を飲ませ、SASの雪山での訓練中に遭難したかのように見せかけて殺害。

3人目:マッケラン
タンクローリーを遠隔操作できるよう細工し、外出していたマッケランの車の前で暴走させ正面衝突事故を演出して殺害。

こういう手法をよく考えつくよなぁ、と感心しながら見ていましたが、当然SAS側もただ指をくわえて事態を傍観していたわけではありません。
ダニー達の仕事は、比較的初期の情報収集が行われていた段階で、映画の原作小説の名でもある「フェザーメン」という名の組織にある程度の情報がもたらされていました。
「フェザーメン」とは、退役した元SAS隊員を中心に構成される、現SAS隊員を過去に関わった組織や人間の報復やテロなどから守ることを目的に作られた秘密結社です。
この「フェザーメン」を構成するメンバーのひとりであるスパイク・ローガンが、ダニー達の仕事の前に立ちはだかることになります。
「現」ではなく「元」ではあってもSAS隊員としての技能を持っていることは間違いないわけで、だからこそ「世界最強の特殊部隊 VS 世界最高の暗殺者」という映画のキャッチフレーズが生きてくるわけですね。
作中で繰り広げられるアクションシーンは、さすがハリウッド映画のアクションスターであるジェイソン・ステイサムならではのものがありました。

作中のダニーの言動を見ていると、彼は殺しを遂行するに際しても、一定の美学なり矜持なりを律儀に守っている感が多々ありましたね。
冒頭の少年を見て殺害を躊躇したこともそうですし、また1人目のハリスを暗殺するに際しては、「ハリスの愛人は既婚者なのだから2人共殺して旦那に罪を着せよう」という仲間の意見を「関係のない人間を巻き込むな」と却下しています。
そんな美学や矜持を持つダニーにとって、暗殺者という稼業は技術的にはともかく、心情的には必ずしも向いたものではなかったでしょうね。
暗殺稼業において殺しを躊躇するなど論外もいいところでしょうし、利用できるものは何でも利用しなければ逆に自分達の方がやられかねないのですから。
ダニーが暗殺者としての自分に限界を感じたのも、その点では当然のことだったといえるのではないでしょうか。

暗殺話がメインということもあり、全体的に話がやや暗い感がありますが、ジェイソン・ステイサムのアクションシーンが観たいという方にはオススメの映画と言えるでしょう。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/627
2パーセントの紳士たち from MESCALINE DRIVE
ゴールデンウィーク明けに日本教育会館一ツ橋ホールで試写会が催された。 そこで「キラー・エリート」を観た。 監督はゲイリー・マッケンドリー。ラヌルフ・ファインズの『キラー・エリート』を原作に持つ本作は、実...
2012年05月14日(月)01時04分 受信
キラー・エリート from うろうろ日記
試写会で見ました。【予告orチラシの印象】殺し屋のプロ?撃ち合いのハードボイルド
2012年05月14日(月)01時10分 受信
[映画『キラー・エリート』を観た(短信)] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆なんちゅうか、面白いんだけど、面白くない作品でした。 国際的に活躍していた殺し屋が、自分の仕事に疑問を持ち 足を洗うも、元仲間が仕事に失敗し、依頼主に捕らわれる・・・、 その解放と引き換えに、愛する...
2012年05月14日(月)05時38分 受信
キラー・エリート/ジェイソン・ステイサム from カノンな日々
相性も良くて大好きなジェイソン・ステイサムのアクション映画なんですが、本作はクライヴ・オーウェン、ロバート・デ・ニーロとの豪華共演作ということで、これまではとはちょっ ...
2012年05月14日(月)09時28分 受信
キラー・エリート from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
キラー・エリート (ハヤカワ文庫 NV)クチコミを見る実話をもとにした犯罪アクション「キラー・エリート」。3人のスターがそれぞれおいしい役だが、ステイサムが一番役得。特殊任務 ...
2012年05月14日(月)09時50分 受信
キラー・エリート from 新・映画鑑賞★日記・・・
【KILLER ELITE】 2012/05/12公開 アメリカ PG12 117分監督:ゲイリー・マッケンドリー出演:ジェイソン・ステイサム、クライヴ・オーウェン、ロバート・デ・ニーロ、ドミニク・パーセル、エイデン・ヤング、イヴォンヌ・ストラ...
2012年05月14日(月)11時08分 受信
「キラー・エリート」肉弾アクション満開!ステイサム万歳!! from シネマ親父の“日々是妄言”
[ジェイソン・ステイサム] ブログ村キーワード チラシの画像からして、男臭さ全開!!「キラー・エリート」(ショウゲート)。いやあ~今回もハジケてまっせ、ステイサム兄やん! ダニー(ジェイソン・ステイサム)は、...
2012年05月14日(月)16時45分 受信
キラー・エリート from だらだら無気力ブログ!
ジェイソン・ステイサムの声が渋くて好きなんだな。
2012年05月14日(月)20時36分 受信
キラー・エリート from 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
評価:★★★【3点】(17)これって実話だったのね。
2012年05月14日(月)23時21分 受信
キラー・エリート from ゴリラも寄り道
<<ストーリー>>殺し屋稼業から身を引いたダニー(ジェイソン・ステイサム)は、かつての相棒ハンター(ロバート・デ・ニーロ)がオマーン首長の息子を殺した男たちへの報復に失敗し、捕えられたこ...
2012年05月15日(火)04時42分 受信
キラー・エリート/Killer Elite/こんなに冴えないジェイソンだとは… from LOVE Cinemas 調布
元英国陸軍特殊部隊(SAS)隊員のベストセラー小説を基に映画化。凄腕の殺し屋が元SAS隊員を相手にして死闘を繰り広げるアクション・サスペンスだ。主演はジェイソン・ステイサム。共演にクライヴ・オーウェン...
2012年05月23日(水)00時01分 受信
俺の戦争は終わった~『キラー・エリート』 from 真紅のthinkingdays
 KILLER ELITE 1980年、メキシコ。凄腕の殺し屋、ダニー(ジェイソン・ステイサム)は、師匠であり相棒でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)と共に、暗殺のミッションを遂行する。...
2012年05月24日(木)08時45分 受信
【映画】キラー・エリート from 映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記
JUGEMテーマ:洋画 ジェイソン・ステイサム、ロバート・デニーロ、クライヴ・オーウェンの3人が出た作品として一部で話題を読んでいる本作品! 個人的には ステイサム 出ているので行くしかない! ってことで...
2012年05月24日(木)12時29分 受信
『キラー・エリート』 from 京の昼寝〜♪
□作品オフィシャルサイト 「キラー・エリート」□監督 ゲイリー・マッケンドリー □脚本 マット・シェアリング□原作 ラヌルフ・ファインズ□キャスト ジェイソン・ステイサム、クライブ・オーウェン、ロバー...
2012年05月25日(金)08時17分 受信
キラー・エリート (試写会) from 風に吹かれて
凄腕対決公式サイト http://killer-elite.jp5月12日公開原作: キラー・エリート (ラヌルフ・ファインズ著/早川書房)殺し屋稼業に嫌気がさし、足を洗って恋人とオーストラリアで静か
2012年05月27日(日)14時41分 受信
キラー・エリート from とりあえず、コメントです
ラヌルフ・ファインズ著の同名小説を映画化したサスペンス・アクションです。 やっぱりジェイソン・ステイサムとクライヴ・オーウェンのアクションが観てみたいなあと思っていました。 1980年代の揺れ動く世界情勢の中...
2012年05月31日(木)23時44分 受信
キラー・エリート(2011)★★KILLER ELITE from 銅版画制作の日々
 彼らは、実在する?!本当に???好き度:=50点 ちょいとおまけかなジェイソン・ステイサム、ロバート・デ・ニ―ロ、クライヴ・オーエンという三大俳優の共演とくれば、観ないわけにはいかないと前売りチケッ...
2012年06月01日(金)19時03分 受信
キラー・エリート from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
イギリスの植民地だったオマーンが共産主義になり損ねたドファール内戦を背景に、粛清されたゲリラの復讐に雇われた殺し屋が元SASのメンバーを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。気を抜く暇がないほどのアクションやいわ...
2012年06月01日(金)19時57分 受信
キラー・エリート      評価★★★★88点 from パピとママ映画のblog
英国特殊部隊員を暗殺せよ!不可能任務に挑む殺し屋と彼をつけ狙う謎の男有名な冒険家であり元SAS(英国特殊部隊)の一員だったラヌルフ・ファインズの、ノンフィクション小説をもとにしたサスペンス・アクション...
2012年06月13日(水)11時12分 受信
映画『キラー・エリート』を観て from kintyre's Diary 新館
12-41.キラー・エリート■原題:Killer Elite■製作年・国:2011年、オーストラリア■上映時間:117分■字幕:種市譲二■観賞日:5月19日、新宿バルト9(新宿三丁目)□監督:ゲイリー・マッケンドリー◆ジェイ...
2012年09月09日(日)22時51分 受信
キラー・エリート : ハゲ兄、キメキメですね! from こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
 三連休明けの本日、皆様いかがお過ごしでしょうか。ちなみに、私は今日と明日の連休です。今日は、ステディと手品のお店に行こうかなと考えております。本日紹介する作品は、手
2012年10月09日(火)08時53分 受信
キラー・エリート from 銀幕大帝α
KILLER ELITE/11年/濠・米/アクション・サスペンス/PG12/劇場公開(2012/05/12)−監督−ゲイリー・マッケンドリー−出演−*ジェイソン・ステイサム『ブリッツ』*クライヴ・オーウェン『ザ・バンク 堕ちた巨像』*...
2012年10月09日(火)23時39分 受信
キラー・エリート from いやいやえん
ジェイソン・ステイサム×クライヴ・オーウェン×ロバート・デニーロ。殺し屋同士の攻防は楽しめたんだけど、全体に地味目なお話だなあと。殺しのプロVS.SAS(英国陸軍特殊空挺部隊)で結成した秘密組織フェザーメンの...
2012年10月13日(土)09時38分 受信
キラー・エリート (Killer Elite) from Subterranean サブタレイニアン
監督 ゲイリー・マッケンドリー 主演 ジェイソン・ステイサム 2011年 アメリカ/オーストラリア映画 116分 アクション 採点★★★ 近代の争い事ってのは、原因を突き詰めてみると“石油”ってのが中心にある場...
2012年10月17日(水)17時12分 受信

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー