記事一覧

Microsoft社が催促するWindowsXPとOffice2003のアップグレード

Microsoft社がWindowsXPをアップグレードするようユーザーに促し始めました。
WindowsXPのセキュリティアップデートの期限が2014年4月8日までとなっており、残り2年を切ったので早くWindowsXPを捨てて、ということのようで↓

http://jp.techcrunch.com/archives/20120409two-more-years-microsoft-reminds-windows-xp-users-that-its-about-time-to-upgrade/
> Windows XPがリリースされたのは2001年だが、今だに現役だ。セキュリティー関連のアップデートは2014年4月8日まで続く。それまであと2年残っているとはいえ、Microsoftは今日(米国時間4/9)、XPユーザーに対してそろそろWindowsをアップデートとするよう促した。
>
> MicrosoftはXPの小売を2008年に停止している。XP同様、
Office 2003のサポートも2014年4月30日までだ。そこでMicrosoftはOffice 2003についても8年半新しいOffice 2010に乗り換えるようアピールしている。
>
> だが、依然として何百万台ものXPマシンが稼働中だ。StatCounterの統計によれば、全パソコンの3分の1以上が XPを利用しており、世界でWindows 7のシェアがXPを上回ったのはやっと昨年の10月になってからだった。
XPユーザーの多くは新興国にいるが、先進国でもXPを使う個人や企業はまだ多い。アメリカでさえ、22%がXPだ。
>
> MicrosoftのStella Chernyakは「Windows XPとOffice 2003はその当時としては非常に優れたソフトウェアでしたが、テクノロジーは大きく進歩しています。…企業にとっても個人にとっても現代の進歩したテクノロジーを活用すべく開発された新しいソフトウェアを利用することが利益になります」と呼びかけている。

しかしこの不況の最中にOSやソフトを変更するのは、企業や個人にとってかなりの負担とならざるをえないでしょうね。
特に企業なんて、規模が大きくなればなるほどパソコンの数も半端なものではなくなってきますし、その全てのOSとソフトを変更するとなれば、相当な手間と費用をかけざるをえないことが一目瞭然なのですから。
古いパソコンならばハードのスペックの問題もありますから、いっそパソコンごと買い換えた方が、下手にアップグレードを行うよりも却って面倒がなくなるくらいですし、しかしそうなると更なる費用がかかるというわけで。
企業・個人を問わず、WindowsXPユーザーはあと2年のうちに難しい選択を迫られることになりそうです。

それにしてもMicrosoft社にとって、今なお続くWindowsXPの跳梁跋扈は「呪い」の類でしかないのでしょうね。
発売当時は最新だったにしても、今となっては旧式OSでしかないWindowsXPのために自社のリソースを割かなければならず、その分最新OSの開発やサポートに支障を来たすことになるのですから。
まあ、全てはWindows Vistaの仕様設計を間違えたことで拡散戦略が完全に頓挫したことがそもそもの元凶なのですから、ある意味自業自得ではあるのですが。
それだけに、ようやく軌道に乗ってくれたWindows 7には期待するところが大なのでしょうけど、Microsoft社としても、早くWindowsXPの「呪い」が終わってくれることを祈らざるをえないところなのでしょうね。

ところでMicrosoft社は、WindowsXPだけでなくOffice2003についても最新バージョンへの刷新を推奨しています。
しかしMicrosoft Officeは「複数バージョンの併用」が可能な上、2007以前と以降ではファイルの拡張子も異なっているため、併用した方がむしろ便利だったりするんですよね。
Microsoft Officeシリーズは、新規にインストールする予定のバージョンよりも古いバージョンのソフトが元々入っている場合、そのままの状態で新バージョンを追加でインストールを行うことができます。
たとえば、Office2003が入っている状態でOffice2010をインストールする場合、別にOffice2003をアンインストールせずともそのままOffice2010がインストールでき、かつOffice2003とOffice 2010の両方を一緒に使うことができるわけです。
当然、WordやExcelなどのソフトも旧バージョンと新バージョンの両方が使用可能です。
ただし、Microsoft Outlookだけは併用ができず、どちらか1つのバージョンを選択するしかないのですが。
ここで注意しなければならないのは、新バージョンのOfficeがインストールされている状態のパソコンに旧バージョンのソフトを入れることはできないということ。
あくまでも、旧バージョンがまず入っている状態で新バージョンをインストールする場合のみ、併用が可能というわけです。
それでもあえて新バージョンがインストール済みのパソコンに旧バージョンを入れたいという場合は、一旦新バージョンのOfficeをアンインストールした上で旧バージョンをインストールし、その後で最新バージョンを再インストールする、という手間が必要となります。

旧バージョン(特に2000)のOfficeソフトは、1つのインストールソフトで無制限のパソコンにインストールを行うことができますし、何よりも既存のソフトとの互換性の問題が全くないのですから、サポートがなくなった今でも結構重宝するシロモノだったりするんですよね。
Microsoft社の意向に反して、Microsoft Officeの旧バージョンは今後も使われ続けることになるのではないかと思えてならないのですけどね。


トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tanautsu.net/blog/diary-tb.cgi/594

コメント一覧

投稿者:宋朝 2012年04月11日(水)21時43分 編集・削除

今年発売予定のWindows8があるから、XPユーザーは待つか変えるか悩みますね。今年発売だと、2013年にはSPも提供されて、使いやすくなります。でもメトロがアレなので7で行く人もいるだろうし、本当に悩みます

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年04月12日(木)00時29分 編集・削除

>宋朝さん
OSやパソコンを買い換える際には「今買うべきか否か」で結構悩みますからね。
「もう少し待てば性能的に良いものがあるかもしれない」と考えていると、結局いつまでも買い換えられなかったりしますし、かといって下手に手を出して痛い目に遭うこともありえますし。
「最新OSだから」とWindows Vistaを購入した人なんて、痛い目に遭った以外の何物でもなかったでしょうし。
当面はWindows 7がスタンダードになりそうですから、買い換えるならばWindows 7にするのが堅実でしょうかねぇ。

http://www.tanautsu.net/

投稿者:S.K 2012年04月13日(金)03時53分 編集・削除

これはMICROSOFT社のせいばかりではないんですが、「ゲームユーザー」としては「走らなくなる名作が出てくる」のが嫌なんですね。そういう意味で95も98も
ソフトで買って手ごろなゲーム用中古マシンをキープしておくんだったとの後悔があります。だからサポート終了しtもXP&現行マシンに意味はあるし、もう少しソフト市場が広がらないと新OSに意味はないんですね、ただでさえMicroSoft社はXPの後継VISTAが期待はずれだったんで7を出してきた、という「前科」がありますから。

投稿者:冒険風ライダー(管理人) 2012年04月13日(金)21時24分 編集・削除

>S.Kさん
ゲームに限らず「互換性の問題」って結構大きいですからねぇ。
企業などでも、システムの互換性を保つためにわざわざWindowsXPにダウングレードした大量のパソコンを導入する作業が未だに行われていたりしますし。
企業にとっては、これまで問題なく動いていたシステムやソフトがOSの変更で動かなくなるというのは大事件もいいところなのですから、当然の措置ではあるのでしょうけど。
まだ猶予期間は2年ありますが、皆ギリギリまでOSを変えないで既存のパソコンを使い倒し、2年後の古くなったタイミングを見計らってパソコンごと一斉に買い換えるという手段に打って出そうではあります。

ゲームはどうでしょうね。
かなり昔のソフトだとWindowsXPでも動かなかったという事例はありますが、WindowsXPで動くのであれば、互換性が充分に考慮されたWindows 7に移しても大丈夫な気がしなくもないですし。

http://www.tanautsu.net/

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー